ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

梶原善

「竜馬におまかせ」2〜7

大昔のメモを発掘。 1話の感想を2007年に載せてた続き、せっかくなので今更ですがアップしておきまーす。
結局ビデオもDVDも未発売なこのドラマ。アメリカ田舎の日本食材屋のレンタルコーナーに置いてありましてねえ、でも中途の7話までしかなかったんですよ。懐かしいです(^^;;;;)

「竜馬におまかせ!」2 ☆☆☆
 舶来ツイスターゲームに「マイネームイズハリス」(笑)
道場主(伊東四朗)の発明好きに”後のアトム”、とにかくハチャメチャで、こりゃ時代劇のつもりで観たおじいちゃんは怒っちゃうでしょう〜。いやー好きだなー。
 で、本筋は紙切り、もとい人斬り以蔵に人斬りを辞めさせて以下来週。

 助けてもらっても態度のでかい清河、いいですねー。


「竜馬」3 4 ☆☆
薫ちゃ〜ん!!もとい寺脇さんだ!!
それにしてもピクニック=裸って!そのために頑張っちゃう竜馬って(笑) また歴史オタの竜馬ファンに怒られそうな(笑)

例によって、おじいちゃんの恋文とエゲレス大使館の設計図が取り違えられて大騒ぎ。まずいおにぎりも、まさかこんな風に役に立つとは??
そんな騒ぎの元凶はまたも清河さんで、竜馬は金で動く彼を嫌っているのに、なぜか懐かれてますよ〜。竜馬には、清河の持っていないものがあるからねー。
人望が!
(なんて役なんですか、西村さん〜。でも素敵)

伊東四朗は毎回痛いめにあわされていて可哀想ですよ(笑)


「竜馬」5 ☆☆ 
今日も清河さんが面倒を持ち込んできましたよ、アームストロングさん!(笑)

千葉道場が火の車となると、居候も肩身が狭くてつい金儲けに清河に頼るから……。
口を濁す様子に、なんだろう犬だったりするのかなーとは思ってましたがまさかこんな騒動になるとは思いませんでしたよね。
ところでこれ観た日に、アメ車のパワーウインドウが壊れました(><)中古で買ったばっかりだったのに。初めて全開にしてみたところで異音とともに動かなく。最期の一回だったんでしょうねー。買う前に絶対!動かしてみなくちゃいけませんよ、車もアームストロング砲も(笑)

清河家初公開!
あれだけ格好つけてて、さぞいい暮らしをしているかと思いきや、意外につましい一人暮らしでしたね。ギャップにちょっと萌えたりして♪


「竜馬」6 ☆☆
みんな写真屋でバイト。
馬の首を腐らせてアンモニア作りかー。とかトリビアを仕込みつつ。友情に胸を熱くする回でした。
勝蔵さん(相島一之)がこんなに活躍する役になるとは思いませんでしたよ。
そしていつもにまして、「マスコットボーイ」だの「イメージキャラクター」だの、カタカナが飛び交う回でしたよ(笑)

最後、呼ばれてないのに写真に一緒に入りたい清河がキュートでしたわ(^^)


「竜馬」7 ☆☆
戸板でサーフィン(笑)
いっくらなんでもフランケンシュタインはないでしょー。
それを研究して、恩師を蘇らせたいと高杉晋作が再登場なのはちょっと嬉しいですが。3話のナレーションからすると、この時点でもう沖田共々労咳が進行中の筈で、ちょっとイヤン。

(余談だけど今いるアメリカ某州がめっちゃ結核予防にうるさくて、ツベルクリン検査をして陽性だと結核菌殺す薬を9ヶ月毎日飲み続けなくてはなりません〜。BCGでわざわざ陽性にしてる日本人の立場ないじゃん。でもこうして歴史振り返ると、なるほど怖いわねー)

そして、生き返った松蔭先生(小林隆)の首にはフランケンなでっかいボルトが刺さってるのがまた、イヤン。
前回天井にあけた穴が役に立つところは凄い(笑)

「刑事ダンス」2 ☆☆☆

順調にバカドラマですw

スキャンダルリークを探るため、まずはバラエティーにゲスト出演だ!そして目立て、気に入られろ!と、無理難題を課す上司。狙ってそれが出来るなら、刑事じゃなくて芸能人目指してるっちゅーの。
嫌がるスミレ……もとい辰屋刑事に、他のメンバー(なんと刑事じゃなくバイトでしたw)が

『力を合わせれば出来る!』

と、昭和の刑事ドラマ「漢!刑事泣き虫」ばりなセリフで励ましてくれたのに、結局出演するのは辰屋ひとり。あとの4人は裏で相談して隠しマイクで指示してやるからねって、全然大丈夫な気がしませんよ。案の定意見が割れるわ、途中で弁当に気をとられるわ、居ないはずの4人がスタッフ(梶原善)に見つかっちゃうわ。何故かそのスタッフが辰屋に指示をだし始め、電話がかかったふりしろああしろこうしろ脱げ乳首出せ……って、そりゃさすがに辰屋もキレるわw

ただ、コメディで指示通り喋るとなったら、要らないセリフまで繰り返して揉めるのが王道で定番でしょ。なんとこのドラマ、珍しくその定番がありませんでしたよ。指示が多すぎてむしろ沈黙w そこに間が悪く司会者から振られて
「あ……聞いてなくて……」
おうむ返しよりダメな発言があるとは(^^;;;)
そしてキレてからは
「こうしてる今も犯罪が起きているのに、こんな番組出てる場合じゃない!」
ってただの刑事としての本音ですが、出演者が言うなら斬新。ネット炎上間違いなしw 意図せず爪痕残しちゃいましたねえ。うん。それに感激したスタッフ、問わず語りに
「スキャンダルの情報流すとかやめて、頑張るぞー」
って、お前だったのかーい!とスピード逮捕ですw

こりゃ当分「デカダンス」やめられませんねーw ああ楽しいw
次回は「逃走中」っぽい番組に出演と、毎回ありそうなセットなのもお楽しみ(^^) 芸人の出演は小峠でしたよ。板倉さんも出ないかなー! 

