ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

愛し君へ

「愛し君へ」 10☆

 やっぱり妊娠だよ・・・って、四季が?元カノじゃなくて??

 先週、手のひらを返したように結婚をすすめる元カノのパパに、こりゃ娘が妊娠に違いないとかうそぶいていたのですが、まさかの四季ちゃんですかっ。 将来が不安だとかいいながら、避妊もしないのか安曇さんは!・・・でもまあ、そんな男の様な気はします(^^;;;) また四季ちゃんが拒めなさそうっ 

 今回はもー、携帯電話にイライラしました。
横に人が居ても平気でピ!っとかけ、平気でパ!っと応答。 安曇さんなんか、お日様の下で愛について語ってるんですよ。横のお母さんは手持ちぶさたで可哀想。 日本はいつの間にそんな、ふざけた国になっちゃったんでしょう。
 また、いつ失明するかも知れない人をみんな呼び出す呼び出す。途中で発作(?)が来たらどうするんですか。

 ひとつひとつの場面は美しいです。子役がグッジョブ!また藤木直人が、何をさせても美しいのです。
でもつなげると結局、本人同士が大して語り合わずに周囲だけが復縁を迫って大騒ぎ。正直うっとうしい。

 パパはともかく、伊藤美咲や、時任先生に至ってはわざわざ破局を知らせることもないでしょうに。そしてお祝いムードのなか周囲に気を遣って笑顔を通す四季・・・の方が切なかったかも。

 最後は気になります。でも、これじゃ泣けない。
「ボクの生きる道」との比較がぐるぐると頭の中で渦を巻くのでした・・・・・・・・。

「愛し君へ」 9☆

 金持ちパパ登場に唖然。
”娘の決意が固いので、やっぱりムコは君”って・・・ペットじゃないんだから。それとも、不治の病なのは元カノの方なの?

『私の目をあげたい』と医者にいう安曇の母。
ためらいながらもついに安曇を受け入れる米屋パパ。
こちら側の親世代は本当に良かったです。2人で子供の写真をみせあうところもステキ。(絶対、今の写真じゃなくて赤ん坊の頃なんだよね、こういうのって・笑)
四季の、命名の由来も良かったなぁ。

 なのに・・・どうしちゃったの金持ちパパの描き方は?
一度頭まで下げた”もうすぐ職を無くす男”ですよ。渋々認めるならともかく、嬉しげに結婚式の話なんて。 ・・・・妊娠してて式を急いでる?

 まあ妄想はともかくも。
安曇の為に一旦離職を決意する四季。それを苦に、やっぱり元カノの世話になろうとする安曇。
 なーんだそれなら、勝負は見えてるじゃない。四季が好きなんでしょう??
・・・元カノと四季、どちらが好きなのかと揺れる安曇さんを見たかったのになぁ。

「愛し君へ」8 ☆

「眼科の先生から連絡が」って、時任先生。貴方は安曇さんの何?実は家族??(笑)

 お茶の間でも、あいかわらず声高に失明話。もちょっと四季の家族に気をつかえっちゅーの。でも逆に、幼児の前で不用意に失明の話をしてしまう・・・のは、リアルなのかも。
 そして安曇さんの事情を知ってしまう子供達。
「見えなくても伝わるお礼」に、唄を選ぶなんて配慮、病棟の子供ならではよね・・・・と泣けそうなのですが、季節外れの「さくら」しかも直太郎バージョンはいかがなものかと。ここは可愛く童謡にして欲しかったなぁ。

 それより何より、元カノ来たわ!!
「別れたことを後悔してるの」
「私だけが貴方を支えられる」
私としては結構やったーって場面だったのですが、安曇さんたら応対が冷たいの。動揺もせずに冷笑。そこまで四季にぞっこんだとは知りませんでしたよ。というか、結構恨んでるのかしら・・・(^^;;;)

 彼女の物言いも良くないです。
仕事辞めるから24時間一緒・・・はいいとして、パパに養ってもらいましょう♪なんて提案は大人として変すぎる。

 でもそれをいうなら、安曇が失明=四季が医者を辞める と言い出す周囲も変すぎる。家計を支えることを考えたら、結婚退職なんてできませんって。

 今ひとつ、安曇の心の揺れが分からないまま、予告では元カノとよりを戻してしまいそう。それならそれでいいじゃんって 気がします。

 結局一番泣かせてくれるのは、亡き妻を想い愛娘の幸せを願う、米屋パパでした。

「愛し君へ」 7☆

 前回、空港で初めて抱き合って。・・・で、結婚??
さすが、大人の恋愛は決断が早いわーと、「オレンジデイズ」と並んでみてるからよけいに思います(^^;;;)

 ていうか、”支える=結婚”なんですね。
 病気云々は脇に置いて、一緒に暮らすって言うのは愛とは違うものさしが必要だったりするんですけど、その辺『愛は盲目』?(ハイ、座布団一枚取って)

