ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

戸田恵子

「ラスト・ドクター 監察医アキタの検視報告」1 ☆

あんみつの豆、丸呑みですか?噛むよね?


さておき変人監察医アキタ(寺脇康文)

ホント申し訳ないけど寺脇康文の軽妙さが邪魔です。

合理的にしか思考出来ない理系変人、死体にしか興味無し、インプット(質問)を間違えると望むアウトプット(回答)が得られない男。でもインプットさえ正しければ……と戸田恵子が解説してくれますが、そんな右京さん的偏屈から遠いのが寺脇の良さじゃないですかね。


人気モデル(夏菜)が謎の自殺。

なのに死亡推定時刻に遠い渋谷で防犯カメラに写り、きわどい流失映像は……別人です!だって尻の梨状筋が全然違うから!と、解剖する医者らしい見地でのアキタの発言は興味深かったです。

しかし双子がモデル/ダンサーと2人とも観られる商売していたら、もっと話題になってそうですよね。

ただでさえ初回2時間を観るのは辛いのに、この程度のしゃきっとしない事件ものだなんて続きは観るなと言われている様なものかと。 


それでもがんばって観てたら、極めつけが死の真相。

向いのビルから横っ飛びで飛び出したのは大事なアレのため……って、ウソーw まあ本人死ぬつもりが無くて結果そうなることはあるでしょうけども!けれども!


新人助手相武紗季やYOUの鑑識も悪くないだけに事件がそこそこなのと主人公のミスマッチがとにかく気になります。
(私の寺脇像が邪魔をするだけじゃ無い筈。上司に「ウソだよー」と言われて、ガクッと肘を落とすアキタ!そんなウケ演技を当たり前の様にさせちゃいつもの亀山くんから抜けられないじゃないですか)
もっとみるからコワイ人がだんだんデレてくる話ならギャップ萌え出来たのかも

「55才からのハローライフ」1 ☆☆

え、初回からこんなに悲壮な話?


そりゃ、早期退職してウハウハいい事づくめ!じゃドラマにはなりませんし。

サプライズ!

と称して勝手ばかりして、再就職なんて引く手数多だと甘くみていたおばかさんには厳しい現実が待っているのも当たり前なのですがねー。


『なんで母さんは喜んでくれないんだろう』

って、いくら奥さんでも相談ひとつなくキャンピングカーで全国回る計画にされ、自分の趣味も友だちも無視されて貯金もなくて大丈夫なわけないじゃん!

でも娘息子の発言をみると、どうも父はいつもそんな風だった模様。

だったら今までの勝手を放置したり許したり我慢したりして増長させたのは家族のせいでもあるじゃないですか。特に奥さんね。


今回だって、サプライズを喜ばず、優しくでも毅然と旅回りをお断りした奥さんだったのに、旦那が異常行動をとりだすと慌てて

「キャンプ行きたくなっちゃったなー」

って(><)


でも冒頭から何度も描かれるキャンピングカーの旅はどうやら妄想と分かると、そこまで行きたかったのかとやはり可哀想にはなります。しかも、1人でじゃない、妻と行きたかったなんて可愛いですもんね

私はイヤだけど

(だってキャンピングカーは家事付きですよ。簡易トイレ掃除とか勘弁、民宿でいいから宿がいいです)


そしてキャンプにつきまとう黒服のイケメンは……


なるほど精神科医w

初めから話を聞きたいと現れましたものねw


家族といえど個々の希望があると、ものすごい当たり前のことを55才にして学んだ主人公でした。

奥さんの趣味を認めてみたりしてラストはいい話風で終わり。ドラマとしても面白かったのですが、あの夫婦は本当にこれいいんでしょうか。


ちゃんと前もって相談して、まずはレンタル3泊4日から始めるとか工夫すれば夢のキャンピングカー生活だって実現したかもしれないし。あの偉そうなオヤジなら雇われるんじゃなく、コーヒー店を開くとか別方向に資金使ってみる手もあるかもしれないし。

なのにこうなってしまった事への考察なし、何も解決した気がしません。


そこは、人生そんなものってことかなw
 


「医療捜査官 財前一二三 5」 ☆☆

五十嵐・六車・一二三のそろい踏み捜査!


