ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

松本潤

「夏の恋は虹色に輝く」2 ☆☆

恋敵が家族。世間狭!!
せっかく芸能界を舞台にしながら、なんで恋の相手が子持ち事務員で、子供の担任がお兄ちゃんなんですかー。で、お兄ちゃんも竹内結子に惚れちゃったとか、どんだけ(><)
いっそ職場も住居も同じだった「ランチの女王」はそのギュウギュウ詰めな恋のもつれが楽しめましたけど、今回の中途半端は意味不明です。しかも、オープニングでは2人ラブラブですもん。じゃあ三角関係すら楽しめないじゃない!!

オーディションに落ちる松潤、滑舌訓練をする松潤、子供と早口言葉で負ける松潤、その辺は可愛いのになー。
あと教科書を届けに走って、授業参観ママの群れの中浮きまくるピンクカーディガンの松潤も可愛かったのですが、そっちは2世芸能人という設定がまったく要らないエピソードなのでは。
いろいろ意図が掴めずに軽くイラっとしちゃいました。1話で受賞してた「売れっ子」俳優くんの演技が堅いのにもイラッ。
夏の恋らしく爽やかにキラキラするのは何話目ぐらいからなんでしょうね?? 

人気ブログランキングへ

「夏の恋は虹色に輝く」1 ☆☆☆→☆

わー、青い空白い雲!夏だー!!

長い長いスカイダイビングも海岸近くへの着陸も、全てはこの夏気分を上乗せのためのオプションなのかも。2世俳優で文句たらたらの松潤は面倒くさいのですが、背景が抜けるように青い空なら愚痴でもいいわー。

そして木に引っかかって竹内結子とご対面。ぷらーん。こっちはマヌケ、向こうはイライラと完璧な「出会いは最悪」シチェーション。それでも気になって再会して、もしや脈あり??とドキドキしたのに
「お父様の大ファンなんです!!!」
と一番言って欲しくないことを言われちゃいましたよー(^▽^)と、ここまでは嬉し恥ずかしで見ていたのですが、今度は事務所に彼女が現れ、後日には事務員として働くからとまたまた現れてプシューっと萎えました。何それストーカー??

「ファンレターです」
と言って主人公@楠大雅に渡した封筒も、中身は亡き大俳優楠航太郎=彼の父から彼女にあてた手紙。はあ?失礼だし、大ファンの相手からの直筆の返信を大事にしないのも変だし、謎過ぎます。七光り息子は泣けなくても、大ファンだったら人目はばからずに参列して大泣きしていい時期なのに。事務所も墓地もセキュリティしっかりして欲しいゎ。
大雅は映画の1つもでたことないそうですが。2世俳優が映画主演でデビューって良くありますよねー。しかも、松潤のあの派手な顔で端役は逆に目立ち過ぎるでしょ!濃い顔のちょい役巡査に笑ってしまいました。そしてトーク下手をバラエティにねじ込むの??事務所の方針が良く分からない(^^;;;)

だいたい、警察沙汰になるとマスコミがうるさいと通報を拒む松潤でしたが、目標に着地出来なかった段階で既にダイビング会社が通報でしょ??(やっぱり2世俳優の同行者が止めてくれたのか??)あああ、突っ込みどころが多すぎる。

一般人の、会うだけで人目につく相手なら恋が実るまでもハラハラ出来たのに。職場恋愛になっちゃったのもなんかがっかり。自信なさげな松潤はなかなか可愛いのにな。

人気ブログランキングへ


「スマイル」1 ☆

せっかくの松潤が、ちっとも素敵に見えないなあ。
疑似家族の人間関係も、時間経過も分かりにくいー(><)

生まれ育った国で、外見のせいで差別される。
それは確かに哀しいことだけれど、どんな国どんな集団でも何らかの差別はあるわけで。「BOSS」の天海祐希は「女のクセに」と言われながらもがっつり立ち向かっているじゃないですか。この「スマイル」でも、差別で泣く姿ばかりじゃなくて、「ガイジンのクセに」に立ち向かう主人公の魅力を描いて欲しいです。
(冒頭の”明るい”ビトが、それだってことなのかなあ?)

