ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

山田裕貴

「先生を消す方程式」~最終回 ×××

 まず、ゾンビに謝ってほしい。

 主人公(田中圭)が生き返ってもしばらくは、防刃チョッキだの血糊だの何か対策が講じてあった結果だろうと思ってましたよ(無策で階段落ち&首吊りされた義経ですけどね)思いたかったですよ! まさかのラッキー雷でマジ蘇生してるとはorz 生徒の黒魔術が効いてもイヤだったけどね。目の前で実際に奇跡が起きて、お父さんを生き返らせたかった命くん(秋谷郁甫)の気持ちはどこへ行くの?? 
そして夜間の校内で追いかけっこ。学校のセキュリティ笊ですね。
また病院のセキュリティも同様に笊だったらしく、連れてこられていた静さん(松本まりか) 可愛く着飾らせているのが人形あつかいでまたキモく、脅しの材料にされて更に不憫ですけどね。そこで従わない義経の言い分が、静も正義を望むだろうというならまだしも、もう十分生きたと死なせてあげる調で、はあ? いや現状ケア看護責任者は両親でしょ? 夫でもない立場で何を言う。しかも全てが済んだら、病院に連れ戻す……でも、命くんの黒魔術試すでもなく、埋めましたよー! 一緒に埋まるでもなく、ただ埋めましたよー! 薔薇供えりゃいいってもんじゃない。

 そこに雷で、静もゾンビ化 orz

 ああ、その前に朝日にも雷が落ちてピンチを脱していたんでしたっけ。都合のいい雷だよ……。もう『そういう土地』だと思っておきます(あらかじめ不穏なゾンビ化野生動物を見かけるなり伝説を語るなりした上で、嵐が来そうな情報も入れておくものですよ。『伏線』っていうんです、覚えておこうね!)
2人で森で末永く暮らすんですってw 学校から歩いて行ける裏山をそんな奥深い山中扱い、土地の所有者も可哀想でしょ。 重ねて静を連れ去られたご両親の心痛も如何ばかりか。調べれば朝日の連れ出しはすぐ判明しそうですが、恋人義経がほぼ同時に失踪していては怪しすぎです。 ご両親に手紙でも届けてあげ……いやむしろ2人で堂々と会いに行って研究されたらいいんじゃないかな(投げやり)

 こんなのドラマじゃない。

もっともらしく授業を続けるけど、何の教育も信じてないでしょこれ。三角関係だけをテーマにサラリーマンゾンビ化でもしておけばいいんであって、したり顔で子供を巻き込まないで欲しかったです。 巻き込まれたのは先生役も同じ事か……。

「先生を消す方程式」2~4 ☆

 第一章完。あらびっくり。

 旦那が気に入っているので並んで観てますが、毎回の見せ場『方程式』は心底許せません。
(人生ー恋愛)×嘘=なんとやら(適当。見返して確認したくない)
イコールは完璧に等しいからこそ等号なのに! 文字と記号のでっち上げ式も不愉快なら、言うに事欠いてそれを方程式とは噴飯もの~!そんな美しくないこと数学教師が言うはずない!!(あ、学園潜入のための詐称?そうであって欲しいです)

 さておき。
 毎回ターゲット生徒を公開説教する義経(田中圭)
隠していた弱みを衆目に晒すわけで、今回刀矢(高橋文哉)につきつけたのは馬鹿呼ばわりと『妹殺し』 幼い妹を海に突き落としたとの指摘は、まさに本人回想と合致しますが……それどこ調べ?  本来一番隠したいのはそちらでしょうに、『自分を賢いと思ってるヤツは馬鹿』の文言に自己紹介のように反応しちゃってる刀矢が哀れです。
 そして朝日先生(山田裕貴)主導の、義経殺害計画。山に呼び出して落とし穴に埋めて消そう。はいはい。
分かってて呼び出された義経は、朝日を勝ち誇らせて喋らせて、恋人静(松本まりか)殺人未遂の言質を取ろうと目論んでいました。むしろそこで驚いたのは『録音』しただけだったことw 令和だよ、生配信しようよ!! 
その録音のため、自分を縄で吊った犯人たちを現場写真で脅していた! それがまた綺麗な構図でw はい、撮りますよ~と声かけてでもああ上手に撮れるかどうかw 首吊られながら、どう撮ったんでしょう。 撮影者がいたなら、厳密にはこれ失敗写真ですよね。引く綱の先に義経が下がってるところまで入れなくては証拠にならないでしょ。

