ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

村川絵梨

「そろばん侍 風の市兵衛」1~3 ☆☆

元々は武士の出ながら、今は渡り用人(いわば派遣会計士w)の唐木市兵衛(向井理)が主人公。

1~3話では当主が心中をした高松家に遣わされ、すらすらと資産管理を明らかにしてきます。問題は、使途不明の借金50両。普通に考えれば心中相手の女に貢いだのでしょうが、調べるほどに怪しい事ばかり。家が取り潰しにならないのも妙なこと……と思っていたら、暴漢に連れて行かれた先は筆頭目付片岡信正(筒井道隆)の屋敷。
なんと信正は唐木の実兄で22年ぶりの再会だし、事件はまさかの阿片がらみで目付も隠密裏に調べていたとは!現代物刑事ドラマもかくやな展開にびっくりです。

天狗の子、と謳われたほど幼くして優秀すぎた市兵衛は、家督を継ぐ兄の邪魔にならないように父の死後すぐ遁走していたのでした。兄に密偵を頼まれるも、やはりお断り。権力とは距離を置きたい様です。
算盤だけでなく剣の腕も立つ市兵衛。侍が算盤とは軟弱、と初めは見下していた高松家嫡男頼之(鈴木福)ですが、すぐに見直されて頼られ、遂には父の敵(鶴見辰吾)を討つ手伝いまで!

初めて人を狙って剣を振るったのだろう頼之の決意と衝撃も存分に伝わってきた上に、市兵衛のサポートが的確でさりげなく、本人は一人で打ち取ったと思っていそうで素晴らしいです。

さて心中は偽装で借用書も偽物。高松家の面子も財政も立て直す道筋がつきました。
去る渡り用人唐木と、見送る高松家一同を、突風がなぶっていたのは撮影日の天候のいたずらでしょうけどドラマチックでしたねw

冷静沈着な唐木に向井理の配役が良いです。算盤を弾く唐木の指がきれい(^^) 未亡人としてしっかり唐木と距離を置く奥方(村川絵梨)も、算盤に夢中になって顔が近くてドギマギ…ですよね!鈴木福くんがいい感じに頼りない少年から、しっかりと後継の顔になっていきました。

口入れ屋の渡辺いっけい、奉行所同心原田泰造は引き続き出演でしょう。暗い話を明るく盛り上げてくれます。そうそう、敵方の中国武術家清に山本千尋。武術太極拳の腕前を存分に発揮してくれますよー。そこも楽しみ。

「私の青おに」☆☆☆

山形発地域ドラマ。
誰もが知る名作「泣いた赤鬼」と主人公の学生時代をリンクさせて描く再会と再生。
田園の美しさ、人々の暮らしの豊かさの描写の中に、さりげなく名産のぶどうデラウェアやワイン、更に貴腐ワインを作る苦労も織り込み「飲んでみたいなあ」と思わせるとはニクい脚本です。トンネルを抜けると広がる不思議空間も、採石所かなあと調べたらなるほど、高畠石が有名なんですね。実際コンサートや芋煮会wに使われているそうで、ドラマ内でもトランペットの練習にワイン蔵にと印象的な場所。作者浜田廣介の記念館と合わせて『瓜破石庭公園』是非訪れてみたくなります。そしてお土産は貴腐ワインw 
作中イベントで出版されていた中学生作の「続・泣いた赤鬼」も購入できたら完璧ですね

