ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

松井珠理奈

「死幣 ~DEATH CASH~」1 ☆

なにがなんだか。

大阪ではやっと始まった深夜のドラマ。主人公(松井珠理奈)の周りで、よく人が死にます。それもかなりエグい事故が至近距離で起き、血しぶきまで浴びちゃうレベルで。なのにそれが、夢なんだか巻き戻ったんだか、とにかくやり直せて体験済みの場面では命を助けられる時があり、しかも話を聞いた妹が
「また?」

といなすほど、何度もあったことのようですよ。
でも女友達の自殺を発見した時も、先輩がピタゴラスイッチで串刺しになった時もその巻き戻しは起こらすに、頭のおかしい刑事(戸次重幸)に犯人扱いにされます。特に後者の事故では直後に駆け込んできて
『お前がやったのか?』
って、いや、通報もしてないのにもう居る貴方こそ、罠を作ってた犯人じゃないんですかw すぐそばで鉄鎖をも速攻で溶かす無臭の劇薬がだだ漏れな状況、そっちに突き飛ばす方がオブジェの剣で刺させるより簡単じゃありませんかw

で、そんなヒロインの不幸体質とは別に、タイトルの<死幣>死を呼ぶ紙幣の都市伝説がありまして……。カネカネカネと切望する人のところに現れて、でも使っちゃダメってそんな酷なw 使うとお札の肖像の目から血がしたたって……非業の死を遂げるんだってさ。
女友だちは整形で、先輩は起業でその死幣を使っちゃった様ですけど。
なんで都市伝説だけで勝負せず、超能力を絡めちゃったんでしょう、ボケますよね。警察が犯人を決めつけたがるのも、それなりに理由があるのかもしれないと思えてきたり……。
ツッコミどころは気になりますが、最後まで見届ける義務もないのでねえ。

あと気になったのは、我が家は字幕表示つきで<死幣>の字をみながらセリフ聞いていますけどね、普通は音声だけで<しへい>と聞くわけでしょう。紙幣と死幣はイントネーションを変える演技指導をするべきなのでは。 

「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」1 ☆☆☆

謎の竹野内豊押しw

美人・キャリア・アラフォーは恋愛弱者!
美人はダメなのかー、美人でもキャリアでのないただの主婦としちゃ溜飲下がります。独身視聴者の方だって『そっかー私美人だからかw』と悪い気しないのかも。うまく出来てますw でも実際に美人でキャリアがあってアラフォーで独身の中谷美紀に、よくぞオファーしましたね(^^;;;;)


で、美人で開業医で39歳の橘みやび先生(中谷美紀)は、同窓会をきっかけに婚活を意識することに。
正確には、同窓会流れの女子会で寄った割烹の店長(藤木直人)に『恋愛弱者』呼ばわりで喧嘩を売られ『お前は結婚できない』と断言されて反発。楽勝のつもりで行った結婚相談所では現実を突きつけられて絶句するのでした。
アラフォー女子の5年後成婚率は、2パーセント!
そんな時、同総会は会えなかった、高校時代好きだった桜井くん(徳井義実)に再会してトキメクみやび。

同窓会、私ももうすぐありますけど、女子校だとこんな甘酸っぱくなりませんw 高校時代の楽しかった思い出もキラキラしてていいねえ、いいねえ。当時の2人を演じる若い役者さん(健太郎&松井珠理奈)もいい感じ。

二人きり、ちょっと夜遅くにおしゃれな和食……と、わざわざ揉めた例の店に行くって、デートの相手ぐらいいるのよって見栄もあったのでは。で、教本通りに気がきく女を演じ、可愛く聞き役に徹し、ちょっと気を持たせるようなことを言ってみる。
完璧じゃない?とほくそ笑むみやびに、店長がつぶやいたのは……

「終わったな」

えええええええ、なんでー?
実はみやびと同じマンションに住む店長、じゃあ自分はどんな恋愛/結婚をしているのやら。
そして案の定「友達で」とわざわざ告げてくる桜井くん。
重いのか、結婚を意識するアラフォー女は重いのか?
いやいや正解はなんと『必死なアラフォーはキモいから』ってw ひどいw 確かに恋愛教本は20代向けに書いてあるでしょうけどねえ。

翌朝、仕込み中に怒鳴り込んだみやびに、店長が事細かに再現フィルム付きでw解説する、こうすれば良かったトークは、なるほどオシャレですて……き?ホントに? 
序盤こそ、うなづいてるだけの昨夜のみやびよりこっちの方がいいやと思えましたけど、 段々鼻についてきましたよ、ドラマじゃないんだから。ってドラマかw

挙句、昔の失恋が恋文の届け間違いと今更わかるオプション付き。あーあ。ちゃんと宛名を描こうよ、宛名を!
で、この先もずっとみやび先生のターゲットは桜井くんで、店長が落とし方の指南をするのでしょうか。

『男は』と十把一絡げで語りますけど。たった一人の好きなひとが、自分がよかれと思ってすることを喜んでくれたらいいだけなのにね。まあ最終的には店長とくっつくんじゃないの。

これだけだと年齢が高すぎるぞと、絡むフリーターの若造(瀬戸康史)。落ち込むみやびを抱きしめて慰める?おいおいおい。店長の背景に関わってくる模様です。

タイトルから想像する10倍楽しかったですよ。

店長が主張する『男のニーズ』が実像なのかはさておき、脚本金子ありさはそう思ってるという恋愛模様の機微がズバッと解説されていくわけですよね……と思ってたら、えええ、原作があるのこれ?しかも「夢をかなえるゾウ」のひと?うわあ、胡散臭いw
気軽なネタドラマになりそうです。


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