ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

新木優子

「トレース 科捜研の男」1 ☆

めっちゃ既視感。
怒鳴りちらすばかりの刑事……昭和!黙々と調査する法医研究員には凄惨な過去が。遺体を見ちゃったヒロインは肉を食べられず。それでも『こんなの初めて観た~凄い!』とハマる誰かは常にいるでしょうから、面白ければいいんですけどね。怒鳴るボス刑事に寄り添う部下(矢本悠馬)が一輪の花のごとき癒しですw あ、ビニール手袋が紫なのは斬新w

そんなわけで、バラバラ遺体の手首がどーん(アイドルイベントで見つかる意味ゼロだったじゃん……)

法医研究員の主人公真野(錦戸亮)は、付着した珪藻の種類云々で流域特定はできているのに虎丸刑事(船越英一郎)には告げず警察は見当違いを捜索。真野は新人ノンナ(新木優子)を伴って当該流域へ。お花を摘みに(隠語w)行ったノンナが残り部位を発見します。

同僚からも「おたく」と揶揄される真野。本来担当でない遺体探しをしたように、普段から過剰にお仕事する人だそうです。だったら、虎丸に怒鳴られようと『絶対◯◯川だから!』と怒鳴り返しておけば、大勢の捜査員が無駄な川底さらいせずに済んだのに~。その後もずっと、「刑事のカン」優先の虎丸から必要ないと怒鳴られながら、周辺の微物を集め勝手に花のDNAだ種の同定だ親子の火傷の痕を照合だと検査を続け…… 初めは仕方なく補助していたノンナでしたが、
『ほんの数日前まで、君と同じように生きて楽しんでいた』
と真野に指摘されて初めて、被害者女性にも未来や希望や人生があったことに気がついて……。えーっと。そんな覚悟で科捜研に。

というか、周囲が変人扱いする真野がむしろ一番まともに見えませんか。
赴任初日でバラバラ遺体とご対面、食欲をなくしたノンナ(解剖実習とかしてきたはずですが、不意打ちの他殺体はまた違うのね)の歓迎会を焼肉屋で強行する科捜研ご一行さま。ノンナがえづいてるのにスルーで、大声で死臭がどうこうって(^^;;;;) 真野の仕事バカを笑うのに、自分たちも仕事に慣れきって周囲に配慮できてないじゃないですか……個室とって下さいw 被害者の名前間違いを真野が指摘するのも、よくあるエピソードとはいえ大事です。そして、真野の決め台詞らしい
「気持ち悪い」
は、根拠なしの妄想を刑事が語る(しかも長いw)ことへの拒否。常に真実のかけらを求めているそうですよ。それ変人どころか、科捜研のお仕事直球ストレートど真ん中じゃないですか~!

結局バラバラ事件は、DV義父(吹越満)と口論の末かと思われたものの室内水回りからルミノール反応はとれず。真野の提案で外廊下を調べることとなり……血痕が途切れた先は(って灰皿で殴られた傷、床に滴るほど出血してたのに普通に歩いて帰ろうとしてたんですか!)なんと隣宅のドア。 盗聴していた隣人が、守ってやるとか抜かして引き込んだ末に殺害という、刑事のカンにまかせてたら絶対分からなかった犯罪でしたよ。ほれ、謝れ虎丸。

今のところヒロインの影が薄すぎ、カニ食べると腹下す情報しかありません。それが真野の薫陶を受け立派な法医研究員になるんでしょうかねえ。あまり興味湧きません。で、真野の家族大虐殺と、刑事部長に就任した千原Jrに何か関係が。犯人かなw


「チア☆ダン」1 ☆☆

地域発ドラマみたいw 福井メチャ押しでいい話です。

<物語>
地方の高校チアダンス部が、全米優勝を成し遂げた……!
のを、見ていた幼少時のヒロインと姉w
優秀な姉あおい(新木優子)は見事そのチームJETSに入部。在学中に全米3連覇を成し遂げ、今は更に東京に出て指導者として上を目指そうとしている。それに比べて妹わかば(土屋太鳳)は、まず受験で失敗orz いろいろ諦め、チアダンス部のない福井西高校で、応援するだけのゆるーいチア部生活をおくっていた。
突然、熱血転校生汐里(石井杏奈)が現れて、打倒JETS!と叫びだすまでは。

