ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

栗山千明

「実験刑事トトリ2」2 ☆☆☆ 

大学での事件に関わり、勝手知ったる環境でうきうきのトトリ(三上博史)さん。可愛いw

しかも関係者准教授(萩原聖人)と遊園地デート、おやじ2人が楽しそうでこれも可愛いw


……でもその遊園地で残念にも気付いてしまうのです、准教授が犯人になれる可能性に。

って、上着に内ポケットがついてるってだけなのに!いざとなれば背中に隠し持ってでも持ち込めるでしょう、紙一枚ぐらい~。実際助手達は、大人しかった教授には疑いの目を向けずに同僚同士で、あいつは被害者と喧嘩してたと密告合戦ですよ。

そのそれぞれを黙って聞いているトトリと先輩なのですが。

思わぬところから情報って出るもので、実験室の改装を指示したのがその准教授~。丈夫なドア、丈夫な壁と床。自殺でないのに毒ガスから逃げなかった被害者の行動の謎。あれとこれとそれを並べて考えて行くと……。

大人しい良い人に見える准教授なのに、とある日カッとして犯行に及んだのでなく、随分前から計画的に犯行に及んだことが分かってゾッとしました。

本当にいい研究なら、邪魔者殺さなくても評価してもらう機会はあったでしょうにねえ。

トリック解きに行き詰まる度、周りの一言がきっかけになる丁寧なつくりもポイント高いです。 


そうそう、マコリン。

トトリとリアルで知り合いな様子??どうなってるのー!


「実験刑事トトリ2」1 ☆☆☆

地味な刑事ものに、やっとアクションシーンがw


元動物学者のトトリ刑事(三上博史)が大活躍、なドラマがシリーズ化です。

先輩後輩のゆるーい絆は変わらず、手間がかかる実験は先輩(高橋光臣)をおだててまかせる姿勢も変わらずw それとも、何をしてるか言わずに熱中してしまう置き去りも相変わらずで、安心して見ていられます。トトリ頑張れ~


今回は建築家、師弟コンビの愛憎。

若い弟子が独立して仕事を取っただけじゃなく、自分以外の女を選んだことが許せなかった。新妻を殺したら戻ってきてくれると思った……。ううう。

独立前にパワハラで迫ったりせず、恋愛感情はきちんと自制していたお師匠さん(木野花)なのに。自分達が設計した隠し部屋で犯行に及ぶという、バレバレの計画を実行に移してしまった気の迷いはなんともお気の毒でした。

動物ワードは相利共生。


でも、鑑識が仕事しないところも相変わらずなんです。

死んだ場所で殴られてないことは、血飛沫を観たら分かるでしょう?じゃあどこでよ。 トトリがこだわった、声が外に漏れないなんてのは、救急車が来てワイワイしてたら聞こえないとか、声が出せなかったとか、ありえますよねえ。ってか、聞こえない筈がないぐらい激しく争った……なら、犯人の先生だって怪我するでしょう!自転車に乗るのもヨロヨロな師匠vs20代ピチピチ娘よ?
更にその前に、直前まで電話してた知人や出張中の旦那に「これから先生が来る」とか伝えてたらもう即終わりなんだから、計画自体がもう
…まあいいか。

次回は、栗山千明演じるいつものアイドルが、警察署訪問をしてくれる模様。そこで殺人ですか?楽しみ〜

「配達されたい私たち」2 ☆☆

奥さんとヒロインが鉢合わせ!!


