ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

時効警察

「2007春ドラマ総括」

新枠も増えて週20本!それをとりあえず一話は頑張って全部見て……。

完走したのが6本。
「わたしたちの教科書」「プロポーズ大作戦」「セクシーボイスアンドロボ」「時効警察」「バンビーノ」に、まさかの 「ホテリアー」(笑)
そこに「風林火山」と「仮面ライダー電王」と、これから最終回の「エリートヤンキー三郎」も加えると9本なので、結構頑張ってみちゃったかな?

 とりあえず恒例?じゃすみん的ランキング発表〜パフパフ
1位:「わたしたちの教科書」
2位:「エリートヤンキー三郎」
3位:「セクシーボイスアンドロボ」
4位:「時効警察」
5位:「バンビーノ」
 ↓ 「プロポーズ大作戦」
 ↓
10位:「ホテリアー」

 いやホント、非道かったわ「ホテリアー」!上戸彩は可愛かったけど!

 1位「わたしたちの教科書」は、音楽、興味の引き方、強烈なメッセージで圧勝!
 中学校:イジメの共通項で、当初「生徒諸君!」と似て見えたけど、結局こちらは教師でも熱血でもない積 木珠子弁護士の物語として、外から描写された学校が新鮮だったかも。
 ダブル主演で、嫌われがちな珠子から冒頭目をそらすやり方も上手かった(笑)

 3位「セクシーボイスアンドロボ」は、キャラ萌え最強♪
 冒険活劇かと思わせて実は「だから、死なないで」「自分を信じる」等々と「教科書」と重なるメッセージを発信。ドラマは見かけによらぬもの、です。
 あーもっと、ニコとロボを見ていたかったなぁ。回によってばらつきがあったのが残念でした(キャラ萌えしちゃってから見ると、ダメだった回も面白いんだけど・笑)

 そんなわけで、2位に「エリートヤンキー三郎」深夜バカドラマが!(笑)
 だってー、バカなりに丁寧で、毎回安定してバカでしたよー。誉めてます。
 主人公はジュノンボーイなのに変顔・毎回おもらしの三郎(石黒)くんが熱演。脇の河井(板倉)、石井(じゅん)、春菜(倉科かな)も当たり役でした!

 4位:「時効警察」は、霧山三日月の仲が進展、したようなしないような・笑
 どうせパート3もあるでしょう??

 5位:「バンビーノ」は、定番成長もの。
 毎回そつなくて、かえって小さくまとまっちゃった気もします。松潤も良かったけど、不機嫌な香取くんが珍しい役所でした。

  同:「プロポーズ大作戦」これも丁寧に作ってありましたね。
  主人公を全然応援できないというのに、失敗して欲しくて見守ってしまうという、妙なテンションで最後まで見続けました。
  あのラストがオッケーで山Pのファンだったら、もっと評価高くても不思議じゃないと思います。(私はダメでした^^;;;;) 郷愁もなかなか良かった。


 そういえば「特急田中3号」も一応最終回見たんだっけ。
この中に入れるなら7位ぐらい?
 「バンビーノ」同様、八方丸く収まって大団円でした。始まりをもっと上手く、主人公田中を嫌いで大丈夫なように見せてくれてたら良かったのに。

 あ、すっかり忘れてたけど「喰いタン2」も一応見てた・笑 8位?
今シーズンは説教の方向が時々間違ってたと思うのよね。
例えばタイムリップの回。イジメを見て見ぬ振りをしたハジメ君に、彼女が「いくじなし!」って、違うでしょ自分で言えよっって思ったし。

 1話2話で桜を楽しんでいたのに、最終回の頃には夏。
日本の四季はいいですよね。
ここまでもちょろちょろ書いてますが、9月から日本を離れるので最終回を見られない夏ドラマからレビューはお休み。新ドラマ始まる時期なのにちょっとさみしいですが、仕方ない。
TVのこととか、ちょろちょろ書いていくのでよろしくです。

