ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

山田孝之

「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」10 ☆☆☆☆

またも使命を忘れそうになるヨシヒコw
今までも巨乳人妻騒ぎの度に「リセット」されてきたのってこの仏ビーム? 海の家の兄妹を助けてラジオ局解説だの、バナナボードだの、勇者の衣を脱ぎ捨てて普通に青春してるヨシヒコが新鮮でしたわー。

しかし、一体何のドラマを見てるんだか分からなくもあり。(親しくなったら実は魔物だった、という要素すら無かったじゃないかー)

そんな展開『クソ要らない』と言ってくれる仏、たまにはマトモなこというw


とにかく、ずっと山で話が進んでいたのに唐突に海な回。
沖縄ロケで出演者リフレッシュだったりするのかな。でも面白いから許すw

クオリティの低すぎるルフィ海賊団も、まあ時事ネタだしねー(^^;;;)

 

「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」8☆☆☆☆

まさかのミュージカル!!


前シーズンで「巨乳」を連呼していた時のように、今回は「人妻」を連呼する壊れまくりのヨシヒコw 転職する度にそんなことになっていませんか?


「勇者だからこそ不倫!」

おいおいおい……。


で、DVを受ける人妻フローナ(ブラに記名とかw)との花畑での逢瀬で突然唄い出すのでびっくりしましたよー。また無駄に美声!

最後リセットで記憶はなくしている様ですが、むしろ記憶を保ったままキッチリ反省させないとダメなんじゃないでしょうか。


毎回楽しくてたまりません。火曜の朝6時から家族で観てたりしてますよ。なにしてるんだろう我が家。


そうだあと「逞しいのねぇ」とお色気姐さんに声をかけられたダンジョー、「宅麻伸だ!」って返事に聞こえたw 宅麻伸って芸名は「逞しい」から、なの? w 


「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」5 ☆☆☆☆

「井戸自体が、オレさ♪」

出た~井戸! 佐久間一行システムw

元々お笑い芸人の出るドラマではありましたが、まさかの本ネタw 笑ったのなんのって。その間もずっとヨシヒコが真面目に「鍵職人では」とか言い続けていて、ぶれないわー。


そして本編が始まっても、金八先生のパロディが延々続く。一体なんなんだこれはw
息子なんて元の金八を知らないんだぞ!(なのに河川敷のあれを、外人娘がジョギングとか野球部が通るディテールまで分かるって、どんだけ世は金八パロディをし続けてるのやら)
挙げ句の「歩くという字は…」「親という字は…」の呪文に対抗できたヨシヒコの能力、それは!

「私はその漢字を知らない!」  一同ガーンw


2シーズン目ともあって、ネタをきちんとレギュラーキャラで受け止めて笑いに変える強さがありますね。

好きだヨシヒコ、ヨシヒコ好きだ。←メレブ風にw

「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」1 ☆☆☆☆

太眉の術は「イモト」じゃないのかw


待ってましたの勇者ヨシヒコ第2弾!

もうどこをとっても悪ふざけなのは相変わらずで、なかなか始まらないわ勇者は決まらないわ、格好よさげなオープニングですら仏がアレw。

ヨシヒコ達を生き返らせたと思ったらメレブ以外年寄りだし、若くしたらレベルゼロだし、家族旅行だし、仏4号だし

「1号出せや!」

怖いよムラサキちゃんw


いやー面白かったです!酒飲んでゲラゲラ笑いながら見たいですね。

え、前シリーズの最終回だった屋上バトルに戻っちゃった?ガンバレーw


「勇者ヨシヒコと魔王の城」~最終回 ☆☆☆☆

「涼しいのです!」

冷房のかかった部屋から出られなくなる勇者ヨシヒコw またそれを堂々と言い張るところで声出して笑ってしまいました(><)

そもそも、魔王の国がそのまんま東京だったのにも笑った笑った。予算カット効果+寓意でお得でしたよねー。


そんなこんなで、長かった勇者ご一行様の旅も終わり。

ああ楽しかった!