しかし不倫を疑うでも「貴女は誰」でもなく、知らない人を家にいれたことで子どもが叱られてます。殴ってるし(><)、奥さん(長谷川京子)怖いよ。

きっと奥さんも、壊れた旦那(塚本高史)との生活でギリギリだったのね。ヒロイン(栗山千明)から『配達』の話を聞くと、やっと希望がみえたと泣き出す姿が不憫。(走り去ってから泣いたのは、あれかな。涙を子どもに見せない様にかな)


元は戦争カメラマンだったとかで、逆に人一倍アクティブな青年だったらしい主人公。そりゃ治って欲しいですよね。でも妙に明るい鬱患者が出て来た様に、行動力が出るって自殺も出来るってことならしいし。本人には『配達』も死へのステップな様だし。ちょっと治る方がややこしそうな気配。
 

今回の手紙は元オリンピック選手に届けられる筈だったもので、落ちぶれ果ててた元選手(石黒賢)がやる気を取り戻して、送り主の元TVカメラマン(佐藤二朗)を自分のお好み焼き屋に招く。

そんな感動的な瞬間に立ち会うと元気になるよりも

「何も感じない自分」

に落ち込むんだというのが主人公の主張なんですが……。

こっそり抜け出してもヒロインに連れ戻されるし、妻子もお好み焼きで喜んでるし。


帰りがけ

「希望の光が見えた」

と告げられて喜ぶヒロインに、見えないところで口をゆがめて微笑む主人公。

え、嘘?

治ったようにみせたら、つきまとうのをやめるだろうって?

そんな思考力も、実行する気力もあるのに鬱なのね ていうか、配達されなかった手紙の数だけ感動の物語を用意しながら、主人公の視点で感動に水をさすんですよねw いい話より、鬱の啓蒙ドラマがドラマの肝ということでしょうか。 今回も不思議な気持ちになりつつ視聴。


オープニング曲が、よく聞いたら先週の「乳首の唄」で大受け。でもBGMは相変わらずボリューム大きすぎです。演技だけで見せてくれていい場面でもプーカプカうるさい(><)

「配達されたい私たち」1 ☆☆(♪×××)

うるさい。


淡々と静かに進む物語なのに、ぷーぷかぷーぷかBGMが鳴りっぱなし。人物が喋り出しても音楽の音量は絞られないので、若い人は大丈夫でも40代には聞きづらいったらありゃしない。旦那は難聴なのでなおさら聞こえず。民放ドラマで重宝している字幕もwowowドラマには出ず。

その分で♪的に×3つです。


で、ヒロイン(栗山千明)のところに届くのは7年前の手紙。


配達して来た青年(塚本高史)は鬱病で、たまたま手に入れた未配達の手紙7通を、配り終わったら死ぬ気だとボソボソと語って寝てしまう。

でもその手紙で劇的に人生が変わったヒロインは、彼に関わろう彼を知ろうとつきまとうのをヤメないのでした。


手紙曰く、10才の頃家を出て行った母が死にそうで、死んだら遺志通り遺骨をダイヤに加工して贈るからどうか受け取って欲しい、と。

でもその手紙が配達されなかったものだから、心当たりなく届いたダイヤを彼女は押し入れに放置。ずっと忘れていたそれが何だったのか分かり……。


なるほど、それは嬉しいだろうねえ。

きちんと手紙が先に届いていたら逆に、怒って捨てていたかもしれないけれど、7年分大人になって父も亡くした今なら受け入れられるのかも。


でもいくら喜びを伝えても、鬱な青年は無感動。のれんに腕押し。

「死なないで!』はともかく、

「病気なら治そう!』は、鬱の人に言うのは失礼だよねー。

(怒った青年が理路整然と反論する様子は、律儀というか、そこまで頭クリアなら大丈夫じゃんって感じに見えるのですがw)


ヒロインがつきまとう間も、もう一通を配達して『亡き夫からの誕生日プレゼントだった』喜ばれています。やりがいのあるすてきなことでしょうに…鬱の青年、興味無し(><)

しかし彼がヒロインに『無神経だ』というのも、なるほど納得。
子どもに絵本を読むにしたって、隣の部屋で彼が寝てるなら声を落とすか扉を閉めるものでしょう。『良い行い』なら、どの状態でしても良いというものではなく……。『死なないで』も、誰にいつ言っていい言葉でもないというわけです。
 

7通あるというので、次々7人との出会いで彼が癒されていくのかと思っていたのですが違う様です。
「心が失明した」状態でも、まがりなりにも日々がまわっている彼よりも、突然みつかった母との絆に驚いたり喜んだり泣き叫んだりしてたヒロインの方が誰かの手を必要としているのかもしれません。また、差出人が死んでない場合もあると思うのですよ。
「ちくびの絵本」は楽しかったし、話の続きも気になるけど……音が辛いわ…。 

「ATARU」6☆☆☆

絶対音感=障害!?


