ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

岸部一徳

「カエルの王女さま」7 ☆☆

「くたばっちまえ!」と不倫相手が仁王立ちw


可愛らしいメロディで結婚を唄いながら、実はお祝いとは真逆な歌「ウェディングベル」(^^;;;)
手作りウェディングでこれを流すなんてーと驚いていたら冒頭の演出に大納得w 忠子さんが何も知らなかったら仰天でしょうけど、知っての家出から戻ったところだし。不倫相手と妻が対峙して唄われるのにこれほどふさわしく恐ろしい曲はないのでありました。

忠子さんは妻の座を再確認してにっこり。

不倫ちゃんは、歌でとはいえ大声で文句も言えて負けも認めて、すっきり。……なの?(^^;;;)


「優勝できなかったらシャンソンズ解散」

と、ありがちな無茶約束をしてしまう澪。有名になった昔の仲間に指導を頼みに行くが白紙の五線紙を渡され……オリジナル曲を書け、とのメッセージを理解する。

今から新作だなんて間に合うのかなー(知らない曲はテンション下がると思うの)
そもそもシャンソンズは人数が少ないよね。それでも大人数でベルリン合唱団に指導される老舗に勝とうとか、スポコンな流れになってきましたよー♪ ゲロゲロ♪


「カエルの王女さま」6 ☆☆

雨降って地固まる、の巻。ゲロゲロッ♪


澪が代役だった、と皆の前でバラされて

「騙したのね!」

……って、んー、定番ではありますし澪もわざわざ憎まれ口叩くからね。でもいきなり殴る程?
(町の人に至っては、署名とりけせとかわざわざ来るのってよほど暇人だよね。) 

舞台に立った事自体は本当なんだし。

嘘で儲けた訳でも、誰か傷つけたわけでもなく、ブロードウェイスターを信じて皆輝けたじゃない!


て訳で、最後にはちゃんと仲直りできて良かったね(そうなると思ってたしw) 澪の口癖「とてつもなく遅い!」を、今度は忠子が澪に言うのも面白かったです。 
 

シャンソンズが澪を雇うことになり経済逼迫も解決!「代役」も堂々と(英語でw)名乗れば恥ずかしくないよー。
ベタな展開はベタなりに楽しんでますので、たま子と姑さんの関係もテキトーに済ませずに(だって、子どもがママ好きって言ったって姑とはなにも解決してないよ) ちゃんとひと手間かけて仲直りさせてあげて欲しかったですわ。それともそこはこれからなのかな。
 

選曲対決は、圧倒的に「何度でも」の方が好きです。いい曲だわ~。男性ボーカルが入ると曲がしまるとのオーディション時の台詞に納得でしたわ。

……天海祐希のソロは…知らない曲だったからかなー、あまり響かず。もっとスゴイ歌唱力を期待してハードル上げちゃったかなあ。


と、円満になったところで今更!浮気がバレました。
そこはあまり深追いしてほしくないんだけどなー、次回どうなるんでしょう。

「カエルの王女さま」4 ☆☆☆

あひるちゃん覚醒!
3話はロックでピンと来なかったのですが(女声のブルーハーツってのも ^^;;;)、今回の山口百恵は楽しかったです。

ローカルTVの取材に応えて、まひるをメインにすえる澪。でも、いつまでたっても下向くし隠れるし声小さいし。それでも叱咤激励して使ってるのに、親にバレてもうやらないとか言うし。

「私に恥をかかせないで」

とまくしたてる酷い親に縛られて、お前は何も出来ない、姉だけ正しいと言われ続けて育ったんでしょうね。そして就職も決められそうになりましたが……。

ステージに立ったまひるは、別人の様に力強い歌声で皆を驚かせるのでした!

