ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

戸田菜穂

「anego」3 ☆☆+☆

 うわー、見ちゃった。辞めようと思ってたのに。

 前半は例によって社内のしょーもない揉め事。
 前回ラストのキスを引きずるやりとり以外は、
「つきあってる」だの「できちゃった」だの、ましてや「できちゃったのは昨日だ」なんて、もうどーでもえーっちゅーねん!

「こっちはそれどころじゃないんです」とバシッと切った、ともさかりえからの電話ぐらいどーでもいい。

 でも、なんだかんだで新米君とデートのあたりからが俄然面白くて結果としていいものみたーって感じに(←騙されやすい ^^;;;)

 10才違いのデート。
 お弁当作ってきたらイタリアン予約。指定席とってる映画はもう先週見ちゃった。 でも言えないよっ
・・・・なんていうお互い無理してるところから、ラグビーの試合になって自然に笑顔に!
 しかもね、それでつきあっちゃうんじゃなくて。
 楽しい一回だけの想い出にしてバイバイ♪ って、彼女の気持ちが分かるのよー。楽しいけど、ときめくけど、つきあい続けるのは無理じゃない(おまけに新米君、彼女はいるんだよ。なんちゅーか、理解できないっ)

 来週はお見合いです。これがまた、素敵なお相手♪
「インパクトのない顔」とか言われてますが、うっそー。カッコイイじゃん。そしておまけに東大卒のエリート官僚。
 どっちかというと問題は、こんな男が何故見合い?という点につきると思います。
(女性に興味ないのにカモフラージュ・・・・?  と、「相棒」ファンならつい思うハズ  ラムネ上司の人だよー^^;;;)

「anego」2 ☆

 年下の男からイキナリのキス・・・・って、えーっ そういう話?? だったらそのつもりで見るのにっ ちょっと取り乱しましたココ(^^;;;)

 冒頭、カメラ目線でのキャスター喋り。 若い男と話してるときの本音字幕(笑ったー)。
「しっかりしてちゃダメだ、ちゃっかりうっかりしてないと結婚できない」
こんな主張、セリフで盛り込んでこそドラマなハズなんですが 小説の地の文の様で印象的でいい感じでした。

 しかし、肝心のストーリーはなんだかなぁ。
 10年勤めてる会社で、さて何をしてるってパソコンに向かってるのとコンパの幹事。不倫の噂話。ヒロインだけじゃなく、周り中仕事している様に見えないっ
 例えばコピー取りだって電球替えだって(「ショムニ」を思い出してます)きちんと描けばちゃんと仕事だわよ。後半、「お給料もらってる」と忠義立てを語られても、仕事がみえてこないのでさっぱり盛り上がらす。

 また、後輩から相談をもちかけられるわけですが・・・。
不倫の後始末?はあぁ?
そんなのは「間宮貴子法律相談事務所」に・・・もとい。

 本気で相談するなら、初めの「ほとんどレイプ」で迫られてる時にもってこいってんです。合意で不倫しておいて今更なんだ。それ知ってて気にしない男と結婚すりゃいいじゃない。
 あげくにフリーライターがどうしたって知らないよ、もう。

 思いがけず、アイロン掛けと繕い物がはかどってしまいました。

「anego」1 ☆☆

 『若い女子』と『おばさん』との間で揺れる、ヒロイン(篠原涼子)がアネゴと呼ばれるまで、の第1話。

 導入は突然、視聴者に向けての自己紹介。
 合コンでは心の声が丸わかりの字幕!!妄想も来たよ!
・・・・・斬新系のオープニングでどうなることか、『恋は闘い』路線か?と思ったのですが、だんだんと落ち着いて会社ドラマになっていきました。新入社員の頃と変わらず咲き誇る、11回目の桜に涙するエンディングはしっとり。

