ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

松坂慶子

「エラいところに嫁いでしまった!」3 ☆

 あれれ?な女正月。

 よかれ、と嘘ついた披露宴や、忙しくてそれどころじゃ、な葬式仕切の回と違って、今回ばかりはあらかじめ対話があれば済んだことばっかりじゃないですか??君子もトリ頭の自覚があるなら尚更、根ほり葉ほり聞け!

 夜中に侵入者は、そりゃ驚くし!
藁でぶったたかれる儀式に至っては、兄嫁までそれで怒った過去があるならそれこそ、説明しろや〜!!でも、じゃあ自分は怒るかと考えると、あからさまに儀式ならそれほどでも。
いっちょルポ書いたろうーという、ライター魂は芽生えないのかな(ああ、それが原作か。じゃあそのうちにネタにして文章書いたりしだすのかしら)

雑煮責めは
「残さない=お代わりする」
というわんこそば同様の風習でしたが、
「そんなことも知らなかったの?」と驚く磯次郎は偉そうで嫌。
「どこでもそうじゃないの?」と驚いて欲しかったですよ。
 自分の常識は他人の非常識。だもんねぇ。

 で、落としたマフラーの代わりが何本もってところや(あの田舎のどこに店が??)、反省君子がお母さんに謝るところは良かったんですけど。

 えーっお母さんただ腹が痛かっただけ??
わざと意地悪されるよりタチ悪いですよこれは。 だって、村中のヒト&小姑が思いこんだ『君子が泣かせた』は消せないもん!
 せめて小姑にだけでも、涙の正体を知らせておかなきゃー!!!

 そんなわけで、あちこちひっかかりつつ。つまらなかったわけでもなく。子宝授かった小姑と例によって変な自慢する温水さんには笑ったって(^^;;;)
また来週は楽しみです。ええ。

「エラいところに嫁いでしまった!」2☆☆☆☆

 婚家周辺の地理はもうばっちり! 前回コンビニ探した甲斐があったよね。
路地で詰まったロールスロイスに駆けつけ、印刷所に自ら入稿に行く君子…それだけでももう満点よ(ハイ、方向音痴です私)

 もう行かない、と宣言した婚家ですが、流石に葬式とあらば戻らないわけには。
ここでね、優しかったおじちゃんとの想い出にひたったり、墓石を清めながら故人の人となりを語る磯次郎は本当にイイ奴で、死んだ方の立場なら私も、こんな想いで見送られたいと思いましたよ。しかし。
 生きてる方は大迷惑(笑)

 いつの間にか磯次郎が葬式を仕切ることに(^^;;;)
例によってのイソの馬鹿の「僕にまかせてよ!」のせいですよっ
ほっぺ掴んでむにむにと「この口が〜」と怒る君子に、メチャ賛同。そして案の定役立たず!!!全部君子がすることになるでしょ。 また長男の嫁が、自分はやりたくないくせに、お株を奪われて不機嫌なところが笑えるっちゅーか困るっちゅーか。いるよねこういう人。
 でも、バリバリと注文ごとを片づけ、追悼文を書きとばす頼りになる妻がいるから、磯次郎も引き受けたんですよねー。そして「君みたいにしなくちゃと思って」って言われたらもう怒れないじゃないですか。
 ここ、ある意味ラブシーンでした(^^)

 で、もう帰る、とへそを曲げた住職を、追悼文の為に取材した話で説得できた下りにはおおっと感心。
 その後あれもこれもイソの手柄になってしまい、メチャ不出来な嫁扱いに憤るわけですが…そこでもね、お姑さんが追悼文を誉めてくれる。君子の本当に拠り所とする得意技が評価された。そこでグッときちゃいました。
 義姉さん(濱田マリ)が言うように、適当にいいこと書くのが普通の追悼文で
「ウソで良かったんですか?」
と驚く君子の方が非常識っちゃー非常識なんだけど(取材記事じゃないんだから^^;;;)
 例えば万事そつなくこなせたんだとしても、あの追悼文が受け入れられなければ結局君子は理解されないってことじゃない? ああ、この家でやっていける、と思えた瞬間かと思います。
 赤飯のしきたりも良かったですよね♪(あれから炊いて間に合ったの??)

 それとあの仏様のお供えものは…私もきっと食べる!
翌朝に膳を供えるのも知らなかったし。盗み食いがなによりの悪事みたいに言われてたけど、見たら分かるんですか、お供えだって??(お盆に街角に咲く金ぴかの花を、中学生ぐらいまで作り物と知らずに凄い花だなと思ってた。祖母がキリスト教で仏事は何もしない実家です)

「エラいところに嫁いでしまった!」1 ☆☆☆

 やー、楽しかった!!ツボにはまった!!