自然に絶対音感をもつことってあるんですか?

絶対音感といえば『訓練で獲得するもの』なイメージが強いので、ゲストヒロインに文句ばかり並べられて唖然。確かに不快な音に囲まれた暮らしは辛いでしょうけれど、はっきりと障害があって意思の疎通も困難で、身元も分からないチョコザイつかまえて「あなたはいいわね」とか言われてもw

彼だって周波数まで感じる能力を同様に持っているのだし、同じぐらい辛いかもしれないとか、思わないのかな。
(実際自閉症には、周囲の音に敏感で耳を塞がないと生活出来ないタイプがかなりいます。絶対音感とは違うと思いますけどね) 


そんなわけで、自殺を偽装した殺人でした。
普通に逃げればいいのに……。わざわざ自殺に、それも以前と同じ形に見せかけるメリットが分かりません「都市伝説の女」じゃあるまいし!ますますワケアリ部屋になって家賃下がるじゃないですか。 

今回はむしろチョコザイの指摘の方がミスリードで普通に事件は解決w

前回も、『左側が認識できない』という脳機能障害が発覚したけど犯罪に関係なかったしw まさか、生きにくいのは自閉症だけじゃない、ということ?w


『移動ドにできたら苦痛が減るかも』という対策が提示されたのが希望の光でした。


で、そこで終わらずに誘拐ですよー!!

落とし物を拾ってくれた娘まで連れ去られ、組織のあぶなさが強調されてます。殺されちゃうの??


チョコザイが昼眠らなくなったのは、時差ぼけがなくなったから=海外から来たと分かる伏線だと思ってたら夜も寝ないとか。なーんだ睡眠障害か。あるある。

「ATARU」1 ☆☆

異能の人、謎を解く。


またこんな捜査ものw

仲居くん演じるチョコザイっつーかATARUくんがどう見ても自閉症で、毎日そんな子といる我が家では「あー似てる似てるw」と和やかな空気に。

逆に、栗山千明演じる刑事さんが彼の言葉をいちいち真に受けすぎるのが不思議ですがまあいいや。


ATARUの目に映る謎や解答の見せ方が面白くて飽きませんでした(作劇的には、散らばるヒントから劇中人物が答えに至る思考過程を全く考えなくていいんだから、ラクチンすぎてずるいかも)


実は全身ブランド物着てるATARUくん、そのうち組織が取り戻しに来るんだろうなあ、でも優しくしてくれた刑事さん達とここに居たいとかいうのかしら。

しかし組織の人も、GPS携帯ぐらい持たせておけばいいのに


上司北村一輝が、先日の「spec」スペシャルに続きガサツな役でいい感じ。


ケチャップの汚れはずっと気になりました。場面ごとにあったり無かったりしてたこともそうだけど、早く洗わないと染みになるー!!!と思っちゃうので(^^;;;;)


「秘密諜報員エリカ」2 ×

安いw 1話より更にちゃちになりました。


派遣が云々OLが云々なんて、もうエリカ(栗山千明)に事務員のコスプレさせたいだけ?謎解きはペラペラと台詞で解説して、派手に喧嘩の殺陣をしてみせて、一件落着~。

なんなの、このエリカ様1人におんぶにだっこな展開は!


