ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

市毛良枝

「釣りバカ日誌」3 ☆☆☆

スーさん(20)の衝撃映像w カツラのせただけw 

さて、スーさんに浜ちゃんの正体はバレましたが、いまだスーさんを町工場の社長だと思い込んでる浜ちゃん、本人の前で鈴木建設社長をけちょんけちょんにしながらも仲良く海釣りです。

そこで出会った女性(中越典子)にのぼせちゃうスーさん!
いい歳して……ではありますが、思い出の人に似てたのねw 身内に不幸が、と嘘をついてまで女性と二人きりで釣りに行くものの、悪いことはできないもので、浜ちゃんと遭遇w とっさに「姪だよ」「不幸ったって骨折ぐらいで」と嘘を重ねるけれどもばればれ~。邪な気持ちもばればれ~(^^;;;)
とりあえず不倫はまあ未遂だろうとw自分への嘘だけ責めていた浜ちゃんでしたが、スーさんの奥さんからも浮気疑惑を相談されw 浮気大っ嫌いなみちこさんは暴走w 
この辺、奥さんからの電話に『今日は一緒じゃない』と言っちゃう浜ちゃんは空気を読めないけど嘘もなく。みちこさんも1話の破局を思うと怒って当然と実に流れが自然です。しかも尾行で二人の仲がまたもや近づいてGJですよね!

しかし女性の正体は実は……ライバル会社の人間だった!
なーんとスパイ疑惑で査問されちゃう浜ちゃんピーンチ(><) って、当のライバル社の彼女すらスパイ狙いでなく、偶然知り合った最高の釣り仲間が社長さんだっただけ、という優しい「釣りバカ日誌」の世界。 「浜崎さんもきっと同じ」という彼女のことばに背中を押され、じゃあ普通にスーさん社長として登場かなーと思わせておいて!ま、まさかの目出し帽~(^^;;;) さんざ笑わせてもらいましたw 
もちろん会議の結果はお咎めなし、そこでうっかり喜んでくれる課長、ここも優しいじゃないですかw 

そしてやっぱり、嘘ついてたと怒られるスーさん。お互いに大事な釣り仲間、と言い合う場面は心温まります。でも嘘は許せないと言い張る浜ちゃんに、スーさんの懐からぞろぞろとプレゼントが登場〜。また物で釣る作戦?と見透かされながらも(マグロ釣り用ルアーとかw)、やっぱり釣り具には弱い浜ちゃんなのでしたーああ楽しい。

スーさんが息を吐くように嘘をつくのは嫌っちゃ嫌ですが、そういう人いるよね。原作でも結構大人気なくくだらないことで喧嘩したり、それもまた人間関係って描き方でしたっけ。またスーさんの言い訳がくだらなくてご愛嬌w西田敏行のアドリブでしょうか?
むしろ嘘のなさすぎる浜ちゃんがレアでダメ社員なわけでw ラストの話し合いも、心温まると上で書きましたけどね。スーさんは喧嘩別れを想定しているのに浜ちゃんは「スーさんが死んだら悲しいよ」と結構ひどいことをサラッと言っててブラックだったりw
そしてついにセリフで出た「合体」w
経費に釣り具の領収書も混ぜちゃう浜ちゃんw
浮気を堂々笑顔で否定する女性にしょんぼりするスーさん&ニヤニヤ見守る浜ちゃんとか。小ネタも満載。ほんと楽しいです。

こんな会社で、こんな仲間で、こんな小料理屋で、日々楽しく暮らしたいですよねえ。

「ブルドクター」5×

何この肩すかし。


致死ウィルス感染か?

肝炎ウィルス感染か?

ダブルでパニックを仕掛けておいて、両方とも元のご遺体からしてウィルスを持っていませんでしたよ。それだけなら、集団心理を描くとか予備調査が大事とか。百歩譲って、いつも子どもをほったらかしのダメ母主人公が変わるきっかけになるなら爽やかな気持ちになれましたけどねー。逆なんだもん。真っ当な抗議をしている子どもの方に、変化を要求しているよねこのドラマは。しかも、お母さん実は死を覚悟していたのにそこは伝えないとか。こんな時だけ子ども扱いかよ!

「夏休みの宿題は、絵日記に決めたよ」

いやそこは、もっと別の流れの後に『お母さんの仕事の紹介をする』とか、今ニュースで流れている危険なウィルスへの対策をまとめることにしたからお母さん教えて、とかでしょう!!


……で、実際にドラマで動いたのは釜津田刑事とドクター吾郎の恋愛かよ!


思い返せばずっと、主人公が第一発見者が2回、しかも同級生の整形だの容疑者は吾郎先生だの(この時の犯人の殺意も妙だった)世間が狭い事件ばかりでしたよねー。

あんなダメ母を育てちゃったおばちゃんが、そのうち倒れて解剖されないことを祈るばかりです。まさかだけど息子の命の危機もありかも。

「男にしてください!」とか、ブラザートム先生が好きな人が実は……とか、小ネタはちょこちょこ面白いのに。誰か別の人に話の骨格は任せて、今のスタッフは台詞の味付けに専念したらいいんじゃないかと思いますが、どうでしょう。

