ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

本田翼

「ラジエーションハウス」~最終回 ☆☆

 えーとじゃあ、杏ちゃんはただ単に五十嵐を忘れてたのね……orz
 
 ついに、技師の領分を越えて治療行為に手を染めた五十嵐唯織!ダダーン!
って、今までもずっと踏み越えまくり口出しまくり、お前何様だよ状態だったじゃないですか。停止エレベータ内で患者が発作起こした時も、大声で処置指示出してましたよね。技師が医師に指示w 中に一緒にいるのは杏先生なんだから、せめて声かけはもう対処している前提で言ってあげないのか、と呆れましたってw
軒下技師(浜野謙太)が、同窓生に医者と間違われた回も。検査待ちを早める依頼に『出来ない決まり…』と困る、その場面だけ見れはもっともですけども。そこに至るまでの毎回、五十嵐が勝手に検査増やして翌日来いもう一回来いってしてたのに?ってなりましたよ。他にも、ハロウィンの仮面手作りなど暇そうな描写も多いのに、また別の場面では『常に』忙しいってなる~。要はシリーズ通しての整合性がないんですよねえ。
それでも見続けていたのは、窪田正孝の可愛さ故……ですかねえ。

 さすがに内部からも、医師法が、と鏑木先生(浅野和之)が問題視してましたけど、院長(和久井映見)はのらりくらり…
「大丈夫よ」
免許持ってるから大丈夫よってはっきり言えばいいだけなのに、もちろんドラマの都合上誤解させたまま進行ですw

 そもそもの理由が杏ちゃんとの約束☆なので、こちらの興味は医師免許持ちがバレるか、じゃなく杏は思い出すのか!とか、五十嵐の勘違いだったのか?とか、例えば当時誰にでも声かけてて他にも何人も約束した人がいるとか、とにかくその約束の真実が気になっていたのに、まさかのラストまで投げっぱなしだとはw そして痴呆にも見えたうつろな甘春父(佐戸井けん太)は、×うつ病◯髄液減少症。←これ、不登校のご近所さんが5年前に検査受けてましたっけ。本件は自転車事故など推測原因ありありなのに、誰からもそちらの意見出てこないとか病院のレベル怖いw でも
「僕がもっと早くここに来ていれば!」
とか言ってる五十嵐くん、失礼よw そして地下の放射線検査区こそ、連帯が生まれ……てるかはさておき、それを描こうとしているのは分かりますが。医師の鏑木や辻村(鈴木伸之)が他の病院行きを断って、甘春総合病院でなければ!と居残った理由はさっぱり分かりませんです。鏑木さんなんて院長待遇でしょ、移ればいいのにー。

 で、実父への難治療にひるむ杏先生の代わりに
『僕がやります』
と手を出す五十嵐くん。ひーカッコイイ……のはさておきw 諾々と場所を変わる杏先生。技師仲間は騒然、居合わせた外部の人は告発する気満々w その後の査問委員会かなんかも、やっぱり
「大丈夫です」
じゃなくて!五十嵐の医師免許ファックスしましょうよ(^^;;;;) まず説明責任があるでしょう~。その上でやっと、ルール云々への抗議が成立するんだと思います。技師、と思われている五十嵐に主導権を渡した杏先生も責任に問われるべきで、でも免許持ちと知ってました、と抗弁すればいいわけで。

 さておき結局、病院を去る五十嵐くん。えー。
約束☆は思い出さないまま、でも好意は抱き始めていた杏先生。新しい約束☆で五十嵐を送り出し、また巡り会う日が来るのでしょうか。って、翌週に早速2時間spです(^^;;;;;;;)
「ここに、一枚の写真がある」
的なあの「王様のレストラン」オマージュなナレーションでまた始まるんでしょうねえ。また見るのか、そして文句をいうのか私。いくら窪田正孝が可愛いからって我慢にも限度があるぞー。広瀬アリスは、終始いなくてもいいような役で可愛そうでしたw


「ラジエーションハウス」~5 ☆☆

 それは警察の仕事orz(5話)

 ずっと医者でもあることを隠し、写真技師であろうとしている五十嵐くん。4話でやっと愛しの杏ちゃんに「ありがとう」って言ってもらって喜びに打ち震えていたわけですが。技師としては、領分を越えた再検査を連発。事情を知る院長の擁護も含め、変ですよねー。まあバレても「やっぱりね」で済むんでしょうけどね(杏ちゃんのご機嫌がどうなるかは知らんw)

