ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

成海璃子

「黒い十人の女」1 ☆☆☆

成海璃子ちゃんが、不倫をする年齢にねえ……。

口説かれて付き合ったオジさん、風(船越栄一郎)が、既婚者と知ってショックながらも別れられない久未(成海璃子)
妻らしき女(水野美紀)に呼び出され、半泣きで謝罪するも微妙な反応。なんと女は妻でなく<愛人>だった!カフェオレぶっかけあってるところに通りかかるもうひとりの女(佐藤仁美) なんとそいつも<愛人>で更にぶっかけ出すが、久未が<愛人>なことには平然。だって9人目だもん、今更ねえ。
そして仲良くなろう!と家に招いてくる最初の愛人に、呆然とする久未だったが……。

行くんだw
クロゼットから佐藤仁美と一緒にごそごそ出てきたところで声出して笑ったわ。しかも何時間も(^^;;;) 愛人同士交流してるのが既に変なのに、そこに風さんが来たからって隠れる意味がわかんないよねw
あとカフェオレぶっかけあってるテーブルに、普通にオーダーもってくる店員も笑いましたけど、それがグツグツのオニオングラタンで
「やばい!」
となる璃子ちゃんにも爆笑でした。あれこれコントです 。かけ方に遠慮がある璃子ちゃんと、躊躇なく顔にバシャ手馴れてる佐藤仁美と、キャリアの差も見応えありましたね。

そもそも10股モテ男、風が船越栄一郎ってところでもう半笑い。超金持ちでプレゼント攻撃でも、絶倫なわけでも、イケメンでもないおじさんで、当の愛人達まで別れない理由は不明
「いっそ死んでくれないかなあ」
って、これが連ドラの鍵になるのでしょうか。

ラインの使い方がナイスでしたね。
他にも途中、パペット使っての『不倫講座』も面白い絵面でした。
しかし不倫の発生が、女の性格とタイミングって説明は無しですよ。口説いてる男は、自分が既婚者って初めから知ってるじゃん! お前が口説かなきゃいいんだよ!
この男に都合よすぎる不倫理論と、妻じゃないと分かって揉める時の口汚さだけはバカリズムが浮いて見えてきて興ざめで、今後の課題じゃないかと思いますが……。
とりあえず続きがどうなって、冒頭の倉庫で女に囲まれて風死亡になるのやら。妻は誰なのやら。気軽に楽しみです。

「永遠のぼくら Sea side blue」 ☆☆

絵に描いたような、もとい写真のようなw青春群像。


若者が集ったらそりゃ恋でしょう愛でしょう揉めるでしょう!進路や生い立ちに悩み、不倫あり自殺未遂あり、殴り合いもw

その一方で舞台は海と水族館、ロマンチックです。珊瑚の産卵で生命の神秘に触れ、離れ小島にふたりきりで暴風雨、一緒に毛布にくるまってドキドキ(><) うひー  

嵐の中、一晩連絡がつかない状況で船を出せと迫るのが親でも指導教官でもなく友人でw 翌朝いちばんに駆けつけるのも親でなく元カノw 安否確認の前に恋のさやあてですからねえ 本当に若者だけターゲットに作ってるんですねえ。


そんなわけで、大学生のヒロインあおいは可愛い可愛い有村架純ちゃん。いやあ可愛い。

憧れの院生航汰さんに窪田正孝。いやあ爽やか。

てか若造扱いが多い窪田正孝が、ここでは皆より『大人』です  うわあ、いつの間にそんなことに(><) でも、家庭の事情に絶望してすがってくる夢花(成海璃子)を丸ごと受け入れるほどの度量はまだなくて……いやいや、結婚でもするならともかく、寄りかかられてオッケーな20代前半男子なんていないでしょう~

それでも惹かれあう航汰とあおいを中心に、元カノ(成海璃子)幼馴染(山崎賢人)メガネちゃんともう一人ときて……賑やかしの矢本悠馬がいいよねえ。「天体観測」の山崎樹範ポジションと思えばこの先絶え間なく連ドラ脇で見かけることになるでしょう。


出会って皆で仲良くなって、でも惚れたはれたで壊れて

「もうあの頃には戻れない」

なんてね。あるある。

でも、そもそもの発端、子供のための海の生き物ワークブック作りを中心にまた仲直りするんですよ。そこもあるある。ただ、突然学生を辞めて故郷に戻る航汰だけがそこにいなくて……。


最後は採用面接をブッチして空港ですよ。お父さんのコネなのにorz 

搭乗前の航汰を引き止めて、公衆の面前でチューです。うひー

なんてロマンチック。

でも悪いけど、おばちゃんこの2人絶対うまくいかないと思うわ。


もちろん物語は、完成したワークブックに航汰が記した「あとがき」に沿ったものです。

『ワクワクすること』を大事に

君の明日を決めるのは、君だよ

それを読んで心がザワついたあおいは、よりワクワクする方、コネの大手就職より大学院で海の研究を選びました。偉いねえ……って、えええええ そこはコネも海も捨てて嫁になるワクワクじゃなきゃ、無理じゃない?

