ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

岡田准一

映画「永遠のゼロ」 ☆☆☆☆

心の中に生きている。

そんな紋切り型の表現がしっくりきてしまう、亡き祖父のいい漢っぷりでした。宮部さんフォーエバー(><)


実際問題、始まってすぐの葬式で既に泣き始めてまして。物語が進むにつれ、もう涙腺決壊です。

別に泣く為に映画見に行ったりしないし、泣く=いい映画だとも思っていないのですが、泣けちゃうんだから仕方がないというか。


「あの当時、それ(生きて帰りたいと明言すること)は『あいしている』と同じことです」

いい言葉ですよね。


結局、待ち続けていた奥さんの元へ自分でなく、家族を託せる男を送り届ける宮部も、「宮部は約束を守ったのです」とその想いに応える奥さんも、今の自分基準では理解しかねますが、それもやっぱり「あいしている」ということだったんだろうと思うしかなくてまた泣けました。


しかし、実写化でより如実になったのが狂言回しな主人公の厨2化です。

合コンの席で特攻と自爆テロの違いを語りシラケさせ、エンディングでは街中で祖父の影を見て絶叫。

ただでさえ資格浪人でニートだったのを更にこじらせた様にしかみえず、あの後どうなるのかが心配でたまりませんw この際就活中にでも設定を変えてくれていれば、宮部の話を聞いて回った縁で某財団社長に世話になるなりヤクザに拾われるなりwしただろうと思えたのにね。

…などと思っていたのは、同行の真面目な主人には内緒w
 

2人でただただ泣いてきました。

映画「木更津キャッツアイ」日本シリーズ☆☆☆☆

わー、キャッツだキャッツだ、木更津だぁ~!!

 例の「一回表」巻き戻して「裏」という造りも健在なら、バカな若造もそのまんま。
なのにオジーは生き返るは、赤ちゃん出来てるわ、やっさいもっさいだわ、偽札だわ結婚だわ、そうそう、ついでのようにぶっさん死んでたっけ(笑)

 友人が死ぬかもって話題に
「だってめんどいし」って反応もアレなら、いざ死んだら泣いてすがるんじゃなくて殴るし蹴るし。男の子って一体?と、もうそこは笑っておくしかないではないですか。

 唯一要らないんじゃないかと思ったのは、ゲスト微笑みの貴公子(違)の性的虐待設定。
本編の時のも思ったぞ。昨今ボーイズラブは流行ってますけどね、あれは火のないところに煙を探すお遊び。わざわざ焚き火しておかなくても・・・・。
それともクドカンが単にそういうの好きなのかな。

「木更津キャッツアイ」5・6 ☆☆☆☆

 5回は、丸ごと哀川翔レスペクト!

 ・・・と思ったらその裏で、哀しい事件が進行していたのでした・・・。なのにそのサブタイトルがドラマ「さよなら小津先生」のもじり(^^;;;)
 中身は「ミッションインポッシブル」もといチン、だし(^^;;;)
 哀しいけれど笑っちゃう。それが人生?

 1話から、死ぬ死ぬと言われつつ元気に野球と犯罪やってるぶっさんなのに身近な人に先を越されて、本当に死ぬことが怖くなる・・・。深いなぁ。

 木更津のどこかに、瞳にサファイアのはまったスキー帽かぶってビール呑んでるタヌキの像が本当にあるのかもしれません。ニャー。

 アニは収まるところに収まった気がするけれど、猫元監督はどうするんでしょう。ヤクザに弟子入りするのかな。ていうか甲子園本当に、行くの??