どうせそれなら、いっそエリカ単独で

近所のスーパーで万引きがとか。

団地の草取り当番中に目撃した不審者が実は、とか。

息子が拾って来た犬が、とか。


身近なところで事件が起きればいいのに!そして毎度お決まりの大立ち回りも、ご近所さんやご主人に目撃されるすれすれのところでするのを観てみたいです。

毎度、結婚指輪を外して出動!
そのうちなくすとか、浮気を疑われるとかするんでしょうねえ。……そこまでずっと、今回みたいに家族と接点ない事件が続くならつまらないかなあ。 

「秘密諜報員 エリカ」1 ☆☆☆

安いw でも楽しいからいいか!


元スパイのエリカさん。地味な子持ち男と恋をして、「普通」の生活を手に入れますが……

「旦那にばらすぞ」

とおどされて、元上司の手伝いをすることに。


最初の事件は結婚相談所サギ……だっけ?

深夜向けに下着やムラムラ場面を入れたくてスーパーフリー要素をいれたのでしょうが、サギよりレイプ要素が強くなっちゃってボケましたよね。

だって、警察にも行けない人が探偵は信じるの?そっちに強請られる心配はしないの?(そこまで疑い深ければ最初の事件もないのかもですが)

例えば結婚してくれると信じて300万円貢いだ、付き合う間に肉体関係だってあったのにーぐらいの方がすんなり男と所長の共謀を疑えたのに。レイプじゃ所長にハイリスク、ノーリターン!


まあ結局はエリカさまの大活躍で、レイプ男も所長も捕まってざまあみろ。毎回あんな立ち回りがみれたら楽しいよねー。


小林薫所長の装い、どこであんな服売ってるんでしょうw


「熱海の捜査官」最終回 ☆

うわー、終わってない~(><)

蘇生実験でしたと言われたって、失踪したら騒がれる身元の明らかな子をまとめてさらう利点がありますか??センター街で家出娘を集めて来ればいいのに。女だけなのも何故??←とか、思う甲斐もない天国なラスト。
運転手さんも蘇生されちゃったのかなー。 

キャンプファイヤーでラブラブだった彼が逮捕され(暗やみのじりじり逮捕劇は、「羊たちの沈黙」?)、突如星崎に執着し出す栗山千明も違和感なら、「素子さん」が姿を見せない理由をほのめかす星崎の激昂にも違和感。単独捜査をさせてたのは自分でしょうがー。うーん。
二の腕に星の刺青も、ワンピースのフランキーレスペクト(違)以外に考えられる理由って視聴者に分かり易いということしかないんじゃないのかなー。
ただ気楽に楽しむには小難しすぎ、じゃあ前のめりでまともに楽しむにはなんだかなーという感想でした。「時効警察」テイストを期待しすぎてしまったのかも。
続編しちゃうのかなー、何しろ「2」だし?? 

人気ブログランキングへ

「熱海の捜査官」1 ☆

つまらなくてビックリ(><)

深夜ならではの裸祭りでしょうが、深夜にあのゆったり感は眠気を誘う……(目が覚めるような裸でも無し)

まあ「時効警察」的1話完結ものを、勝手に期待して勝手にがっかりしたので悪いのは自分なのかしら。録画を3回ぐらい見直すべきかしら。

モヤモヤーと事件が起こって、モヤモヤーと4年たってる感じがイヤです。失踪した子は全員天涯孤独なわけ??一時は一緒に消えた運転手が復職とか、対外的にあり得なさすぎデス。
学年26人中男子は2名、だそうですが。
「嫌いなんだよアイツ」
の現在形には、その学年だけ4人少ないまま4年過ごして来た感じもなしなし。

それでも、ちょっとふっくらしたオダジョーと栗山千明の相性は悪くないかも。衣装凝ってますよね、オダジョーもとい星崎の長いテーラードかっちょいい!南熱海署のボーイスカウトっちゅーかアメリカ田舎ポリスな制服の松重聡もキュート。『広域捜査官』て響きもカッコイイ~!
変な老婆にダイナーに長いテーブルのドーナツ。電話の向こうの誰かさん。これは海の「ツインピークス」なのかしら。