 録音を返せのすったもんだ、もう殺しちゃえとナイフまで振り回す朝日と刀矢でしたが(ここも生配信しちゃおうよー)、生徒を人質にとってすら形勢は義経有利……からの~?
えええ、刺されて埋められちゃいましたよ! しかも本人がそうナレーションしての第一章完!

 遡って、静を殺そうとした時のドラマになるんでしょうか。それともその後の、朝日と刀矢が牛耳る学園を描くんでしょうか。実は生きてた義経がバーンと登場して、失脚させて欲しいですってば。
(名前が義経、静御前、頼朝なのは丸わかりですが、だからどうなの。生徒の名前まで弓に刀に矢に薙刀に剣と仕込んでも、うわーすごーいともならないのでは。普通の名前なモブ生徒が可哀想w)

「先生を消す方程式」1、2 ☆☆

  教育に、文字通り命を賭けている主人公?その狙いは、復讐?

 私立進学校で担任をもつことになった新任教師義澤経男(田中圭)、あだ名は義経。 クラスを牛耳るセレブがいてややこしいと先輩教師朝日(山田裕貴)に忠告されますが、何を聞いても
「そういうの、嫌いじゃありません」
と笑顔です。
さて、東大合格確実の美人インフルエンサー弓(久保田紗友)と飲食チェーン社長の娘薙(森田想)、そしてゼネコン社長の息子で叔父が政治家の力(高橋侃)は何かと反抗的。彼らの義経への難癖を止める、父が検察官の優等生刀矢(高橋文哉)を殴りつける力。挙げ句、何故か義経のせいで謝罪しろ、床を舐めろと言われるままにすんなり、土下座&床舐めまでする義経ですが、ちゃーんとそこを録画していたんですよね。

 それを証拠に、パワハラ訴訟!
 数々の横暴を本当に反省をさせるには、経歴に傷をつけるしかない。自分は退職も辞さないし、ネットで炎上し会社に影響が出れば父親も怒るだろうと力を脅す脅す。それがイヤなら、謝れ、と。
別に床舐めろでもないのに、いつまでも折れないから。力の兄が引きこもり、親の期待が力に移ってプレッシャーになっている家庭の事情までクラスメイトの前で晒されちゃうんですよ。

 仕方なく謝ったものの、裏で荒れる力……を叱る、グルだった刀矢と、更にそこに現れて『消しちゃえ』と殺人をほのめかす、朝日? いったいこの学校どうなってるのー??
そして冒頭では恋人(松本まりか)とらぶらぶ同棲をしていた義経先生、現在の彼女は意識も無く寝たきりだと1話の終わりで明かされます。そうかそれで、 「人生、突然何が起こるか分からない」 とコトある毎に力説するんですね……。

 2話では、突然父が社長じゃなくなった薙が、役に立とうと義経を『消す』ことに。
階段から突き落とされた義経、何か対策や安全策があったかと思いきや単に根性で戻ってきての晒しあげ説教大会でしたよ。
 昏睡状態の彼女も、同様に突き落とされていたのに? 更に、その糸を引いたのがこれまた、朝日! それが分かっててこの学校を選んだのに、無策でただ突き落とされたのかーい!折ったのが首じゃ無く腕でラッキーだったのね(^^;;;;;)

 黒幕はお前だ!
と朝日に突きつけるところまで、サクサクと話が進んで飽きません。
ただ薙への助言が「1人で生きろ!」でしかないのは、どうかと。友達関係を役に立つとかステイタスでしかはかれない薙に、そんな友達要らないと言うだけで、そんなのは友人じゃ無いとは教えてあげないのねー。まあそれは、自分でみつけることなのかな。
 不登校の生徒伊吹(秋谷郁甫)が揃える呪いや黒魔術の書籍。自分も「ネクロノミコン」で死者蘇生を考えたことがある、と義経。この伊吹の存在もなにか突破口になりますかね。まさかラストで彼女目覚めますか??学生の黒魔術で??