 東京で、引き払った筈のマンションに戻ってきている安曇さん。
 同じベーチェット病の患者さんに会って、帰り道ずっと目をつぶって四季を頼りに家にたどり着く、という場面はとても美しかったのですが、そこがあのマンションだなんて。
 いつ元カノがヨリを戻しに合い鍵で入ってくるのか、ハラハラしちゃいましたよ。・・・考え過ぎですねぇ。(それから四季ちゃん、階段では手すりにつかまらせてあげてね)

 お父さんに会って、結構気に入られて、病気のこと言おうとしたのに言えなくて。
伊藤美咲と娘が、このジャマの為にだけ居たのか?と思うとなんですが、お父さんが自分から調べて病気のことを知るという展開はやっぱり盛り上がるモンねー。
 良く病名覚えてました。お父さんエライ!!

 そして・・・いいなー。小児科医と同居の子育て。

「愛し君へ」6☆

 追いかけて長崎。でもがっかり。

「***(死んだ弟)に会いに来てくれたと?」
 四季を見てのお母さんの一言。ご、ごめんなさい、違うんです。生きてる人に会いに来たんです。そう考えると、失明したって命さえあればいいやって気に・・・・。

 そして安曇家に泊まる四季ちゃん。
・・・医者だから?夜にはお母さんと床を並べていてびっくり。 あんた安曇家の何?
 安曇兄がベーチェット病を母上に告げる、そんな大事な日に居合わせること自体がどうにも無神経な気がしてなりません。

 ・・・バスケの試合を見て、息子の墓に結果を報告してあげるお母さん。
「丈夫に産んでやれなくて、済まなかった」だなんて!(号泣)
 お母さんがらみの場面はきちんと涙腺を刺激してくれるのですが、主人公が何を考えているのかさっぱり分からなくて感動が薄れます。
 ラスト突然抱きしめてましたけど、ねぇ。別れた彼女のことはもういいんだ?

 四季の家族側も、受けた電話でいきなり
「失明する奴と」って・・・。
 弟に交際を反対させるにしたって、もうちょっと聞かせ方があったと思うのよ。

「愛し君へ」5 ☆☆

 時任先生・・・互いの気持ち解説して休暇くれて、恋のキューピッド??

 大した苦悩も描かれずに、さくさくと故郷へ帰ることにした安曇さん。まだ虚勢を張っているということなんでしょうか。
「失明よりも貴方が恐れているのは」他人に支えられて生きること??うーん。

 小さな女の子が、自分のお墓を作ってるんですよ。
片足切断(かもしれない)したら、はけなくなるバレエのシューズを埋めました(涙)
 いきなり現れたお兄さんが、自分も本なんか埋めてみますけど、だからなんだよって思ってしまいました。すぐにうち解けちゃって、素直に励まされちゃってるのが不思議です。
 こういうエピソードは、簡単に使って欲しくないなぁ・・・掘り下げられないなら。

 相変わらず画面は美しくて、東京タワーでのデートも楽しくて、場面場面は観るものがあって、1時間はすぐに過ぎるのですが、造りが雑かも。四季ちゃんの守秘義務は相変わらずだだ漏れです。

 長崎に飛んで、安曇家の場所がすぐ分かる。そこは、弟の葬式で出会った意味があったなぁと思うのですが・・・。
 四季家の描写やお友だちは抜きで、いっそあの鞄50万円のフィアンセをヒロインに、このドラマ見てみたかったかもと思いましたわ。彼を支える女医の姿に身を引こうと思ったり。最後は父の反対を押し切って長崎へ。・・・ねぇ?

 実家で倒れて、急展開を期待!!

「愛し君へ」4 ☆☆

 150万円のバッグをもちながら、婚約指輪を露店でねだる女。可愛いなぁ。
「仕事半分、恋愛半分」
と悪ぶっていた安曇(藤木)さんでしたけど、本人目の前にその言葉で四季に紹介するところなんて、気持ちの通じ合う素敵なカップルに見えました。
 なのに、失明する、と聞くとやはり後ずさってしまうのね彼女(涙)
「しょせん、そんな(金や地位で男を選ぶ)女なのかな」
と自虐する彼女も苦しんだとは思うのですが・・・
 後悔するぞーっ。
他の”有望で健康な”男と結婚したところで、その人が未来永劫五体満足な保証なんてないのだから。

 賑やかな四季の家を訪ねる安曇さん。さぞ救いになったコトでしょう。でもさ、若いのみんな病気のこと知ってたんだよ?? もっと遠い仲ならともかく・・・面識あるじゃん。誰だか分かる形で話すだなんて、守秘義務はどうしたの四季!?

