ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

森口瑤子

「父、ノブナガ」☆☆

郷土愛に溢れる、CBC製作岐阜ドラマ。NHKの地域発ドラマと間違えそうですw

気弱なダメ社員小田(田辺誠一)が、接待の屋台船から転がり落ちて長良川へどぽーんw 川底の御朱印「天下布武」を拾ったせいで、なんと現代に生き返った織田信長(竹中直人)に乗り移られてしまうのでした。
家では妻子をおなご呼ばわり、会社でも気弱なプランを一蹴。諦めてはならん!下請けなど以ての外!と、地元ショッピングモールの建設受注をぐいぐい推し進めますが……その実『しょつぴんぐもおる』が何かは知らない信長さん。 街に出ては歴史映画を鑑賞、猿が天下を取ったと知って凹んだりしていますw
コンロやライターの火を見るとクラっときて(本能寺の焼打ち関連?)元の小田に戻るので、一致しない言動に周囲も本人も大弱りですが、そのうち鏡を通じて事情を把握。協力しあって、少しでも郷土のためになる施設を作ろうと頑張ることになるのでした。

小田が鏡を見ると信長が、信長が鏡をみると小田が映るのです。街でエスカレータに乗った時も、本体は小田だけど上のパネルや横のアクリルに映る姿は戦国武将という芸コマでしたよ。
もちろん傍目からはずっと小田は小田なのですが。認知症の母親だけが、意識が織田信長の時と息子の時をはっきり見分けるというミラクル!そのおばあちゃんの話し相手ロボット カイゴくんも有能で、現在の元号や小売店とモールの違いをわかりやすく教えてくれますよ。 未来にきたとすぐ把握する信長、戦国時代の人なのに適応力抜群。さすが新しいもの大好きな信長です。

そして信長は、岐阜が天下の中心と信じてますからw さびれた商店街を見ても、職人を集め地域の力で乗り込んでくる敵を討つべしと、勝つ気しかない。そのおかげで社内の士気は上がりますが、他社との会議ではやはりお前が仕切るなと揉めたり怒らせてしまったり。その辺の謝罪や交渉は温厚な小田が取りもち、歴女な娘からも楽市楽座について学んだりして、臨んだ最後のプレゼンは……。
ほぼ決定だった、大企業の画一的なプランをひっくり返します!

山を崩さずに作るので、景観を生かすだけでなく経費が半額に。するとテナント料も下がって、地域の商店がモールに参加できるのです。建築資材も冷暖房など諸設備も、地元の気候にマッチし長く使えるものをチョイス。お年寄りの話し相手にロボットも置いて、子供も大人も毎日通う、アットホームな地元のモールになりますように。
そんな小田のプランを見て、地元企業、地元商店のみんなが協力を申し出に駆けつけてくれたのです(だったら会議の最初からいればいいのに。ドラマらしくちょうど良く遅れて到着でしたw)

実はその間に介護問題もあってね。小田妻(森口瑤子)はキャリアを諦めて退職し、ワンオペ介護。旦那はのらくら逃げるし、中が信長の時は更に偉そうだしでついに失踪してしまうんですよ。会議はせまる、実母の世話はしなきゃならない……。ここには解決策ナッシングで、妻はただ羽を伸ばして帰ってきましたよ。えー。旦那ったら、ホンのちょっと世話しただけで会議案に老人問題盛り込んだりして、わかってますな態度なのよ。もっと困らせてもいいのに。娘だっていくら受験生だからって食事ぐらいつくればいいのに。
ただ、今まで県内限定だった娘の進路は、どこに行ってもいいぞと広がりました。岐阜の素晴らしい未来は次世代に託す模様です。

「俺のダンディズム」1 ☆☆☆

ドラマだったんだw


その昔、要潤がナビゲーターだったブランド紹介番組のようなものかと録画してみてびっくり。各種ブランドをこれでもかと紹介しつつ、メインはドラマでした。

「半沢直樹」で脂汗だらだら流してた滝藤さんが、顔芸やダンディコスプレで楽しませてくれますw


課長昇進をきっかけに『ダンディーな男』をめざすことにした段田一郎40才(滝藤賢一)

まずは腕時計!

