ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

森山未來

「煙霞ーゴールドラッシュー」2~4 ☆☆☆☆

いやあ、満足。面白かったです
「神戸牛か、玉出で買うたるわ」って、玉出w(オープニングにも映る、看板が派手なスーパーです。毎日何か目玉商品が1円のスゴイ店w)

怪しい男たち(木下ほうか、木村祐一)に拉致されるぷーちんと菜穂子。
先につかまっていた理事長ハリネズミ(桂文珍)から金を引き出す……手伝いのはずが、謎の男たちが立ち寄る先が微妙に銀行でなく、あれよあれよと金塊が8本どーん! 指定とは別のカードもちょろまかし、4憶8千万円相当を持ち去る計画だったのだー! しかしそれをしれっと持ち逃げする愛人萌姐さんw
持ち逃げ、ときいても3800万円だと思ってるハリネズミは「俺の金を守ってくれてる、偉い女だ」ぐらいの反応ですが、実は桁が違うから! 13kgだかの延べ棒8本、4オク6千万エンですからー!
もう下っ端教師なんかどうでもよくなっちゃった拉致犯に、帰れと言われるぷーちんと菜穂子でしたが、それは悔しいと外車の鍵など持ち出し、わざと乗り回して嫌がらせw 
そして誰が何なのかと、田中/鈴木と偽名を名乗っていた男たちの実名を探り始め……。そこで役に立つがのぷーちん先生の生徒人脈! 修理工場の娘には車体番号から車の持ち主を、不動産屋の娘には倉庫の借主を調べさせって、教え子がみな文句言いながらも電話一本でそこまでしてくれる慕われっぷりですよ。冒頭の神戸牛云々は、その時の礼交渉ねw 頼む方も頼まれる方も軽口がテンポ良くて楽しい場面です。
菜穂子先生には生徒とのそういうつながりナッシングでしたがw 家など探る時のご近所とのやりとりは菜穂子中心で、浮気調査と言ったらノリノリで口が軽くなったりと、また楽しいの。

明らかになってくる人間関係のいろいろ。そうか、愛人とあいつがグルだったのかー!金塊はそこに隠してあったのかー!なんとその時、そうだったのかー!あれこれw

振り回された挙句の落とし所にも納得でした。そうね、そのぐらいかもね。

そしてぷーちんと菜穂子が付き合い始めそうなのもまた楽しいナイスコンビっぷりでした(^^)尻に敷かれるね!

きっかけだった体育教師が、ずっと使いっ走りで金ももらえずかわいそうなのは自業自得かなー。手付金の100万円を『間違えて』ぷーちんと菜穂子に渡すという信じられないドジw そもそも、そんな変な金返そうとして巻き込まれたのにー(あれ、それもぷーちん達が丸取り?拉致られたときに取られてる?)
原作も面白いのでしょうが、映像化にあたってのキャストやテンポが大成功していたと思います。結局、理事長の使い込みは別に明るみに出そうにないところもまあそんなものなのかも。でも、もう愛人囲うのはこりごりになるかもしれません。

「煙霞ーゴールドラッシュー」1 ☆☆☆☆

かっっこいーい!まるで映画。渋いヒゲ森山未來もいいけれど、清楚じゃない高畑充希はもっといいよ~w
おまけに知ってる場所が結構映るのw 三角公園や鶴橋駅前は定番ロケ地ですが、天王寺のチン電通りはあまりにローカルで騒いじゃいましたw 舞台の女子校ってどのあたりの設定なんでしょうねえ

てなわけで、しがない美術講師プーチンこと熊さん(森山未來)と音楽講師の菜穂子(高畑充希)は、同僚の体育講師に待遇改善の訴えに協力しろと声をかけられます。どうやら私学助成金不正流用で理事長(桂文珍)を脅すことになるようですが……。証拠はある、念書を書かせるだけの簡単なお仕事です等々と説得されて、撮影係、運転係で手伝いだけすることに。
それが、やっかいな事件に巻き込まれるキッカケとは夢にも思わずに……!!

舞台に合わせて大阪弁。JKたちとぷーちんwのやりとりも他愛無くて良いですが、食事中や尾行中のちょっとした会話、新地のホステス、学長の啖呵、どこをとっても小気味がよくて惹き込まれます。ぽんぽんと繰り出される会話のリズムがいい!もう大阪暮らし20余年とはいえ自分では喋らない大阪弁ですが、やっぱり日常なので耳に馴染むのかな。でも他の地方の人だってこれは面白いんじゃないのかなあ? 
体育教師が目隠しのために取り出したのが、スポーツタオルで笑いました!細かいよ!
あ、高畑充希の歌あります。ライブハウスで網タイツw

もう3話まで放映されていて全4話。ああ、民放連ドラ優先せずに、こちらをさっさと見てれば良かった。
1話ではとりあえず念書を書かせたものの、思いがけず手にした大金(口止料?)が気持ち悪くて引き返してきた熊と菜穂子が、現場に血痕をみつけるところまで。ええ、殺されたの?
てか1時間、早!(><)

「モテキ」5 ☆☆☆☆

相変わらず、眠気が覚めるエロ情けなさです!
リンダってば聖母の様に優しいよね、こんなダメ男に懇切丁寧に教えてくれて(乱暴ですが 笑) 森山未來くんだから忘れてましたけど、幸世ってもう30才。親になってていい年なのに恋愛に受け身って!ムカツク(><)

そんなわけで4話。
てっきり前回のラブホの続きから来ると思っていたので、誕生日パーティーに録画を一週とばしたのかと思いましたよ。そこへ回想が来た来た。起たなかったのねー(^^;;;;)

でもとにかく可哀想な気にならないのは、結局幸世が真剣じゃ無いから、ですよね。来るもの拒まずでその気になって、今までの3人の相談までしたリンダに向かっても
「君が好きだ……か……ラ」←途中で後悔するなら言うな!!
直前までの選択肢は
<何となく>
<そこに手があるから(握った)>
だったくせにー!それでも、開き直って要求したリンダさんが上のキスは、ドキドキしちゃったゾー!

