ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

東幹久

「フリンジマン」~最終回 ☆

なんだかんだ、最後まで見ましたよorz
そして結局誰も愛人できなかったじゃないですかw コンプライアンス遵守w
毎度、愛人原石の見分け方だの女性を口説くテクニックだの、女性からすると笑止千万な戯言はいてましたけど、真面目に怒るようなドラマでもないしw どんどんとゲストもふざけてきて、料理教室の生徒全員が愛人だっていう毒蜂料理人バズコック(東幹久)、それに対抗するために教授が呼んだドクター森鴎外もとい森尾凱(村上淳)はメキシコ出身かという出で立ちでギター持って登場ですよ、もうなんでもしてw

最終回、教授の愛人リストを手に入れたと勝ちほこるバズコックの電話がつながる先は、雀荘や愛人同盟メンバー。こりゃあ教授も、愛人愛人とは口だけだったか?と思ったのですが。そこはバズコックの愛人を寝返らせ、偽リストを準備していたのだとか。
「教授は、あなたより優しいの!」
来たー、最終回途中で通りかかっただけの息子が『絶対だれか「この人の方が優しいの!」とかいって裏切るだろ』と予想したセリフがw でも誰も予想できなかった筈なのが、バズコックが教授を目の敵にする理由!
「俺の母親を愛人にしやがって!」
お、おう(^^;;;)
未亡人なら不倫でもありませんが、息子はそりゃ嫌ですよね。てか教授の守備範囲の広さよ。それも、そこに愛がない故か。

愛人づくりハウツーだった今作ですが、本当にドラマ通り実践した視聴者なんていませんよねえ(^^;;;) 反面教師で、ああやっぱりダメだ、家庭を大事にしようと思うものなんじゃないのかな、ねえ、お願いしますよw

そして愛人同盟の活動のせいだか左遷された教授は、ど田舎でもキャリーバッグをコロコロ。農作業中の女性と見つめ合い……愛人づくりは続くようですw 

「OLにっぽん」最終回 ☆☆☆

株式会社SOMU(SUMOじゃないよ)起業。
惚れた腫れたより終身雇用!お仕事のドラマをお仕事で締めくくりつつ、ほのかにラブも成就の兆しで嬉しいラストシーンでした(^^)
悪者元上司達にも、クビになって落ちぶれるような仕返しラストは用意していない(せいぜいピーナッツぶつけるぐらい笑)、悪人のいない『優しい』ドラマでしたね。

前回小旗がクビになって。
てっきりもう失踪から始まるかと思っていたら、一夜のデートとは!!
パチンコしながらのチラ見も、立ち飲み屋でも、公園の酔っぱらいでも、間近の島子を嬉しげに恥ずかしげに見つめるチビ太のまなざしがもう……甘酸っぱくて直視出来ませんでしたよ(><)
挙げ句肩にもたれられて、勇気をふるって告白……したのに、寝てたのかよ!は、定番のボケですが。
直前までの会話、
『世界を変えたきゃ、貴女が変わるこってす!』
はきちんと覚えていた島子さんでした。酒強い!

総務解散式の後、”一緒に日本で働こう”という島子と、”一緒に中国に”という小籏。
手を握りも愛を語りもしてないけど、とにかく共に生きたいと思っていた2人。これには、抱きあったりされちゃうよりもじんときました。
このまま痴話喧嘩でフェイドアウト→1年後には夫婦漫才で共同経営でも、誰も文句はいわなかったと思うのですが(笑)この場では互い折れずにもの別れ。
その分、1年後の再会は盛り上がりましたね!主題歌
”めぐり会えたのはきっと、運命”
がぴったりでした(^^)
(それにしても、”きっと”で始めた文は断定で終わって欲しい。”かもしれない”なら”もしかして””あるいは”始まりでしょう!!語呂が良くて口ずさんでしまうけど、ずーっとずーっと気になってました!!!)
日本に裏切られて傷ついていたチビ太が、”優しい日本人”を信じてみようと思うまで……彼が世界を変えたいと思うまでに、一年かかったんですね。
…それとも、浅野部長じゃないけど倒産せずに続くのか、見極めてた?(^^;;;)