 それが今回は、更に業務逸脱w 少年の死因判明あたりから五十嵐が探偵になってしまいます。
「犯人は左利きのはず」
しかもそのまま、横にいる少年の友人(未成年:左利き)に
「犯人は君だね」
って、やりすぎー!根拠も薄すぎー!不良に絡まれたり、転倒して謎の柔らかい杭に打ったかもしれないのに、そこにいた拳にタコのある友人(未成年)を犯人扱い!黙秘権の説明もされていない友人、あっさりと自供してますよ。いやはや、ドラマは養父の感動独白で盛り上げてきますが、そんなことより小学生弟のケアは!
死んでる兄を発見した当日に、近所の優しいお兄さんが殺人告白ってどんだけトラウマなのか……orz
(家族以外が死因説明に同席なのも……無茶しすぎです)

 せっかくAi(ノット人工知能w 死亡時画像診断)の必要性を紹介し、生きてる患者には無理な線量で鮮明な診断画像がとれるなど、興味深い場面もあったのに、医療現場で推理ごっこじゃ台無しです。現場ひまなのか。
 警察ドラマパロディのスピンオフ回ってことにして忘れようかなー。 


「ラジエーションハウス 放射線科の診断レポート」1 ☆☆

 で、この窪田正孝はバカなのか賢いのかw

 小学生時代の約束、いや『命令』に忠実に、今は医者となった彼女の犬に……もとい『カメラマン』になるべく、彼女の実家甘春(あまかす)総合病院に赴任してきた、放射線技師の五十嵐唯織(窪田正孝) ところが彼女、甘春杏(本田翼)は五十嵐を覚えておらず、緊張と動揺で失態を繰り返す五十嵐は「変態!」と蔑まれる羽目に。
ここだけ見てたら心底やりすぎ。転びそうになって→抱きついてしまう はまだしも(そうか?)ヒップタッチはもう……青年誌では笑いどころなんだとしても、ドラマ化で再現する必要ありますか。そして口ごもるばかりの五十嵐には魅力ゼロ~。同じバカでも、ヒモに徹して愛嬌で切り抜ける窪田正孝なら愛せるのに!

 ところがその同じ人が、バス運転手の脳梗塞を予測して救急救命に繋ぎ、有名写真家のレアケースな頭痛原因を探り当てる。そんな時にはテキパキと、他人に指示できるいい窪田正孝じゃないですか。ほうほう、体内に金属があると無理とされるMRI検査でも
『湿布の裏紙の様に』
不要と排除された元データから、必要な情報を得ることは出来るんですねえ。
しかも実は医師免許も持ち、海外で高名な医師に認められ絶賛されている腕前の持ち主……? 杏の母である院長(和久井映見)だけがそれを知っているんですって。

 変人異能ドクター、ドラマにぞろぞろいますね。で、所属する放射線科もギャンブル好き(遠藤憲一)に毒舌定時帰り(山口紗弥加)と出世コースに乗らない個性派揃い。患者側のドラマは更にありがちで「母の死に目に間に合わなかった父(イッセー尾形)」を嫌う娘が改心する流れで、既視感が渋滞です。
あの「死に目に来ない」って、すぐ近くにいるのに仕事優先で来ないから怒るんじゃないんですか?実際海外バラバラ家族で育った身としては娘の怒りが意味不明。母上は、撮影旅行の父を一人でいかせてる時点でもう、いろいろ割り切っていたのでは。
 そしてまた、南米の寄生虫かー!この流行は勘弁してください、2年住んで南米大陸あちこち行ったのでゾワゾワするわorz

 五十嵐と同じ日に放射線科にきた新人広瀬(広瀬アリス)が、唯一の普通の人です。憧れの人杏がいる以上ロマンスも担当せずなのかなw

「ゆうべはお楽しみでしたね」1 ☆☆

ラッキー同居もの。
ほんと男子はこういうの好きだよねえ。本来なら声もかけられない、カーストが違う女子と成り行きで同居。そのうちお互いに影響しあい、素直に心寄せ合っていくんじゃないでしょうか。そもそも元から、ネットゲーム内で1年も仲良しで、ルームシェアに誘い/承諾するほど好印象同士なんですから。ただ、性別が思っていたのと違っただけで←そこ同居に重要w

