ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

岡山天音

「週休4日でお願いします」 ☆☆☆

 巨大こけしで殴りかかってくる女w
そんないかにもドラマな部分と、弁当屋内部のリアル感が不思議でした。 さえない主人公を岡山天音くんが好演です。


 26才高橋君(岡山天音)は、弁当屋の店長代理。とは名ばかりの雑用担当、社畜です。
ある日バイト面接に来た華(飯豊まりえ)は週に3日しかシフトを入れません。別に漫画家など目指す夢もないのに。それで食べて行けるの?と尋ねる彼に、彼女の返事は
「食べるためです」
と、とんちんかん。
 企業正社員の頃は、ゆっくり食事をする時間がなかった。今は、豊かに食事ができている。将来が不安になることがあっても料理をすれば落ち着く……と、後に詳しく語ってくれますけどね、冒頭のこれは謎w おまけにこけしが好きすぎる不思議ちゃんです。

 それでも激務に追い詰められていく高橋には心の支えで、ラインや電話を頻繁に交わす仲に。高橋はもちろん華が好きでこけしイベントにも顔を出すんですけどね、じゃあ華はというと……仕事辞めても大丈夫、うちに住めばいいよ
という彼女の招きは唐突すぎてw 俺のこと好きだろ!と思わせるよりは、ただの友達コースか、それとも家のこけしが化けて助けに来たのかと思いましたよー。
 なのに、餞別のこけしに仕込まれていた「バカ…☆」の真意は(^^;;;;) まさか「うち、すぐ近所なんです」発言もストレートにお誘いしてたんですか?

 「好き」と言う代わりのサイン、ぱちん……と腑抜けた拍手が情けないのw それでも伝わって、ふたり笑顔でぱちん、ぱちんと叩き合うラストがなかなか可愛らしかったです。大量のこけしもあいまって、地域発ドラマ感w 店長代理より偉いバイトリーダーに皆川猿時、高橋家の父が遠藤憲一と脇も豪華でした。
 弁当屋のキャップをかぶって伏せ目の天音くん、ちょっと窪田正孝似。顎が似てるのかな。そして目が似てないんだね、うんw


「東京二十三区女」~最終回 ☆☆☆

なるほど!ヒロイン璃々子(島崎遥香)が東京をさまよい歩く理由も、オカルト嫌いの先輩(岡山天音)が愚痴りながらもついてくる理由も分かって納得がいきました!なんと東京が呪われているとはorz

4「港区の女」☆☆☆
 目的地につかないタクシー。ああそういうことね……と思いきや、案外「そう」じゃなく二転三転。お台場には砲台があったのね。
寒い暗い夜の海で「見た」という運転手が竹中直人、「見られた女」が壇蜜と豪華ゲストで、密室のやりとりも安心して見て入られます。
璃々子と仁は、忘れた頃に取材にきますw

5「板橋区の女」☆☆
 縁切り榎。ほう。
中山美穂が妻だというのに、結婚半年で早くもよそよそしくなった夫、何故だー! 縁切り榎に通う夫(小木茂光)の跡をつけては、「妻の薫と縁を切りたい」と書かれた絵馬をいくつも持ち帰る薫(中山美穂)……。
『妻には過去のゆか 憂い怒る 怖い かなし』
なるほど、かなし、たぬき、ですね。しかしそれなら妻本人は悪くない、切りたいのは別の縁でしょうに(^^;;;) 今回の怪談は『もらい子殺し』、養育費目当てに子を引き取っては殺す犯罪が戦後かなりあり。薫も幼少時に現場を目撃し、縁切り榎に逃げ込んだというご近所育ちの女なのでした。
びっしり奉納された絵馬を見る璃々子と仁に、話しかけてくる老女……まさかの中山美穂の老けメイクにびっくりでしたよ!声もずっと本人ですか?凄いわー。

