ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

岡田義徳

「セクシーボイスアンドロボ」幸子☆☆☆☆

「そんな風に、考えたことなかったな」
ニコとの仲を邪推され、ぼやくロボ。
だよね。そんなロボだからニコも出入り出来たんだよね。

 でも、外聞が悪いからと金出してでも引き離そうとするのが、家族じゃなくて
『来世、ニコの子供として生まれ変わる』
という予言を信じてる漫画家(信田コーン:篠井さん)って。
なんじゃそりゃ。
と、驚き呆れながらもどんどんと引き込まれるメッチャいい話でした(><)

 幸せってなんだろう。
他人から満ち足りて見える人なのに、もっと、もっとと求めてしまう不幸。
今日の御飯にもことかくけど、マックス小切手書いていて幸せなロボ(笑)
お金じゃないよね。
 
 しかしロボ、誘拐された先で、漫画読んで泣いて、アシスタントしちゃって。
するりと相手の懐に入り込んでいく、魅力全開です(相手も漫画家=根っこがオタクなアドバンテージもあるかなっ)

 そして魚皆殺しの脅迫の後、ニコロボ寝袋並べているのに仰天っ
さっきまで別れろって言ってたじゃないですか、コーンさん。なのにこれって、自分の父親として認めたってことですか(^^;;;)

 突然の停電に、中2の娘を探すより1億円抱きしめてる両親にも、ちょっとどうかと思いましたよー。
大学生の娘の方だって、とんでもない馬の骨と巡り会っちゃってますよ!!いや、よっちゃんはいい奴だけどさ、プロフェッショナルだからさ。ロボよりまずいじゃないですかー。
 ただ、一億の代わりに抱いてたのが育児期のアルバムだったというオチは好き。ベタでも好き。

「遊びの時間は終わりですよ」
ってことで、明るくなると寂しくなるよとロボ。
停電は終わっちゃって、明るい町でよっちゃんにすがりつく一海ちゃんも観ちゃって。
目を泳がせて逃げて行きましたけど、それを見送るニコの微妙な表情はなんなの?。

「私の幸せと、ロボの幸せが一緒なら」
って、それってどんな未来予想図ですかっ

 でも、きっと違う だなんて。
あまりに切なくて見終わって即もう一度見返してしまいました。うひゃ。

 他にツボと言えば、
「もう長くない」と言うコーンさんの身体を即座に気遣ったのに、それが占いと聞くや
「なーんだ」なロボ。
そんなコーンさんをロボに紹介されて、はっきり胡散臭がってるニコ(笑 上手いよねー)

 未来の子供の名前決めてるのもね、女の子ってするする!となんか嬉しくなっちゃったゾ。しかし死んだ犬にちなんだんじゃ、子供に言えないよそれ(^^;;;)

 ゲストだというのに、変世界にすんなり溶け込んでいた篠井さんも良かったです。
50億はニコにじゃなくどこか施設にでも寄付することにして、奥さんとやり直したらいいんだわ。しっかりと手をつないで。

 ああ、来週どんなことになるのか期待と不安で胸がバクバクしています。
眠れないっ
でもそれもちょっと幸せっ

(砂山のトンネルで、「脳噛ネウロ」の貫通願望を思い出した人・笑)

「セクシーボイスアンドロボ」プッチーニ後編☆☆

 写真まで捨てること、ないじゃない(><)

 勿論ロボは帰ってくる、そう思いながら観てたしね、真境名さんだって死ぬわけない。
それでも、ロボがニコに届けと叫びながら走り出したときは嬉しかったし!昭子さんが人殺しにならなかったことも嬉しかった。
 ってことは、続けようと思ったら続いたかもしれないロボの恋。もしかしたら応援してもいいような気もしてたのよ。だって、昭子さんをみつめるロボがあんまり幸せそうだったから。

