ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

森山未來

「みをつくし料理帖」~最終回 ☆☆☆☆

え、小松原さま突然饒舌、しかもどうでもいい夢の話(^^;;;) そんな軽口を遮って
「半年ぶりに会って、いうことがそれですか」
と咎める澪w 自分は心配のしすぎで気が散って、指に大けがまでしたのに。とだけ書くと澪がわがまますぎますが。切腹したかもとまで思っていたんですから、安心で泣きそうなのを強い口調でごまかしたのよね。いつになくきつい澪に、しかも本名を言い当てられてさすがに言葉を無くす『時圭の間の小野寺』さま。
下手な言い訳や慰めでなく、いつもの調子で煙に巻きなんとなく励まして去っていくのでした……。
て、え、それだけ?
 

一方の源斉先生。
本当は小松原さまの正体も、御膳奉行は複数人いて切腹は別の人なことも知っていて、それを教えれば澪が喜ぶとわかっていたのに言えなかったんですよね……。妬かずに告げていれば澪が怪我することもなかったわけで。手当をしつつ
「私は卑怯者だ」
と正直に吐露する先生ですのに、なんで?どうして?と笑顔の澪ちゃん。それって想われている自覚も予測もゼロ、いっそ嫌われてるより辛いかもしれませんよ……orz

と、一気に明らかになった恋バナはさておき料理番付勝負です。
つる家と登龍楼とで、鰆料理で一騎打ち。揚げようか煮ようかと思案試行錯誤の上、澪がたどり着いたのは……昆布締め。確かにこれは美味。主人が富山の出で私も作る様になりましたが、たかが昆布に挟むだけでこんなに!となりますからねえ。昆布に馴染みのなかった江戸の人には衝撃の美味だったでしょうねえ。対する登龍楼のからすみなんて高価な珍味、戦う土俵が違いすぎてもう。本来対決するなら、売値の縛りも欲しいところですよね。

4話でのつけ火に負けず、移転して2階席もある少し大きな店になった つる家。
5話「ひとくち宝珠」では菓子作りを命じられて悩む小野寺が主役で、本来の侍の生活が伺えて楽しく、しかも土用の「う尽くし」料理に悩む澪を見て炒り豆(=澪に似た素朴) の菓子にしよう!と思い至るなど二人の絆が嬉しい回。かと思うと6話では佐兵衛失踪の事情を知る料理人富三が登場。せっかく種吉が買い戻した、ご寮さんの珊瑚の簪は富三の吉原通いの銭の工面にとまた消えてしまうのでした……。その富三を又次がボッコボコにする場面では、思わずもっとやっちまえと思ったものですがw 殺しちゃダメだと止める澪。若旦那が人を殺めていなかったと分かっただけでも、と。
そして7話で関西の食材鱧が登場。 
鱧を知らない料理人が噛まれたり毒のある血を目に入れたりと、大騒ぎな中助っ人に呼ばれた澪が見事に調理、「女の料理人なんて」と軽んじる吉原のタヌキをぎゃふんと言わせてやりますよ。

という具合に悩んだり騙されたりしながらも、天満一兆庵の再建とあさひ太夫との再会を胸に、料理人としての腕を磨き続ける澪なのでしが……。
全然終わってなーい!
小野寺との相思相愛&源斉先生の片思いをほのめかしただけで、その先のあれもこれもありゃしない。再会した若旦那は船の上、つる屋の場所を伝えただけで精一杯、なんの話も出来ていませんよ。ましてあさひ太夫とのあれもこれも……。
もう絶対続きがあるはず、あるべき!とは思うのですが、特になんのアナウンスもなく終わってしまったので不安です。でも続くと、あんなこんな悲しいことも起きてしまうのでこのままの方が幸せなような。

DVD発売を知り、そういえば感想が途中までだったなとこれを書いてみましたw
 


「みをつくし料理帖」~4 ☆☆☆☆

出ました、雲外蒼天!旭日昇天!

