ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

新垣結衣

「掟上今日子の備忘録」1 ☆☆☆☆

なるほど、長袖の季節向きな作品ですね。めくり上げると肌にメモ書きw 夏は書き込み場所が減るし汗で流れちゃうw

忘却探偵・掟上今日子(おきてがみきょうこ)
語呂がいい、カッコイイ、アイディアの目の付け所がいい!そして何より掟上今日子が可愛い~(><)
初見は白髪ヅラとアラレちゃんメガネに戸惑ったのですが、しばらくするともう可愛くしか見えません。さすが新垣結衣。 
そんなわけで、眠るたび1日の記憶を失くすという奇病状態のまま探偵業を営む可愛こちゃんと、ヘビーユーザーとなる『不運な男』隠館厄介(かくしだてやくすけ)の厄介(やっかいw)な日々。
変な名前の人ばっかりだねーと言ってたら
「西尾維新だからね」
と原作ファンの息子に流されました。『だがそこがいい』のねw 

まずはIT企業でスパイと疑われ、そちらが終われば誘拐されるやくすけ君w 不運w 
でも私の世代で不運代表といえば諸星あたる~隕石の直撃をくらう男~がいますから。目の前に落ちた程度で済んでるなら、今日子さんの言う通り強運ともいえますよねー。終盤、車通りの激しい道を突然、やくすけの手を引いて走り出す今日子さん、無事渡り終わってそこを突いてくるのかと思いきやなんと。
『当たるなら自分じゃなく隠館さんになると思って』
と笑顔でw そっちかーい!意外とシビアです。そんなところも可愛いなw

メモリーメディアの消去復旧、クラウドのパスワードと事件と、両事件とも記憶にまつわるものが盗まれ、動機が恨みという強い記憶なのもオシャレでした。特に、第2の事件は失言によるもの。言われてしまった者を犯罪者にし、言った方は1000万円黙って払おうと思うほどのたった一言。ああ探偵のように一晩寝て忘れてしまえたら!なんてね。
 

消せるボールペンを知らなかった今日子さん。いったいなん年前から記憶が……って企業秘密なのねw 毎朝起きて、名前と職業は手に書いてあるけども。診断書その他諸々のことはどう思い出すのかしらん 探偵元締めのミッチー協力してくれてるのかしら。
途中で犯人に一服盛られて寝てしまうところ、目覚め後のいろいろ確認を楽しめつつ、記憶のリセットがどういうことなのかを作中で無理なく説明できる仕組み&一服持った奴が自動的に犯人じゃん、とメイン事件捜査とは違う角度でスピード解決できてしまうところも楽しかったです。
しかし「きみちゅ」SDカードの隠し場所だけは……ないわ、めちゃないわ。本当に見えてないかの確認もできないし、後ろに立たれたらどうしよう…と思うのに、作中の犯人は平気で前列にいましたよ。

「リーガルハイ(2)」~最終回 ☆☆☆

こうきたか!


最後まで楽しませてもらいました。

悪女の死刑は、どーせ覆るだろうと最初から思っていましたが。その手段にと黛先生が自らデモ隊に殴られたり、服部さん相手に訴訟をおこしたりのあたりではびっくりw


いままでの訴訟の依頼人が、ハッピーエンドにみえてその後に不幸になったと、しれっと語るところもさすが古美門w 前作で衝撃を受けたのも、市井の人の不幸をさらっと活写してみせて口からでまかせだったところでしたっけ。


そしてMr.ウィンウィンの化けの皮も剝げ……ついでに、黛を好きだとずーっと思わせておいて、なるほどそうきましたかーw

第2ボタン外しにも無反応なわけです。真面目だからじゃなかったんですね。あのぺったりした横分けが愛しかったんですねw


「半沢直樹2」の後で、また「リーガルハイ3」が始まるんでしょうか。ひとり「相棒」みたいなことになってきましたw

「リーガルハイ(2)」1 ☆☆☆☆

古美門(堺雅人)敗れるw

主人公のピンチにも、全然可哀想にとか残念だとか思いませんよね。だいたい保険金殺人をしただろうって女(小雪)を弁護するのに、問題は本当に無実かどうかでなく

「私にいくら払えるのかだ!」キッパリw

更には要求した2億の一部は、被告の身体でエロエロに支払ってもらう気満々って、下衆の最上級でもう笑うしかありませんよねー。
これがつい先月まで銀行員で「倍返し」唱えていた愛妻家だとは…w
ってことで、堺雅人はノリノリで熱演。
ちゃんと「半沢直樹」パロディもあり、オリンピック招致の「お・も・て・な・し」パロディもあり、サービス精神満点の第一話でした。 