ツレが喜んでみているので多分この先も見るけど、ライブでツッコミをいれてバカに出来ないのはつらいわ……。



人気ブログランキングへ

「ブルドクター」1 ☆☆☆

江角マキコ、あたり役。

医者と警察の衝突•なわばり争いとか、医局内の序列や出世競争だとか、ひとつひとつは目新しくもない素材なのですが。態度も背もデカイ「監察医」江角マキコと、まさかの「刑事」石原さとみが並ぶと壮観。オラなんだかわくわくしてきただー!
例えばジョギング中の死亡を、心筋梗塞=病死とするか 不審死とするのか。そこが捜査の分かれ道といえど…•、なんと解剖の出来る医者は日本全国にわずか170名とは!ホントに??少なすぎやしませんか??
そこで、まあいいやっと殺人が見過ごされたり、事故死がわからずに妻が逮捕されたりと、今回ドラマで描かれたようなことが、全国で起こっているのだったら怖すぎます(><)

可愛い石原刑事さんも最初は、ちゃっちゃと書類を書かない江角ドクターを「非協力的!」とプンプン怒っているわけですが、事件2つにして早くも、嘘をつかない『ご遺体の声』に耳を傾ける大切さを悟った模様です。でもそうなると、吾郎ドクターとの交際は難しくなっちゃうのかなー。
(その刑事さんの習い事、書道教室が江角の母宅で、息子とも既に顔見知りという世間の狭さがドラマですねーw)

アメリカ帰りの江角マキコ。
連れて行かれた息子もアメリカに3年いたそうで、家族3人一緒と書こうとして『三人いっしゅ』になりますwこれが実はめっちゃリアル。我が家も親の留学に3人つれて行きましたが、忘れるなら難しい漢字からと思うと大間違い。カタカナ、ひらがなが先に消えて行くんですよ!(毎日使うアルファベットと似た位置づけだからかも)
さておき、仕事ばっかり大事な江角ママ。
『三人いっしょ』にやっと気づいて、バーベキューの計画を立てるところで1話終わり。亀治郎パパもいい奴そうですが、さて。お出かけ先でご遺体発見、なんて続き方はしないといいなあ。
さとみちゃんと吾郎ドクターの交際の行方も気になります。
佐土居先生のアル中はどうなる??(役名を覚えなくちゃねー)

人気ブログランキングへ

「モリのアサガオ」〜8☆☆

実父は死刑囚でした。ガーン……って。

それって反則。
いくらドラマでも、そんなデリケートな人材を雇う鑑別所なんて嫌すぎます!!当事者も収監中なのに。
ていうか
「お父さんと同じ監察官になりたい!」
と言われたときに養父母も止めるか、せめて出自の事情ぐらい説明しておいてあげましょうよ(そこがあまりに理解不能で、及川夫妻ってもう死んでたかと思ってしまったぐらいですよー!)

もうそこからは、斜めに視聴。死刑囚の娘歴20余年の先輩に向かって
「実は僕も」
とか言い出す主人公には笑ってしまいました。彼女の苦悩の何が分かるんだ君に。
ドラマだから、というならいっそ、死刑囚の子と分かるのが記者の彼女だったらよかったのに。今までの無神経発言の数々も、それなら皮肉な伏線じゃないですか(「あなたがモリのヤツラを選んだのよ!」にもムカツクッたら)

ただし、事件の真実に迫る独白部分は迫真でした。
今まではどんなに熱演でも、もとい主人公が熱心になればなるほど
『お前関係ないだろ』
だったんですが、自分の父親(真島秀和)の事件なら関係者ですからね!!

……そして渡瀬満事件は、ますますどうでもいい感じに。アレー?

 

人気ブログランキングへ

「瑠璃の島」7  ☆☆☆

 いっちゃん、どこかで見たと思ったの。そうか、紀宮さまに似てる!

 ・・・とでも誤魔化さないと、やりきれない展開でした。ショウメイさんが死んじゃったよ!島の人なら慣れっこだろう台風で、あっけなく!!

 人の死って確かにそういうものかもしれません。
 また、そのあっけなくという部分が瑠璃ちゃんに与える衝撃を描いていたのでヨシとしなくてはならないのでしょうが やっぱり哀しいわ。

 一緒に島で暮らしたい、といういっちゃんの手紙。
東京で顔をあわせた瑠璃ちゃんこそ、知ったら一番に喜んでくれる相手だったのにどうして子供達には手紙をみせずに、かくしちゃったんだろうショウメイさん。
 驚かせたかったのかしら。

 通夜に現れて泣くいっちゃんと、その席から逃げ出す瑠璃ちゃん。
大事な人と何もつながっていない哀しさ、もあるのかな。でも「お父さん」とは呼んでも、この6年会っていなかったいっちゃんよりも、瑠璃の方がたくさん最近のショウメイさんを知っていたでしょう?
 瑠璃ちゃんの好きだったショウメイさんを、いっちゃんに伝えてあげてほしいです。

「生徒が3人いたら中学校再開」。いっちゃんは戻ってきてくれるのかな。

 でも、「アレのコレ」を知らずに育てさせられていた給食のおばちゃん(市毛良枝)は、頭に来るあまり不倫逃避行に走りそうです。えーっ。
あんな小さな、しかも虚弱な子を預けるなら、一緒に来るなり電話ででも諸注意さずけるなりするのが普通でしょう。その連絡がないなら、愛人とやらは亡くなっているのかと思っていたのですが・・・。まぁどっちにしろ、旦那が何も言わなかったってことが問題なのね。

ムカツク雑誌記者のせいで、来週もなにか起こりそうです。あの人、島に恨みでもあるんでしょうか?
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