食卓を飛び越えたり、走ってる自転車から飛び降りる運動神経は今回も堪能いたしましたです。

来週はイツカちゃんの処女ドブ捨て? 嗚呼、可哀想で見てられないよ、でも楽しみー。

人気ブログランキングへ

「モテキ」2☆☆☆

カメラ係のイツカちゃーん♪可愛い!!

初対面、処女と童貞で罵りあった思い出にはドン引きですが、まあそんな青春があってもいいよ。誘われてロケ地巡り。イツカちゃんたらハイテンション過ぎて、正直半分も何言ってるか分かりません。でもまあ若い女の子ってこうだよね。この分かんなさが愛しいかもね。
先週のきれい系姐さんの前で無理するよりも、子猫の様なイツカちゃんを見守ってる幸世くんはなかなかかっこいいと思うのですよ……でも、上手く行かないのねー(笑)浴衣でベッドインして、主導権を取ろうと頑張ったチューまでして!なのに『童貞じゃなかった』と蹴り倒される幸世のこの理不尽、イヤもう大受け。(幸世が真剣にイツカちゃん好きなら笑わないけど。据え膳に飛びかかっただけだもんなー。何となく抱いちゃイカンのだって!)

お互いドブに捨ててしまった処女と童貞(原作でのイツカちゃんの無駄捨ては、それはもう悲惨で泣けます)、この人とだったら良かったのに……と別々に後悔する2人を乗せて、深夜バスは東京へひた走るのでした。嗚呼。

タイムマシンシリーズ今週は、上京直後。その頃デブだったんですね(声だけ未来くん吹き替え??)先週の様に未来に希望を持たせるでもなく、どん底の人を苛めて終わりって(笑)いいぞーもっとやれ!!

この枠にしては脱ぎ方抑えめですが、逆に無意味おっぱいがうろうろしているよりも、はだけてるのに見えない方がエロイのでは!?浴衣の腰の前に跪いて見上げてくるカワイコちゃん、危険!!

人気ブログランキングへ

「モテキ」1☆☆☆

「また誘って?」
どんだけ受け身な男なの!!(笑)

久保ミツロウの切実コミック原作!4巻の巻末マンガによるとディレクターと漫画家の相思相愛だったそうで、幸せなドラマ化です。

田舎から出てきて童貞のまま成人、普通にイケてない主人公幸世(森山未來)の愚痴が、可哀想ながらも笑えてしまいます(絶倫ウサギ 笑)そこに突然のモテ期!このチャンスに本当にモテ男になれるのか??……む、無理かも。

もちろん、見た目は森山未來くんなんだし。一斉に連絡とってきた女友達とも、一度はいい感じにデート?したりしてるんですよ。でも受け身。自分が好かれるワケない、影で笑われる等、発想が常に後ろ向き。手をつないで歩いた娘の、元カレが登場したらもう、一言も言わずに失踪です(笑)
そこで
「俺だって好きだー」
とは言えなくても、
「ただの同僚です。昨日初めて話しました」
とか、彼女のために言ってやることも出来ないのかと。無表情ですうっと消える様子に、おばさんとしては爆笑しましたけど共感を覚える若い男の子は多いのかしら。傷つきたくない、とか。
で、一年ぶりにその娘からメール。TVの石田純一に背中を押されて返信するところなど、「うぬぼれ刑事」に似てなくもないのですがあちらがハンターなら、確かにこちらの幸世くんは草食系かもー。ああ、情けない。

でもそんなダメ男、嫌いじゃないのよー!!!むしろ好きなのよー!!!

深夜ドラマ的サービスも期待。来週は未遂なベッドシーンよね。ふふふ。

途中堂々と入った大江千里「かっこ悪いふられ方」がサイコーでした!挿入歌と言うよりカラオケ(笑)

 


「R2C2〜サイボーグだからバンド辞めました〜」☆☆

クドカンが父息子を描くとこうなりますかー。

つまらなかったわけじゃないけれど。各地の高評価で期待をふくらませていた割には冗長に感じてしまいました。特に前半が。
勿論TV鑑賞では、現場の臨場感マイナスでどうしても散漫に見がちなことも分かるのですが。
サダヲの俺さまロックスターに乗り切れなかったせい?それとも7UPとか要らない気も。

それでも、”使えない”というキーワードを紙ちゃんからもらった一万円札で落としてくるきれいさには(更にそれが、無計画に書き進んだ挙げ句のラッキー、みたいにクドカン本人は言っちゃうところも)流石です。

踊る森山未來クンも流石でした。
我流な踊りが並ぶ中で1人レベルの違う、軸が通った踊りをしていましたよー。スカートでハイヒールだったけど(^^;;;;)
何かというと巨乳の乳首を摘むのはイヤーン。

そして松田龍平は……サイボーグ(笑)
あのデザインといい、ミックジャガーといい、多分アドリブな無茶ぶりはあるのに台詞激少ないところといい、本人はあれで良いんでしょうか??笑ったけど(^^;;;;)

やっぱりお芝居は生で見たいですねー。
でもはっきり表情がみられるのはやっぱりTV中継なんですよねー。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