「木更津キャッツアイ」4 ☆☆☆☆

 やっさいもっさい♪

 前回の犯行が、マジ犯罪でちょっと引きました。
アニったら何度でも殺されかけてるけど、だからって女の子のクビにナイフ突きつけてレジから金とるってのはー。
 その分?今回はお気楽だわー。こそ泥でも被害はリモコン(笑)

マスターの奥さんのお姉さんが盗癖を止められないんだとか。
万引きだったりパチンコだったりクスリタバコ酒と、ダメと思いつつ止められないっいう人はゴロゴロいるだろうから、小さな犯罪は逆に身近で、観ていて身につまされる人はいるだろうなぁ。
 ・・・みれい先生みたいに(生徒の下駄箱にカエル ^^;;;)

 そんな風にシンクロしつつ、「第一回ミスター木更津」コンテストも進行しつつ、木更津を讃えてるんだかバカにしてるんだか分からない状態で話は進みます。
そっかー、木更津人の血には、やっさいもっさいが流れているんだー。
 これ放映中の、木更津の反響が知りたかったわ。

 そしてお姉さんの盗んだ物をいちいち返して回る。どのリモコンがどの家からだなんて、よくも覚えていたのもんです!!しかもお姉さんキャットウーマン衣装(^^;;;)
 ナイスバディでも、カッコヨク見えない服装ってあるんだと初めて知りました。

 最後は衝撃の告白手紙!ハト便!!
みれい先生がレズビアン・・・・・ぶはっ この先の話にも生きてくるんでしょうかこの設定。来るんだろうなぁ。クドカンだし。

「木更津キャッツアイ」1・2 ☆☆☆☆

 若いってバカでいいなぁ・・・と笑いながらも結構深い。
深夜週一の再放送で、今更初めて観てはまっています。

 古田新太に岡田くんにあいつもこいつも、クドカンドラマでお馴染みの面々。「一回表」「裏」の間の巻き戻しだって「マンハッタン」で観ちゃったし・・・って、自分が逆に観てるわけだけど既視感があるのは正直なところ。
 それでも若さのパワーと、妙な所帯臭さでぐいぐい引き込まれちゃってるんだなぁ。

 若い連中が集まってぐだぐだ呑んでる。そこに赤ん坊いてオムツ替えてるって何(^^;;;)
みんな親がいて、親の生業があって、出身校があって恩師がいてっていう「街」なんだよなぁ。都会の独り暮らしで自分だけ何かしているのとちょっと違うっていうか。
 それでいて、主人公が死ぬと告げられても結局カラッと
「よく考えたら死ぬのぶっさんだけだし」だの
「こういうのうざい」だの
お行儀のいいドラマだったらタブーな本音がポロポロで。でも仲間。

 薬師丸ひろこ先生が、『復讐ノート』(って、表紙に書かないよ普通!)に『殺』の字で恨みポイント書いてたり、爆弾作っちゃったりと危ない役どころなのもなんだか素敵。

 あーそれで、毎回何か探しちゃあちゃんと見つけるのに、持ち主に返さないで売り飛ばして野球部に寄付(笑)
 返せよ!と思うんだけど、相手ヤクザだしなぁ。でもお友達づきあいしてるのに、そのうちばれないんでしょうか?。
 毎回キーになってるのが不思議な男の子で、巻き戻しで彼の行動が視聴者にのみ明らかになる・・・・その辺もこれから、回を重ねていくといろいろパターン崩しが始まるんでしょうか(^^)

 映画化もされて、名作の呼び声も高いだけにある意味放映中の連ドラより楽しみ(^^;;;)

「タイガー&ドラゴン」子は鎹 ☆☆☆☆☆!最終回

 タイガータイガー、じれっタイガー!

 初出には苦笑、でしかなかったダジャレをこれだけ毎回ひっぱったあげく、泣かせに使ってくるなんて。参りました。
 今回何が驚いたって、どんべえ師匠の小虎襲名!!

 ・・・小竜がどんべえ継ぐってのは、順当ですからね。いいんだけど。
「戻ってこられないようにしてやる」
そんな理由で、弟子の名前継ぐ師匠がどこにいますか(^^;;;)
気にかけてる、心に留めてるってすぐにわかるじゃないですか。

 なのに出所を迎えに行かないなんて。
元どんべえと元組長のやりとりが、可笑しいやら泣けるやら。
その昔も1人の女を遠慮しあって取り逃がした2人。今回小虎をはさんでも、互いに遠慮して結果小虎を行方知れずにしてしまいましたよー。
 バカバカバカッ!!

