ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

柳楽優弥

「フランケンシュタインの恋」1 ☆☆

マタンゴ! ……わかんないキノコ、素手で触ったら危険ですよw

そんなわけで、ヒロインは菌類女子の津軽継美(二階堂ふみ)
暴行目的で連れ去られたのもなんのその、逃げる途中にあったレアキノコを求めてまたその山に分け入り、『それ』(綾野剛)と再会し

ます。レイパー集団から助けてくれたのに
「ぼくは人間じゃない」
と逃げていく不思議な『それ』は……本当に120年前に死から蘇った、フランケンシュタインの怪物なのでしょうか。

って、街に連れてくるの早w

もうしばらく森に通って会うのだとばかり思ってましたので、自転車でザーッと山を降りていく場面にはびっくり。見晴らし抜群な坂で、爽快でしたけども!
ラジオでしか人間の生活を知らない彼が、正しく跨ってハンドル握るんですかw 継美はどう追いかけてきたのやら、街ですぐ会えたのは幸運でしたよね!その後も、字を読んでますよ。ラジオでは学べませんよねw 『父』が教えてくれたなら旧字体でしょうし、もうツッコミどころ満載w 
津軽家でお風呂に入れ、研究室に連れて行き、稲庭先輩(柳楽優弥)の実家で大工見習いとして住み込むことにと、とんとんと居場所が決まっていきます。優しい世界。 名前も白骨死体だった『父』からとって深志研と、継美が咄嗟につけましたw しかし、いくら自分が『知りたい』とぐいぐい接近したとはいえ、自称120年生きてて人間じゃない存在、つまり頭おかしいんじゃないかと、身も蓋もなく判断してるそれを事情も知らない稲庭家に野放しにするなんて、なんとも迂闊。
ほら、嫉妬のせいだか感情の高ぶりだかで、胞子を放ち結晶化した両手が光り……触れられた津軽姉が大変なことに!これ意識不明のレイパー達と同じ症状でしょうから、ここから警察に目をつけられるのかな。

自転車でかっ飛ばせば笑顔、大声には狼狽え、湯に入れば恍惚として……キノコが生えるw 実に可愛らしいフランケンシュタインで、演出も、研究室のロッカーにつまってみたりと時にコミカルです。その割に生死を左右する場面もあり、楽しいだけでは済まないはず。
「自分は何なのか」

という研が抱いた問いへの答えはあるのか。
過去に殺人も犯しているらしく、「シザーハンズ」なのか「妖怪人間ベム」になるんだか、継美は研の恋心に応えられるのか。そもそも継美の病気は、そして医学生に接近してた目的はなんでしたっけ? 継美の命が危なくなった時、自分が蘇ったように研が手を施そうとしたり?

これからどんな話になるのか読めず、どんな気持ちでみていたらいいのか迷う第1話でした。

「お母さん 娘をやめていいですか」~最終回 ☆☆

刺されないで良かった!
自立しだした娘が、いつお母さんに殺されるかとハラハラしてしまいましたよ。
「私を殺してー」
と娘の手をクビに当てがって締めさせてた母を、医者に行かせずに放置していて大丈夫なのかと。

そもそも娘の授業参観にって、教師の娘が授業しているところを見に行く親はなかなかいませんよね。そして生徒の問いに答えて
「いつか結婚して幸せな家庭を築きたい」
とノーマルなお返事をしたところ、一生娘と暮らしたかったアブノーマルな母は壊れてしまうという。

娘が彼氏の家に逃げ出しても訪ねてくるわ合鍵盗んで入り込むわ、怖い怖い。新種の妖怪の様でした。彼氏も、こんなややこしい彼女なら母親ごと切り捨てても責められないと思うのですが、親身になってくれる懐の深い男でした。母の好きなものはわかるのに、自分の好きなものがわからない……などという相談を馬鹿にせず
「本当に好きなものを買えばいい」
と力強く励ましてくれる彼氏、素晴らしい。
彼は彼で、母を知らずに育った対比も良かったですよね。幼くして自立せざるを得なかった。それが偉いわけでも正しいわけでもないけれど、ちょうどいい距離の両親に育てられたらできない助言をしたでしょう。突然実二人で母に会いに行く場面も印象的でした。
(何十年も会っていなくても柳楽優弥なら一目で息子と分かってもなんだか納得w)