セレクトショップ『マダムMの店』にて、怪しい老婆とマダムM(森口瑤子)にバカにされながら腕時計の成り立ちと有名ブランドの特徴を学び、すっかりその気になって……60万円のロレックスエクスプローラーをお買い上げ~!


えええええええええ~大丈夫なの、その予算(><)

奥さんに怒られるよね。


だいたい、急にダンディーを目指す理由が、お気に入りOLが好みのタイプを

「ダンディーな人☆」

って言ったからなんですよ!むむむ妻としてムカつく~。他の厚化粧OLに地味だしょぼいと悪口言われてる時には凹んでるだけだったのに(OLから丸見えの場所で苦悶してて可愛いw)、清楚OLのその一声で60万円支払えちゃうとは。なにが『やましくない』んですか~(><)


しかも、翌日お茶を運んで来たその娘が、さっそく気付いて

「その時計、エクスプローラーですよね」

「お似合いです!」

って、マダムMの回し者に違いないw


と騒ぐ私に、一緒に見てた旦那はニヤニヤ。

蘊蓄部分や劇中番組「ジローラモのダンディズム講座」(ダンディな振り返り方w)も楽しめましたが、正直しょぼくれたスーツのまま時計に60万円かける意味はあるのでしょうか。まずは時計の半分の予算でスーツ何着かとネクタイを揃えるか、せめて美容室に行った方がいいと思うのですが、ダンディ道はその方向じゃない様で奥が深いです。
会議中、いい時計がよく見える角度でホワイトボードを示す段田課長。気のせいか自信に満ちて、二割増男前かも? 

次回万年筆。また小物です。


番組が終わるまでの累計出費いくらになるんでしょう…。途中で宝くじでも当たってくれないと気が気じゃありません(><)


「僕の歩く道」3 ☆☆☆

 リアクションが長いよねー。
セールスの電話であんなに黙り込んだら、切るでしょ普通。なのに続く沈黙に、追いつめられるテルと共に見てるこっちも息苦しくて(^^;;;)
 天竺ネズミの解説も同様。
子供の視線を浴びて固まるテルと共に固まるって。

 おまけに家庭のギスギスしてること・・・・!!
あの嫁っ「子供の気持ちが分からない」のはアンタでしょっと、首根っことっつかまえてグイグイ揺すってやりたい程ですが・・・・甥っ子の悪事は内緒、という『約束』なのでいたしかたない。

 そんな陰気な空気は相変わらずながら、今週はちょっと楽しかったかな。
都古ちゃんと不倫男の間(それも都古寄り!)に座るテル・笑。
MEGUMIとの3秒ルールも笑った。おっぱいをしげしげと眺めて「大きい」。正直だよねー。応えてMEGUMIの「ありがと」って!!
 でも、せっかく楽しかったのに都古ちゃんのいつもの解説
「何の意味もないのよ」
が入っちゃって興ざめ。天使ですか?あってもいいじゃないの性欲や女体への興味は。触ってないんだし。

 そんなこんなで、天竺ネズミの解説が言えました!の回。
テルをカツアゲした甥っ子が(妹もしてたって??)、反省と、多少の理解と敬愛をもってテルに接する様になり、最初の失敗での不安が解けたおかげです。
めでたしめでたし。
 私たちには理由がわからないことも、本人の中ではちゃんと繋がっているんだね、ということをまた丁寧に丁寧に描いてくれました。

 几帳面な字で綴られたおこづかい帳、良かったな。
「あげたお金 5000円」動かぬ証拠です。
それにしても、毎日行く食堂でチキンカレー500円って高いよ!!