『バカにしないでよ♪』


逃げてショークワイア撮影に来ただけでなく、追って来た家族の手を振り切ったところで本当にふっきれたてましたね。玉鉄に助けられた感じですが……まあいいやっと。

実際のところ、歌声だけでなくギターとの掛け合いまでアドリブでやっちゃうとか突然堂々としすぎなんですけど、それもまあいいやっと。

就職も、大好きな音楽関係を選び直したまひる。人生の大きな転機になりました。


でもTV放映は『これが最後のシャンソンズ』と唄って終わり。

音楽堂前で高笑いの市長の悪役っぷりもナイスで、ロッカー玉鉄も入ってメンバーが揃ったし物語も動き出しそうです(^^) 澪の周辺が調べられそうで、ブロードウェイ女優といっても売れてなかったってバレちゃうんでしょうねー。 


「あの小さい娘」という玉鉄に
「だいたい私より小さい」と返す澪に笑いましたw 



「カエルの王女さま」1、2 ☆☆☆

歌上手くなくていいのか!! 目から鱗です。


作中でも「海外ドラマで流行ってる」と触れられてた「glee!」に家族でハマリ中です。誰でも知ってる名曲レディーガガやマイケルジャクソンを歌って踊るショークワイア、いいよね!!で、日本でするなら歌は松田聖子?いやサザンだろなんてワイワイ言ってましたw でも舞台が高校、部員が揃って歌唱力ありまくり、という設定のまま考えていたので日本でドラマ化は無理っちゅーか、AKBとジャニーズ主演で台無しかとばかり思っていたので、まさかこう来るとは!(ゲイのカート君だけは向いてたのか忠実に再現w) 一緒に唄えるとは!

浪漫飛行!

チェリーブラッサム!

ケツメイシのさくら! うわー!!


画面では、市長の陰謀でストップされた歌をつなげるために音源を持って嫁が走るところ。ドラマ的にも盛り上げどころですが、さておき唄いだしが近づいたら気分がアガるでしょ~♪ 前奏からこっちもスタンバイオッケー、もちろんシャンソンズと一緒に熱唱ですw ドラマ中の歌がたいして上手くないのもいっそカラオケがし易くていい感じってぐらいでw


全体の物語はベタ中のベタ、解散宣告を受けた弱小チームを新参コーチが変えていくパターンです。

コーチ役はイケメン天海祐希で、ブロードウェイ帰りのスターwを好演。ボロクソ悪口言うんだけど、メンバーの靴を深夜1人で修理するというツンデレさんでもあって、そのうちチーム一丸となっていい舞台を見せてくれるでしょう。で、アメリカで仕事の声がかかって、シャンソンズをとるかブロードウェイ復帰をとるかになったりする? 音楽堂取り壊しは救えるの??

ベタの合間にカラオケが楽しめたら最高、他が事件解決ものばっかりなので余計に楽しく見られそうです。

桜祭りのロケ、強風でしたねw スケジュールと開花期的に、その日に撮るしかなかったんでしょうねえ。

「スクール!!」4☆☆☆

学級崩壊を救えるのか、素人校長が?

不登校先生の昔の日誌を出してきて朗読→殴り合い。もしやここから、涙の和解になっちゃうのか?と思いきや桐原先生の乱入!

ただ「がんばれ」と励ますことが、傷ついている人を更に追い詰めるという指摘に納得です。「無邪気な善意」がトドメをさしてしまうと。
そしてやはり、7年前にあったんですね似たようなことが桐原先生にも。

学級崩壊の主犯がわかっているなら、まずあの女生徒の親を呼び出せよ!と思っちゃうんですけどねー。とりあえずはじっくり崩壊具合を描いてくれちゃって、まったくイライラしました(><)
今まで、無断欠席の子の家にも給食費未払いの家にも突撃、生徒引越の現場にも居合わせた校長なんだから。あの子の家にも行けばいいのにー(崩壊クラスでも、一人一人の名前を呼んで叱るのはよかったです。名前の力ってあるよね。「消しゴム」で「言わされてる」ってちゃんと分かってくれるの良かった!)