 ヒロインがちゃんと大人で、派遣社員とも安易に対立せず慕われているところにも好感度大。
部下のミスを指導しても、学生気分の新人男子相手にも、ぐっとこらえて笑顔で応対。きちんと仕事してますよね。
 なのに満たされない、女だからと違う物差しで測られる理不尽がけっこう胸に迫りました。
どの位って、並んで見てるツレとつい口論になるぐらいにー。向こうも、派遣社員はすぐ結婚して辞めて迷惑だの何だのと仕事上の不愉快を思い出すらしい、ある意味すっごく危険なドラマかもane(^^;;;)

 『結局、女の夢は結婚退職でMBAか社長な男ゲットかよ』と、ツレおかんむり。君が怒ることないじゃないかぁ。
 来週は、寿退社:夫は社長:ともさかりえが、不倫されてると激白らしいし。むしろ結婚相手だけで人生すごろくあがりっていう尺度を否定する方に話が進むんだと思うんだけど。

 原作があって、しかも林真理子だったのにびっくり。なるほどです。

「逃亡者」最終回 ☆

 「永井」呼び捨てから「永井さん」へ、TVの速攻手のひら返しに笑いました。

 いやはや、タイトル「共犯者」にすればよかったのに。怪しい人が皆犯人。
 何より度肝を抜かれたのは、移植手術をされた本人が、事実を知らされていなかったこと!!
免疫抑制剤は飲むの止めちゃったら死んじゃうでしょ??どう言いくるめて飲ませてたんですか。避妊用のピルとセットで、ですか?? まー、どうせドラマですけどね(涙)

「明日まで待ちます」
 実の娘にそう脅されて、殺害を決心する院長(原田芳雄)
 ・・・・だったら、階段から突き落とすとかもちょっと医者らしく薬物使うとか。同じ金使うなら検死官を買収するとか!!簡単且つ大事な孫を巻き込まない方法があったでしょ!!
 この際、短い時間の中、ターゲットの娘本人でなく夫の過去から義手の男を2人もほじくり出してきて
『明日殺してくれないかなー。あ、永井じゃなくて奥さんを』
と殺人を依頼、即オッケーをもらってくるという奇跡の手腕を発揮した人(国枝ちゃん??)の、「24時間」の方が興味があるぞ!!

 あとウケたのは、順子の墓の前で会った親子連れ。
「もしかして、順子先生の・・・」
ワイドショー&週刊誌で目に焼き付いてるよね(^^;;;) 

 ラスト、屋上で院長を絞め殺してしまって今度こそ本当に「逃亡者」になってくれたら伝説になれたのに・・・・って、もう話を面白くする方向にしか頭が動きません・・・。
 もったいなかったなぁ・・・・・。

「逃亡者」3 ☆☆

 ダメだよ黒ヘル!お婆ちゃん殺さなきゃ!! 永井への濡れ衣が増えなきゃつまらないじゃない!!
・・・と、どっちを応援しているのかわからなくなってきました。だってぬるいんだもの。
 お馴染みの回想シーンも夫婦してテンション高すぎ(^^;;;)

 助けてくれたお婆ちゃんの、TVが壊れてるとか。デッカイ息子さんがいて服もあるとか、ケンカの傷だと思いこむとか、古民宿にFAXかよ、とかその辺は良いのだけれど。
 懸賞金それもいきなり一千万円は凄すぎると思います。

 懸賞金がなくても、家に殺人犯がいると知ったら通報するでしょ。
それで、黒ヘルに襲われたところを助けられ「あんたが人殺しなんかするわけない」っと泣かせたあげくに、警察には
「永井にやられた」
とお婆ちゃんが言うような(それが”永井のため”だったり”永井に頼まれた”だと尚良し!)、その後どーんと懸賞金がつくような展開だともっと盛り上がるのになー
・・・とか、また妄想中。
 つまらないわけじゃないんですけどね。

 永井に握らせるお金も、パチンコで稼いだなけなしの小遣いじゃなきゃ。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