それにしても、もう働いている成人の娘が同居の想定で新居を新築ってどうなんでしょう。
同時に放映だった「就活家族」でも同様に新築を計画し、素敵な家が完成する頃には、家族が壊れていましたよね。マンション暮らしから持ち家への住み替えって子どもが小学生頃に学区内でするものでは。両ドラマ家族共裕福なので、なぜ今なのかと。ああそれとも、最初のローンをとっとと払い終わったから次の住まいを考える余裕があるってことなのかしらん。

失職した父は、インドネシアに新天地を求めます。土壇場で同行を決意した母。後から追いかけて行くそうですよ。むこうで人形教室でもひらいたらいけるかな。この20年失われていた蜜月をやり直せたらいいですね。
この変節が突然で……お父さんは喜んで旅立ちましたけど……もしや娘を安心させるための方便かと最後まで心配だったので、そういうことはなくてホッ。

自然に子離れ親離れはできなかった親子でしたけれど、絶縁するような形でなく、穏やかに離れて行かれる最後で良かったです。


「お母さん、娘をやめていいですか」1 ☆☆☆

びっくりするほど仲良し母娘。
娘美月(波瑠)のデートを母(斉藤由貴)は尾行し、美月も職場のトラブルを速攻ラインで母に相談……お互いそれで幸せならご自由にどうぞですけどね。美月は円形脱毛症に。
母がなりたかった教師になり、服も母の好み通り、インテリアも母のサインを察知してまるで美月の意見のように提案する、ずっとそれを当たり前だと育ってきたけれど、やはりストレスなのかも。母が趣味にしているスーパードルフィー(精密人形)がまるで娘の波瑠そのものを閉じ込めているようで不気味です。また祖母と母は不仲で、そこでは母は今も支配される側なのもイヤンな感じ。音楽がホラー系ですよね。

そしてついにほころびは生じ……。

母の助言通り不登校の女生徒家庭を訪問するも、休みがちと聞いた途端に母親は我が子を殴り罵倒する。手土産の菓子さえも嫌味にとられ呆然と帰宅する美月だが、笑顔の母に「どうだった?」と聞かれれば上手くいったと応えてしまうじゃないですか。
また、家の新築で出入りするハウスメーカーの松島(柳楽優弥)を気に入り、デートをすすめる母。松島の母親が鬼籍で、姑がいないのがポイント高い模様ですw 気乗りしないまま初デートに臨む美月でしたが、貴女とお母さんの好みって違うでしょ、と言い当てられて動揺。思わず彼の手を掴んでしまうなんて……(またそれを母は双眼鏡で見ているなんてw)

しかし松島も誠実とは言えないタイプ。なにしろ『お名前がうちの母と同じで他人と思えなくて~』が得意のセールストークで、どの客にもなんですよ(^^;;;;) めんどくさい母娘とわかったら速攻逃げそうですよね。

美月が自我に目覚めて独立し、脱毛症の治る日がくるのでしょうか。母は追うのでしょうか。ほとんど空気な父親(寺脇康文)が実は社内でクビ寸前なことは、どう影響してくるんでしょう。見守っていきたいです。

これ娘を持つ母は皆、ドキドキしつつ自分たちと違うところを探すでしょうねw 我が家も娘とは仲良い方ですけど、服やインテリアを勝手に決めてお気に召してもらえる自信はゼロです(^^;;;)まして結婚後も同居とか勘弁だし。娘も『いつか赤ちゃん生まれたらお正月は見せに来るねー』と言ってますよ、核家族で自分も祖父母との距離がそんなだからw

