「鬼の御伽」読了!
 朗読会やネットでも公開されていた桃太郎改「パーフェクト太郎」、単体でも読み応え十分でしたが、書き下ろし「泣いた赤鬼」で更に広がった世界。そのふたつをつなぐブリッジこそが板倉俊之の本懐かとw 痛快ですねえ。 凄惨な描写も多いのですが読後感は暖かく爽やか。 板倉さんって社会組織には絶望していても、家族愛と個人の正義は信じているって伝わりますよねえ……(別記事書きます)

「東野・岡村の旅猿18」(1/20)  Tver
<千葉県でサバゲーを楽しもうの回>前編
サバイバルゲームときたらそりゃ、板倉俊之ですよね!(「有吉の壁」サバゲー回は何故……ガチ過ぎて板さんからお断りしたとかかなw)

オープニングから大荷物で(銃口はみ出させてw)登場した板さん、これでも「ライトめ」と説明しつつあれこれ紹介してまあ嬉しそうですw 銃ソムリエとして皆さんのお役に立ちますか。
まずは都内でお買い物!
最低限必要なのは、眼を保護するものと銃。店員さんと顔なじみ、店の人みたいになってる板さんのアドバイスで選びます。大きなマシンガンに興味をもつ東野さんですが、屋内での取り回しや重さも考えるとハンドガンがお勧めとか。スパイダーグリップが似合う? 銃の何かが似合う似合わないの基準がわからないよねw
千葉に移動し腹ごしらえ。アボカドポーク美味しそうじゃないですか!(板さんは知らないお店。常連店も訊ねられたけど、いつもファミレス系ばかりで紹介にならなかったとかw)
『もっとサバゲーをTVで』
と熱く語る板さん。でもせっかく隠れているところを、カメラが狙ったら居場所がバレるというTVに向かなさもよく語ってますよね。じゃあどうするってダミーカメラマン混ぜる?誰も居ない方向撮ってミスリードする? 予算とアイディアでどうにかできますか。この番組が始祖になってサバゲーが流行るのか?
 ところでガンショップの馴染みの店員さん。長い付き合いなのかと聞かれて、肯定しつつも歯切れの悪い板さん。苗字が変わってたのに、ツッコめなかったとw 結婚などめでたい理由と分かってたらいいけれど……ってそんな懸念と憶測をTV番組で流される方が相手も困るんじゃw   つづく

「あちこちオードリー」(1/27)  Tver
 春日が板前、常連若林が居る飲み屋に客が入って雑談設定のトーク番組です。
『どうなってるかわからない人』枠で呼ばれた板さんw まずは「開いてるかな?」と小芝居です。よ、コント職人!都のコロナ対策ステッカー(?)へのこだわりを、案外春日だけが気付いてくれましたよw つっつんここにいてそれを拾ってやってよー!
 売れてから20年と紹介される板さん。「はねトび」で23歳、若かったねー。今の霜降り明星、宮下草薙ライン? しかしそのTV人気を同席アインシュタインが持ち上げたのには噛みつく噛みつくw (同じPの「ゴッドタン」に出てる気分、とボケつつもw) TVに出ながら、ルミネで新ネタ本数第一位だった!って。つくづくTVタレントじゃなく芸人で居たいんですねえ。

 そして、憧れていた業界の裏を知っていろいろねえ……。同じ匂いを感じた、という若林との初対面、笑顔でこう言ったそうですよ
「どう?絶望してる?」
嫌な先輩w 初めて「はねトび」にオードリーが出たときのことは、春日ばかり弄られるなか若林の背中を押したんだとご満悦。こいつはやれると思った、と。もちろん若林もその時のことは覚えていて……なんと、ずっとインパルスに憧れていた、というんですよ! これは初めて聞きました。当の板さんも初耳で動揺w 堤下には言えたのに、板さんには……ってw それも分かりますw
 そんな子分若林、キラキラ芸能界には馴染めない同類だったはずが、なんとクーラーのCMに出るとは思いませんでしたよねえ。それも女優杏が妻役ですもんねえ~。

 稻ちゃんが喋ってないなーと思うとちゃんと若林が「どう?」とふるw そんな「ラストフレーズ」以来気になるまわしも楽しめました!

「東野・岡村の旅猿18」(1/27) Tver
<サバゲーの旅後半>
 サバゲーフィールドについに到着! 撃った弾が光るギミックを仕込んで試し打ち。いやこれはテンション上がりますよね!そして板さんの私物、スナイパーライフルで狙い撃ちも体験をってことでペットボトル蓋の的を次々に撃ち抜く板さん、イイ笑顔です!
 そこにサバゲー経験者の若手3人が合流。元自衛官の女芸人「そのこ」って、お笑い荘とはまた違う娘がいるんですね! タレント組と若手組でいざ対戦です。
 1戦目は、入り口で待ち伏せ板さんが相打ちで序盤脱落(^^;;;) でも東野は果敢に突撃、事前の薫陶あって「ヒット!」の声も挙手も、元気があってよろしいw その影でそっと待ち伏せ岡村が、二人倒してフラッグも手に入れての活躍でしたよ!
 陣地をチェンジしての2戦目は、奥の相手陣地にスタートダッシュで駆け寄った板さんがサクッと相手(またもソラシド本坊)にヒット。弾切れ東野がやられている隙に岡村がフラッグを掴み……でも3人ともここにいちゃ、自陣はがら空きでは。なんとずーっと前にタレントチームのフラッグは取られていたのに誰も気付いていなかったのでしたw 置いたままのカメラが捉えていたのみw
 3,4戦はサクッとまとめられ、5戦目は手練れの板倉&和田の2人 vs 東野岡村&そのこ本坊4人 で! カメラもつかずに定点から撮影。カメラで居場所が分かっちゃいますもんねー。味方に撃たれ早々に脱落の東野に始まって、4人チームはそのこを残すのみ。スナイパー板さんがあえて「撃ってみろ!」はともかく「子猫ちゃん」などとw 芝居がかった台詞で陽動する間にもう一人がフラッグを取って終了でした。 ……子猫ちゃんorz
 その後も8戦まで満喫したそうで、特に東野が前のめりで楽しんでいましたよねー「勝ちたい!」ってw チーム戦だけじゃなく、1vs全員のタイム戦を全員でまわしてスキルを鍛えつつKill数を競う遊び方も紹介する板さん。いろいろありますね。
 観てる方としては、顔中を覆うマスクで誰が誰だかw 装束も目立たない色でやはり見分けにくいです。そんな『TVに向かない』ジレンマを解決するアイディア欲しいですねえ(でも今週「かまいたちの掟」もサバゲーw コロナ渦中ロケ向きかな)
 締めには割烹金田屋!
薄い食レポはさておき、劇団ひとりもサバゲーしてる話題『ヒット判定を風船で明確に』『服装がGANTZ』等居ないのに場を盛り上げてましたよw