西村さん演じる五十嵐巡査部長が久しぶりにシリーズ参戦、四郎課長にも「相変わらず仲がいいねえ」とか言われちゃって、独身同士一二三警視とくっつけと言われちゃってますよ。

口では「あんな性格」とにべもない五十嵐さんですが、一二三が接近してくるとぽーっと目をつぶり……髪の香り嗅いでましたか(^^;;;) 仕事の泊まり込みでもイケナイ妄想したりと、実はまんざらでもない様ですが一二三の方は同じ足湯に浸かるのも嫌がるつれなさですw 

えー、パート2では惚れろとばかりにネクタイ直していたくせに。


そんなわけで、海でみつかった溺死体が実は温泉で殺されて運ばれたと判明。

グループ企業の遺産争いに巻き込まれつつも、温泉病院での捜査を続ける3人です。

ここで医者で刑事の医療捜査官、一二三の向こうをはる才媛登場。医者にして弁護士の病院長(戸田恵子)が怪しいですよー!


……と楽しく観ましたが、2時間ドラマとしては微妙な出来です。

五十嵐と六車、せっかくの共演だったのに特に2人居た意味ナッシング。五十嵐が一二三との痴話げんか担当として、じゃあ六車は? 協力も対立もしていませんよねえ(パート3、4を観ていないのですが、六車と一二三はどんな仲だったんでしょう?)

病院長のスーパー女史っぷりもお楽しみでしたが、本来の捜査をぶった切ってかなり長く回想が入る弁護士としての最後の事件(高校生の息子が容疑者)でも、そこから派生しての患者の死亡時間操作も、ダブルで職業倫理ぶち壊しなんです。なのに、弁護士への復帰をほのめかす一二三の発言がラストであってドン引きです。辞めて欲しいわー。

…いや、深読みすると医者としてはもうダメだから弁護士になるしかないってことなんでしょうか


ところでパート1の五十嵐さんは実は、黒髪だったんですよね!

今回も実家に連れて行かれて縁談避けにされていましたけど、すっかり白髪になっちゃってるこの人が3年前に一度きた『事務員の』木枯らし、もとい五十嵐さんだって分かるとは。、お母様スゴイですw

シリーズ次回作はあるのか、

五十嵐との微妙な距離は縮まるのか?


☆パート1、パート2の弊レビューはこちら→   

「ショムニ2013」1 ☆☆☆

くやしい、面白い(><)


あの「ショムニ」をリメイクと聞いた時には、フジテレビそこまで困っているのかと驚き、あれを焼き直してどうするのかと呆れたものなのですが、うっかり見たら、普通に面白いんですけどー!!


とりあえず初回には往年のショムニオールスターズが勢揃い。

借金かえせと千夏を追いかける。返す気のない千夏は逃げ回り、自殺寸前だった新作ヒロイン(本田翼)の財布から

「要らないんでしょ?」

と金を抜いて『借りて』いくという、もの凄い出会いです(その前の「あんたもゲロ?」もスゴイw)


その新ヒロインと千夏が数日後にショムニ配属で顔を合わせようとはこの時は両者、知る由もなく~ってかw


『ショムニ配属=辞職』

が常識なぐらい、ショムニ伝説がまかり通っている事にも笑いましたw

それでも退職しなかった、色ボケ・霊感(安藤さくら)・通販・ネット命(ベッキー)なそれぞれの後継者がちゃんとパターン通りに大げさでw 退職拒否理由も、本気でイケメン宅配くんを狙ってだったあたりもストレートで分かり易ーいw 


オリジナルメンバーの皆さんかなりふけ…うーんと積まれた経験がお顔に表れていらっしゃいましたけど、江角マキコだけが不思議ときりりと変わらず美しいんだよねー。そして美脚!20代のニューショムニガールと並んで歩いても遜色ないってすごい!


