ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

松山ケンイチ

映画「椿三十郎」☆☆

何十人無駄に死んだんだろう。金魚のフン共が莫迦なせいだぞー!!

近所の2本立て映画館でリバイバルされていたので見てきました。(旧作未見)
空調やオヤジさんのイビキがうるさくて居心地悪し。それでも、椿の花で合図といい、のんびり屋の母娘といい、最後の三十郎の不機嫌の苦さといい、話には引き込まれて最後まで飽きずに見られました。
勿論、松山ケンイチ目当てだったので、彼がずっと出ていただけで点が甘いです。……全然アップなくても。

ただねー。母娘のゆーっくりしたしゃべりが、わざとらしくてイライラ。(ユウコリンやDAIGO、大竹しのぶを思い出しても全音均等に引っ張ってるワケじゃないのに)
やっと登場した大目付さま藤田まことも、存在感はバッチリとはいえ別に馬面じゃなくてなんだかなー。

何しろ同じ脚本の「お手本」が存在するわけですから、ちょっと何か気になる度に、旧作はもっと面白いんじゃないか、こんなニセ椿使わないんじゃないか、馬面はどれだけ凄いんだろう?と、オリジナルへの期待ばかりがふくらむばかりでしたよ。
同脚本別監督といえば、三谷幸喜の「3番テーブルの客」。あんな風に、うわー全然違うよ!!と驚けるんでしょうか??
見なくちゃだわー、オリジナル。

織田くんは可もなく不可もなく。トヨエツは声がこういう役似合わない。

映画「デトロイト・メタル・シティ」☆☆☆☆

松ケン、俊足!
クラウザーさん姿のハイヒールで爆走だけじゃなく、根岸姿の内股チョコチョコも速い(笑)

というわけで、お下品ながら笑える原作漫画(長澤まさみお勧め)の映画化&松ケン主演!
絶対劇場で見る!……けど期待半分心配半分に、聖飢魔Ⅱ信者の友人と連れだって見てきました。笑った〜楽しかった〜。小型で持ちやすいパンフもお気に入り。

楽しさの8割はもうとにかくクネクネ根岸くんと白塗りクラウザーさまのギャップです。松ケンお見事!
何しろ根岸がウザイ(笑)
大分県から上京、部屋をオシャレに作って仲間と青い夢を語る根岸くん。4月に山口県から出てきた甥っ子と重なって、応援したい気持ちもあるのに……どうしてもウザイぞー(笑)
スリムな長い手足、カッコ良くモデルしてる中の人と何一つ部品は変わらない筈なのに、不思議な程ウザイ!!人間動き方って大事ナンデスネ……。

そのオシャレ(笑)な根岸くん、後輩の佐治くんみたいに甘々ポップスできゅるんきゅるんしていた筈が……何だってデスメタルで殺人鬼の魔王ってことになっちゃったのか??原作でも謎だった部分は映画でもすっ飛ばされたままでした。でも確かに、変に説明されるより各自で納得しておく方がいいのかも。
早変わり大混乱やヤマハ教室、トイレでセッション、「まるで農家の長男!!」に大爆笑してきました。

残り2割、脇役ながらここがダメならぶちこわしという部分を盛り上げてくれたのは、ファン役の大倉孝二と岡田義徳!DMC伝説のほとんどは彼らのムチャ解説で出来上がっていくンだし(笑)よくぞ引き受けて熱演してくれました。ありがとう。

しかしこの映画、時々字幕は必要ですよね。だって「ハギター」って耳にして「=歯ギター(歯でギター弾く技名)」って即、分かる??
カミュの脈絡ない「ブルマ」リスニングも無理無理!
その他、公然猥褻カットだの資本主義の豚だの、突然すぎる専門用語(笑)の数々。原作を知らない友人は勢いでスルーして楽しんでた様ですが、聴覚障害者向け上映や海外の映画祭など字幕付きでクッキリハッキリ分かった人の方が……楽しめたのかドン引きなのか、そこが問題(笑)