 旧家で嫁姑大騒動って、コントかってぐらいありふれた素材なんだけど今回ひと味違うのは、イケメンなくせにとことんダメな旦那でしょう!!(ああ大好きダメ男)
 普段のぐだぐだ君と、時折見せる別人の様に端正な旧家の坊ちゃん顔。谷原章介が2度美味しいです。

 あんな大豪邸、格式高い家の出身なのに隠していたんだか本当にそれが普通だと思っていたのか、図りかねる天然、磯次郎くん。カバンが臭くても平気(笑)
そして良かれと誤解をまき散らす、皿は割る。迷惑だけど憎めないよね。
終盤追いかけて、「行かないでくれ!」じゃなく、ぐずぐずに泣き崩れちゃうところ最高。そうだよね、旧家に産まれるってのも、自分では選べなかった重荷だよねぇ背負いきれない人には。

 もちろん仲間ちゃんも実に凛々しくて、どんな苦境もまず
「やってみます」
と頑張ってみる。これは仕事の依頼もそうだってことで納得して観ていられました。
 そんな彼女を、メチャ愛してるんですよ磯次郎くんは。自慢の嫁なんです。

 この変わり者夫婦がしっかりベターハーフなのと、基本お姑さん(松坂慶子)も意地悪じゃなくて仲良くする気満々なところも、観ていてストレスが少なかった理由かもしれません。

 実家で旦那だけくつろいで、嫁はどこにいても気疲れしまくり。ああ、そうだよねー。
でも今日だけ頑張れば、後は東京で離れて暮らせるじゃないか!ガンバレ!ってなもんで実に、正月明けにふさわしい題材。

 で、とりあえず披露宴は乗り切ったけど、来週は葬式が控えてますよー。その先もどんどんと大変そうでいや楽しみ。
 ガリ勉な妹(夏菜)やお義母さまが上京してきちゃったり、顔をみせない長男の嫁が意外な人だったり、するんでしょうか。いや、して!

 オリジナルでこれだけ書いてくれたら満足だよー…と思ったら、なるほど原作があるんですね。

「熟年離婚」最終回 ☆

 ぐっばい(爆笑)

 本当に好きだった、とか言う割にあっさり去っていった英語の先生。
からかってただけと違うんかい! でも、離婚後の気持ちを明るくしてくれたことだけは間違いないですね。男といる元妻と鉢合わせて、自分が独りとか男連れじゃ惨めだったもんねー。
(でもこの、妻の相手は元同級生と年輩で、夫の相手は若い女なの、イヤだったー。逆とか、お互い同じ条件じゃダメなの?)

 ロック小僧はいきなりイイ奴に。
でも、相談無しに新居決めてるところが激パパ似。そのうち勝手に家建てたり木を植えたり(笑)、旅行と英会話学校を決めてきたりもしそうですが・・・元々プー相手に避妊もしないMな次女、勝手されるぐらいの方がいいんでしょう。

 やしきたかじん(歌手&関西タレント 関西の『熟年離婚』視聴率をあげた男 ^^;;;)が、ずっと気にしていた指輪も、ちゃんと元妻に贈られたものの
「ありがとう」
と言ってもらっただけでヨリは戻らず。まぁ。戻っても困るけど。

 妻も子供達も友好的に去り、『自分の建てた家』で独り寂しく昔を振り返る男・・・・で終わり。こう来たかー。

 最後まで男に酷、女に激甘でしたよね。
元妻のお仕事順調なのはもうファンタジーでいいけど。
「家に戻っても」
が、単に新しい生活が不安って!どんな安易な気持ちで離婚だよ。せめて次女の出産が理由にならないのかよっ(その後も、パパの世話は気にしても次女の初産は長女すら気にせずだっそりゃないよ)
・・・世の母に、子供の出産里帰りの世話は喜びじゃなくて重荷ってことなんでしょうか(^^;;;) 

 ホンジュラス行くならスペイン語習わなきゃ。そこでまた猛烈アタック受けちゃったりしてね。
 でも春にスペシャルでその後を描くとか、止めてね。ぐっばい。

「熟年離婚」8 ☆

「私、この家に帰って来ちゃいけないでしょうか」
お父さんと同時にツッコミいれてしまいました。どの面下げていうかね、それを(^^;;;)
来週の説明が楽しみというか、なんというか。

次女の結婚と彼氏デビューの兼ね合いも、いきなり美談でまとまっちゃって安心するより腹が立ってしまいましたよ。
「デビューの話壊れたから結婚できる」
…さすがにそれは、言い訳なんだろうけど。
その前の態度が酷すぎるのに、いきなり改心して信じろと言われてもね。こんな男、デビュー話がないならますますお断りでしょうが!!

