ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

最高の離婚

「最高の離婚」最終回 ☆☆☆☆

寄り添い歩いて始まった恋が、夜通し歩いてまた夫婦に戻る。

素晴らしい最終回でした(><)


でも光生の両親が出て来た時には、正直ちがうだろーとがっかり。だって、神経質父&ガサツ母じゃ結局光生&結夏と同じじゃないですか!あの母を知っているのなら、世の中にガサツな人間がいると知ってて育っている筈。いや下手したら、女とは総じてガサツな生き物であると信じて生きていても不思議じゃないですよ。祖母や姉だって、あのそっくり父を知っていて何故『いつか犯罪を』とまで光生を怪しんでいたの?

最終回だけ切り取れば、そっくり両親は面白い。

毎日喧嘩しながらも仲良く暮らせちゃうものだねと思える善き見本でしたけどねー。

ここだけ残念。

じゃあどんな両親ならいいのと言われると…違うタイプの神経質2人、でしょうか。両方で片付け直しあってるみたいな…うわー嫌w


さておき、猫も戻って。

諒と灯里夫婦もいい感じに子どもを待つ2人になれて、光生が描いた幸せな普通の未来、同じ小学校の父兄になってバーベキューなんてことにも案外なっちゃうのかもしれませんね。

そして夫は歯医者、妻は定食屋でのろけや愚痴をこぼしまくりながら生きていくんです。いいんです(^^)


「最高の離婚」9、10 ☆☆☆☆

淋しい光生、地下アイドルにハマるのかー!w


結構ジェットコースターなこのドラマ。2話感想を貯めると、もう全然違う話になっていますよね。

8話最後での諒と結夏のキスは酒の勢いだったけど、灯里と光生の方は結構本気な恋で。ちゃんとデートして、ちゃんとそういう関係になろうね?なんて言ってたところでの『4人で話し合い』


すると案外、結夏は嫉妬で泣くほど光生が好きなんだし。

離婚したくせに何?と正論で問いつめる灯里はコワいしw

ラインの着信ばっかり気にする諒は、何の為にいるのか。

子育てして、家族ぐるみBBQする未来だってあったのに!と叫ぶ光生が実は一番まともな人だった気がするほどのわけの分からない話し合いで……。

9話でのラストは、灯里の妊娠発覚w そりゃ映画も遅刻しますw


灯里は好きだけど、子どもごと受け入れるなんて結夏への裏切りだと思う真面目な光生。

1人で育てると言ってたけど、結局現実問題として諒と愛のない結婚をしようと決める灯里。

「その子に会いたい」

と泣く諒に感動するんじゃなくて、「めんどくさい」と困惑するんだから、もうどれだけ気持ちがないんだかw きりかえがはっきりしてるなーw


その頃の結夏はといえば、AV女優に勧誘されてw

仕事のことといい、意外に自己評価が低くて褒められてこなかった人なのね……。怪しい男でも、褒めてくれたらちょっと嬉しくなっちゃう。まあそうだけども。

「つきあえなかったから」

と、光生をその分まとめてほめてくれる灯里と対比されていて面白かったです。


面白いといえば、実は諒だって「灯里を奪った」光生に怒ってて殺意まであって、光生だって妊娠が無ければもうつきあえたってのに呑気に何も知らないままの諒に殺意湧いたりして、地味~な殴りあいからもみ合いになる場面もなかなか笑えましたし。

その後、思わず身を投げた諒を見舞いに行くと女に囲まれてたりw


うん、やっぱり「男は男、女は女と結婚するべき」……いやそれは(^^;;;;)


結夏のいない空の椅子に話しかけ、

その空の椅子に座ってみて固まる。    淋しいよ(><)

「最高の離婚」8 ☆☆☆

夫婦交換!!