「東京スカーレット」2 ☆☆☆

誰も死んでないバラバラ殺人事件w なるほどw

しかも犯罪自体が無意味だったという空しい系で、地味ですが上手い。思わず「今のドラマこんな話だったー」と話したい出来でしたよ!

『鳥山明の住む愛知田舎の自治体が税収でウハウハ』って吞み会で話題になったし
『ガレージセールで箪笥買ったら、人骨が入ってた』って面白ニュースも見て真相がまさにこの事件でしたが、その双方が結びついてあんな話を思いつける脚本家さんの頭の中が見てみたいわー。


ただ問題はこれ、「相棒」でだって出来ますよね。

「東京スカーレット」らしい切り口が2話にしてもう強調されないとか、何でしょう。今回の鳴滝杏、何か解決に役にたったでしょうか? 

せめて

「彼もこの漫画好きだった」とか

「映画化された時2人で見に行った」とか

前話で別れた詐欺師の元カレを引きずる発言ぐらい、あってもいいじゃないですか。
(制作時にはどれが2話になるか決まって無いのかな?) 

生瀬さんにおだてられてのせられて、いい様に使われた…のは先週と同じですが、もっと通販カタログとかジェルネイルとかデトックスとか←適当に女子らしい事並べてみただけですが、そういうきっかけからヒントを見つけなくていいんですか?

しかもダルタニアンて2話にしてもう言わないw


どーしても最終回まで見ないとダメな、物語の縦軸になるポイントがよく分からないドラマです。
次回が楽しみ☆感がないというか。 

いちおう生瀬さんが同僚を死なせた話で引っ張ってますが…。連ドラお得意の『3ヶ月で◯◯しないとクビ』タイマーってバカにしてたんですけど、それくらい作動させてもいいのかも。


「returns」”東京サンシャインボーイズ”期間限定復活公演

秘められた能力で地球を守れ??

新宿シアタートップス閉鎖を惜しみ、伝説の劇団”東京サンシャインボーイズ”15年ぶりの再集結。
もうずっとそれぞれ別個にご活躍の面々を揃えて、何をさせるのかとワクワクしていたら同窓会です。なるほど!
若かったよね、懐かしいねーな気持ちがシンクロする実に納得の仕掛けです。
でも話はどんどんずれていって、宇宙人が攻めてくるとかタイムリミットは3日とか。
「狙いはもちろん世界征服です!」
えー??

目立たない平凡な生徒だったけど、凄い能力を秘めていたことを先生だけは知っていた!……んだそうですよ。
そりゃ芸能人だものーというツッコミはさておき、テレポテーションとか空飛べるとか、なんで今まで気がつかないかなー(笑)

最初はもっと別の、人生が上手くいっていない教え子を元気づけようと先生がウソをついたお話かと思って見ていました。だって三谷脚本と言えば嘘つきが必須(?)
でも結局、本当だったじゃーんという結果は逆にひねりもなんにもない感じだったんですけどー。
これはお祭りだし。そういうところに完成度を求めちゃイカンのでしょう。
(あと10日という顔合わせの席で、これからホン書きますとか言ってた ^^;;;;)

それよりも、別の芝居を思い出させる台詞を散りばめたり、伊藤敏人さんの声の出演など、当時の芝居をあの会場で見ていた人のための……そして忙しい中集まった、出演者達のための時間だったんだなあとしみじみと思い知りました。まさに文化祭。

そんなわけで当時に思い入れの無い身としては、TVを通じてでも”見た”ことだけで満足です。むしろメイキングを堪能。
西村さん、嬉しそうでしたね(^^)

「竜馬におまかせ!」1 ☆☆☆

なんじゃこりゃ(笑)
お宝を掘り返していて思いがけないものを見つけました!
三谷幸喜脚本「竜馬におまかせ!」

ダウンタウンの浜ちゃんが坂本竜馬を演じる時代劇……のはずが、オープニングは私服でバスケっすよ(^^;)高知出身の竜馬が関西弁なのは「それは言わない約束なのに〜」で、ツッコミ禁止(笑)つまりは、浜ちゃんは素ですよってこと?
1話にして、竜馬と勝海舟(表札はビクトリー!)も人斬り以蔵も、森の石松のライバルも、みんな知り合いだ!攘夷を熱く語ったかと思うとナレーションに返事したり。コントとドラマの間を絶妙に行ったり来たりで、いや噂で想像してたのより面白いです。
ヒラメ顔の梶原@沖田にしろジャニーズみたいな頃の反町隆史にしろ、脇の配役も意外でいいですねー。
そしてみんな若い若い。
もちろん一番のお目当て、な西村雅彦もお肌つるっつるです!
自己啓発セミナーで攘夷を説く(笑)うさん臭さ100パーセントの清河八郎、妙な貫禄。乱暴者な竜馬に、ほっぺ掴まれてもみくちゃ顔なんて、嬉し過ぎる。

で、そっか西村さんと浜ちゃんとはここから繋がりがあったのかーと今更ながらに思ったり、この後反町君と共演したアレやコレやを思い出したり。
さーて、続きも観るぞ!
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