家族の一員にあっさり復帰の善三さん、あることないことまたベラベラ喋ってました。元からその為にいるキャラなんでしょうか。こういうところ浅くてこのドラマ辛いんですよ・・・。

「熟年離婚」6,7 ☆☆

 正式に離婚して、主人公の生活やっとカタがついたと思ったら・・・・長女夫婦の騒動です。

 自分たちが離婚してるのに、オマエはするなってそりゃ、説得力ゼロ。
かといって、さあしろすぐしろな松坂ママにも首を捻りました(あそこまで強く言われるとかえってひるむ、という計算ならさすが母親??)

 そんなわけで、善三さん浮気。
 西村さんは素敵だから、若い娘が惚れたのはわかるし(^^) 家庭での尻に敷かれっぷりも見事でしたので、浮気の動機もまぁわかります(^^;;;)
でもてっきり一回の火遊びを、これからするのかと思っていたのに・・・深い仲になって結構長い様でした。おやおや。

 妻の両親が離婚バトルで、女性問題があるなし言ってた時の善三さんはどうしてましたっけ?不倫してたなら精算するタイミングじゃないですか。それがウキウキと密会って。
 この辺の無神経さや、『妻のボロ鞄』『愛人に新品』という露骨な対比、堂々事務所に迎えにきてバレるという粗雑さは品が無くてどうかと思います。・・・・女が奥さんとバトル希望だとしても、そう決心したきっかけぐらい欲しいじゃないですか(普通は妊娠だけど、そのカードは次女で使っちゃってるしね)

 で、バレたら即お別れしたのに、押し掛けてくる浮気相手。
いくら西村さんが素敵でも(大事なので2回いいました ^^;;;)、ここは渡パパにアタックの真中瞳と同じくらい思ってしまうのが
「どうしてこの人なの??」

 ついでに善三さんの叫ぶ
「お前じゃなきゃダメなんだ」も、軽いわー。
普段ボロクソ言われてたけど、お弁当にはいつも気遣う手紙が添えられてたとか、靴だけはピカピカに磨いてくれてたとか、何か、何かないんですか、愛が!!!

 役者萌えでスミマセン(^^;;;)
でも、こういうところを細かく描いてこそ、不倫は無くても壊れてしまった親夫婦のありかたが見えてくるんじゃないでしょうか。子供が泣いたから復縁、じゃそれこそ成人したら離婚じゃん。

 見ていてつまらないわけじゃないんですよー。身近でも結構話題になってます。
でも、高視聴率のワケはドリームですよね?

 お仕事順調な松坂ママ。留学を勧められたけどお断り!!
義母の入院先まで追いかけてきて、君には才能がとか口説いてる社長!
そんなわけあるかい、とついツッコミたくなるんです。でも仕方がないか、離婚の理由だけじゃなく現在までリアルだったらお茶の間で見られないですものね。

 長男長女の家庭が治まって、来週からやっと次女問題本腰の様です。
その順番もおかしいと思うわ。妊娠ってもっと大騒ぎじゃないの??

「熟年離婚」 〜5  ☆☆

 やったー、とうとうババアが出ていった(^^;;;)

 田舎から出てきたお祖母ちゃん(渡哲也側の母)
 一応最後にはヨメの真意も理解して身を引いて(?)くれましたが、それまでの2話分はもう不愉快で不愉快で。
事情も知らずに口は出す、説教たれる、嫁の陰口叩く。息子自慢のくせに、当の息子の選択にはぐちぐちねちねち・・・・。
 せっかくの『無口なオトナ』渡哲也が、『言い訳も出来ない洟垂れ小僧』に見えちゃうんですよー。

 しかもそれで、虐げられてたヨメの株が上がるわけでもなく。
松坂慶子ママへの好感度も下がる一方。
だって変だよー。別居もして、離婚を希望しながら職場で夫の姓をなのり、会えば「お父さん」と駆け寄る女。旧姓使おうよ、呼び方も考えようよ。