 30分なのと、旦那が教育ドラマ好きなので(教育ドラマとは?)これは見るのかも。しかし田中圭はまたBL臭を期待され、山田裕貴もまた、こんな役(^^;;;;;)

「ホームルーム」~最終回 ☆☆

 学校を舞台にモラルこれでいいのか? と非難しつつも決着が気になって、最後まで見てしまいましたよ。
まさかの、堂々とホームルームで「愛」を語る愛田(山田裕貴)に呆然です。


 帰宅すると、自分のベッド下に担任教師が隠れている。全裸で。
それだけでも絶叫通報ものでしょうに、「説明してください」と冷静に要求する桜井幸子。昨夜「いる」のを知ってからも、取り乱さずに登校してただ悩んでいて、もしや受け入れる余地があるのか?と思いきや。全く悪びれない愛田の説明の衝撃に、流石に吐いて泣きましたねorz  (犯行がこの3ヶ月間だったと語られて、案外短いような十分長いような)
そこまではっきり拒否られたのに、
「何故だ、桜井?」
と、まるで幸子が悪いかのような態度!  責めるマルたちにも、レイプなんかしていないと反論する愛田。寝ている桜井の髪をとかして着替えさせ、授業してやったりしてただけ!って…。それ相手に人格があるのを認めてない、人形相手の愛し方でしょうに。しかも全裸でorz

 翌日にも堂々と登校し、冒頭のホームルーム。
生徒との「愛」を告白すること自体が問題なのに、その内容が「毎夜忍び込んでお世話してました」と犯罪で、言われてる桜井幸子はずっと泣いてる修羅場orz  その上「いじめてたのは自分でした」って、おい! あまりの変態と犯罪に生徒が寄ってたかって足蹴にし出すと、今度は桜井からの自作自演の告白orz
「愛しています」 えええええ 
   「でも今は受け入れられない」 だ、だよね

 結局愛田は学校を去りますが、桜井幸子はその後も通い続けるんですよ。「変態教師に愛された女」として全校で噂になってるだろうし。外地で離れて暮らしている親は、そんな連絡もらってもなお一人暮らしを続けさせたのだったら鬼ですよ。元生徒会長にも、殴り倒した犯人とバレてるのに、メンタル強くてすごい。

 そして時は流れ…。
何と美術教師になっている桜井幸子!   そのクラスにはイジメに困る男子生徒が…! びっしょり糊で濡れた椅子に気づかず座っちゃうぼんやりさんがこの世に2人もいるのかよと呆れますけども。いやいやこれも桜井幸子の罠? それとも幸子先生に助けてもらいたい男子生徒の自作自演?

 いやでも愛田も、学校にほど近いあの家に変わらず住む描写がされていまして。
あの日から桜井の姿を見ることはなく3年。心乱れ眠れなく、例のカモミールティーを飲んで無理やり眠りに落ちる愛田のベッドの下には。うわああああああああああ   <完>


 保健の先生、3年後にはお幸せそうで良かったです。でも身を持ち崩したラブリンとすれ違う生活は怖くないのかな、私なら引っ越すぞ(^^lll)    あ、遺恨ある元教師に連れ去られたと思われたゆあちゃんでしたが、相手の希望は報復でなく豚のように飼われたい、とのことで、ゆあ宅で裸で鎖に繋がれて蹴られて幸せそうでした。いやそれ、ゆあが2人分の食住(衣は不要w)を稼がなきゃならないんだけど。それさえ続くのならばご勝手にどうぞ、なのかな。
 愛田邸を捜索に来た竹ノ内が見たミイラは?とか(母の遺体?)
ただのカモミールティーにそこまで熟睡効果ないよ、とかw 存在が派手な割にゆあちゃん活躍しなかったなとか、色々ありますが。