 そんなわけで、アッと言う間に3年が経って出所したのに、組にも戻れず林家一門にも会わせる顔がない小虎、もとい山崎さん(涙)
 例によって落語「子は鎹」と絡めながら見事に進行する涙の再会(笑)
 あっと驚きの小竜改めどんべえの襲名披露(涙)

 ただね、せっかく刑務所の図書室で古典落語みっちり覚えて来たんだったらそのまんまの「子は鎹」も聞きたかったぞー。これは、先週の小竜の「品川心中」でも思ってしまったなぁ。(あれ、実録落語は邪道って内心思っているのかしら、私??)

 いまやヒルズ暮らしの組長ギンギン(立派になったぞー)、流行りの「ドラゴンソーダ」店長リサちゃん、相変わらず押し入れ上段暮らしの劉さん(^^;;;)、屋台辞めちゃったおでんやさん。
 変わらずバスガイドしてるめぐみちゃんと竜二も、くっついたり離れたり。
 3年の歳月がどう人を変えるのか、でも変わらない部分は何なのか。

 みんな小虎が大好きなんだよ!

 ナン、レロックスとSPネタを見事に活かしつつ、「顔が怖い!」とストレートにも笑わせてくれて!お見事!!

 タイガータイガーじれっタイガー!
伝説の落語家3代目小虎、見事な襲名披露でありました!!

「タイガー&ドラゴン」 粗忽長屋 ☆☆☆☆

 「俺にはもう代わりはいねぇんだよ」 ここでぐっときました。

 無頼だったSPの時とはもう違う。帰る家があって迎えてくれる家族(みたいな人達)がいる。
良かったねぇ・・・・小虎っ!!

 先週、高座があるのに殴り込みに行ってしまったりして、落語家小虎の前にやっぱりヤクザだ、という流れになるかと胸を痛めておりました。それが逆に、ヤクザからもうお前はヤクザじゃないと言ってもらえる存在になっていましたよね。

 ・・・でもなぁ。
 先週の「裏は花色木綿です」・・・には、待てっ古典知らなかったら(客席のメグちゃんとかね)そこで笑えないよっ!と思ったわけですが。
 今週の粗忽長屋は・・・・笑ってる場合じゃない!!

「この死体が俺なら、運んでる俺はいったい誰だ?」
現代で死体を運ぶのはそりゃ、ヤクザさんぐらい。そこの目の付け所はバッチリですけどねー。いくら「フィクションです」って言い張ったって、実際に人1人死んでたらそりゃ、まずいんでないかい??
 下手人出頭してましたけど、そしたら遺体捜索しちゃうでしょ。身元鑑定でしょ。

 小虎だけでなく小竜の竜二まで死体遺棄現場につきあっちゃって!!ますますまずいだろ、それはー(^^;;;)
 ラスト、死んだはずなのに挨拶状と野菜送っちゃって、とギャグにしてもダメ(^^;;;)

 そこさえ目をつぶればバリッバリに面白いから困ります。
 やりたい放題の田辺さん(北村一輝)に「・・・動物?」と突っ込む常識人、竜二がツボでした。
「お前が居ないと・・・・・オチがつかねぇ」で喜んじゃうのも笑ったわー。

 めぐちゃんが、田辺さんは覚えてたよ!
彼が女にかける『魔法』、素敵だったけどメグちゃんが来ると消えちゃうんだ(笑)

「タイガー&ドラゴン」猫の皿 ☆☆☆☆

 竜二が・・・もとい、小竜(コタツ)が座った!!
追いつめられて付け焼き刃の一発芸を捨てたとき、彼に残るのはやっぱり落語なわけですよ。ここ、ドキドキしましたっ!小虎、GJ!