松島の同僚、壇蜜もいい味出してます。そのうち絡んでくるのでしょうか。

 

「ゆとりですがなにか」~最終回

新製品「ゆとりの民」を居酒屋『とりの民』で独占販売ってw そうきたかー!
あんなにゆとりゆとりゆとりと繰り返されてきた間、一度として「ゆとりと鳥って似てるー」なんて思いませんでしたからねwやられたw

さてマリッジブルーの茜ちゃん。
いつもと違う茜の様子と、披露宴に招待したのに欠席の上司から『答え』に辿り着いちゃう坂間くん。挙式直前にw なんでこういう時だけ聡いかなw 朝から不自然にランチの話してた時にむしろ気づけー.。屋外で、酒蔵で、叫ぶ叫ぶ。アパート暮らしの頃じゃなくて良かったのかも(^^;;;)
困って友人山路に相談に行った茜ちゃん、「私を殴れ!」と言い張ったくせに本当にグーパン入れられたら怒るw いや、確かに言ったけど、そこはお約束の「歯を食いしばれ!」等の気合入れがあるものと思ってたのにスッとw 挙式二日前の花嫁にグーパンw
結局当日の花婿は、古式ゆかしい道行から紋付袴で走って逃げる!何やってんだよー!

そんな騒ぎと、まだ終わってなかった性教育授業の悶々が並行して描かれていて童貞も苦労しています。前回逮捕され妻子が失踪中のまりぶもね。

一人きりで三々九度の杯をうける茜ちゃん。
でもその頃、浮気相手の上司を殴ってけじめつけてきたまーちんもまた、一人で牛丼屋で冷酒頼んで三々九度を……(「愛のアランフェス」別々の会場でペアスケートのプログラムを滑るヒロインとその恋人を思い出しましたw 古w) そしてそこにいたのは消えたまりぶ妻だったー!居たー!

花婿が逃げた披露宴、こんな屈辱はないと怒る花嫁父ですがその原因はあんたの娘の浮気なんだよお。ちょうど別れてた時期とはいえ、酔うと娘さんダメダメなんですよお。でもその辺の事情を知る山路も、引きずってこられた新郎まーちんも、そんな風には新婦を責めない優しい世界。涙ながらに愛を誓い、白無垢で畳を這い(貞子か!)、抱擁からの接吻でした。御幸せにー!!

そんなめちゃくちゃな宴の間にも、性教育の授業は続いていきます。
思春期を迎え、体はこう変化していく。じゃあ心はいつ大人になるんだろう。29歳の山路先生、泣いて殴って童貞でw 童貞じゃないお友達だって更に迷惑かけて大騒ぎでw 自分が10歳の時に思い描いていたより、多分ずっとダメなまま。ちゃんとしようとしたって、大人だって、間違えちゃうんだよね。だから
「他人の間違いを、許せる大人になって下さい」
素晴らしい授業でした。

そして「とりの民」で専属契約酒「ゆとりの民」を飲みながら盛り上がるいつもの面々w
婚姻届に必要なふたりの証人。まーちんと茜のにはまりぶと山路が。まりぶの届にはまーちんと山路が書いたんでしょうね。
「結婚記念日まで一緒だなんて、これはもう」
と浮かれるまりぶ。傍目にはしっかりお友達なのに、こうやって確認して否定されるところまでがお約束ですw 結婚も大学入学もおめでとう!ついに行かれる大学に行くことになったか。

数々の名場面だけでなく、残留許可を聞いたまりぶ妻の「ニホンチョロいな!」、まーちん母が茜にこっそり指輪を渡す時の「みどりさんには内緒よ」(って絶対みどりさん聞こえてた!)等々と、記憶に残りすぎの最終回でした。

また40歳に、50歳になった時に迷い間違える山路にまりぶに正和に会いたいですよ!オープニングを決めた感覚ピエロは是非大物になって主題歌歌っててください
さあ『あんたの正義はいったいなんだ』?


