ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

戸田恵梨香

「鍵のかかった部屋」2 ☆☆☆

BGMがうるさい(><)

地味な現場検証をせめて音で盛り上げたい様ですw


今回の密室はシャルル・ボイルの法則など駆使しまして(たった2、3度で扉開かなくなるんだ!)、密室にしたい理由もその日にしたかった理由もある、きっちりした密室事件でホッとしましたわ。 キャラクター的にも、密室だの完全犯罪だのを面倒くさがらずにせっせと準備する感じw 初回にはなかった納得感でした。

今回も大野君は不機嫌顔っちゅーか「魔王」を思いだす無表情。はまり役です。「体操のお兄さん」といい「怪物くん」といいあの手この手で不機嫌顔な役をどんだけ探してもらえるんでしょう、愛されてますねw
でもドラマを楽しく盛り上げてくれてるのは今回も佐藤浩市かなー、今期の助演男優賞が早くも決まりかもw そして高嶋政伸の悪い顔も印象的でした。

防犯のお勉強もできてお得なドラマです。
弁護士側と警備会社社員の大野君の今回の接点は『前回の報酬』としての相談。じゃあ次回はどんな理由づけが来るんでしょう。3回目はもう普通に知り合いだから?w


窃盗犯(中村獅童)と知り合いの大野君。解錠を習った師匠がいたのかも。その辺にシリーズの軸になる謎かなんかがあるかな??


「鍵のかかった部屋」1 ☆☆

異能の人、謎を解く。

トリックを解くだけで犯人には興味ゼロなところや、凝ったジオラマでの見せ方が面白いです。


変人鍵師大野くんと新人弁護士戸田恵梨香。2人に邪魔されまくる佐藤浩市が、変に笑いを狙ってなくて脇をぐっと締めてくれてます。毎回違う密室殺人が起きるとかで、楽しめそう。


でもさ。計画殺人なのにね。


これが、うっかり殺人→ごまかそうとジタバタ な結果の密室なら仕方ないですけど。計画してたなら、実行日だって(何故、途中で現場を離れるその日なのか)、方法だって(何故シルクシーツと画鋲なのか)、他を選べた筈なのに、どうしてそれになっちゃったのかが真の謎だと思うのですが……。

ま、いいか。


ひっつめ髪の戸田恵梨香が別人の様に地味ですが、あれはあれで可愛いかなー。

「BOSS(2)」1☆☆

2年経ったんだ。
とにかくチーム再結成と新顔紹介で新シーズンがスタートです。

主人公(天海祐希)が裸でベッドのサービス?シーンも、前作を見た人には懐かしいオープニングなわけで。やたら豪華なゲストも含め「Boss」健在です。
竹之内豊の笑えるタカビーキャラもパワーアップw

しかし、きらきらと楽しかった記憶を抱いて見始めたら死体。そうだ、いつも事件は胸くそ悪かったんだっけ、忘れてました。でもまあ、無辜の市民が爆弾ジャケットで殺されてた前作1話よりは、私刑ですからソフトになって……るのかなー?

カメラワーク、現場の写真に入り込むように切り替わる画面は印象的だったので続けて欲しかったです。

 

人気ブログランキングへ

「大切なことはすべて君が教えてくれた」1☆☆☆

鍵は替えようよ(^^;;;; )

うっかり寝た女(武井咲)が高校生、しかも春から担任するクラスの生徒だったという窮地に立たされるイケメン教師@春馬くん。しかも同僚と結婚目前なのに。あーあーあー。

正直、春馬くんは学生に見えるし婚約者の戸田恵梨香と並んでもお姉さんといるみたい。生徒と恋愛でもお似合いな感じ。
これで女生徒が最初から脅してくるなら、どっかで観たような感じなのですが意外や奥手。まずは戸惑っている様子が新鮮でした。

自分より恵梨香先生の方がキレイ、と立ち去る女生徒。
この頃なら、鍵も返してもらえたのかも。覚えてないって素直に謝れば、ただ泣かせるだけだったのかも。
なのに逃げて目をそらして。
しかも、つい調子にのって、ホームルームの性教育で自分のことについて語りすぎたのでした。
「性行為はお互いの関係を変えてしまう」
だから慎重に、だから正直に。結婚する僕たちの様に祝福される関係でしましょうね、って、聞いた女生徒にしたら、アタシは何だッちゅーことになるでしょう、そりゃ! 授業自体はとても良かっただけに、ウケが良くて自分に酔ってしまったのも分かるけどもねー。間が悪かったねー。