 表題「猫の皿」が軽い小品だというのに、この話と来たら実は人情話で、あちこち笑いながら泣かされちゃいました。無駄な場面が1つもない、濃密な展開が凄い。

 竜二を戻すために自分が家を出る、と提案し「お前さんは家族だ」と怒られる小虎。天涯孤独の彼に、この上なく暖かい言葉ですよね。さゆりちゃんが「そのうち泣く」に笑っちゃいながらもしんみり。
 小竜破門のいきさつも、熱くて哀しいです。
真打ち目前の独演会が大失敗。そーか。そうだったのか!早熟小僧が天狗になって辞めたわけじゃなかったんだ!
それも、失敗そのものじゃなくて小しん(小日向文世)師匠vsどん兵衛師匠、芸術vs娯楽みたいな対立のなかで父親の芸を支持した故の破門ですよ。なるほど、店の資金ぐらい出してやっても甘やかしじゃないかも。

・・・でも、小しん師匠の真意も気になります。本当にただのイジワルだった?それとも、「猫の皿」が出来てこその「子別れ」というなにかがあったんでしょうか。
「子別れを教えてやる」
って今更、ケンカ売ってんのかって感じですが。本気みたいだったし(^^;;;)

 そんなわけで、竜二もギンちゃんもソバ屋のオヤジまで参加していた素人タレントスカウトキャラバン(笑)
 竜二ったら3位のビンテージジーンズが欲しかったのに、うっかり優勝して大島紬ゲットです。若者を集めたいのに一位が大島紬っていう時代錯誤。最高です。

 本当を言うと、「元天才」小竜の落語がもうちょっと上手いと良かったんですけど。ブランクがあるからかな(笑) そこいくと西田敏行さんはサスガ、普通に落語でしたよね「猫の皿」!!

 小ネタに再登場のデス・キヨシ!(しかも作り話かい!)
ビジュアル系に中央で参加してるジャンプ亭ジャンプ!
 あと、デート中ずっとめぐみちゃんを笑わせようと必死な竜二。両手にネタ書き込んで真っ黒だし!笑う度にキスのおねだりで、しかも断られるし!!
 案外、女性経験なしですか竜二くん・・・・(^^;;;)

 来週はなんと、鶴瓶師匠が高座に上がってましたよ!本職に大期待!!

「タイガー&ドラゴン」明烏 ☆☆☆

 『奥手』のふれこみだったのに、初対面の夜にいきなり深い仲などん吉兄さん。なーんだ、やることやってんじゃんよぉ。で、相手の彼女は浪費家の借金持ちですよ。そういうのって治りませんよ??
 いいんでしょうか(^^;;;)??

 とりあえず今回は「明烏」。
騙して吉原/合コンに連れ込んで、一人きりじゃあ帰さない。そこに至るまでの怒濤の小ネタに笑いっぱなしでした。
 タイトルコールからして、まだ出てないキャラで薬師丸ひろこですよ!
 貧乏な竜二に「お米券」くれるメグちゃんですよ!

「みんな可愛いよ、バスガイドだもん」も最高。
「泊まるってことは・・・泊まるってことだよぉ(悪)」な竜二との仲も進展して良かったわ♪

 そうそう、「恋におちたら」に続き、ここにもブログ登場しました。
借金まみれの人が実名で勤務先も明かして
「でもバッグ買っちゃった♪」って書いてる感覚もスゴイし、夜逃げ先で
「合コンしてマース」って、いちおうは芸能人などん吉(春風亭昇太)の実名出して更新ってこれまた怖すぎる(^^;;;)

 でも、ウォッチで全て知っている気になってても、携帯NOも実家の所在も、実は何も知らないっていう真実はいいところついてましたよね。

 で、全体でどうしたかっていうと小虎の喋りが上手くなったかもという印象だけが残りました。
地方巡業の話だって(合コンは抜いて)ちゃんと家族に伝えられてたしね?
 「あいうえお作文」のルールを全く理解してない小虎。話が下手なんじゃなくって、頭が悪かったのか!!

 次回は竜二が高座に復帰??