原作ファンでドキドキ展開を待つ楽しみはないものの、それを補って余りある映像の納得感! もうずっと
「いけねえ、こいつぁいけねえよぉ」
とつる屋の旦那みたいに騒ぎながら観ておりました。

2話、上方との出汁の違いを悟り「合わせ出汁」を作り出す。それを生かした「とろとろ茶碗蒸し」はまた大人気に。
3話、江戸料理番付に載り、登龍楼に茶碗蒸しを真似をされ、めげずに「三つ葉づくし」を考案するも、なんと真似の先出しをされ。
4話、密偵は下働きのふきちゃんと分かるも、責めるべきは登龍楼の主、采女宗馬(松尾スズキ)しかしつる屋に火を放たれ……。

このあらすじの間にも、水害で孤児になった澪が拾われた件やら、色々。30分とは思えない濃さで進行、大満足です。

特に好きなのは2話での、ご寮さんの簪大活躍。
サンゴの見事な一つ玉でひと財産、亡き旦那さんに贈られたといつもご寮さんの御髪を飾る簪でしたが、江戸一番の味を知りなさいと登龍楼へと向かわせる日には、澪の髪に「お守り」と挿してくれるんです。粗末な身なりで、汁物をひと椀だけ……という澪を訝しむ登龍楼の下女も簪に目を留め、それなりの部屋に通してくれます。そして味わった別格のカツオ出汁を元に苦労する澪のために、どん、と材料のカツオ節と昆布を仕入れて来たご寮さんの頭にはもう簪は無くて……。
それだけ高価なものを、澪のためなら手放せる。澪も母のように慕って、茶碗蒸しの具にはご寮さんの身体にいいものばかり。もう雇い主と使用人を超えた家族のような絆が自然に描かれているじゃないですか。
「料理は、料理人の器量次第」
このご寮さんの決め台詞が、常に澪の道をまっとうに定めてくれます。

ふらっと夜に訪れる浪人小松原とは、「下がり眉」と馬鹿にされながらも何か心が通い
「俺は好きだぞ」
と褒めているのが料理のことと知りつつも、どぎまぎ。忘れ物の手ぬぐいをそっと胸に抱いたりする澪。対しての小松原も縁談を迫る妹(佐藤めぐみ)に女性の好みをきかれ
「素朴で、誰からも好かれ求められる」
とちょうど食べていた豆のことのように語りますが……それ澪のことですよねえ??きゃー! 
源斉先生だって、医食同源の蘊蓄で献立づくりにヒントをくれるし、ご寮さん診てくれ、つる屋にもせっせと通ってくれていますけど、今のところただのお医者さんですねえ。

そうそう又次。吉原の料理人で、とある花魁に故郷の味をと、夜中に現れては上方出身と噂の澪の料理をお持ち帰り。準備をしながら澪が語る昔話を花魁も聞いたことでしょう。
つけ火でつる屋が焼け落ち、気落ちする澪の元に現れ弁当を所望した又次は、簡単な蕗ご飯にぎりの代金に小判を差し出します。何か作る気概が残っているなら渡して、という花魁の心意気。そして添えられた『雲外蒼天』の文字! そう、花魁あさひ太夫こそ、思い出の幼馴染野江ちゃんだったのです!じゃーん!
ちなみに当時占い師が吉相『旭日昇天』だと騒いだのが野江で、澪の『雲外蒼天』は苦労に負けるな、と励まされる程の波乱万丈の相。これからまだまだ降りかかる災難に立ち向かう澪を、応援しつづける気は満々なのですが……。

4話の最後にやっと野江ちゃんの顔が出て、すみません貧相でびっくり。

これが当世人気の美貌の花魁……成海璃子には申し訳ないけどしっくりこなくて呆然、残念すぎます。見とれるほど美しくあって欲しかったのにorz 源斉先生ラブのお嬢さん美緒役で出てきて澪をライバル視「私の方がきれいなのに!」と騒いでくれるならぴったりなんですけど……(全8話、どこまで描くのやら。美緒ちゃんは出てこないのかも)