潮の流れが変わってバスが見つかって来週に続く。
「だいたい分かりました」
の中身が聞けたら、もちょっと面白くなるかなー。

ふせえりの受話器浮遊ネタはなんなんでしょー。それとも本当に超能力者の設定?(笑)

人気ブログランキングへ

「浪花の華」最終回☆☆☆☆

”おもろい”ドラマがついに終わってしまいました(><)

事件の方は、ラスボス?佐伯は自分から顔をさらし、抜け荷のこともペラペラと喋っておいて
「お前たちは知りすぎた」
も無いもんだ、という簡単な展開。でもいいんです。
"民の心”を語り、弟子の命の為に土下座もできるテンユウ先生。駆けつける左近、若狭。燃えさかる牢からの脱出は、最終回にふさわしい盛り上がりでした。

そしてついに、左近をかき抱く章!キャー
待ってました!!
でも章は「好きだ」とは言わないんだね。怪我が心配だ、危険に飛び込むな、無事でいてくれ、としか。むしろ自分を見殺しにしてでも無事でって、最大級に愛してるとも言えるわけですが。
左近も左近で、
「江戸に行くなと言っても、行くのだろう?」
分からないじゃない、左近が頼んだら章は大阪に居たかもしれないじゃない!
でもそんなことは言わない。現代なら19,20才の若者はまずしない、相手の人生を思いやる恋愛なのでした。

互いに天命があって、道が分かれて行く2人。
逆に同じ道を行く同志夫婦、テンユウ先生とお定先生が抱き会うのをみながら章は何を思ったのでしょう。切ない(><)

「俺は大阪が好きだ、大阪に恩返しがしたい」
江戸に発つ前の章の台詞。1話から思えばずいぶん変わりました。成長したものです!!

1話30分という短い尺で、はしょり気味でしたけど毎回ワクワクさせられました。
商人が元気だったり、お定先生の啖呵が小気味よかったり(左近も押され気味 笑)、いっそ大河ドラマも市井を舞台にすればいいのにと思ったり。

左近と若狭の婚約は、ないことになった様ですね。(章のせい??)
そして若狭も左近も江戸生まれ、別流江戸支部もあるんだと最後の最後で明かされましたよ!!だったら、江戸でまた章がピンチになったとき、どこからともなく笛の音やら石つぶてやらで助けられ、左近と再会できたりするかも……??
そんなほのかな希望を残しつつ。

浪花の華は明日、開く!!きれいな最終回でした。

8話 7話 6話 5話 4話 3話 2話 1話

「浪花の華」8☆☆☆☆

「大阪が教えてくれた」
正解は1つじゃない、悩んだままでもいいと。
初回では嫌いだといっていた大阪とそんないい関係になっていたかと思うとじーんと来ましたね。左近との語り合いも、自分の得意分野については一歩も引かない章、立派になって(><)

今回奉行所のつっこみが鋭くて笑いました。
「事件には必ず一枚噛んでる」 確かに!
「鉄砲傷に詳しいのか??」 も、内緒よね(笑)

そんな中、江戸に行く機会を与えられても今ひとつ煮え切らない章だったのですが。またもや事件に巻き込まれ、おかげで余計に背中を押される構成は素晴らしかったです。なるほど!
撃たれたのもびっくりしたー。
それを、左近がいつものクールをかなぐり捨てて心配してくれたんですから。想い合う気持ちが通じたかと思えば、未練なく旅立てる……のかも。

それにしても、撃たれた死体をほったらかしに見つめ合ってるお二人の状況はちょっと気になっていたのですが。まさかああなるとはー。
大変な事態で次回への引き。
最終回!
なんと左近を抱き寄せる章なんて予告もあってドキドキです(><)

いつもいつも、章の危機には駆けつける左近、左近の危機には若狭。だったら若狭を章が助ける回もあったら三すくみで楽しかったのになー。もう終わっちゃうんだなー。

原作本を買ってきました。終わってから読もうっと。

7話 6話 5話 4話 3話 2話 1話

「浪花の華」7 ☆☆☆

「もう二度と、刀を手にするな」
いずれ医師として、人の命を救う身なんだから。と章を諭す左近。優しいなあ。
……その前に、一度
「馬鹿野郎!」
とぶっ飛ばしていますけど。
実際、役立たずなのに斬り合いの場でうろうろし、女の子は家にいたらいいのにといわんばかりのバカはもう一度キュッと絞めたって良かったんじゃない?