別に毎週みなくても困らなさそうで、たまに楽しく見るでしょう☆

映画「洋菓子店コアンドル」☆☆

何このヒロイン!
自己中でガサツで怒りんぼ。そして、特に洋菓子を愛してるわけでも、凄い才能を持っているわけでもなくて……。
でもお話を動かしているのはやっぱり彼女です。お店の危機にじっとしていられなくて、自分じゃ何も出来なくて泣いて叫んで「伝説の男」に助けを求めて、ついに彼を揺り動かすんですから。
 

誕生日のデートに誘われて見た甘〜い映画w

ヒロインが蒼井優、伝説の男が江口洋介で、もしや恋仲になるのかと心配しましたがそんなことはなく楽しめました。
鹿児島から彼氏を追いかけて「コアンドル」に来て居着いたなつめ(蒼井優)は、店や「伝説のパティシエ」を引っかき回し、最後は「伝説」を立ち直らせて武者修行に旅立って行きます。

凄腕パティシエでありながら、愛娘の死後はケーキを作れなくなり評論家や講師に甘んじている十村(江口)。いつもガードレールに座って、メモを取る姿がカッコイイ……!!

娘さんを亡くす場面も泣かされましたが、何度も繰り返される最後の朝がまた泣けて泣けて(きちんと見送らなかったこと、きっと何度も悔いてますよね ううう)
そんな人に、またケーキを作れとか。まして
「私って娘さんに似てますか?」
と笑顔で訊けるだなんて、そりゃヒロインをがさつに描いて当然でした(彼氏にふられる場面でも、非道い女だった ><)

コアンドルの先輩パティシエ(江口のりこ)がスラッと格好良くて印象に残りました。イジワル扱いされてましたけど、あれはなつめが一方的に悪い!幼い!迷惑!!
終盤、移籍の誘いを受けていましたがどうしたんでしょう。雨の日に泣いていたのは、悩んだ末に断った描写だったのでしょうか?……それでないと、以後のコアンドルが回らないので断っていて欲しいようなチャンスを掴んで欲しい様な。

だって、腕のある人がきちんと仕事している横で、オーナー(戸田恵子)は常連さん(加賀まりこ)になつめのケーキばかり食べさせるんですよ!十村はなつめの留学の手配なんてしてるし(行きたいとも言ってないのに!)えこひいきなんだよね。
 

あと意外にケーキが脇役です。
なつめがこだわって作っていたカシスフロマージュ、別に最後の晩餐会で劇的に登場もせずにガクッ。十村は美しいマカロンをぐちゃぐちゃにして食べます、あれもどうにかならないのかなー。
コアンドル以外の有名店ケーキも登場しましたが1つ1つのケーキをじっくり映してくれないのでものたりず、思わずコラボレシピ本を買ってしまいました。……企画側の思うツボでしょうかw

とても作れると思えないけど、眺めてるだけで幸せな一冊です(^^)

追記>上のレシピ本、お菓子作りが趣味のお友達に貸したところ「スゴイ!違う!」と大感激でした。ちょっとしたひと手間がとっても勉強になるのだとかw 腕に覚えのある方、お試しください。そして私に食べさせてー!(そのお友達も持って来てくれたのに、あいにく留守にしていて私の口に入らず ><) 

「ママは昔パパだった」最終回 ☆☆☆

なるほど、恋は実らないんですねー。

吉田栄作についに思いを打ち明けて、デートして。その辺でドラマを終わらせて、あとは多分上手く行ったよね?と思わせておいたって構わないはずなのに。
わざわざ結ばれ、わざわざ栄作からプロポーズされておいて、え、断るんですか??(思ってたよりヨクなかったとか ^^;;;;)彼だって真面目に悩んで出した結論だろうに、ただのお隣さんに戻りましょうだなんてー。

でも、おとぎ話じゃない、彼女の人生なんだと思えばそこまで描いてこそ意味があったのかも。お隣の王子様に愛されて幸せに暮らしました、だなんてねー。
ラブラブだった子供達も別れてしまう。でもさ、次があるんだって!
「女であるより母で」
と今は思っても、子供が巣立ったあとにはまた気持ちが変わるかも知れないでしょう??