「腐女子ガール」のダンス完コピも笑ったわーw 
ガッキーの可愛さを始めレギュラー陣も相変わらずです。


そこに新たに加わった人たらしな美青年(岡田将生)。もっと腹黒く古美門と対立するのかと思いきや、本気で正義と人類の幸福を追求するだけなのねー。そしたら黛はそちらに組する方がお互い幸せだと思うのですが、さてはて。


「空飛ぶ広報室」最終回 ☆☆☆☆

「空は、つながってます!」

だねー、そうだねー。絵に描いた様なハッピーエンドで幸せ(^^)


例によって「最終回見られない病」を発症、録画を放置してしまいました(←そう、好物は最後にとっておくタイプですw)でもやっと、えいや!っとつけたらやっぱり面白くて、2人が愛しくてキュンキュン(><)


『もう連絡しません』『幸せになってください』

と、つきあってもいなかったのに一方的に別れを告げられた稲ぴょん。ここでも空井君、順番がおかしいよ(><)それでも、そんなメールの残る古い携帯を可愛い箱に入れてとってあるだなんて…乙女!

仕事に没頭して2年、いまや社内での評判上々の中堅となった稲葉なら、ブルーインパルス取材に福島に飛んでも、男がどうとか言われる筋合いはないそうで成長したものです。久しぶりに訪れた空幕広報室に、メレブさんしか知った顔がいないとは月日は残酷。

それでも空を見る度、心が痛むとか言われては切ないじゃないですか。


じゃあ一体空井は何を考えて、あんなことを…と思ったら、同僚に問われる形で

『僕じゃ幸せに出来ない』

的なことを語り、一方の稲ぴょんは鷺坂さんに

『だから私は身を引く』

的なことを語り、シンクロする想いに視聴者は身悶えするわけです。(親みたいなもんの鷺坂さんならともかく、ちょっと冷やかしただけの同僚があれ聞かされちゃったら重くて返事に困りますよねw 私なら聞いてなかったフリしてこっそり後ずさるw)


そして、サンドウィッチマンも出てきてびっくりの取材部分はさておいて、終盤はブルーインパルスも飛んで、2人駆け寄り抱き合ってハッピーエンド!きゃー(><)
……でもよーく考えると好きだとか決定的なことは何も言ってないですよw


ずっと2人が好きあっていた、他にも誰もいないって、見てたらわかる、わかりますけど。妙齢の2人が2年も会わなかったら、他の人と結婚どころかもう親になってても不思議じゃない日数なわけで。ていうか、きちんと想いを伝えあうところも見たかったですよー。
まあ言葉は後でゆっくりなんですかね。若いっていいわー。

心配した震災関連も、肩すかしなぐらいに煽らない必要最小限で 、それでも倒れたままの石のベンチや浸水ラインで『忘れない心』が伝わってくるいい描き方だったと思います。


一話の、ガツガツでイヤな女だった稲ぴょんが懐かしい……。
ずっと見られずにいたくせに、見たら今度は消せずにいます。また最初っから見ちゃおうかなー。 


「空飛ぶ広報室」10  ☆☆☆☆

結局あの後、会わずに半年経っちゃってたのか(><)


後輩を育て(あのじゅえるが!服装も変わって見違えましたね)、グルメレポートだ働く女性ミニコーナーだに粉骨砕身の稲ぴょん。それでも

「空を見てもなにも思わなくなったら……」

って、まだ気になるってことじゃないですかー

「なんてね☆」

とか自虐してる場合じゃないですよ。素直に電話したら空井は普通に喜んでくれるでしょうに。それが出来ないややこしい稲ぴょんなわけで。


でも帝都テレビだって一枚岩じゃない。例のヘルメット運んだドラマ撮影のキリーから、特番でブルーインパルスに乗りたいと打診があって大喜びの広報室一同。

…こういうとき、視聴率を広告費換算する台詞が毎度あって、その度この「空飛ぶ広報室」放映自体がいくらに換算されているんだろうと気になりますよね。こちとら知るだけでなく好意を抱いて、DVDボックス欲しいなとか思っちゃってるんですから効果絶大ですよ。…と閑話はさておき。


退職を迎えた鷺坂さんに、お蔵入り密着取材の映像から広報室の日常を抜粋して贈った『因幡の白ウサギ』ちゃん。

お返しに?大スターキリーのブルーインパルス搭載現場への招待切符を送る空井くん。

ほらほら、会ってしまえば因縁なんてないじゃないですか。

空井君が嬉しいよりもかなり淋しい表情なのは、今の自分がスカイじゃないからでそれは稲ぴょんのせいじゃないのだし。むしろ、それを黙って分かっていてくれる稲葉の横だからこそ言い訳せずに辛いまま居られる空井君です。

……そんな2人の想いをよそに、曲芸飛行を繰り広げるブルーインパルス隊。並んで飛ぶ、正面から交差する間隔の狭いこと(><)ハートに矢とかも空に描けちゃうんですか?びっくりー!