6「品川区の女」☆☆
 そして最終回は鈴ヶ森刑場跡。それだけで怖いからw 晒し首だの火あぶりだの~。

 事件が続く街を見回るお巡りさん(白洲迅)は、妙に視線を感じると共に、同じ女を何度も見かけることに気づきます。ある日ついに女の後を追うと、刑場跡でこちらを誰何した女は、八百屋お七の話を語り
「まだ分からないんですか?」
と謎をかけて去っていくのでした。長い独白、長い解説が続くのに、ふたりともたどたどしくて辛かったです。そして璃々子さん、もっとはっきり……貴方に会おうと事件を起こしてる女がいるよ!と言ってあげて下さいよ。ほら、手遅れじゃーんorz
お巡りさんなら、財布落としたとか猫がいないとか、もっとささいなことでいくらでも会えるのにねw まあネジが外れちゃった人にそれを言っても始まりますまい。
そして仁さんは、この品川区に住んでいたのでした。

 解かれた封印を、再度封じられるのか。この先怪異は増えていくのか? 調べたところで、どうにか出来るのか璃々子? 残りあと十七区、さて続きますか。続いたら見ます。

「東京二十三区女」2、3 ☆☆☆

 埋め立て地が胡乱なのは分かりますが、池袋がそんなに怪しい、魑魅魍魎の地だったとはw

2「江東区の女」
 公園で微笑む幼女と両親。それをみつめる女の霊。
家の不幸は、本当にその霊のせいなのか?心霊写真を手に、撮影場所を探してさまよう璃々子と島野。やっとみつけた、そこは元埋め立て地「夢の島」で……。
平行して描かれるのは、不倫の子を産んだ伸子(安達祐実)の修羅場。相手の男(長谷川朝晴)の妻(鈴木砂羽)が乗り込んできて騒ぎ、妻を殺してしまった男は、自首に応じず埋めれば大丈夫と言い張る。しかし息を吹き返した妻に形勢逆転された男は、伸子を殺す妻を止められず、トドメまで刺す事に……orz
 いやもう、男に腹が立ちますよね。鍵はなくすわ、日和見だわ。で、相談者の母は、その殺された伸子の子。写真の霊は、我が子を見守り続ける母伸子なのでした。相談者が語る不幸、母が生まれた頃に祖父母が自殺ってのも、伸子が夫婦を祟ったと思えばむしろGJ。となると、事業に失敗した父が亡くなったのも、母を守るためだったりするのかもしれません……。

3「豊島区の女」
 若い女を探して歩く、老文筆家(小日向文世)
今にも倒れそうな老人の代わりに、人探しをする璃々子と島野ですが、みつけた女(桜庭ななみ)は孫でも娘でもなく、使用人なのだとか。

彼女が家政婦として来てから、食器が割れたり妙な音がしたり。古来より「池袋の女」を雇い、密通すると怪異が起このだと語る島野。老人もそれを知っていたようですが、亡き妻にそっくりな彼女を愛するあまり、そこは不問に。そして入籍の翌日、帰らぬ人となってしまうのですが……。
 やはり毒殺w 若い嫁もらった直後の変死をスルーだなんて、警察仕事してないわ。そうか、家に出入りしていた弟子(藤原季節)が『亡き妻と同じ泣きぼくろ』まで指示して彼女を送り込んでいたのですね。しかし、池袋生まれの彼女が、霊界の扉を開いてしまうとは知る由も……。いやいや、生まれ育ちが池袋の家政婦さんに風評被害がw
計画を立てた恩知らずの弟子は無事命を落とした模様。未亡人となった彼女がどうなったのかは、ただ静かになにもわからないところ、いいですね。


 1話では本当に通りすがっただけ、無関係だった二人ですが、今回は心霊写真の持ち込み相談に人探し代行と、多少は縁があって人助けですね。いや、2話はかえって余計な事したかもw
各話、あまりに情報が少なく、想像する余地がありありで楽しくなってきました。
璃々子と島野も、別に恋人でも仲が良いわけでも雇用関係でもなさそうで、なぜ一緒にいるのかw 原作読んだら分かるのでしょうか。



「東京二十三区女」1渋谷区の女 ☆☆ 

 暗渠。

 なるほど怪談なんですね。それも、渋谷には暗渠が多いという地理条件にのっとって起こり得る怖い話。
今回長靴を準備して、川からジャバジャバ暗渠に入っていく勇気ある女は倉科カナでしたが、いくら失踪した母に会いたいからって、待ち合わせ場所が暗渠って尋常じゃありませんよね。そこで登場する母の知り合いが、佐野史郎な段階でもう不吉な予感しかしませんorz