ドン引きといえば、社長&グリグラ(犬か!笑)による根岸くんの部屋リフォーム場面。
「コノ恨ミハラサデオクベキカ」につながると思えばそりゃ、あのぐらいしなくちゃでしょうが……過程が長いのと、ネギッチョの泣き声でもうドン引き。ていうか、レイプかと。
仕上げに可愛いあの子に目撃されちゃ、もう可哀想すぎて、場内ざわざわする程でしたよ(^^;;;)
なのに、「あれ大家さんで、家賃の取り立て!」という無茶な言い訳を「ア、ソウナンダ?」と軽く納得する相川さんに逆ドン引き(笑 ラストシーンといい、あの娘もKYだよねー)マイナス×マイナスで、結果オーライかな。

よーく考えると、素敵な松ケンを鑑賞出来る場面はほとんどないのですが(^^;;;)チャレンジャーな役者としてますます好きになりました!
コメディー好き、ダメ男好きとしても満足!メイキングがメチャ見たいです。
鏡に向かってさらさらと、額に「殺」って書いてましたよね。どんだけ練習したのかと。

映画「神童」☆☆☆

ザ・ベストオブ松山ケンイチ鑑賞映画。じゃすみん的に。
あんなに指が奇麗なのに、総合するとその辺にいそうな青年で可愛い〜。「ドルフィンブルー」に続いて、喧嘩の場面の彼が魅力的で嬉しくなります。大人しいだけじゃないところがまたいいのよね。ふふふ。

物語は、天才なのにピアノが嫌いな”うた”(成海璃子)と、技術はないのにピアノが大好きな”わお(松山ケンイチ)”の交歓。
もっとアマデウス的な展開もあるかと思っていたら、違いました。
”うた”は"わお"に「へたくそ」と言い放つし、”わお”も「うたはいいよなー」と言ってはばからない。そんな2人の関係には嫉妬や焦燥も、ついでにいうと中学生と音大生という年の差も感じられなくて、仲のいい兄妹のようでした。それでも同級生の恋人の前でも”うた”の事ばかり心配する様子は、真剣に三角関係かなっと。

そして不運にも難聴を発症する”うた”。
冬なのにこだまする蝉の声でその始まりが描かれるのですが……カナカナカナカナ(笑)
蝉は蝉でも、その音の選択は間違ってるらしいですよ。本当に突発性難聴から片方失聴している同居人が、もっとシャーシャーいう方の蝉の声なんだ、今もしてる(=本当にその音が映画で流れたら彼には聞こえない)と語りだし、しばらく難聴談義に。
この蝉=難聴っていう豆知識はそんなに一般的なものなんでしょうか?分かんなかった人もいるのかもね。

"うた"がどれだけ天才少女として世間に認知されていたのかは知りませんが、有名演奏家の代演まで勤めた挙げ句の失聴。
体育を休み手袋をして訓練の為に左手で食事までしてみる生活から、いきなりピアノが消えてしまう。日常への不安だけでなく、上手いと分かってた能力を(いくら嫌っていたとしても)無くすってどれだけか。
でもそこにはあまり尺が割かれず、わおに打ち明けるでもなく。
夢の世界に旅立って行く様な映画でしたけれども、なんかそこが逆に好きです。

えー、「ちりとてちん」にはまっているので、仏壇屋の菊江サン(わおの母役)や貫地谷しほり(声楽科の恋人役)の出演も嬉しかったのですが。歌う声のズレだけはありえない(><)

その他あちこちもったいないなーと思ったりもするのですが、息を詰めて全ての場面を見つめなくていい分、流しっぱなしで何度でも(いろんな表情のわおを)見たい映画かも。
もちろん、ヒロインの成海璃子ちゃんもハマってますよー。

うたの事故死した父親(やはりピアニスト)が西島さんで、映画ではわおに似て見えました。特に誰かがそう言う訳じゃないのですが、ピアノが嫌いだというくせに、ピアノがあるからとわおの部屋に入り浸るうたの描写には、父に似た青年を慕う気持ちが無意識にあるのかなーと思ったりもして。

作り込めていないぶん、妄想の余地があるのです。
例えばどこまでハッピーエンドなのか、も、それぞれに考えていいのかなって。

映画「リンダリンダリンダ」☆☆

「蟲師」の次はこれ、オダジョー嫁(香椎)登場作品。
ウソです、ちょい役の松山ケンイチの為に借りたら彼女出ていたからびっくり。現在20歳、撮影時には立派に高校時代の筈なのにちっともそう見えません。顔が整い過ぎのせいかな?