(ほらほら、ここも広報効果絶大w)


ドラマ界の視聴者にも話題を呼び、お蔵入りの密着取材が世に出ることに!

そうなるとパッと電話が出来る稲ぴょんですよ。

だーかーらー、そういう用事がなくても「元気?」だとか「何してる?」ってお話して普通に会えばいいのにって言ってるのに(><)

で、応えての空井さんは通常運転。

「来ないで下さい、困ります」

何、何、なんで会えないの? って、出張ならそれを先に言えーw と笑わせておいて、段々に分かるのです。やっと笑顔で再会できる筈の「明日」は来なかったんだなって。

だって「今日」は3月11日のあの日。

グルメ番組「あさりの塩抜き」用の実験に、ボウルに張った水が揺れて…(東京ではこの水こぼれたの?大阪では目眩?立ちくらみ?と足を止める感じでこぼれる程ではなかったですが)


空井君がいたのは、奇しくもあの松島。


ドラマ内で被災映像が流れることはないそうですが。松島にいると知っていて、音信不通になって、多分空自に問い合わせても居場所なんて教えてもらえなくて。胸中いかばかりかと今から思いつつも、予告でその後2年経つのも知らされちゃって、うわあどうなるんだろう。

柚木と槙のカップルを、片山がスクープ扱いだったのには笑いましたw 得意げに聞かされた時の空井の死んだ目にもw 同じ日に同じ場所に旅行……それってただの旅行じゃなくて、互いの実家にご挨拶とかだよねきっと。さてそっちも2年もたってたらどうなってるんだろうw 
あれこれ気を揉みながらも、最終回が楽しみすぎるw 

「空飛ぶ広報室」8、9 ☆☆☆☆

稲ぴょん涙の回想……でも空井君と知り合ってから今までを駆け足でみると、かなり変な人w それが普通で素敵に見えて来たほど、稲ぴょんも私たちも空幕寄りになっていたんだなと改めて思うのでしたw


前回は、広報室と帝都テレビで同じ女性自衛官(南明奈)に密着しての別々の番組作り。

訓練時代の空井の知り合いとあって、

「私のこと好きなのかなと思ってた」

「空井さんって話す順番が可笑しいからw」

と、稲ぴょんも同じく勘違いしてるのか?と思わせたりするのですが。制作を通じて、亡父との思い出を語ったりして増々近づく2人の距離。北海道への空の旅(空自定期便だけどw)

そして突然の口づけ(><)きゃー(><)


厳密には、あんな不意打ちって無しだと思うんです。

しかも直前に稲ぴょんが語ったのは仕事への覚悟であって、響くことがあったとしたって空井だけに送るメッセージだったわけでもなく、なんでいきなりキスしてオッケーだと(しかも仕事中にw)思ったんだよと問いつめたいですが、まあ若いからね。

そして全然イヤじゃないって見てるこっちは分かってますからw


じゃあ可愛いカップルの誕生か、と微笑ましく思っていたのに予告では即、不穏な空気に突き落とされましたよ。なんちゅー落差でしょう(><)


アッキーナ隊員のPVがやらせって、可愛すぎて存在そのものが俳優さんだと思われちゃったのかw そこは稲葉が作った別番組、働く女性を取り上げた「キラリ☆」が放映になれば実在の人物と分かる筈ですが、戦争賛美という専門家筋もいてネットで叩かれ、空自の男と出来てると噂の稲ピョンがムキになって上にかけあう程みょうな具合になってしまうわけで……。


『成果がないのに会えない』

と、謝罪なり訂正なりを引き出さねばと焦る稲葉に対して

『稲葉さんがどう思ったのか、聞きたかった』

と、ただただ話をしたかったらしい空井。稲葉だって、すぐ電話して、ただ「酷いよね!なにあれ!」と言いあうだけだって良かったのにね。


やっと会えたのに『空自担当は外され密着取材も終わり』と言うばかりで、とりつく島もない稲葉。

でも、そんな稲葉が空自をかばっていた隠し撮りを見て、帝都テレビまで駆けつける空井(><)そんなことも知らずに、エレメントをみつめて泣き崩れる稲ぴょん。

足を痛めて座り込んだ空井は、夜空に輝く帝都テレビに結局辿り着けたのでしょうか?どうなる2人?


それでも、稲ぴょんが作ったミニ番組は放映されるんですよ。

「俺たちは番組を作るしかないんだ」

なかなか存在感を増して来た稲葉上司ですよ。鷺坂さんとの密会もなかなか見応えがありまして…思った以上にお仕事ドラマでありながらも、やっぱり気になるのはラブの行方なんだよなー。


え、柚木さんと槙さんもついにw?

