ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

斉藤由貴

「遺留操作(3)」6 ☆☆

救急車呼んで「刺したのは金髪でやくざ風の小男」だとかテキトーな証言をした方が早かったのでは。で、到着までの間にうっかり元旦那に取りすがったりナイフを握ったりして下足跡や微物の証拠を台無しにするんですよ奥さん!

…まあ、出来れば自分も捜査線上に浮かびたくはなかったので…ん?ばらまいた沖縄土産には奥さんの指紋もあるかもなのに? うーん。

素人のとっさの判断なんて、ダメダメだってことですね。


そんなわけで、今回も落とし物にこだわる糸村さん。金持ちの財布に商店街のポイントカードは変だろう、と。どこで買い物したのか等の地道な捜査から、どう考えてもカードは元妻のもの、では何故元旦那の財布に…と、真相を探り出して行くのでした。

いつもより真犯人逮捕の役にたったかもw


だって、怨恨で調べてたのに単なる物取りだなんてねー。真犯人も、あんな人通りの少ないところで犯行しなくても。しかも自宅の近所で顔見知りを襲ちゃうってバカすぎです(><)


そんな罪さえおかさなければ、白血病の子に骨髄移植をしてあげられる筈がご破算に……ならなかったのは森田さんのおかげでしたよ。口うるさいだけじゃない、森田さんの背景なんてそのうちに語られたりするんでしょうか?


今回も、トイレすらゆっくりさせてもらえない村木さんが可哀想でしたw

(それにしても、工場に警察が来た時の彼には少しぐらい焦って欲しかったです。顔見知りだし、ミスリードはしたいのも分かりますが、殺人直後、捜査がかく乱されてることも知らない時に刑事がやってきて平常心な人なんて怖い)

「遺留捜査(3)」5 ☆☆

糸村の捜査、犯罪と関係ないw


被害者(吉田羊)の過去を調べたら、子どもの頃あなたと会っていましたよ(ってか、腹違いの姉妹w)、彼女は裏切ってなんかいませんでしたよ。

…って、その話相手のお嬢さん(矢田亜希子)が犯人ならよくある勘違いな犯行でがっくりパターンですが、犯人は全然別に居て、糸村の捜査にかすりもしてないw 真犯人は課長と森田でちゃーんと見つけてきましたよ!


これぞ本来の「遺留捜査」なのかな?

所長のぎっくり腰が、被害者の部屋の細工物が補助具だと分かる糸口になったりして……この辺の間抜けサポートもお約束ですか?


初回から、とにかく続く出生の秘密判明。

別に画家主催のイベントに娘もついていって会ってたよってだけで、姉妹にする必要もなかったと思うのですが……秘書だった被害者と背格好が似ていて身代わりに刺されたと、いう理由付にはなるかな。


今週の村木さん、眠くて糸村の依頼をばしっと断る筈が、水沢課長が来てくれたらカッコつけて引き受けましたよ!(手みやげが「すっぽんゼリー」w)

仙堂さんは、キャバクラに聞き込みの筈が水沢課長に「仙堂仙堂仙堂仙堂…」って15回ぐらい続けてよびつけられて変えられてましたよw


最後にファンだけ嬉しいどうでもいい場面。矢田亜希子のきれいな手をそっと握る西村さん~(違) 

「遺留捜査(3)」3 ☆☆☆

またまた、糸村も森田も単独捜査w
 

最初は心中@森田vs殺人@糸村。とっとと調書出して終わらせろ!とうるさい森田さんだったのですが、ストーカー相談情報を聞いて殺人説に鞍替えです。

でも主張する犯人が違うので、まるで糸村に勝負を挑むかの様に裏付け捜査をする森田に対し、興味の赴くまま

「この写真の背景がヘン」

「部屋に包丁が一本もないぞ」

「じゃあ遺書の血判はどうやって?」

と、次々と勝手な調べものをしては着実に真実に近づいていく糸村なのでしたw 主人公無敵w

そして次々に鑑定するものが増えて睡眠時間が減る科捜研の村木さん、可哀想w


そんなわけで事件は、男女の心中事件に見えて実はまず女性が自殺でした。

たまたま「お姉さんですよね?」と言いに来た生き別れの弟が、第一発見者に殺されて心中に偽装されてしまいましたよっと。なんて運のない……。

(発見者の叔父が肉体関係を強要って部分はいらなかったのでは。店を継がない恩知らずとなじっていた繋がりで、例えば今まで援助した金を返せと迫ってたぐらいでも良くない?)