 愛田の異常な「愛」の決着としては、美しくすれ違い続けていて大団円、なのかも。

 そして最後まで見た上で、あれ、裸の必要なかったよねー。どう見ても異常、絶対に異常、という記号としてはインパクト大で成功でも、イジメ云々が全裸ショックで霞んだ気もします。また「この男は人生最大の過ちです」と比較して、少女漫画と青年漫画での表現の違いが興味深かったです。どちらもストーキングは男性がしつつ、異性に多大な期待を負わせているw

「ホームルーム」7、8 ☆☆

 ついに夜、目覚めていた幸子!どうする~!?
と迎えた8話だったのに、もう見た場面ばかりで30分。新情報は、不登校のゆあ(横田真悠)が別に監禁もされず壊れてもいない様子で復活してきたことぐらいじゃないですか。

 とは言っても、その振り返り=マル(富田望生)と竹ノ内(若林拓也)探偵団の校内聞き込みだったので、2人は愛田(山田裕貴)への不信を強めていきます。
愛田ラブ!の元生徒会長(大幡しえり)はさておき。例の倉庫に駆けつけた図書委員くん(綱啓永)証言からは、愛田の関与を推測。と、同時に竹ノ内も幸子(秋田汐梨)への暴行がバレて鉄拳食らってましたけど←マルが怒るから謝るだけで、したことの善悪はついてないのが恐ろしいですね(^^;;;;)  このチームにゆあが合流したら、愛田の性癖が明らかになるよね!
 大好きな先生を信じるあまり、マルからの告発は聞かないふりをしてきた幸子でしたが。ついに夜、居る、と知った上で、他人から真実を突きつけられてどうするのか。 それでも好き? むしろ先生を守るために、そいつらを殺しちゃう? そうそう幸子の「先生が好き」発言を聞いた愛田は、やっぱり喜ぶより困惑。だと思ったー。愛し方が歪んでいるから。それというのも、亡き母のせいらしいです。愛田だけの目に映り、叱責してくる幻の母。でも虐待があっても生徒の家に夜な夜な忍び込む理由にはならないから!しかも全裸でorz

 ゆあは、元々愛田の所業を黙ってる謂れはないし今は益々仕返ししたいのでは。愛田に利用されマルをはめて捨てられた養護教諭(山下リオ)も、退職まで迫られて窮したら何をするやら。そこで幸子は愛田をかばう? そんな幸子をマルがかばう? そんなマルを竹ノ内が…って「おおきなかぶ」みたいになってきたw
 もういっそ愛田と桜井で刺し違えて終わりかなーorz  それと今更ですけど、高校生に家庭訪問はしないよね。

「ホームルーム」5、6 ☆☆

 鍵かけようよ!

 保健室で押し倒されてたり、生徒の生足舐めたりと、校内で桜井幸子以外を相手の問題行為が続く愛田先生w  保健の椎名先生(山下リオ)に襲われた前者は仕方ないものの、どっちも『見られた』ことが一番問題なんですから。脅されて、舐めようかどうしようか、ええいマネキンの足だと思って舐めてやれーと悩む間があった後者ぐらいは、鍵かけてからしとけよと。

 そんなわけで、相変わらずそうと知らずに相思相愛の愛田先生と生徒桜井ですが(「自分を好き」な桜井を、変態愛田が受け入れられるのかはまた別の話w)こじれっぱなしです。
「俺には守りたい人がいる」
と生徒会長をふった愛田の言葉に、それって私カモ~☆とはならない自己評価の低い桜井。相手は誰、椎名先生なの?と、なったところでのキス目撃で、もう絶対そうなのねと凶器片手に思い詰めていて、ああもう殺す、勘違いで殺されちゃうよーとハラハラですorz
なのに愛田はそれに気づくどころじゃない。全裸侵入をネタに脅されているんですもんね。