そんなわけで、ドラクエ内では小さくて可愛いキャラ『パウダー』の姿でプレイしているたくみ(岡山天音)
『人を助けるのに、理由なんかない』
とゲーム内で優しくされた『ゴロー』を人格者だと尊敬し、ネカマ(=ネットオカマ。男なのにゲーム内で女を装う)とカミングアウトしても態度を変えなかったことでも、ますます信頼。建て替えで住処をなくすと聞いてルームシェアに誘うのですが……。
待ち合わせに居たのはギャル系美女みやこ(本田翼)!
「かっこいいから」と男性キャラ『ゴロー』でプレイするみやこをたくみが男だと思った様に、ネカマの意味を知らなかったみやこは、『パウダー』のたくみを女性だと思っていたのでした!

でもまあ、知らない仲じゃあるまいし。と、平然と同居を始めるみやこ。家主なのにドキドキで挙動不振になるたくみ(^^;;;;) さてこの同居、どうなるのか?
ネイリストのみやこは、職場で「同棲??」と騒がれてw アニメイトバイトのたくみは、店長(宮野真守)とゲーム内で繋がってる様で、人間関係どう広がっていくのかな。

ちょっと前なら伊藤淳史あたりが得意としただろう、人畜無害枠にニューフェイス登場の岡山天音くんですw (あと濱田岳、柄本時生、森山未來……と並べたら、森山未來系かな)「ワンダーウォール」で見ましたねえ

ちょっと荷物が片付いたら、早速ドラクエするふたりw 画面上でチャットするより、隣同士の部屋で声出して会話するほうがめんどくさくなくていいそうですよw いまひとつシステムが分からないので、ゲーム中でもキャラに似合う声で喋ってるのかと思って見ていたのですが、そうか本来は字だけなんですね。夜中に喋ったらうるさいもんねw


「奥様は、取り扱い注意」~最終回 ☆☆☆

私たちの戦いは、まだ始まったばかりだ! 的なw 何も終わらない最終回でしたねえ。それもまた良きかな。

元エージェントの奥様と、それを取り締まる立場だった旦那様。
格闘ができる綾瀬はるかと、格闘ができる西島秀俊が揃った時点でどシリアスで泥の中を這い回る様な諜報ドラマや警察ドラマを作ることだってできたはず。なのに格闘ができて可愛い綾瀬はるかと、格闘ができてカッコイイ西島秀俊が一目惚れをしあって地方都市でぬくぬくと新婚生活を送りいちゃいちゃし、たまに事件も解決する格闘コメディを産み出しちゃうとか、天才か。

我が家では旦那が一番楽しんで見ていました。
私自身は、元AV女優は町から出て行けだ、盗聴だ、レイプだ、主婦売春だと、毎度起こる事件がどうにも生臭いのと、当事者の我慢や解決法がどうにも受け入れ難くてもやもやしていたのですが(ex:夫がレイプ常習犯と確信し、被害者を招き入れ殺させる妻。双方の協力体制が理解不能。自分で殺せない、まだ愛してるとかも無いわー。知った途端に旦那ぶっ刺しそうです私)、毎回のいちゃいちゃと格闘シーンは大好物でした。もっとカラッとした事件を解決ならいいのになあと思うことしきり。

その間も旦那様はずっと、奥様が犯罪解決に関わった証拠を必死に握りつぶして回っては、何気ない顔で帰宅し
「今日は何があったの?」
と尋ね、妻の適当な返事に適当な答えを返していたとはねw それがついにごまかしきれず、もうドイツに行くしか道は無い……んだそうですけどね、スリルと興奮の中でこそ生きてる気がする奥様は、大人しくしているつもりはない様ですよ。

もうさ、ドイツでいいから夫婦で諜報員になってさ。ホームパーティーなど開く傍ら何食わぬ顔で、ホストに気づかれずに悪い奴をギュギュッと捕まえるような町の番人になってくださいませよ。子供の遠足ついでに巨悪をこらしめてもいいよー。
そのうち、日本の国益に関わる大事件に巻き込まれたら是非、映画化で!