 せっかく強がって全て黙っていた安曇さん、四季が病状を知っていたと分かって激怒(ここ、カッコ良かったわ・・・・)そりゃそうですよぉ・・・。

 とはいえ。
時任先生には、失明の話してましたよね。廊下で。

 四季先生だけ知ってちゃいけないのは何故だ。 友人sに話していて怒るなら(その為に、特に必要もないのにバラしたのかと思った)ともかく。

 ああ。そういう細かいこと気にせずにドラマに没頭したい。雨の中のフジっきーは美しかったです。でも気になる・・・・。

「愛し君へ」3 ☆

 ほーら、いい人だった。

 小児病棟に3ヶ月も入院していて荒れる子供。「母さんは帰れ!」・・・それが、家で待つ幼い弟妹を思っての事だなんて。小さな身体で、”病気になってすみません”なんて思っているなんて。いや泣けました。
 でもそれって、こんな刺身のツマの様に出してくる話題じゃないでしょう。
 明日手術の子とお母さんが過ごす代わりに、僕が弟くんの誕生日を祝ってあげるよ・・・って、知らない兄ちゃんが来ても嬉しくないよ!!ママと居たいんだよ!!

 それでも、主人公とヒロインを近づけるためには有効なエピソードだし、「君は悪くない」と子供を抱きしめる主人公は我が身にも語りかけているようで、それなりにいい感じではありました。
 さて、伊藤美咲の親権騒動は何か本筋に関係ありますか?

 ”目が見えない練習”をしてみる藤木くん。
 いきなりガッシャンガッシャン壊しまくってるので笑ってしまいました。そーっと動こうよ。コップにも、表面張力試すほど注がなくても。ちょっと入れて呑んだらいいじゃんよ。
 何も壊れなくても。 こわごわと暮らさなくてはいけない、という絶望は伝わったかと思うのですがどうでしょう。

 そんなこんな言いつつ、エンディングは最後まで正座して見ちゃってます。
好きな場面もあるんです。例えばエレベーター。記憶がフラッシュバックして
「彼は眼科に通院しているのでは・・・」とヒロインが気づく場面など。でも、細部に神が宿っていない感じが惜しいです。
 ホールのケーキを4人で食べて、お兄ちゃんに残すのが飾りだけとかさ。(あれ食べても美味しくないのに。)

「愛し君へ」2 ☆

”人は今日という駅で、昨日という電車から明日という電車に・・云々”
この、格言(?)が毎回何種類も入るのはお約束??
息抜きのお笑い場面からシリアスに入る警告音みたいなものでしょうか。

いつどこを観ても、映像が美しいです。
ヒロインの実家での騒ぎは楽しいです。
ヒロインと主人公の恋愛観の違いは、アルコールもなしで話すことですかっとは思いますが今後生きてくるでしょうから、大事ですね。

そんなわけで、不可はなく出来ていると思うのですがググっと胸に迫るモノは特にないです。
小児病棟での撮影を
「金にならない」「くだらない」
と悪い子ぶる藤木くんですが、『・・・と思わせておいていい人』をもう2回もやってるじゃないですか。
「あの人はそんな人じゃない」
とか、ヒロインももう言ってるもん。この誤解もそのうち解けるでしょう??

”失明したら収まる”
”20年かかる人もいるけれど、あなたは3ヶ月”
というとんでもない病気ベーチェット病が、実在するということがドラマの筋立てよりも印象的なのかも。

「愛し君へ」1 ☆☆

 きれいだわ・・・桜よりヒロインより何より、藤木直人が!!

 いきなり葬式。
 都会に出て、病気を隠して1人で死んでいった彼。同級生が、家族が、それぞれに思い出や「何かしてやれなかったのか」と悔恨を語るところは哀しいね。ドラマの出来とは別に、勝手に泣けちゃう部分。
 実は帰省する予定だったんだねと、使われなかったチケット、土産を抱きしめて母親が「お帰り」と泣くところなんて、これをタイプしていても涙が。あうあう。
 ある意味、「僕の生きる道」でサラッと流した部分をあざとくも広げて来た様な・・・あ、そうか。今シーズン病気だ死だ障害だって重たいモノが多いのは「僕生き」の成功のせいなのか。(今更 ^^;;;)

 で、故人の兄と友人、として出会った藤木直人と菅野美穂。

 「カツ丼食べない?」がナンパじゃなくて、故人との思い出だからだったり。
 「撮らせて欲しい」がヌードじゃなくて、小児病棟の写真だったり。
そういう細かいところで気が利いていて魅せてくれます。
 お堅い菅野と、業界な藤木のの距離が渋谷から新宿までに近づいた(笑)ところで第一回終了。
 藤木直人って、何で顔覚えたんだっけ・・・演技の印象はなかったんですよ。普通にいい感じじゃないですか、あんなにキレイなのに! いやぁ、もっと顔だけの大根かと。

 この先、カメラマン藤木が失明していくわけで菅野が泣きまくるかと思うと腰が引けますが、丁寧に作ってくれそうな気もします。
 直太郎君の唄も楽しみに見ようかな。
 ・・え?主題歌さだまさしじゃないんだ?
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