 なのに。
すんごくあっさりと、自分から終止符を打ってしまったのは何故なんだーっ。

 前回の段階で、プッチーニはもう人殺しなんだと思いこんでました。
でもまだこれからで、今回も結局一線を越えなかったのなら、大丈夫じゃん?スパイな自分はどう説明してたんだロボ(^^;;;)
 それとも、2人で暮らした部屋に戻ろうとした時点で、もうお別れを言うつもりだったとか?
一言、一場面、ロボが自分で区切りをつけた描写が欲しかったかも。でないと、切り替えが早すぎてイヤだよー。

 ニコにちゃんと謝ってくれたのは「当然」そしてメモを捨てたニコを責めないのも「当然」の引き分け、ということで。
それが出来るほど冷静にもうなっちゃってた、ということかもしれませんが。
 写真はとっておいてもいいじゃないかー。(破いて捨てた半分、実は裏にメッセージが書いてあったりしたらしたら……と妄想を広げてみたり)

 浮気して帰るみたいで……と、ロボが後ろめたく想う相手が、もちろんニコじゃなくてロボット達なのはツボでした・笑

 全体としては、三日坊主事件でのニコの言葉が引き金で、更にその時の真境名の言葉をそっくりそのまま返すことになる展開、美しかったです。
 桜吹雪の中、恋人が許しを伝えるためだけに戻ってきてくれた奇跡も(いっそ夢だったとしても)美しかったです。

 恋人?友達?な真境名とスパイ仲間さん。
ニコの妄想シーンも相まって、これからのニコとロボは一体??と思わせたり。

 そうそう、久しぶりにハードボイルドだったよっちゃんも、素敵でしたよね。


 幸せに。プッチーニ達だけじゃなく、ニコもロボもよっちゃんもみんなね。

 来週からはまた、何事も無かったかのように元に戻るのでしょうか。
それはそれで何かイヤン。

「セクシーボイスアンドロボ」8☆☆

 ロボ、遅咲きの初恋・重症(笑)
携帯同士をくつけて「ちゅ☆」って!

 端から見ていると始まりは勘違いなので、
「あなたといると苦しい」
などと言われても、ラッキーうどんの食い過ぎでしょ?と軽く笑えてしまうのですが、本人にしたらきっかけが何にしろ恋は恋。ていうかもう全ての恋は勘違い、ぐらいの勢いで人生かかっていて大変。

 それをみて
「ああ、そーですか!!!」
と声を荒げるニコだって、どう見ても恋するやきもち少女。
この年齢差激しい三角関係、来週にはどうなって収束するのでしょう。勘違いロボは失恋するとして、その後のニコロボは元に戻れるのか??きゃ。

 誰かの死に殉じるつもり?の真境名をみつめるよっちゃんも切なかった。え?ここにも年の差カップルが??(違)

 死とスイッチがどうしたは、ごめんなさい結構どうでもよく観ちゃってました。
自分の曾祖父が107歳で死んだときには号泣したなぁ。祖母や大叔母達に『若い愛人が来たのかと思った』と笑われたよなぁ。なんてことは思い出したけど。
逆に昨今は、ニュースが悲惨でもいい話でも、涙腺弱くて何でも泣けて。おばさんはスイッチが結構入りっぱなし。

 便器に手を突っ込んで拾うぐらい、平気だし。
見知らぬ人の部屋とはいえ、相手が無害そうなロボなら、居眠りだって出来る出来る!
ニコの
「おばさんじゃん!」
の捨てぜりふに自分のことかと思うほど、小林聡美だったら身近ですって(←何げに失礼かも・笑)
 それが「私なんかじゃダメよ」、と諭しながら男の子に言い寄られるなんて、バス停の列=つまらない日常から手を握って逃避行してくれるなんて、
くぅぅぅぅぅぅぅ 最高にフィクションだわよ!!