「奥様は、取り扱い注意」2 ☆☆

玄関広くてよかったね……(^^;;;)

ご近所案件は元AV女優への恐喝&嫌がらせ。

習い事の目的が夫婦生活の充実とはw
着付け教室から苦情がきそうw それも内心機すならともかく、仲間内で励ましあい、新しく知り合った先輩に秘訣を聞きたがるって、知り合ったら距離置くわ……。まして知り合い出演のAVなんて鑑賞御免、その上ご自宅に押しかけて「観ました!」だなんて鋼鉄の神経、もう訳わからないのですが。その分、町内会で問題になった時にだって、反対意見をバンバン言えるのでしょう。うん。

「男のヤンチャは勲章でも、女のそれは黒歴史」
「女は渋くてかっこよくちゃイケナイのかな」
「所詮かわいい人形でいることを期待されてる」
若奥様たちが口々に披露するジェンダー論も、全編これだったら重苦しいし男性は見る気をなくすでしょう。そこを軽いエロでくるっと丸めて口当たりよく見せる作戦かな、とも思います。

嫌がらせ現行犯を追う夫。ヒロイン菜美が先回りしてサクッと肘鉄で気絶させ、倒れているのを見つけて不審がる夫には『慌てて電信柱にぶつかったんじゃ…』って苦しい言い訳に笑いましたw

捕まえたのは下っ端で、それでも恐喝を諦めない首謀者の態度に決意を固める菜美。探偵社勤めだったからと、もっともらしいことで被害女性(高岡早紀)を言いくるめて要求額を渡させます(私なら犯人とぐるなのかと疑うけどなw)
受け渡し現場で恐喝発言を録音・GPSでアジトも判明。そこで警察に引き渡すのが正しい一般市民かもしれないけれど……奥様は乗り込んでいっちゃうのです。そっちの方が早いしきっちり済むし、とは表の理由でその実、強い自分というアイデンティティを失いたくないのかも。
今回、アジトに家出少女も拘束されていて、悠長に警察にまかせていたらこの娘は何をされていたことかという免罪符をくつけてきて、次の機会にはもう躊躇せずボコボコにしに駆けていくのかもw

菜美は通報だけして去った様ですが、現場に指紋も微物も残ってるし犯人側の口は塞げないしで、以後警察に探されないのかな……。

とりあえずスカッと度は前回より上がりましたね。

「奥様は、取り扱い注意」1 ☆☆

なんと奥様は元諜報員!ご町内の揉め事をスゴ腕で解決だ!

……との触れ込みから、愉快痛快なアクションものを想像していたのに。1話を見る限りでは解決スッキリするまでが長くてイヤンな感じです。
まずはご近所の主婦らしい解決を目指したので仕方ないんですけどね。DV被害者を発見するも、いきなり家に乗り込んで旦那を叩きのめしたらこっちが暴漢ですw まずはお友達になり、やっと相談されても介入は警察を匂わせて旦那に釘をさすことから。すると
「妻には虚言癖があって」
怪我は自分でやったんですって。わーありがちなごまかし方。
でも確かに知り合ったばかりの、時々会うだけの仲で片方の言い分を信用しきれるのか。でも見守っているうちに、離婚を言い出した奥さん(倉科カナ) が旦那(近藤公園)に刺されちゃいましたよ(><)腹に包丁ぐっさりを『転んでうっかり』と言い張れば通るって、病院も警察も仕事しようよー。

そこでやーっと、お助け人の綾瀬はるか見参! 
ボクシングで鳴らしたDV旦那を実践拳法でボッコボコ、わざとトロフィーに向けて頭叩きつけるところなんて拍手でしたね。NHK「精霊の守り人」で修練した殺陣スキルを民放ドラマがこう使ってくるとはw(やられた旦那が警察に駆け込んだら……と、うちの旦那が心配してましたが、あのタイプの男が華奢な美女に負けましたなんて言わないし。DVの証拠映像も出されたくないはず)

ご近所豪邸仲間で、DV被害女性を一緒に救おうとした二人もどんな特技がとワクワクしたのですが、別にハッキングの腕があったり耳が異常に良かったりもせずw 
広末涼子は、やたら上から目線でやる気。もう一人本田翼は、おどおどと出来れば関わりたくない及び腰と分かりやすくタイプが違って、実はこれから特技が出てくるのでしょうか? 双方優雅に暮らしながらも、それなりにマザコンだ育児ワンオペだと悩みを抱えています。2話3話はまずこのお友達を救って解決!になるのかな。
その間、綾瀬はるか自身の旦那(西島秀俊)は何も知らずにいる……はずですが、旦那にも危ない過去がある可能性はゼロじゃないですよね。

