恩返しw そして「倍返しだ!」待ってました~!

 みんな大好き、あの土下座からはじまる続編。
前作では見事倍返しを実現させたものの出世叶わず、出向の憂き目にあった主人公半沢直樹(堺雅人)でしたが、世にはそれでは飽き足らずもっともっと酷い目に遭わせてやりたいと熱望する敵がいるんですねえ。それがなんと、土下座で大恥かいた大和田(香川照之)本人でなく、大和田シンパだった伊佐山(市川猿之助)なところが面倒です(^^;;;;;)  現在はセントラル証券部長の半沢が受注しかけていた合併案件を親会社の東京中央銀行がかすめ取り、半沢の失点にして僻地に飛ばそうという悪巧み。その計画実現のためなら、大和田を飛び越して副頭取三笠(古田新太)に取り入る本末転倒(^^;;;;) やだこれじゃそのうち、大和田と半沢が手を組んだりするかもしれないじゃないですかw

 その伊佐山の案は違法すれすれの株買い占めで、仕掛けられたスパイラル社瀬名社長(尾上松也)にすれば乗っ取り買収。おかげで半沢の部下森山(賀来賢人)まで、中学時代の親友だった瀬名と再会するも、あの銀行の子会社社員というだけで暴言で追い払われる始末。森山と半沢は、ずっとスパイラルにも利になる案を探っていたのにね。

 と、例によって会社取引のめんどくさい話なわけですが、悪い顔のヤツがとことん悪いという点においては分かりやすいですw セントラル側の内通者もバレバレ、まず半沢たちに捕まる協力者三木(東京03角田晃広)の配役も最高で、あの顔は裏切るし怒られたら即全て話すでしょw  なのに伊佐山は、これまたケロッと「知らない☆」の一点張り。自分側のメールは削除済みなのでした。さあこの悪カエルをどう追い込んで締め上げるのか、半沢直樹! 奥様(上戸彩)が言うようにもう若くないんだから、無理しないでねw

 今作もコロナ禍で撮影中止の憂き目から、復活しての放映開始。見せ場ではおやじがどうしても密ですから気をつけてほしいものですw

あ、同期の渡真利(及川光博)くん健在。滝藤さんは出ないのでしょうね、寂しいわ。