一歩引いた態度から一変、主人公を挑発し、婚約者への憎しみをあらわにする女生徒は……いったい何をどうするつもりなんでしょう……。病気らしいから、後先なしに爆弾ぶちまけるのかも。裏切りを知った婚約者(戸田恵梨香)もどうするのか?いや、主人公はどうするのか。タイトルの「君」は誰?
久しぶりに月9がちょっと楽しみです。

(ちなみに西村雅彦さんはベテラン教師。女生徒との距離のとり方を、若い主人公に相談したりします。まさか生徒と寝てるとは思わないもんねー)

人気ブログランキングへ

「SPEC」最終回 ☆☆

デート写真ぐらい合成しようよ、気合いで(笑)

世界規模を匂わせた「組織」の謎はほったらかし。当麻を中心の人間関係だけあれこれ解説して一気に最終回でした。
ニノマエくんの実年齢は、時を止める能力者ならきっと見た目よりずいぶん若いんだろうとは思ってましたけど(七瀬シリーズでもそんな人いましたっけ)実の姉弟とか、偽の記憶だとか、最期に手を握りあって「お姉ちゃん」だとか泣かせ入れられると弱いです~。

でも興ざめだったのが、イケメンストーカー地居の解説です。うん、解説……なんですよねー。毒雪のあと、ベラベラ種明かしする必要あったんでしょうか。
当麻的にはいつも通りに「いただきます!」で解いているわけで、視聴者のために分かり易くぺらってくれたんでしょうけどね、そこよりは、地居と津田の二重写しの方とか、地居が最期に「ニノマエじゃない」と言ったあたりとかをもちょっと分かり易く表現してプリーズ。

そんな消化不良を脇に置けば、瀬文さん=加瀬亮のイメージが大きく変わった作品でした。草食男子だと思っていたのにー。
そして両手ぶらぶらのまま「気合いで倒す!」と横移動しても、ギャグでなく熱血で踏みとどまれる希有な人材でしたよ。映画にはならないでいいけど、続編はあったら見ます。


「SPEC」〜6 ☆☆

「ジョーカーの堺雅人か!」
うわ(笑)早口でさらっと入れられて苦笑でした。

病を処方する能力。

まあカッコイイ言い方ですが。いろんな人がズバリ同じ言葉で表現するのはひっかかります、誰かを病気にする力、という人が居たっていいのにね。
で、その超能力=スペックは白髪の医師かと思っていたら、実は1話からでているあの人がソレでした!普通は大人しか発症しない病気、逆に子供しかならない病気の例外の症例が彼の周囲にだけ発生するとか。分かり易(^^;;;; )
しかも、超能力で罹患させておいて治療は外科手術ってそれ、費用はかかる麻酔や感染症のリスクはある、非道いわー。確かに、手かざしとかで治ってしまうより、医者の仕事をしているだけだから(時に失敗がある方が自然だし)目立たず自然かもしれません。
だから!もちょっとありふれた難病にしておけばいいのに!!

例のビジョンを読む妹さん(福田沙紀)もやってきて……スペックを持つ者同士の接触が増えてきました。数字が絡んだ変な名前もポイントなのかな。
まあ面白くみてますが、わかんない部分も多くてツレが毎回途中で寝ちゃうのも分かる(笑)

人気ブログランキングへ

「spec」5☆☆

手が!!婚約指輪をつけた可愛い手がー!!!

ちゃんと拾ってつなげられたんでしょうか。あの三角巾の下はいったい??ひー(><) 目の前にぼたっと手が横たわるのはショッキングな映像でした。事故以前はネイルにも気を使う女の子だったのね……。

そこ以外はまあいつもの感じ。病を処方するスペック←好きな病気にさせられる は斬新ですが。うーん。同時に治す能力もないと恐喝には使えない、そこをどう証明するんでしょうね。

2階から飛び降りる瀬文さんに驚きッ

人気ブログランキングへ

「SPEC」1☆☆

「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」
タイトル、長!
超能力!!唖然!!