学校さぼってる子の伏線もあったし。きっと来週はとんでもない親が出て来るでしょう。楽しみなような余計イライラするような(^^;;;)

それにしても、半年以上も学級崩壊が外にバレないなんてことあるんでしょうか。子供が誰1人親に言ってない??ひと学年ひとクラスだからそうなるの??

保健の先生(市川実和子)のガンダム台詞にはイラッとします……私もその昔はした遊びなだけに、あんな小娘がー!しかも通じない相手に言うもんじゃないよね 

人気ブログランキングへ

「スクール!!」2☆☆

恐るべし、小学生の写メ(><)パパラッチなんてもんじゃない。

校長の思いつきイベント「Sケン」が呼んだ波紋は、またイジメや怪我の話になるかと思いきや、可愛い恋のお話でした。

子役の毅くんとはるかちゃんがそれぞれにとても魅力的。そして流行の建設中スカイツリーもきっちり映しての2人の交流は美しかったです。でもねー、キスはねー。
女児が誘ったに違いない、処分だ訴訟だと騒ぐ男児側のモンスターペアレント&グランドペアレント。
「彼女は引っ越します」
と告げる校長先生にエエエエエ?と思いましたが、何のことはない。自由学区制なので、引越はしても転校しません、とか(笑)
「加害者はあなただ」
全部校長のせいだ、と糾弾はしても結局、こんな一休さんの様な解決法を入れ知恵してくれる桐原先生です。
「生徒数が減っては困る」
ともうそぶきますが、やっぱり味方なんでしょうかね。

近所の小学校は別に普通に外遊びしてるし。ドラマ用に強調した『今時』しか見えてこないのは気になりますが、話はまだまだ導入部。まだ本格的な「事件」は起きず「解決」も見えず、民間出身校長はただ「小学生みたい」と好かれているだけです。
先週今週の校長の活躍で本格的に箍(たが)がゆるんできたときに、さあ何が起こるんでしょう。
塚本先生のクラスが爆弾ですよね……。 

人気ブログランキングへ

「スクール!!」1☆☆☆

全入時代に突入……と大学受験の話で始まるんだから、高校の話かと思いきや、何と小学校でした。
異業種:トンネル工事から新校長がやって来る!
現場が慣れきった問題に、新しい視点で立ち向かう熱血校長。既視感ありまくりですが、江口洋介の暑苦しいキャラで押し切られます。『同僚の家に下宿』フラグには笑いましたが、北乃きいは恋愛するには年齢離れすぎかな(同居の姉:塀内敬子のターゲットに ^^;;;)
 

舞台はひと学年ひとクラスの小さな学校。
ッてことは、九九が言えない少年が入院で勉強が遅れたことも、どの先生の怠慢のせいなのかもすぐ分かるでしょうに。
……でも、ターゲットを変えて続くイジメの方は、水面下に潜るのでしょうか。胸くそ悪いですが、その分きっちり懲らしめてくれる場面を観たくなりました。
トンネル時代の人脈とノウハウ、ルールで本当に学校は変われるのか??(本当に今時の子は、身体が中年であんなこまっしゃくれなのか??)

能面の様な有能先生(西島秀俊)、昔は熱血だったのかもしれませんねー。そして失望してしまったのかも←主人公に触発されて目覚めるんだよね!?


時折、妻と息子へのメッセージを空につぶやく主人公。それが別居でなく死別なんだと示して1話終わり。そっちも気になります。

教育ものとしての新鮮みは無いのですが(笑)、テンポ良く飽きずに観られました。結構続きが楽しみですよ。

「ありふれた奇跡」最終回☆☆☆☆

「俺は1人じゃない!」
この藤本さんの台詞で、不覚にもブワッと泣いてしまいました(><)
彼は家族をまた手に入れたんですね!
何も男女の関係でなくていい、”縁”があって、成長を喜んでいい子供がそこにいることの幸せよ。