 桜井宅を、愛田の家だと不良たちは思ってる。
そこから何かバレるのに、まさかあの謹慎娘ゆあ(横田真悠)1人が家に上がり込み、ベッド下の全裸愛田と目が合うんだなんて!見てるこっちが変な声出ましたわ(^^;;;;)  間髪入れずに窓から逃げ出す全裸愛田もどうかしていてw あの後どうしたんだろう、寝た頃を見計らって室内に戻るまで窓枠に捕まってたんでしょうか、全裸で。誰か通報して~!
 で、桜井に「バラすにゃー」とゆあに脅されて。シラを切るでも同意のプレイと言い張るでもなく、桜井が信じない可能性にも賭けずに屈するとは、愛田もちょろいよね。で、そんな足舐めを目撃しちゃった親友マルちゃん(富田望生)は。やたら幸子に過保護と思ったらなるほど、愛していたのね…。 この年頃の友情は、はねつけると刺す方に回りかねない心配もありますが。告白に戸惑う幸子を受け入れて諦めるマルなら、そんなことにはならないかな…。そんな失意のマルを想う不良くん? いろいろな愛の形にしんみりですよ。 更にはゆあも、変態ながら足舐めテクはすごかったらしい愛田に心動かされたの? 以前の謹慎の時のように手下を仕込みも生配信せず録画だけとは。案外ちょっと愛田を好きになれそうだったのだとしたら、その後の展開が可哀想と言うか。


 深夜の学校、愛田といるところに警備員!先生に無理やり~と泣きつくゆあですが、その正体は。ゆあとの不適切交際で失職した元教師(前野朋哉)でしたー。

うーん。

以前、桜井を裸で追いかけた時の職質がコスプレした彼だったのは、振り返って納得ですがw  その男を使って口止めをするんじゃなくて、もう駆除=監禁でも殺害でもすればって扱いなのは非道すぎて。うーん、確かに元教師の人生めちゃくちゃにはしてますけどねえ、うーん、未成年である生徒と、その生徒を指導できずに誘われるまま劣情に負けた成人教師を同列に裁いちゃいけないのだと思うのだけど。

そして椎名先生も駆除、と言いつつホテルでしっぽり。加工品の女も相手にできるんじゃないですか。

 「ホームルーム」~4 ☆☆

 委員長、命拾いしたねえ。

 そうです、1話をディスっておきながらまだ見てますw
変態映像はキッツくても、30分なのが見易いんですよね。長くて重いドラマは見たくないなあ気分の時に、つい2話をつけ…。え、桜井の自作自演?となったら俄然面白くなってしまって。その時点では、夜中の変態行為も覚醒してて受け入れてる可能性も考えていたのですが、なんと桜井はただ純粋に先生を好きで好きで、振り向いて欲しくて水かぶったり弁当に虫入れたり、果てはその自演がバレないように証拠映像を盗むためなら生徒会長が死んだって構わない勢いで殴り倒したわけですよ。
怖。
だったら愛田と相思相愛…とはいえ、すれ違いっぷりが凄い。

 いくら先生が好きでも、自分に薬盛って夜な夜な忍び込んで全裸であれこれは、知ったら嫌いになるだろうし(なってくれ)、愛田は愛田で、自分の気をひくために自演するような女は…「加工品」範疇なのでは。世界の平和のためにも、なんとか不都合なことはバレずに結ばれて、2人で勝手に幸せになってて欲しいのですが、さてどうなるのか。