戸籍の性別改訂の方は、子供が成人し、同意すればという補足が加えられて一歩前進。でもそれだって、成人の年齢自体が20才から18才に引き下がるかもという最近のニュースも加えてきて。まだまだ人生、何があるのか分からないぞと。

とかく興味本位だけになりがちな性同一性障害を、真面目に描ききった良作だったと思います。(バラエティ番組で、そういう人達を「でも男でしょ?」扱いするのって不愉快でしたが、これを見てさらに不快度アップ。ハードゲイHGを「キャラでしょ?」と言うのとはわけが違うのにー)
コマーシャルがないのもいい。WOWOWドラマのクオリティは相変わらず高いです。吉田栄作の王子様といい、キャスティングも毎度いいところついてきます。

次は高橋克典の企業戦士ものな様で、正直またかと思いますが……やっぱり楽しみ。

「ママは昔パパだった」5 ☆☆☆

「孫は男だ!」と力説するカヤマ家のおじいちゃん。
ヒトミさんのお父さんだって、そんな時代があったのかしらと思いながら見ていましたが。ヒトミさん次男くんの方は、まだ生まれ変わる途中のシンイチロウさんを目の当たりにして、忘れていたママがパパだった時代を初めてリアルに感じて戸惑うのでした。
家庭にカメラは入ってくるし、反抗的にもなるかもね。

でも、法務大臣に直接書いた訴えの手紙は立派で胸を打たれました。ママはママなんです。
そして番組が放映されると、それまで遠巻きだったあたりから支援者が起ち上がります。……この辺、特にスーパーのパートさんあたりは無理矢理な気も。
「恋をしなきゃ女じゃない」
も、元妻が言うならともかく見ず知らずの人に言われても。
でもまあ署名が増えました。
野次る議員共を一喝、性同一性障害に理解を求めて闘うヒトミさんは堂々と輝いているのでした。

ついにシンイチロウさんも手術!
目覚めて、触って確かめる姿に苦笑。でもみんな確認してうれし泣きするのね…。女性として、はつらつと街を歩く姿、可愛くてびっくりです!窪田正孝なのに!!
そして「美羽子」として生まれ変わるのね。勝手に命名しちゃうなんて、やっぱり孫を支配してますけどー。こんな形でしか愛情表現出来ないのね、おじいちゃん。(一方のヒトシ→ヒトミの改名は、自分で決めていそう。親子関係健全な感じです)

あとはヒトミの戸籍性別が変えられるのか……?
それ以上に、好きな男に抱かれてオンナになれるのか??
残すところあと1回です。

「ママは昔パパだった」4 ☆☆☆

うわ、「携帯捜査官セブン」の!「浪花の華」のあの子が!!こんなに暗い目で、しかもフェミニンな空気を漂わせて登場とは。脱いだらマッチョで凄いんですよ? これで心は女の子だったらさぞ辛いでしょう……。

物語は、同僚とこじれて謹慎も塞翁が馬。マスコミ取材が増えたヒトミさんです。
最初の事故の記事を書いた記者に、「あなたの記事のせい」と一矢報いてやれたところは溜飲が下がりました。でも恨まない、と。あの記者がいつか理解者になってくれるのでしょうか。

審判のために、身近な人達がインタビューに答えていく形式はとても良かったです。
素人がこんなスラスラ答えられるものかしら?とは思いつつも。周囲の想いと共に、ヒトちゃんの苦しみも改めて伝わってきました。これでまだ、キモチワルイとか言える奴がいたら鬼じゃないかと。
また、悩み苦しんだ身内とは逆に、子供の先生は「だってどう見ても女だしー」的にほぼ疑問を抱いていないのが、まさしくこの問題のど真ん中をついている感じ。

と、真面目に戸籍だ法律だを語る一方で繰り広げられるガールズトーク(笑)
元夫に「バージン?」とか聞かないで下さい(^^;;;)
でも、「抱かれて初めて女」とか、「出来る。…多分」とか、その辺は手術したって、戸籍が変えられたって、1人じゃどうしようもない部分として自信のなさが分かる気もして。うー、生々しいです。

そしてマスコミに露出することで、冒頭の彼…もとい彼女が助けを求めにやってきます。
トップランナーとして頼られて、実際そういう出会いも増えていくんでしょうね。優しく招き入れるヒトミさん。名前を尋ねても、苗字だけで下の(性別が反映される)名前は遮る思いやりです。
そして「あたし……」と語り始めたところでブチ! えー。