そうでした、元々彼の自殺で始まった話であって、不妊だ結婚だはあとから来た騒動だったんでした。すべてのきっかけが藤本さんだったのを忘れてましたよ。
河川敷で、子供は可愛いけど中年男が見つめると嫌がられるからそっと観るんだ、なんて寂しい話をしていましたっけ。
そんな死に場所を探していた男が思いがけず助けられ、意地張りながらも他人を受け入れて、その友人の紹介(?)で出会った親子と、一緒に写真を撮る仲になれた。
確かにそれは奇跡だったのかも。

子供が産める嫁、子孫、と唱えていた翔太の祖父も、結局は神戸さんの家族という疑似家族を受け入れて、それはそれで幸せなのかも。

可奈と翔太の新婚生活はあえて描かれず、ただ今までの仕事を淡々と続ける2人。
よくこういう後日談で、必要もないのに子供抱いてる場面で終わったりするのは、確かに安易なことで、こんな風にただ元気で幸せであるってことだけで充分なのかもとも思わせられました。

独特の会話やじれったさが辛い時もあったけど、終わってみれば真摯ないいドラマでした。楽しいだけじゃない、こんなドラマがもっとあってもいいよね。
そして翔太役加瀬亮のただの人っぷりの凄さよ。連ドラの主役だというのに、人混みに埋もれるあの普通オーラ。逆に普通じゃないですよね。これからは注目します!

「ありふれた奇跡」〜10 ☆☆☆

産めるの産めないの問答が痛々しくて、ずっとみてたけど感想は書けずにいました。
「血でも吐きながら言わなきゃ駄目??」
まったく翔太くんに同情。ややこしい女だよね可奈ってば……。

でもそれがいつの間にか、ホテル行くか行かないかにすり替わってきて見易くなったかな(笑)
ンもー何が
「最後にするつもりだからイヤだ!」
ですか。俺と寝たら別れられなくなるぜ、ぐらいの根拠のない自信はないのか??……ないよねー翔太だからねー。こりゃ、可奈から誘わなきゃどうにも進まないわ(^^;;;)

確かに、不妊=ラッキー避妊いらないじゃん!な男だったら好きにもならないだろうけど。ここまで奥手(草食系?)な30男もどうかと……というか、親と同居同士のおつきあいってこんなに面倒くさいのね?18才で家を出てた身としては目から鱗。

で、真っ昼間のカフェで「さあホテル行こう!」な話がまとまったところで(笑)まさかの捨て子ですよー!!
私も女子高生時代に、トイレ入り口前でだったけど赤ちゃん預かったことがあります。落としたらどうしようかと思った。でも今なら、女子トイレにはベビーベッドも座らせる椅子もあるご時世、そうそうそんなこと頼まないよねー。ドキドキ。

予告をみると、ちゃんとホテルには行かれたらしいのでそこはホッとしつつも。
女装の可奈父と2人のニアミスもあり、藤本の転職成功もあり。いろいろ目が離せない展開です。
2人ともいい年齢なんだもん。愛さえあるのならば、家を出ちゃえば済む話。強がりを言いつつも歩み寄って来たならば、最終回はある意味幸せに終わってくれそうな……。

「ありふれた奇跡」7☆☆☆

無精子症じゃない?とおばあちゃん。

……未婚の男性がそんなこと調べないでしょう普通(オタフク風邪で、系不妊なら親が知ってるだろうし)疑うなら不能の方ですよ! もとい、自分の娘の方でしょう。生理が不順だとか、未婚でもサインがあるのは女性の方ですから。
でも、
「可奈は健康なんだから!」
と、鼻息荒いんですよねこの家族は。
少なくとも、海外旅行直後はしばらく不調だったんじゃないのかなあ。そして死のうとして……結局できなかった直後もおかしかったんじゃないのかなあ。
そもそも日本で堕胎できなかった理由の1つが同居の家族でしょうから、分からないように必死で隠した結果かもしれませんが。この先事実を告白された時、傍にいて気づいてやれなかった自分たちに、
「死のうとしたことがあるんですって!!」
等々の、翔太に浴びせた全ての言葉が跳ね返って来るのにと思うといたたまれません。
(お父さんがボロクソにいうのは、娘をもらいに来られた親の常としてあんなものに思いますが 笑)