「時効警察」6 ☆☆☆

 ええっもう『時効』を扱うのが嫌になっちゃったの??あんなにカード作ってたくせに?
そんなのは第2シリーズになってからかと思ったら。

 でも、いくらなんでも分かり易すぎる逃亡犯の特徴だとか
(酔うと播州弁、耳が動くってアナタ)
スナック俺、ボク、私だとか
ベタベタなお笑いは変わらずで、いい感じに脱力しながら金曜の夜が過ぎていきます。
普段めっきり録画派なのに、何故かこのドラマだけは生で見たいんですよー(そのせいでキッスの回を見逃したわ・悲)

 関係ないけど「有頂天ホテル」みてたら三日月ちゃんが出てました。
オダジョーも出ていて、何故かちょっと得した気分。うふ。

「汚れた舌」最終回 ☆☆

 軸軸軸って、どうしたの突然?

「生まれ変わったら絶対結婚する」千夏宣言にひっくり返っていたら
「生まれ変わったら」こっちはしないと杏梨。
ああ、両方とりあげるんですね。脅かさないでください。

 大人の関係の終わりがさらっとあっさりなのが衝撃。え、そ、そういうものですか?
(振った相手にストーカーされたことはあっても、つきあった人とはそのまま結婚してて別れた経験ないもので^^;;;)

 特に耕平ね。
自分だって、まだ潰れてない会社の社員再就職口を探しているくせに、千夏が片づけしてるってだけで終わり??はぁ??
 ・・・でもあれはヨリ戻るよね。確実だよね。

 今まで何度、「もう会いません」「東京帰ったら終わり」って言ったのよあの2人。
それが同じ花屋をご近所でするのよ?
下手したら明日にはお食事して寝て、来週には共同経営者(笑)

 あれだけドロドロしてたのに、結局惨めに不幸になった人はいないじゃない。ホッとしたような、肩すかしをくらったような。
 ああ、一番可哀想なのは杏梨でしょうか。
実家に戻ってのうのうと暮らす前にとりあえず侘び入れてみたら、弘子に捕まるとは!!
働き口はみつかったけど「もっと苛める」宣言まであって、泣き笑い顔が洒落になりませんでしたよー (笑)

 そして笑ったのが、カウンターレストランの店長。泣くなよ、客の話聞いて(^^;;;)
杏梨が食い詰める心配よりも、絶対耕平の方が危ないと思うんですが・・・。まぁ、いっか千夏とよろしくやってるんだから(決めつけ)

 オープニングの、舌にまつわる文言がラストまた美しく繰り返され締めくくり。キワモノなりに、実はきちんと暴露され精算されて終わる道徳的な物語でした。

みっちゃんの今後の成長と女性関係だけが心残りです。親元離れたのは正解だけど・・・・嫁姑&小姑でまた一本ドラマが作れるから。

「汚れた舌」9 ☆☆☆

 『2枚舌』というと聞こえは悪いけど、一応は誰かを守ろうとウソをつくみっちゃんが、主要メンバーの中で一番大人に見えてきます(バレバレだけどね^^;;;)
 またそれに、「2枚じゃ足りないっ」と嘘つきを極めろとすすめる母親が居て余計にややこしいって!!
 今週も不愉快に盛り上がって楽しかったです。もう千夏最低。 

 葬式の手筈だ、自殺の阻止だって、頼んでもいないのに周囲が動いてるってのは確かなんですけどね。してもらって当然みたいな顔してますよ??

