ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

木南晴夏

「太鼓持ちの達人」最終回 ☆☆☆☆

こう来たか!

ドラマ部分はさておき、ガイジンさんが片言でフィットネスしながら媚びるミニコーナーの最終回では「DVDを買ってこそファン!」とまっすぐに視聴者に媚びw エンディングの背景では、いつものゲスト&街で聞いた『ほめられて嬉しかったこと』を主役3人&照明や音声の裏方スタッフに聞くという、かゆいところに手の届くサービスっぷり。ふざけるだけでなく、視聴者の喜ぶことをわかってくれてますよ。素晴らしい(><)


そして勿論の最終回大団円。


実は、援軍3人が街の一般人で段々に出会い、私生活でも知り合っていく展開ちょっと嫌だったんです。だってそんなこと無報酬で? 

いや案外ちゃんと副業で引きこもり君にはいいバイトだったかもしれませんけど、あんな大事なサポートが社員でなくては商品としてゲームの質が保てるのかと余計な心配をしてしまうではありませんか!


しかし、ペコペコと頭をさげる職場の父(おべっかならぬ岡部w)を見て走り去る息子福太郎(鈴木福くんになんてわかりやすい役名をw)と、マイク(柄本時生)リサ(木南晴夏)が出会い。息子と正面から立ち向かう決心をしたスタローン/岡部父(手塚とおる)と福太郎くんとの父子対決を2人が裏表からサポートする胸熱な展開は、なるほど本来知り合うはずのない間柄だからこそ西部劇みたいでいいんだなーとやっと納得。 ゲーム会社社員だと、同僚の家庭に首を突っ込む人になっちゃいますもんね。


そして迎えた「愛する家族のほめ方」!

大人になったな、父さんを越えたよハッハッハ てな普通は効く筈の小賢しい褒め言葉が、何故か息子には無効。 だってまだ子供扱いしてほしいんだもん、もっと一緒にいて、もっと普通にあれもこれもよくやったって言ってもらいたいんだもん……うわー(><) ここですでにヤバかったのですが、続く言葉は永遠の殺し文句でしょう!

「お父さんが大好きだから」   うわああああああああ、お父さんじゃないけど昇天したあああああああああw

なんちゅうか福くんは、いわゆる子役の賢い感じがなくてw 滑舌の悪さもあいまってちょっとダメそうなところが、こういう時には自然体で効果抜群なんですよねー実はそれすらも計算づくだったらどうしよう、怖いw


最後はすっかり父子共闘。怒るお母さんへのほめポイントを父に教えて「早く美味しいものでも食べに行こう!」ですから、こりゃあ家庭も安泰だw


毎回本当に楽しく見てました。参考にもなって2度美味しいw

ただ、ぽちゃOLへの肌ほめは!ありがちすぎて!それ体育会系上司が「たくましいですね」聞き慣れててスルーなのと一緒ですよね!(よく言われます……orz)

結婚パーティの回は…どうせ最初にフったダメ男に戻るんだろうなあと思ってみてはいましたけどね……ダメ男がそのまんまで終わったので変な声出ましたw 口説きのほめじゃなく、ダメ男にやる気出させるほめをシュミレートするべきだったのでは……ああでも、あのダメなままのバンドマン崩れ無職が好きなのかなw


媚びろ、まっすぐに!

手塚とおるの好感度があがった一本でした!

「太鼓持ちの達人」1 ☆☆☆

なんだこれw


褒め言葉で仮想敵を撃退する、シミュレーションゲームでの戦いを追う……ドラマ?

初回の今回は、若手営業マンが難儀な商売相手をどう懐柔するか、なのですが

ピンチに現れた玄人3人!

忙し自慢の磯貝課長や、超体育会系の部長の弱点/地雷を知り尽くしていろいろ助言してくれます


寝てない自慢のめんどくさい奴(地獄のミサワかw)は実は案外寝ているし、実は忙しくもないけどそこは突っ込まず
『磯貝さんがいなくちゃ、会社回りませんよねー』
とよいしょワードで撃破だー!
 