「帰ってきた時効警察」〜最終回 ☆☆☆

 ブス!! (笑)

 見てましたよ。でも別に書くことなくて(^^;;)
実は五つ子だったの、にオイ!とか。えーっともっとツッコミ例をあげようと思ったらよく思い出せません。

とにかく今シーズンは、推理自体に衝撃をうけることはほぼなくて(それ言ったら前期に沢山あったみたい・笑)、遊びすぎだろっと思うことの方が多かったですが、それもまた良し。
 プクーちゃん可愛かった♪
 三日月しずかの歌も良かった♪
そうそう、霧山くんと三日月ちゃんの仲も、進展どころかますます冷たくて、いい場面だと必ず妄想だったも可哀相で……萌えてました(笑)

 不感症か??だった前作と違って、結構誘惑されてウハウハしてて「男」だったのにねぇ霧山くん。
 三日月ちゃんが誉められれば露骨に嫌そうで、「ブス!」と罵られると実に嬉しそうに一緒に「ブス!!」 小学生か、なんだよキミ、と呆れていたら、そうかー。
 気分はもう夫婦だったんですね。
「愚妻が」とか紹介しちゃう、あのノリですか??

 なんて。

 最終回、話のつまらない男の前で透けていく三日月ちゃん(笑)
でね、犯人が「だから殺した」って殺した自分を正当化してましたけどねー。待ってよー。
目的の旦那じゃなくて、縁もゆかりもない他人を殺しちゃったことの反省はないのかよー。

 しかしまぁ、その謎解きの始まり。
「青の洞窟」入り口を背に、足をヒーロー開きにしてすっくと立つ霧山くんは実に凛々しかった!!
(最後、馬の登場は一体どうしてっ)

 言っちゃえば、個人的にはオダギリジョー鑑賞番組(笑)
半袖の後ろ姿の腕が素敵っとかさ。
別にゴールデンタイムには来なくていいから、ワケのわからない捜査とわからない関係をずるずると続けていて欲しいですっ。

「帰ってきた時効警察」4 ☆☆☆

 昆布巻きほどいて催眠術(笑)

「10年後のわたしへ」
なんてメッセージしてた頃には細かったのに、中学時代は関取だったと判明の三日月ちゃん!!きれいになったよね。
「ほんと、きれいになったよね」
 …と、いう霧山くんにすりよって、いいムードかと思いきや歌い始めるし(^^;;)ライブだし妄想だし(^^;;)
 一話から妄想激しかったのはこれの伏線かっていうぐらいの妙な展開でしたよね、ああ楽しかった。

「早めにね!」おばさんが更にマカデちゃんのお母さん!
「安心させるために紹介」する恋人が、あんな髪型の霧山くんじゃ、いかに公務員でも不安だよーと笑っていたら本当の彼氏は乱暴者の外国人!予想の斜め上をいくよね、全く。

事件そのものはほんっとどうでもいいのですが(天井から焦げたロープ下がってたら密室じゃないじゃーん。)楽しかったです♪

 先週のプクー杉本彩にいいよられてまんざらじゃなかったり、キラキラにキスしてもらって浮かれていたり、今シーズンの霧山くんは結構やる気満々ですよね。そういう欲求の薄い人かと思っていたので意外。
 そうなると、ますます三日月ちゃんの気持ちを無視するのがわざとに見えてくる(笑)

「喰いタン2」「帰ってきた時効警察」1☆☆☆☆

 片や王道ベタドラマ、此方奇天烈ネタドラマ。
揃って 帰ってきましたねー。始まりましたねー。

 シリーズ物の続編を作るとき考えられる、
『みんなバラバラ→再結成!』
『相変わらず続く、同じ日々』
の、両パターンをそれぞれで見せてくれました!