おかげで我が家でもwiiの復刻版ドラクエ買ってしまいそうです。

海外にもドラクエファンは多いでしょうが、このドラマ楽しんでもらえるんでしょうか。ドリフやAKBのパロ満載じゃ、よほど日本マニアでないと駄目かしら……

でも日本の漫画、アニメも広く薄く見られる様になったせいか、目が大きくて手足が長いキャラは「日本人じゃない」という外国人の主張が最近、目立つんだそうですが。あの鳥山明のかまぼこ目なドラクエキャラだって、山田孝之で実写化されていささかの問題もありませんよね。「ドラゴンボール」の実写だって、主人公がアメリカ人でびっくらこいたのに。(特に周囲と比べて誇張されているか、設定が「外国人」じゃ無い限り、こちらの脳内では人間=日本人。宇宙人でもw)

その辺も、このドラマで汲み取ってもらえるといいんですけどねー。


映画化はしないで欲しい。

最後の台詞が笑えなくなっちゃう。(「スペック」映画化だそうでがっかり)

「勇者ヨシヒコと魔王の城」~#5 ☆☆☆

かっぱぱ~るんぱっぱ~ 黄桜でしたねーw

今週のオィーッスの村ドリフ三昧といい、中年の心をくすぐる笑いがいっぱいです。

それに加えて、つぼ割り!

およそRPGゲームをプレイしたことがあれば、あの『他人の家の中』で棚は開ける壷は割る、見つけたものは俺のものという狼藉に一度はツッコミをいれているはず。パーティーが一列に歩く様子とか、村人に話しかけても同じことを繰り返すだけというRPG仕様にも笑わせてもらいました。

これを観て、ドラクエやってみたくなる人は新規にしろ久しぶりにしろ、いるんでしょうねー。

初回ではかなり呆れていたくせに、だんだん癖になってしまいました。楽しいw
毎回冒頭でおばかな戦いを繰り広げる魔王の手下も豪華キャスト、あべこうじに沢村一樹にと楽しんでます。小池栄子の天女も下世話で良かったわーw

あと8話とか。

そんなに話が保つのか、別に毎回みてなくてもいいんじゃないのか、と思いつつもやっぱり観ちゃいますw(夏休みなので我が家の中高生も観てるから……懐刀とかの下ねたはやめて欲しかったかな。深夜なれど)



人気ブログランキングへ

「荒川アンダーザブリッジ」エピソード0 ☆☆☆

何を目指すのか山田孝之は?


深夜ドラマを好きな人は、今期週2回山田孝之に会えるわけですが、方やドラクエのコスプレ。方や「星」。スターじゃなくて「星」。黄色くて5つトゲトゲのある人です。これ、山田孝之にやらせる必要が?

いやそれ以上に、顔まで緑のカッパが小栗旬なのに仰天でした。このドラマ/映画のスタッフ正気なのかとw

それとも、イケメンがどうこうじゃないオファーって俳優として嬉しいものなのでしょうか?


その他鳥人(境目みせてー)やラストサムライ、女装の神父とわけ分からない扮装が満載の紹介番組を見ていると、逆に普通に人間として出演の林くんなどは淋しい思いをするのかなと思ったり。


原作は立ち読み程度(「聖☆おにいさん」は好き)で、特に興味のなかったドラマ化だったのに。このエピソード0でめちゃ見てみたくなりましたw


人気ブログランキングへ

「勇者ヨシヒコと魔王の城」1☆

薬草は村に届けなくていいの?


……とか、ツッコんでも空しい系(笑)

勇者の証である岩にめり込んだ剣が、ヨシヒコが触る前にぽろっと落ちちゃったり。「父の仇!」の証拠がひどかったり、仏様が主人公にだけ見えなかったりw 繰り出される小ネタで結構笑いはしましたが、別に毎週見なくてもいいのかな。
山田孝之のドラクエコスプレだけでもニヤニヤできちゃうw
くだらなさは深夜向けですが、教訓もおっぱいもグロもなくて大丈夫なのかと、要らない心配もしてみたり。あ、夏休みだから夜更かし小学生もターゲットなの?




人気ブログランキングへ

「闇金ウシジマくん」最終回 ☆☆☆

やー、面白かったです。音楽も大好きでした。
マグロ漁船にソープに実印泥棒、SFよりも遠い世界の様でいてもしかするとお向かいさんがそうだったりするかもしれない身近さは、まるで「9と3/4番線」(^^;;;;)

返済日に1万円足りない、その穴を埋めるために道ばたで
「千円下さい!」
と叫ぶ人って……本当にいるんでしょうか。(そして恵んでくれる人が10人もいるんでしょうか、東京砂漠に)
何割かの読者、視聴者はこの話を「あるある」と思いながら見るのかもと思うと怖いですねー。
概ねぶっ壊れた人ばかりで、ウシジマ社長からして
「素人が一番怖い」
と言わしめておりましたが。それでも時々、ちょっといい話が入るんですよねー。最後も、三千万弱盗んだ女はちゃんと捕まったし(多分金はもうずいぶん減ったでしょうけど……)、男は親友を残して独りで堕ちていったし。←ここで、しっかり騙せ!とハッパをかけるヒロイン(笑)ずっとそんなことダメダメ言ってたはずだったのに~。金融屋としては成長ですが、人間としてダメだよね。