冒頭、刑務所から始まって出会いの過去に戻る構成。
「アイシテル」ではこれからの事件を予見させることで緊迫感が高まったのに。こちらでは狙いが良く分かりませんでした。むしろ、主人公を易々と罠にはまるバカに見せたかも。

ロッカーの鍵は渡すわ、周囲にそれを知らせる根回しもしていないわ。日常では些細なやりとりでも、”いつ捕まるんだろう”と思って構えてみていたらオオゴトですよね(服役する事件はまだまだ先なのかもしれないけど)しかも前科か補導歴がある??だったら尚更自衛するべき。
”ハーフで差別される”以前の問題だよねー。

仲間や理解ある大人に囲まれている様に見えて、その実、誰にも頼らない=信頼していない主人公。過去の事件のせいなのかな。うー、謎ばっかり!!
やっぱり謎な少女@ガッキーが可愛かったので2話は観ます。

「バンビーノ」最終回 ☆☆☆

 シェフが消えてしまったリストランテ・バッカナーレ(何度聞いても変な名前)。
残ってもり立てよう!と忠義立てを考えたバンビも、去っていく香取や挑戦する中年3人組に触発されて自分の道を考えることに。
 そしてイタリアへ!!!

 いやー、実にバンビーノらしいラストでした♪
イタリアのレストランに手紙送りまくってやっとみつけた受け入れ先。
(食べずに決めていいのか??ともちょっと思うんだけどさ。)
一から勉強する、という挨拶がバッカナーレ初日とは大違いで、バンビの成長がよくわかりますよ。一貫してこのドラマはぶれなかったよね。毎回毎回の壁があってブレイクスルーがあって。一歩一歩大人に、職人になっていくバンビを応援してなんだか自分も元気になるドラマ。

 バッカナーレから去っていく人を、フルコースで見送る『儀式』もなかなか素敵。
そりゃ照れ屋でツッパリたい香取さんはこの儀式、好きじゃないでしょう。それに作劇としてはバンビに知らずにいてもらって驚かせたいよね。
(もうきれいに清掃も終わった厨房でまた一から作るのか??とか。食べているバンビをただ見ている仲間は大変だなーとかも思いましたが。)

 なんでしょうねぇ私、誉めては茶々入れて。つまりは手放しで100…満点ってわけじゃないんですけど。楽しくて好きだったなぁ。
 特に、今の自分に重なるところがあると強烈に印象に残りそう。
私もツレも、最後のバンビには9月からの留学する自分たちを重ねて見ましたよ。さて新生活だ!!
松本潤くんにとっても、当たり役と言われてパート2まで出来た「花より男子」のイメージを払拭する、もうひとつの当たり役だったのでは。

 原作は続いているらしいので、スペシャルや続編は十分にありそうですね。成長したバンビにまた会いたいです。

「バンビーノ」〜料理対決!☆☆☆

 楽しく観てます。

 成長する若者、いいよね。
 最初は伴のあの鼻っ柱がむかついたのですが、良い感じにへし折られてきて観やすくなりました。
で、作中ではずっと悩んだり文句言ってたりする代わりなのか、オープニングでは皆楽しそうに料理していてその辺の見せ方もいいよね。(途中で出る字だけは、やっぱり毎回「プロフェッショナル」かよ!と違和感ありますが。いっそあの音も『ティーン♪』って鳴らしてくれたらいいのに)

 伴ちゃん本人と同様、博多から戻ったら厨房と思いこんでいたのでホールに回されて、しかもそこが長いのにびっくり。でもホールの仕事で学んできたことが、自然と調理にも生きてくる流れになった料理対決にとても満足です。
 しかも、対決ってそりゃ、食べる人のことを考えたバンビが勝っちゃうわけね?と思ってみていたのに一応負けで、でも苦い勝利を拾った相手も、料理人として再び生きようと思う流れもいいじゃないですか。