部長といえば、小旗クビの真相を島子に告げた時の
「犬死にやね」
の迫力。(トイレ発言を真に受ける島子も素直すぎるけどさー)女優浅野の引き出しを見せてもらいました。かと思うと、SOMUが4Fで「階段??」とぶつぶつおばさん丸出し(笑)いいキャラでしたよね。
「ギラギラ」佐々木蔵之介の物まねや、退職都留くんの初歌仕事が戦隊アクションヒーローだったりのお遊びも楽しかったですよ。「ドライヤー」の歌が凄い(笑)更にそれを真似る小旗も不必要に上手い(笑)
そして総務それぞれのその後もありがちながら、キャラのたった脇役に愛着があっただけに、良かったなーって気持ちになりましたね。

よーく考えると、企業は何も変わらず困らずそのまま……
文句があれば出て行け、残るなら従え、のままなのですが。植木等亡き今、そんなものなのかな。
島子も、業種も言わずに「居心地のいい会社」にしたいって、なら「家庭」でいいじゃんとツッコミつつ。働いてたら、家より長くいる場所だものね、会社。

途中、恋愛ものかと思わせたりと焦点がぼけてた構成が惜しかったですが。
井上芳雄君(山崎樹範似)を覚え、阿部サダヲの魅力に改めて目覚めた楽しいドラマでした!


1話 2,3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話

「OLにっぽん」9 ☆☆

ついに!神崎島子を守るため、クビをかけて大演説するチビ太!!愛だわ。
(島子が退出済みなのがミソ。でも”会社のおふくろさん”扱いじゃ、本人聞いても感激するより怒るかもしれません……^^;;;)
そこに至るまでも、島子心配のあまりの涙目8割で子犬度アップ、キュンキュンしてしまいました。エリート社員→廃人の場面も、なぜかちょっと笑えつつ、私も何か食べさせてあげたいー。

しかし、冒頭の告発FAXはほったらかしですか??
一体チビ太に何をさせたくて(orさせたくなくて)告発なんて??
周りは悪口は言いたい放題でも、チビ太収賄には誰も興味ナッシング。いっそ島子との徹夜レクチャーを激写して「熱愛!」の方が余程波紋を呼んだのでは(笑)
朝比奈が破談の腹いせかと疑われたりして(^^;;)
イヤそれとも都留くん。
いっそ大穴で、チビ太の上司の中国美人さんはどうだ!今時手間暇かけて切り貼りなんて普通しないって!(まあだから、犯人はオヤジ共なんでしょうが)

また歌う都留くん。だから歌の道に戻りたいなら誰も止めてないから行きなさいって。今更また島子に告白って、あんたこのタイミングに他に悩むことはないのか、せめて退職の話題とかじゃないのかー??とぶっ飛ばしたくなりましたよ。

今までのゴタゴタを活かしての対中国レクチャーは、なるほど面白い展開でした。
でも、休日に会議室を利用する光熱費警備清掃&総務課の休日出勤代(←これが一番大きそう)を考えると、ペイする気がしません。
おまけに、社内でも営業相手に役に立っちゃいましたって……!! 通訳も使わずタブーも調べずに商談するレベルの会社だったんかい(><)がっくり。

そんなわけで、チビ太ファン的には楽しく萌え萌えだったのですが、お仕事ドラマとしては今回は穴だらけだった気がします……。
あんな子供の遊びみたいな組織図を証拠に”背任だ”って息巻かれても(^^;;;)
なのに島子は仕事しか頭にない状態。
ちょこっと誰かに妬いてとまどうとか、島子の気持ちもちょっとは出てこないと、恋愛ドラマにもならないわ。