<物語>
東京の出版社で働く主人公辻村莉子(村川絵梨)は、故郷の高畠町に呼ばれ町おこしイベントに協力することに。地元の名士浜田広介作「泣いた赤おに」の続編を募集、絵本を出版しようというのだ。
しかしすっかり東京弁で喋るようになった莉子は、熱心な担当者にも同級生の集いにも心開かず、特に「変わり者」と評される夏目(木南晴夏)の話題になると表情を硬くする。
その昔、いじめから助けてくれた夏目を裏切り、自分は元通りの女子グループに戻れた代わり彼女は学校に来なくなってしまったのだ。今はひとり家業を継いだ彼女と「泣いた赤鬼」の青おにを重ね、自分のせいで夢を諦め不幸に暮らしているのかと、後ろめたく思う莉子。また出版も当初の理想では売れないと、公募作品でなく有名作家を強引に登用するのだが……。
思い出の場所で再会した夏目は目を輝かせてワイン造りを語る。
恨まれていると思い込み、いつまでも時を止めて昔のことばかり考えていたのは自分だったと泣く莉子に夏目は、それも必要な時間だったんだよと、ゆっくりと美味しさを増す貴腐ワインを差し出すのだった。
「辻村さんの時間は、止まっていたんじゃなくて、熟成してたんじゃないかな」


賑わうイベント当日、出版されたのは中学生が描いた公募作。東京へ戻る莉子は、旅人のために置かれた「休め石」に腰を下ろして喧嘩別れした恋人(真島秀和)に電話をかける。土産のワインを一緒に飲もうと。

そういえば、地元出身でもないのに妙に熱心な担当さん(中島歩)とは恋でも始まるかと思ったらサラッと別れましたねw 
いじめてたことなんて忘れて夏目のワインを飲んでいる同級生(馬場園梓 他)にはちょっと腹たちましたけど、そんなものかも。かえって、ひとりそこにこだわっていた莉子が前を向けばすべて過去のことになるのかも。なにしろ夏目本人がもう歩き出しているのですから。
高校時代の夏目を演じた上白石萌歌も良かったです。



「セレブと貧乏太郎」6 ☆☆

裏切り者ー!!

というわけで伏線もなしに現れた対抗馬、イギリス貴族ジェシカ(村川絵梨)に従業員が総勢引っこ抜かれ、一人きりのアリスのところへ例の幼馴染みちゃんがやっと働きにやって参りました。
そうか、これをしたくてダラダラ出社をのばしてたのね。

太郎の娘は、亡き母のリメイク服を愛用。
そこからアイディアを得て、某国お姫様(アヤカウィルソン)のドレスも亡き王妃の服のリメイクですって。はいはい。

久しぶりに普通に楽しく見られました(^^)
ドレス対決の司会の声に、なんか聞き覚えが。そうだウルトラマンガイアのダニエルだ、アルケミースターズ議長だ!!と盛り上がったりして(でもジェシカは誰??)
後藤田といい感じなのも、それを観る太郎がちょっと複雑なのも次の展開を期待させてよしよし。

本当はドレスに文句あるんですけどねー。
だって社交界デビューなら社交ダンスを踊るドレスでしょう?あんな普段着をデザインしてなんの意味が。例えば披露宴に振り袖じゃなく浴衣で来る様なものでセンス云々以前の問題でしょう。
でもまあ、ドラマ的には
「自分に素直に」
「好きなものは好きという」
ってメッセージの方が大事なんだろうからいいや。
とにかく前回のぐだぐだよりはなんぼかましですって。

ところで「貧乏太郎」と「インパルス」で検索して来る人がメチャ増えているのですが、まさかインパルスもカメオ出演するんでしょうか。今週の”やっちまったなー”クールポコみたいに?決めぜりふないのに(^^;;;)

「セクシーボイスアンドロボ」幸子☆☆☆☆

「そんな風に、考えたことなかったな」
ニコとの仲を邪推され、ぼやくロボ。
だよね。そんなロボだからニコも出入り出来たんだよね。

 でも、外聞が悪いからと金出してでも引き離そうとするのが、家族じゃなくて
『来世、ニコの子供として生まれ変わる』
という予言を信じてる漫画家(信田コーン:篠井さん)って。
なんじゃそりゃ。
と、驚き呆れながらもどんどんと引き込まれるメッチャいい話でした(><)

 幸せってなんだろう。
他人から満ち足りて見える人なのに、もっと、もっとと求めてしまう不幸。
今日の御飯にもことかくけど、マックス小切手書いていて幸せなロボ(笑)
お金じゃないよね。
 