得意の「3分だけ」は、心中偽装で殺された彼の、婚約者に使われてました。

通常こんな立場の人は、事情徴収だけされてほったらかしでしょう。下手したら浮気相手と心中と思ったまま、香水も誰に贈るのやらと思ったままになるところを、糸村が訪ねてあげて

「婚約者の貴女を、お姉さんに紹介するため」

と断言して丸く納めていい話で終わりです。

(…多分に妄想。それに「悟志くん」と糸村がずっと呼んでいるところはせめて「悟志さん」だろう!と思ったりしましたが、まあ糸村さんらしい表現なのでしょう)


えーっと、それで悟志くんの母親転落死の犯人は、別の女と一緒にいたってことでOK?


前回もそうでしたけど、ミスリードさせようと別事件と絡めた後始末が不十分なんですよね。 
生き別れの母娘が殺人事件の加害者被害者に…とまでいかなくても、恋人が殺したのが生き別れの母だったらそれで一本書ける大ネタでしょうにほったらかしw 


それに、解剖所見で2遺体のうち男が他殺とはっきり出るのに、心中で済まされたかもしれない体制に恐怖。変死体を全て解剖する余裕はないと聞いてはいますが。

「遺留捜査(3)」2 ☆☆

相手を間違えた復讐!


素人の犯人探しなんてそんなもの、というところでしょうか。

娘にケガをさせたのはこいつ…!と特定するところまでは出来たんですけどね。

その後の『ケガを苦にした自殺』が実は殺人の偽装だった、とつきとめるには糸村(上川隆也)ですら鑑識の手を借りて、なんとか社の契約書だのかんとか社のインクだのという情報が必要だったんですから、無理ムリ無理。

「娘さんは殺されたんです!」

と告げる糸村の横で、水沢課長(斉藤由貴)が「何それ?」「じゃ、誰に?」と犯人さんよりびっくりしていて可哀想w


可哀想といえば、なんと本庁の森田(西村雅彦)まで水沢さんを無視です(><)

ルール破りの糸村に対し、王道で行くのが森田かと思っていたのに。勝手にいなくなるわ、火薬の同定等の重要な情報を隠すわ。おまけに怖いんですよ、糸村の方が穏やかな分まだましかもw

昔、水沢と同じ部署にいたそうで…どんな因縁があるのでしょうか。

「小姑みたいにうるさいところが変わらない」

だなんて、まさか男女の関係が昔あったりしたらもっと分かり易く色っぽい演出しますかねえ。ちょっと期待していたのですが。 


それにしても、指輪の線から母娘の関係を持ってくるのは大技でしたw

『この指輪をつけ続けて有名になれば、本当のお母さんが気付いてくれる!』

ふ、古くさい。でも『気付いてたのに』と泣く母(高岡早紀)の慟哭にはちょっともらい涙…。2人殺す筈が、結局どちらも死ななくて本当に良かったです

しかし、わざわざ火薬で爆殺を選ぶ女性は珍しくないですか。

前回の爆発と同じ火薬、ってことさえ無ければ2本の別の話に出来たんですから、マネージャーが火薬の扱いや時限爆弾の配線に手慣れている背景が欲しかった様な(母と娘を短期間に相次いで亡くしてるってのに冷静に爆弾手作り?) 、これ以上の説明はめんどくさい様な…


ターゲットを救出に向かった森田さんにハラハラ。あ、あんなノータイムで連れ出さずに最初に解除班が行ってよ!