「ママは昔パパだった」3 ☆☆☆

人権弁護士と出会い、国会議員に陳情も始まりました。

ちょっとした事故でも、何も落ち度がなくても、興味本位で雑誌記事になってしまう主人公ヒトミさん。更に世間に顔がさらされるリスクをおかしてでも子供達のために強くなろうとする彼女は輝いています。

しかし、病に倒れたお母さんには看護婦に間違われ……息子さんを連れてきます、といって吉田栄作に代役を頼む場面は悪いけど笑ってしまいました。
てっきり、化粧を落として髪をくくって来るぐらいかと思ったら、代役って!!いくら「ヒトシ」だった時代でも、一度だってあんなにガッシリと男らしかった時代があったのかと。ないよねー(^^;;;)

土曜に「再生の街」で市長、日曜にこのドラマで店長。吉田栄作が赤丸急上昇ですね。

「ママは昔パパだった」1☆☆☆

野球チームの監督がバカすぎるー!!
でも実話がベースなだけに、本当にそうだったのならぐうの音も出ません。付和雷同な奥さん達が無闇に嬉しそうで、でも無責任なところも、1人毛嫌いしている人だけが妙に声高なところも、差別ってそういうものなのかしらと考えさせられます。

私自身はジェンダーに興味があって様々な例を読み、性同一性障害とゲイや女装好きの違いも分かっているつもりではあります。(だから、女子大生モデルとして椿姫さんを呼んでおいて「男なんですよ!」なのに綺麗と褒めるのは違うだろー!と憤ってみたり。)
でも実際に対面したことはなし。
突然出くわしたらあの看護婦さんの様に、褒めるつもりで要らないことを言ってしまうのかも?

そんなわけで、またもやwowowドラマで意欲作。
2子をもうけながらも女性に性転換し「お母さん」になったヒトシ改めヒトミさん。

性同一性障害とは認められたものの、”子供がいること”が戸籍変換条項に引っかかり、書類上だけはいつまでも「男」とされるために傷つく姿が描かれました。
小4と小6の息子が可哀想
でもそもそも、どうやって子供が?という下世話な興味はなるほど、人工授精!と納得でした。本来子供達を守るためにつけられた制限条項が、まさか人工授精までは思い至らなかったために本末転倒になっちゃったんですねー。杓子定規ですねー。
(現在の子供が20才以上なら、も意図不明。それまで待てと言うことですか?)

元パパ現ママが戸田恵子、元ママが余貴美子。
で2人並ぶと、逆じゃないのー??と思ってしまうのですが。この話では、がっしりと大柄な、いかにも以前男でしたーな人では成り立たないのだとだんだんに思わせられました。(さすがに回想シーンでの戸田恵子は、本人が演じるも影になってはっきりとは見えませんでしたが)
しかしツレは逆に思うようで、
”生まれつきってあり得るのか?”
”男性らしくないコンプレックスとか”
”お姉さんが亡くなって代わりになりたいと思ったとか(注:亡くなる前から身体に違和感があったという話を勘違いしてる模様)”
等、育て間違い説を押してくるので、途中で録画を一時停止してまで大激論(^^;;;;; )
あんたそれ、法律でまで認められるようになった経緯を知りもしないでどの口が。育て方が悪いから自閉症になったとか言う奴には大激怒するくせにー。
しかしまあ、だとしても面と向かってキモチワルイだの言ってしまう人種ではないのも知っているので。まさに狙い通りに啓蒙されているということかも。

ご近所に越してきて、巻き込まれる父子家庭に吉田栄作。
長身の彼と並ぶとますます、戸田恵子のママがか弱く小さく見えるのでした。

映画「ザ・マジックアワー」 ☆☆☆

やー、笑った笑った。
笑い声の漏れるホカホカ状態でコメディ映画見るのって幸せ。……ただ、見終わって残るものはなんにもないんだけどなー。楽しかったです。

自分の命のためにウソをつく。
なるほど。

前作「有頂天ホテル」で困ったのは、主人公の身分詐称ウソに全く共感できないところなんですよー。何故そんな嘘をつかなきゃいけないのやら。なので今回のウソ「殺し屋デラ富樫と知り合い」はまだ受け入れ易くて助かりました。
映画撮影と勘違い、の点も見始めてからは別に「サボテンブラザーズ」思い出さなかったし。焦る妻夫木君、困る妻夫木君が見ていて楽しいというのもポイント高いデス。

自己紹介の繰り返し、「カットって言っていいのはコイツだけ!」等々、イヤー笑った笑った!