「東京に帰ったらもう会わない」 と耕平に宣言。
 そりゃあ”尽くし損”じゃないですか。嫁とモメながらも金沢来てくれたんですよ、せめて、せめて一晩イイ思いさせてやってから言えないのかなぁ〜。
 ↑これって普通、女性の立場から言う事じゃないんですけどねぇ。千夏があんまりなので、つい。

 ホステスで稼いで、結局は白川に金借りて、女の武器をフル活用しておきながら
「お金は”借りた”」
「ちゃんと返す」
と言い張るところが見苦しいのよー。
 だったら耕平に頼りまくりの恩はなにで返すんだっ

 かといって、悲劇の正妻:杏梨に同情出来るかというとそれも微妙(^^;;;) 最近、子供ほったらかしだよね。

 来週また、千夏は酷い目にあってるみたいです。
予告で、泣きを入れてる千夏にちょっと溜飲下がったりして。自分が怖くなるなぁこのドラマ(^^;;;)

「汚れた舌」7,8 ☆☆☆

 心筋梗塞の原因は「過大なストレス」って・・・あの食事会だよ(笑)

 夫婦親子不倫の恋人、勢揃いしてるその席順がまた修羅場で
「ヒトを呪った一生でしたから」
なんて言ってた人がその晩急死よ?驚くより納得しちゃいそうです。ああ、刺されたんだなって(自然死なほうがびっくり・笑)
 いやー、今回凄かったわ。

 千夏のウソがお母さんにチョンばれた前回も凄かったんですけどねー。どうも、杏梨で冷めてしまって。だって、自己分析してるんだもん。
「千夏さんの服についた血の染みが、苺の形をしてたの。だから苺は見たくない」

普通、”どうしてそうなのかわからないのに止められない”ものじゃないかなぁ。
分かってるならヤメロってば(^^;;;)
 それにネットの中傷で客激減て(笑)
大手の「富士」は、ああいうところチェックしてても理解できるけど、ご近所で花買おうってひとは見ないよそんなもーん。

 でもソレを言ったら今回も、5秒前まで唄ってたヒトが心停止しても、電気ショックでもマッサージでもなく「ご臨終です」な医者、ありえないんですけど…。

 まぁ。いいや。
だって葬式での鉢合わせが待ち遠しかったんだもーン!白川殴るわ、杏梨が不作法だわ、期待通りでしたよーん!

 そして、葬式の手配から出棺まで、親戚でもない副社長に手伝ってもらってたくせに、一夜明けたら結婚を思いついて白川の元へ走る千夏。
 断られていーい気味だぁ!!(鬼)

 そうそう、糸切りバサミに自分の舌を挟む千夏。
あれって、握ったら切れちゃうんですよ?なのにタックルかます耕平に仰天でした。キケンだろ!!撮影用は刃を潰してあったんでしょうか(^^;;;)

「汚れた舌」6  ☆☆☆

 何時間スケスケで彷徨ってたんだ千夏!! 暗くなってるよっ!!

 ウソの注文で、まだ生きてる人に枕花届けちゃった千夏の花屋。
 電話でも通販でも花送れる時代に、わざわざ顔見せてウソつく依頼主に笑いましたけど、千夏もともかく謝らなきゃ。 スミマセンの前に「でも」ってアンタね。
「私は悪くないモン」な態度で、コッチまでイライラ。殴られて水かけられてもちっとも可哀想じゃないゾ。

 挙げ句、社長に会うなり気絶って、待ち伏せてたんじゃないかと疑うタイミング(^^;;;)
かと思うと白川の元へと押し掛け慰問菩薩。こーのー女はぁー!!

 対する奥さん杏梨が、お嬢さん育ちのくせに甘え下手で可哀想になってきましたよ。壊れてきたしなー。
 つらいときに、とりあえず笑顔貼りつけて笑っちゃうのって何かしら・・・・。本当に可愛がられていたんじゃなくて、甘えて泣くと殴られるみたいな環境を想像してゾッとしました。考え過ぎかしら。
 とりあえず、苺は始末しようよ。
 壊れてる杏梨はともかく、つき合いで食べる弘子の息子まで掴んでむさぼることないじゃないですか。 ミキサーでイチゴミルクつくるのはどうでしょう (^^;;;) 