 その暗渠で起きた何かを、霊感フリーラーター璃々子(島崎遥香)が受信しても……街は関係なく動き続けています。そして二人も、別に何もしないのでしたw

 そう二人。璃々子に寄り添う男性が博識で、渋谷川をはじめとする多くの川が開発の伴い蓋がされ、地下に隠れた川=暗渠(あんきょ)とされた経緯を教えてくれます。璃々子と共に毎回出るようなのに、公式サイトに顔も名前も出ていないのひどすぎませんか。それとも何か秘密が? ゲストなら各話登場人物欄があるのに……。
 というわけで、各話豪華女優ゲストだけでなく、解説役島野仁(岡山天音)にもご注目を〜。

「デザイナー渋井直人の休日」2 ☆

渋井直人(光石研)はフリーのデザイナー。
若いスタッフとご機嫌で呑んでいたら
「渋井さん、カッコイイ~」
と、やたらもちあげてくる編集嬢(夏帆)が事務所兼自宅に手料理を食べに来ることに。アシスタント杉浦(岡山天音)も、完全に気がありますよねと背中を押すし。年甲斐もなくその気になってしまった渋井さん、朝から気合が入りすぎのアクアパッツァだの煮込み料理仕込んで、まさかまさかのシーツまで替えて待っていたのに……ドタキャンかよ!

「ベランダー」的なおじさんドラマを期待して観て、まあ違わないのに惹かれないのは何故でしょう。「ベランダー」での花や多肉こだわり的な遊びが無いのもさることながら、渋井さん未婚、なせいですかね。ラブに期待しても間違ってないし、それが外れると、可笑しいんじゃなく、ただ哀しい……orz
「猫が逃げちゃって、探さなきゃ」とドタキャンしてきた高田さん、次に会って猫ちゃんのことを聞かれたら「は?」とw 猿でも分かる『この前のはウソでした』な、お粗末対応してくれちゃって、ひたすらかわいそうな渋井さんです。その心の穴を、アイドルで埋めても恥ずかしくないよ。ただ、変に隠そうとしたせいでドツボにはまってさ。うん。可笑しいんじゃなく、可哀想です。

「ゆうべはお楽しみでしたね」1 ☆☆

ラッキー同居もの。
ほんと男子はこういうの好きだよねえ。本来なら声もかけられない、カーストが違う女子と成り行きで同居。そのうちお互いに影響しあい、素直に心寄せ合っていくんじゃないでしょうか。そもそも元から、ネットゲーム内で1年も仲良しで、ルームシェアに誘い/承諾するほど好印象同士なんですから。ただ、性別が思っていたのと違っただけで←そこ同居に重要w

そんなわけで、ドラクエ内では小さくて可愛いキャラ『パウダー』の姿でプレイしているたくみ(岡山天音)
『人を助けるのに、理由なんかない』
とゲーム内で優しくされた『ゴロー』を人格者だと尊敬し、ネカマ(=ネットオカマ。男なのにゲーム内で女を装う)とカミングアウトしても態度を変えなかったことでも、ますます信頼。建て替えで住処をなくすと聞いてルームシェアに誘うのですが……。
待ち合わせに居たのはギャル系美女みやこ(本田翼)!
「かっこいいから」と男性キャラ『ゴロー』でプレイするみやこをたくみが男だと思った様に、ネカマの意味を知らなかったみやこは、『パウダー』のたくみを女性だと思っていたのでした!

でもまあ、知らない仲じゃあるまいし。と、平然と同居を始めるみやこ。家主なのにドキドキで挙動不振になるたくみ(^^;;;;) さてこの同居、どうなるのか?
ネイリストのみやこは、職場で「同棲??」と騒がれてw アニメイトバイトのたくみは、店長(宮野真守)とゲーム内で繋がってる様で、人間関係どう広がっていくのかな。

ちょっと前なら伊藤淳史あたりが得意としただろう、人畜無害枠にニューフェイス登場の岡山天音くんですw (あと濱田岳、柄本時生、森山未來……と並べたら、森山未來系かな)「ワンダーウォール」で見ましたねえ