 でもやっぱり、MAXロボを手放しちゃうロボなんてイヤだ(><)
ニコを泣かせちゃうロボなんてイヤだ(><)

 ニコのピンチには
「だって、ほっとけないよ!」
と駆けつけてくれるロボであって欲しいです。
うう、切なくてドキがムネムネする。
 プッチーニが忘れずにいようとしている『別子』さんの謎も知りたい。

 そんな横でツレは、始まって2分で熟睡(笑)
私にはすっごく面白いのだけど、低視聴率だという世間の風もよっく分かりますね……。

 それからそうだ、先週の差し替え放送。
最初は本気で、制作が間に合わなかったかゲストが急死かと思いましたよ。

”立てこもり犯を思い出させる”とかいいますが。それならまずワイドショーの中継の方をやめればいいのに。箇条書きの要点がどんなに似てたって、犯人の葛藤や生活を描いていくドラマが真実に本当に似ることなんかないのに。
 っていうか視聴率悪いんでしょ、どうせファンしか見てないんだから放送しちゃえば良かったのに(←これも結構失礼? ^^;;)

「セクシーボイスアンドロボ」ZI ☆☆☆→☆☆

 「絶対」だから「ゼットアイ」??

 スパイだ!殺し屋だ!銃撃戦だ!わーい、開始前にこんなかな?と想像していたのはきっとこんな話(^^)/

 先週の学園ものがなんか消化不良だった分今週は嬉しかったです。
『変な人が正論を語る』スタイルは「特急田中3号」と一緒でも、ロボはずっと自然体でさすが大人!(一応はねぇ)なのですが。
やらせがばれた女子高生達が、大勢の前でいきなりぶっちゃけてしまうあたりが唐突で全く解せず。

 さておき今回は韓流(^^;;;)
一声かければ200人ですよ。
それも、ロボがなんとか様に似てるって集まったわけじゃなく、そのナントカ様を見送りましょうっていう策なんだから、宇宙人の(笑)父に別れを告げる少年とちゃんとシンクロしてます。思わずひざポンでしたっ

「ガオガイガーもゴーショーグンも」←言い難そうにしててリアル・笑
捨てちゃって、代わりに『大人らしい』本を置いちゃうロボ母。
横暴。
とっかかりは全然似てない母息子なわけですが、結局似たもの同士という謎解きも(説教臭かったけど)面白かったです。
「生きてりゃそれでいい!」 うんうん。

所長と名梨くんの「家族」談義も(やっぱり説教臭かったけど)ホロリでした。

 後は肝心のZIとのやりとりがなー。
説教臭いのは同じなのに居心地悪かったです。
「家族にハマる」って。
確か「すいか」の時にも、母親業とぷちぷちを一緒くたにして「母親にはまる」って納得を娘がしていて、いやそりゃー違うだろ、だって母親はイヤでも続けなきゃいけないし辞められないんだぞと憤り、ああでも娘さんの言うことだから仕方ないかぁと思ったわけですが。
今度はそれを、母役本人が言っちゃったもん。
それはダメ。イヤ。あかん。

 そこでひっかかると、実の親は探してないのかとか、子供の本当の幸せはとか(^^;;)
白昼の公園で銃撃してる段階で、「絶対」目撃者なしって無理、とか。その前に「死体無し」ってどうするの?とか。疑問は吹き出してとまらなくて、☆減少。

 選択肢のない赤ん坊を巻き込んじゃイカンよ。
家族ごっこなら老人とだって出来るのに。

「セクシーボイスアンドロボ」2 ☆☆

 おや。今度は腎臓移植。

 なーんかな。お莫迦な事件を気軽に楽しませておいて、突然重苦しい素材を持ち込むのよね。
1話の記憶障害も唐突ながら、背景で右往左往するロボが笑えたけれど、今回は亡き恋人の腎臓に語りかけるゴボ蔵(村上淳)にただただロボ涙だもん。(あそこでロボとニコが同席&お泊まりまでする意味がわからんっ)

 これって毎回のお決まりなんでしょうか。
個人的にはちょっとテンション下がります。前半の楽しいノリのまま、莫迦な事件で終わらせて欲しいかも。でも次回もこうで、毎回そうなるっていうならそのつもりで観ますけど(^^;;;)