「タイガー&ドラゴン」5 厩火事 ☆☆☆

  小虎とまりお兄さん(古田新太)の人生、両親亡くすところまで重なるのにそのあとが真逆!!
笑いを忘れた虎vs笑い笑われっぱなしのまりお。
「関東と関西の文化の違い」って(笑)
 そう書くクドカンの出身が大阪でも東京でもないから言えるのかな。

 そんなわけで、上方まりもまりおの夫婦漫才面白かったわ(^^;;;)
 ダイスケハナコとかつみさゆりを足して2で割ったビジュアル?で
「仮面夫婦ですねん」
「セックスレスでんねん」
ここだけきっちりタイミング合う合う(><;;;)

 竜二のデザインが舞台衣装だと結構映えるのも新発見だけど、背中にもっとゴテゴテつけたかったとずっと言ってて可笑しいったら。
 でもねぇ。貧しいんだねぇ。・・・そりゃ”裏原ドラゴン”売れてないけど。
「銭形金太郎」に登場できそうな押入間借り暮らし。
そこに堂々とめぐみちゃんを連れてきた、その真っ直ぐなところサスガ育ちがいい。でも、開脚後ろまわりする勢いでふられましたよっ不憫な・・・・・。

 冒頭の高座、今回はなんとめぐみちゃん。しかもバスツアー中!
寄席の楽屋の様子まで覗けちゃうとは、ナイスアイディアでした。しかも、その時のメールネタがちゃんと後から生きてくる。さすがのさすが!

 えーと、で、「厩火事」は、亭主の気持ちを試そうとする女房と、試されてちゃんと女房を心配したけれどその理由が
「お前に何かあっちゃ、ぶらぶら暮らして酒が飲めねぇ」からだったという旦那の話。
 そこは、ばっちりみっちりリンクしてましたけど。

 いかんせん、不幸絡みじゃ笑えません。

 最後のまりおの場面、あれで多少は救われて終わりなので・・・泣かせたいんじゃない、それでも笑って生きていくんだっとは思うのですが。
 楽しく何度も見返せないよね・・・・・。

 あれ、でも読み返すと小ネタでメッチャ笑ってる??意表を突かれたイイ話の回でしたっ

「タイガー&ドラゴン(&シルバー)」4 権助提灯 ☆☆☆☆

 提灯=カーナビって、上手すぎるよ!

 今回もまぁ、ややっこしい話を上手く納めたこと。
女同士のヤキモチ・見栄っ張り合戦を『どん太師匠のかみさんと愛人』でそのままするかと見せかけて・・・・『どん兵衛師匠と組長と初恋の人』の話に!
「実名だよ〜」
って、舞台袖でどん兵衛が嘆くところに大受け。だよねー。小虎の話は毎回実話ってばれたら最後、どれも人物丸わかりだもの(笑)

 学生時代のどん兵衛師匠と組長を、岡田くんと長瀬が!!特に組長、息子のギンギンじゃなくてどうして長瀬??でも、物真似が似てるんだよっ!!
 そしてマドンナ(森下愛子)の若き日はめぐみちゃん(^^;;;)

 で、鏡になる現在での人間関係はどうなんでしょう。
同棲してるけどヤッてない虎とめぐみちゃん(^^;;;) いちおう竜二とデートはしてくれるけど・・・。
このままめぐみちゃん、女落語家に??ってウソウソ。
「俺の落語は、上手いけど心が入ってない」
と自分で語る竜二。この辺に彼が高座を下りちゃった理由があるんでしょうか。

 家族の前でお互いの刺青を見せるめぐみと竜二。
実は他に何人もMの刺青入れてるなんて知らないもんね。まるで本気の仲みたいにみえるじゃないですか。・・・でも、じゃあなんで虎と暮らしてるのかってツッコンで欲しいんだけど。

「タイガー&ドラゴン」3 茶の湯 ☆☆☆☆

 2チャンの落語板で話題沸騰、小虎!
・・・って、えええ。寄席の客あれだけの中に、ネットしてる人がどれだけいるっての(^^;;;) 寄席の廊下で立ち話すりゃいいじゃんよー。

 しかしまぁ。自分の為に始めた落語を「きてる」の「終わった」のと評価される虎の戸惑いと、やっぱり好きで作ってるハズの服を、売ろう、売り込もうとして焦る竜二の迷いと。今回も見事に重ねてくれました。 そしてもちろん、『好きなこと貫こう!』と結論でるし。いい加減なカリスマ(大森南朋)にはガツンと恥かかしてやったし!
うーん、快感。