ラスボス超体育会系にはツボリましたw
横で見ている旦那も根っからのアスリート。低レベルギャグに始まってどれもはまるんですよw

身体や体力褒められても当然って顔、「繊細」と言われるのは好きーw 最初はまた体育会系をバカにしてると不愉快がってた本人まで、最後には大きくうなづいてる始末ですw


次回はめんどくさい女子会がバトルフィールドかな

鼓を叩いて出た言葉で爆撃など(ネプリーグの漢字問題のアレ的な)見せ方も面白くて、とにかく頭空っぽで楽しむのにいい感じ。そうそう、木南晴夏がいちいちタンクトップになる微妙なサービスもありますよ、エロくないけどねw

「ナンシー関のいた17年」

『プレミアムってなんだ』とラストにナンシー関調でツッコミが入ることに笑ったw 確かにナンシーさん言いそうw

突然の訃報からもう12年もたつんですねえ。しばらくはまって、何冊も読んだものです。もう新作が生まれないって哀しいよね。最近の羽生報道になんて、絶対なにか言いそうなのにw 


それはさておき、消しゴムはんこイラストのナンシー関さんの半生をNHKBSプレミアムでドキュメンタリードラマ化です。

東北弁はともかく、自画像でも有名な大きな身体。それに匹敵する女優さんがよくいたなと思ったら芸人さん(安藤なつ)だそうです。なるほどw


ちょっと色っぽいペンネームはいとうせいこう命名、待ち合わせる編集が外人女性を探してたとか、マジですかw 生来の弱視でアップでよく見えるテレビが好きだったとか、知りませんでしたねえ。

おまけに、地元の両親には『他人様の悪口で稼ぐなんて』と良く思ってもらってなかったとは…あんなに面白いのに、業界の寵児だったのに、切ないなあ…。

それでも、仲の良かった妹(新山千春)さんからの温かい目線で語られているのが救いです。


掲載誌が画面に登場する度に、一時停止で記事を読めるという特典つきでした。思い出を語る業界人映像が挟まるのも一興。ナレーションも、柔ちゃんの政界進出、有吉のふてぶてしさをずーっと前に予言もとい見抜いていたと指摘していたりで笑いましたよ。

興味のある方はNHKオンデマンドで見られますから、今からでも是非。

しかし消しゴムって劣化するよね…引き出しの隅っこで定規にはりついてたりするじゃないですか。『顔面遊園地』なる展覧会があるそうですが、原盤が今もスタンプできる状態なのかな。 

「黒い十人の黒木瞳Ⅲ」 ☆☆

黒木瞳コスプレドラマw

あんな役もこんな役も……といっても、美人でセレブな黒木瞳のイメージあってこその『こんなこともしちゃうんだ?』ですよねえ。


会社にきたお中元を持ち帰るOL(それも、社長からクレーム来そうなものは同僚に勧めるw)

回転寿司で喰いまくる女、高い皿は他人の山にw


できる上司役でのパンツスーツのラインには脱帽です。でも、決して座らないのは……痔主だったから、ってw  ゴルフ焼けは顔じゃなくてさ、片手だけ焼けてるとかをみるんじゃないのかな。


SNSの女は、真似ばかりしてくる女のために興味ない高額商品をプッシュしまくってプチ仕返し。
でもこれ、相手に散財させて溜飲はさげても「欲しいなー」って書いてる商品は実際に流行りそうでいいもの、なのがミソだと思ってたのですが。木南晴夏が助言を始めてからは、つながりまゆげがトレンド!だとかアリエナイことになっちゃってなんだかな。


村井良大くんが出てる!と聞いて見たのに、一回目で分からなくて見返しちゃいましたw サラリーマンかあ。ところで、画面のはじっこがボケてる演出なんでなんでしょう。


「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」10 ☆☆☆☆

またも使命を忘れそうになるヨシヒコw
今までも巨乳人妻騒ぎの度に「リセット」されてきたのってこの仏ビーム? 海の家の兄妹を助けてラジオ局解説だの、バナナボードだの、勇者の衣を脱ぎ捨てて普通に青春してるヨシヒコが新鮮でしたわー。

しかし、一体何のドラマを見てるんだか分からなくもあり。(親しくなったら実は魔物だった、という要素すら無かったじゃないかー)

そんな展開『クソ要らない』と言ってくれる仏、たまにはマトモなこというw


とにかく、ずっと山で話が進んでいたのに唐突に海な回。
沖縄ロケで出演者リフレッシュだったりするのかな。でも面白いから許すw

クオリティの低すぎるルフィ海賊団も、まあ時事ネタだしねー(^^;;;)

 

「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」8☆☆☆☆

まさかのミュージカル!!


