ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

朝加真由美

「限界団地」2、3 ☆☆☆

「それでこそ団地妻!」
団地妻を、褒め言葉で使うとはさすが寺内さん。当の江理子さん苦笑するしか(^^;;;)

2話で裁かれたのは不倫妻と騒音女でした。
正直、配達のお兄さんが妙に長居していようとそちらの問題。夫ならともかく寺内さんが双眼鏡で見張ってる方が怖いんですけど。
『神聖なる団地で不倫なんて』
と怒髪天な寺内さんに、プライバシー云々は通じませんからねえ……。回覧板につけたマイクで秘め事音声を団地中に放送!!間男には許した素振りで、配達品に毒を混入!自ら飲んでの毒殺容疑で社会的に抹殺とは、嫌がらせにも身体張ってます!エレベータがない古い団地に、階段登って配達してくれる業者さん重宝したでしょうに……。

それに比べると、大音量でカラオケする女は宴会にご招待。あの歌は亡き旦那さんの好きだった歌、寂しかったんですね、それに気づいて欲しいから大音量だったんでしょう?……って、優しい~。なんなのこの差は(^^;;;;)

団地を汚(けが)すこと、 に加えてお隣の颯斗くんやママの江理子さんをいじめる奴は極刑なのかも。
不倫奥さんは、PTA雑務も道路の清掃も江理子さんに押し付けて『見てるとなんかイライラする』と公言してはばかりませんでしたし……その息子は颯斗くんからゲームカード強奪。なのに強く言えない江理子に、見てるこっちはイライラするのですが守りたいタイプにはたまらんでしょう~。
なんと寺内さん、謎の老婆にあらかじめ江理子を勧められて素行を調査。世話好きで優しいところを見込んで、隣に越して来たのでした。うわあ……。自分亡き後の『ほのかの保護者』候補であって、自分の妻にってわけじゃなさそうですが……キモさは50歩100歩。

押しに弱い江理子さんは、とっくに母子で寺内さんに取り込まれていますが、旦那は苦い顔です。疎遠になれと言い渡し、もらったアップルパイも捨てて礼だけ言わせるのですが……。ばれちゃうんですよ!だってゴミ袋漁って確認しますもんorz お手製アップルパイはイチゴ入り、驚いちゃった~ってところまでセットで、既製品食べさせてごまかしてもダメなんです。
ああこれは、旦那殺されちゃうよーと思ったら案外搦め手で、まさかの颯斗くんに一服盛って、川に落ちたところを寺内が救出!
捨て身の作戦に、江理子さんからの信頼度は爆上げです。
しかも入院の間、孫を預かってもらって益々家族付き合いは密に。身体張った甲斐があるってものですねえ……。もちろん旦那は『なぜ川に落ちる』ともっともな疑問を抱くのですが、息子の命の恩人を疑うのかと仏の江理子さんも非難。だったら……と、寺内を憎む婆の計画通り寺内宅に覚せい剤を仕込んでみるのですが……。
それって、すぐ警察に通報して発見してもらわないとですよね。ただ置いただけの覚せい剤は帰宅した寺内に即発見されて(超整頓された家ならではw 我が家じゃ無理)返り討ちに。それも、不倫相手がオーバードーズで死んで警察来るという、容疑者だわ不倫はしてるから否定できないわ、もう離婚切り出されても仕方ない案件で火だるまです(^^;;;;)

……愛人殺し、火災と違って大変そうですがまあいいや。

つい、なのか わざと、なのか 息子夫婦と仲違いし放火で死なせるまでの経過をお隣旦那に暴露する寺内さん。居合わせた自治会長がぎこちなーくなると
「やだなー、冗談ですよ」
「で、ですよねえ」

とは言い合いつつ、リアルすぎて(^^;;;) さあ疑いすぎると自治会長の身も危ないぞ!どうなる山崎樹範!

SNSでタイアップ企画をしているそうで、『◯◯が限界』と発表してもらえるグッズをみてたら『ドアノブカバー』が!ほのかちゃんが生地を選んで、寺内さんが縫ったあれですw イヤゲモノw 
イチゴ入りアップルパイ食べてみたいのでコンビニと組んで作ってくれませんかね。作りながら歌う歌が、また可愛いくて怖いんですw 

「警視庁機動捜査隊216」9 硝子の絆 ☆☆

はい、塩対応~w
前回やっとヒロイン舞子(沢口靖子)をお食事に誘えた土居記者(西村まさ彦) 全くその後が続かない様で、期待持たせた分余計に酷いぞ!と車庫でわめくから丸聞こえw まあチームにはもう周知の仲ですものねえ
「また振られたんですか?(^▽^)」
で済まされてますよ。