「ゆとりですがなにか」~7 ☆☆☆☆

やったー!ついに山岸が痛い目みたぞ! 
パワハラ訴訟こそ示談で終わったものの、あっちが営業で主人公坂間は現場のまま。更に下の新人も入って、自然と山岸も先輩ぶって仕事できるみたいになったままで、もやっとしてたんですよ。それがついに食中毒事件のあおりで降格店長。最初の坂間と同じ扱いになって使えなさ爆発の上にこっちはエリアマネージャーだ、やーいやーい。
でも茜ちゃんはそうくるのかー。休憩しちゃうのかー。
童貞くんと旅行のときも据え膳だったしw 酔うとウェルカムなのね。押しの弱い坂間と付き合い始めたのも、そうかこんな風に酒の勢いで……と思ったり思わなかったりw だって正和も気弱なばっかりじゃないものね。結納の品には負けず流されず、ビシッと断る姿はまるで別人。もっと時々これを発動させたら人生違うでしょうにねええ。

そんなわけで、ずっとみてました。ゆとり青年の遅い青春期。酒蔵見学の時がお友達感ピークで楽しそうで幸せで、あまり書く事なくてw
一人「友達じゃない」と言われてたまりぶが受験生&妻子持ち&レンタルおやじの息子というドラマの仕掛けを一手に引き受け、ゆとりちゃんにも手を出しw 山路先生は実習生の彼に怒鳴り込まれつつ茜ちゃんと友情を育み、何も知らない坂間は何もできなくていいと思われながらあがきまくり、でもやっぱり書く事なくて。
興味深くみ続けてはいるもののずーっとヒリヒリ痛くて辛いんですよねえ。
薬師丸ひろ子だったり森下愛子だったりする様な女性キャラもいなければ酒井若菜みたいな『可愛い女』もいない。 坂間家のお母さんは未亡人なりたて且つ影薄いし、兄嫁じゃ青木さやかw そうだ電車事故死青年の母がいましたが……そこの下りになるたび違和感で。私も22才社会人の母親ですがね。電車に飛び込まれてすぐに、訪ねてきた若者にご飯食べさせて話を聞いてあげられる気がしませんよorz

茜も口を開けば喧嘩腰で好きになれないし、ゆとりも実習生も女の嫌なところ煮詰めた様な女たちで本当にイヤ。童貞のなにが悪いんでしょう、むしろ処女いないのか処女は!あと女は…、大悟くんのよろめき母だw なんなのこのドラマw

キャラとして好きなのはまりぶで、場を浚うしハッとさせる正論も吐いて楽しいのですが、人としてはサイテー野郎ですよね。 ほんとなんなの(^^;;;)

勿論それでも惹かれるものがあって見続けているのですが、とにかく久しぶりに記事書くほど嬉しかったのは山岸の失脚!そうそうずっとこれが見たかったんです。いつものジェットコースタークドカン式のように3話4話でひっくりかえらず焦らされましたw

さてここからまたなにが起こるのか。
永遠の受験生まりぶが植木屋に? 8話の録画みなきゃ。でもとりあえずここまでで書いておきます。

映画「HK/変態仮面 アブノーマルクライシス」 ☆☆☆

変態だー変態だー(褒めてますw)
レディスデイ、半分以上女性の客席でしたが方向は把握済みだろう皆さん、笑う気満々。変身場面では嬌声まであがる始末でしたよ。その期待に応えた鈴木亮平の見事な肉体!更にはアクションと決めポーズ……いえむしろ決めホーズの合間に戦闘もこなすという舞踊のごとき完成度の殺陣(?)の数々。感嘆しながらバカ笑いしてきましたw 
フォー!