前シーズンで「巨乳」を連呼していた時のように、今回は「人妻」を連呼する壊れまくりのヨシヒコw 転職する度にそんなことになっていませんか?


「勇者だからこそ不倫!」

おいおいおい……。


で、DVを受ける人妻フローナ(ブラに記名とかw)との花畑での逢瀬で突然唄い出すのでびっくりしましたよー。また無駄に美声!

最後リセットで記憶はなくしている様ですが、むしろ記憶を保ったままキッチリ反省させないとダメなんじゃないでしょうか。


毎回楽しくてたまりません。火曜の朝6時から家族で観てたりしてますよ。なにしてるんだろう我が家。


そうだあと「逞しいのねぇ」とお色気姐さんに声をかけられたダンジョー、「宅麻伸だ!」って返事に聞こえたw 宅麻伸って芸名は「逞しい」から、なの? w 


「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」5 ☆☆☆☆

「井戸自体が、オレさ♪」

出た~井戸! 佐久間一行システムw

元々お笑い芸人の出るドラマではありましたが、まさかの本ネタw 笑ったのなんのって。その間もずっとヨシヒコが真面目に「鍵職人では」とか言い続けていて、ぶれないわー。


そして本編が始まっても、金八先生のパロディが延々続く。一体なんなんだこれはw
息子なんて元の金八を知らないんだぞ!(なのに河川敷のあれを、外人娘がジョギングとか野球部が通るディテールまで分かるって、どんだけ世は金八パロディをし続けてるのやら)
挙げ句の「歩くという字は…」「親という字は…」の呪文に対抗できたヨシヒコの能力、それは!

「私はその漢字を知らない!」  一同ガーンw


2シーズン目ともあって、ネタをきちんとレギュラーキャラで受け止めて笑いに変える強さがありますね。

好きだヨシヒコ、ヨシヒコ好きだ。←メレブ風にw

「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」1 ☆☆☆☆

太眉の術は「イモト」じゃないのかw


待ってましたの勇者ヨシヒコ第2弾!

もうどこをとっても悪ふざけなのは相変わらずで、なかなか始まらないわ勇者は決まらないわ、格好よさげなオープニングですら仏がアレw。

ヨシヒコ達を生き返らせたと思ったらメレブ以外年寄りだし、若くしたらレベルゼロだし、家族旅行だし、仏4号だし

「1号出せや!」

怖いよムラサキちゃんw


いやー面白かったです!酒飲んでゲラゲラ笑いながら見たいですね。

え、前シリーズの最終回だった屋上バトルに戻っちゃった?ガンバレーw


「トッカン」2、3 ☆☆☆

相変わらず地味ですが、見始めれば面白いなり。


見張り聞き込み、潜入捜査。まるで刑事ドラマですよw

1話と違って金持ちの滞納ですから、どんどん取れー!と応援できます。でもそれってヒロインぐー子にとっては、調べる程に情の湧いていく相手を疑わなきゃいけないことな訳で。

亡妻を想ういい人……と想ったら、墓の隠し金庫が目的の日参だったなんてね。仕事としては褒めてもらえても気分は落ち込む一方で可哀想です。


そこで話を聞いてくれて、イベント誘ってくれて、励ましてくれてた「友達」芽夢ちゃんからのまさかの裏切り!

ちゃんと仕事柄ダメと断ったおごりも、あのうるうるの瞳で「友達でも?」って言ってくれたから、次は私がおごるね、と支払ってもらったのに。

なーるーほーどー、やっぱり美波はこう使われたのね。初回から不自然に近づいていた彼女は、実はクラブ澪のホステス、ぐー子がトッカンと「S」したママの手の者だったと。


滞納者にののしられる度、正論で答えるものの目線は泳ぎ、ぼそぼそと聞きづらい声のぐー子。一人前に近づくほどに、もっと声を張って胸も張って!堂々と相手の目を見て主張が出来る様になるのでしょうか?


ロッカイ(元マルサ)の木南ちゃんがキャンキャンつっかかって来ます。ここも、ぐうの音も出ない程こらしめてやれたりするのでしょうか?