こういう不可思議事件ものは、『と、見えて実は説明可能』と来るものとばかり思っていたら、まさかのガチ超能力社でした。

時を止めて銃弾の方向を変える。そりゃ凄いですけど。それが出来るならヒロインの推理能力、まるで意味無し。五木谷(金子賢)の毒殺だって、時を止めてして証拠品も持ち帰れば……。あー、「俺たち」とは言うけど、黒ずくめの神木くんと殺人犯@上川隆也は協力関係にはないわけなのね。

刑事@加瀬亮は今まで良く見た草食系地味男から、坊主で強面に大変身、なかなかいい感じです、怖いけど。銃弾を跳ね返す、不思議能力があるのかと思ったら能力者@神木くんに守られているという……どういう関係なのー(><)
小汚い戸田恵梨香は不愉快でした。せっかく可愛いのにー。その辺、「ケイゾク」ではどっちももっと愛嬌があったよね。

あちこちにばらまかれた小ネタ、矢部刑事やルパンは楽しんでいたのですが、ラミパスあたりからイラっとしてしまいました。ちゃんと見ようとしてるのに茶化すな!的な?それとも加瀬亮がいるだけで真面目な風が吹くのかもしれません。ただ、超能力がアリな話で行くのなら、小ネタで我に返らずにのめり込んだままで見ていたいのですが…… 次回もやっぱりこんな風ですかね。 

まだまだ椎名桔平の使い方など、謎だらけ。最終回がどうなるのか、まったく想像つきません。

人気ブログランキングへ

「うぬぼれ刑事」4 ☆

奥さんが可哀想だー!!!
理不尽に殺されて誰からも悼まれてないなんて(><)
そしてプロポーズも
「君の唇が好きだ!」
に、正直戸惑うばかり。今までの目が好き手が好き声が好き、に比べてまるで納得感がないんですもの。何度も夢でキスを迫られてるから、と言われてもーそれうぬぼれが勝手にみてるんだしー(学園潜入ネタはそりゃ笑いましたけど!!)

穴井さんと同時進行で惚れちゃうとか、そもそも写真でしかみていないとか人違いとか、パターンを崩して来ているわけですが、それはそれとして、構成の面白さがなかったわー。刺青だって死後に彫ったら鑑識で分かるじゃない、もっとなんちゅーか、こう。うーん。

小ネタは、刺青が阪神!……と見せかけて彼にイニシャルとか(笑)穴井の危機に、でも着替えてくるうぬぼれとか(笑)先生の女がしょっぱいとか、ダサメくんとか、酔いつぶれた夫を「この辺来たことあるんで」と迎えに来て目を合わせないエリとか(^^;;;;)充分楽しかったんですけど、期待が大きいだけに点が辛いぞ。

人気ブログランキングへ

「BOSS」最終回☆☆☆☆

あー、面白かった!!もうやりたい放題ですね!!

特に書くこともなく毎回楽しく見てました。
このドラマ、基本ホームズ方式ですよね。視聴者側には知り得ない情報が、”実は”と後出しジャンケンで平気で出て来る。でもいいんですアンフェアで。エンターテイメントなんだから!

今回も、”まさか野立さんが”とか
”怪しいなら絶対こいつ(相島さん)でしょー”
とか、ワイワイいいながら見てました。

お偉いさんが撃たれてすら、
”イヤイヤ死んでない、胸に鉄板とか?”と抵抗するも、「脈がないの!」と希望を振り払われ、続く野立さんの死亡場面はもう妙にリアル。

えー、本当に悪い人だったんだー

と思わせておいてのヒッカケでしたよ!!前振り長いよ!!(笑)
そして更に長いのは謎解きです。実は盗聴が、実はチラシに字が、いえいえ実は野立と私の間には秘密のハンドサインが通じるんです! 上手く既出の情報(チラシ、元バディ等)に絡めていて唐突ではないものの、なんて見事な後出し。
銃を足下に置いたまま手錠もかけずに、まあ次から次へと出るわ出るわ。死んだ筈の長官までスキップで出てくるわ(笑)ご老体に何をさせるんですか。
この長丁場の<解説>に、それでも場がもつのは芸達者揃いだからですよ。ああ、贅沢ないいもの見たわー。

いいものといえば、1話の爆弾魔@武田鉄矢との丁々発止も見応えありました!! 最後に「可愛い」と言わせた姐さんの勝ちですね?

レギュラー刑事のメンバーも、それぞれのキャラを前面に押し出した見せ場が捜査中&その後の両方で用意してあるという徹底ぶり。うーん贅沢。

その分、ゲストでせっかく登場の反町さまは霞み気味でしたけどまあいいです。(彼氏の弟なんてもっと空気 笑)テロ事件の心配はそんなにしていませんでした。だって私たちにはBOSSが居るから!!(ドーン)

ホモのケンドー刑事をして、
「一番の男前」
と言わしめたBOSS,惚れてまうやろ?!!