 しかしロボ、誘拐された先で、漫画読んで泣いて、アシスタントしちゃって。
するりと相手の懐に入り込んでいく、魅力全開です(相手も漫画家=根っこがオタクなアドバンテージもあるかなっ)

 そして魚皆殺しの脅迫の後、ニコロボ寝袋並べているのに仰天っ
さっきまで別れろって言ってたじゃないですか、コーンさん。なのにこれって、自分の父親として認めたってことですか(^^;;;)

 突然の停電に、中2の娘を探すより1億円抱きしめてる両親にも、ちょっとどうかと思いましたよー。
大学生の娘の方だって、とんでもない馬の骨と巡り会っちゃってますよ!!いや、よっちゃんはいい奴だけどさ、プロフェッショナルだからさ。ロボよりまずいじゃないですかー。
 ただ、一億の代わりに抱いてたのが育児期のアルバムだったというオチは好き。ベタでも好き。

「遊びの時間は終わりですよ」
ってことで、明るくなると寂しくなるよとロボ。
停電は終わっちゃって、明るい町でよっちゃんにすがりつく一海ちゃんも観ちゃって。
目を泳がせて逃げて行きましたけど、それを見送るニコの微妙な表情はなんなの?。

「私の幸せと、ロボの幸せが一緒なら」
って、それってどんな未来予想図ですかっ

 でも、きっと違う だなんて。
あまりに切なくて見終わって即もう一度見返してしまいました。うひゃ。

 他にツボと言えば、
「もう長くない」と言うコーンさんの身体を即座に気遣ったのに、それが占いと聞くや
「なーんだ」なロボ。
そんなコーンさんをロボに紹介されて、はっきり胡散臭がってるニコ(笑 上手いよねー)

 未来の子供の名前決めてるのもね、女の子ってするする!となんか嬉しくなっちゃったゾ。しかし死んだ犬にちなんだんじゃ、子供に言えないよそれ(^^;;;)

 ゲストだというのに、変世界にすんなり溶け込んでいた篠井さんも良かったです。
50億はニコにじゃなくどこか施設にでも寄付することにして、奥さんとやり直したらいいんだわ。しっかりと手をつないで。

 ああ、来週どんなことになるのか期待と不安で胸がバクバクしています。
眠れないっ
でもそれもちょっと幸せっ

(砂山のトンネルで、「脳噛ネウロ」の貫通願望を思い出した人・笑)

「セクシーボイスアンドロボ」4 ☆☆

「ほおっておけないよ!」
ロボーッいい奴だな君は!!

 あ、ニコが仕事引き受けてまでロボを助けたのも同じ理由だっけ。でもニコにいい子だなーっとか思わないのは何故だ。もしかして、ロボは気持ちだけで実際は何も出来ていないからなのかも。逆説的っ
 そして感謝もされないっ

 そんなわけで今回は、実はロボの先輩だった『逆恨み爆弾魔』(市川実和子)を確保!

「この単位を落とすと卒業出来ません!」
という訴えが実に身近なので今回はツレも真剣視聴。曰く、成績確認は事務に行けとか、で結局ミスはあったのか無かったのかとか(笑)
 いっそ出席が足りないとか、自分が悪いと思ってる学生の方が賄賂に高い酒下げて訪問してきたり(受けとらないけどね!)開き直るのですが。
 彼女は、教授のミスだと一方的に恨んでるから交渉の余地もなく「爆破」ってことになるんだろうけど……その当時に騒がなかった自分もかなり悪いよって言ってやりたかった。納得がいかなかったら学長室でも新聞社でも駆け込んで騒ぐだけ騒ぐべきでしょう。

「他人がどうなってもいいのか」という教授の詭弁。
いいよ!
自分が一番大事だよ!!
ロボならMAXロボがきっと一番大事(笑)ここがはっきりしてるかどうかが人生幸せの分かれ目って感じがしますね。ニコはまだこれからだよね。