家業を継ぐために田舎に帰る男。

OLになるだろうあおいにだって「嫉妬してしまうから」と黙って去ろうとした航汰なのに、大学院生になられてつきあえる? 遠距離が問題なんじゃなくて!自分は諦めた研究の話なんて聞けないよ。 それでも何年かもったとして、卒業後は? 航汰の実家近くで研究職? そんな口があるなら航汰が就職したでしょ!


幼馴染がねー。あおいが好きで好きで、好きすぎるから別の男と幸せになってくれていい、という困った人でしたけどね。 あおいの幸せは航汰>就職なの? そんな運命の大恋愛してたっけ? 

例えば航汰フライト情報を知ってて黙っていて、面談直前にポロっと漏らしたらまさかの面接ブッチされて追いかけた……ならまだしも。面談会場で会うなり「いまなら間に合うよ」ってそそのかすのはどうしてー?

と、ぐちぐち言おうがやっぱりターゲットは若者なので親世代の理屈は耳を素通りなのです。

若いってまぶしいw


海洋実習、懐かしいなあ。生物専攻だったので行きましたよ。甘酸っぱい思い出がいろいろ蘇りましたw ハンドブックも興味津々でスロー再生、良い出来でした。
(東出くんが居なくていいぐらいなチョロリ特別出演w 何も彼の展覧会で自分たちの写真をみつけなくてもw 自分のカメラのメモリーをふと見ても良かったじゃないw)


「小暮写真館」最終回 ☆☆☆

あのマンションのバルコニーにいつもいる子は、虐待で閉め出されているんじゃないの?通報してー


ずっと「心霊写真探偵」(といいつつ、念写や合成w)だったのに、今回は写真も無しで、あれれ?
誰かからの依頼でなく、花ちゃんの秘密が明かされる回でした。

ピカちゃんが風子の死は自分のせい……と思い込んでしまったように、花ちゃんもそれを自分のせいだと思う理由があったのね。

でも小さかったし、寝ちゃっていたし。

幼くして亡くなった風子ちゃんは可哀想だけれどピカちゃんや花ちゃんのせいじゃないよ(><)ましてお母さんのせいでも、もちろんありませんよ。

ピカちゃんには、花ちゃんが「ピカのせいじゃない」とはっきり言ってあげられて良かった。花ちゃんには……頼めば成海璃子ちゃんがそう言ってくれただろうけど。もうその言葉でホッと出来る程子どもじゃないので。花ちゃんが区切りを付けるためには、あのとき言えなかった言葉をちゃんと伝えなきゃいけなかったのです。


「孫を返せ」だの「母親失格」だのとお母さんを責めたキチガイな親戚たちは不愉快の極みで、今回花ちゃんがはっきりと非難を申し立てられてスカッとしましたです。お母さんお父さんにも聞かせてあげたかったですよ!!


成人付き添い人としてそれを見届けた順子さん(成海璃子)。自分も家族とケリをつけてくる…と逆方向の電車に。

愛されて育った花ちゃんと、殺伐と育った彼女と。つきあっても上手くいかないよねーぐらいに思ってみていたのですが、こうもきっぱり去っていかれると何やら残念なような。そして時折電車を映した写真の便りが届いて無事を知るなんて、淋しいけれど粋ですね。


去り際、持たされたカメラの中には彼女の笑顔。彼女の持った方には花ちゃんの笑顔が。これも若かったら真似したいおまじないですが……何か念写でもするのかとハラハラしたのは内緒ですw

「小暮写真館」2 ☆☆☆

面倒くさいぞ翔くん!小学生のくせに。


今回の心霊写真は……心霊?? どっからどう見てもイラストで、気味悪がる様なものじゃないよね。実際、翔くんが家庭で合成したものなんだし。謝りに回るようなものでも……。

解せないのはその動機で、暴君の父に振り回される母が可哀想だぁ?

あのカモメのイラストが映画「カモメの名前」を観るきっかけになるとは思えないし、観たとして母が問題に気付くのか?