「空飛ぶ広報室」7 ☆☆☆☆

稲ピョンの彼氏、という誤解は即解けましたねw

2人でいるところを見られて焦る空井さんが激可愛いw 奪うつもりだった割には腹が座ってなさすぎで、女連れのアイツが彼氏じゃないと分かって喜び過ぎで、涙まで出ちゃってましたよ。

毎度、どんなに仕事や個々の成長を描いても結局は稲葉と空井の恋バナに戻ってくるこのドラマ。今回もさんざ泣かされたのに、ラストは爽やかに互いの好意を表明して終わりです。うんうん。


TV局の肉食ギャルがついに空井とデートしましたけど、飛行機の話ばかりでドン引きにw でも稲葉はその飛行機トークを楽しめるし、吸収して仕事に役立てることも出来るんですよ。

報道に行った同期も、稲葉の負けっぷりが見たいのに、自衛隊やヘリの機種を熱心に語られてイライラ。だけど、遭難救助現場に出くわした時には、稲葉への問い合わせが出来て正確な報道につながった。無駄なことなんてないんですね。

ニュースをみていた広報室も、「山岳救助隊」のテロップに「空自の救難団なのにー」と肩を落としますが、直後の現場レポートでの訂正&詳細な説明に、稲ピョンがやってくれたんだと沸き立ちます(特に空井がw)

誰かのことを知りたい、誰かのことを正確に伝えたいってそれは愛ですから。


鷺坂室長へのインタビュー。

他人の救護の為に、妻を淋しく死なせたと、まだ「夫としては」悔やみつつ「自衛官としては」正しいことをした、広報の仕事を通じて1人でも多くを助けられる一助になればと静かに語る様子にもう、ただただもらい泣きです。

この時、延々と待機せざるを得なかった仕組みは、今では改正されているんですものね。

知りたいからと聞いてよかったのか気を揉む稲ぴょん。取材が怖いと思う成長。今は放送出来なくても、いつかそれを活かせれば大丈夫だという上司の言葉も、深イイ話でした。

(ああ、このドラマの空自宣伝効果がまたアップ……)


そうだそうだ、「海猿」より「トッキュー!」よりスゴイ男たちのいる航空救難団の取材や、プロモーションビデオの制作も楽しくてためになって、おまけに槙さんが柚木さんにデートも申し込めて良かったです(^^)


飛行機も「飲酒運転」ってあるんですねw

いくら入れ物が普通のコップで、「お茶」だって強調しても、酒場から出動はまずいでしょうというごもっともなご意見でPVはお蔵入りに。コンテ段階で誰か気付こうよーw(TV局のスタッフに撮影させて、じゃあ損失はいくらに計上されたんでしょう)
あ、そのPVに鈴木亮平が。 


さて、ここからは空井稲葉の急接近を描くばかりなのでしょうか。そんな訳ないw

朝の「あまちゃん」でもコントレックスが流行してる様に、帝都テレビがとりあげる流行は食べるラー油、ちょっと古いです。これから来るんですよね東日本大震災が。そして

「いざという時には大切な人といられない」

人たちなんだと描かれるのでしょう。でもそれは、報道を志す稲ぴょんも同じな訳で……。中国の地震の際、自分の結婚式そっちのけで(どうせ客も来なかったし)ウェディングドレスのまま被災者に取材していた記者のようなことになったりするのかも。

あまり辛いことにならないようにお願いします(><)

「空飛ぶ広報室」6 ☆☆☆

男の友情が復活だー!


5年前の名コンビが、いまやそっけないただの同僚。嫌い合ってるわけでもなく、比嘉はサポートするのに片山だけがむきになって空回り。一体2人に何が……。

って、屋上の場面では要潤からどんなヤバい告白が空井にされるのかとハラハラしましたが(妄想w)、そこは例によってベタに定番の勘違いですよー。


幹部って、3年ごとに絶対に異動なんですね?

『広報室』のため、出世せず異動せずに自分の広報知識を伝えていこうと心に決めていた比嘉。それを、やる気のなさと受け取って勝手に失望していた片山。いや片山にしたら、だったら嫁が稼いでるから出世いらないとか言わずに、広報愛を語れよって憤りもあるかと思いますがw

事実を知ってもすぐには近づけない2人の距離を、ぐいぐい戻したのは新企画に邁進する空井!どちらか1人が協力すると言っても、ダメなんだろうなあと……3人で知恵出しあって、ビールとつまみと企画書で小さな机囲んで(空井の部屋w)ついに名案が浮かんで乾杯~!

