ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

岸井ゆきの

「ルパンの娘」~最終回 ☆☆☆☆

 お兄ちゃん(栗原類)がしゃべった!
たったそれだけのことが嬉しいw 最後までずっと楽しい、普通はうざいドラマキャラCMまで楽しめてしまう稀有な連ドラでした!

 一度は別れた華(深田恭子)と和馬(瀬戸康史)
それぞれ別の相手と幸せになろうとするも……、それで終わるはずがないでしょ!
 華の祖父巌(麿赤兒)死亡疑惑から、語られる祖父母の馴れ初め。でもロケットの中の写真には……和馬? そう、祖母マツ(どんぐり)がまずお付き合いしていたのは、和馬と瓜二つの祖父和一(藤岡弘)とで、巌と和一は親友同士だったんですねえ。回想される青春時代は和一:瀬戸康史と巌:柄本時生に、ええええ深田恭子! 深キョンが老けてどんぐりさんになっちゃう、それってただの笑いどころかと思っていたのに。辛い過去に絡む整形でしたよー!
 暴漢に襲われて顔に傷を負ったマツ。整形までして顔を変えたのは、暴漢を追い続ける巌が、自分を見る度に辛い思いをしないように。Lの一族と知って去った和一とでなく、スリの修行までしてくれた巌と結ばれたことは悔やんでいないけれど。それでも、和一との再会で
「こんな顔になってしもてん!」
と告げ、巌と3人で泣き笑いの場面はもう。もらい泣きです。
え、お爺ちゃん死んだんじゃ無いのかって、そんなわけないでしょうよ!

 マツを襲った暴漢巻英輔は、その後出世してなんと元警視総監! 何かとLの一族事件に関わる和馬を孫娘エミリ(岸井ゆきの)の探らせ、同じく孫の巻栄一(加藤諒)には巌殺害を命じ…。エミリとの結婚式からさらわれて真実を知った和馬は、悪事告発の一計を案じるのでしたー。
 と、分かるのは後からなのでw
さらった花婿和馬を簡単に返しちゃったうえ、タワーマンションに踏み込んできた黒幕巻&手下どもに簡単に制圧されて殺されそうなLの一族! しかもママ(小沢真珠)は簡単に命乞い始めて巻の靴も舐めんばかりの勢い(^^:::::)  どれも自然に悪事自慢をさせるための仕込みで、パパ(渡部篤郎)の解説をアシストにペラペラ語る巻の姿が、花婿誘拐の取材に集まったマスコミに向け生中継byてんとう虫s されているとは! ママあれで通常運転、もとい名演技でわかりませんでしたわーw
 なのに、その間に今度は栄一に殺されかけてる和くんを、駆けつけた華がまた救出。長い長いラブシーンの後、またマンションに一人駆けもどる華。……その度にハイヒールで走るんですよ、大変w その割に物語が移動でダレないのは流石でした。
 

 L一族ピンチ!には仮面ライダーよろしくw和一が大登場。前述の通り泣かせてくれます。そして和くんの元に走る華には、円成寺(大貫勇輔)が現れてサポート。歌いながら、踊りながらのバトルがカッコいいー!ドラマ中最強は円成寺ですよねえ。しかも今回は倒される敵が「なんだこいつ」「なぜ歌う」と、円成寺の歌にコーラスで参加w 1話からコツコツ挟んできたミュージカルが、ここまで笑いどころになって、しかも頼もしく思えるとはw
 そして救出された和くんと華の長い長いラブシーンは、高跳びのために華をまつ家族にバッチリ見守られw  胸キュンの祖父母&両親がイチャつき始める中で引きこもり兄ちゃんだけが
「オレ、キスシタコトナイ」
笑えるけど悲しい~!続編があるのなら、兄ちゃんの恋物語を是非! 円成寺くんもまた歌って踊って登場してね! 警察一家から前科者一家になってしまったエミリや栄一にもどうにか幸せになってもらいたいです。