「みをつくし料理帖」1 ☆☆☆☆

「見事な下がり眉だな!」
そう、そうです! これぞお澪坊(黒木華)ですよ!
「こんなにも作り手の顔立ちと同じ料理を食うのは、初めてだ」と言うその心は、なんと「面白い」なのですから。民放での2度のspドラマだって悪くはなかったですけどね、主演北川景子は美しすぎてなんか違ったので……。周囲の笑顔にますます垂れる、黒木華の澪の下がり眉に今回大満足です。

江戸まではるばる来た『天満一兆庵』主人夫婦と使用人の澪だったが、頼りの息子は謎の失踪。失意のあまり倒れ亡くなった主人嘉兵衛の代わりに、ご寮さん(大店の奥様:安田成美)を支え長屋で暮らすこととなった澪は、生来の気働きを気に入られ「つる屋」で働くことに。
ですよね、生い茂る草で隠れ苔むしてぼろぼろのお稲荷様をせっせと綺麗にする働き者の澪を見ていたら、事情があるなら力になってやりたいと思うでしょう!しかも実は料理もできる、大阪の名店『天満一兆庵』育ちですからね。 腰を痛めた店主種市の代わりに板場を預かり、「つる屋」は蕎麦屋から飯屋になったのです。
今は江戸の好みを知らずに、ありえない料理を作ってしまう澪なのですが……。 食べてさえもらえれば美味しいはず、の心意気とちょっとしたヒントから、「はてなの飯」と謎を仕掛けての味見が当たり、あっと言う間につる屋はガラガラから満員に!
さてここから、お江戸の料理番付でしのぎを削るようになり、一兆庵の再建を願い、幼馴染との再会を誓う大きな大きな夢に向かう澪の明日はどっちだ!

江戸ではカツオは「目には青葉山ほととぎす初鰹」とうたわれる春の象徴。大阪では好まれる脂がのった秋の戻り鰹もここでは、猫も食べない『猫またぎ』と別名をとる野暮なのだとか。鰹と気付くと、皆口もつけずに出て行ってしまうとは、もったいない……。
常連の侍小松原(森山未來)を前に、その嫌われた鰹のしぐれ煮を出すの出さないので
「『あれ』を出せ」
「『あれ』だけはだめです~」
と揉める種市と澪に
「いいから、その『あれ』を食べさせろ!!!」
と小松原がキレる場面が愉快でした(^^)

しかし、種市だって猫またぎと知っていたはず。なぜ損を承知で止めなかったのか……といぶかしむ澪に、そりゃあ「盛大に恥をかかせたかったんだな」と返す小松原。澪はそれを口が悪い、ととりますが。その話にご寮さん芳が思い出す、亡き嘉兵衛の言葉がいいんです。
『才のある者には、盛大に恥をかかせろ』
凡人には手助けして失敗させないのが肝心だけれど、才人はしたい様にさせ失敗もした経験でまた育つ。人を使う側の心得に納得しつつ、澪が嘉兵衛も種市もそして暗に小松原も認める料理の才の持ち主だと、自然にわかる話運び。ナイスですね。

お稲荷様で知り合った医者の源斉(永山絢斗)も、うん、すきっ腹に美味しいご飯で、もう胃袋つかまれて惚れ始めてますよねw
一方、下がり眉と呼んでからかう小松原とでは、澪があまりに小娘なのですが……。
「料理の基本がなっていない」
と突き放され、この味の何がいけないの?どうしたらいい?と、悩みつつ進む料理の道は小松原の傍へと繋がっていくのかいないのか(><)

関西と関東に人生半分ずつ住んでる身としては、味の違い習慣の違いが見にしみて分かるのも味噌で、大好きな作品です。本当は朝の連ドラや大河みたいにゆっくり描いて欲しい話なのですが、さて今回はどこまでドラマ化するのでしょう。
まだ全然語られていない澪の出自や、稲荷の狐に似ているという幼馴染との因縁やらも含め、これから先が楽しみで仕方なくなる第1話でした!