 もっとも、「茶の湯」のさげと現実との重ね方は分かりにくかったかもねー。
リストバンド(「茶の湯」では菓子)が捨てられても、「ドラゴンナイト」自体が『つまんない催しだー』『呼ばれて迷惑』ってことにはなってないでしょう。
まあ、そういうことは気にせずに 話自体を楽しめばいいかな。

「ドラゴンナイト」に乗り込んで因縁つける虎、本業ですからっ見事!竜二作リストバンドのダッサーい感じも見事(^^;;;)

 荒川良々演じる落語オタク、ジャンプ亭ジャンプも。インパクトある見た目だけじゃない、落語の場面も見事でした。師匠と同じ「茶の湯」を高座にかけちゃって、師匠もどーんと同じ演目を続けてやってみせる・・・なんて対決、結構カッコイイよ?

「笑ったのはジャンプ亭ジャンプのだけど、もう一度聞きたいのは師匠の落語」
という、虎の本音の意見も、泣かせるじゃないですか。

 いやー、誉めっぱなし。
 あとは早くもお約束崩し(小百合ちゃんがまだ泣いてなかったり)始まった様子で、この枠組みがどこまで崩れてぐっちゃぐちゃになるのかが楽しみっていうか心配っていうか!

「タイガー&ドラゴン」2 饅頭怖い ☆☆☆☆

 やった!ついにツレが正月spを視聴!!
おまけに1話と2話まで見返して面白いと大騒ぎ。「spみてない奴が連ドラみても意味無い」とまで抜かしています!

 しかし同時に「連ドラを見た方がspが面白い」コトも判明(^^;;;)
だよね、正月にはナンの話で脱落してたもんね。どんな仕掛けをしても結局、クドカンドラマを楽しむには我慢か予習が要るのか、ツレ?? 難儀だわぁ・・・・。

 さておき「饅頭怖い」
絵本にもなっている、「寿限無」と並んで、落語といえば・・・・な話。でもシンプルなだけにどう現代にもってきて若者に絡めるのかと思ったら、結婚式ですかー!

 嫌い嫌いも好きの内・・・じゃ、なくて。
虎児の兄貴分が小娘と電撃結婚! うちの娘とじゃないのかと怒ってる親分さんには嫌がらせと思いこませ、その実ファンの新婦は大喜びな披露宴ゲスト、「抱かれたくない男NO1」どん太師匠の大暴れ!!

さすがに喜んでると悟った親分の
「他になにが怖いんじゃ!」
「新築の一戸建てとぉ・・・」
 饅頭と単価の桁が違いすぎるからそれ(笑) なのにくれてやる鶴瓶親分、男だねぇ!! ・・・後で娘さんには怒られそうでした。 美貌のギンちゃんの姉さんなのに容姿微妙って・・・・娘は父親に、息子は母親に似たんですね。可哀想に(^^;;;)

 そのオチに至るまでも、
「口説き話はまわりくどい」竜、
「顔が普通で(!)覚えてもらえない」竜、
「寝る以外女となにするの?な」虎、
「竜に惚れられたかと思った」虎
いちいち笑わせてくれます。天下の男前岡田くんも、クドカンにかかったら伊藤美咲と並ばされてチビ扱い!一度は惚れられてると思った女なのにこれは、辛いよねー。でも可笑しいんだよねー。

 竜は実家に帰る度、お母さん(銀粉蝶)を泣かせて親子喧嘩。
でもそれが、珍しくて楽しくてもっと見ていたいという虎。究極のホームドラマ肯定じゃないですか。温故知新??

 ああ、枠組みが整ってもやっぱり感想書きづらいわ、クドカンドラマ。
このまま伊藤美咲と虎がくっついたりするんでしょうか?竜二がついに高座に戻る日は・・・最終回かその前っと思わせておいて来週だったりしないんでしょうか??