 ベッドシーンが2回もあったのに、どっちも淡泊でちょとガッカリ(笑)あれなら未遂のキスどまりin花屋の方がエッチだったわー。

「汚れた舌」5   ☆☆☆

 菜の花の中に何か・・・・人? 杏梨??
生き霊かと思ったら、千夏普通に挨拶していて怖さ倍増でした(^^;;;)

「一回のキスならアクシデント」
「身体の関係さえ無ければ許される」
 千夏あんた甘い、甘すぎるよっ
お母さんが白川刺したのも、薄々気付きながらとりあえず知らないふりって何。

 そして白川との仲はそのままに、社長耕平もキープ。そんな上手いこといくわけないじゃん。
また、男どもは仕事で繋がり出すし。いつか3人出くわしてドロドロするんだわー、きゃー(楽しみなのか、私??)

 とりあえずディズニーランドは、パパ抜きで娘だけ連れてってやりましょう。なんなら、義弟を荷物持ちに連れていったら・・・・。とか思っていたら。
 義弟も腹黒い・・・・。
 耕平みたいにおっかあに欲情してとか、ずっと好きだった、じゃなくてとりあえず優しくしてみただけ??きゃー。

 怒り狂う杏梨に、貼りつけた笑顔で心にもないことをいう弘子。
別の方向から100倍返しする女なのに・・・弘子が一番まともに思えてきて怖いです。
ていうか耕平。お金あるんだから別居しようよ(涙)

「汚れた舌」4 ☆☆☆

 おいおいーっ 花屋でサカリ始めましたけど、外から丸見えじゃないんですかっ!!

 ”結婚より仕事”と言うくせに、その仕事をホイホイ投げ出してデートしている千夏、でも白川もちゃんとダメだと思ってたのねー。
 仕事のミスを花屋社長に救ってもらう千夏。
 恋人の家から、自分に気がある男に電話して『助けてお願い』ってアンタそれどういう了見だよって話ですけどねぇ。器の広い3代目、お願い聞いてあげちゃうんですもん。
 好感度UP・・・・なのはいいけど、お礼に(?)寝るなーっ

 その他、母と白川や社長夫人は次回の騒ぎへの布石だけでちょっと地味。

 義母ヒロコの不幸語りは今回も健在ですね。
 今は良い服着て豪邸住んでるんですよ。ピアノは息子にさせるなりして昇華すりゃあいいものを。いつまでもくすぶっています。これが生きるエネルギーなのかしら・・・。息子はあの話、もう何度も何度も聞かされてるんじゃないでしょか・・・・(^^;;;)
 室内3重奏を背に、てっきり鬼の形相で出ていくと思ったらはりついた笑顔だったのが怖いやら笑えるやら。

「汚れた舌」3 ☆☆

 不憫だ・・・あの息子。ひたすら不憫だ。
彼女が出来たって、あの母親に会わせるわけにいかないよね(^^;;;) ていうか、まともな恋愛が出来るんだろうか。

 そんなわけで、密会中を妻&義母とはちあわせちゃった可哀想な社長。言い訳もさせてもらえずに、全員で同席です。キッツイわ〜(><)
 横一列並びで、ただでさえ話しにくいのに会話の中身も針だらけ。

 杏梨、途中で帰るなっ ていうか、旦那の密会を抑えたら怒れっ
その場で椅子でもひっくり返しゃいいのに何故弱気になるんだーっ

 後日、「主人はあの人と・・・」って姑(笑)に言い出したところも完敗でしたよね。
『社長は気があるけど、女の方は全然よね♪』って断言されて。
浮気だって、旦那がモテてると思えばちょっとは気持ちいいだろうに、フラれてちゃ二重に惨めじゃない!
  もちろんヒロコ、それ分かって言ってるし。
あれで実の親子なら、息子が不誠実で申し訳ないってなるんだろうけど後妻のヒロコには全然責任ないし(^^;;;)