 若干、「喰いタン2」の方が自己模倣というか……。
食事前の「いただきます」が教育にいいだのと妙に評判が良かったせいか、そこを強調しすぎな感がありましたよ。
それと、「一緒に寝ましょう」だの喰いタンはリョウスケに絡みすぎでは(^^;;;)アドリブですか??
 でもやっぱり、世界を回る喰いタンが”半額券”一枚で帰って来ちゃったり、オリゴ糖を舌で感じ分けたり、対コンクリートの秘薬の伏線だったり、お気楽に楽しくて良かったですよ?ん。

 「帰ってきた時効警察」の方では、異動の新人が!
霧山くんが「案外ハンサムかも」などと率直な人柄で、三日月ちゃんのライバル登場??……と、思わせて何もないのかもしれませんねぇ(^^;;;)
 のっけから爆笑の場末の小料理屋!!撃たれて「かくまってくれ」って!(←もちろんあの後、看病から愛に変わるよね?)
確かに、今まで何もなかった職場片思いの打破に必要なのは、時間じゃなくって大事件かも。
 登場人物自身が、「久しぶりだから」ってテンション高い自覚があるのがまた可笑しくって!


 両者期待通りの出来上がり♪
ここから見始める人も、以前からのファンも両方満足、週末の楽しみになりますよね♪

 というわけで、元々『楽しんでる家族の前で言えないツッコミをここで吐く』本ブログ(…なんですよ、実は)、楽しく満足だと書くことあまりなくなるので、この先毎回は書かないかも?。
 最終回後に「あー、ずっと楽しかった♪」って書きたいなぁ。

2006冬ドラマ総括

 優秀だけど規律を重んじない。「相棒」の右京さんみたいな人があちこちにいるシーズンでした。
「N'sあおい」然り、「アンフェア」然り。
 あれで、雪平が撃った弾が肩に逸れていれば『命を救った正義の人』でいられたし、あおいの挿管で患者が死んでたら『人殺し』だったんだよね。その点は対極(^^;;;)
 仕事熱心なのも、属する組織『病院』『警察』が病みまくっているのも同じ・・・・。

 『時効警察』も、事件を解決できないから時効になるのだし、『神はサイコロを振らない』でも駆け回るのはヒロインばかりで企業は静観するばかり。

 大きな組織に対する世間の不信感がどーっと出てる・・・ってことなんでしょうか?


 ここで『喰いタン』をこじつけようと頑張ってみましたが、あの脳天気はさすがにちょっと場違い(笑)
『白夜行』で病んでいたのは『親』になるのかな(^^;;;)

 視聴率的には「西遊記」が20%超え続けて映画化(!)の次点が「喰いタン」だそうで、せっかく「白夜行」力作だったのに話題にならなかったですねー。

 じゃすみん的ランキングは
1位:「白夜行」「時効警察」

4位:「N'sあおい」「アンフェア」「喰いタン」
5位:「神はサイコロを振らない」

 1位は時効つながり・・・・じゃなくて(笑)
出来上がったもの自体は真逆でも、世界を作ろうという意気込み、配役の熱意といったトータルの仕上がり感が似ていたと思うのですよ。
「白夜行」あんなに暗いCDプレゼント告知は初めて聞きました。「時効警察」あんなにふざけたオープニングタイトル&フィクション告知も初めてでした(笑)

 で、ちょっと下がって以下に続くと。
「サイコロ」は小林聡美始めキャストは素晴らしくて、時に泣かされたくせに、逆にそれが惜しくなるアンバランスで申し訳ないけど下の方。「喰いタン」みたいにもういっそあきらめて観られる方がラクです。

 そうそう、「相棒」を忘れてました!
大好きなシリーズなのに、途中から録画がたまる一方で最終回もまだ見ていません〜。他のドラマもつまると、1話完結の気安さでつい後回しになるし・・・・。 さすがに第4シリーズを2クールとなるとだれました(私が^^;;;) ぼちぼち観ます。