 料理長の蔵之介とホール長の一輝さんとが新人にちゃんと厳しいのもいい。
叱ってくれる大人がいるっていいことだと思いますよ(叱られてた頃に戻りたいって言ってるシェフと、私同じ気持ちなのかも。もう何年も叱られてないよ・笑)
 で、悩んでる相談にのってやろうと思ってると、バンビはもっと若い先輩に頼って行くのがまた可笑しい。だよねー。若いのは若い同士だよねー。
 で、そこからはみ出してる香取さんが、でもちゃんとバンビの力量をかってるのもまた良い感じ。

 うわー、誉めてばっかりじゃん。

 名作だ!とまでは思わないけど。
仕事って何かを……いや本当はそういうことって、ホール長が言うように自分で答えをみつけるべきだけど……説教でなく伝える楽しいドラマだと思います。

 で、次回からドルチェ。
バンビのやる気は空回りな予告。さて、どうなる??

「バンビーノ」1 ☆☆☆

 面白いじゃない!

 舞台は東京の人気イタリアン。
優雅なディナーを提供するフロアと、その裏の戦争のような厨房との対比が面白くてワクワクです!
 届いたオーダーをオーナーシェフがイタリア語で叫ぶたび、スタッフ全員で唱和する
「ベーネ!」 (居酒屋ちっくではある ^^;;;)

 そこに紛れ込んだ主人公(松潤)は……。
 たかだか学生バイトが小さな店で天狗になったまま、
「なんでも出来ます!」
と大口たたくけど、手際が悪いし、態度も悪いし、知ったかぶりすれば裏目にでるし、ボロボロです。
私だってこんなやつ大キライですけど、逃げずに店に戻った負けん気だけは、良し。
本名のバンに、子鹿=坊やのイタリア語バンビちゃんをかけて、綽名がバンビーノ。まさしく青年誌漫画のノリですねえ。
これからどれだけ成長していくか、見せてもらいましょう。
(福岡の店のシェフだって、そのつもりで井の中の蛙くんを東京に送り込んだんでしょう?)

 田舎においてきた彼女とはどうなるのかな?。

 シェフ市村正親を筆頭に、北村一輝、眼鏡の佐々木蔵之介。芸達者さんが揃っているので、楽しませてくれそうです♪ とっつきにくい佐藤隆太ってのもなかなか新鮮。
 パティシエのほっしゃんもなかなか良かったよね。

 しかーし。
厨房着でトイレに入るのだけはイヤーッ!!(=手術着のイメージで、清潔に無菌にしておいていただきたい!!!)
ヤキ入れられて、路上に寝っ転がって雨に打たれて、厨房にそのまま戻るのも正直信じられなかった。着替えてこいって、言って下さいよ先輩?。
 現場では結構そんなものなんでしょうか。ううう。知りたくない。

「花より男子」最終回 ☆☆

 レイザーラモンHG、あれだけ??帽子も被ってなかったじゃーん!!

 ・・・はさておき、最終回です。
審査はもう、どうでもいい内容。アレのどこがパリコレだよー。トレビアンかよー。
でもつくしの剣玉は本物だ!
私も、平皿に乗せられるってだけで小学生にいばってますから。あれだけ出来たら超尊敬だよっ。いいねー。役が役でなく、本物に近づく瞬間ですよっ ピアノ演奏手元吹き替えのF4見習え(笑)

 実際、恋心揺れる公園Wデートや桜子爆発のあたりの方が盛り上がって見てました。。
後半司はラブアタックなのに、つくしの気持ちはさっぱり分からず。司が利用されている様にも見えるのが少々ナニかと。
 それがやっと!やっと!!
「惚れてるよっ」 つくしからの告白 キタキタキターっ
そう言われて、一瞬驚いている司がまた可愛いんだって(^^) そして夕日をバックの美しいキスでしたよーっ TOJ大会どうでもいいよ、このキスがあればっ