弁護士”間宮貴子”の件は長すぎ&くどすぎて、「離婚弁護士」を知らない人だっているだろうにと心配になりましたが、”知らなかったら見ればいい”のかも。どちらも立派に男前ですからねー。

最後はまた、留学で日本を離れて締める様子。
別れを惜しむ部下達が、今にもあの扉から……と目線を集めるのには、本当にそこから戻ってくるオチかとドキドキさせておいてカメラは空港へ。
そして続編告知だー!!
スペシャルですか? 決定済みですかー??

ただ1つ残念だったのは、大好きなあのオープニング映像が見られなかったこと。最後で見られるかと思ったのにー。スペシャルでもテーマソングや画面は変えずにあのまま見せて下さいませ!

「BOSS」7 ☆

青酸カリなんて、どこで手に入れたんだろう……とツレ。
そんなん取材中のどっかでしょう!どう呑ませたらいいかも、そのとき知ったンでしょう、それ大事なところ?と私。

普段ここで隅っこつついてグチグチ言ってますけど、一緒にみてる家族も違うところ(私にはどーでもいいところ)を気にするわけで、そういうときにみんなでみるって面白いなーと思います。
そして今回の私の疑問は、自分の自殺分は持って無かったのか。
少なくとも警察は、犯人の毒物所持を警戒してあたらなきゃいけないよね。……お得意のプロファイリングで、彼女は他人は殺しても自殺はしないと確信してましたか?←ならそれを、部下とのやりとりで聞かせなきゃ片手落ち。

賢い女(富田靖子)の賢い犯罪、とはいえ本当に賢い人間はあれだけの著名人でありながら殺人なんてリスクとるわけ無い。もうちょっと、危ういポジションの不安定な人間の犯行であって欲しかったです。
まあ本物の殺人犯なんて知りませんけど(^^;;;;)
ドラマに出て来る確率で著名人が殺人してたら、ワイドショーはウハウハ、そのうち視聴率のために局アナを殺人犯に仕立て上げるプロデューサーが出かねませんよね。

毎回恒例のデート。なんと彼は、彼女が警察の人だと知らなかった??(なんの仕事だと思っていたのかしら…)

このところ、大好きな「現場写真の中に入っていく」CGが無いのも不満デス。

「BOSS」6 ☆☆☆

志田未来、すっかり大きくなってー。

学園が舞台という予告編から、てっきり木元の”制服姿で潜入捜査”が楽しめるかと思ったのですが考えすぎ(笑)でも「ギャルサー」からわずか3年で戸田恵梨香が刑事役なのだから、もう3,4年もしたら刑事や看護婦や教師の志田未来に会えるンでしょうねえ。

早熟の天才(志田未来)vs主人公。
本当に賢い子は、くってかかったりせずに猫かぶるよねー。でもそれはミスリードのための仮面?そして、おばさんを強調するヒロインも、また演技中……とはいえ、そこできっちり笑いをとってくる天海祐希、さすが(シワ万歳! 笑)
相手の知恵と自信を逆手にとる方法は、初回でも観たので既視感(妙に固有名詞を強調したら疑わなきゃ 笑)

ただ、初回とあまりに違うのは計画的じゃないこと。
そもそもの発端は友人の衝動的行動なんだもんね。
……そこから既に罠だったら完璧なクロですが、今回の状況じゃ別に恋はなくてもいいのでは?何時間も”死体”だと思っていたものが起き上がってきた。それだけで、私だってついトドメ刺してしまうかも(ひー、ゾンビー ^^;;;) 冷静に考えたって、救命措置せずに工作してたのマズ過ぎるし。

逆にいいなーと思ったのが、変にオチをつけなかったこと。
「いいことも、悪いことも、私については書いてなかった」
と動機を語る彼女。
これが「名探偵コナン」ならここで、
”それは君が彼にとって別格だったからだよ……”と、志田未来のことだけをつづった2冊目の日記を取り出して来るに違いない!!

高校生の保護者があまりに出てこなかったけど……そこはほら、ドラマだから。←ここで手はククッと”オバチャン振り”で!