 一方で展開する白川と飯島直子の恋はもー、どーでもいいなぁ。
 娘は不倫デート(っちゅーか記者会見見学)中に、デパートで買い物するお母さん。え?店番は??
それに、服をデパートで見るって生活に余裕のあるイメージ・・・・。

 居間が映っても、一度どん底苦労して何もかも手放した人の家具には見えないんだよね・・・・。その辺もあって、どうにも母娘パートは嘘臭いです。

 しかし! 記者会見の記事からウソがバレルのにはやられましたー!
「自分から白川の匂いがしたのかと思った」という生々しいモノローグもあいまって、最高にスリリング〜。

 あれですね、死人もゾンビもでないけどホラーです。

「汚れた舌」2 ☆☆☆

 うひー、社長自爆!!

 だいたい妻との外出をドタキャンして逢い引きだっちゅーのに、いきつけの店に行くなよー。ドレスアップした妻がそのまま家に戻るわけないじゃんっっ!!戻ろうとしたって あの恐ろしい”おっかさん”が無理矢理 社長の居そうなところに連れて行くにきまってます♪
 女と会えるように仕組んだのも彼女なんだから。 怖っ

 しかし、そうしたくなるほど怒らせた牧瀬嫁も、天然じゃ許されないボケっぷりですよ。
「途中で辞めたらカッコワルイ」
と子供に教えるのに、家族それぞれの挫折を教えるっちゅーのもワケわかりませんが(自分たちみたいになるなといいたいのか?)、生活苦故の高校中退と、海外留学断念が一緒ですか??
 ある意味、差別してないともいえますが…。いっそ謝らないほど悪意満々の方が、まだましかもしれないです。
 その場で怒らずに、周到に周到に張り巡らす復讐の罠・・・・・。

 それにしても、まだ寝てもいないのに疑われるってたまりませんね。

 前半、金沢での愛の逢瀬やパパ自殺の事情なんて結構どうでもよくて、5年前の融資の時まで本当に白川を憎んでいたのにはちょっとしらけたりしてました。
 そうそう、社長の正体を知ったからってイキナリ、勝手な妄想で怒鳴り込みに行くのもどうかと思ったわ。

 それが、ママが絡むと俄然面白いです。
大学通いはウソだけど、先輩と不倫だったから・・・・なんて言い訳、騙されないし(笑) とうとう孫が居る妄想まで来て、配達忘れましたよー。どうなるのこれはー。

 不愉快エンターテイメント。来週が待ち遠しい!

「汚れた舌」1  ☆☆☆

 オープニングから大受け(^^;;;) あれは笑わせようとしてるんでしょうか、どこをとっても濃い濃い。

 とりあえず、ヒロイン千夏(飯島直子)が父親を死に追い込んだ男(藤竜也)を憎んではおらず、逆に恋愛関係にある、と確認できてホッとしたりして。これで母親の教えるまま『会ったら必ず殺す』なんて思ってる方が怖いよね。

 千夏と出会って、不倫を夢見ちゃってる3代目社長(極楽とんぼ加藤)
 彼と同い年で、亡くなった先代に19才で後妻として嫁いだ”おっかさん”こと森口瑤子。この2人にも肉体関係はあるのかないのか。どっちにしろ3代目の揺れる心を逐一見抜いてする嫌がらせが楽しすぎます(笑)
 そして、ジジイへの色仕掛けで貧乏からはい上がってきた、と明け透けに聞かされて育った息子(=色仕掛けの結果誕生)が可哀想すぎ。でも、すごいなぁと感心したのはそういう母を息子が嫌っていないこと。
 過去の屈辱をあげつらい、狂気を滲ませてくる母親を置いて部屋を出るのではなくて・・・寄り添って手を握ってくれるんですよっ

 そういえば千夏も、明らかに常軌を逸している母の相手をちゃーんとしてあげているよね(騙してはいるけど)
 色恋に狂っても、親子の情は別 という話なのでしょうか(違)
 共感できる人は1人もいないけど、着地点が不明でワクワクします。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