メシマズヒロインの、料理の腕は上がって旦那の外食は減るのか。ちょっと間遠な夜の方も(^^;;;;)努力の甲斐はあるのか。後半、追ってきた組織と対決で盛り上げつつ、懐妊発覚、spでは赤ちゃん抱いてアクションだったりしますかねw


「地味にスゴイ 校閲ガール河野悦子」~最終回 ☆☆

大団円、最終回みたい!
……と思ってたら最終回でしたw だって最後にいつもの次回予告もあったからてっきり(^^;;;)

幸人と悦子の交際は、告白のお返事前からご両親もウェルカムw
作家是永是之としても、小説を書くよりノンフィクションライターが性にあうことを発見してハッピー。社会を地味に支えるスゴイ人を紹介する本を出したよ、それってえっちゃんのおかげ☆ 森尾と三角関係疑惑も解け、やっとラブラブかと思ったら、今はお仕事が楽しすぎるからおつきあいは……になって肩透かしでした。最初からあらわにお互い好きで告白もスムーズ、本田翼や編集部のタコも邪魔ポジションに来ないなあと思ったら、そういうことでしたか。
でも女子向けお仕事ドラマとしては、それってとってもアリですね。彼もすんなりイイよって待ってくれるんだから、忙しい時は恋人未満のまま楽しく友達以上なおつきあいできたら最高でしょう、うん。

最終回の事件、盗作捏造&脅迫なんて犯罪行為で最低なんですけど……この作品的には作家本人が納得してて犯人と話もついてたらいいやーだそうなので、いい……のか。なんだかなあ。私が校閲なら、まさにこの部分に付箋貼って『無理です』って指摘しそうです(^^;;;) 
それに先生が犯人を訪ねる時に、悦子がついていく必要はありませんでしたよね。序盤に、ショーだか展示会だかの誘いを自ら断るのはわかりますが、あれこれ片付いてさあファッション誌の企画考えるぞー!ってなったところでの『先生を尾行中』というタコの連絡は正直いらないお世話だし、悦子も断ろうよ。
もっと別の騒ぎでドタバタして欲しかったです。いつかあったブログ本の表紙に訂正シール貼る的な、校閲部全体で取り組むお仕事な何か。悦子じゃない人のミスのフォローでもいいじゃないですか。

という具合に、ちょこちょこ「ん?」と引っかかる作品ではありましたけど軽く楽しく見てました。石原さとみは元気で可愛くて、菅田将暉もぼんやりかわいい。勘違いな奴はいても真の悪人は特にいない、頑張れば報われるかわいい話じゃないですか。夢中になれるほどのことはないものの全話見ましたよ。
あれ、でも本田翼の不倫相手って結局どうなりましたっけ? 

「地味にスゴイ 校閲ガール河野悦子」5、6 ☆

貝塚タコ八郎と復活作家が……無精髭、天パー頭、似すぎでしょw

シリーズも進み校閲室にはすっかり溶け込んだエッちゃん。今回も順調に企画に難癖つけまくりです。
子供が読書を楽しむため創刊する雑誌に『寡婦が』って、言い回しの前に物語の設定が謎なのは確かに!でもエッちゃんの主張する、全部易しいわかりやすい話だけにしてしまうのは、子供をバカにしていると思う私は本好き。ずっと対象年齢以上のものを、分かったって分からなくたって読んでたものです。何度も辞書引いたと騒ぐなら、英語の教科書みたいにページ内に脚注載せる提案をすればいいじゃない『寡婦=旦那さんが亡くなった女性、未亡人』て。
依頼を受けた大御所先生だって、やっつけ仕事や八郎の発注ミスや勘違いのせいじゃなく何か考えがあって『楚々として』と由緒正しく古めかしく書いたわけでしょ。原稿が挿し変わるならせめてそこを解決し、大御所先生本人が翻意するなり別原稿を出してくる話にならなくちゃ意味なくないですか。

なのに、貝塚が昔作家を潰したエピソードと合わせるもんだから大御所作家はセリフだけの説明で企画から降り、その無名の元作家のジュヴナイルが載りますってさ。音楽と徹夜仕事で画面は盛り上がっちゃってますけど、力注ぐ場所が間違ってる感じでモヤモヤします。
更にそのモヤっと場面で、交互にどアップで映る貝塚と復活作家(安藤政信)が似てるんだもーん。 まあさすがに私は青木崇高は見分けるけどさ、横にいた家族が『一人二役?』と言いだして吹きましたw ちょっと配役か髪型考えたらスッキリするのにね。
鉄パンツ女史の既婚ネタや、家模型くんのプロレスデートネタも、賑やかしにはいいけれど、さあ笑え!とばかりに強調されるのでうざいです。そこ深めるなら、5話スタイリスト(川原亜矢子)本の校閲回でせっかくファッション誌の仕事に一歩踏み込めた、その後の悦子と編集部の関係を描いてくださいよー!