仕掛けが回りくどくて面倒くさーい(><)

まだ小さい小学生だからこその、ささやかな抵抗ですか?「成績はトップクラス」「翔くんのすることには全て意味がある」という証言で補強してはいますが…
学校に行かないことで母親は更に父に責められ更に悩んでもいただろうと思うと、気の使い方が間違っている感じ。我が子にこんな心配のされかたをしたらと思うといやだなあw


さておき、亡き小暮さんの娘さんを花ちゃん&ピカで訪ねて小暮さんの半生を聞き、交流する場面は素晴らしく。

小暮さんを兵隊から遠ざけたという師匠の話を聞いて

「殺さなきゃいけないって恐怖は無い。弟子の心を守ったんじゃん」

と、ズバリ本質をついてくる順子ちゃんも素晴らしかったです。


そうそう、前回「走る電車を正面から見たい」と轢かれかけた順子ちゃんに、クモテツ同好会情報で『安全に正面から電車を観られる場所』を教えてあげるのも良かったです。翔くんのいるフリースクールともクモテツでつながるしで、便利だよクモテツ!

「小暮写真館」1 ☆☆☆

心霊写真探偵、神木きゅん!w


街の写真館の店主亡き後、改装もせずにそのまま住み出した呑気な花菱家。そこには店主の幽霊が出るらしい……のですが、それは後回しで。

写真館が責任とって!と持ち込まれたのは、心霊写真(><)


少しずつ謎がほぐれていく様子が無駄なく楽しかったです。


映っている人たちや持ち主を捜し出す、花ちゃんこと花菱家長男(神木隆之介)の地道な努力も探偵向きですが。途中でいくらでも写真を渡して逃げるチャンスはあったのに、ウソをついてまで写真を手放さず謎を追い続けた責任感?好奇心?こそが探偵の資質なのかも。

霊に詳しい小学生弟もいろいろ手伝います。


霊を助けたい、と思っているらしい栄一くん。

まさか惚れたのか?と思っちゃいましたがw 4才だった妹を亡くしていることも、生きている悪人より霊に肩入れする原因なのかも。

普段は明るい花菱家ですが妹のことになると母壊れちゃうし。何かまだ家族の秘密はある模様です。


結局顔だけ映っていた女性は生きていて、哀しい気持ちが写真に吸い取られた?的な納得を初対面の高校生に語ってチャンチャン。

なーんだ放火はしてないんだ……宗教団体も殺してないんだ ←すぐこういうこと考えちゃうよねorz


恵まれて幸せに暮らしている自分たちは、不幸や悲しみの経験値が足りないんじゃないかなと分析してみる親友テンコくん。一方の不動産屋の成海璃子は成る程、不機嫌で天涯孤独で不幸で……どう話に関わってくるのでしょう。

さて2話にも期待!

「ドン•キホーテ」2☆☆☆☆

久しぶりの共同作業w

家族そろって玄関に群がって、どんどん叩いてる姿には笑ってしまいました。しかもそれをさせている鯖島ろう城の理由が

「マンガを読みたい」って!

そんなに好きなら大人買いしなよ!


本来は扱いがデリケートな『ひきこもり』。

(「鈴木先生」の竹地くんでしたよねー。)

先輩方は、会うまでに1年、2年かけたと丁寧に向き合ったことを誇る様ですが、そんなの知ったこっちゃない素人の行動が思わぬラッキーを生む展開が大笑いでした。

ヤクザの抗争もそう。

何も知らない城田が、怖くて謝っちゃったことで上手くいくなんて!

どっちも現場の人(やくざさん見てるかなあw)にしたら噴飯ものかもしれませんが、普段と違う視点が功を奏すのは、入れ替わりコメディの王道展開ですよね!!


そんなわけで、1話に引き続き入れ替わり中の2人。

子どもにジュース買った分を100円返す細かさとか、サルサ愛とか、奥さんとのダンスを「鶴の求愛行動」に例えるところとか、鯖島の意外な一面がどんどん見えて来て引き込まれます。

(城田が、自分の身体に入ったまま奥さんと仲良くすることに、まったく頓着してないのもスゴイw 妬かないんだw)

対する公務員君のまじめさは、一般的なのでそれほど驚きはないかなあ。


タイトルにある様に、ドン•キホーテとサンチョパンサに2人をなぞらえる真意はまだ不明。巨悪に挑んだり、します??成海璃子ちゃんをほったらかしの親をやっつけて、彼女を自由にしてくれるの?