来週は消えたチビ太を追って中国ですか??
見つけても、早速口げんかしてるところしか浮かびませんよ。

1話 2,3話 4話 5話 6話 7話 8話

「OLにっぽん」8 ☆☆☆

恋するチビ太は今週もメロメロ(><)分かり易!
しかも都留くんも、島子さんだけ見つめていたりとラブ丸出し。かと思うと婚約破棄の朝比奈課長は何も引きずらず、着飾った中国娘達に「キレイだ…!」で、誰もつっこみ入れませんからね。困った人達です。

異動を命じられてる総務の面々。
前回でそれが解決しなかったのにもちょっと驚きましたけど、今回もちっとも異動そのものを取り消そうという動きはなくて、最後の思い出作りに「社内運動会」を実現しようと走り回ります(^^;;;)
億の金動かしてる営業も細かい経理も最終的には協力してくれて(文字通り「骨折って」くれちゃったけど!)雨降って地固まる??
一人危機感持って仕事仕事仕事、の部長は胃潰瘍で入院&離婚の危機に。
でもそれも雨降って地……なのかな??
いろいろ無理矢理なんですけど、まあいっか。

運動会準備に見舞いに予防接種にと、今回も他人のこと無駄だらけのことに走り回るOL島子。
もっと上手くやれ、とつい口を出す小旗に
「無駄なことなんて 無駄な人なんていない」
とピシャっと言い返す島子は確かに男前だったし、それを受ける小旗のまなざしは、ほろ苦くも賞賛と愛にあふれててこっちが切なくなるいい場面でしたが……
えーっと、マニュアル作りは大丈夫ですか。

何しろ、1話ではどうして化粧して仕事するんだ?とか言ってたヤンヤン達が、桜の服でスッカリ今時のOLに変身ですもん。
「仕事への一途さをなくしたら、ただの日本語が下手なOL」
と説教する小旗がまるでお父さんの様で、無駄口以外もたたけるんじゃないの〜とそれはそれで萌え萌え(笑)
1話では強引中国娘に感化されて島子すっぴんでしたけど、『マニュアルに書けないこと』に興味を持ちだした彼女達が、今度は小旗がとまどうほど日本式に馴染んで来ている。異文化交流ですねえ。

メガネの紅葉さん、中国語で爆発。
中国語出来る人を使ったのはこれだったんですねー。
この場面も、内緒話の筈が突然中国語で怒られて面食らう小旗が可愛かったよね!!
うんもう、小旗が出てくるだけで嬉しいからドラマとして出来がどうとかよく分からないです(^^;;;)

次週は、小旗が中国へ渡った理由が描かれます!
犯罪??収賄??ああ楽しみ過ぎる(><)


<追記>
どうでもいいけど、さっき湖池屋のリッチカット(阿部サダヲ)のCMに続いてVISA(観月ありさ)のCMやってたわー。

1話 2,3話 4話 5話 6話 7話

「OLにっぽん」7 ☆☆☆

「人は宝だ」 いい言葉です。

この前から名前だけ出ていた反対派生田部長(小野武彦)ついに登場。
ずいぶん大きな会社だというのに古き良き濃いおつきあい。こういう面倒見のいい上司、上も減ってるししたもそれをいやがる様になったしで、絶滅寸前なんじゃないでしょうか。
なぜかリンリン達まで一緒に旧社屋の整理。
「社員は宝だ」と書いた創設者なのに、その額がうち捨てられている。もう社員を大切にはしなくなってしまったことへの皮肉とだけ受け取っていたのですが、「社員」を「人」と書き改めることで、派遣も研修生も社員も区別なく手を取り合う希望が見えて来る。
いい場面でした。
(チビ太はなんで暴れてたの?あの額を探していたようにも見えました。元この会社の社員ってことはないよねー??)