 今回の教訓は「人生我慢だ」みたいなことでしたけど。
 それより、不満なまま不幸なまま何年も恨んで過ごす不毛こそ責められるべきで、なんとなく流されるな、騒ぐのも黙るのも自分の責任で選択すべし、と教えて欲しかったです。
 そこで、沈黙を選択したならそりゃあ我慢しなくちゃね。

 花火ですっきりしちゃったのはニコとロボだけで、爆弾魔の彼女の憑き物も教授の反省もどうなったやら、いまひとつな感じでした。

 女子大生!と誘われて騙されるロボや、一海ちゃんに会ってウキウキ挙動不審なロボは可愛かったです(^^)

「セクシーボイスアンドロボ」1 ☆☆☆

 ブラボー!!
堂々の主演女優っぷりです14才がっ!!

 声を聞き分けるだの声色が使えるだの、子役に負担かけちゃってーっと心配していたのですが、その辺の吹き替えが自然だった以前に、テレクラで知り合っちゃった莫迦男と渡り合う中学生のニコちゃん(大後寿々花)が、実に自然で可愛らしくしっかり者で、いやはや。
 萌え〜♪
 対する莫迦男ロボ(松山ケンイチ)も、ウザくて莫迦なところが彼女を引き立たせてGJ!

 ……”三日坊主”の記憶障害設定だの、
終盤「大人だっていろいろ抱えてる」だの、
お父さんの「もっと生きたかったんだ」だの、
説教臭さが鼻につくキライはなきにしもあらずですが、楽しめましたよっ

 実際、殺し屋三日坊主(中村獅童)の仕事は上手く行ってたわけで、止めたら明日から彼はホームレスか?と思うと、とても気軽に「殺しちゃダメだ!」なんて立ちふさがれない。その辺がもう私、死ぬのがコワイ大人なんだ。
逆に、銃口を前に「私がおばあさんになったら」と言えるほど、ニコは自分が死ぬと思ってないんだ。

 見終わって、ついつい口に出ちゃいました。
『若いっていいなぁ……』 うわ、年寄り臭っ

 ロボの家で、ドラマロケに映り込んだ三日坊主を見て泣くニコ。
心を許した特別の絆が出来上がったのが分かってドキドキ。
(その前にロボもニコの前で泣いていたけど。あいつはどこでも泣いて叫べそうだからね)

なんかこう…。「瑠璃の島」で竹野内豊の胸で泣いた瑠璃ちゃん然り、年の離れた危うい友人関係にはちょっと萌えたりするのですが……ロボ……どこが大人なんだオマエ。自分の娘なら絶対に近づけない(^^;;;)
かすみお姉ちゃん(村川絵梨)、もっと追求しなくちゃダメだよーっ この先、恋愛モードにいったりするんでしょうか。
それなりにこいつも成長していくんでしょうか。

 とりあえず目が離せません。リピートしちゃいそう。

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」最終回☆☆☆

 私立宙舟高等学校  えーやだーっ

 真喜男の心に輝く高校生活は、ずっとアグネス3ーAであって欲しいじゃない?
だから、別の学校で楽しく一年過ごして卒業しても嫌だし(ていうか、出来るのか?)、逆にアグネスを懐かしむ程クラスにとけ込めず一年過ごされるのもイヤだっっ どっか外国か、でなかったら大学通ってるのかと思ったのに(あの学力じゃ、無理かなぁ)
 でもって、カズはどこの高校に通ってるんですか(笑)

 そんな割り切れない気持ちをちょい残しつつも、概ねは完璧な最終回でありましたっ
 ひとりきりの卒業式…否、「卒業出来なかったけど、3ーAだよ!」式!!
真喜男からの交換日記を朗読、という形での自然な回想と、「無かったことにしないで」という人生へのメッセージに、笑いながら胸が熱くなりましたよ!!
 辛い獄中にも、「前向き」で笑い入れてくれたし(^^;;;)ぐしゃぐしゃに泣いてても真喜男はキレイだし!
 そう、若頭だと人前で涙なんて流せないけど、先生の前の高校生なら泣けるんですよ・・・・。でもそれも終わってしまった、という切ない境遇(><)