 というわけで、これ以上続けちゃダメだとヒロインは業界を去り、社長は野菜を食べる様になりました(あのケチャップは野菜代わりのつもりだったの??)
続編に色気出してないところも好感度。 

人気ブログランキングへ

「闇金ウシジマくん」1 ☆☆☆

「逃げたかったら私は逃げます。パンツ一枚でも裸でも!」

そう言い切るヒロインの男前っぷりが素敵です。

美脚で美人で、それこそお水で稼げるだろうに何故か場末の闇金融で働き始めた千秋(元AV嬢?)、暴力にはキャーキャーいいますが、投身自殺は猛ダッシュで阻止!そのうち慣れる、と周囲に言われながらも真っ向純粋なのでした。人間関係を見抜く目も、頭もいい!そんないい子のヒロインを片瀬那奈が好演。最近お得意だったお嬢様役、タカビー女役よりも、地に足のついたしっかり者が実にお似合いです。
闇金融”カウカウファイナンス”の社長、山田孝之も不気味でナイス。

でも話は、てっきり漫画家くんもそこの社員になるまでで一話だと思っていたのですが、生命保険かけられて終わりみたい。えー、あんな生活じゃ掛け金も払えないじゃん。マグロ漁船は紹介しないの?(^^;;; )

上昇志向のあった「ナニワ金融道」灰原くんと違って、ヒロイン千秋の着地点が不明です。金と勝ち負け、だけでしか人生をみられない男たちが、友達や家族が大切だというヒロインの影響を受けていくんでしょうか……??
でも、そんなきれいごとじゃ収まらないよねー裏社会。

今のところ、今期で一番続きが気になりますw

人気ブログランキングへ

「BOSS」5 ☆☆☆

木元に刑事の自覚が!(そしてメンバーに連帯感が)

事件は結局、友を見殺しにしてしまった男の復讐でした。
警察は何もしてくれなかった。でも通報時に名乗れなかった男も悪い、という描写になっていました。警察の怠慢じゃなかったわけね。

……でもそれよりも、ボスのドロボウ姿に驚愕(^^;;;)全てをかっさらって終わりましたねー。
「全てにがむしゃらだった」
と語られる天海ボスの過去。なるほど、防犯教室も全力投球だったんですね。ノラない演技の木元を怒るわけです。そして柔道が強いのも、犯人に襲われてもやっつけられるのも今まででみてますから!犯人に捕まっちゃった木元に
”刑事なら鍛錬しろ”
と檄をとばされても、この人に言われるならハイと頭を下げるしかありませんて。

いろいろ突っ込みどころもありますが、天海祐希がかっこよかったらいいや!

毎回ラストで会ってる謎の男。彼の弟が近々、出所だそうですよ。誰なんだろうー。
(恋人なのはその弟の方だったりするミスリードじゃないかと深読み)

「BOSS」4 ☆☆☆

防犯教室(笑)
鑑識ちゃんがクビにならない理由(笑)

今回は、シリアスに始まったと思ったらまさかの防犯教室で笑わされ、陰惨な事件もはさみつつ
”どーしても誰かをクビにするならハゲのオヤジが先”
とかいう無茶な上司と、当の温水さんの必死さにまた笑わされ。
楽しかったです!
(前回”上司は隠し事をする”と明言しているわけで、上司@竹之内豊も案外、部下には言えない正当な理由を腹に隠しているのかも)

1話の爆弾魔で殺されるのは無辜の市民。2話も3話も被害者が悲惨でイヤすぎる事件、いくら最後で解決して間宮さんじゃない天海祐希がかっこよくてもナーンカ嫌だったのですが、今回はお気楽に観られました。殺されるのも嫌な奴だったからかしら(^^;;;;)
オープニングは文句なくかっこいいし、現場写真に入り込む形で捜査が始まるお約束の特撮も好き。これでもうちょっとスカッと楽しかったらいいのにーと思っていたので嬉しいです。でも後編どうなるのかな。

職場放棄のまま誘拐され、水責めで殺されそうな木…木…木元。よーし覚えてきたぞ(一刻を争うなら地元警察をまず行かせなきゃ間に合わないと思うんだけど)予告で死んでなくて一安心。

「タイヨウのうた」3 ☆☆

 カバンの中身をざらざらと出して。
頭にかぶせるのかと思いましたよ!!
本当に命がかかっているなら、そのくらいしたっていいでしょ。

閉じこめられた観覧車の中、非常に美しい構図で抱き会う主人公達をみていてイライラ。もっと床に顔を伏せて!!男もちゃんと覆い被さらんかいっ紫外線がっ紫外線がっ!!
そして駆けつけた御両親、何故か防護服不携帯。えー??