全てを知っている翔太の家族。何も知らない可奈の家族。いろいろな形があるものです。

しかしパンフレットは余計なお世話。
藤本の気遣いというよりは、単に親にみせるためのグッズになってしまっていたのもヤな感じでした。

「ありふれた奇跡」6 ☆☆☆

……そういうことだったのね。

現在の可奈さんの生真面目さが(仲間ちゃん自身のイメージとも重なって)、婚前交渉で妊娠して外国でサクッと堕胎する様な娘さんに見えないので戸惑いはあるんだけど、
「自分自身のせい」
という今までの言葉の通りではあって、納得(レイプとかじゃなくて良かったんだか何だか)
相手の男は、妊娠したこともきっと知らされてないわけね。
過剰掻爬?が具体的にどこまでかは語られませんが…。

で、それを伝える可奈も、受け止める翔太も真剣なだけに、もどかしくてハラハラ。
「子供は持たない」
と言うことが誠意だと翔太は思うけど、可奈は
「私は欲しい」
からこそ苦しんでる、このすれ違い。

しかもおばあちゃん(八千草薫)の孫を待つ気持ちに、水を差すなんて!可奈を庇うつもりの暴走が痛々しくて。それが家族間の問題に発展してしまうとは、若い当人は思ってないところでまたハラハラ。
こういうこと、「家族の問題」になっちゃうんだよー。そしてこじれるんだよー(><)
(初対面を装う、父親同士のご対面は笑いどころでありながら、やっぱりこじれたし)

翔太のダメダメな母(キムラ緑子)でも、子供を持つすばらしさは否定しないところがこのドラマらしいです。

5話 4話 2,3話 1話

「ありふれた奇跡」5☆☆☆

人肌が恋しい時ってあるよね。抱きつくぐらいいいじゃん、と思うアメリカ人な私。
……それだけで止めてくれる保証が要るかな(藤本さんも、襲いかかる勢いで走り寄るから獣扱いなんだよー。自分は動かずに嘆いてたら、この前の翔太みたいになぐさめてもらえた……かも)

そんなわけで、突然の訃報=取り返しのつかないこと。
電話があのタイミングでかかって来なかったら、あのまま相談していたのかもね。お母さんが元気なら、そちらに先に言っていたのかもね。
でも結局、翔太に打ち明けることになりました。不妊かあ……ああ、気が重い。今までの映像だと何か辛い事件が絡みそうじゃないですか。そんなこと無しに、ただのホルモン異常や先天性の何かでいいじゃないですか←それだと何故か母親のせいになりがちな訳ですが。
また可奈が生真面目だから。
「俺一人っ子で寂しかったから、兄弟はいた方が」
なんて、言わせておいて絶望する。翔太はどうしていいか分からないでしょう。

そんな娘の深い絶望をよそに、母は恋に悩んで沈み、父は変身願望に浮かれて妻を顧みず……おばあちゃんだって恋をしてたの、なんて過去も語られちゃいましたよ。

家族って何でしょう。
どこか別の街で暮らすなら、傷ついたふたり(あ、藤本さん入れて3人?)が出会って慰め合うだけで済んだのにね。
自分の家族って今どうなってるんだろう、実は何かあって私が知らないだけのこともある??

抱きしめていい家族と暮らす幸せをかみしめつつ、次回を待ちます。

4話 2,3話 1話

「ありふれた奇跡」4 ☆☆☆

え、キス??それも可奈から??