恋愛方面だけは、幸人の同棲疑惑も悦子がぐっと飲み込んで揉めず、とっとと「好きだ」と告白もされて見易いのが救いです。

「地味にスゴイ! 校閲ガール河野悦子」1~4 ☆☆

いや派手に可愛いからw 石原さとみが着替えまくり怒り笑い必死に働く、まさに石原さとみ鑑賞ドラマです。
話が早いのもいいですよね。
知り合ったイケメンが、実は自社のモデル。兼、覆面作家。その校閲を実はヒロインがしている。どっちかの立場を視聴者に知らせずにしばらくひっぱるとか、登場人物に勘違させ続けることだって出来たでしょうに、話してすぐ校閲者が作家に分かり、3話でモデル=作家とヒロインも知り。お互いへの好意もちっとも隠してないわけで、早々にくっつくかと思いきや……本田翼の横槍がはいったかー!
でも直球ヒロインだから、同居やそれ以上の関係を知っても、好きじゃなかったふりしたり諦めたりしなさそうw

てなわけで、ひたすら愛読ファッション誌の編集者になりたかった直球勝負ヒロイン河野悦子(石原さとみ)は、何年も同じ景凡社だけの採用を受け続け落ち続けw 苦節6年、ついにきた採用通知はなぜか校閲部!いつか来る配置換えのため、仕事に励む日々なのです。
「ファッション誌以外、本は読みません」キッパリ
な女に、校閲が務まるわけないじゃんという技量の問題がもやもやするのですが、そこは我慢で。
膨大なファッション情報を網羅し暗記する頭脳はなかなかのポテンシャル、また目にした小物のブランドを知らずにいられない知識欲は、校閲の確認気質に通じると校閲部部長(岸谷五朗)が見込んだそうですよ。しかも名前が略すとコウエツw

あまりの破天荒と現場確認に走るフットワークの軽さで、私生活に踏み込み大作家(鹿賀丈史)を怒らせたり気に入られたり、ブログ本著者(ともさかりえ)と仲良くなったりのめり込み過ぎて大失敗したり。でも大失敗の結果校閲部の皆と絆が生まれましたよね。その後も『好きな作家は受け持たない』校閲不文律に異を唱えたり、芸能人の自叙伝担当でパパラッチと揉めたり。事件に事欠かず毎度大騒ぎです。編集者(青木崇高)とは初対面から喧嘩ばかりで、罵倒っぷりは夫婦漫才の域w

一方ファッション誌編集部には、悦子の後輩(本田翼)が読モあがりでちゃっかり編集者になってましたが、毎日辛そうです。企画出さなきゃクビ、素人男子モデルを発掘しなけりゃクビ、あれしなきゃクビw 校閲部のやりがいある楽しさとは対照的です。
それで見出された新人モデルが幸人(菅田将暉)、就活しない大学4年生。だって実は覆面作家是永是之で、その新作校閲が悦子の担当。個性的な校閲もお気に入りなら、知り合っての立ち話で早速「仕事で読んだ変な小説がつまらない」とぶっちゃけられてむしろ嬉しそうという相性の良さ。悦子をえっちゃんと呼び出して、もうつきあっちゃえばいいのに~w でも彼のえっちゃん贔屓を面白くない本田翼が急にキスしたりして……ふむふむ。

悦子の活躍を楽しくみていますが、校閲方面と本田翼方面の話が分離しちゃってる感が否めずドラマとして手放しで大好きってわけじゃないかな。
「文武両道って感じでいい!」
と悦子に言われたら、今までどんな説得もスルーだった幸人が一転、是永是之だと公表OKに。そういうパワフル悦子ファンタジーに対し、ファッション誌パートは盛り下がるんですもん。悦子があれだけ配属熱望しているファッション誌、校閲部以上にやり甲斐と熱気あふれるキラキラした職場として描いて欲しいですよね。勤務時間ブラックはともかくw
 