 最後に、続編やる気満々なテロップも出ました。
これ以上なにもすること無いだろうって気もするのですが。松潤の道明寺司と、つくしのどんぐり眼が見られるなら多少バカでも・・・・いや、おバカ大歓迎で、見ちゃうかな(F3は入れ替わってくれててもいい・・・)

「花より男子」8 ☆

 つくし。をプロデュース!!
・・・ていうか、一流の教師がずらっと並ぶ画面で「こち亀」を思い出しましたね(そういえばあれも、超金持ちと超庶民の物語  ^^;;;)

 『お好み焼きの作り方』で、女子高生日本一の栄冠をゲット!って、椿おねえさま。
それこそ、つくしのためにとっておきたいエピソードだったんじゃないでしょうか?。それともコンテストより、誘拐された司を助けにいって終わりでしょうかー。

 突然ピアノもお茶も中国語も出来ちゃってる道明寺に唖然。
あれであの中国語もなんちゃってな内容だったら面白いんだけどなー。そこまでわかんないし。

 どっちかっていうと、ワールドカップ組分け抽選で日本がひいたカードが「F4」だった!とか。
「爆天」でレイザーラモンHGが「花より男子」撮影現場に乱入!最終回ではお父さんの会社の社長秘書で映るゾ!とか。
 本編に全然関係ない方で楽しい週でした。

 ・・・・司の婚約者が、ちっとも美人に見えません・・・・。

「花より男子」7 ☆☆

 ゴールドライタン(古) いやあの俺様携帯、変形ロボットみたいだなと思って。

 恋の鞘当て、勘違い。不実な恋人に偽装恋人で意趣返し。あげくに殴り合って友情深めて終わりって・・・・もう、深夜番組の『ベタドラマ』そのまんまじゃないかって展開でしたよ(^^;;;)
 それでも楽しいのは、キャラクターの勝利でしょうか。
「私が昔愛した男は」何人目だ(笑)おかみさん。
へこたれない桜子も、ここまでくるとスゴイ。

 もちろんつくしも、道明寺くんもね。
よーく考えると自分も結構他人様殴ってるつくし、道明寺を非難できた義理じゃないでしょー。そして、友達の彼を殴った理由が分かったからって道明寺が即イイヒトじゃないわけなんだけど。
 結局、お似合いのカップルってことで。
(花沢類のひっかけに、いちいち反応するうぶな道明寺が可愛いったらもー)

 そうそうF4の殴り合い。
青春してくれるのは勝手ですが、その間都合2,3台のリムジンが待たされてるかと思うと、運転手さんが不憫で仕方ないです(^^;;;)

 つくしのパパ、司の運転手として雇ってもらったらいいんじゃないだろうか。

「花より男子」5 ☆☆

 狂犬・道明寺以外も結構ケンカが強い(という設定)らしいF4。御曹司も護身術は必要ならしいです。

 例の桜子は、幼稚園時代(!)からの遺恨で道明寺に復習するために休学までして美容整形、生まれ変わったのだった・・・・って、庶民ならともかく、名家のお嬢さまの顔が変わったらウワサになるでしょうが!
 名前もおなじなら、赤札告知で丸わかりじゃないよー。

 本当は、道明寺に自分を惚れさせておいてフル計画だった様ですが・・・・リサーチが不足してるよね。美容整形するよりも、一年みっちりボクシング習った方がよかったんじゃないだろうか。

 でも結局はその悪巧みのおかげ?で つくしは恋心を意識し、道明寺もちゃんと
「オマエが好きだ」
って言えたんだから!良かった良かった♪

 しかも、なんと桜子、つくしを人質に道明寺ボコらせるなんて大それたことしでかした後も、転校も休学もせずにちゃんと学校来てるんですよ。びっくりしたわ、もう。

 相思相愛になったところで、お次はどんな騒動になるのでしょうか。また椿登場らしいので楽しみ♪

 おかみさんの「昔愛した男」シリーズと、つくし家族の貧乏っぷりもまた楽しみ♪

「花より男子」4 ☆☆

 壁新聞に中傷ビラに赤札。発行物多すぎるよ、この学校(笑)

 道明寺の恋人だ、いや裏切ったと、学園での位置がすべて道明寺絡みで決まっていくのは納得ですが、「路上キス」「ベッドで半裸」ネタの提供元を、誰も気にしないのがワケ分かりません。そういう学内探偵組織でもある設定なの??