物語……はほぼありません。
文化祭直前にバンド仲間が怪我しちゃって、テキトーにもう一人選んだら韓国からの留学生だったり、泊まり込みで練習したり、……ってエピソードはあっても、起承転結をつけるつもりはまったくなさそう。
女同士なにやら揉めてるぞーってことも、理由も顛末も、彼女達が仲間とモソモソ話してる要領を得ない日常からなーんとなく分かってくるだけ。名前だってそう。
つまりは、テロップで名前が出たり主人公がナレーションで自己紹介するような、役割やキャラが明確な映画じゃないってことです。

画面の空気を楽しめばいいんでしょうか。
高校の文化祭ってのは何日も続くものでしたっけ?
本番がいつかも分からないまま、彼女達と一緒に永遠に終らない文化祭の日々(「ビューティフルドリーマー」?)を体験するバーチャルリアリティーみたいでした。正直、私は退屈だったんですが、何度も何度も観ちゃう人がいても不思議じゃない。自分もバンドやってたことがある人ならたまらないだろうなー。

外国暮らし中の身としては、ソンさんに共感。通じてたり通じなかったりするもどかしい会話、あるある。
で、先生と用意してた母国紹介の展示なんかより、『仲間』と買い物して鍋作って泊まり込む方に熱中していくの。そりゃそうでしょう。
一生懸命ブルーハーツ覚えて、雨の中走って、一緒に笑って。とけ込んで行く姿が羨ましかったです。
でもなんで自分が誘われたのか、喧嘩のとばっちりだったなんてことは、一生知らない方がいいかも(^^;;)

最後にお目当て、松山くんは見事にフツーの子でした。
ソンさんが好きだ、と韓国語で必死の告白。でもソンさん日本語で答えてるのに(笑)
こういうのも、若いな、いいな。
とりあえず、明日日本語で告白されても返事は英語で返すことにします。って掃除の兄ちゃんかメンテナンスマンぐらいしか男の子と会ってないよ(><)

映画「親指さがし」☆

 眼鏡でスポーツ刈りの松山君、可愛い♪
                終わり(笑)

<<「親指さがし」の最中に消えてしまったユキコ。8年後、成人して再会した仲間が1人、また1人、親指を切断された死体で発見される。殺したのは、戻ってきたユキコ?そのユキコも呪いをかけられている?という都市伝説を知った主人公たちは……>>

 正直、原作小説も映画の感想も酷評ばかりでもう何にも期待せずに。いっそ全て早送りしてもいいぞぐらいでみました。逆に結構楽しめましたよ。(wowwowの録画だし)
 笑っても困り顔の伊藤歩、はまってました。
 現在と子供時代の行動がだぶって映される演出は印象的。死体も綺麗に生きているように映していて、ホラーとしては甘いのかもしれないけど、グロさを強調されるよりは、好きです。

 ただし確かに作中の警察は無能。
それに、子供が消えて一番哀しいのはお前じゃなくて家族だ!でもそれは脇に置くとして。

 大きな秘密はいえない、のは分かる気がします。チエちゃんが、ユミコの隠れ場所が空だったのを観て閉めた時、自分の子供時代の秘密を思い出しました。
まぁ『弟の新しい自転車が消えたのは**君が乗ってったから』程度の秘密ですが。怒られるのが怖くて、明日には**君から返しに来る筈、と思っている間にどんどん言えなくなりました。(30年前だけど、スマン弟)
チエちゃんもきっと、あまりのことに怖くなり自分が言わなくても警察が見つけてくれると思ったんでしょう。そして8年も黙って来ちゃったんだよね。