ああ仕事っていいなあと思える名場面でしたね。


でも、それで出来るのが新アイドルのPVなんですがorz

女の子たちが入隊していろいろ体験するって設定での撮影だそうですよん。そこに時刻ぴったりにF14が5機、V字を描いて上空を飛ぶー!!カッコいー!! アイドルファンの男子は飛行機も好きだろうし、このPVも5年前の伝説の作品みたいに話題になって売れるといいですね!


と、いう間ほぼ待ちぼうけの脇役だった稲ぴょんですが。

比嘉と片山の想いを知って、避けていた後輩指導に立ち向かう決心をするのでした!

そして空井君は、ほらやっぱりこっちも誤解してたよーw 稲ぴょんに彼氏が居て、この前の会話も彼氏から牽制されたとか思ってたよーw

でも奪っちゃえばいい、「一緒にいたい人と居られる時間は限られてる」とか自分が片山に言った台詞でお返しされてますよ。そうだそうだー、そして彼氏じゃないっちゅーねん。普段鈍いくせに、要らないところでだけ過敏で困るわw


柚木さんと慎さんも全然進展なく、まだポメラニアン彼女の話が出てるし。さあ、あっちもこっちもぐいぐい行ってくださいよー。

鷺坂さんの静かな叱責も心にしみ、何度も同じ口調で繰り返される「7不思議」の「な〜ぜ〜」も 面白かったです。


「空飛ぶ広報室」4、5 ☆☆☆☆

男社会で生き抜く為にオッサンになった。


ストレートにイジメが描かれるよりも、処世術として腑に落ちますよね。

これが「ジウ」なら、同じく男社会の警察でも女が目立つと強姦だ反撃して殺人未遂だと殺伐とするわけですがw スイートな「空飛ぶ広報室」では逆方向。真綿でくるむネグレクト、お姫様扱いが辛かったとなるわけで、民間人にも共感しやすい形かと思います。

そしてしっかり、見守ってくれていた人が居て。
ここでも頼れる鷺坂さん、どれだけパーフェクト上司だって感じですが、声をあげたのは慎さん(高橋努)ね。 

どんなにオッサン化しようが、アザラシの様に二日酔いで転がっていようが、オレは貴女を女とカウントするんです!ときっぱり言いきられては……もう、いっそはっきり「好きだ」と言ってorz


だって、彼には”民間のポメラニアンみたいな”(=自分とは正反対の)彼女がいると、まだ思い込んでいる柚木嬢は『屈辱だ』と怒ってますよ。あまり遠回しな想いは通じませんよね。


その遠回しは通じないのはメインの2人も同じで、まあくすぐったくも歯がゆい展開w

お揃いの飛行機ペンをそれぞれ大事にして、取り出してみつめて、合い言葉はエレメント。

「あの2人、つきあってます」

と言われちゃえば、女のカン程度を信じてショックを受けて。

「つきあってください」

と言われちゃえば、どうせ表現がアレなだけで告白じゃないと分かっていてもドキドキして←しかし空井くんも、「あの2人」と前置きのある「つきあう」は交際と判断するのに、どうして2×2で呑みに誘う時に「つきあって」と表現するのw この辺の繰り返しは丁寧なのかしつこいのかw


そして、やっと稲葉が仕事抜きの外出に誘ったのに空井の返事はノーで……。その辺もどうせ思い違いや変な気遣いのせいで、好きでしょ?好きなんでしょう?あああじれったいぞー。


まあ、さっさと告白したらしたで、広報官とTVディレクターの恋じゃ、始めるより続けるほうが難しい気もするのですが。

一歩すすんで二歩下がる2人ががあまりにじれったくて見始めるまでに気合いが要ります。どっちかが猪突猛進に好きだ好きだーとはっきり言ってくれて、片方が悩んでる方が見易いのかも私。


と、つい恋愛中心で書きましたがお仕事としても稲ピョン大躍進!

公開演習で、車両接触事故についての記者会見。何も知らずに食い下がり、暴言で柚木を煽る記者を止めるのは稲葉。

「資料を読んでない記者はいないと思いますが、ミサイルは…」と水をむけ

「ダミーです」と柚木が答える場を作る。


いや、柚木も最初からそう言えって話ですが、当事者には自明の理で説明する必要を忘れるってことありますからね。稲ピョンのナイスアシスト。そして、ほんの数ヶ月前には食い下がる方だったんだからw すっかりもう空自側ですよねw


取材も、柚木密着にゴーサイン。

そして昔柚木をツンボ桟敷に置いた部下が、今はもーっと若いもーっと頼りない娘っ子上司をちゃんと補佐して

「やりがいがあります!」

と笑顔にしてあげてると分かって良かったですよね。当人は和解ではなく懺悔と後悔だなんて言ってましたけど、それでも少しは傷が癒えるのでは。(あの場面って撮ってた?)