 恋恋って周囲が騒ぐのが理解できないニコが、ファッション雑誌や占いのゲームみたいな恋じゃなく、
『その人の為なら強盗してコスプレして崖だって登れる』
パワーの源な愛に触れて何かひとつ学ぶ、っていう流れは良かったです。それとこの時期のドラマに欠かせない桜(^^)

 でも荷物の入れ替えで、名梨くんが足詰めるってのは……良くないよ。
 いつかどこかでまた会える、と思う広い愛を語る爺ちゃんはいいとしても、足探してる人もいるんだし、届けるとかニコ達に説明してちゃんと探すとか。

 そしてもっと良くないのが外泊だ、中学生!!
(しかも引率がロボだ。放任にも程があるよ家族。)

 いまだ正式にはスパイじゃないし、このまま1話簡潔で(&後半重苦しく)行くのか、縦軸になる事件が、例えば今回ラストの電話の声などなどと絡んで出てくるのか?
 3話の様子が気に掛かります。

「セクシーボイスアンドロボ」1 ☆☆☆

 ブラボー!!
堂々の主演女優っぷりです14才がっ!!

 声を聞き分けるだの声色が使えるだの、子役に負担かけちゃってーっと心配していたのですが、その辺の吹き替えが自然だった以前に、テレクラで知り合っちゃった莫迦男と渡り合う中学生のニコちゃん(大後寿々花)が、実に自然で可愛らしくしっかり者で、いやはや。
 萌え〜♪
 対する莫迦男ロボ(松山ケンイチ)も、ウザくて莫迦なところが彼女を引き立たせてGJ!

 ……”三日坊主”の記憶障害設定だの、
終盤「大人だっていろいろ抱えてる」だの、
お父さんの「もっと生きたかったんだ」だの、
説教臭さが鼻につくキライはなきにしもあらずですが、楽しめましたよっ

 実際、殺し屋三日坊主(中村獅童)の仕事は上手く行ってたわけで、止めたら明日から彼はホームレスか?と思うと、とても気軽に「殺しちゃダメだ!」なんて立ちふさがれない。その辺がもう私、死ぬのがコワイ大人なんだ。
逆に、銃口を前に「私がおばあさんになったら」と言えるほど、ニコは自分が死ぬと思ってないんだ。

 見終わって、ついつい口に出ちゃいました。
『若いっていいなぁ……』 うわ、年寄り臭っ

 ロボの家で、ドラマロケに映り込んだ三日坊主を見て泣くニコ。
心を許した特別の絆が出来上がったのが分かってドキドキ。
(その前にロボもニコの前で泣いていたけど。あいつはどこでも泣いて叫べそうだからね)

なんかこう…。「瑠璃の島」で竹野内豊の胸で泣いた瑠璃ちゃん然り、年の離れた危うい友人関係にはちょっと萌えたりするのですが……ロボ……どこが大人なんだオマエ。自分の娘なら絶対に近づけない(^^;;;)
かすみお姉ちゃん(村川絵梨)、もっと追求しなくちゃダメだよーっ この先、恋愛モードにいったりするんでしょうか。
それなりにこいつも成長していくんでしょうか。

 とりあえず目が離せません。リピートしちゃいそう。

「木更津キャッツアイ」5・6 ☆☆☆☆

 5回は、丸ごと哀川翔レスペクト!

 ・・・と思ったらその裏で、哀しい事件が進行していたのでした・・・。なのにそのサブタイトルがドラマ「さよなら小津先生」のもじり(^^;;;)
 中身は「ミッションインポッシブル」もといチン、だし(^^;;;)
 哀しいけれど笑っちゃう。それが人生?