タイトルバックかと油断していたところにいきなり、それも逆光の遠景でしたから!思わず巻き戻してじっくり見てしまいました(^^;;;;)
音楽も相まってとても美しい場面でしたが、驚きが先に立ちます。しかも事後気まずいし。ご近所さんから家族にばれてるし(笑)

色に出にけり我が恋は。
自然とおつきあいが周囲に知れ、愉快な田崎家に挨拶もして写真も見られて、そうか普通のおつきあいになっていくのねーと思っていたのですが(お母さんの浮気は、まあ想定内)
え、パパ??どういう知り合い??

翔太さんの父親と可奈の父親(岸部一徳)が怪しい知り合いです。
しかも妙に言葉を濁して語るから、もしやハッテン場で顔見知りだったゲイ同士??そういう関係??とか瞬時にいろいろ考えすぎて疲れました。予告をみると女装倶楽部であっていた模様(1話でベッドに隠してたのはそれ用のアイテムね?ゴルフは嘘ね?)
おやおや下世話になってきましたねー。1話からこっちを強調してたらテイスト変わっていたでしょうねー。

陣内が素面でも面倒くさい人で笑いました。
そして可奈の母(戸田恵子)も、可奈目線で行くとやはり面倒くさいし娘の秘密に鈍感過ぎるのかも。

つきあいが深まることを恐れて、ブレーキをかける翔太と可奈。そこにはやはり、可奈の抱える”何か”が影を落とすわけで、一体なんなのー(><)知りたくない気もしますが気になるー

2,3話 1話

「神はサイコロを振らない」8 ☆×

 うっわー、ムカムカしたっ!
だってメガネの漫才母が、主人公に丸投げでなーんにもしてないんだもん!!

 消えちゃう前に、先輩と漫才の舞台をしたい。そりゃいいんだけど。
当の先輩は自分で電話して場所捜してるぞ?それを、
「お願いします」
だけで、立派なホール借りさせてチラシまで作らせてっ!!!
せめてチラシぐらい自分で・・・・と思ったら、なるほど後で
「こんな暖かいチラシは、私には作れません」
とヤッチが言わなくちゃいけないのかー。でもさー。

 それならせめて、ヤッチの私費で借りた大ホールはキャンセルせずに、彼女が1人でカラオケ唄うなり、パイロット君連れていって舞台と客席で
「最後の日は2人で過ごしませんカー?」
と大声でやりとりするなり、大金を払っただけのことをさせてあげて欲しかったんですよー!!

 ささいなひっかかりかもしれないけど。
あの100万円だかの大金を、わざわざ私費で、キャンセル不可、と描写したからには失って悔やむなり割り切るなりなんとか使うなりのフォローもいれてくれなくては!!

「休め」と言ってくれたのがあの上司(岸部一徳)だったり。
「サンキュー」の一言に泣いちゃうニート君だったり。
イイ場面がぱらぱらあるだけに、残念なり。

「相棒4」11 新春sp ☆☆

 5億をばらまけ。 2000万円ぐらいは関係者のポケットに残っていそうです。

 誘拐事件は二転三転・・・でもどんでん返しというよりは、何本か別のドラマをブツブツと、切ってつなげた様でした。 葉月里緒菜は美しく華を添えてくれましたが・・・・「相棒」としてちょっと消化不良。

 だいたい例の人体実験。「歴史がお好き」だからって知ってる様な内容??(似たようなトリビア、沸騰音を聞かせて、熱湯と偽って水をあびせると火傷になる、は聞いたことあります。でも歴史好きな訳じゃない)
 父親を呼んだのは、死んでからなのか、呼んでおいてイタズラを始めたのか、その辺はっきりしないし。
 死体と知っていて首を絞めたお父さんも、翌日届けずに、ほっておけばよかったのに。ていうか、どら息子の後始末なんて、するなって右京さんに一喝して欲しかったですよ。

 右京さんの推理も薫ちゃんのバカも冴えず、記憶に残るのはやっぱり今更のプロポーズでしょうか。3rdでしても良かったのになー。

 いや、つまらなかった訳じゃないのですが。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