 逆に子供達のピースは上手く動いてきた感じかな?
シングルマザーとつきあっている長男。彼の『男かくあるべき』像は、まるきり父親。
「昔父さんが教えてくれた」その通りに生きようとしている息子には返す言葉がない父です(んな、バカ正直な・・・と見てる側としては思いつつも・笑)
その長男の恋人につきまとう元夫に、
「相手を想うなら好きなようにさせてやれ」というお父さん。その言葉もまた、そのまま自分に返ってきている。
(ってことは、お父さんはお母さんをまだ想ってることとイコールでもあって、切ないですね)

 ヨリを戻すかも、と計画された「結婚記念日」パーティーの席上で、ついに記入捺印済み離婚届を差し出すお父さんなのでした・・・・。

 で、コミックリリーフになってる西村さん。
男勝りな高嶋礼子に完全に尻に敷かれてる優しい亭主です(ちょっとノーマン@「ドレッサー」)
でも「仕事してるときはちょっとカッコイイ」なんて言われてると思ったら・・・・次回は浮気騒動らしいですよ!!きゃ〜。

「熟年離婚」1 ☆☆

 うー怖っ 主人公の夫婦2人並んだところが、実家のパパンとママンかと思うぐらい似ていて、じゃすみん個人的に怖すぎです。美男美女なところ(笑)だけじゃなく。

 旅行の予定を父が勝手に決めるのも、レストランのオーダーは俺が決めてやるってのも、我が家では当然のことで(^^;;;)、学校休まされたり食べたいもの頼めなかったりしたもんです。そこで声高に文句言えるのは3人兄弟でも私1人でね(さしずめ高嶋礼子)、姉弟と母はとりあえず我慢しちゃうんですよ。

 この物語の奥さま(松坂慶子)も、ずっとずっと耐えてきたけれどついに限界だそうで。よりによって円満退職のお祝いの日にいきなり、離婚を切り出すことに。
 何とか止めようとする子供達に、泣くでも喚くでもなく、天気の話みたいにふんわりと どこがイヤだったのか語る様子が 堅い決心を思わせてまた怖いんです。
 仕事も決まって、1人で住むマンションも探してる。こりゃ本格的ですよね。

 文句の1つ1つをとりあげちゃうと、一戸建てよりマンションが良かった。海外旅行は行きたくないetc。良いご身分だよってなっちゃうんですけど、問題は
「何一つ相談されなかった」
「価値観をおしつけて」
という部分なんでしょうね。
嫌がられているのが、主人公の愛情や思いやりだ、というところが切ないです。

 横でみているツレも、夫(渡哲也)が私の父に見えて仕方がないらしく、すると自分が結婚を反対される長男やら、長女(高嶋礼子)の夫(西村雅彦)やら、とにかく叱られる人のポジションに嵌ってしまうそうで・・・1時間終わったら疲労困憊です(^^;;;)

 もっと若い夫婦の離婚の危機なら、雨降って地固まったり、妊娠が発覚して収まっちゃったりってこともあるのでしょうが、この話はどうなんでしょう。ハッピーエンドはあるんでしょうか?

 自分の意見を主張しなかった奥さんにも原因はあると思うんだけどなー。
 勝手に計画もオーダーもしてくれる人と暮らすのは、実は結構楽ちんで快適ですもん。どうしても譲れないラインさえ修正できればいいんですが、我慢する人はそこも我慢しちゃうから辛いのかなぁ。

 そんなわけで、つまらないワケではないのですが、身にせまるものがありすぎて 楽しめなかったかも(^^;;;) 夫婦のこれからは興味あります。

 そうそう、途中で出てきたECCが、怖いところになっていて笑いました。一歩足を踏み入れると立ち食い中のガイジンに囲まれる!!ツボか教材買うまで帰してもらえなさそう(^^;;;)

 お目当ての西村さんは、なよっとした役作りで女房の尻に敷かれているのがいい感じでした♪対する高島礼子が、サバサバっと男らしいのもまた素敵で♪(恋人時代が想像できないなぁ)
 事業の金策に、義父さんの退職金をあてにしています。それで揉める話もありそうですねぇ。

「マザー&ラヴァー」2 ☆☆

 わかった。この男の問題はマザコンじゃなくて・・・莫迦なところ!!!!笑い

 お母さんが好きなのはわかったからさー。いいレストランで食事の途中に、いきなり居なくなるのはやめておくれよー(涙)花なんか、デートの前か終わった後に、それとも明日渡せばいいじゃないのさー。