 1話から、死ぬ死ぬと言われつつ元気に野球と犯罪やってるぶっさんなのに身近な人に先を越されて、本当に死ぬことが怖くなる・・・。深いなぁ。

 木更津のどこかに、瞳にサファイアのはまったスキー帽かぶってビール呑んでるタヌキの像が本当にあるのかもしれません。ニャー。

 アニは収まるところに収まった気がするけれど、猫元監督はどうするんでしょう。ヤクザに弟子入りするのかな。ていうか甲子園本当に、行くの??

「木更津キャッツアイ」4 ☆☆☆☆

 やっさいもっさい♪

 前回の犯行が、マジ犯罪でちょっと引きました。
アニったら何度でも殺されかけてるけど、だからって女の子のクビにナイフ突きつけてレジから金とるってのはー。
 その分?今回はお気楽だわー。こそ泥でも被害はリモコン(笑)

マスターの奥さんのお姉さんが盗癖を止められないんだとか。
万引きだったりパチンコだったりクスリタバコ酒と、ダメと思いつつ止められないっいう人はゴロゴロいるだろうから、小さな犯罪は逆に身近で、観ていて身につまされる人はいるだろうなぁ。
 ・・・みれい先生みたいに(生徒の下駄箱にカエル ^^;;;)

 そんな風にシンクロしつつ、「第一回ミスター木更津」コンテストも進行しつつ、木更津を讃えてるんだかバカにしてるんだか分からない状態で話は進みます。
そっかー、木更津人の血には、やっさいもっさいが流れているんだー。
 これ放映中の、木更津の反響が知りたかったわ。

 そしてお姉さんの盗んだ物をいちいち返して回る。どのリモコンがどの家からだなんて、よくも覚えていたのもんです!!しかもお姉さんキャットウーマン衣装(^^;;;)
 ナイスバディでも、カッコヨク見えない服装ってあるんだと初めて知りました。

 最後は衝撃の告白手紙!ハト便!!
みれい先生がレズビアン・・・・・ぶはっ この先の話にも生きてくるんでしょうかこの設定。来るんだろうなぁ。クドカンだし。

「木更津キャッツアイ」1・2 ☆☆☆☆

 若いってバカでいいなぁ・・・と笑いながらも結構深い。
深夜週一の再放送で、今更初めて観てはまっています。

 古田新太に岡田くんにあいつもこいつも、クドカンドラマでお馴染みの面々。「一回表」「裏」の間の巻き戻しだって「マンハッタン」で観ちゃったし・・・って、自分が逆に観てるわけだけど既視感があるのは正直なところ。
 それでも若さのパワーと、妙な所帯臭さでぐいぐい引き込まれちゃってるんだなぁ。

 若い連中が集まってぐだぐだ呑んでる。そこに赤ん坊いてオムツ替えてるって何(^^;;;)
みんな親がいて、親の生業があって、出身校があって恩師がいてっていう「街」なんだよなぁ。都会の独り暮らしで自分だけ何かしているのとちょっと違うっていうか。
 それでいて、主人公が死ぬと告げられても結局カラッと
「よく考えたら死ぬのぶっさんだけだし」だの
「こういうのうざい」だの
お行儀のいいドラマだったらタブーな本音がポロポロで。でも仲間。

 薬師丸ひろこ先生が、『復讐ノート』(って、表紙に書かないよ普通!)に『殺』の字で恨みポイント書いてたり、爆弾作っちゃったりと危ない役どころなのもなんだか素敵。

 あーそれで、毎回何か探しちゃあちゃんと見つけるのに、持ち主に返さないで売り飛ばして野球部に寄付(笑)
 返せよ!と思うんだけど、相手ヤクザだしなぁ。でもお友達づきあいしてるのに、そのうちばれないんでしょうか?。
 毎回キーになってるのが不思議な男の子で、巻き戻しで彼の行動が視聴者にのみ明らかになる・・・・その辺もこれから、回を重ねていくといろいろパターン崩しが始まるんでしょうか(^^)

 映画化もされて、名作の呼び声も高いだけにある意味放映中の連ドラより楽しみ(^^;;;)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