そして物語が終わっての、澪の料理コーナーには驚きましたよ。

「はてなの飯」の作り方を教えてくれるのに、なぜ現代風のキッチンでw そこは「つる屋」の台所でいいじゃないですか。視聴者が参考にし易い配慮なのか笑いどころなのか一体(^^;;;)


「煙霞ーゴールドラッシュー」2~最終回 ☆☆☆☆

いやあ、満足。面白かったです
「神戸牛か、玉出で買うたるわ」って、玉出w(オープニングにも映る、看板が派手なスーパーです。毎日何か目玉商品が1円のスゴイ店w)

怪しい男たち(木下ほうか、木村祐一)に拉致されるぷーちんと菜穂子。
先につかまっていた理事長ハリネズミ(桂文珍)から金を引き出す……手伝いのはずが、謎の男たちが立ち寄る先が微妙に銀行でなく、あれよあれよと金塊が8本どーん! 指定とは別のカードもちょろまかし、4憶8千万円相当を持ち去る計画だったのだー! しかしそれをしれっと持ち逃げする愛人萌姐さんw
持ち逃げ、ときいても3800万円だと思ってるハリネズミは「俺の金を守ってくれてる、偉い女だ」ぐらいの反応ですが、実は桁が違うから! 13kgだかの延べ棒8本、4オク6千万エンですからー!
もう下っ端教師なんかどうでもよくなっちゃった拉致犯に、帰れと言われるぷーちんと菜穂子でしたが、それは悔しいと外車の鍵など持ち出し、わざと乗り回して嫌がらせw 
そして誰が何なのかと、田中/鈴木と偽名を名乗っていた男たちの実名を探り始め……。そこで役に立つがのぷーちん先生の生徒人脈! 修理工場の娘には車体番号から車の持ち主を、不動産屋の娘には倉庫の借主を調べさせって、教え子がみな文句言いながらも電話一本でそこまでしてくれる慕われっぷりですよ。冒頭の神戸牛云々は、その時の礼交渉ねw 頼む方も頼まれる方も軽口がテンポ良くて楽しい場面です。
菜穂子先生には生徒とのそういうつながりナッシングでしたがw 家など探る時のご近所とのやりとりは菜穂子中心で、浮気調査と言ったらノリノリで口が軽くなったりと、また楽しいの。

明らかになってくる人間関係のいろいろ。そうか、愛人とあいつがグルだったのかー!金塊はそこに隠してあったのかー!なんとその時、そうだったのかー!あれこれw

振り回された挙句の落とし所にも納得でした。そうね、そのぐらいかもね。

そしてぷーちんと菜穂子が付き合い始めそうなのもまた楽しいナイスコンビっぷりでした(^^)尻に敷かれるね!

きっかけだった体育教師が、ずっと使いっ走りで金ももらえずかわいそうなのは自業自得かなー。手付金の100万円を『間違えて』ぷーちんと菜穂子に渡すという信じられないドジw そもそも、そんな変な金返そうとして巻き込まれたのにー(あれ、それもぷーちん達が丸取り?拉致られたときに取られてる?)
原作も面白いのでしょうが、映像化にあたってのキャストやテンポが大成功していたと思います。結局、理事長の使い込みは別に明るみに出そうにないところもまあそんなものなのかも。でも、もう愛人囲うのはこりごりになるかもしれません。

「煙霞ーゴールドラッシュー」1 ☆☆☆☆

かっっこいーい!まるで映画。渋いヒゲ森山未來もいいけれど、清楚じゃない高畑充希はもっといいよ~w
おまけに知ってる場所が結構映るのw 三角公園や鶴橋駅前は定番ロケ地ですが、天王寺のチン電通りはあまりにローカルで騒いじゃいましたw 舞台の女子校ってどのあたりの設定なんでしょうねえ

てなわけで、しがない美術講師プーチンこと熊さん(森山未來)と音楽講師の菜穂子(高畑充希)は、同僚の体育講師小山田(尾上寛之)に待遇改善の訴えに協力しろと声をかけられます。どうやら私学助成金不正流用で理事長(桂文珍)を脅すことになるようですが……。証拠はある、念書を書かせるだけの簡単なお仕事です等々と説得されて、撮影係、運転係で手伝いだけすることに。
それが、やっかいな事件に巻き込まれるキッカケとは夢にも思わずに……!!