狂介(鈴木亮平)も大学生。愛子ちゃん(清水富美加)と同じ大学に進学し『変態はやめる』と約束した様ですが、犯罪に出会えばつい変身して人助け。
挙句バイトはクビになる、愛子ちゃんパンツは返却、そして……女生徒のパンツが消えた日、愛子ちゃんは完全に狂介を疑っています。ひ、ひどい(^^;;;) でもまあ『全員ノーパン』と聞いたリアクションがあれじゃあねーw
宿敵/大金玉男(ムロツヨシ)の復活、女教授の誘惑と、愛子ちゃんとの溝は深くなる一方。NYの愛子ちゃんを守れるのか?
前半は怪人バキューム(皆川猿時)、後半はCMでお馴染み『変わらない吸引力』の怪人ダイナソンw が大暴れで、空飛ぶ大量のパンティが圧巻です。それも未使用は吸い寄せないんですってよ!何それ! 仕方なくおばちゃんのデカパンで戦う場面もしょーもなくて好きすぎますw 

ツッコミどころもあって、大学→NY→飛騨→近所の研究所と舞台は後半むしろしょぼくなるとか、各家庭タンスのパンティまで吸い寄せているのにポケットに偶然残ってるとか、あららです。吸われないパンティは持ち主の正体の伏線? そしてNYはスパイダーマンパロディを本場でやりたかったんですね、世界の「スパイダーマン」も「モテキ」「ヤッターマン」も同じようにぶっこんでくる姿勢が潔いです。他にもわからなかったパロディたくさんありそう。 
真琴(柳楽優弥)は、悪の手先の変装かと思ったら巻き込まれただけでしたけど、ラスト普通に友達に戻っていてびっくりですよ。狂介もあいこちゃんも優しすぎ。


大金玉男は今作も盤石に変でw 
ヒロイン愛子ちゃんの堂々たる脱ぎっぷり(てか、履きっぷりw)には成長を感じましたよー
と、前作あっての今作だというのに、安田顕は違う役で再登場、もうめちゃくちゃでしょ。これって芸能界で変態といえば安田顕ってことですか(wiki見たら、本当にそんな逸話が満載でしたorz  舞台でイケメンなイメージだったのにー)
ヒットしたら3作目もあったりして、3Dであれこれ飛び出してくるのかも。縄や天狗やおいなりさんがw

あ、上地春奈も出演、ちょこっとなのに印象強烈でしたね


「ゆとりですがなにか?」1、2 ☆☆☆

『まりぶ』の娘が『せれぶ』www

それこそ本名が「ゆとり」な主人公妹ちゃんまでいて、最近の若造はまったくもう!と始まる今作なのですが、話の通じない部下に憤るのが中年でなくせいぜい先輩な若造、世に出て7年の29歳「ゆとり第一世代」なところがミソです。
上からは「ゆとりめ!」と一緒くたでも、小1と中1程年がはなれたら結構理解不能なわけで。先輩なりの愛情で指導をするのに堂々と遅刻、聞いてない、口答え、説教中のSNS更新w 女性の部だと泣く、告白してくる、なのに上司には迫られたと嘘をつく。何故だ!
やってらんないよーとぐったり疲れた彼らが求めた救いがなんと……
レンタルおじさんw
旦那が興味津々で『俺でも出来るかな』だってw 小遣い稼いでくださいよ。

そんなわけで、タブレット端末を振り回し海外リゾート巡りが趣味の<レンタルおじさん>吉田鋼太郎に2時間グチる主人公坂間(岡田将生)。次の予約は教員の山路(松坂桃李)
顔見知りになった2人はなんとなく会うようになり、一緒に客引きにカモられ、互いのダメ部下の改心を自慢しあったかと思ったら、LINEで「会社辞めまぁす」の挙句に電車に飛び込んだのかぁぁぁぁぁと、取り乱した坂間がまず電話をする相手は山路。
もう親友じゃないのこれw