 4話冒頭、逃げる桜井を「待ってくれ、説明させてくれ」とパンイチで追いかけるラブリン。あーバレたね、と思わせておいて違うんだから憎いよね。
桜井が尾行した、その日に限って珍しく、桜井宅でなく自宅に帰る愛田先生。なんてラッキー。 愛田を陥としたい女教師も来ていましたが、ちゃんと追い返すところも見てて誤解はせず。そーっと覗いた家の中では、愛田が桜井への変態愛を爆発させた瞬間で←比喩w これまた地上波で放映しちゃダメだろーなんですけど。ピュアな桜井にはただ「裸見ちゃった」としか受け取られなかったのと同様に、良い子はわからないままでいてくれたことを願います。

 てなわけで夜の追いかけっこ、桜井的には「先生が私を追いかけてくれてる☆」と、『捕まえてごら〜ん』キャッキャウフフ的なむしろ楽しい時間orz  警察の職務質問も2人でクリア。  で、肝心の桜井への「説明」も、ルーベンスを目指すデッサン練習:モデル自分、って無理矢理すぎるんですけど! それで納得する桜井って馬鹿なのかな、いくら恋は盲目とはいえ(^^llll)

 不良グループは、桜井宅に入る愛田を尾行して、そこが愛田宅だと思ってる。
愛田宛の呼び出し状(メモ折りが可愛いw)が桜井に渡っている事情から何かバレるかと思ったのにな。その線はまだこれからでしょうか。4話から新登場、教師との不適切交際で謹慎してたキャラがどうなるのか。常にアメ舐めてフード被って、語尾がニャーンって、3次元でされるとキツくて役者さん可哀想。いやこの話、可哀想じゃない娘いないか…。

 情報のためだけに愛田に優しくされて、惚れた途端にフラれた生徒会長も可哀想なら、桜井を心配してもしても愛田の「誰にも内緒だよ」が優先で無視されてしまう富田望生も可哀想。いやでも、「先生が好きになっちゃったー」的恋バナもされてないって親友でもないのか。どっちからも攻撃される可能性がある桜井も不憫なら、全裸の山田裕貴と撮影するうら若き女優さん秋田汐梨も可愛そうorz 
このどっち向いても不安定なハラハラ感にそそられるのでしょうか…。とにかく地上波はねーどうなのかなー。

「SEDAI WARS」3 ☆

 これも30分ドラマw

 何がどうなったのか、世代ごとに争うことになった近未来の日本。争いの舞台はVRなので、それぞれなりたい自分の姿、理想の武器で戦うことに。するとボディコンに扇を振って、決め技がジュリアナなんとかだったりするんですよ。50代じゃんw  ヨーヨー、じゃなかった、けん玉を持ったセーラー服にロンスカポニテの人は「スケバン刑事」的ドラマのファンだったとw うわーこれも中高年向け? 私だったら何にしよう(違)
 JKの参加者は学校でいじめられ、気弱な主人公(山田裕貴)は会社員で、戦いがある日の有給休暇にチクチク嫌味を言われてたり。奥さん(真飛聖)世代はパートと介護でいっぱいなのに戦いに参加どころじゃないようですよ。

さてどこに着地する話なんでしょう。


「ホームルーム」1 ×

 ドン引き。

 主人公は変態ストーカー教師。そんな文言は確かにラテ欄にも踊っていましたが。ここまで酷いと思わないじゃん…。これ面白がってはダメな域では。

 繰り返しいじめにあっている女生徒桜井幸子(秋田汐梨)を、献身的に励ます担任教師ラブリンこと愛田(山田裕貴)

でも実際は、椅子に糊を塗ったのもアレもコレも、全てが愛田の仕業。それどころか、愛田が帰宅しくつろいだのは……

 桜井の家!!!