舞台に合わせて大阪弁。JKたちとぷーちんwのやりとりも他愛無くて良いですが、食事中や尾行中のちょっとした会話、新地のホステス、学長の啖呵、どこをとっても小気味がよくて惹き込まれます。ぽんぽんと繰り出される会話のリズムがいい!もう大阪暮らし20余年とはいえ自分では喋らない大阪弁ですが、やっぱり日常なので耳に馴染むのかな。でも他の地方の人だってこれは面白いんじゃないのかなあ? 
体育教師が目隠しのために取り出したのが、スポーツタオルで笑いました!細かいよ!
あ、高畑充希の歌あります。ライブハウスで網タイツw

もう3話まで放映されていて全4話。ああ、民放連ドラ優先せずに、こちらをさっさと見てれば良かった。
1話ではとりあえず念書を書かせたものの、思いがけず手にした大金(口止料?)が気持ち悪くて引き返してきた熊と菜穂子が、現場に血痕をみつけるところまで。ええ、殺されたの?
てか1時間、早!(><)

「モテキ」5 ☆☆☆☆

相変わらず、眠気が覚めるエロ情けなさです!
リンダってば聖母の様に優しいよね、こんなダメ男に懇切丁寧に教えてくれて(乱暴ですが 笑) 森山未來くんだから忘れてましたけど、幸世ってもう30才。親になってていい年なのに恋愛に受け身って!ムカツク(><)

そんなわけで4話。
てっきり前回のラブホの続きから来ると思っていたので、誕生日パーティーに録画を一週とばしたのかと思いましたよ。そこへ回想が来た来た。起たなかったのねー(^^;;;;)

でもとにかく可哀想な気にならないのは、結局幸世が真剣じゃ無いから、ですよね。来るもの拒まずでその気になって、今までの3人の相談までしたリンダに向かっても
「君が好きだ……か……ラ」←途中で後悔するなら言うな!!
直前までの選択肢は
<何となく>
<そこに手があるから(握った)>
だったくせにー!それでも、開き直って要求したリンダさんが上のキスは、ドキドキしちゃったゾー!

食卓を飛び越えたり、走ってる自転車から飛び降りる運動神経は今回も堪能いたしましたです。

来週はイツカちゃんの処女ドブ捨て? 嗚呼、可哀想で見てられないよ、でも楽しみー。

人気ブログランキングへ

「モテキ」2☆☆☆

カメラ係のイツカちゃーん♪可愛い!!

初対面、処女と童貞で罵りあった思い出にはドン引きですが、まあそんな青春があってもいいよ。誘われてロケ地巡り。イツカちゃんたらハイテンション過ぎて、正直半分も何言ってるか分かりません。でもまあ若い女の子ってこうだよね。この分かんなさが愛しいかもね。
先週のきれい系姐さんの前で無理するよりも、子猫の様なイツカちゃんを見守ってる幸世くんはなかなかかっこいいと思うのですよ……でも、上手く行かないのねー(笑)浴衣でベッドインして、主導権を取ろうと頑張ったチューまでして!なのに『童貞じゃなかった』と蹴り倒される幸世のこの理不尽、イヤもう大受け。(幸世が真剣にイツカちゃん好きなら笑わないけど。据え膳に飛びかかっただけだもんなー。何となく抱いちゃイカンのだって!)

お互いドブに捨ててしまった処女と童貞(原作でのイツカちゃんの無駄捨ては、それはもう悲惨で泣けます)、この人とだったら良かったのに……と別々に後悔する2人を乗せて、深夜バスは東京へひた走るのでした。嗚呼。

タイムマシンシリーズ今週は、上京直後。その頃デブだったんですね(声だけ未来くん吹き替え??)先週の様に未来に希望を持たせるでもなく、どん底の人を苛めて終わりって(笑)いいぞーもっとやれ!!

この枠にしては脱ぎ方抑えめですが、逆に無意味おっぱいがうろうろしているよりも、はだけてるのに見えない方がエロイのでは!?浴衣の腰の前に跪いて見上げてくるカワイコちゃん、危険!!