 あと、エレベータの話とそれ以降がどうも上手く繋がってない様な(高熱からすぐ復活)。これも、原作を刈り込んでつなげてるせいなのかなぁ。

 そんな細かいこと脇に置けば、もう道明寺祭り。
つくしに恋してる割に、遅刻の理由いかんではブッとばすそうだし(笑)、バカだし、立ちションだし、高熱で膝枕、花沢類とのリンゴの想い出、貧乏な家に初訪問。
松潤のありとあらゆる表情で満腹パラダイスでした。

 中でもツボは、つくしの「ベッドで添い寝」写真を見ちゃった顔。
男は顔映ってないんだからさー。とりあえず周囲には「これは自分だ」ってしちゃえばいいのに。まるでそんな余裕ないんだもん(嫉妬に狂う童貞くん ^^;;;) うー、可愛い。

 巻き込まれるまま、道明寺に誤解されたくない、と思っているつくしは、もうかなり彼を好きになってるよね。これでまだたった4話って、なんて展開早いんだー。
 ダーク桜子の攻撃をはねのけて次回、道明寺の誤解を解けるのか??

 でも、あのお莫迦さんと結ばれるのが幸せなのかちょっと自信ない(^^;;;) 

「花より男子」3 ☆☆☆

 うわーっバカだったんだ道明寺司!!ダメ男好きをノックアウト!!

 今回は、道明寺姉・椿(松嶋ナナコ)の乱入で更にパワーアップ。司と姉の出てくる場面はまんべんなく笑えましたからねー。殴ったうえに蹴るのか姉ちゃん!「危険なアネキ」ってのは、こういうのをいうんじゃないの??(笑)

「いつでも飛んでくるわ・・・自家用ジェットで」
これよ、これ。
学園のヒヨッ子共がいくらブランド品持っていようが太刀打ちできないこのゴージャス、この勝ち気!素敵!

 そして、やっぱりファーストキスだったんだ、司(^^;;;)
「キスしたからって意識」してるのは、自分だろ!!
優しく仕方が分からない、お子さまな司くんでしたが椿姉さんの助言で『悟りが開き直った』そうで(^^;;;)、つくしへの恋心を自覚しましたよ!!
 デート誘ってますよ!
「急がば回れ」でぐるっと一回まわってますよ(笑)
ここまで面白いものを見に、どうして1時の待ち合わせ場所は学園の生徒でいっぱいにならなかったんでしょう。バカでも怖いのかな道明寺は。

 ルイとモデルさんの恋に関しては、おフランス如き毎週でも行ける人達相手に
「もう逢えないかも」も無いもんで、本当にお節介。
でもまぁ、そこに至るまでのつくしの気持ちも丁寧に描かれていたし、そのお節介がルイの背中を押したんだし、押されたルイのキスが道明寺の背中を、ルイを見送る道明寺の姿が更につくしの背中を押したんだし。えーっと千載一遇のっていうか、情けは人のためならず??