尾行で定番「恋人のふり」!トッカンに抱きしめられて棒立ちのぐー子、ありえないぎこちなさで笑いましたw それをやっかむロッカイちゃんもたいがいだよねw ←ここにまさかの恋愛系な流れは来るの??(ジウで、北村有起哉と多部未華子がラブってきたとき仰天したっけ…)


「リーガル・ハイ」7 ☆☆☆

すれ違うのかー!! ←オープニングのハイキックw


ひー面白かった!

黛の従姉妹に呼ばれて金田一三昧、レトロなパロディも邪魔じゃなく裁判で争う部分もさすがの展開。

火田七瀬な従姉妹ちゃんが善意の塊で最後の発見もたまたまなのか、全て狙い通りなのかが曖昧にしてあるところがいいですね。今更「ボケてたんだー」と言おうにも、それは既に裁判で否定されちゃっている皮肉w

更にかぶせて、執事さんが休暇中というのも楽しかったです。

だから着替えを持って来てなくて、古美門は借り着で金田一耕助w上手すぎるw


これであえて文句をいうのなら、全体の流れとしては一回休みなところでしょうか。前回の元妻(鈴木京香)が出て来た回では、古美門の知られざる一面を見ましたけど(半分に割った金メダルw)今回は知ってた面の強調、ある意味同人誌的ですよね。

でもいいんだ面白かったから!!

「家族八景」1 ☆☆☆

コメディなんだw


住み込み家政婦として流れ歩く七瀬は超能力少女。そんな重大な前置きさえもサラッと流されて始まる『他人の考えを覗く暮らし』。原作:筒井康隆。

七瀬にとってはダダ漏れな他人の思考を、活字を駆使して見せた原作と違って、映像でさてどう表現するのか。ストップモーションにエコー音声ってのが『普通』なとこでしょうが、今回は”裸”で見せてきましたw セックスには謎のドピンク♡クッションw 別の家庭では別の表現で来週は花まみれ? なんじゃこりゃーw


そして、愛人を囲う夫、その愛人を抱く息子、まぐわうw娘 と食卓を囲みながらも、ひたすら家事のことしか考えていない母親……は、もしや七瀬の読心力を知ってそれを避けているのか?←初回からそんな可能性を出してくるとか。


毎回別の家庭で、別の隠された問題を暴きながらもしくは見過ごしながら、七瀬はどこに向かって行くのか?

「ドラクエ」のムラサキちゃんが小生意気に好演。


「勇者ヨシヒコと魔王の城」~最終回 ☆☆☆☆

「涼しいのです!」

冷房のかかった部屋から出られなくなる勇者ヨシヒコw またそれを堂々と言い張るところで声出して笑ってしまいました(><)

そもそも、魔王の国がそのまんま東京だったのにも笑った笑った。予算カット効果+寓意でお得でしたよねー。


そんなこんなで、長かった勇者ご一行様の旅も終わり。

ああ楽しかった!


おかげで我が家でもwiiの復刻版ドラクエ買ってしまいそうです。

海外にもドラクエファンは多いでしょうが、このドラマ楽しんでもらえるんでしょうか。ドリフやAKBのパロ満載じゃ、よほど日本マニアでないと駄目かしら……

でも日本の漫画、アニメも広く薄く見られる様になったせいか、目が大きくて手足が長いキャラは「日本人じゃない」という外国人の主張が最近、目立つんだそうですが。あの鳥山明のかまぼこ目なドラクエキャラだって、山田孝之で実写化されていささかの問題もありませんよね。「ドラゴンボール」の実写だって、主人公がアメリカ人でびっくらこいたのに。(特に周囲と比べて誇張されているか、設定が「外国人」じゃ無い限り、こちらの脳内では人間=日本人。宇宙人でもw)

その辺も、このドラマで汲み取ってもらえるといいんですけどねー。


映画化はしないで欲しい。

最後の台詞が笑えなくなっちゃう。(「スペック」映画化だそうでがっかり)

「勇者ヨシヒコと魔王の城」~#5 ☆☆☆

かっぱぱ~るんぱっぱ~ 黄桜でしたねーw

今週のオィーッスの村ドリフ三昧といい、中年の心をくすぐる笑いがいっぱいです。

それに加えて、つぼ割り!