 でもねぇ。大事なのはこの、一途に一生懸命なところだから。

 自分のことも真っ直ぐに愛してくれると思えば・・・・ああ、莫迦でも許してしまうかも知れないわ、私(だから、ダメ男に弱いんですって)
 本当言うと、途中で電話ぐらいしろよとか。バイクにぶつかったら病院に行こうねとか。
 親孝行したいなら早く定職につけよっとも思うのですが。
仕事で疲れて帰ってきて、あんなお莫迦さんが「ご飯作ったよ!!」と笑顔で出迎えてくれたらどんなにステキかしら〜。うっとり。

 アイロン掛けしながら楽しくみましたわ。見逃しても哀しくないけど、TVついてたら楽しく観れちゃうかんじです。篠原涼子がいいよね!

「マザー&ラヴァー」1 ☆☆

 ターゲットは「お母さん」でしょ?
 坂口くんがお母さん(松坂慶子)を想い、気遣い、大事にする度に
「ああー、こんな息子が欲しいわぁ(うっとり)」でしょ?

 かくいう私も似たようなもので、篠原が「きゅん」とするのと同じタイミングで、なにやら来るものがありました。坂口くん、可愛い!お金がないところがますますいい!!時々吠えるのもいい!!

 ・・・でも、だからってこの先の物語はどうなるっていうの?
 金子くんや篠原といった芸達者にウケてもらって、場面場面では坂口くんのキャラが活きてるけれど、劇団の場面や酔って1人で長セリフになると・・・・・見ているの辛いし。
 これをピアニスト美人母でなく、八百屋の肝っ玉母さんでやってくれたら、もちょっと違ったのになー。

「きゅん」の理解できないツレには、まったく意味のない1時間だったようでした。

「人間の証明」最終回 ☆☆☆

  暑かった夏が終わりました。
で、懲役20年?? 身勝手に2人も殺しといて、たったの??

 詩は朗読しても、自分のことには寡黙な棟居さん。
父を殺した男をみつけたけれど、殺さなかったってちゃんと言ってやればいいのにー。そういうことは黙ってるんだもんなー。
 それでも、郡恭子が落ちました。
 幸せイッパイに育ってきた男だったら、出来なかったんでしょうね。その前に、そもそもこの事件にここまでのめり込むこともなく。

 ジョニーの熱演に、胸を打たれました。毎週小出しに馴らされてきた成果です、
母親がジャマに思っても、子供は親が好きだなんて・・・・別れて育ったから余計に思慕も募っただろうに。可哀想なジョニー。
 そうかだから、必死に整形して日本人顔になろうと(いやもう。それはいいから)

 ラスト、カタカタと打ち出される登場人物のこれからが穿ってましたね。
夫と愛人、もう二度と会わないんだ・・・・。ええっ棟居を結婚させたがっていた部長、自分は独り身だっけ??
 そんなふうに一生を語られた人もいるのに、棟居や桐子ちゃんの将来はせいぜい5,6年程度先しか教えてもらえませんでしたね、。
 2人が、じゃなくていいから。誰かと幸せになったと書いてくれてもいいのに。

 逮捕された郡恭子も、逮捕した棟居も。その他事件に関わった人達も。
共に過去と向き合うことで何かを乗り越えて・・・マイナスがゼロになるぐらいには、幸せになれたのかなと想像してみます。

「人間の証明」9 ☆☆☆

「お前はいつも五月蠅い!」には拍手喝采(^^;;;)

でも、棟居の父が殺されるきっかけを作った女=こおり恭子だった! ・・・は、やりすぎでしょう!!どんだけ世間狭いんですか??

 ただ救いは、刺青男の時もそうですが裏付けがないことです。棟居独りの思いこみとしてなら、そう見えるのはアリかと思います。(次回冒頭のナレーションではきっと断定口調だとしても)

 恭子の娘の言葉「おかあさんを助けて」から、ジョニーの行動を考え直す棟居。
刺されてるのに・・・・お母さんを守るために必死で遠くに逃げて、必死でパスポートを捨てて。ジョニーったらなんていい子なの(><)
バカ息子や棟居には「心がない」と言われている母なのに、不思議に慕われていますね。どうしてなんでしょう。

 多分、実の母も火事で殺しているこおり恭子。ついに逮捕でしたっ。
金田一ものだったら最後に毒あおりそうな堂々たる悪女ぶり。さて、どんなラストに締めくくってくれるんでしょうか・・・・。
 棟居くんは、本読んで可愛い奥さんと暮らせるようになるんでしょうか??
 愛人と本夫コンビの行く末も気になります!!
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