 「けものみち」、「白夜行」の裏じゃなかったら観てたと思うけど結局消化しきれずリタイア。
4月からも木曜は10時代でかぶるんですよね。ドラマ枠はずらして欲しいなぁ。
 

「時効警察」最終回 ☆☆☆

 メガネが曇るわ、イギリス人だわ・・・・(^^;;;)
初回のギャグを踏襲、見事な最終回でした!
ゲストのローリーも良かったなぁ。先週、TVチャンピオン「芸能人弾き語り王選手権」でみたばっかりなんですよ。バンド再結成に向けての露出増でしょうか。それにしても、あまりにぴったりな役で大笑い。
 「アンズ」さんのところに帰ってきた女学生は、ローリーの落とし胤っちゅーことでよろしいのよね?

 で、殺人&盗作事件でしたが。

 1年に1曲。15年もの間、他人の才能をもてはやされて生きてきたってあまりに哀しい。
でも殺人犯かどうかは別として、たいした才のなかった女が、恋人の死後突然名曲を(それも彼に作風のそっくりな)発表したら、そこの点だけは疑われないんでしょうかねぇ?
 まぁいいや。
『だれにも言いませんカードF』角が丸めてあります(笑)最高!

 これが最後の事件。帰りのバスで。
霧山から柄にもない礼の言葉なんか言われて、泣き出しちゃう三日月ちゃんが可愛かったなぁ。あそこで告白しちゃえばいいのにー!!
 風で飛んでった婚姻届け、だれか拾って提出しちゃえばいいのにー(笑)

 最後でまた新たな婚姻届に、霧山の署名捺印が!!
パート2で使ってくださいね!!

「時効警察」8 ☆☆☆

 荒熊さん♪ありがとう♪ って、間違えるかそんなとこー!!

 そんなマイマイな話はおいといて。
今回もぶっとんでて楽しかったですねー「時効警察」!
 霧山君のそっくりさん、事件当時にそっくりだったんだから現在はもっと老けてるだろうに、ちっともそんな話にはならなくて、下着泥棒疑惑には笑いましたー。
『変態でもいい!』
と心を決める、健気な三日月ちゃんにも笑いましたー。
でも三日月ちゃん、君相変わらずただの都合のいい女だよ(涙)

 事件は、入学試験での入れ替わりから、発覚を恐れての殺人。
相変わらず初動捜査が適当で、現場の靴痕とかツメの間の微物とかいっくらでも痕跡は残していそうですけど・・・そこが目的のドラマじゃないからなぁ。
 被害者が森に向かった理由も、『2人で昔埋めた』思いでの品を見に、なんて。2時間ドラマだったら瓶をみせられたら親友の名を呼んで泣き崩れそうなものじゃないですか。それがー。
「なんて書いてあるの?これ?」
って、自分で書いたクセにっ感動の場面が台無しですがなー。
(またその2人の書いた字が、同学年とは思えない差で能力差を如実に表しておりました・笑)

 亀にやどかりに沢ガニ・・・・それが何の説明もなく霧山宅で皿にのってるところも、好きだわー。

「時効警察」7 ☆☆☆

 今度は、
『アナタが犯人じゃないってことは』誰にも言いませんよカード!!ナルホド。
コロッケ屋で、子供の頭をめっちゃ撫でてるオダジョー可愛かったわー♪ナチュラルに変なオダジョー満載で毎回楽しいです。

 何がなんでも楊枝を(それも足元に・笑)携帯したい葉月里緒菜の発明品でプチ笑いしつつ。

 いつも黙って頷いているだけの女が、大それたことをしでかした気持ちを想像してみると怖い。
アレ、でも、
”3億円事件のアイディアを盗用されたから”友達の夫を寝取ったんだよね?
それとも変な楊枝のアイディア??