 とにかく毎週楽しみです♪

「タイガー&ドラゴン」1 芝浜 ☆☆☆

着てたシャツまで脱いで、2代目銀次(塚本高史)に買い取らせる店長竜二。ここでハートの刺青が・・・
「え? リーゼントと服屋がデキてんの?」と同居人。違うって(涙)

 もちろんデキているのは伊藤美咲と、です!
銀次も竜二も、恋の刺青が自分だけとじゃない、騙されていた、とはっきり悟る場面なわけです。
 冒頭のまとめもめぐみちゃん(伊藤美咲)がらみの回想も、いい感じだったと思うんですがやっぱり、新春SPを見てない同居人はいろいろピンと来ないんですよ。並んで見ていて温度差激しいです。

 横に分かってない人がいると、質問されたり↑類の発言に疲れたりで今ひとつのめりこめません。2,3回みたら馴染んでくれるでしょうか。

 期待通りに、メッチャ面白いんだけどなー。竜(岡田准一)の落語も、虎(長瀬智也)のヤクザも大熱演。
特に今回虎が、屋台ひっくりがえして暴れるところはヤクザの本領発揮。ソコマデヤルカ!と仰天しましたよ。 舌べろべろで道行く人に避けられてるのも面白かったなぁ。

 でもそんな、キャラクターの面白さよりも今回は物語の作り方、納め方の巧さに感心。
あれでしょ、どうせ落語と現実が同じ落ちになるんでしょ、・・・と思わせておきながらも意表をつくって並大抵じゃありませんですよ。
 金じゃないんだ。男と会ったことが夢になるんだぁ(尚かつ、”男を見る目がない”彼女が惚れるんだからギンギンってダメかも!というところも笑えるよね)

 でも、クドカンらしいかというと 良く分からない。
 「マンラブ」や「僕の魔法使い」みたいな、粗筋が下らない代わりのパワーはないかも。
『落語に出会って、笑顔を取り戻した』
『親に死なれ親分に拾われ、ヤクザになるしかなかった』
そんな経歴もspでは笑う場面になっていたのに、今回夕焼けをバックに西田敏行のセリフじゃ、剛速球で人情ものじゃないですかぁ。こっぱずかしいったら。

 もっと阿部サダヲさんはじけるところも見たいです。それはまた来週かな?

**新春sp 三枚起請の巻 はこちら**

ついでに、「マンハッタン・ラブストーリー」と「僕の魔法使い」もよろしく♪

「タイガー&ドラゴン」sp ☆☆☆☆

 やっと見ました。面白かったーっ!!
 落語のドラマ化ってのが、まさか主人公と一緒に古典をかみ砕く話だったとは。考えてます。

 でもやっぱとっつきにくいのかも。
こんなに面白いのにっ。落語知らなくても大丈夫に作ってあるのにっ。「ナン」でもう、同居人どっかに行ってしまいました。

 楽しむには「予備知識が必要」という古典落語への師匠の言葉が、そのままクドカンドラマの解説に聞こえますです。でもでも「誰でも知っている話を、自分しかできない面白い話に」するのが落語・・・って、やっぱりそれもこのドラマのことだよねぇ。(^^;;;)


 ヤクザな長瀬クン、暗いわ重いわ滑舌悪いわ。でも、だんだんそれが笑えてきます。弟子なのに偉そうだったり、台車だったり。
「無理だわ」
「えーーーーーーーーっ」
って、暗い生い立ちがギャグになるとは(^^;;;)
 死にそうで叫ぶ「かぁちゃーん」が「(お前の)かぁちゃーん」だなんて告白、お調子者に言われたって笑えないモンね。スゴイや。

 西田敏行もいいし、岡田くんもいいし。
小虎(長瀬智也)のクソつまんない初落語からめぐみちゃん(伊東美咲)登場のあたりとか。すっごく引き込まれました。

 もちろん、古典の「三枚起請」をキャバクラ嬢と刺青で再構築してどうだっと突きつけられるメインの展開も快感♪
「お前花魁にあったことあんのかよ」
なんていう、ジュゲムすら知らない小虎の視点がすっごく新鮮。

 連ドラになるそうで、すっごく楽しみです。
でも、・・・・コレを10回続けて&シリーズ全体を通しての起承転結なんてどうなるんでしょうか(^^;;;) 想像もつかないでっす。
 落語界のうけとり方にも興味津々!
 さてさて・・・・。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