野呂さん書道2段。そうそう、字の上手い人って重宝なんだよね(^^)定年退職のレベルといい、久しぶりに恋より仕事の濃度が高くてマニュアル作りを思い出した回でした。
しかし母がみまかったとしたら、忌引きの連絡以外に総務を頼ろうなんて思いもしませんでしたよ。いろんなことするんですね総務。
ホントにこんな仕事、外注で大丈夫なんでしょうか。

北京だ富山だ稚内だと、アチコチ支店に異動通達でキレて有給消化の総務の社員達。それぞれが迷って、やっぱり会社に戻ってきて結束が固まる。7話じゃ遅いというか、今まで文句だけ言って身のふりの心配はしてなかったんですかとツッコミたくはなりましたが、
自分のことより島子が気になる都留くん(歌わない 笑)
怒られてリストラの事実を知る桜ちゃん
リアルに面接いってる紅葉さん
美人のムスメッチに何も言えないパパッチ野呂さん
それぞれの描写は楽しかったです(あれ?朝比奈課長は??)


それにしても冒頭の小籏さん、婚約解消が嬉しくて絶好調(笑)
島子には他人の不幸が嬉しいみたいに思われて、掛け合い漫才は絶好調でも恋はまたすれ違っていて不憫です(><)

1話 2,3話 4話 5話 6話

「OLにっぽん」5 ☆+☆☆

傷心の小籏に胸キュン(><)キュン死☆☆

正直ホステス暴行事件は唐突で、容疑社員への「さすが柔道3段!」は説明臭くて笑いましたが、そいつが島子の同期だったところはなるほどでした。おまけに島子を背負って(!!)歩ける高身長。
かいがいしく着替え用意したり、昔の思い出語ったり、いい空気漂ってる2人の間をわざわざ割って通って喧嘩売り出す小籏さんったら、もう(><)
挙げ句、島子が都留くんに抱きしめられたことまで(目撃であんなに落ち込んでたのに)自分から持ち出して大げんか(笑)

「チビ」だの「小さいオトコ!」だのはともかく、日本の会社を追い出されて中国に行ったんだろう、はあからさまにNGワードでしたよね……でも、よりによって婚約者さまご登場で、口げんかを止められたことの方が更に辛そうだったのがもうキュン(><)
「仕事も恋愛も同じ、失うと思うと絶対に手放したくなくなる」
のあたりでは、そのまま告白でもするかと思ったのに、そういうことは全然素直に言えないんだから。キュンキュン〜
夜の街さまよう小動物、拾ってあげたい〜

中国では「喧嘩しないと仲良くならない」というそうで
和風なら「喧嘩するほど仲が良い」
言いたい放題の2人に、さすがの朝比奈課長もギクシャクした自分とのつきあいを不自然に感じてきた模様……。予告では、なんとあの温厚な人が島子に怒っていましたよ。なるほどそう破局するの?と、何も悪くない課長にはかわいそうだけどワクワク。

前回今回と、社内のアウトソーシング反対派を描くばかりで中国人社員はまた影薄かったですねー。ただ、自分たちを庇う島子から、”会社のため”に謝罪することを覚えた様子にはちょっと感激しました。
それを見て、あわてて自分も頭を下げる美波ちゃん。
そっかー、外国人を描きつつも本当に変わって欲しいのは、日本語を知らず、やる気なく、”あたし悪くないしー”と連帯を否定する今時の新入社員ってこってすか!

結局事件は言いがかりで、小動物がまた顔に青タン作って納めて来ましたよ。
そのすっごく強くて説教もしていった”中国人”が誰なのか、ブルースリー真似はしても
「チビだった??」
と訊ねなかった島子。気を遣ったの??(笑)

ところで美波が「○○アルヨ」と連発してるけど、中国の人誰もそういってないよね(^^;;;;)

1話 2,3話 4話

「OLにっぽん」4 ☆☆☆

島子の段取りパワーが炸裂!
でも……婚約祝いパーティー当日でまだ会場未定がそもそも酷すぎるし。主賓自らが会場予約して告知チラシ作ってる図は間抜けかも(^^;;;)
そんな気配り島子さんに惚れた課長さんはといえば、差し出す婚約指輪は半年も前から勝手に購入済みでしたよ!!ヒー、怖い、怖いよこの人ッ 式場巡りもなぜ一人でするんだ(><)