人気ブログランキングへ

「モテキ」1☆☆☆

「また誘って?」
どんだけ受け身な男なの!!(笑)

久保ミツロウの切実コミック原作!4巻の巻末マンガによるとディレクターと漫画家の相思相愛だったそうで、幸せなドラマ化です。

田舎から出てきて童貞のまま成人、普通にイケてない主人公幸世(森山未來)の愚痴が、可哀想ながらも笑えてしまいます(絶倫ウサギ 笑)そこに突然のモテ期!このチャンスに本当にモテ男になれるのか??……む、無理かも。

もちろん、見た目は森山未來くんなんだし。一斉に連絡とってきた女友達とも、一度はいい感じにデート?したりしてるんですよ。でも受け身。自分が好かれるワケない、影で笑われる等、発想が常に後ろ向き。手をつないで歩いた娘の、元カレが登場したらもう、一言も言わずに失踪です(笑)
そこで
「俺だって好きだー」
とは言えなくても、
「ただの同僚です。昨日初めて話しました」
とか、彼女のために言ってやることも出来ないのかと。無表情ですうっと消える様子に、おばさんとしては爆笑しましたけど共感を覚える若い男の子は多いのかしら。傷つきたくない、とか。
で、一年ぶりにその娘からメール。TVの石田純一に背中を押されて返信するところなど、「うぬぼれ刑事」に似てなくもないのですがあちらがハンターなら、確かにこちらの幸世くんは草食系かもー。ああ、情けない。

でもそんなダメ男、嫌いじゃないのよー!!!むしろ好きなのよー!!!

深夜ドラマ的サービスも期待。来週は未遂なベッドシーンよね。ふふふ。

途中堂々と入った大江千里「かっこ悪いふられ方」がサイコーでした!挿入歌と言うよりカラオケ(笑)

 


「R2C2〜サイボーグだからバンド辞めました〜」☆☆

クドカンが父息子を描くとこうなりますかー。

つまらなかったわけじゃないけれど。各地の高評価で期待をふくらませていた割には冗長に感じてしまいました。特に前半が。
勿論TV鑑賞では、現場の臨場感マイナスでどうしても散漫に見がちなことも分かるのですが。
サダヲの俺さまロックスターに乗り切れなかったせい?それとも7UPとか要らない気も。

それでも、”使えない”というキーワードを紙ちゃんからもらった一万円札で落としてくるきれいさには(更にそれが、無計画に書き進んだ挙げ句のラッキー、みたいにクドカン本人は言っちゃうところも)流石です。

踊る森山未來クンも流石でした。
我流な踊りが並ぶ中で1人レベルの違う、軸が通った踊りをしていましたよー。スカートでハイヒールだったけど(^^;;;;)
何かというと巨乳の乳首を摘むのはイヤーン。

そして松田龍平は……サイボーグ(笑)
あのデザインといい、ミックジャガーといい、多分アドリブな無茶ぶりはあるのに台詞激少ないところといい、本人はあれで良いんでしょうか??笑ったけど(^^;;;;)

やっぱりお芝居は生で見たいですねー。
でもはっきり表情がみられるのはやっぱりTV中継なんですよねー。

「リミット 刑事の現場2」最終回 ☆☆☆☆

人を愛して、泣く方がいい。最後に愛が勝つ。
心底熱い刑事ドラマでありました。

にしても、名古屋は廃ビル多すぎです。
この前男の子が監禁されたのが、犯人が育った家。だったら元暮らしていた部屋、梅木の恋人トモヨ(灯世)が殺された部屋は当然捜索対象でしょう!!屋上に追い詰めた頃にパトカー到着って遅すぎますって。

そして大立ち回りの末の告白合戦、管内に丸聞こえです。
ナイフを握る加藤をマリアが止め、銃を突きつける梅木を加藤が止め、その度に犯人黒川(ARATA)が反撃しやしないか冷や冷やしましたが、黒川は殺してもらって本望ですものね。目を閉じてじっと死を待っているのに頭上を「愛」が飛び交い、生かされた黒川の心境はいかばかりだったのか。