前回のあらすじがスペイン語だったのにも笑いました。でも『yakuza』はそのままかい!w


ヤクザといえば「新宿鯖」、笑いました。このドラマのヤクザ関係全部魚の漢字なのは「新宿鮫」から来てたのか、とかw 漢字の読めない鯖島組長も自分の名前と同じこの字なら、中学時代から読めたんだろうとかw


深刻な家庭を扱いながらもタッチはコメディ。こんな感じは好物です。

これも視聴決定!3話が楽しみです。


人気ブログランキングへ

映画「神童」☆☆☆

ザ・ベストオブ松山ケンイチ鑑賞映画。じゃすみん的に。
あんなに指が奇麗なのに、総合するとその辺にいそうな青年で可愛い〜。「ドルフィンブルー」に続いて、喧嘩の場面の彼が魅力的で嬉しくなります。大人しいだけじゃないところがまたいいのよね。ふふふ。

物語は、天才なのにピアノが嫌いな”うた”(成海璃子)と、技術はないのにピアノが大好きな”わお(松山ケンイチ)”の交歓。
もっとアマデウス的な展開もあるかと思っていたら、違いました。
”うた”は"わお"に「へたくそ」と言い放つし、”わお”も「うたはいいよなー」と言ってはばからない。そんな2人の関係には嫉妬や焦燥も、ついでにいうと中学生と音大生という年の差も感じられなくて、仲のいい兄妹のようでした。それでも同級生の恋人の前でも”うた”の事ばかり心配する様子は、真剣に三角関係かなっと。

そして不運にも難聴を発症する”うた”。
冬なのにこだまする蝉の声でその始まりが描かれるのですが……カナカナカナカナ(笑)
蝉は蝉でも、その音の選択は間違ってるらしいですよ。本当に突発性難聴から片方失聴している同居人が、もっとシャーシャーいう方の蝉の声なんだ、今もしてる(=本当にその音が映画で流れたら彼には聞こえない)と語りだし、しばらく難聴談義に。
この蝉=難聴っていう豆知識はそんなに一般的なものなんでしょうか?分かんなかった人もいるのかもね。

"うた"がどれだけ天才少女として世間に認知されていたのかは知りませんが、有名演奏家の代演まで勤めた挙げ句の失聴。
体育を休み手袋をして訓練の為に左手で食事までしてみる生活から、いきなりピアノが消えてしまう。日常への不安だけでなく、上手いと分かってた能力を(いくら嫌っていたとしても)無くすってどれだけか。
でもそこにはあまり尺が割かれず、わおに打ち明けるでもなく。
夢の世界に旅立って行く様な映画でしたけれども、なんかそこが逆に好きです。

えー、「ちりとてちん」にはまっているので、仏壇屋の菊江サン(わおの母役)や貫地谷しほり(声楽科の恋人役)の出演も嬉しかったのですが。歌う声のズレだけはありえない(><)

その他あちこちもったいないなーと思ったりもするのですが、息を詰めて全ての場面を見つめなくていい分、流しっぱなしで何度でも(いろんな表情のわおを)見たい映画かも。
もちろん、ヒロインの成海璃子ちゃんもハマってますよー。

うたの事故死した父親(やはりピアニスト)が西島さんで、映画ではわおに似て見えました。特に誰かがそう言う訳じゃないのですが、ピアノが嫌いだというくせに、ピアノがあるからとわおの部屋に入り浸るうたの描写には、父に似た青年を慕う気持ちが無意識にあるのかなーと思ったりもして。

作り込めていないぶん、妄想の余地があるのです。
例えばどこまでハッピーエンドなのか、も、それぞれに考えていいのかなって。

「1リットルの涙」9 養護学校入学 ☆☆

 女の友情はかくも脆いのか。電話も訪問も、女友達いっさい描かれず。

 それでも、
「どんなにゆっくりでも、亜也のコトバなら俺は聞く」
という麻生くんの言葉は素晴らしかったし、それを言って当然な人としてずっと彼は描かれていたので麻生君と亜也にスポットをあてた、ということで納得しておきましょう。

 愛、だよね。結局は。家族もそう。
相手に意志があって、それを受け取りたい・・・と切望するところに会話があるのです。

 まあ私が日々相手にするのは知的に障害のある子供達で、言葉は人でなく空に向かって発せられたり前後脈絡なかったりするわけですが。でも意志はあるよね。受け取らなくちゃね。
この麻生君の言葉はコミュニケーションへの気持ちを新たにさせてくれました。