居酒屋に出向で店長してる坂間が、頭があがらない怖い本社営業さん。2人で12万円ぼったくられた時にも颯爽と救いに来てくれて、実はその営業さん(安藤サクラ)と坂間は同期でつきあってる。でも社内恋愛ならではの面倒くささで揉めまくり。恋人すらこれで、職場で友情なんてそうそう育たないものですからね。まあ今の所、坂間が山路を振り回しているばかりですがw 
別の世界から「落ち着け」って言ってくれる友人って貴重なのかもと2話まで見てなんだか楽しくなってきました。

そこに、実はレンタルおじさんの息子だった客引きまりぶ(柳楽優弥)も同じ年で加わって、三つ巴になるのか?
「人の下で働けるか」と医者か弁護士目指して11浪のまりぶw
「行かれそうな大学」に進学して「入れそうな就職先」を受けた、まっとうな坂間と山路に衝撃を受けていましたが、それが自分もそうすればよかった!ではなくて、そんな進歩のなさに堪えられない!だったことにはこちらが衝撃w 
チャレンジし続ける、それもまた人生……w

坂間の指導をパワハラだ、と訴える部下山岸(太賀)
でも山岸くんはさ、電車に飛び込んだのが彼だと思い込んで泣いて取り乱してた坂間を見てないじゃない。挙句に人違いと言えないまま、本当の遺族の母と知り合って、本当に亡くなった別の会社の若い子にお線香あげに行ったりお夕飯ご馳走になりながら泣かれて
「その子(=山岸)も誰かの息子なんだから」
と優しくしてやってねと言ってもらってる、そんな巡り合いを知らないじゃない。
単に変な奴だーとモンスター扱いであげつらうのでなく、通じる言葉が見つかって分かり合える方向に向かえたらなと思います。

「思ってたのと違う」「行きたくない」
と、インターン始めたばかりでもう出社拒否しようとする妹ゆとりを堂々と叱りとばす坂間。その勢いがあったらきっと大丈夫だよね!
「絶対もとを取ってやる!」
というモチベーションがみみっちくはありますがw 大丈夫!

オープニングの演奏もカッコイイよね!
 

「まっしろ」1 ☆☆

楽しみ方が分からない……
ラスト、祖父のセリフ通りに手を握った乳児が一番の見所だったかも。


堀北真希が白衣の天使!
腰のあたりがぴらぴらっとした白衣はめちゃかわいいです! 

それだけで楽しく見られそうなものなのに、なーんか違う。違うんですよ。これじゃない(><)


あの無礼講という名の罵詈雑言タイムorz

箸をクロスさせてる間の発言は不問って、んな無茶なw 内心はドロドロで構いませんが、それを面と向かって言う必要がどこに。 見てるこっちも延々と口喧嘩見せられて不愉快です。それでもこれが売りなら、悪口の似合うヒロインにすればいいのになぜ堀北真希。 
 

みんな笑顔で仲良く見えたのに、実は裏では…な定番じゃだめなんですか。

医者の方は『初日にすれ違ったイヤな奴(柳楽優弥)が新任で登場~』というド定番をやってるのに?

(しかし、新任医師の担当ナースが同じく転職2日目じゃ、医院の案内もできやしない…ナース帽も衛生上すたれているそうだし、個人情報の管理もゆるゆるです)


後半は、担当患者につい本音で説教。感謝されちゃうこれまたよくある感じでございます。

定番自体は構わないのですが(息子の嫁候補に?と思ったら既婚なオチも含めw)、お説教が唐突&普通すぎでは……。例えば元ヤンキーだから言えちゃった的な味付けもなく、誰でも言えることじゃないですか。ただ、患者でなく「お客様」と呼ぶセレブ院では黙って従うことに慣れすぎていただけ…

ってことでこの先、だんだんと賛同者が増えて行く展開なのかなあ。

でもあのタメ口まで見習わなくていいですからね?


ああ、もっとほんわかしたい!
具体的には清純派で惚れられても気づかない鈍ちん堀北真希が見たいんですけど!

タメ口ナースが本音で説教!というドラマなら、普通の医院の看板ナースで清純派でもいいじゃないですか!