「BOSS」5 ☆☆☆

木元に刑事の自覚が!(そしてメンバーに連帯感が)

事件は結局、友を見殺しにしてしまった男の復讐でした。
警察は何もしてくれなかった。でも通報時に名乗れなかった男も悪い、という描写になっていました。警察の怠慢じゃなかったわけね。

……でもそれよりも、ボスのドロボウ姿に驚愕(^^;;;)全てをかっさらって終わりましたねー。
「全てにがむしゃらだった」
と語られる天海ボスの過去。なるほど、防犯教室も全力投球だったんですね。ノラない演技の木元を怒るわけです。そして柔道が強いのも、犯人に襲われてもやっつけられるのも今まででみてますから!犯人に捕まっちゃった木元に
”刑事なら鍛錬しろ”
と檄をとばされても、この人に言われるならハイと頭を下げるしかありませんて。

いろいろ突っ込みどころもありますが、天海祐希がかっこよかったらいいや!

毎回ラストで会ってる謎の男。彼の弟が近々、出所だそうですよ。誰なんだろうー。
(恋人なのはその弟の方だったりするミスリードじゃないかと深読み)

「BOSS」4 ☆☆☆

防犯教室(笑)
鑑識ちゃんがクビにならない理由(笑)

今回は、シリアスに始まったと思ったらまさかの防犯教室で笑わされ、陰惨な事件もはさみつつ
”どーしても誰かをクビにするならハゲのオヤジが先”
とかいう無茶な上司と、当の温水さんの必死さにまた笑わされ。
楽しかったです!
(前回”上司は隠し事をする”と明言しているわけで、上司@竹之内豊も案外、部下には言えない正当な理由を腹に隠しているのかも)

1話の爆弾魔で殺されるのは無辜の市民。2話も3話も被害者が悲惨でイヤすぎる事件、いくら最後で解決して間宮さんじゃない天海祐希がかっこよくてもナーンカ嫌だったのですが、今回はお気楽に観られました。殺されるのも嫌な奴だったからかしら(^^;;;;)
オープニングは文句なくかっこいいし、現場写真に入り込む形で捜査が始まるお約束の特撮も好き。これでもうちょっとスカッと楽しかったらいいのにーと思っていたので嬉しいです。でも後編どうなるのかな。

職場放棄のまま誘拐され、水責めで殺されそうな木…木…木元。よーし覚えてきたぞ(一刻を争うなら地元警察をまず行かせなきゃ間に合わないと思うんだけど)予告で死んでなくて一安心。

「BOSS」1 ☆☆☆

警官も弁護士も同じ、いつもの天海祐希。でもオッケー、むしろ歓迎♪
普段と違うのは竹之内豊の方ですよね、自己中な上司。自分で自分のこと「いい男」「声もいいよー」「あいつを抜擢した俺さすが」と褒めまくりです(笑)

で、精鋭部隊をまかされ……る筈が、お荷物が集結しちゃった模様。でもそれを使いこなして、バリバリ事件を解決してくれるのでしょう!

豪華キャスト、鳴り物入りの第1話にふさわしい派手な導入でした。
ぞろぞろ人数多すぎるんだけど、知ってる人ばっかりだから見分けがつかないということはないし。
だから事件も凝らなくていいのに。あんな上半身焼けこげ遺体を何度も映す様な胸くそ悪いものにしなくても。しかも亡くなった人は皆、何も悪くない。そこはイヤンな感じでした(予告でも爆発してました。毎回爆発? 笑)

天海女史の得意技はプロファイリングらしいです。そしてプライドの高い犯人を相手に、引っかけるためには演技もします。
「女ですから」(笑)

ここで、女は邪魔だ派の捜査一課に痛烈に皮肉を返していて、私は溜飲下がりましたがツレは不愉快だった模様。事件を解決して完全勝利なんだから、相手を貶める必要はないのに、だそうです。男性はそりゃそうなのかもねー。でもじゃあ言われっぱなしでいろと?
すっかり騙された爆弾魔@武田鉄矢も、捨て台詞吐いてました。
「貧乳!」(笑)
ここで、あるわよーとばかりに胸を張る天海女史は可愛かったですが、え、そこ?と思ったのも事実。それより何よりデカ女!とか言わない?それは言っちゃイケナイ約束??

男社会、警察の中にいることでどうしても男vs女になるでしょうから、そこをずっと軽快に描けるのかはポイントなのかも。でもいいや、天海祐希がかっこよかったら♪

朝起きられない鑑識崩れ@戸田恵梨香は有能みたいです。さあ次にスポット当たるのは誰かなー。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