今回のテーマは絆……。
離れて暮らす母を捜す、幼い兄妹。援助交際と間違えられる父娘w 娘を轢き殺した車を探しビラを配り続ける母(土居が取材) そして、危篤の父のために勤務を離れる富田(松尾諭)
捜査一課に嫌味を言われつつも「警察官はたくさんいるが、息子はお前ひとり」と、富田を送り出す機捜隊素敵じゃないですか。なので今回は、顔を洗う富田で始まり終わりも顔を洗う富田の……号泣で終わるという、居なかった富田の印象が強い回に! 逆にお決まりだった舞子回想の犯人射殺場面が初めて無しに。前回の遺族取材で一区切りついた、ということなのでしょうか。

事件は、レストラン横で見つかった遺体(勝也)が5年前の強盗犯と分かってのあれこれです。
下っ端警官(青柳尊哉)が、いかにも何かありげに何度もアップになり、本当に何かあったので2時間ドラマはわかりやすいですよね……。その5年前の強盗から逃走時、轢かれて亡くなった女性が婚約者だったとか。←だとすると、記者発表前に母(朝加真由美)にかかってきた『犯人は死んだ』という内部情報を漏らす電話も、ああ警官だったのねとなりそうでなりません。背景にバッティングセンターの音が!と、その横で働く人が電話したとなるわけですが、いやいや警官もそこ勤務範囲! 客かもしれないのに、なぜ経営者にまっすぐ疑いがw まあいいですけどw

もっとすごいミラクルは、舞子が通勤中に触れ合った兄妹のママが、その遺体と揉めていた女だったり。ラブホの前で揉めてた美人局がまた、遺体の舎弟と関係者で……犯人だったりするw 錯綜する関係者が朝から舞子に絡みまくるのは恒例とはいえ、こう来たかと二転三転楽しめました。
そしてこれも恒例の、テーマに沿った土居さんの捨て台詞w「俺たちは、そんな細い絆なわけ~?」最近はスクープ狙ってないから、情報提供することはあっても土居にメリットはあまりないのに毎度の朝の待ち伏せw ご苦労様です!

ラスト目黒分署の屋上から眺める町が、住宅街でおやおや。シリーズ5「まだ見ぬ夜明け」のラストではビルの谷間みたいじゃなかったですか?舞子の心境の変化なのでしょうか。

大きな地震直後で、L字テロップ入り&途中でニュースの入る放送。見ていて落ち着かなかったですわ……。

「VISION 殺しが見える女」~4 ☆☆

お母さん(朝加真由美)も見えるのね!!


殺人、幽霊、信じてもらえない、と同じことの繰り返しでしたがやっと話が動き出しました。

ヒロインたら留学してたんだ。
絶縁している母、ってことで一卵性の双子でもいるのかと思いましたが。クリスティーナの謎はまだひっぱります!
 

しかしお母さん、喫茶店の客(無口)なのか幽霊なのか判別出来ない程の生活でちゃんとお店はやっていけてるんでしょうかw


そして赤いコートのボンテージの女が本当にいい走りで笑いました。ハードルもちゃんとやってた感じじゃなかった?w


「もう一度君に、プロポーズ」最終回 ☆☆☆☆

ハッピーエンドで幸せ(^^)


竹野内豊と和久井映見を配した恋愛ドラマだというのに、結局キスすらしませんでしたよ。

でもいいんだ、夫婦に戻った2人が幸せそうだったから。


元カレが出て来たのに、元さやにも喧嘩にもならず

「俺ドロドロしたの嫌いだからー」

と、ヒロインを助けヒロイン弟から姉ちゃんは幸せそうと聞いて喜んでる姿は新鮮でしたw ホントに、水嶋オートの彼女と弟に恋は始まらず、弟が捨てた彼女と可南子元カレが出会うこともなく。まして波留父と可南子母が恋に落ちるとかいう恐ろしいことも起きずw
ここでは本当に波留と可南子、結婚5年目の夫婦に起きた事件を丁寧に描いただけでしたけど、そこが良かったです。
どちらにもいい職場、優しく楽しい姑に舅。もう一回言うけどそこが良かったんです。


同じ親に捨てられた子でも、俺可哀想アピールがうざかった峯太郎(「クレオパトラな女たち」)と違って、「幸せです!」と初めて会う母(朝加真由美)に言える波留は素敵でした。そして、無意識に避けていたんだろう子どもを持つ=親になる事に向き合える様になって。

ラスト「6年後」は唐突でちょっと笑っちゃいましたけど、子どもがいて、夫婦から家族になって幸せそうな場面が見られてよかったです。


(初回からずっと思い出していた萩尾望都「A-A'」、そっち通りなら、最後は波留が事故を起こすだろうと思うと後半のバイクの場面はとにかくハラハラでした。ああ、ハッピーエンドで良かった)


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