 てな訳で、世間的にはタワーマンションから謎の飛行体で逃亡、爆散死亡したLの一族ですが、勿論フェイク。和馬の家に全員居候で楽しく暮らしているのでした~w
 ビバ、Lの一族!
そして定吉ってなんだーw お爺ちゃんの名前が定吉かと何度も間違えるw 

「ルパンの娘」~5 ☆☆☆☆

 泣かないで、和くん!
 毎回面白くて仕方ない、ルパンの娘。泥棒一家と警察一家のおつきあいの中、虚々実々なりに時に本当のことを告げる割合がスリリングです。

 例えば警察一家両親の馴れ初めは、現場検証の刑事と新人鑑識。検体をとりあげようと伸ばした手と手が、重なってキュンw
って、手袋してるのに!
とツッコミ入れてたら、なんと泥棒一家の両親の馴れ初めも同じく「職場」で「新米と」w 新人泥棒のママが宝石を盗ろうと伸ばした手に、それを盗ろうとしたパパの手が……
だから手袋(^^;;;;;)
泥棒なことが外に内緒なのはともかく、和くん一家が警察なことも泥棒両親には内緒で、おばあちゃんの協力を得て華は必死に隠し続けているわけですが。さすがに父(渡部篤郎)は気づいているんじゃないのかな。

 さて毎回、盗むのは悪い奴らから。義賊なLの一族です。
今回は、色気で男をおびき寄せ誘拐、マタンゴ共和国とやらの採掘場に送り込んでいた女盗賊(田中みな実)とその宝石がターゲットでっす。うっかり眠らされてしまったパパと、これまたハニートラップで警察手帳盗られた先輩(加藤諒)の代わりに女盗賊と交渉し捕まった和くんを助けに向かう女達!でもアジトには鉄壁な守りが……と、そこに出てくるのはいつも歌って踊ってるあの円成寺(大貫勇輔)くん!
前半で、子供の水鉄砲を華麗に踊りながら避け続ける場面の過剰さに笑いころげましたけど、ここでそれが「あいつなら!」となる伏線だったとは! そして見事に華麗なダンスで、死の警報システムをくぐり抜けてくれましたよ! おバカドラマにだって、否おバカドラマだからこそ、核になる大嘘設定以外でのこういう矛盾のなさって大切です。

 で、華たちが忍び込んだころにはメカテントウムシで自力脱出し、宝石を盗んでいたパパさん。杖を駆使した殺陣がかっちょいい!外の鉄壁警備を抜けるのが面倒だから、色仕掛けにのって内部に運ばせる計画通りですってよ。 そして手に入れた『ロミオとジュリエット』永遠の愛を象徴する宝石を、華への結婚祝いにするんですって、妻にでなく(僕たちの愛は、これがなくっても永遠だから☆ ってやかましいわw)
しかし華が救出に向かった和くんは、いままでのあれこれから既にLの一族=華が自分を助けにくるとほぼ確信。ついに現れた泥棒装束の華に
「来てほしくなかった」

と手放しで泣き濡れるのでした。うううう、みだれ髪と相まって、泣き顔も可愛すぎです。
和くんが目指す出世を助け、ひいては華との結婚を認めてもらおうとあれこれ、華とおばあちゃんが画策した結果、確かにやたらLの一族事件に和くんが関わっていましたからね。それを『自分の周りでばかり…』と冷静に分析できる和くん、おバカドラマの相手役としてはめちゃ有能です。可愛い上に有能、身内から何度も「つまらない男」扱いされている意味がわかりません(^^;;;;;;)

 さて、走り去った華はどうするの?世間から一旦姿を消すのでしょうか。
和くんの見合い相手だった警視総監令嬢(岸井ゆきの)も、一度は「お友達」になったものの、ふたりが破局したならまた、恋愛戦線に復帰するのでは?(中の人、「まんぷく」で瀬戸康史と夫婦役でしたし!)
楽しすぎて文句なさすぎて、感想書きにくいです!