 ただ、その事実を知ってるチエちゃんが捜査しちゃダメでしょー。
「サキの呪い」も唐突で、いきなりよそ者に問いつめられる村の人、可哀相(^^;;)
「親指」の扱いが変というか。いっそ簡単に、失踪現場にユミコの親指が落ちていたら済むじゃないですか。知らん子の呪いが絡むより。
等々、ツッコミ始めるとキリがないので、もういいです(^^;;)
 グループのいつも仲裁役で、主人公の一歩後ろからついてきて、つづく女の子達のために針金をどける松山くんが可愛かったです。一カ所思いっきり「ユミコ」がなまってた(笑)

 でも、信じたのに裏切られた彼が主人公とチエをどう許したのか、許さないのか。
それに「忘れていいのよ」と言ってくれていたお母さんが真実を知った時の反応まで、ちゃんと描いてくれたらもうちょっと後味違ったかと思うのですが。(あれで犯人がお母さんだったら怖かったのになー)

映画「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」☆☆☆

 実在する獣医さんの物語。
尾ひれを失ったイルカに、ゴム製人工尾びれを作ってあげた沖縄ちゅら海水族館での実話は有名なので、これ以上なにを?だったのですが……はい、獣医役:松山ケンイチくん目当てで行ってきました(><)
 淡々とした作りで、沖縄の景色と水族館と松ケンの目が綺麗で(最後余計かな・笑)良かったですよー。

 特に、物言わぬイルカのフジが、本当に人工尾びれを望んでいるのか。負担なだけじゃないか。
スタッフ一同その点で悩んで、対立しあうあたりは個人的にツボ。

 私も本人の意志が不明な、重度障害児と日々暮らしていまして。
座る返事をする字を書くetc訓練で泣かれたりすると、本当にこれが必要なのか日々ジレンマです。それでも、いつか覚えたことを組み合わせて本人の意思を伝えてくれる日が来るんですよ!その時の喜びと来たら!(「あっち行け」だったりしますけど・笑)
 なので計画頓挫中、フジに人工尾びれを見せて寄ってきたら続行避けたら中止と、フジに選択させようという主人公の発案はもう嬉しくて。反対派の飼育員は「来るなー来るなー」と言いながら見せてるのに、フジは来ましたよ!
 ……まぁそれも、本当に望んだのか、見せられたら寄ってくる訓練に素直だっただけなのかやはり謎ですが、そこを擬人化や正当化せず、分からないと言わせるあっさりした演出は好みでした。(感動しに来た人には、物足りないかな)

 松ケン演じる獣医一也くんは、すっごい普通の男の子で(笑)
飼育員とつかみ合いのケンカをしたり、東京の彼女に「会いたい」とだだをこねるくせに、はるばる来たらイルカの方に夢中で気もそぞろなところとか(^^;;)すっごく癒されましたわー。
 赴任して渡された青いスタッフシャツが、どんどん白く(プールの塩素?消毒?)汚れていくのに比例して飼育やイルカに馴染んでいく様子も、頑張ってて可愛い♪

 ただ、彼女とのすれ違いと近所の少女とのふれあいが両方中途半端だったかも。
(最後の手紙、少女メインなら少女とのやりとりで終わりが筋だろうし。彼女との別れで終わるなら沖縄案内もはっきり見せて欲しかったし)
 だいたい、少女はいっつももっさりしたカッコで(><)少年でもいいじゃないよ!
 最後の可愛いワンピースを引き立てる為かもしれないけど、そのワンピース姿を主人公は見てない(^^;;;)お別れに追いかけるところも、『え?そんなに仲良かった?』だったのもなんか惜しい感じ。追いついた時の顔が怖いし!!
 …って、書くといろいろ出て来ちゃいますが・笑

ちゅら海水族館に行ってみたくなることは間違いなし。そして売店ではカレーを大盛りで頼みます(^^)

