ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

探偵が早すぎる

「探偵が早すぎる」~6 ☆☆

水野美紀と広瀬アリス、似てるw

案外楽しく見続けています。基本、事件が起きる前に探偵千曲川(滝藤賢一)が全部潰しちゃうわけで盛り上がらなさもある中、一華(広瀬アリス)ののびのびコメディエンヌっぷりが楽しみに。むしろ謎解きタイムは、おまけかな(^^;;;)  敵、というか本来は一華の実家、ダイダラ一族があまりに莫迦なのも癖になってきましたw

今までで一番イケそうだったのが3話でしょうか。図書館が工事中なことを利用、準備も工事施工側がほぼ済ませてくれて事故で済みそうです!でもそれ、雇った教授(相島一之)の案ですもんね。更にはいかにも女子大生な双子コーデ(諸事情で三つ子にはならないw)のおかげで別人狙ってしまいましたし。
4話、ダイダラ家きっての天才坊や(前田公輝)の電撃トリックは不自然&巻き込み可すぎて、千曲川の邪魔と解説タイムすら安全な気がしませんでしたよ!
5話の壬流古(桐山漣)案は子供が刺客。そりゃ接近はできるでしょ。でも最初にみせたおもちゃからすり替えたナイフで、浴衣の一華のどこ刺しますか。ちゃんと刺したとて、帯だ補正タオルだで死にそうにないわー。挙句
「カエサルのものはカエサルに!」
で、やり返されてこいつも瀕死の重傷w
6話にして雇われたのがくノ一刺客と、1話から一華に惚れられて、罵られ殴られと正直ろくな目に遭っていない城之内くん(佐藤寛太)でした(^^;;;)

ダイダラ家2勢力に同時に命を狙われた千曲川。状況を利用して自ら誘拐を演出←ダイダラ家朱鳥(片平なぎさ)には亜謄蛇(神保悟志)が拐ったと思わせて、探偵映画のアクションも撮れちゃう無駄のなさですよ。で、金を積まれた城之内くんにわざと一華のボディーガードを頼むわけですが。命を狙われている……と説明されて、驚きもせずw 
『だからいつも変なオヤジが尾行を』
『数々の奇行もそのせいか』
と、思い当たったりしないのも、既に自分が殺す側として依頼されてたからかと思うと複雑ですわ……。しかも、一華が5兆円を相続すると橋田さんが説明してるんですよ。じゃあ殺さずとも、一華と結婚しちゃえばいいじゃ~ん的な発想の転換は……できない程度には真面目だったんですねえ。

しかし、彼がダイダラ側だったとすると。一華はバスに乗らないと連絡できたはずで、そのまま無駄に襲わせた意味わかりませんが。橋田さんとの入れ替わりや、探偵に指示されるまま嫌そうに言う決め台詞も楽しかったので、まあいいです(^^;;;) そして眠らせた一華を屋上から落とす……寸前で止める千曲川。でもどうせなやらやっぱり、睡眠薬混入の前に止めて欲しかったですよね。事情を明らかにする千曲川は得意げですが、心底悪役でもない大学生に、もう日常には戻れないと宣告するのは酷でしたよ。そして死のうとする城之内くんを、空腹すぎた千曲川は止めきれず……。

日常的に殺しあってるダイダラ家(一華の父も朱鳥に殺されている模様)ですら、死なせはしない流儀の千曲川だからギャグ漫画感覚で笑ってみていられたのに。ここからシリアス展開になっちゃうのか、それともこれも含めて千曲川の策があるのか?? 転換点かな~と思ったので感想書いてみました.。
莫迦ドラマ愛好家としては、また笑えるオチがついてほしいです(^^;;;)

「探偵が早すぎる」1 ☆☆

1話完結で事件を解決しまくる探偵を期待してたら、ちょっと違うのね。

母を亡くして天涯孤独から、厳しい養母(水野美紀)にひきとられ貧しくも不自由に育っているヒロイン一華(広瀬アリス)は不満たらたら。
そこに突然、道に押し出されての交通事故。実は彼女は、命を狙われていた!
見知らぬ実父が亡くなって、5兆円の相続が一華に。納得いかない血縁たちが、実は実父の秘書だった養母から牽制されてもまだ、一華をつけねらう。探偵千曲川(滝藤賢一)は、鮮やかにそれを防いだのですが……、一華からしたら千曲川にも殺されかけたとしか思えないので、遺産相続も報酬の支払いも拒否!
そんな。探偵には時間がないのに!
……馴染みの店にツケが溜まりすぎて、払わないと出禁になりそうなんですってw

その諸事情が分かるまでがまどろっこしくってねえ。全て先回りして、未然に防ぐ千曲川の凄さは最後の種明かしまで分からないじゃないですか。
貧乏暮しなのに、妙にテーブルマナーにこだわる養母とか、それに素直に反抗している一華とか。事故で大怪我、ギブスに車椅子なのに元気に暮らしてる一華とか。たくましい女子大生ヒロインを見てるだけで結構楽しくはありますが、何がどうなってるのかは、ちょっとイライラ。今回でいえば、毒グモが使われる!それもコンビニの一番くじの箱に入れるだろう、と見抜いた探偵は、車椅子を押してあげるからと自分のレモンジュースを一華に持たせて道路を無謀に横断←ジュースが手につき、毒グモが匂いを嫌がって刺さなかった。 念のため解毒剤も準備してたけどね、となったわけですがw なんだそりゃw
次回からは、相手の攻撃を見破りつつ斜め上に防戦してくる千曲川のやり方を想定にいれつつ楽しめる……のでしょうか(^^;;;) かなり無茶ですもんねえ。そして、未然に防ぐ関係上1話完結で依頼から描くのは難しいのもわかりましたw
毒グモを仕掛けた相手にやりかえしつつ、命を救う道は残しておくポリシーは見やすくて助かります。 

それにしても、利き腕がギブスなのにマナー優先の養母ひどい……。そんな時ぐらいは普通に優しくても良くない?そして実父も、大陀羅財閥一同に存在を知られたら危険だからと一華を接触しなかったにしろ、金は渡せたでしょうよ、金は!
5兆円相続できる立場にいながら、コンビニの300円くじ代金に窮する一華。うわw 店員さんに密かに想いを寄せながら、おたく丸出し(アイドルマスター系?)なキャラもの一番くじを引き続けるとは。カバンにも堂々とじゃらじゃらつけてる! くじ箱に毒グモを仕込む都合上とはいえ、リラックマ系可愛いグッズじゃなかったところが攻めてますよね!

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