そして島子さんは、挙式だの両家顔合わせだのと日時の段取りばかりに熱心。
そんなことより、結婚には「愛」でしょう?? とハラハラしていたら、ほら、後輩に抱きしめられちゃいましたからー(目撃するのは小籏だし、課長はとことん蚊帳の外 笑)
モテモテだけど島子さん、リストラ部門の課長に、背任行為でクビ寸前の後輩に、怪しいコーディネータにって、誰を選んでも苦労しそう……。
どっちにしろ共稼ぎしてればいいのにねー。
あとなんだっけ、”中国では割り勘にしない”のか、ヘー。

そんな豆知識ばっかりで、今回も中国組の仕事ぶりは表に出てこない回。
都留くんの熱唱もあってますます影が薄かったですね。
私は恋愛模様と阿部サダヲで十分美味しくオカワリいただけますけど、アウトソーシング云々に惹かれて見始めた人には辛いかなー、それとももうそんな人は残っていないかな(^^;;;)

秘密ノート、美声(「ヤーカーマーシイ!」いわれようとも 笑)拳法道場、弁当「マズーイ(^^)」etc
小籏さん楽しいー。来週はそんな彼の昔話が披露だそうで、またまた楽しみです。そしてアウトソーシングとリストラは更に迷走か??

1話
2,3話

「OLにっぽん」2,3☆☆☆

チビ太もとい小旗さんに激萌え♪

2話は全部伏線だったんですね。
ルールを破った中国人すら守る”甘い””優しい”神崎さんが、仲間の日本人をリストラ出来る筈がないでしょう!!どんなに無能でも。

挙げ句、私が辞めます!な逆ギレは予想通りでしたけど、プロポーズを受けて『寿退職』だとはー。勇み足過ぎてびっくり(予告はほら、ミスリードだとばっかり)
それを聞いて荒れる阿部サダヲ@小旗さん。きゃ(><)
それが恋故か、仕事なめてんのか的憤りなのかは脇に置くとして、翌日きっちりお祝いの口上を述べる皮肉な口調でまた萌え。
だよね、そんなこと意味あると思えないよね。
これから伸びる、と部下を庇うけど来週には自分から辞めるかもしれないよー。庇われたこと自体がプレッシャーで耐えられないかも。
そんな温情をかけるぐらいなら、任せっきりにせずに途中で仕事をチェックするべき。

とかとか、ドラマだってのに「仕事とは」およびカルチャーギャップに言及してお茶の間大盛り上がりです。
たかが座席で怒る営業部長の、ケツの穴が小さすぎる!のは満場一致(笑)でもねえ。
部下に任せたのは「信用」したからだ、
それが日本人だ、とかいわれちゃうとよくわかんないなー。アメリカンに育ってるもので。

別ドラマのハウスクリーニングでも、鍵もかけずに金をおいた部屋に他人を入れるのがバカなんで、帰る前に身体検査もせずに良くも恥ずかしくもなく苦情を言えるもんだと言った時にも言われたわ、それが日本人だ!って。そうなんですか??

やったら嬉しそうな課長にはかわいそうだけど、この寿退社は実らないでしょうねえ。
で、結局誰が辞めることになるのか??ありがちだけど、会社全体の危機を迎えてうやむや、とか?『みんなで頑張ったら、誰も辞めずにオッケーになりました♪』なんてヌルいことになりませんように。
そして神崎×小旗がくっつきますように〜♪

1話

「OLにっぽん」1 ☆☆☆☆!