「翼の折れた天使たち」2夜ライブチャット☆

 ツッコミどころ満載。
でも、どんなに展開に疑問が湧いても、『実話が元』なので悩んじゃいけません。
美容院で原作本読んで(あっと言う間)、わかってたのに!!
 ついつい見てしまったのは、……松山ケンイチくんが出てるから(><)

 ただし9割方声だけの出演です。
なにしろ、ひきこもりのヒロイン(堀北真希)がバイトするチャットサイトのお客さんですから。 ……正直、語りかけてくる声は快活とは言い難いエル調(^^;;)でもまぁ、本来はキーボード上の文字なんだし。
エロ客オタク客に不愉快な想いもするなか、気が合う優しい『タロー』(松ケン)だけには心を開くヒロインなのでした♪

 ラストも文句はいろいろありますけど、まぁ堀北真希ちゃんが可愛かったし。思いがけず山崎樹範も見れたし(ドラマ「電車男」のネット住人が友情出演・笑)
なにより松ケンのベッドシーンが見られたから満足でーす。(←嘘、上にいるだけ・笑)

映画「不良少年の夢」☆☆☆

 西村雅彦出演作品、ということで折に触れ探していたのですが、『松山ケンイチコーナー』新設店でやっと発見。

制作発表当時には全く印象がなかった主演青年に「セクシーボイスアンドロボ」ですっかりハートを射抜かれた今となっては、当然出ずっぱりのヤンキー松ケンが嬉しく、1時間以上経ってから登場の寮のおじさん(涙)西村さんとの共演が5倍は美味しい一本となりました。

 くぅぅ、義家が愛しい。

 さすが、文部科学省推薦、むき出しの主張に気恥ずかしくなりながらも、良い映画です。
ただ、名前からもう分かるようにこれは、ヤンキー教師として名を馳せ、最近では教育委員会でなんちゃらを勤めてワイドショーのコメンテーターもする義家さんの自伝の映画化ですから。(卒業式場面にご本人も出演・笑)
 家族に見捨てられ、学校に見捨てられ、荒れて行き着いた北星余市高校で笑顔をとりもどし社会に居場所をみつけていくまでの、青年の再生の物語はドラマ化もされて超有名。

 なので猛烈な自傷行為もご家族との断絶も喧嘩も恋も、どうしたってご本人が浮かんで我に返ってしまいます。
最近のTVでは面とむかって暴言吐かれることも多く、義家さんはただ笑ってやりすごしていますがこの暴力を生きてきた人かと思うと、テリー伊東命知らずだなと心配になりますよ。

 もちろん逆に、最後には教師になって母校に帰ってくると分かっているからこそ荒れていても安心して観ていられるわけですが、義家以外の生徒達はその後どうしているんだろうと思うと複雑です。
 死ぬな、と義家が抱きしめた少女は。
 朝みんなで無理矢理起こした昼夜逆転のひきこもり君は。北海のデブ熊・難波の黒豹(笑)は?
これがフィクションドラマだったら、エンディングで適当に幸せなその後が描かれているんでしょうけどね。
 あと、突然時間が飛んでしまう部分有り(牛の世話→寮で乱闘騒ぎとか)。卒業式でガンバ先生が
「声が出なくなった時期に」
とさらっと触れたエピソードも、きっと自伝では印象的だったのでしょう。

 さておき若き日(2004年夏撮影)の松ケンは。
意識して低音でドスをきかせたヤンキー喋りから映画は始まりますが。全編通して圧倒的に語るのは彼の身体ですね。 
 抜きんでた長身、喧嘩での迷い無い身のこなし、猛スピードで走る走る。(「traintrain」をバックに、退学する彼女を追って走る場面は秀逸!)そして、言葉でなぐさめるより抱きしめる義家の魅力にくらくらしました。

 寮のタイマントーナメントも楽しい(笑)
夜抜け出して、酒呑んで大暴れ!血の気の多いのが集まったら、ああいうことするだろうなぁ。 喧嘩は弱いに決まってる元引きこもりくんも、ちゃんとレフリー役で参加しているところも嬉しい。