 医者になる、という決意も、
「亜也姉ちゃんの制服を着て卒業する」
という亜湖の言葉に亡くなったお兄さんを重ねるだけでなく、きちんと段階を踏んで描かれていて納得できました。(第1話から、あー、こいつそのうち医者になるな、と斜めにみていた私ですら)

 先日小学校3年生にアンケートをして、見るテレビ番組を調査。どうせアニメとお笑い番組だろうと思っていたら「1リットルの涙」が「野ブタ」「ドラえもん」を抑えて一位。
 驚きましたけど。家族で見て何か伝えるのにはとてもいい番組なのかもしれません。でも録画で見てるんじゃなかったら時間が遅すぎるよ、早く寝ようね。

「1リットルの涙」8 ☆

 この展開、口惜しい。
 亜也の演説、意地悪してたヤツらの心にはきっとちっとも届いてない。
今日明日に事故にでも遭えば、自分だって移動に介護が必要になる。そんな視点を是非入れて、我が身の事としてガツンと反省させてもらいたかったのに!

 セオリー通りにお涙ちょうだいで。新学期からは邪魔な亜也ちゃんは過去の人 ・・・これのどこが自発的な選択なんですか!

 とうとう来ちゃいましたよ、お友達が音を上げる日が。ああ、見たくなかった。
それと同じぐらい亜也の立派な演説なんか聞きたくなかったし、唐突な歌声にはゴメン、吹き出してしまいました。麻生くんはともかく、他のクラスメートは追い出したも同然なのに唄うか?

 でも土台、毎日同じ友人が介護するのが無理無理。
亜湖が、来年入学できたら自分が・・・・と申し出る場面は素敵でしたけど、結局家族友人だけに負担がかかるのは同じじゃないの。(そして、何もしないヤツらが何故か文句をいうのよね)
 舞台を現代に移したんだから、支援費制度を利用して週に一度でも二度でも、せめて学外の模試の時ぐらいガイド(外出)ヘルパーがつきそうなり!障害者手帳については福祉法まで暗唱したママが、公的支援をきちんと利用しなくてどうするんですかー。タクシー割引だけじゃないよ福祉は。

 もちろん、麻生くんの
「おまえらズルイ」もイイ場面で、彼が自分こそズルイのだと吐露するのには、不幸でまっすぐな若者達をなぐさめてやりたくなりましたが・・・・。もっと早くそれを言わなくちゃ。
 まさかこの後、麻生君は登場しないのでしょうか。

 ラストの、日記の言葉
「いかないでって引きとめて欲しかった」
円満な優しさに包まれて、でも誰も行かないでと言ってくれない・・・・その哀しさの方が、長いホームルームや演説よりもずっと心に残りました。

「1リットルの涙」4 ☆☆☆

 先輩、デートに来なかった。

 目の前でぶっ倒れられて流血されたら、そりゃビビるでしょ。
普通以上に健康なスポーツマン。お見舞いには一応来ても、病院とかリハビリとかいう健康じゃない空間に慣れていないんだよね。亜也の外出許可を聞いてもテンション低かったもの。

 でも哀しいのは、視聴者だけじゃなくて当の亜也まで『来ないかも』って思ってたこと。
プレゼント選んで(買ってきたのはお母さんでも)、お洒落して、バス乗って、雨が降っても待ち尽くして。でも怒りもせずに認めちゃうなんて。

 ドタキャンを知って、雨の中を助けに(?)向かう麻生くん。
うなだれる亜也に傘をさしかけて・・・・
すみません、いつ抱き寄せるか、いつ抱きしめるかとワクワクして見てました。亜也が座って泣き出したときには、がっか・・・えーと。そんな浮ついた場面じゃなかったんですね。

「不治の病」と亜也から告げられた麻生くん。
2人が病院で初めて会ったときの自分のセリフなわけですが、今の状況ではリアル過ぎるよね。結局、主治医の専門を調べ、医学書を調べ、おそらくは病名にたどりついたのでしょう。
愛だ恋だどころじゃないよね。
でもそこで、逃げずに駆けてきた麻生君はやっぱり、医者の器なのだと思います。

 可哀想な妹・亜湖ちゃんは怒られるばかりで真相を知らず。
でも知らされて抱えきれるとも思えないや・・・・。
木を育てましょう!
最新コメント



   
ドラマでPON!
昔のHPです
過去レビューをどうぞ♪
「TEAM」&西村雅彦コーナー有w
サイトバナー



ドラマのあらすじはこちらでね
新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