これって中国でも放映するんでしょうか?
……だとしたら、あちらから見たヒロインは日本で頑張る張琳ちゃんで、神崎@観月ありさはただの好敵手なのかも。

と思えるぐらい、神崎は叫びも殴りもドジで大騒ぎもしないフツーのOLさんでしたよ。でも、そんな一歩引いた珍しい観月ありさがとっても魅力的でびっくりです。

今や人事や総務の仕事まで中国アウトソーシングで経費削減。
中国から研修生がやって来る〜。そのマネージャー小旗に阿部サダヲ。


見下してた中国娘に負けて(しかも「ワザト負ケテくれてアリガトウ」orz)街歩きながら静かにダダ泣きって。どんだけ負けず嫌い(笑)
対する小旗はテンション抑えめ。堂々と失礼なところがいいですわー。チビ太のくせに(笑 似てる)

30cm差がありそうな凸凹コンビの応酬にニヤリ。恋のフラグは、超気弱@東幹久(プロポーズしながら凹むってどんだけ^^;;;)の方に一応立てつつ、神崎×小旗もあり?っていうか、恋愛絡まなくてもいいか、この調子なら。

何しろ他のキャラも濃い濃い!大阪弁の上司@浅野ゆう子、日中KY対決部下女子vsヤンヤン他、脇役のキャラが1話にしてメチャたってます。
これだけ揃えたら、オフィスで普通に掛け合い漫才だけさせてても場は持ちそうなものですが。今時の会社事情やら、文化摩擦やら、社会派な外枠も見せてくれてます。
意外に硬派です。
毒物混入だ何だ”困った中国”がメディアを賑わす中で、イヤイヤ日本人が失った「本気」がまだあの国にはある!というスタンスかな。
ラストでヒロインが中華流に、「働く女はすっぴん」で出社した場面には何故かスッキリしてしまいました。

(でも「東京カワイイTV」で見た中国のOLさんは化粧してたよ。ドラマで描かれる中国が、どこまで本当の中国なのかは鵜呑みにしないで見たいとは思いますねー)

そして研修がスタート。
3ヶ月の間に歩み寄ったり誤解したり、和解してはまた対立したりって風に話は進むのでしょうか??
こりゃ楽しみです。

「モンスターペアレント」3 ☆☆

うわー、先生が代わりに給食費払ってた(><)
家庭訪問して給食費回収とか、そんな雑事に出向くより家に帰って答案考えたい!!……で、済むのは未納が一人かせいぜい二人までよね……。
とにかく忙しすぎる先生をどうにかしてあげたいです。

せっかくなのでまた、去年みてきたアメリカの小中学校の話。
カフェテリアのレジに全校生徒名が登録してあって、親が来るか子供に小切手(これが普及してるところが便利)持たせるかしてレジに入金。子供はレジで名乗って毎日精算。残金が少なくなってくると(ネットからも確認出来る)
「No Money!」
とみんなの前で宣告されます。で、事務から(先生から、じゃない)は即日
「お金が足りません、生活保護&給食費支給を受けるならここに」の書類発送。たまたま入金忘れた大金持ち相手でも関係なし。さっぱりしたものでした。

実際、困窮してから給食費の補助制度を個別に知らせるって遅すぎ。入学書類と一緒に周知徹底しておくぐらい。転ばぬ先の杖である必要があるのでは。
(困ってないのに制度を使いたいバカはまた別としてねー)

一人だけ食べられないと可哀想、とか。
子供は知らなくていい、とか……目の前に当の子供がいなくて考えると過保護ですよね。
でも、気を回しすぎるのも問題をややこしくしている様な。そんなの知らねーよ言いたいヒロインの気持ちも分かります。だって食費だよ、贅沢費じゃないもの。子供が登校せずに家で食べてたら、給食費以上にかかるものー。

ドラマでは、本当に食い詰めている家庭のこどもしか特定してこなくて、なんか小ずるい。このタイトル通りなら、宅配ピザの4千円は払っても、給食の4千円は知らんぷりする痛い夫婦の子供こそを、見せないとウソなんじゃないのかなー。

弁護士訪問をきっかけに、その子が苛めに……なんて重たい展開にするつもりはさらさらないってことですよね。保護者側はゲストなんですもん。

過労で休みをとる米倉弁護士。
押しかけて料理までする教育委員会のボクが、”彼氏のホスト”とか紹介されているところ、笑いましたー(^^;;;)関係を疑われて気まずい思いをするとかって、古いのね。
で、また家に食事作りに来いって、どういう関係ー??(子分? 笑)
あと
「お母さんと同じ年!!」 確かに(笑)

「ごくせん(3)」6 ××

これは、スゴイのかヒドイのか??