でも”助けたかった”とただただ身の安全を案じられるのは勝手の違う体験なのかも。
それは、常に傍で闘い守ってくれる若狭とは全く別の気遣いだから。

前回弓月王に告げられた、若狭と左近の関係。
今回、「それでも許嫁ですか!」という章の言葉に特に異論ははさまれないってことは、本人も了解済みなんだ?だからといって、特に抱き会う2人を目撃しちゃう訳でもなく。住む世界が違うなりに、突進している章です。
(闘う妻を治療する夫。ジャガー横田夫妻みたいなのもいると思えば、案外似合いの2人かもしれません)

えーっと、以上が捕らえられた左近を救出に行ったときのやりとりについてです。
じゃあ何故捕らえられたの?誰に?という部分が本来の事件になりそうなものなんですが、木綿問屋と奉行の裏取引がどうこうとか、印象薄かったです。(左近への拷問も……手ぬるく済んで良かったー^^;;;;;)
章に詰め寄られた若狭が
「誇りがあるから、命を賭けられる」
と、自分たちの絆を語る場面も素敵だったのに、じゃあ章が命を賭けて守れるものはこれだ、という答えが描かれなくて残念。(ああ、それが現時点では”左近”になってしまっているということかもしれないけど……守ってないもんなー ^^;;;;)

「青二才!」
と若狭が章を怒鳴りつける場面。貫禄の若狭に対して、あまりにはまる章の形容なので笑ってしまいました。

江戸での勉強を勧められる章。
いよいよ別れの時が近付いています…。

6話 5話 4話 3話 2話 1話

「浪花の華」6 ☆☆☆☆

うん、かっこよかったよ章!!
「人の命に関わるものを、商売の道具にするな!」
医師を志す章だからきれた啖呵です。
ここから、種痘を広め人を救うことに一生をかけた緒方洪庵が始まったんだなあとしみじみ。
「先生」と呼ばれる人になっていくんだね……(^^)

と、和んでいたら左近どの、撃たれる!!

刃物を焼いて銃弾を取り出すって良くある手当の場面ですが、見守る若狭だけでなく、手当てする章まで辛そうで、観てるこっちまで声が出るような”痛い”場面でした。

若狭にすがる左近殿の手がなんか色っぽいわー
……と思っていたら、なんと許嫁??

弓月王に釘をさされて、呆然とする章。おやおや誤魔化しもしませんね。

5話 4話 3話 2話 1話

「浪花の華」5☆☆☆

町娘姿の左近どのキレイ……と私も見とれていたら、口を開くと
「何ぼーっと突っ立ってる」
と男言葉、怖いよ(^^;;;)でも、あの泣き虫の女の子が聞き流していたから、子守の間もずっとあの喋り方してたんでしょうか(笑)

久方ぶりに再会の2人。
前回、やっと”緒方殿”から”章”と呼ばれる様になって、ちょっと親密になったかと思ったのに、今回の
「章」
はメッチャあごで使われておりました。相変わらずですねえ。
でも医学生として(冒頭の誤診も含め)経験値を増した章は、今回かなり頼もしかったです(^^)

痘瘡は写真を見てもオッソロシイ病状で、しかも当時は「手を尽くす」といってもお札をもらうとか、祈るとか、厄除けの赤い布団に寝せるとか、全く治療されていないじゃないですか。
だけれど医者は騒いでも怖がってもいけない、患者が怖がる、と章。
性根がすわって参りました!パチパチパチ(拍手!)

最後さらわれた子はどうなるのか?おじいちゃんが乗ってきた船で何があったのか??以下次週!

4話 3話 2話 1話
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