慇懃無礼の塊、木村多江看護師長はど迫力でしたw
 



「信長協奏曲」1 ☆☆☆☆

カジュアルな時代劇。いいんじゃないかな。


へなちょこ高校生サブロー(小栗旬)が転がった先は戦国時代! しかも瓜二つの若侍(小栗旬w)から刀を授かり、織田家の嫡男信長として城に連れられる羽目に(><)

ああ、アトラクションツアーか!と勝手に納得して、写メり放題のサブロー。

でも戦は本物、死体も本物だと分かってくるものの逃げ場も無く、トレーナーにスニーカーのまま戦国時代を生きていくことに……。


要は究極のカルチャーショックですよね。

外国じゃない、ある程度言葉も通じるのに常識がまるで異なる世界。まして戦国時代の領主家嫡男ともなれば、家督争いで命は危ないわ、嫁も他人だわ、乳兄弟が常にひっついてるわ、戦になるわ。
命を助けても喜ばれず、切腹して果てて名誉とか、現代日本人には理解不能ですよね。 

江戸に跳んだ仁先生の様な特技や知識もない、ただの高校生サブローが平和に守られない世界で何が出来るのか。視聴者も同じ気分で楽しめるのでは。


原作のサブローは、もっと驚けと読んでいるこっちが思う程のマイペース。そして物語もゆっくり進むので、だんだんと周囲に『変化』を受け入れられ、案外大物かも…と誤解されていく様子も楽しいのですが、ドラマであの無表情無反応では盛り上がりませんからね、感情豊かに演出されているのは納得です。

ほんわか帰蝶がキッツイ女になってて険悪でしたが、これもそこから仲良くなるわけで。

1話であっという間に家督を継いで、一方の逃げた信長=明智光秀になったとサクッと紹介。
切腹を望む家臣(向井理)を「死ぬな」と泣いて殴るサブロー信長。自分がてきとーに暮らせたのは平和のおかげだったともう独白する賢さで、テンポ良く進みそうです。

ドラマ化と聞いた時には仰天しましたが、蓋を開ければ小栗旬、向井理といったそこそこ年齢のいったキャストで大河も経験済みでした。脇の高嶋兄やら西田敏行ともなったらもう戦国時代お手の物で安心、安心。合戦シーンなんていっそ豪華なぐらいです!

めっけもんが柳楽優弥で、織田信行を好演。

「アオイホノオ」でカパカパ開いてたデカイ口を引き締めて睨まれたらもう。すごい目ヂカラ。いつまでも眺めていたい目でした。大河で大役してもらいたいわーw

(かどわかしから逃げて転がり落ちた帰蝶に、「これもタイムスリップするの?」と旦那w サブローの後だけにありえるじゃないですかw あそこは別の気絶の仕方した方がよかったのでは) 

書いてたら、だんだん続きが楽しみになってきましたw

大河ドラマ好きの旦那は2話は見なくていいそうですが、私は見ますよーン

「アオイホノオ」1 ☆☆☆☆

超おもしれー(>▽<)


のっけからDAICONフィルム!

オープニングはJ9シリーズばりの金田功ポーズ!

あだち充w 古谷徹w 高橋留美子w

どこをとってもガッツリ私の青春、懐かしのワードが勢揃いで大興奮です。でも2、3才違うのかなあ。主人公は大阪芸術大学に入学しますが、当時の私は埼玉で中高生でしたよん

(ちなみに甥っ子がそこ出身なので『卒業しちゃだめ(在学中に名を成して中退すべし)』にも大受け)


しかし当時、インターハイだ国体だと陸上一筋で漫画もアニメも見てない旦那はぽかーんw

庵野もエヴァンゲリオンもオネアミスもガイナックスもボンズもオール無反応な、この温度差w


やっぱり出て来る作品や人物を知らないとダメかしら、視聴者を選ぶんでしょうか。でもドラマとしても、常に力みかえっている厨2なホノオ君は(島本和彦を知らなくても?)笑えると思うのですが、どうでしょうw


私はとにかく「監督不行届」(安野モヨコ)でも見たジャージのウルトラマン再現が見られて大満足です。次回が楽しみすぎ。
今度はどうするの焔もゆる(柳楽優弥)君! 