メンバーが病気の子に恋をした。
その途端に、デート中に彼女が倒れたり親に怒られたり、最後に引っ越しするところまで予見できて以降まるっきりどっかで見た話が続きますよ。それも雑に。

先週の金策騒ぎだって、先輩に借りた5万円がトラブルになるのはみえみえでした。それでも仲間が結束したり金の怖さ親の苦労を学んだりと、いい場面もあり『みえみえ』が即悪い訳じゃないですよ。
でも今回はなー。

入院中の娘さんを、まるで誘拐したようないいがかり。その「いいがかり」「不良扱い」自体はもうお決まりなのでドラマ的には仕方ないですけど。ラスト直前までバカ親に何もいわないヤンクミにはがっかりですよー。
先週あれだけ印象的だった関西弁母さんも、息子の退学騒ぎに現れませんよ??

冒頭の合コン騒ぎもちょっと楽しかったのに、ハイそこまで。
ダブルデートするとか、合コン相手が彼女の元クラスメートだったりとか、ちょっとでも絡めようという意欲そのものが欠片もないよね??
校医さんのアイテム原語本も、こうしょっちゅう置き忘れられちゃ全然大事そうじゃない。

ホント見てて時間の無駄レベルだというのに、チャンネルを替えられるでもなく最後まで家族は見てますよ。全国でこんな感じで人気番組の地位は不動かと思うと泣けます。

「ごくせん(3)」1 ☆☆☆

夜桜きれいでしたね(^^)

ぼけも説教もいつもの通り!
シリーズが続くと、ある意味一番大変なのがこの「いつも」感の持続かも。変にパワーアップを狙ってやりすぎちゃったり、交代人員に納得がいかなかったり。
その点、別の学校に舞台を変えて生徒が変わっても、大江戸一家は変わらない「ごくせん」。不思議なぐらいいつもの通りでした。
しかも、”前の生徒さんと比較しちゃいけない”と、極道のおじいちゃんに言われちゃあ。前のシリーズと比べて生徒がどうだこうだ、言っちゃいけない訳ですねー(でもまだ全然、見分けつかないわ。石黒秀雄くんはどこ??金髪だった??)

今回のプリンスはどうやら、小泉くん。
ロミオとジュリエット……ってことは、どっかの組の跡継ぎですか??

そろそろ、生徒に惚れられる路線はもう無しでしょうか?
再放送してたのをチラ見しちゃったのもあって、熊が出るなら松潤にも戻って来てかき回してもらいたいものなんですけど。どうせヤンクミの恋は上手くいきっこないからいいや(笑)

特に毎回書くかは分かりませんけど、気楽にみまーす。

「鬼嫁日記」×

 ヤマなしオチなし意味なし!!ストーリーってものは無いの??

 あのファンシーな町並み。「アットホーム・ダッド」と世界が重なっているらしく、同ドラマで恋人同士だった幼稚園の先生とスイミングコーチ@永井大がめでたく夫婦として主人公一家のお隣さんに。
 貯金ゼロだったくせに、よく一戸建て買えたなぁ・・・・はさておき。そんなお遊びにも腹が立つほどつまらなかったわ。

 ゴリは頑張ってるよ。小池くんも子役も可愛いよ。
共働きに亭主関白、いろんなタイプの夫婦を揃えてみたのも分かるよ。でもソレを使って何がしたいの??なんとなくTVつけて、コマギレに観るなら悪妻っぷりは笑えるかもしれないけど・・・1時間座ってじっくり観てた私はバカみたいじゃないの。
横で同居人は爆睡。
 ・・・ランチでドラマの話題になったらこれ、『面白かったねー♪』って流れになりそう。そこで黙って微笑んでいられるだろうか私!?ぴーんちっ

