ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

幸せになろうよ

「幸せになろうよ」最終回 ☆

「仁」だ! 南方仁!!


香取慎吾のねっとりした独白、ずーっと何かに似てると思ってたんです。そうだ仁先生ですよー。

でもあっちは、運命や命や生きている意味を探りつつ極限で絞り出した声があれだったわけで。こっちの惚れた腫れたは結構どうでも良かったので、なんだかなー。
あの独白をサラッとコミカルに言うだけでも、雰囲気違ったでしょうにね。 


…•自分の結婚式に遅刻するウェディングプランナーとか最低。仕事熱心だから、とは思いませんよね。彼女の職場で公開プロポーズも最低。春菜、超逃げてー!!

「幸せに出来るか分からないけど、僕は君といたら幸せ」

平凡でも、いい台詞なのになーこれ(阿部サダヲに言われたら即落ちw)

見せ場で出て来たペンも、ちゃんと観てた時期に出て来た筈なのに覚えてなかった(><)

(ずっと観ててこれ好きだった方、ごめんなさいねー 個人ブログですから!)

3、4回飛ばして最終回を久しぶりにみて、小松原さんの幸せを確認出来たのでそこは満足でしたw

 


人気ブログランキングへ

「幸せになろうよ」~5 ☆

ついに告白。


なのにちっともトキめかないw

普段ならドラマは隙あらばキュンキュンする為に見るようなもので、手が触れたのみつめあったのするたびに
「いや~ん☆」「きゃー☆」
と年甲斐もなく大喜びなじゃすみんですが。ねちっこい喋りの香取慎吾に「一人の男として」とか言われてもね。フーンとしか。
やっと言えたのね、とも思えない。ずっと好きだったと言われても上辺だけで響いて来ないのよ。そこに、元カノとか現れたから何だっていうのやら。
 

本気で主人公に共感させたいなら、その元カノと親友が結婚を決めて捨てられたところこそ描くべきだったのでは(そのトラウマで、あのべったり喋りになった設定なら許すw)

藤木サイドの種明かしとか、実はお腹の子の父親はとか、そんなのはどうでもいいし。
むしろツライ事情なんて何一つ知らないまま、入会希望の黒木メイサから目が離せない、他の男なんか紹介したくない、と暴走する香取慎吾なら楽しかったかも

と、素人考えの「こうだったら」を並べても仕方ないんですけどねー、つまんないんだもん 


じゃあ見るなとか言われると困ります。だって小松原さん@大倉孝二が面白すぎ。彼がどう幸せになるかにはめっちゃ興味あるのじゃ。

(BOSSのやまむー:温水洋一登場に笑いました、BGMもアレでw)


「幸せになろうよ」1,2 ☆☆

どうせ香取と黒木がくっつくんでしょ?

そんな安心感は盤石ですが、正直、もっと若い主人公で見たい話かなー。


慎吾ちゃんももう35才、黒木メイサ22才と年の差がかなりあるね、とか(母親役の原田美枝子が嫁に見えますw) 1話のスポーツデート、どっから着替えが出てきたんだとかw 気になります。


舞台の結婚相談所がそもそも、ヒロインは職歴と家族を詐称、イケメン藤木直人も妊婦の妻が居ながら登録と、そんなことも確認せずに他人さまに紹介をしてるのか?とツッコミどころ満載だというのに、他のこともポロポロと納得いかない月9です。でもいいか、大倉考二さん演じる小松原が最高に可笑しかったから!(ちなみに個人的には、イケメン弁護士よりああいう冴えない理系男が大好き。今の連れがもうそっくりw わかんないロボットの話とか小一時間聞きたいw)

主人公の恋愛トラウマもね。

5年付き合った男女が、結局結婚しないのはいいですよ。でも、主人公と同じラグビー部だった親友と電撃結婚て。披露宴に呼ぶ方も、参列してスピーチする方も、どうかしてる(ラグビー部全員でボイコットじゃないのね ^^;;;)そこは職場の同僚とか、突然現れた人でいいじゃないですか。

まあ、その辺はこれから使うのかもしれませんが。


「歯が痛いのは恋してるから!」はいはい。

中居くんと上戸彩の「婚カツ」が結局ゴールインせず煮え切らなかった様なの、もういいですよ。ひねらなくてー。いつまでも気付かないふりせずに!さっさと付き合っちゃいなって。

(となると、メイサ父と慎吾母が恋に落ちそうなフラグは余計だと思うのですが……熟年向けサービス??)

人気ブログランキングへ
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