およそRPGゲームをプレイしたことがあれば、あの『他人の家の中』で棚は開ける壷は割る、見つけたものは俺のものという狼藉に一度はツッコミをいれているはず。パーティーが一列に歩く様子とか、村人に話しかけても同じことを繰り返すだけというRPG仕様にも笑わせてもらいました。

これを観て、ドラクエやってみたくなる人は新規にしろ久しぶりにしろ、いるんでしょうねー。

初回ではかなり呆れていたくせに、だんだん癖になってしまいました。楽しいw
毎回冒頭でおばかな戦いを繰り広げる魔王の手下も豪華キャスト、あべこうじに沢村一樹にと楽しんでます。小池栄子の天女も下世話で良かったわーw

あと8話とか。

そんなに話が保つのか、別に毎回みてなくてもいいんじゃないのか、と思いつつもやっぱり観ちゃいますw(夏休みなので我が家の中高生も観てるから……懐刀とかの下ねたはやめて欲しかったかな。深夜なれど)



人気ブログランキングへ

「勇者ヨシヒコと魔王の城」1☆

薬草は村に届けなくていいの?


……とか、ツッコんでも空しい系(笑)

勇者の証である岩にめり込んだ剣が、ヨシヒコが触る前にぽろっと落ちちゃったり。「父の仇!」の証拠がひどかったり、仏様が主人公にだけ見えなかったりw 繰り出される小ネタで結構笑いはしましたが、別に毎週見なくてもいいのかな。
山田孝之のドラクエコスプレだけでもニヤニヤできちゃうw
くだらなさは深夜向けですが、教訓もおっぱいもグロもなくて大丈夫なのかと、要らない心配もしてみたり。あ、夏休みだから夜更かし小学生もターゲットなの?




人気ブログランキングへ

「銭ゲバ」最終回☆☆☆

走馬燈の様に……といえば、人生最期に今までの記憶が駆けめぐることの筈なのに。風太郎のそれは何故か妄想(笑)

野球チームの友達とディズニーランド、優しいパパに薬をちゃんと飲むママ。お小遣いを浪費!!して怒られたり。
財布を拾えばきちんと届け、お巡りさんにほめられ、大学に合格して茜と出会い、友達と出会い、バイト先で説教され、馴染みの洋食屋!でベラの煮付け食べて……デートして……結婚して子供ができて……。

今までの殺したり死んだり騙したり殺したり利用したり死んだり、という”本当の記憶”orzもはさみながら淡々と、平々凡々な生活が30分以上続くんですからもう目眩がしました。
ここだけうっかりみちゃった人もいるんじゃないのかな。
「あれ、こんなドラマあった?」
としばらくみていると、暢気な坊やと同じ顔の男が突然殺気だった目でよだれ垂らしながら呻いたりするんですよ(><)

確実に悪人だった風太郎だけど、金さえあったら、こんな人生だったのかも。
「お前らみんな銭ゲバだ」
私たちだって、金がなかったら風太郎になるのかも……ええー??それは納得できないなー(^^;;;; )少なくとも、可愛い我が子を小学校中退にはしないよう。

なので、ラストの巻き戻し、淡々と説教かましてた風太郎には一気に醒めてしまいました「じゃあな」じゃないよー。

もっとも、だからって風太郎が死んだことも、真っ向から何かに挑んだドラマの素晴らしさも変わりはしませんが(巻き戻る間、スーパーイリュージョンで逃げてたらどうしようかと思った)、一般化されたら困る。
風太郎は風太郎。

導火線がまだ長かった気がするので、あんな余裕だった男も間際には泣きわめいて死にたくなかった、とつながるんでしょうか??

亡き風太郎に酒を手向けてた父。彼の責任はもっと追及されるべきだと思う。
ハルちゃんがなにげに怖くなっててショック。犬がどっか掘り返していたのは白川くん…??

新聞記事じゃありませんが、謎を残しつつ若き社長は爆死。
このスッキリしない感も含めて銭ゲバなのかなと思いつつ……松山ケンイチの代表作にまた1つ伝説が加わったことは間違いありません。

さて、録画を残そうかどうしようか……(><)

8話 7話 6話 5話 4話 3話 2話 1話
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