 ただ、観月ありさにだけは満足です!
恵まれた上背に、よく通る怒鳴り声w 鬼嫁いけるじゃないですか! 怒り方がキンキンしないのもいいですね。
「美少女」でデビューしたまま、コメディドラマででも美女扱いだったのはもう違うだろーって常々思っていたので。

「NIN×NIN 忍者ハットリくんTHE MOVIE」 ☆☆☆

 いや〜気軽に面白かったです!
 でっかい忍者のほっぺのうず巻きも
変な言葉遣いも大量宣伝で慣れちゃったでござるよっ

 小学生ケンイチ(知念侑李)の家に居候を決め込み、こっそり食事をしようとするハットリ君。
「ごはんはどこでござるか?」
炊飯器なんてみたことないもんね(笑) 挙げ句、家電があっちでピーこっちでカタカタいう度に大騒ぎ。こういうゆる〜いギャグを、ちゃんとオーバーアクションで盛り上げてくれる香取ハットリ君でした。

 ケンイチ君の家って、お母さん(戸田恵子)はずっとビーズ細工(^^;;;)しながら長電話、パパ(浅野@「HR」鰐淵さん)はお仕事、会話ないんですよ・・・。そして友達もいないの。そこに現れて「ずっと一緒に居てくれる」ハットリ君ってとても大きな存在かもと思うのですが……ま、そんなシリアスには当然描写されてません。

 忍者マニアの東幹久刑事が面白かった……けど、別に捜査には役立たなかったよね、あの知識。

 ケムマキ先生も格好良かったよん(中身はゴリエなのにっ)
 ただ、彼自身も黒忍者のターゲット”元甲賀忍者”なんだから・・・・・似顔絵で納得するんじゃなく、友人の元忍者が襲われて気づく、とかして欲しかったんです。子供には、あの似顔絵の方が分かり易かったのかなー。
 目の見えないお姉さん(田中麗奈)の描く似顔絵って何かな。そういうところは突っ込んじゃいけないのかな。

 西村さんは、汗っかきの捜査本部長さん♪少ない出番のなかでフル稼働ですよっ
 驚いたのはクサナギくんの役どころでした。あれ、あのサラリーマン『社会にとけ込んでる」っていいますかっ、メッチャ浮いてませんかっ(文字通り ^^;;;)

「ああ探偵事務所」〜6 ☆

 ここんとこ、ちょっと面白くなってきませんか?
先週の盗撮騒ぎの回は、途中のシャワーシーンから(同居人がそこでザッピングのチャンネル止めた^^;;;)見たんですが眠くならなかったし。
 今回も前半は良かったですよー。

 注文のチーズケーキが品切れで、代わりをすすめられて
「代わりってなんだよ」と怒る色黒刑事(東幹久)
「ごめんなさいっ」 と謝る助手ちゃん(酒井若菜)
 忙しい探偵(永井大)の『代わり』に、刑事さんに用事頼んだんだもんね。婚約者のふりをしてください、なんて。
 うかれる刑事でしたが、謎解きに絡んで「好きな人には迷惑かけられないから、どうでもいい人に頼む」と言われちゃって、可哀想だけど笑ったわ〜。
 そして大家(川島なお美)はチーズケーキ食べてたよね。品切れはそのせいかい(笑)

 えー、つまり主人公の魅力は相変わらず今ひとつなんだけど。

 前半せっかくホームズマニアで意気投合したり、パロディに憤って泣いたりしてるなら、最後の謎解きには正統派ファンならではの仕掛けを入れてくれるといいのになぁ。 深夜に多くを望んではいけないかなぁ。

 小劇団が舞台で、痴情のもつれな事件。
 あんな衆人環視で赤裸々な告白って可哀想じゃない、指紋採るとか、逆に刺された振りをして反応をみるなら、犯人と探偵だけで出来るじゃない。……とは思いつつ、舞台衣装のキンキラで泣き崩れる絵は、そりゃ欲しいのかな。
 周囲の女性、ほんとに全部手を出してたオチは、このやり方じゃないとわからないしね。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