 そりゃ、振り返るヒロインは美しかった。
あれを防護服着用でしたら絵にならないけど、けどさ。

 ドラマにリアリティを求めているワケではないのデス。
ヒロインの顔にXP患者にありがちなそばかすを散らすことはないし、人数確認もしない観覧車があったっていいよ。いいけどさ。
『タイヨウの光にあたれない』
という悲劇を与えたのなら、そこを必死に守ってこその物語なのでは。

 山田君の過去の謎も含め、つまらないワケじゃないのだけれど・・・。
「マイボス☆マイヒーロー」や「結婚できない男」を見ているときには感じないストレスを、この「タイヨウのうた」を見ている時には感じてしまうのですよ。
なんだか片手間な感じ・・・「世界の中心で愛を叫ぶ」「白夜行」にあった確固たる何かが全くない様な。

「タイヨウのうた」1 ☆☆☆

 XP(色素性乾皮症)の少女と、夢をもたない青年の恋。

 意外に明るめのオープニング曲に、今度こそ死なないかも!と希望を抱いたのに「萎縮が見られます」展開でちょっとがっかり。難病で死なないと話が作れないの?

 ・・・それでも、はすっぱでムスッとしているヒロインは魅力的でした。
「一リットルの涙」のイイコちゃんとは違う顔を見せてくれる沼尻エリカちゃん。ギターの弾き語りも板に付いていてましたねー。
ナニナニ?作った歌を盗作されちゃったの??

 対する若者、不幸の似合う男山田孝之の存在感はもう言うまでもありません。
ナニナニ?ケンカで怪我して、音楽の道を諦めたの??

 運命の再会、難病。それでも夢をあきらめない!! 
と、3拍子揃った”いわゆる昔の少女漫画調”ながらも、丁寧な造りに好感が持てました。
親友の少女、業界人要潤、といった脇役も見所ありそう。
来週からの展開が楽しみです♪

「白夜行」最終回 ☆☆☆☆

 なんて見事に救いの亡いことに。

・・・いや違うかな。だってすべてを知っている笹垣(金八)が生き残ったものね。

 赤ん坊が生まれたのを知って、なお死を選んだ亮司。それって、母親と当の赤ん坊にとっては非道いことだけど、もしかしたら彼も
「ちゃんと伝えてやる」
と言ってもらっちゃったから安心して死んでいったのかも知れないです。その前に笹垣を刺してもとどめを刺さなかったのも、彼がいれば雪穂は大丈夫だと思ったのかも

 初めはただ可哀想だった子供2人が、だんだんと人非人2人になり、結局バカ2人になってしまって。それでも
『雪穂のために』
先に死んでいった亮司は、後にのこった雪穂がどうすると思っていたんだろう。
 あらゆることをゆがめて、
『亮司のために』
雪穂があんなウソをつくとは思っていたのかしら・・・・・。

 死人に口なしをいいことに、自分をイイコにして解説していくと事件は全く別の顔に。
2人で手をつないで自首していたら雪穂の罪ってほとんど教唆や幇助で大した刑にならなかったかもしれないのにね・・・。
 店も財産も無くして廃人同様って。結局亮司の償わなかった罪までかぶった様になっちゃったじゃありませんかー!

 彼女にはお金だけだったんだから。亮司の他にただ一つ信じられた、金さえ無くすなんて可哀想すぎました。

 それでも最後、日の光の下亮司Jrの手を握ることが出来た雪穂は幸せなのかしら・・・・・。
薬剤師の彼女と雪穂はどんな話をしたのかしら、しなかったのかしら。その後関係は続いたのかしら行きずりだったのかしら。いろいろ想像がふくらみました。
 いつもの暗い歌声にのっていつものエンディング、本棚で遮られて子供と大人時代をくるくると変わっていく(もしくは変わらなかった)彼らが可哀想でちょっと泣きました。

 で実は、あの指輪が欲しいなーと(ミーハー^^;;;)ちょっと公式に寄ってみたら、DVDには違うエンディングが収録されるとかなんとか。映画でも、カット部分が足されて良くなることは滅多にないので、蛇足なつけたしは止めて欲しいなと思いました。買う訳じゃないけど。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