 それが逆で、葉月さんがちょっかい出したせいで犯行に走ったんだったらもっと怖かったのになー。

 葉月さんが手記を書くのはいいけれど、その騒動に平凡な旦那さんと子供達が巻き込まれるかと思うとちょっと可哀想。

 十文字がお馴染みのポーズで『まっ白な灰に』なってるのは楽しかったけど、三日月ちゃんがタイムマシーン見つけちゃうのは話の流れにもジャマで余計な感じだった。この辺のお遊びへの趣味は人によって別れるところかと。

「時効警察」6 ☆☆☆

 ええっもう『時効』を扱うのが嫌になっちゃったの??あんなにカード作ってたくせに?
そんなのは第2シリーズになってからかと思ったら。

 でも、いくらなんでも分かり易すぎる逃亡犯の特徴だとか
(酔うと播州弁、耳が動くってアナタ)
スナック俺、ボク、私だとか
ベタベタなお笑いは変わらずで、いい感じに脱力しながら金曜の夜が過ぎていきます。
普段めっきり録画派なのに、何故かこのドラマだけは生で見たいんですよー(そのせいでキッスの回を見逃したわ・悲)

 関係ないけど「有頂天ホテル」みてたら三日月ちゃんが出てました。
オダジョーも出ていて、何故かちょっと得した気分。うふ。

「時効警察」2・3 ☆☆☆☆

  いやーもう、楽しすぎ(><)

 相変わらず、捜査は直球勝負です。
2話で『それ以来泳いでいない』のは、妹は火事現場に居合わせて火傷を負ったから!と睨んだらスルー。
3話ではミスリードそのものもありゃしない。
 でもそんなところはどーでもいいの!

 片桐はいりがドア越しに喋り(締まるスピードまで最高!)、電気屋のオヤジハイテンション。美しい新聞配置(笑)
 同僚刑事達のどうでもイイ日常は、「やっぱり猫が好き」を彷彿!それだけでもずっと見ていられますー。
 あの”可哀想な”十文字さんも好き。彼の悩みを、しれっと霧山くんが解決する(しかも十文字はそれ忘れてる)パターン、3話目からはちょっと変えてくれてホッとしたりして。いい感じですよー。
 撮影現場、楽しそう。

 3話、容疑者と目撃者の馴れ初めが妙にえっちだったのは・・・『深夜枠』らしくってテコ入れなんでしょうか(^^;;;)別にどっちでもいいけど。
どーでもいいといえば、 2話で霧山くんが「シロクマくん」だったのは、霧ヶ峰エアコンのCMがシロクマ君だったから??
 
 そして、アタックが上手くいかない三日月ちゃん!!
アナゴ寿司はフラレ、婚姻届入りの財布を預けたのに忘れられ・・・・って、遠回し過ぎます。あのニブチン相手には、堂々とドアにでも貼らないと見つけてもらえないよ(いやいっそ、押し倒せ! ^^;;;)

 あの暗い「白夜行」の世界でも、時効まで頑張れば霧山君がやってきて
『誰にもいいませんカード』を渡してくれるかと思えばちょっと和みます。
(3話、奥さんの分も2枚要るよねー。)

「時効警察」1 ☆☆☆☆

 セット丸出しの警察署、ゆるーい日常会話、微妙なルックスのオダジョー。うわー、いい感じ♪

 巻き込まれ型のヒロインが、だんだんとオダジョーに惹かれていく・・・んじゃなくて、既にはっきり狙ってるのがまた今までになくていい感じ。それにしても配役、オダジョーと電車男でも可哀想だったあの人以外知らない人ばっかり。
 同時間枠として比較されるだろう「トリック」とは、違うベクトルのふざけたドラマとして楽しめそうです。事件そのもののリアリティはどうでもいいや。

 日曜日にメガネはねぇ。イギリス人じゃないんだから(笑)
「誰にもいいませんよカード」最高!!こりゃ金曜の夜が楽しみです。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