毎度、ほんとあざとく「いい話」で、射撃の縁で元々親近感のあった自衛隊にますます興味や好感度上がりまくりで思うつぼなじゃすみんですよ。


「空飛ぶ広報室」3 ☆☆☆

「空井さんいい人だ」 はともかく

「嫌いにならないで~」は完全にラブだよねw


今回も安定の「いい話」でした!


空井の同期が結婚。

本来なら駆けつけるし呼ばれるべき仲なのに、電話をかけるのも躊躇している空井。てっきりお相手の彼女をとりあうようなことがあったかとありがちな邪推をしてみましたが、そこはめでたく外れました。

事故の後『戻って来い、待っている』と励ましたことを、あちらは酷いことを言ったと後悔し、空井は約束を守れなかったと後ろめたく想い……。

結局、稲葉が思いついた取材のおかげで無事旧友の慶事を祝えて良かった良かった(^^)


自衛官の恋愛事情。

あるある的にも楽しく、性格描写として面白く、おまけに愛妻のことを嬉々として語っていた鷺坂さんがもう奥さんを亡くされて15年も経つと分かって泣かされましたよ(><)反則だー

そして新郎新婦に贈る鷺坂さんのスピーチ。

いつでも笑って見送って。自衛官は何があるかわからないから……という定番に続けて

「でもそれは誰でも同じですよね?」

そうだそうだー。


自衛官なんかに嫁がせたくない、と反対していた親父さんの心にも、空井の言葉や鷺坂さんのスピーチが届きます様に。


そして打ち上げ、広報室の吞み会で泥酔してしまう稲ぴょん。

空井相手のつもりで、水野美紀に泣きつくわ抱きつくわ、それってもう公認の仲じゃん!さて、酔わずにそれを見ちゃってる空井くんはこれからどう接していくんでしょうねえw

「空飛ぶ広報室」2 ☆☆☆

今度は稲葉ガッキーの事情。

お互いが辛い過去を晒し、図らずも涙を見せ合って距離が縮まったような縮まらない様な…w

『頭なでなで』を鷺坂に知られていると知った空井が、ぴょんと飛び上がって中腰のままの足腰の強さに笑いました。膝が悪いとはとてもw
各自衛隊&報道を表す標語(?)もエスプリが利いて面白かったですね。 


というわけで物語はTV業界寄り。


ヘリ墜落、すわ特ダネ!なんで我が社のカメラは居ないの?

…と燃える稲ピョンでしたが、実は模擬記者会見でしたよーん。

この事件で、顔見知りの良くしてくれた人たち相手ですら追求に手心は加えない、彼女の熱い報道魂が垣間見えるわけですが、まあ、ガツガツのイヤな奴だよねw

それを見送る空井二尉といえば

「夜にお時間ありますか」

「お近づきになりたい」

と、どう聞いてもデートの誘いでしょうな発言をかましておいてから

「広報室の懇親会で♪」

だからそれ、順番が逆w そういう気の効かない、よく言えば下心もない男でございます。


以上、2話から見た人にも一連の事件で自然にキャラ紹介OK。この辺り上手いですよねー。


そしてそもそものきっかけ、制服萌え企画<不運のパイロット密着取材>は棚上げのまま、人気店のナポリタンを取材に行っては、食べもしない話も聞かない、やっつけ仕事で戻って来て怒られる稲ピョンなのですが。

その店で食べてご主人と話して来た空井くん(さすがにその時は私服で?)との会話から、甘いナポリタンに理由があることに気付くのです。
再取材、よーく考えると時間を取られる店側には大迷惑な気もしますが当初の面白くない、何も分かってないままのナレーションで流されるよりは断然いいですよね。滑走路の「ラストチャンス」とこの後がつながって、ここもナイス! 


子ども向けに甘いナポリタンに大人はタバスコをかけてちょうどいい味。親子で一緒に食べられる店。

「何も知ろうとしていなかった」

と泣き崩れる稲ぴょんをそのままに、食べきれそうにない大盛りサービスの皿を手伝って食べてやる空井くん。これも、2人の距離がぐっと縮まる瞬間でした。


なのに「泣いてません!」だからw

素直に礼を言ってたときは「可愛いと思ったのに……」と、今回も甘〜く甘く終わりましたよ!そんな2人がやりあう向こう側で、TV局の同期が稲葉を誘うのを諦めて去っていったり。そうそう、君はお呼びじゃないのよ。


過当取材で報道を外された稲葉。

示談になった話に、相手でなく取材側にも「イヤな事を聞かなきゃいけないなんて」可哀想だと言う空井。それって、パイロットを「人殺しの訓練をしてる」と失言するのと同様にずれたこといってる気がするのですがどうでしょう。