ちょっと荷物が片付いたら、早速ドラクエするふたりw 画面上でチャットするより、隣同士の部屋で声出して会話するほうがめんどくさくなくていいそうですよw いまひとつシステムが分からないので、ゲーム中でもキャラに似合う声で喋ってるのかと思って見ていたのですが、そうか本来は字だけなんですね。夜中に喋ったらうるさいもんねw


「ワンダーウォール」 ☆☆☆

京都発地域ドラマ。
とはいっても、観光客を呼ぶ京都らしさなどどこにもない、ヒリヒリと痛い青い物語でした。

ここに住みたい
と、寮で志望校を決めるなんてことがあるんですね。築100年を超えるオンボロもボロボロの近衛寮。もうどっからどう見ても京都大学の吉田寮ですw そして本家同様に、取り壊したい大学側と、補強で乗り切りたい学生側とが延々と折衝を続けているという図式。
自治を標榜し、なんでも話し合いで決める寮生たち。学校側とも延々と話し合い、良い返事をもらったと思えば撤回され、詰め寄れば責任者が倒れ。それでも、話し合いとは真摯に行われるものでその先には相互理解があると思っていた学生側はやはり無邪気だったのでしょう。時間も予算も有限なのですよ……。

学生の要望を受け取る、学生課。ある日そこに文字通り壁が築かれ、職員とのやりとりはガラスの壁越しに行われるように。そして、寮生の要望を受け流していたいつもの事務員さん(山村紅葉)ではなく、美女(成海璃子)が現れて応対します。すると言葉につまり、無言で立ち去る代表三船(中崎敏)動揺する生徒群の中、志村(岡山天音)だけが気づくのです。恋が始まった!……のではないことにw

廃寮の危機感に焦れ、寮の活動に不満爆発のマサラ(三村和敬)が1回生。記録係のキューピー(須藤蓮)が3回三船志村が4回? 学年が違ってもタメ口なので混乱します。しかしその、年齢や学年で上下を決めない『敬語禁止』が寮のモットーなんだとか。廃墟寸前の寮のボロボロ具合、その中でのやりたい放題には本当に驚かされます。き、汚い……。女生徒もいるとかマジか。私も寮暮らしはしましたが、さすがに個室に鍵はあったし、共有スペースにこたつも万年床もありませんでしたわ~。積んだままの本が旧字体、さすが築100年(^^;;;)いつからあるのw ゴキブリどころかネズミもいそうですよ。

でもそれぞれの理由で寮に惹かれ、集まってきている生徒たちはもちまえの小賢しさで自分たちの城を守りたいのです。
なのに代打の美女をきっかけに、『いつかラスボスと対決だと思っていたのに、最前列の小物が入れ替わるだけと気づいてしまった』という志村。その美女が、突然寮に現れたと思ったら、なんと三船姉だったそうですよ。美女の胸、でなく名札を見ていた志村だけは気づいてましたけど。そしてなんと卒業生。大学院まで行きながら、学問は諦めて派遣で事務員ですか……。そして裏事情を告げることには、寮の建替理由は安全などではなく跡地利用で。補助金を目当てに講義棟が建つことがほぼ決定、なんだそうですよ。結局金なのかー!
酔いつぶれたマサラは、寮を守れと誰かれ絞めあげては騒ぎ
『ここが無くなったら、行くところがない』
と泣くのですが……。金も力もない若造たちに、一体なにができるでしょう。
本の山が崩れて現れたのは、床の間と掛け軸。まさかのドレッド(若葉竜也)が慣れた手つきで茶をたてて、せめてもの一服です。全国から集まったか、京都弁など誰も話さない学生たちが見せた、京都らしさったらこの暁の茶事ぐらいだったでしょうか。

えええ、そのまま解決ゼロで終わっちゃいましたよ!
近衛寮はそれぞれの心の中に息づいて、9月には解体されて永遠にさようならですか。ラストシーンのごった煮楽団、三味線とトランペットとほうきとチリトリが合奏しカエルが合いの手を入れる楽しいイベントは一体なんだったのでしょうw いつもの地域発ドラマらしさはゼロでしたが、引き込まれて緊張感に息を飲みました。脚本は朝ドラ「カーネーション」の人だったとか、なるほど。
彼らのその後が見たいです。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