 学園内での立ち回り、突然豪雨になってびっくり。そして真喜男の彫り物!!
そっかー、だから『マッキーは着替えの時隠れます』だったのかー!(←今頃気付いた)
 今まではっきり見せてました??この時の衝撃のために、匂わせるだけで伏せていたなら狙いは成功だったかも。夏のプール体育はどうしたのか知りませんが、もんもんがあると無いとでは一般の目は大きく違うと思います。
 みんなを守ってる筈の真喜男を見る。クラスメイトの怯えた目。

 なんだか勢いで、ラストから遡って書いてしまいました(^^)
でもこれは最後に。

梅村さんの気持ちを大人に流しながらも
「桜小路の気持ちも気付いてやって」
ちゃんと名前知ってたんじゃないか!!でも、もうその後は「桜ナントカ」に戻っちゃうの、憎いよ!!

3ヶ月楽しかった。
終わるのはさみしい、でもちゃんと終わってくれて嬉しい。
この相反する気持ちはなんでしょう。

…「それはね」(笑)

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」9☆☆☆☆

 絵馬にきちんと『榊 真喜男』って!
自分の名前、漢字で書けるようになったんだねぇ(感涙)

 今回、始まりが
『追跡!24時間』
風男声ナレーションで笑っていたら、美喜男の選挙ビデオはまるで
『皇室アルバム』(^^;;;) 
時節柄もぴったりでもう、芸が細かいったら。

 ・・・それなのに、マフラーまいてる人達の後ろは青々と繁る街路樹、猫じゃらし。そしてやっぱりセミの声!!(DVDでは消せるのかなぁ)
 せっかく良いドラマだから、こんなこと気にせずにみたいのに・・・。
一年を通して描くと分かってるなら秋にやって下さいよ、秋に。

 さておき、跡目争いも卒業試験も、ついでにチョコ競争も同じ日に決まることになった真喜男くん。
 あのビデオとあの演説でいいのか?とか。半数しか支持がなくて大丈夫か?とか微妙に不安定ながら、見事跡目に決定いたしました〜!
「組ぐらいボクに」
くれよ、という弟ですが、この機会に堅気になれば友達と別れなくていい、という選択枝を兄に示してくれる。イイ奴じゃないですか。
 同時に、美喜男には離れたくない友がいないんだなと、寂しくなったりして。

 卒業試験も、無事クリア!
 次々出てくる問題が、一話の放物線、二話の動物の視界、あはれに目安箱にと、物語の中で使われた思い出深いものばかりで嬉しくなっちゃいましたよ!サービス満点!!

 そして恋もね。
「ボクも告白する!」
「マッキーに?」  なんでだよっ(笑)
じゃなくて。
家族以外からもらってるのは実はマッキーだけじゃん(笑)真の勝者じゃん!!

 ここまでトントンと来たら、好事魔多し。
ヤクザの襲撃を受けてしまうアグネス学園。真喜男は無事、卒業出来るのか??
 哀しくならない結末で締めくくってくださいよ!!

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」7、8☆☆☆☆

 からくり屋敷か『えいげ会』!!