異業種の2人、特に稲ぴょんがあれですからこれからも言い合ったりすれちがったりするんでしょうけど、恋を自覚する頃がまた楽しみです。


「飛行機は、バック出来ないんですよ(^^)」

空井くん、可愛いなあ。でも綾野剛ってつくづく雰囲気がイケメンなのであって、彫刻の様なハンサムじゃないなあと思い続ける1時間であります。好きですよ、好きなんですけども、目の下にしわが(><)←トラウマで不眠気味な役だしねw




「空飛ぶ広報室」1 ☆☆☆

帽子にあごひも付きはダサイよねー、外すと爆風で飛ばされちゃうのは分かるのですが……。”制服萌え”を打ち出しておきながら、魅せ方が惜しいw 

しかし主人公は男・木村多江と言われる(嘘)日本一薄幸顔の綾野剛。不幸萌え&傷跡萌えの合わせ技で、どーん!

ヒロインはガッキーで問題ない上に、「自衛隊あるある」と「TV局あるある」で二度美味しいと来ています。むしろあざといw


てなわけで、何か大失態で報道部から外され、食べ物レポートや制服男子の担当が不本意なヒロイン稲葉(新垣結衣)

航空自衛隊の取材では「空軍」と言ったり(ありえない~)、戦闘機を「人殺しの機械」呼ばわりで広報の空井二尉(綾野剛)を激怒させてしまいます。実は元パイロットだった空井は、憧れの頂点ブルーインパルス隊に配属されたのに交通事故でパイロット資格を剥奪されていたのでした。

……と、設定と空井は重苦しいのですが、メインはその苦悩ではないのでとんとんと進みます。
広報室の楽しい仲間、要潤ムロツヨシ柴田恭兵が安定して楽しい! 


人気ドラマにヘリ登場。

その設定ひとつで、自衛隊とTV両者の利害や体質の違いを見せ、また

「『航空自衛隊だ!』って台詞に入れて下さいよー」

とあの手この手で絡める広報室長サギ坂(柴田恭兵)が強烈に印象づきました。空自内部ですら「百里はオッケー出てる」とか「トップはやる気」と現場と上層部双方に嘘ついて丸め込む”詐欺師”ぶりw それをぽかーんと見てる空井が、そういう手管とは無縁の男なのがよく分かるのもナイスです。


そしてまた、ドラマ撮影のせいでパイロットだった頃の古巣に空井が行くことになるという展開も自然&残酷でうまいというか、これまたあざとい(><)


昔の仲間や、乗れない飛行機を見る空井の哀しい瞳。走る脚のクローズアップ。

彼の過去を知り、泣かせを狙って密着する稲葉はもう最低で、撮らないであげてってTVのこっちでやきもきさせられます。でも

「僕もパイロットになりたい」
という子どもの言葉に涙ぐみ、立ち去って号泣してしまう場面ではさすがにカメラを止めて。踏み込んではいけない場所もあると、やっと学んだ稲葉は、もしかして空井に気持ちが……??
(原作は未読ですが、崩れ落ちた空井に近寄って頭を撫でる稲葉が原作通りなのなら、さすが「図書館戦争」「植物図鑑」の人です。甘〜い!) 


笑いあり、涙あり、笑いあり。最後はラブい勘違いもあって、1話でお腹いっぱい。これスペシャルドラマだったのかもってぐらい楽しみました。

「稲葉さんの為に生きてみようかと思います!」

確かに言い方が悪すぎるw 

『我慢しすぎる男』空井と、『我慢できない女』稲葉。
空井が言えずにしまい込む言葉を稲葉がガンガンと引き出して楽にしてくれるナイスカップルって具合に上手くいくのでしょうか?この2人は、延々すれ違い勘違いが楽しいんじゃないのかなあ。

それと広報室に水野美紀。暴力姐さんになってましたけどw格闘技を活かしたナイス配役なのかもw 


「リーガル・ハイ」最終回 ☆☆☆☆☆

借金返済に残り45年で同居? もう結婚しちゃえばw


あれから1年。

百合の花など飾って黛を迎え入れる古美門……って、いつ妄想だよーんになるかと思ったら普通に現実でしたよね?きゃ☆ ←と、思わせて敵陣に現れる古美門先生!あれも作戦、これもだよね!