まさか加藤は死ななくても、梅木が殺すかも、道連れで心中かも、マリアのおなかの赤ちゃんだってこんなことではどうなるか、という心配もあったのでとにかく誰も死ななくて胸をなで下ろし、辞表が受理されて驚いたものの、それしかないかもと思ったり。
後半は文字通り、手に汗握りながら見ていました。

この期に及んで、黒川にまで「自分もああなったかも」と共感する加藤には驚きました。もう一度いいますが、そう思う君なんだからこそ絶対殺人者にはならないって!!
加藤とマリアの子が暮らしていく未来には、”もう1人の俺たち”はいないことを切に望みます。
そのためにも、マリアがひき逃げ犯を赦したこと。相手だって人生が狂って辛かったのだと視点を変えられたことはよい光でした。
そして”2人で不幸に”なるために結婚するのだとか。縁起でもないけれどいい言葉でした!

梅木さんにだって、幸せが訪れるかもしれない芽を残しつつエンド。
影の薄かったエリート君も、影が薄かったからこそのフォローがありました。未来の所長さん?

どうか未来が愛に溢れて幸せでありますように!

(……シリーズ3が観たいような、また転勤してやり直しではギャグになってしまうような)

「リミット 刑事の現場2」4 ☆☆☆

語り合う仇敵2人、嬉しそうですよー(^^;;;;;)
「誰よりも俺のこと分かってくれてるのはアンタ」
確かにそういう見方もあるかも。

出所した梅木の仇は、その足で両親を殺して昔の恋人の子供を誘拐・監禁し、ついにはマリアにも魔の手が迫る……!!
どんだけ偶然?とも思ったのですが、そういえばお墓同士が近くて梅木とマリアが出会う場面が前にもありましたっけ。黒川(ARATA)も、自分が殺した女の墓参りなんて殊勝なことをしたんですね。

虐待されイジメられて育った不幸な男。
……ここに来て、梅木の仇がそんな風に分かり易く”違う”人に造形されていたのには少しがっかりです。1話の無差別殺人にしろ、2話の自治会長さん3話の弁護士にしろ、一見普通に思える人の、端からは計り知れないゆがみがずっと描かれてきたのに最後に来てトーンが激変では。

それでも、亡き恋人を忘れられないマリアの心情が、この事件で変わるのかもと思ったりでハラハラ&ワクワクです。
”お前みたいのに限って、いつか非道いことをする”
と梅木の言っていた予言(?)はどうなるんでしょう。それとも、マリアの愛をぎりぎり信じ切れなかったところがそれに当たるんでしょうか??

時々メチャクチャなことさえしなければ、梅木&加藤チームは検挙率も抜群、超優秀なはずなんですから、そこもきっちり報われて終わって欲しいのですが。無理ですかねー。
イチゴ牛乳の姐御、今週も素敵でした!

「リミット 刑事の現場2」3 ☆☆☆

鍋が赤味噌で名古屋コーチンですよ!さすが(笑)

それにしても加藤くん、可哀想すぎます。
傷ついた人を、そのままで受け入れて愛そうとしているのに。
普通なら、褒められこそすれ罵倒されることじゃないですよねー。

愛している人の幸せを願う、相手の嫌がることをしない。
それだって当然のことに思えるのに
「そんなの愛じゃない」
と、梅木が、ストーカーが難癖をつけるつける(><)
お前ら関係ないだろう!!
……と、鼻で笑ってやり過ごせたらいいのに。真面目な加藤くんは言われるまま悩んでしまうのでした。

「リミット 刑事の現場2」2☆☆☆

今度の掟破りは、遺体とご対面!!
しかも焼死体です、きっついわー。

「ついてこい」
と、梅木が容疑者に声をかけてから遺体安置所まで。画面ではすぐでも、移動する間に何をするつもりかは分かると思うんだけど。(特に、加藤君はもう薄々察しがつかないと!)
でもやっぱり”まさか”と思いますよねー。

しかし画面のこっち側で”まさか”だったのは、今回も
「分かります、もし僕があなただって」
とまた言い出す加藤君。ええー??
ダンボールハウスごと中の浮浪者も焼いちゃっていい、と思うの??

