ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

村上淳

「フリンジマン」~最終回 ☆

なんだかんだ、最後まで見ましたよorz
そして結局誰も愛人できなかったじゃないですかw コンプライアンス遵守w
毎度、愛人原石の見分け方だの女性を口説くテクニックだの、女性からすると笑止千万な戯言はいてましたけど、真面目に怒るようなドラマでもないしw どんどんとゲストもふざけてきて、料理教室の生徒全員が愛人だっていう毒蜂料理人バズコック(東幹久)、それに対抗するために教授が呼んだドクター森鴎外もとい森尾凱(村上淳)はメキシコ出身かという出で立ちでギター持って登場ですよ、もうなんでもしてw

最終回、教授の愛人リストを手に入れたと勝ちほこるバズコックの電話がつながる先は、雀荘や愛人同盟メンバー。こりゃあ教授も、愛人愛人とは口だけだったか?と思ったのですが。そこはバズコックの愛人を寝返らせ、偽リストを準備していたのだとか。
「教授は、あなたより優しいの!」
来たー、最終回途中で通りかかっただけの息子が『絶対だれか「この人の方が優しいの!」とかいって裏切るだろ』と予想したセリフがw でも誰も予想できなかった筈なのが、バズコックが教授を目の敵にする理由!
「俺の母親を愛人にしやがって!」
お、おう(^^;;;)
未亡人なら不倫でもありませんが、息子はそりゃ嫌ですよね。てか教授の守備範囲の広さよ。それも、そこに愛がない故か。

愛人づくりハウツーだった今作ですが、本当にドラマ通り実践した視聴者なんていませんよねえ(^^;;;) 反面教師で、ああやっぱりダメだ、家庭を大事にしようと思うものなんじゃないのかな、ねえ、お願いしますよw

そして愛人同盟の活動のせいだか左遷された教授は、ど田舎でもキャリーバッグをコロコロ。農作業中の女性と見つめ合い……愛人づくりは続くようですw 

「セクシーボイスアンドロボ」2 ☆☆

 おや。今度は腎臓移植。

 なーんかな。お莫迦な事件を気軽に楽しませておいて、突然重苦しい素材を持ち込むのよね。
1話の記憶障害も唐突ながら、背景で右往左往するロボが笑えたけれど、今回は亡き恋人の腎臓に語りかけるゴボ蔵(村上淳)にただただロボ涙だもん。(あそこでロボとニコが同席&お泊まりまでする意味がわからんっ)

 これって毎回のお決まりなんでしょうか。
個人的にはちょっとテンション下がります。前半の楽しいノリのまま、莫迦な事件で終わらせて欲しいかも。でも次回もこうで、毎回そうなるっていうならそのつもりで観ますけど(^^;;;)

 恋恋って周囲が騒ぐのが理解できないニコが、ファッション雑誌や占いのゲームみたいな恋じゃなく、
『その人の為なら強盗してコスプレして崖だって登れる』
パワーの源な愛に触れて何かひとつ学ぶ、っていう流れは良かったです。それとこの時期のドラマに欠かせない桜(^^)

 でも荷物の入れ替えで、名梨くんが足詰めるってのは……良くないよ。
 いつかどこかでまた会える、と思う広い愛を語る爺ちゃんはいいとしても、足探してる人もいるんだし、届けるとかニコ達に説明してちゃんと探すとか。

 そしてもっと良くないのが外泊だ、中学生!!
(しかも引率がロボだ。放任にも程があるよ家族。)

 いまだ正式にはスパイじゃないし、このまま1話簡潔で(&後半重苦しく)行くのか、縦軸になる事件が、例えば今回ラストの電話の声などなどと絡んで出てくるのか?
 3話の様子が気に掛かります。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