でも、監禁されてる訳でも無いんだから(普通デラ富樫連れてくるまでは見張りつけるよね。て言うか、トランポリンで即ボコられてても文句無いはずじゃ ^_^;)、デラさん紹介だけして速攻尻まくって逃げ出せばいいものをー。
主人公(妻夫木クン)に生活感無いって言うか、その若さで大きな店の支配人なほどのやり手って感じもせず店を絶対守りたいわけでもなく、街を出たからって即食い詰めそうな感じもせず。なーんとなく居続け&ウソの完成度にこだわるから、どんどん、デラを置いて逃げられないドツボにハマルんじゃーん。
勿論、その方が見てる方は面白いんだけどね??

101人(笑)の黒い女、こそっといる寺脇さん、「有頂天ホテル」のあの役らしい香取クン、止めどなく流れ出す醤油……会計士さんもアンタッチャブルネタでしたねー。そうそう、亀!(ここで寺脇さんでも良かったのにー 笑)
もっと映画詳しかったらもっとアチコチパロディわかるんでしょうねー。そういうところも楽しかったです。

最後の仕掛けも、無駄にならずに終わって良かった良かった!
そうそう、無邪気なデラ富樫(佐藤浩市)の演技が全部無駄かと思うと胸が痛かったんだけど、その点も本人なりにちゃんと幸せになれて良かった良かったー。ボス(西田敏行)すら幸せになって良かった良かった(笑)

で、帰る途中「今度見に行かない?」と、別々のグループからメールもらいました。番宣しまくってた甲斐あって認知度高いですねー。ロングランするんだろうな。一応、鑑賞後の食事に合流するよって言ってあるけど、レディスデイならもう一回見てもいいかも。

「NIN×NIN 忍者ハットリくんTHE MOVIE」 ☆☆☆

 いや〜気軽に面白かったです!
 でっかい忍者のほっぺのうず巻きも
変な言葉遣いも大量宣伝で慣れちゃったでござるよっ

 小学生ケンイチの家に居候を決め込み、こっそり食事をしようとするハットリ君。
「ごはんはどこでござるか?」
炊飯器なんてみたことないもんね(笑) 挙げ句、家電があっちでピーこっちでカタカタいう度に大騒ぎ。こういうゆる〜いギャグを、ちゃんとオーバーアクションで盛り上げてくれる香取ハットリ君でした。

 ケンイチ君の家って、お母さん(戸田恵子)はずっとビーズ細工(^^;;;)しながら長電話、パパ(浅野@「HR」鰐淵さん)はお仕事、会話ないんですよ・・・。そして友達もいないの。
 そこに現れて「ずっと一緒に居てくれる」ハットリ君ってとても大きな存在かもと思うのですが・・・ま、そんなシリアスには当然描写されてません。

 忍者マニアの東幹久刑事が面白かった・・・けど、別に捜査には役立たなかったよね、あの知識。

 ケムマキ先生も格好良かったよ?ん(中身はゴリエなのに?っ)
 ただ、彼自身も黒忍者のターゲット”元甲賀忍者”なんだから・・・・・似顔絵で納得するんじゃなく、友人の元忍者が襲われて気づく、とかして欲しかったんです。子供には、あの似顔絵の方が分かり易かったのかなー。
 目の見えないお姉さんの描く似顔絵って何かな。そういうところは突っ込んじゃいけないのかな。

 西村さんは、汗っかきの捜査本部長さん♪少ない出番のなかでフル稼働ですよっ
 驚いたのはクサナギくんの役どころでした。あれ、あのサラリーマン『社会にとけ込んでる」っていいますかっ、メッチャ浮いてませんかっ(文字通り ^^;;;)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