…いえ正確には、未夫婦と元夫婦間の交換ですが。あーびっくりした(><)

元鞘だった光生と灯里はともかくも、結夏と亮介はどうしてこうなった!光生を、灯里さんを、それぞれまだ好きなんじゃなかったのー!!それとも同様に

「一回寝てみよう?」

な罠にハマったんでしょうかw


見た目は繊細に見える亮介さんですが、光生の部屋に転がり込んでの生活は見事に男結夏w ガサツでだらしない甘えん坊でしたよね! 寒いからって他人の布団に潜り込む、それを女の子にされたらうっかり結婚もしちゃおうってもんですが、男にされてもなーw

更に、結夏の父(ガッツ石松、サイコー)が何も知らずに泊まりに来てスカイツリー観光を一緒に。パンツも歯ブラシも他人の使っちゃう最強のお父さんで、結夏がどう育ったのかよっく分かりましたよ。そして離婚をしたと告白されて、光生をぶっとばす! いやはや。

「もういい大人なんだよ!」

と、呼び出された結夏はキレますが、いい大人は親にも知らせずに離婚しておいて驚かせたりしませんよ。


そうだ、歯医者の彼女が寿退社w

この前ホテルに誘っておいて、もうって、あてつけなんでしょうか。

居合わせた光生と灯里を呼び寄せてまで、しちゃいけない話をしてかき混ぜて帰っていきましたよ(待ち伏せだろ><)


いろいろ、まとまったようなとっちらかったような……!?

で、ダイオウイカは観なくちゃだよ光生くん。離婚してても。 

「最高の離婚」7 ☆☆☆

桜が見える家に嫁いで、桜が嫌いな人と暮らして……(涙)


「幸せになるために、人を好きになるんじゃない」と

好いてくれる人を好きにはなれずに、すれ違う人を見つめ続ける日々ってなんなんだろう、結夏が不憫すぎてちょっと涙が出ました。あんな光生だけど、好きだったのねー。


桜の時期には花見客であふれる目黒川のこっちとあっち。

桜が好きな2人と桜が嫌いな2人が気付かずに行き過ぎるなんてさすがドラマは出来過ぎです。で、『好きな動物ランキング』にマレーバクやらを選んでいるマニアックな光生が、動物園に勤めていたことがあるとは納得。そして『頑張れ』と理不尽に励ます奴をぶっ飛ばして退職したそうですが……。

あえて灯里に伝える激励。

「ありがとう」と呑みに誘う灯里。

…それだけならいい場面なのに、タイミングは最悪で結夏の家出(?)も感動の置き手紙破棄にも間に合わなくなってしまったじゃないですか。いい手紙だったのにな。


そして空っぽの家で、ナツメグ入りハンバーグを手に呆然とする光生。

泊めて、と現れて「手がいっぱい」と断られると皿を持とうと提案する諒。だんだんこいつも光生の仲間じゃないかと思えてきたわw


ていうか、料理が終わる頃には家の中その料理の匂いでいっぱいになるよね?なのにロールキャベツの時の結夏も、今回の光生も(むしろ焦げ臭かった様だけどw)気付かなかったり隣じゃないかで片付いたりは妙な感じ。まあいいけど。

缶詰めと缶切り、いい豆知識なのに。結夏の伝え方がヘタすぎて笑いましたw 


来週はでも、結夏の実家の父ちゃんが来ちゃうみたいな予告。光生のおばあちゃんも「もう一度だけ考え直して」と言うし、最終回までにここの夫婦はまだやり直す道は残っていそうな気がしないでもないです。

可愛い年下からの求婚もきっちり断ったしねー(ああ、窪田くんがもう観られないのは残念)

しかし好き→気持ち悪いに速攻格下げになっている諒と灯里のところはもう無理なのかしら。さてさて。

ちなみに私もナツメグって何さ派。 


「最高の離婚」5、6☆☆☆☆

諒のトラウマ話、やっとキター!!

高校生にして駆け落ちw でも相手は先生とつきあってて、諒でなくても良かったとかorz
……って可哀想なお話だけどね。それだけを理由になんでもしていいわけじゃない。『幸せになるのがコワい』という解説も愛人の妄想だし。父が鮫に喰われた女と、駆け落ち相手に「足りない」と結婚を拒まれた男。2人で手を取り合ってなんでも乗り越えていく道もあったかもしれないのになー。


灯里が結婚を望んだ時は諒が逃げていて。

いざ諒が腹をくくって手を伸ばした時には

「他の女を抱いた手で触らないで!」

と振り払われる程にこじれていたのでした(><)


黙って大丈夫なふりをしていたけど、辛かった。そう長々と独白する真木よう子は圧巻でした。
前作「遅咲きのひまわり」でも地元に戻っても高地弁を話さない役で、今回も東京言葉がイヤミだと訛ってる妹になじられる女。そのままでいくかと思われただけに、あの東北弁はねー。
そして、その後また東京弁に戻っちゃうと同時に扉が閉じた様に剣もほろろw 