 雨の中、3時間も待っていた道明寺。
来週はまず2人相思相愛になってスタートなのでしょうか???
学校に来ない桜子ちゃんは、あの様子じゃ道明寺君が好きなんでしょうか?じゃあ、嫌がらせの写真を企んだのは誰??
 いやー、来週が楽しみですって。うへへ。

「花より男子」2 ☆☆

 いったい、どーやって転べばあんなことに(笑)前歯折れるって。

 つくしをさらった道明寺君。何するかと思いきや、寝てる間に2億かけてエステしてパックしてドレスきせて・・・それで「喜べ」「笑え」って(^^;;;)
 女の子の扱い、下手すぎるーっ カネが無駄ーっ

 まぁ、いいなりな女しか知らなかったということでしょうか。そりゃ、つくし新鮮ね♪

 汚された靴を「舐めろ」なんて言うクセに、つくしが膝を折った瞬間、がっかりした顔してませんでしたかーっ
 以後なにげにつくしのストーカーと化してるし(笑)
パーティーでのつくしイジメ、自分も気がついたのにルイが助けちゃって、挙げ句につくしが笑っちゃって、メラメラじぇらしーですよーっ可愛い。

 ・・・最後のアクシデント、つくしは勿論初めてでしたけど。もしかすると道明寺も??ファーストキス??うっひっひ(^^)
 この路線で行くなら、早いとこ恋の鞘当てにシフトチェンジして欲しいです(金・土とイジメみるの疲れるんだもん)

 佐田真由美の喋りが鈴木沙理名みたい、とか。
イジメ女トリオが、いくらなんでも品がなさ過ぎる、とか。テンション下がるところもありましたけど、ひっくるめると楽しかったわー。
 和菓子屋とつくしの家は楽しくていいよね。それに、道明寺家をめぐるつくしのツッコミも笑ったわ!
「(ビリヤード台は)一家に一台で充分だろ!普通無いし!!」
「(大食堂に)ハリーポッターか!!」

 来週はなんと、道明寺姉役で松嶋ナナコ様御登場だそうで、ゴージャス♪

「花より男子」1 ☆☆

 「忘れずに海老を入れなくちゃ」
って、お母さん!あの伊勢エビ忘れたら弁当箱スカスカでしょ(^^;;;) 
 その前の弁当の海老がふりかけサイズだっただけに、笑いましたー。でもそんな心づくしの豪華弁当、視聴者の不吉な予感的中で、食べられなくなっちゃうんだよね(涙)

 ヒロインはエリート金満学園に通う庶民、つくしちゃん。
学園を牛耳る4人組『F4』に眼をつけられてさあ大変。しかも、最後にはリーダーをぶっとばして宣戦布告しちゃいましたよ!
 殴られたまま起きあがらないリーダー郷ヒロミ・・・もとい松潤。つくしに惚れたね。

 とりあえず画面は、笑えない「富豪刑事」ってところでしょうか。
 来春開校の同志社大学付属小学校、給食は豪華ホテルのフレンチだとか。そんなワイドショーをみた「けっ」って気持ちを思い出すドラマでしたよ。

『エリート』の描き方がとてもちゃちで、基準がカネ。まぁまさか皇室の方出すわけにもいかないだろうけど、皆さんカネもってるだけでお育ちが悪くて、帝王教育や富めるモノの義務についてはご存知なさそう。これに牛耳られちゃ日本の将来真っ暗よね。
 でも、それに憤ってヒロインが立ち上がるんだから、分かり易くて良いんじゃない??

 花のF4も私の目には、松潤以外はうらなり瓢箪。揃って女にもてる理由が分からない。フルマラソンでもゴールしてから出直しておいでってところです。
 つまりは、『自分で働いてもいないくせに』と啖呵切るヒロインにメッチャ共感ですよ。

 この先、F4のあいだでつくし争奪戦にでもなるんでしょうか。そのためにエリートらしく化けてくれるとか?ただ金持ちで笑わせたいなら、一条ゆかりの「有閑倶楽部」でもしてくれたらいいのに。

 惜しむらくは、つくしの家族の描き方。
ビール一本を一週間に分けてのみ(気が抜けるよ!)、ごはん1杯目は肉の匂いだけで食べる生活してまで彼女をその学園に通わせたい。その理由が・・・・ご近所に自慢できるからぁ???はぁ???
 偏差値高いとも思えないしなぁ。
 その謎は原作読んだら分かるんでしょうか。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