そうだ鑑識さん。糸村のせいで私生活が削られて婚期が遅れているそうですが、いい相手がいましたよー。水沢さんだ! 妙にドレスアップして、月島署まで結果を手渡しにw これなら頼み易くなりましたねw

「遺留捜査(3)」1 ☆☆

シーズン1を途中リタイアして以来、久しぶりの「遺留操作」です。

舞台が浅草の所轄に移っても主人公糸村さん(上川隆也)の可愛げなところは健在。だけどお守り係の刑事さんまでいて、ソフトに迷惑がられているのが分かりますねーw

そこにお堅い警部補(西村雅彦)が転任してきて、さあ大変。


殺人事件遺体(小市慢太郎)の手荷物の中の、違和感あるハーモニカ。その出所にこだわっていたら芋づる式に大女優(若村麻由美)の端役映画に辿り着き、小道具の破損や撮影当時の遺体発見談が掘り返され……。

この糸村お手柄話だけなら、どの刑事モノでもよくある展開なわけです。大女優の告白タイムはロケーションも美しい湖畔で無駄に長いしw

でも今回の「遺留捜査」は二本立て、警部補は正当派な捜査で別の若い女優を覚せい剤で逮捕したり、火薬量の調査で第2の爆発を予想したりと非糸村な捜査の意義も見せつけてくれるので、事件への興味が途切れずにいい感じかも(西村ファンなだけかなw)
ほぼ白髪で老け込んでる西村さんも素敵(^^)……なのはさておきw

両者が捜査で歩み寄り、理解し合って最終回となるのでしょうか?


あと、鑑識さんに毎度見当ハズレで無駄そうな鑑定を、しかも急ぎで徹夜させてまで頼んでいるらしい糸村。
「大丈夫!オレも寝ないから!」
って、どうでも良くて笑いましたw 好物のシャケおにぎりを差し入れしてましたよ、そういう気は効くんだ!


「吾輩は主婦である」1週2週 ☆☆☆☆

<一週>
 唄うよ!ロン毛だよ!なんだよ魚って!!

 とりあえず人物紹介編となる一週目。
ナレーションは吾輩=夏目漱石なものの、主人公は可愛いミドリ(斉藤由貴)ちゃん。美声。老け込み具合もご愛敬です。だってご主人がミッチーだよ?ヒロインまで年齢不詳美女じゃ、ホームドラマになんないよ。
 姑と嫁は仲良し、夫婦仲もヨシ、子供もヨシ。家族円満。

 ただし夫が夢追い人に。

 ・・・それですら結局は協力するんだから。深刻なケンカは出てきそうにありません。
 だよねー。
これから、「夏目漱石が乗り移る」なんてとっぴょーしもないことを言うんだから、他はせめて円満穏便にしておかないとねー。

 昔の記憶をなくして、乗り移られちゃ(「ボクの魔法使い」思い出すよね)っってからがきっと真骨頂。楽しみです。



<2週>
 今日も明日も〜家庭内デート♪
気がつくと口ずさんじゃってますよ。もう楽しい楽しい。

 渾名付けたり、ご近所や学校と揉めたり、でも母性本能だけは蘇ったり(ミッチーだけは嫌いだったり・笑)。そして喫茶ジャンバルジャンで唄うと元に戻ったり!
 粗筋を見てない人に語るのは例によって難しいというか気恥ずかしいというか、とんでもない展開のくせにテンポよく楽しくてイイお話しまで入ってたりするんですよ?。

 夜の連ドラ:クドカンを知らなかった層にまで、アピールしてるんじゃないでしょうか?
モンナシーヌの唄まで耳について離れないよ。

 えーっとでも、「漱石が乗り移って事件を解決」って聞いてたんだけど?そこはまだ先なのかな。
そういう意味では昼ドラって、30分枠内の展開は早くても人物紹介や全体の中での起承転結はゆっくりできるのかしら?
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