 そんなバカ共を翌朝裸に剥いて、水ぶっかけて叱るのが寮の滝本:西村さんですよ(笑)
熱を出しても1人で居ようとする義家の世話を焼き、
「他人なのにどうして優しいんだ」
と弱音を吐かせる場面ではもらい泣きでした(><)

 若い俳優さんが集まって、撮影中はさぞ楽しかっただろうと思うのですがDVDに特典は予告編のみ。エンディングにちらっと映る使われなかった部分をあれこれ観てみたいものです?。

付記:「不良少年(ヤンキー)の夢」と読みます。
 あちこち検索してたら、みつからなかったはず、レンタル開始も2006年10月、セル版発売は今年3月でしたよ!!
お蔵入り寸前だったのが、松山ケンイチ効果で発売になった模様です。そんなことやっぱりあるんですね・笑

「或る夜の出来事」☆☆☆☆

映画にあらず。NHKで放送されたミニドラマ「その5分前」シリーズ中の一編。シリーズ名通りたった5分の掌編です。

<<<※ネタバレしてます※>>>

 閉店間際のレンタルビデオ屋で、若?い店員さんと一言二言交わすのが生きがいの三十路OLがヒロイン。
 なのに、今日で彼はバイトを辞めてしまう!
そのショックは「まるで『断崖』!」
……つまり、店内で目に付く有名映画のタイトルを並べて表現する独白がミソでしたね♪
さて彼女は、おすすめ映画を一緒に見ましょう、と彼を誘うことが出来るのか……?

 この店員さんが、お目当て松山ケンイチくんでして(><) 可愛かった?。
すらーっと伸びた足と細い指にびっくりです。ロボのくせに!(笑)
なにげないお喋りも優しくて、万が一お誘いに困惑しても決して『ふざけんなブス』とは言わないよね……と夢をみられそう。
もっとも、ヒロインの方だってごっつい眼鏡はかけていても原田知世ですから?。大丈夫、誘っちゃいなよっ!!

 で、ラストどうなるかというと
「店を閉めて、ここで一緒に見ましょう」ということになるんですよ?。きゃ?。
ビデオは「アパートの鍵貸します」♪

 もっとも昨今は、深夜の飲食店で店長自らが客を拉致監禁する時代ですから……。このラストも危険きわまりないとも言えばそうなんですけど?。この人だったら大丈夫!ってロマンチックに信じたいよね?。
 素敵な5分間でした(^^)

「1リットルの涙」4 ☆☆☆

 先輩、デートに来なかった。

 目の前でぶっ倒れられて流血されたら、そりゃビビるでしょ。
普通以上に健康なスポーツマン。お見舞いには一応来ても、病院とかリハビリとかいう健康じゃない空間に慣れていないんだよね。亜也の外出許可を聞いてもテンション低かったもの。

 でも哀しいのは、視聴者だけじゃなくて当の亜也まで『来ないかも』って思ってたこと。
プレゼント選んで(買ってきたのはお母さんでも)、お洒落して、バス乗って、雨が降っても待ち尽くして。でも怒りもせずに認めちゃうなんて。

 ドタキャンを知って、雨の中を助けに(?)向かう麻生くん。
うなだれる亜也に傘をさしかけて・・・・
すみません、いつ抱き寄せるか、いつ抱きしめるかとワクワクして見てました。亜也が座って泣き出したときには、がっか・・・えーと。そんな浮ついた場面じゃなかったんですね。

「不治の病」と亜也から告げられた麻生くん。
2人が病院で初めて会ったときの自分のセリフなわけですが、今の状況ではリアル過ぎるよね。結局、主治医の専門を調べ、医学書を調べ、おそらくは病名にたどりついたのでしょう。
愛だ恋だどころじゃないよね。
でもそこで、逃げずに駆けてきた麻生君はやっぱり、医者の器なのだと思います。

 可哀想な妹・亜湖ちゃんは怒られるばかりで真相を知らず。
でも知らされて抱えきれるとも思えないや・・・・。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」予約受付中


カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