ここで犯人を庇おうと出来るあなただからこそ、そんな非道いことを思うはずがないと…・思うのですが。隠している事があるのかしら。
まーさーかー、マリアの亡き恋人ひき逃げ事件に何か関わってるとかいわないよね(事件がひき逃げだったのにもびっくり。1話で侵入者がいたような映像があったのに)

一方の梅木さんは、17年まえに婚約者を(え?当時梅木何才??)殺され、犯人を今も殺したいほど憎んでいるのでした。
「殺す!」
って即答でしたよね(^^;;;;)

犯人も愛したいという加藤、憎むものだという梅木。
セオリーでは若造の人間愛に荒れたベテランが感化されて変わるものですが、武田さんの怪演と脚本のパワーで、逆もアリな気がしてきました。

加藤の私生活がぜんぜん愛に満ちていないので、正論を語ってはいても何かオーラがマイナスなせいなのでは。加藤君もマリアも可哀想。

殺伐と辛気くさいこのドラマの清涼剤は、いちご牛乳の君です。あの強き、好きー。

「リミット 刑事の現場2」1☆☆☆☆

通り魔殺人。
犯人に人権なんかない!と言い切ってしまう梅木刑事@武田鉄矢に胸がすっとしましたよ。

だって、そんなことが出来るのは人間じゃないから。
……はまだしも、
「バーカ」
に犯人ぶち切れてましたけど(笑) まともじゃない刑事を取り調べに指名して、何を期待してるんだか。謝罪だあ? ボコられずに暴言だけですんで御の字でしょうがー。

で、組まされた主人公、加藤刑事@森山未來は、犯人にも理解を示す派。人間を愛してるとか。
そういう奴に限って……と梅木が揶揄するので、酷い目にあう、と続くのかと思ったら何と、いつか自ら酷いことをすると言われてましたよ。予言?

この辺でもう既に前のめりで視聴。めちゃ面白いじゃないですかー。
しかも梅木も、過去には今の加藤のように愛にあふれた刑事だったのに? いったい誰を殺そうと思っているのか?(彼の論だと、”憎い相手を殺す”のは人間としてOK? ^^;;;;)

愛娘を意味なく奪われた父を、超法規的に犯人に会わせてやる梅木。
「私も殺したってください」
と泣いてすがられ、犯人が流した涙は……悔恨だったのか。少なくとも、父親の側にはきちんと恨みを吐き出せたカタルシスがあって。梅木は感謝されていますよね。
加藤に何が出来たのか、出来るのか?
次回では思いっきり”偽善者”呼ばわりされているしー。

どうやら犯罪被害者ならしい恋人@加藤あいとの結婚も、何か過去の因縁で問題がありそうだし……。

加藤くんから目が離せない予感。楽しみです!

「役者魂!」8・9 ☆☆

 血が繋がっていなくても家族だ。

 …そ、それを言いたいだけなら別に、芸能プロダクション設定は必要なくありませんか。ああでも、これが会社の社長と女子社員で、隠し子と同居じゃやっぱりまずいか……。
 俳優とマネージャー。
 密接な関係でありながら雇い主は別にいるというパワーバランスがいいのかなぁ。どうかなぁ。

 そんなわけで、前回はヤケ食いで売れた切符が今度は熱愛報道で売れました。はいはい。

 小学生がメールし放題、外で食事してきて相手のご家族に挨拶してないのって、普通にダメでしょう。注意する瞳美に逆らう桜子にイライラさせられっぱなし。アントーニオがびしっと怒ってくれてやっとちょっとすっきりしました。
 親子なら殴れるってのはまた問題が違うと思うんだけど、少なくともダメなもんはダメだよね(誰が払ってるんだ携帯代)
 しかし瞳美、探してもクラス名簿はみつからないと思うぞ。昨今の学校は”個人情報保護”に神経使ってるから。

 たかが誕生日で機嫌を悪くしたシェイクスピア俳優。
子供達が選んだマフラーを次の回で使っていてちょっと笑いました。瞳美へのプレゼントだったって知ってたくせに、構わないんだ返さないんだ(笑)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