終盤、ファッション誌配属のチャンスをつかみつつも、やっぱり校閲がいい!ってことになるんでしょうか。それまで関わった作家が勢揃いで彼女を呼び止めたりするのかなw

ところで記者と揉める段。あの悦子を見てすぐ『名刺だせ』って、社会人として認知!嘘でしょう。近所の主婦にも見えないでしょうけどさ。名刺って違和感激しい。せめてケータイ番号交換だよね。揉めてる間に抱えてる封筒でも見て、景凡社関係と見抜くならともかく。ファッション馬鹿な場面も少なくて、女優記者会見のブランドに口挟むとか、もっと悦子らしい分析が欲しかったです。細部に神が宿るのじゃ。
出版前の本の内容について守秘義務もあるんじゃないのかな……。


「ショムニ2013」1 ☆☆☆

くやしい、面白い(><)


あの「ショムニ」をリメイクと聞いた時には、フジテレビそこまで困っているのかと驚き、あれを焼き直してどうするのかと呆れたものなのですが、うっかり見たら、普通に面白いんですけどー!!


とりあえず初回には往年のショムニオールスターズが勢揃い。

借金かえせと千夏を追いかける。返す気のない千夏は逃げ回り、自殺寸前だった新作ヒロイン(本田翼)の財布から

「要らないんでしょ?」

と金を抜いて『借りて』いくという、もの凄い出会いです(その前の「あんたもゲロ?」もスゴイw)


その新ヒロインと千夏が数日後にショムニ配属で顔を合わせようとはこの時は両者、知る由もなく~ってかw


『ショムニ配属=辞職』

が常識なぐらい、ショムニ伝説がまかり通っている事にも笑いましたw

それでも退職しなかった、色ボケ・霊感(安藤サクラ)・通販・ネット命(ベッキー)なそれぞれの後継者がちゃんとパターン通りに大げさでw 退職拒否理由も、本気でイケメン宅配くんを狙ってだったあたりもストレートで分かり易ーいw 


オリジナルメンバーの皆さんかなりふけ…うーんと積まれた経験がお顔に表れていらっしゃいましたけど、江角マキコだけが不思議ときりりと変わらず美しいんだよねー。そして美脚!20代のニューショムニガールと並んで歩いても遜色ないってすごい!


別に毎週みなくても困らなさそうで、たまに楽しく見るでしょう☆

「鍵のかかった部屋」最終回 ☆☆☆☆

ニヤリ。

えーっ、謎を解く側が消えてエンド??ピカレスクでもないのに妖しいラストで驚きでした(でもそうか、榎本は始めから正義とか倫理とか道徳とか、興味ないものね)


月9=恋愛ドラマだった枠に、まさかの犯罪もの。

キャスティングに嵐を持って来たところでどうよ?と思っていたものですが、榎本青砥でじれったい恋愛もほのかに匂わせ、事件は……そもそも主人公が殺人事件に興味ないんだからw 謎解きをふんふんと観ていればいいだけになっていて、仕掛け上手でした!

(オリジナルキャラの芹沢=佐藤浩市がまた上手かったし)

変わった切り口の犯罪もので、楽しく観られました。音楽も良かったわ。 


事件を捜査といっても、警察でなく弁護士とセキュリティー会社の社員。
ヤクザ絡みだから…とか、警察に言えない、言わない場合も多くて、『それはない』とツッコんだりw 時に斬新でした。

最終回なんて、通報すると真犯人を脅していた挙げ句に、どういう取引か盗まれたダイヤの何割かを懐に主人公失踪ってw

榎本が過去に何か犯罪を?な伏線はずっと出ていたので、正直ラストの真犯人は榎本の昔の仲間的な、もっと具体的に過去が暴かれるだろうと思ってました。そんな予想に比べれば、盗難事件の度に監視カメラに『偶然』映っていたぐらいの疑いと、やはり『元から偽物』かもしれないダイヤすり替え疑惑なんて軽い軽……いか?

まあ、気になる続編は淡々と再会しちゃえばオッケーでしょう。何を聞かれても榎本が答えなければいいだけですw


ちなみに、最後の電話が事務所でなく青砥の個人携帯宛でちょっと萌えました。覚えてるかメモするかしていたわけね、なんてw
ひとつだけ気になったのは「君の事を調べさせてもらった」という佐藤もとい椎名章。貧乏人がちょいと調べたぐらいで榎本の秘密が分かるなら、警察要らないよね

そして次回作の予告で大笑い。
IT社長との恋w 通常運転の月9だー、観ないかも


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