 もっとも、敵の多い商売だから用心棒やスナイパーを隠す場所があったって可笑しくないよねー。相変わらずこういうところに神経細かくて楽しくて仕方ないです。
 かと思うと、淫行条例のせいで・・・はなくて。
『暴力は嫌い』
というヒロインに、恋を諦めて身をひく真喜男くん。
だって俺は組を継ぐ男なんだから。…切ないよね。

 報道番組で語られる”暴力団”は、あくまで非道で許されざる存在であるのに、同じ日本の物語の中では「ごくせん」といい「マイボス」といい、かくも愛されるべき存在として描かれちゃうのは、どうしてなんだろう。極道。
 厳しい上下関係が、なにやら体育会を思わせて好印象になのかしらん。

 そんな考察はさておき、青春です。
 冬服の季節になったのに、セミが鳴いていて(消せないのかなぁあの声・笑)役者さんの苦労が忍ばれます。


「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」5,6☆☆☆☆

「ありがとう、変な人〜!!」(^^;;;)
これも手縫いってスゴイよ舎弟くん!! さすがニードルワークのマナベ(笑)

 4話の肝試しでの『恋の目覚め』♪から、一気に恋話に行くかとおもいきや青春はそんな素直じゃないのね!
 好きな人に、好きだから優しくできない、のは女の子も同じなのかーそうかー(もうそんな頃のこと、忘れちゃったよ!!)
 ここで、彼女の気持ちをご注進にくるガールズの描写(一斉に可愛いドリンクのんだり、話がすぐ逸れたり・笑)も可愛いし、3者面談を妄想する真喜男も可愛いし。
 頭に斧ささりっぱなしの先生も可愛ければ、
「三度殺すっ!」
のマナベ君も、先生に一目惚れの黒井さんも・・・いちいち、どの場面も楽しいんだって!

 そういえば、真喜男パパも先生のこと気にしてたよね。あれは彼女のお母さん、つまり校長の奥さんを昔知ってたってことですかね?その人を取り合った仲だった、なんて楽しい青春のエピソードは今後出てくるのでしょうか♪

 そして、「俺も・・・!!」と制服で直訴してた舎弟君が・・・
用務員さんか!!
同じ生徒で入学するのはお金がかかるんだそうな。確かに子分にそんな金はかけられないよね。こういうところも細かく気がきくったら。
(桜なんとかはまだ気付かないのかね)

「クスリの時間だ」といいながら、ゲーム感覚で組の仕事をこなす弟:ミッキー。
「1192作ろう」と叫びながら、3年A組をまとめだした真喜男。
最後は2人の対決なのかな、弟がちゃんと兄さんが好きで、参謀としてひいてくれると嬉しいな。

 アグネスプリン対決ふたたび、も楽しかったなー。
登校時のダッシュといい、この学校の生徒走るの好きだよね(^^;;;) それも青春って??

 来週はついに、桜なんとかに真喜男の実家がばれちゃうのか??

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」4☆☆☆☆

「傘、さしたことなくて」
あら男らしいわね、と思ったんですが。
もしや、いつも取り巻きの黒井さんや舎弟に差し掛けてもらってたってことですか??
 なんかもう、素敵(^^;;;)

「L・M・S!」
「ポテトじゃないんだから」大ウケ

そして
「これって恋!」と、気付くまでにたっぷり一時間(笑)贅沢!
胸に小人(^^;;;)
さらにその小人に怒る舎弟(^^;;;)
 なんて見事にバカなんでしょう。可愛いなぁ。

 悪く言えば小ネタの連続コントなわけですが、ことごとくツボを突かれて大笑いです。それぞれのキャラクターのことをよく考えてますよね!!
(唯一文句があるなら女の子かな。真喜男があれだけ挙動不審なのに、自然に接しすぎ!笑)

 先週戻ってきた弟はといえば、病弱なくせに気は強い様子。
ちくちくイジメられてる真喜男が、組長の座を獲得する為にこれからどうするのか?恋なんかしてる場合なのか??
 そしてもう1人、真喜男に恋しちゃった様子の鉄仮面先生はどうなるのか?(こっちは、極道の妻メッチャ似合いそうですよね)

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」3☆☆☆☆

「細かいことはいいじゃん?」
学校脱走から15年・・・に
「3才から?」と突っ込まれて困る真喜男くん(笑) 年齢詐称より、引き算が出来ないんだと思われてるよきっと(^^;;;)

 今回もきっちり楽しかった!!