ただ、作中の単行本や雑誌がどれも日焼けしてくたびれた古本なのが気にはなります。当時はパリッと新品だった筈でしょうw でも、てことは本物の古本美品なのかーと思うと手に取りたかったりしてw

「ガリレオXX~内海薫最後の事件~」

ガリレオじゃないw


アラサー女刑事が男社会でもがく話に、知能犯のエッセンスを加えてみました。ラストに出てきた「同じ暴力団の組員ばかり、連続して落雷で死ぬ事件」は確かに、湯川さんでも呼ばなきゃお手上げそうですが、今回のは……。

犯行録画が何年か後に届く様に手配したから、嘘の自首しても大丈夫☆って、いやいや、それが届いたら免罪は晴れてもそれこそ、偽証罪で売名を疑われるのではw
(それに付随して発覚する、警察内部問題は…無理矢理感。あんな必死に殺さずに逃げましょうよ関岡さん) 


というトリック自体はさておき、内海と組まされるトンマ=当摩刑事もなかなか魅力的で、見ていて飽きないスペシャルでした。(柳楽優弥だったのかー!)正直、続けて録画を見た本編の最終回よりずーっとずーっと面白かったですよ。

最後暴れ出すユースケサンタマリア、その為に内海1人きりで会って挑発までして、もくろみ通りだったというのに当摩の助けが遅すぎるのもご愛嬌。傷を洗いながら泣き崩れるトイレの入り口に、そっと『清掃中』を置く気遣い、嫌いじゃないです。

そして、やっかい払いかと避けてた海外研修に飛び出してみる決意をする…!いいですねー。

一回り大きくなって戻ってくる内海に期待したいです。


でもやっぱりガリレオじゃないけどw

映画「シュガー&スパイス 風味絶佳」☆☆

キレイで淋しい映画でした。 

騒動前の沢尻エリカが美しく、激太り前の初々しい柳楽くんを手玉に取って悩ませるという青春ラブムービー。ケータイ小説台頭以前の物語で、レイプも妊娠堕胎も白血病もなく、柳楽くんはサクッと振られて終わりです。慶応の医学生の方がいいのかー、いいよねー。自転車vs車じゃあねえ。


孫である柳楽くんにアドバイスする、魔女の様なおばあちゃん(夏木マリ)がカッコイイのですが……空回りする孫の恋よりもそっちのグランマと若い恋人のなれそめの方が面白そうな気がして来ちゃうので困りました。

お目当ての板倉さんはというと、主人公のバイトの先輩。
大学に行かずにガソリンスタンドでバイトする主人公の姿は、そのまんま板さん18才の頃の立場ですから!芸人として売れて、映画にキャスティングされて、「若いっていいよねー」の台詞も言えて良かったですよね。でも人生そう上手くは行かないのが普通だし、恋は実らないし、若い頃にみるのはツライ映画ですかね……。

板倉先輩は途中で辞めてしまいますが、最後にもう一回出てきますので板さんファンは諦めないで最後までみましょう。
なんだこの感想(^^;;;)


「LADY」4 ×

モンスター(笑)

レクターだって、教授然としてとても犯罪者に見えない人が殺人鬼だからこその存在感なのに。こちらの「天才」ときたら、目を剥いて奇声を発して、せっかくの美貌が台無しだわー。
で、実行犯も安けりゃ、香月の「妄想」も安いよー(香月はプロファイラじゃなく、天才チャネラーとしての登場だったらよかったのに。で、プロファイラと対立するの 笑)

香月の父親の事件の真相よりも、現在の事件の設定をまずどうにかしてもらいたいです。

 

人気ブログランキングへ
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