 家庭の事情で一人暮らしの桜井の家に毎夕、忍び込んではベッドの下に潜んでいるのでした。全裸で。

 よく眠れるよ、と愛田がくれるお茶を、律儀に桜井は毎夜飲むようで、何を入れてるのか昏睡レベル。それを待って出てきた愛田は、髪を梳かしたり嗅ぎまくったりと好き放題をしているのでした。全裸でorz

 原作漫画的には、このインパクトで人気出たんでしょう。全裸で潜むリスクを真面目にツッコんでも仕方ないのでやめますけど、ありえなーい。

 で、物語はどこへ向かうのか?
一体何がしたい話なのかと、もう視聴やめたい気持ちに耐え、新たな桜井イジメ装置の首尾など見ていましたらね。なんと。また桜井の椅子に糊が!
いい加減、座る前に確認ぐらいしろや、何度めだ!
もとい、愛田は塗っていないのに、誰が?
「桜井を困らせていいのは俺だけだー!」
と、校舎屋上で愛田が(全裸でw)主張するなか、1話の終わりw そう来たかw

 困っている桜井を助けたくて、ヒーローになりたくて、ついついエスカレートしてしまったらしい、イジメでっち上げ。本物がいるなら、もうでっち上げなくていいんだけどw

当の桜井も先生に助けられてちょっと喜んでいたりして、イジメ本来の「匿名の悪意を向けられている」恐怖がすっぽ抜けてたところに、やっと本当の犯人探しが始まります。熱意も態度も今までとは違って、怪しまれますよねー。

続きが気になるような。こんな不道徳なドラマは存在を認めちゃいかんような。


「健康で文化的な最低限度の生活」1 ☆☆☆

面白くて役に立つ。いいドラマですね!

新人公務員、義経えみる(吉岡里帆)の配属先は福祉保健部生活課。ケースワーカーとして初日から生活保護支給110世帯を受けもたされて、受給者の訪問で呆然。「死にたい」との相談電話に唖然。

それでも寄り添おう、と頑張る姿を見守る指導係半田(井浦新)に上司京極(田中圭)は、優しすぎると続かないよね~と皮肉な予言をするのでした。
同僚は5人!新人たちの明日はどっちだ!

今まで山ほどドラマ見てきて、何度『生活保護は!』とツッコミいれたことか。申請に条件があるんだろ、もらいたくない、断られた、親に連絡が行くと困る等の葛藤以前に、主人公もその周囲もその選択肢を知らずに話が進むのが許せなくって、もやもやしていたんですよ。それに実際本当に困窮してしまうと調べる余裕もおそらく無くなってしまうでしょう。物語として触れておいたら、いざというとき思い出せるのではと思うと、啓蒙もの大事ですよね。同時に、支給にまつわる問題点や周囲の無理解なども減らせるとしたら万々歳ですね。

のっけから担当者に自殺され動揺するえみるちゃん。
次に問題になった阿久沢(遠藤憲一)は、痩せてきてるのに1日1食で十分と言い張ります。経験上、それは何かで浪費をしていると上司に助言をされて、訪問するも家はすっきり冷蔵庫は空っぽ。結局生活保護費のほとんどを借金の返済で使ってしまっていたわけですが……。

『財務整理を!』

とえみるが言えば言うほど意固地に何もしたがらない阿久沢さん。その昔は社長だった人が、子供みたいな年齢の女の子にやいやい指導されてること自体がもう嫌だし、情けないし、日々なんの楽しみもなく借金を返すためだけに生きている様なもん……って、ねえ。半田さんが穏やかに水を向けなかったら、そんな声も聞きだせずに逃げ回られたのかも。受給者にもプライドがあるんですよねえ。
結局、法テラス(えみるの発音『法↑テラス』気になるw)に行った結果、過払いで150万円ほど返却になる見込みですってよ。150万円よ!しかも、晴れ晴れとした阿久沢さん、もっと早く教えて欲しかったとか言っちゃうのよ。何度も言ったでしょー!

受給者の死亡で、担当ケースが一つ減ると慰められても納得いかなかった えみる。必要が無くなって一つ減るほうが、晴れ晴れ出来ると学んで、生活課の仕事のやりがいを知ったのかも。

そして私たちも『借金があっても生活保護は受けられる』と知りましたよー。メモメモ!

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