チアの本拠地アメリカでの優勝って凄いですけど、よく考えるとなんで全国大会に外国勢が。しかも連覇って迷惑な。それを参加不可にせず受け入れ続けているってアメリカって懐深いというか。
そして転校生汐里も、JETSがある高校に行けば良かったのにねえ。まったり部員に突然上から、ガンガン指導するもんだから嫌われて解散(^^;;;;) それでもやる気になったわかばが、バレエや日舞などダンス経験のある別の子たちに声をかけ、ビラも配って新たなメンバーを揃えるも、厳しいダメ出しでやっぱり解散。汐里ちゃん学習しないよね。
何が彼女を急がせるのか。え、余命が限られるとか言わないでね(^^;;;)

全米に挑戦って勝手にできるのか、まず全日本優勝するのか不明ですが。とりあえずJETSとは対決するでしょう。技術で及ぶはずありませんが、厳しく指導されているチームより自由で踊る喜びに溢れているってな方向でワンチャンあるのかも。きっとある、姉あおいが指導する東京チームとの対決も、まだまだ先の話。

東京へと発つ あおい のため、福井駅前で踊り出す汐里とわかば。
お姉ちゃんの電車の時間がまず気になりますがw そのうちにまあ、集う集う。登校途中の生徒たちに、先生、不登校で街で踊ってる娘も私服で朝からちゃんと居ますw 別の学校のダンスコーチ(広瀬すず)までw そんなに福井駅は交通の要ですか~ むしろ自転車通学っぽかったのに。
♪諦めないで、どんな時も♪とサンボマスターの曲に合わせたダンスは、辞めちゃった娘たちも途中から参加して華やかに!止めに来た警察に、思わず「顧問です」と言ってしまった新任ケンタロウ(オダギリジョー)先生。さあこれで、最低6名の部員も顧問も揃って、部活が始められますね!
心を病んでいたらしいケンタロウ先生。「頑張らないで」と妻子から上司から言われまくりなのに部活指導! 『いい頑張り』が力をくれる的な、こちらもいい話になるんでしょうか。

チアといえば、ダンスそのものより飛んだり受け止めたりのアクロバットの印象が強いのですが、それはまた別みたい。今は明らかに一人遅れてたりと、下手くそな福井西チーム。ある程度上手になってからも、どこが弱点なのか、JETSはどうもっと凄いのかを分かりやすく演出してもらいたいです。

「トドメの接吻」1 ☆☆

 長いw
初回30分拡大と実質長い以上に、主人公が死んでは時間が巻き戻る繰り返しの多さがダルすぎます。門脇麦を見たいとリアタイしていた主人、30分そこそこで脱落していきましたよ。それでも私、1話の最後ぐらいまでは見ようと頑張りましたよ!
おや菅田将暉がいるじゃないですか。そしてセーラー服麦ちゃんの古い写真を所持。そこの事情は気になりますねえ。麦サンタのぎこちない動きはロボットじみていたのに、実は人間なのか、それとも『当時は人間だった』のか?
子供の命は助ける麦サンタなのに、主人公のことは何故それほどに殺したいのか?
……まんま「ターミネーター」で、主人公の子孫を消す為に狙われてるんだったらどうしましょう(^^;;;)

そんなわけで、主人公エイトこと旺太郎(山崎賢人)はNo.1ホスト。
熟女を何人も(釈由美子、井上晴美、ふせえり)手玉にとる爛れた日々の中、資産家のご令嬢(新木優子)が来店。口説こうとした矢先、何故かサンタコスの若い女(門脇麦)にキスされて……死亡! と思いきや、何日か前の熟女との事後に巻き戻り、そっくり同じ出来事が起こるので今度こそ令嬢を口説くぞーと頑張るも、やっぱり結果を残す前にサンタ女にキスされて死亡。→また巻き戻り→またまた巻き戻り→→

えーい、いつまで続くんじゃい!


それでも巻き戻る度にじわじわと情報は増え、警察のサンタ女逮捕を見届け、上流御用達のクリスマスパーティで令嬢との再会を果たすエイト。しかも、令嬢の見合い相手にはハニートラップを仕掛けておいての大暴露、破談に。さあこれでご令嬢は落ちるのか……?

そして襲い来るサンタ女!


ほんと、どうしてこんなにもエイトに死んで欲しいんでしょうねえ。

エイトの過去。船舶事故で弟を亡くし、船長の父(光石研)が負った賠償金を代わりに払っていたり、母(奥貫薫)は弟の死を信じていなかったりという実は重い事情は関係あるんですかね。令嬢も令嬢で、実の兄(新田真剣佑:養子で血縁はなし)のことをずっと想っているので口説いても無理筋だったり。1話の段階では別にいらないんじゃとも思える面倒な設定が、さてどう絡んでくるのか。個人的にはホストは菅田将暉の方が似合うと思いますがどうでしょう。
最後2分でちょっと興味が湧いたので、とりあえず2話も見ようかと。