念願の師弟対決は実現し、裁判官にいーかげんにしろと怒られながらもじゃれ合う2人に胸熱でしたわ。勝てそうだった闘いを、結局は自滅でおとす黛にも、観ていてむしろホッとしたり。

いつか乗り越える目標として、古美門先生はどーんと立ちはだかっていて欲しいじゃないですか。


そして沙織問題w

前回の感想をゆっくりと書いてからあちこちブログを訪れたら、自分がよく読む所は『人間じゃないに一票」がやっぱり多くて、同じ事考えていて笑いました。その為の生瀬さんキャスティング、ですよねw

なのでハムスターだったことは納得ですが、「男同士の喧嘩」というには、あまりに情けない殴り合い方に失笑(のび太か!)あんなんでいいのか秘書さんは!

しかし弁護士諸先生方、裏の読み合いや騙し合いばかりしてるから、無垢でつぶらな瞳に弱いのね←黛だって負けないぞ!


きれいに終わりつつも、案外続編も行けそうな最終回。

なにやら期待をもたせて春ドラマは終わるのでした。オープニングの、黛2度目のとび蹴りはまだ決着ついていませんから!(六法全書アイスラッガーは、笑ったけど。本来は投げたりしちゃいけない大切な物じゃないのかなw)

「リーガル・ハイ」9、10 ☆☆☆☆

誤診!誤診なのか!このタイミングで言うかw

「長澤まさみだったらなぁ!」
にも大受けw ガッキーの下手なレポーター演技や、音痴の演技は最高ですよね! 


前回今回と続いた環境問題訴訟。
素晴らしすぎて口を挟む隙がありませんでした。強いていうならば、三木が抱いてる写真のさおりは誰なのか。死んだ死んだと、案外愛犬じゃないのか、と思うぐらいw(古美門元妻が出て来てなければ、許嫁だった三木娘というベタ路線もありですが。生瀬さんが熱演するほど、笑いの伏線に見えるなり)


村の老人達を相手に立て板に水の古美門節炸裂、虚仮にするのかと思いきや完全にアジってるじゃないですか。一方の間抜けで誠実な黛は、村の米と水をもりもりと食べて健康被害の人体実験を目論む……。なんてバカなんでしょう。そしてなんと愛しいんでしょう。

泣き出す黛を古美門が抱きしめたところでは変な声が出ましたが……誤診w 絶対金で頼んでるw


自分が病気になってでも、と思った黛の気持ちと、それを最大限に生かそうという古美門の狙いは同じ方向を向いている筈なのに、やっぱり相容れないのですよね。

ついに独立を選ぶ黛は、さてこれからどう動くのか?

「せいせいした」

と口でいいつつも、淋しげな瞳は隠せない古美門と対立するのか?古美門vs三木は一体?


ああもう、楽しみすぎる!


「リーガル・ハイ」8 ☆☆☆☆

あの古美門が、すっかり可哀想な子どもに(><)

あ、古美門(子)ですね、なんとご尊父古美門(父)がご登場でしたから。


今回は子ども時代や父親が絡む度に古美門(子)がみせる、なんともいえない表情に目が釘付けでした。まだ傷が癒えていないんだねー。

元妻は実に似たタイプ『女古美門』でしたけど、古美門(父)は同じ言い負かすにしても詭弁をろうさない、だからこそやっかいなタイプです。

ほんの子どもの頃から

「定義は?」とか

「根拠を示しなさい」とかw

勿論、子ども時代の古美門(子)もイヤなガキでしたけど、だからっていい大人が正論で論破してバカだ嫌いだと真正面から言って育てていい訳がないじゃないですか!(お母さんとは死別?)


そんな頃のまま対立を続けている古美門親子が弁護し合うのは、これまた壊れた親子関係の母娘(><)

天才子役(里琴ちゃん、もこみちと共演のドラマでも天才子役だったよねw)側に古美門(子)、母親側に(父)がついての親権停止争い。

娘の気持ちの代弁がそのまま、古美門(子)の叫びの様で胸がきゅんきゅんしました。

まあ、裁判上の発言は計算の上の演技もありですが……。

東京を去る父親を、ののしるでも駅まで送るでもなく、ただ見ている息子の胸中やいかに。明るく「また来てください!」と声をかけられちゃう黛は所詮他人ですからね。
「息子はいません」
と言い放つ(父)ですが、いっそ本当に他人ならもっとお互い優しくなれる筈なのに……。 


と、ここでびっくり隠し玉!服部さんが(父)が送り込んだ草だったとはー!実は(子)を気にかけていたんじゃないですか(><)


そうそう、冒頭からずっと続いた「サンタを信じるか」論争、信じる黛に信じない子役&古美門(子)というキャラクター描写に使われていただけでなく、実は服部さんこそが古美門(サンタ)から古美門(愛する息子)へのプレゼントってオチに脱帽です。子美門と黛が勘違いしたままなのも、当然だわ笑えるわで尚素敵。

とことん気が利いててスゴイ脚本ですわ。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