「下北沢ダイハード」7~9 ☆☆

 9話、「まんぷく」で覚えた岸井ゆきのと「腐女子うっかりゲイに告る」主演の金子大地が共演。なので本放送当時より今の方が興味もって見られたと思います(でも星ひとつなんだけど) こういうの、再放送の醍醐味ですよねえ。

7「手がビンになった男」☆☆
 荒唐無稽度ナンバーワンかも。
 主演の舞台が人気でてきた役者のキヨシ(佐藤隆太)は、TV女優アンナ(臼田あさみ)とサシ呑みで有頂天。お持ち帰りか??と浮かれた拍子に、なんと……ビンの口に人差し指がすっぽりw トイレでこっそり抜こうとするも出来ず、仕方なく割ったら凶器になってしまってw 絡んでくるヤクザを殺っちゃって、すると対抗組織に気に入られちゃって、でもそこのボスも殺っちゃって、警察が来たら警官も殺っちゃって。ひたすら受け身なのにどんどん人が死ぬw 包囲され大騒ぎの中、主演舞台の宣伝は炎上沙汰でしょ~(^^;;;;)

 とか言ってたら、突然全く違う展開になってびっくり。え、宇宙?


8「彼女が風俗嬢になった男」☆
 8.6秒バズーカ出てんじゃんw
 キャバ嬢の彼女(馬場ふみか)が、半年前から風俗嬢になってたと知り、嫉妬で半狂乱のヒモ彼氏(青柳翔)、文句があるなら稼げと煽られて、パチンコに←もうここがダメだよねぇ。しかもタネ銭3万円は彼女から借金w TV取材の人やパチ仲間、ドジっ子店員(森川葵)に見守られながら「海物語」で頑張るのだ!
パチンコに馴染みがないので、TV画面ついててこんな風なんだーとか。コーヒー配ってる(売ってる?)んだーとか興味深々でしたよ。さて、無事今月分の50万円を稼いで彼女に風俗嬢を辞めさせられるのか?
 ところでそのヒモ氏、ドジっ子店員に惚れられてましたよ「顔が……大好きです!」顔なのねw そっちもどうする? まあまあ楽しめました。


9「幽体離脱した男」☆
 グループ解散後、パッとしない元アイドルタクヤ(金子大地)は、小劇場で初舞台直前にうっかり幽体離脱w 転んで頭を打ったのに、周囲はただ寝てると思ってる。それぐらい普段からやる気がないと思われていたことにショックを隠せないタクヤです。でも幽体仲間のサナ(岸井ゆきの)にまで、本音を隠してるから仕方ないと諭されて。そうなったきっかけの過去、初めての彼女に
『何考えてるかわかんない……』
とふられた学生時代にまで巻き戻し。
『でも好きだった、地球まるごと覆い尽くすぐらい、 銀河も俺の好きで埋め尽くせるぐらい』
と伝えられなかった青い気持ちをやっと吐き出したタクヤに、それでいいんだと微笑んだサナは……幽体タクヤを身体に戻してくれるのでした。この劇場で死に、想いを遺す彼女は『3代目えんげきさん』 タクヤが転んだのもきっと彼女のしわざですよね。いつもこうやって、一皮むける手伝いをしてるのでしょうか。それとも、タクヤだったから?

 と、まとまった良い話ではあるのですが。
元々淡々としたタイプだろう金子大地くん。想いが外に出ない、という演技(?)はバッチリなのですが、人が違った様に熱演しているらしい初舞台の方がそれなりで(^^;;;;) これそんなに凄い?稽古ではもっと酷かったのかーと、こちらもひどい感想にw
また、生前のサナがグループ時代のタクヤ推しだった、と微笑ましい感じでラストに出ますが、かえって痛ましくて笑えないわ。急死した女優のブログがそのまんまネットに残ってるのも悲しすぎますわ。


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