 期末試験、これだけバカな真喜男でも、冒頭ルーレットの一点賭け成功を見せられたら、案外エンピツ転がしでもいい点取るかもってワクワクするじゃないですかー。
 そしてラッキーカラー、夏服、いとあはれ・・・・いろんなネタをきちんと動かしてすかさず笑わせて、なんちゅーかいい意味で造りこまれたコント風味(哀しいことに、ドラマって概ねそういうところおざなりだよね)

 長瀬くんが上手いのはもうもちろんのこと、偽ミッキー舎弟くんのボス好きっぷりも毎回嬉しくて仕方ないです。これが嘘臭いと困るから。田中聖くんいいなあ。
「2度殺す!」(笑)
最終回までに桜なんとか君が何度殺されることになるのか楽しみよ〜ん。
(その舎弟を締めた後、ちゃんと真喜男がプリンの礼は忘れない、そんなところにも真喜男の人柄とともにドラマ全体の気配り感が出てますよね♪)

 学校は楽しむところ。
失敗したっていいじゃない、むしろそれ必要。
・・・そして学校であったことを親子で話しましょう(笑)

 そーんな直球なメッセージ受け止めつつ。帰国した「素敵な頭脳派」元祖ミッキーくんに絡んでまた話がどう転がるのか楽しみでっす。

 恋・・・は担任教師とかなー。同級生とかなー。
(桜なんとか君は、幼馴染みが好き・・・な筈なんだろうけど、毎回マッキーに猛烈アタック&女はジャマだにしか見えなくて困ります ^^;;;)

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」2☆☆☆☆

 向かってくるものはたたき落とす!・・・ってバスケでそれはダメだぁ(^^;;;)

 そうかー、学校さぼってると、勉強だけじゃなくスポーツまで出来ないのかー。
リコーダーも習字も合唱も調理実習も、文化祭のお化け屋敷も修学旅行の枕投げも知らずに生きてきたのかー。こりゃネタは尽きませんね!!

 クラス委員=組長 の語感に惹かれて立候補する真喜男くんですが。メチャバカにされている(だってバカだから ^^;;;)
 そんな彼に優しい女生徒が、桜なんとかの幼馴染みだったり。
 クールビューティー担任教師が、実は校長の娘だったり・・・を、初回でなく2回目で出してきた感じも無理して無くて好きです。

 必勝パンツ縫ってた丸坊主くん、校内ストーカーしてるぐらいならいっそ、入学して同級生すればいいと思うよ(^^;;;)

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」1☆☆☆☆

 若!バカ!・・・同じに聞こえる(笑)
「真きお」くん(長瀬)がバカすぎて可愛すぎてもう、大変でした。大まじめにおバカ。それでいて
「うぉーたー!!」!!
流石「ギャルサー」の後番組だわー!

 どーう考えたって、屋上に上って装備つけて跳んで、更に階段降りて走るなんて速くもなんともなさそうだし。
毎日怪我人出すよりは、プリン50個作れよオヤジ! ってとこなんですが、その辺はもうどうでもいい感じ。
 バカな真きおが、ただ暴れるよりも「知恵の力」を実感して、「学ぶ喜び」を知って、 真喜男 になってくれて、ただただ嬉しいです(^^)

 だって紙一重。跳ぶ方だけ成功したって、プリンがゲット出来なかったらふてくされて終わりだったでしょうからねー。ご褒美が大事。
イルカの調教みたいですよね(^^;;;)

 バカもとい若に使える坊主頭(田中聖)くん、大杉連、ヤクザパパ。
それに、同級生の地味な男の子(手越祐也)
 揃って真喜男を見守る目の優しいったらないです。この先もっと仲間も増えるんだろうけど・・・女の子と恋はしなくていいから(先生ともね!)もういっそ男子校にしておいたら良かったのに。

 笑わせながら、はっきりした教訓を聞かせる形式は毎回続くんでしょうか??
卒業までに、せめて九九は出来るようになるんでしょうか??
楽しみです♪
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