「重要参考人探偵」1 ☆☆

幼少時より、やたら死体に出会ってしまう主人公弥木圭(まねきけい:玉森裕太)
ただ歩いていても交通事故だ爆発だ飛び降りだと死体に突っ込まれ、角を曲がれば刺殺体に溺死体、ふと暗がりを除けばぷらぷらと揺れる足は縊死なのか転落でひっかかったのか。というわけで常に第一発見者、重要参考人なんですってw

現在はモデルが生業の圭、カタログモデルを務めたミウラ時計のパーティーに出席するとシャンデリアが落ちて女性部長が下敷きに(><) おまけに展示品の超高価時計プロードが消えたと思ったら、なぜか圭のポケットに……!!
すぐ申し出ればいいのに、下手に隠そうとしたあげく走って逃げ出すという最悪手(^^;;;) 緊急配備まで敷かれ圭が隠れている間に、モデル仲間2人(小山慶一郎、古川雄輝)が探偵を気取ってあれこれ聞き込み。怪しいのはシャンデリアを吊るすと言いだした社長?

……と、仲間が謎を解いてくれるのかと思いきや、結局わからないまま圭が逮捕され、火事場の馬鹿力ならぬバカ推理をひねり出すことに。泥縄で考えてる間の、苦し紛れのモデルウォーク&ポーズがナイスですw(バカドラマ好きとしては、ここもっと派手にやってほしいぐらいです)

おバカドラマの常で警察は脳なし、推理は穴だらけですが、まあいいんです。
そもそも常日頃それだけ警察と接触してたら顔パスなんじゃないのw その上、動機もない、やってない、きちんと捜査すれば犯人にされるわけない状況で、殺人に不慣れな(普通そうだけど)友人の「自白させられて人生終わり」的発言を信じてびくびく、することないのにね
脳裏にこだまする
「重要参考人が黙ってるなら、犯人だ」
の声。決めつけられて怖い思いをしたトラウマがあるのね……。

そんな7才当時を知っていそうな警視総監(松平健)に『弥木圭』の名が知らされたり。そうそう、捜査一課に圭の元カノ果林(新木優子)が。
この先は毎週死体をみつけちゃ、事件に巻きこまれて疑われ、有能な元カノが別ルートでみつけた証拠がバカ推理の裏付けになる展開が続くんでしょうね。そしてラストに警視総監との因縁の事件の謎を解いたら、死体に出会う特異体質は消え失せる……のか?

気軽に楽しめそうです、イケメンが趣味に合えば尚良し。

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」1 ☆☆☆

またもwowowみたいな刑事ドラマ。売れ筋なんでしょうかね。

警視庁警備局長(長塚京三)が「僕の兵隊」と自慢する、秘密部隊。想定外の事件は、規格外の人物にしかまかせられないのだそうで、西に東にとんでもない事件ばかりを解決してまわる5人は『特捜班』なのです!
格闘担当が2名、チャラい小栗旬と無口な西島秀俊。爆発物担当の野間口徹、交渉/取り調べ担当田中哲二に、IT担当が紅一点(新木優子)
ある日は走る新幹線の通路で座席で大立ち回り、挙句橋の上で緊急停止させ、爆弾ごと河に……!! またある日は首に爆弾をつけられた大学生の、大臣である父がもみ消したという悪事の数々を調査に走り、ビルから飛び降り×2、爆破スイッチを持つ男を見つけ出します。
派手かつ目新しいアクションは見ていて飽きません。
狭い新幹線内では座席に阻まれたり荷物を投げたりと、工夫がありました。ワゴンのお姉さん超逃げてー!
ビルの5階6階から降りて先回りする方法にも流派があるようで、西島が各階の手すりをキャッチしながら落ちていく(体操の鉄棒空中技の様にw)のに驚いていたら、小栗は空中にダイブ!……いちおう樹に突っ込んで勢いを殺してはいたようです(^^;;;) そして大学生の首の爆弾を、無事に解除できるのか??
もーどこをとってもメチャクチャ危険な任務。一体どれだけのお手当もらえたら、もしくはどれだけの正義感を持ちあわせながらも刹那的でいられたら、こんな事件ばかりで嫌にならないのでしょう。

警察ものは興味ない、という旦那が最初の5分だけ……といいながら寝もせずに最後まで一緒に見ちゃいまして、引き込まれるものがあります。ただし、次の回が気になるのか、毎週楽しみに観るかというと、それはまた別の話かな……。特に1話は忙しすぎて、どちらの事件も人死にが出なかっただけでスッキリ解決なわけでもないでしょう。その誰も死ななかったことが、偶然でなく『彼らの力あってこそ』と力説する警備局長は頼もしかったですけどね。


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