その前の結夏の独白大暴れ、楽しいことをしてると光生もいたらいいのにと、美味しい物は一緒に食べれたらいいのにと思う。でもあんたはそうじゃないんだー自分のことしか好きじゃないんだーもう大嫌いだーetcが、結局まだ好きなのかなと思わせるのと違って、灯里は冷めたらもう嫌いになってるのかもw

こういう人を好きになり方って、音楽や服や行く店の趣味の変わり方ときっと同じですよね。増えはしても好きなものはずっと好きな人と、ある日を境にイキナリ生まれ変わってしまう上書き型の人といるというか。


……しかし、その言い争いをなぜ他人様の家でするかなw 光生のおばかさんが誘ったからってw

そもそも浮気夫婦の言い争いになるまでの、光生と結夏元夫婦のトゲトゲした会話が楽しくってたまりません。諒と灯里のことだって、最初は2人が別れたらいいと思ってた筈なのに、どうしてこう熱心にお話し合いを勧めているのw しかも双方からウザがられる理由が賞味期限w このドラマってホント口喧嘩が笑えますよね。なんでもない台詞がどうしてこうもいさかいに化けてしまうのかというw


そういえば窪田正孝くん演じるボクちゃんがまあ可愛いです。

大家族のイイ子、バイトさせても使える子!主人公のトゲトゲした言葉を平気で受け流せる子。結夏さんへの好き好きオーラで彼女も悪い気はしてない様だけど、恋愛対象じゃないよねw 元旦那の寝間着を貸して、徹夜の後寝かせてあげて、その間自分はお風呂に入れるだなんて逆に子ども扱いもいいところでまるで気がない様にしか思えないのですが……なんとまさにそこでおばあちゃんが来て不倫を疑われるとはー(><)

違う、違うのよー。
いやもう、楽しすぎて目が離せません。 

最後にちょっと我が家の話。
男が子どもなのかどうかは置いておくとして
「当たり前のことを主張し続けていると、自分がイヤになる」これはよく分かります!
ゴミはゴミ箱に。汚れ物と使ってない皿を混ぜるな。そんなことを毎日叫んでいると時々ふっと我にかえるの。
一方の旦那は楽しみにちょっと10km20km走ってくるのが日常の男w
不健康だから健康っぽいことをするとか光生に言われてもう大笑い


「最高の離婚」3 ☆☆☆☆

夫婦A(婚姻届未提出)と元夫婦B(離婚届提出済)が、雁首揃えてお茶って(><)

しかも「最低な男」ってキーワードで妻Aの学生時代の元カレを引き合いにだしてくる夫Aですが、そ、それって元夫Bのことですからー!!

愚痴が多い、細かい、すぐ他人のせいにする元夫Bのこと、どうせ当時もそんなことで嫌われたんだと視聴者みんな思っていたでしょうに、思い知りました。最低ってそれ以下の無いどん底なんだと。


隠していた家族の死と、自分の大切な夢を、打ち明けてみようと思った矢先の暴言。

ああ、こりゃ成る程「死ねばいい」だわ…。

「ジョーズ」を観ての一言はさ、そりゃ、本当に鮫に喰われて死んだ人の娘が目の前にいるとは思わないから仕方がないけども。ジュディマリの曲に関しては、CD持っててかけてるんだから、好きな曲でしょ!けなすことないでしょ!


しかし逆に、ケンカが絶えない元夫婦Bが、割れ鍋に綴じ蓋のお似合い夫婦だったんだなーと思う回でもありましたよ。光生(瑛太)と結夏(尾野真千子)のフェイスブック見栄はり合戦なんて、超くだらないw ツレがあんな風にSNSに夢中だったらつまらないよねー。
そして誘われた映画に、懲りずに1分遅刻する結夏。やーい振られてやんの!(私も映画の遅刻は許せないたちだけど、だからって速攻帰るあの男は、光生よりよほど怒っていたと思うのだよ) 


そして楽しみにしていた諒(綾野剛)の本音は今回だったようですが、えーっと、よく分かんないよw 女2人や光生の様に、日常に関しての細かい愚痴じゃなく、愛人のベッドで語る夢のお話でございました。テトリスかw

そんな諒でも愛してるし、自分は妻だからと浮気を知っても見逃している灯里(真木よう子)。なのに、婚姻届が出てなかったら話が違いますよね? ←だから彼は私のもの、と窓に投石までする愛人登場(><)いやきっと、君のものでもないよ、あのふわふわした男は。


そして投石疑惑(いや確信w)を否定するでもなく、自己憐憫の世界に逃げてしまう光生に戸惑う灯里でまた来週へ。
ああ、待ちきれないー!!


そうだ合コン相手に窪田正孝。チャラいバージョンでしたw

「最高の離婚」2 ☆☆☆☆

今回ラストは、元カノさんの愚痴披露だー!!

この調子で毎回誰かの本音が聞けるのかな、来週は綾野君かな(しかしこの旦那さんは、記憶障害でもある役なのかなw)

「こんな男『死ねばいいのに』と思ってました」

と、本人に向かってぺろっと語る元カノ真木よう子に仰天。それまでずっと普通に愛想良くて、声を荒げるでもなく凄い事いうから余計に怖かったよね。だ、だったら再会の時に愛想良く声かけたりしなければいいのに!もう憎しみが薄れてたから?単に大人だから?

まあ当時嫌われていた理由も、今回の離婚騒動から想像がつきます。本人には自覚がなかっただろうことも。

なので、再会に浮かれて勝手に元カノとの再構築を夢に見、現夫の浮気を言いつければと口説きに来たのに、ノロケを聞かされて、嫌われて、主人公ぺしゃんこ!
いい気味だw


元奥さんとも、しばらくナイショにしようかと相談する程度というのは、リアルなのかなんなのか。

本人同士の関係はどうでもいいけど、家族のつきあいを断ち切るのは申し訳がないという離婚の側面は分かる気もするけれども。


こんなに主人公が嫌いなのに、ドラマは楽しいのも珍しいです。
どの人物も、次に何を言い出すのかが楽しみ。でも、描かれている結婚が不毛なのは淋しくなりますね。私は普通に幸せに結婚生活送ってるけどなあ。例によって途中で寝ちゃってる旦那に優しくしようと毛布かけてみたりしてw

「最高の離婚」1☆☆☆

店員を話し相手にするってダメですよ。相手は仕事中で逃げられなくて相づち打つだけで、君の話になんて興味ないって。友達いないのかよって思われてるって。


しかも歯医者って、必要な「痛い」も手を挙げて伝えるような場所なのに、まあ主人公(瑛太)ったらくつろいでますw のろけですらない、結婚生活の愚痴を語る語る。嫁がダメだ、酷い、つらい、オレだけが我慢をしている、ですって。

まあ確かにそんな面もある嫁さんに見えて、再会した元カノと居る方が居心地いいのはよく分かるのですが……

私は結婚して20年毎日楽しくて幸せで嬉しく過ごしているのになあ。大きくわけると夫でなく妻の方、開けっ放しで出しっ放しで怒られる方なので、愛しの旦那を毎日拷問してるのか??文句を言い続ける瑛太に哀しくなってしまいました。 


そんなにイヤな人となんで結婚したの?

と、視聴者みんなが思ってたことが中盤で語られて大納得。あの3.11の帰宅難民がきっかけだったんですね(←そんな風に震災がドラマで語られることにも、お茶の間ざわざわ)

『話すことがないから手を握って』

と、なし崩しに暮らし始めて結婚て、自業自得じゃー!!


そして見方を変えればそれはすてきな思い出。

がさつな妻(尾野真千子)だって、祖母に気に入られ、主人公が継がなかった実家のクリーニング店を切り盛りし商店街ともつきあう良い嫁じゃあないですか。

終盤、今度は嫁の愚痴ターンが始まってやっと溜飲が下がりました。ほら嫁だって我慢してたんだぞー!

……でも店員に愚痴るのはダメってw そこだけは似た者夫婦なの?w 


瑛太が気にする元カノに真木よう子。

クリーニング屋に口紅つきシャツを持ち込むイケメンに綾野剛。

別々に出てきた2人が「主人です」となり、逆に瑛太と尾野真千子は離婚が成立して初回終了。まったく期待せずに見始めたのに、神経質な主人公のことなんてどんどん嫌いになるのに、何故か引き込まれてしまいました。

最後は妻に謝ってよりを戻して終わるんでしょうか? 


尾野真千子と綾野剛が並ぶと「カーネーション」を思い出すのに、似合いの2人に見えなくてちょっとショック。そしてサザンにのせてのギラギラのエンディングで更にショックw

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