ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

山田孝之

「勇者ヨシヒコと魔王の城」1☆

薬草は村に届けなくていいの?


……とか、ツッコんでも空しい系。

勇者の証である岩にめり込んだ剣が、ヨシヒコが触る前にぽろっと落ちちゃったり。「父の仇!」の証拠がひどかったり、仏様が主人公にだけ見えなかったりw 繰り出される小ネタで結構笑いはしましたが、別に毎週見なくてもいいよね。
山田孝之のドラクエコスプレだけでもニヤニヤできちゃうしwくだらなさは深夜向けですが、教訓もおっぱいもグロもなくて大丈夫なのかと、要らない心配もしてみたり。あ、夏休みだから夜更かし小学生もターゲットなの?




人気ブログランキングへ

「闇金ウシジマくん」1 ☆☆☆

「逃げたかったら私は逃げます。パンツ一枚でも裸でも!」

そう言い切るヒロインの男前っぷりが素敵です。
美脚で美人で、それこそお水で稼げるだろうに何故か場末の闇金融で働き始めた千秋(元AV嬢?)。暴力にはキャーキャーいいますが、投身自殺は猛ダッシュで阻止!
そのうち慣れる、と周囲に言われながらも真っ向純粋なのでした。人間関係を見抜く目も、頭もいい!そんないい子のヒロインを片瀬那奈が好演。最近お得意だったお嬢様役、タカビー女役よりも、地に足のついたしっかり者が実にお似合いです。
闇金融”カウカウファイナンス”の社長、山田孝之も不気味でナイス。

でも話は、てっきり漫画家くんもそこの社員になるまでで一話だと思っていたのですが、生命保険かけられて終わりみたい。えー、あんな生活じゃ掛け金も払えないじゃん。マグロ漁船は紹介しないの?(^^;;; )

上昇志向のあった「ナニワ金融道」灰原くんと違って、ヒロイン千秋の着地点が不明です。金と勝ち負け、だけでしか人生をみられない男たちが、友達や家族が大切だというヒロインの影響を受けていくんでしょうか……??
でも、そんなきれいごとじゃ収まらないよねー裏社会。

今のところ、今期で一番続きが気になりますw

人気ブログランキングへ

「BOSS」5 ☆☆☆

木元に刑事の自覚が!(そしてメンバーに連帯感が)

事件は結局、友を見殺しにしてしまった男の復讐でした。
警察は何もしてくれなかった。でも通報時に名乗れなかった男も悪い、という描写になっていました。警察の怠慢じゃなかったわけね。

……でもそれよりも、ボスのドロボウ姿に驚愕(^^;;;)全てをかっさらって終わりましたねー。
「全てにがむしゃらだった」
と語られる天海ボスの過去。なるほど、防犯教室も全力投球だったんですね。ノラない演技の木元を怒るわけです。
そして柔道が強いのも、犯人に襲われてもやっつけられるのも今まででみてますから!
犯人に捕まっちゃった木元に
”刑事なら鍛錬しろ”
と檄をとばされても、この人に言われるならハイと頭を下げるしかありませんて。

いろいろ突っ込みどころもありますが、天海祐希がかっこよかったらいいや!

毎回ラストで会ってる謎の男。彼の弟が近々、出所だそうですよ。誰なんだろうー。
(恋人なのはその弟の方だったりするミスリードじゃないかと深読み)

「BOSS」4 ☆☆☆

防犯教室(笑)
鑑識ちゃんがクビにならない理由(笑)

今回は、シリアスに始まったと思ったらまさかの防犯教室で笑わされ、陰惨な事件もはさみつつ
”どーしても誰かをクビにするならハゲのオヤジが先”
とかいう無茶な上司と、当の温水さんの必死さにまた笑わされ。
楽しかったです!
(前回”上司は隠し事をする”と明言しているわけで、上司@竹之内豊も案外、部下には言えない正当な理由を腹に隠しているのかも)

1話の爆弾魔で殺されるのは無辜の市民。2話も3話も被害者が悲惨でイヤすぎる事件、いくら最後で解決して間宮さんじゃない天海祐希がかっこよくてもナーンカ嫌だったのですが、今回はお気楽に観られました。殺されるのも嫌な奴だったからかしら(^^;;;;)
オープニングは文句なくかっこいいし、現場写真に入り込む形で捜査が始まるお約束の特撮も好き。これでもうちょっとスカッと楽しかったらいいのにーと思っていたので嬉しいです。でも後編どうなるのかな。

職場放棄のまま誘拐され、水責めで殺されそうな木…木…木元。よーし覚えてきたぞ。(一刻を争うなら地元警察をまず行かせなきゃ間に合わないと思うんだけど)予告で死んでなくて一安心。

「タイヨウのうた」3 ☆☆

 カバンの中身をざらざらと出して。
頭にかぶせるのかと思いましたよ!!
本当に命がかかっているなら、そのくらいしたっていいでしょ。

閉じこめられた観覧車の中、非常に美しい構図で抱き会う主人公達をみていてイライラ。もっと床に顔を伏せて!!男もちゃんと覆い被さらんかいっ紫外線がっ紫外線がっ!!
そして駆けつけた御両親、何故か防護服不携帯。えー??

 そりゃ、振り返るヒロインは美しかった。
あれを防護服着用でしたら絵にならないけど、けどさ。

 ドラマにリアリティを求めているワケではないのデス。
ヒロインの顔にXP患者にありがちなそばかすを散らすことはないし、人数確認もしない観覧車があったっていいよ。いいけどさ。
『タイヨウの光にあたれない』
という悲劇を与えたのなら、そこを必死に守ってこその物語なのでは。

 山田君の過去の謎も含め、つまらないワケじゃないのだけれど・・・。
「マイボス☆マイヒーロー」や「結婚できない男」を見ているときには感じないストレスを、この「タイヨウのうた」を見ている時には感じてしまうのですよ。
なんだか片手間な感じ・・・「世界の中心で愛を叫ぶ」「白夜行」にあった確固たる何かが全くない様な。

「タイヨウのうた」1 ☆☆☆

 XP(色素性乾皮症)の少女と、夢をもたない青年の恋。

 意外に明るめのオープニング曲に、今度こそ死なないかも!と希望を抱いたのに「萎縮が見られます」展開でちょっとがっかり。難病で死なないと話が作れないの?

 ・・・それでも、はすっぱでムスッとしているヒロインは魅力的でした。
「一リットルの涙」のイイコちゃんとは違う顔を見せてくれる沼尻エリカちゃん。ギターの弾き語りも板に付いていてましたねー。
ナニナニ?作った歌を盗作されちゃったの??

 対する若者、不幸の似合う男山田孝之の存在感はもう言うまでもありません。
ナニナニ?ケンカで怪我して、音楽の道を諦めたの??

 運命の再会、難病。それでも夢をあきらめない!! 
と、3拍子揃った”いわゆる昔の少女漫画調”ながらも、丁寧な造りに好感が持てました。
親友の少女、業界人要潤、といった脇役も見所ありそう。
来週からの展開が楽しみです♪

「白夜行」最終回 ☆☆☆☆

 なんて見事に救いの亡いことに。

・・・いや違うかな。だってすべてを知っている笹垣(金八)が生き残ったものね。

 赤ん坊が生まれたのを知って、なお死を選んだ亮司。それって、母親と当の赤ん坊にとっては非道いことだけど、もしかしたら彼も
「ちゃんと伝えてやる」
と言ってもらっちゃったから安心して死んでいったのかも知れないです。その前に笹垣を刺してもとどめを刺さなかったのも、彼がいれば雪穂は大丈夫だと思ったのかも

 初めはただ可哀想だった子供2人が、だんだんと人非人2人になり、結局バカ2人になってしまって。それでも
『雪穂のために』
先に死んでいった亮司は、後にのこった雪穂がどうすると思っていたんだろう。
 あらゆることをゆがめて、
『亮司のために』
雪穂があんなウソをつくとは思っていたのかしら・・・・・。

 死人に口なしをいいことに、自分をイイコにして解説していくと事件は全く別の顔に。
2人で手をつないで自首していたら雪穂の罪ってほとんど教唆や幇助で大した刑にならなかったかもしれないのにね・・・。
 店も財産も無くして廃人同様って。結局亮司の償わなかった罪までかぶった様になっちゃったじゃありませんかー!

 彼女にはお金だけだったんだから。亮司の他にただ一つ信じられた、金さえ無くすなんて可哀想すぎました。

 それでも最後、日の光の下亮司Jrの手を握ることが出来た雪穂は幸せなのかしら・・・・・。
薬剤師の彼女と雪穂はどんな話をしたのかしら、しなかったのかしら。その後関係は続いたのかしら行きずりだったのかしら。いろいろ想像がふくらみました。
 いつもの暗い歌声にのっていつものエンディング、本棚で遮られて子供と大人時代をくるくると変わっていく(もしくは変わらなかった)彼らが可哀想でちょっと泣きました。

 で実は、あの指輪が欲しいなーと(ミーハー^^;;;)ちょっと公式に寄ってみたら、DVDには違うエンディングが収録されるとかなんとか。映画でも、カット部分が足されて良くなることは滅多にないので、蛇足なつけたしは止めて欲しいなと思いました。買う訳じゃないけど。

「白夜行」9 ☆☆☆

「行かない」ってドコへ? って思いました。・・・・カマトトじゃなくて(^^;;;)

 勃起はするけど射精しないそうですよ。
ていうか、強姦だ死姦(わ、変換しないよATOK)だ売春だと不道徳てんこ盛りでも、サラッと流してたじゃないですかー9時台のドラマらしく。それがいきなり露骨になられてもー。ベルトに手をかけられてもー。

 あと「え?」って思ったのが雪穂と亮の故郷。
東京近郊だと勝手に思ってましたけど、上京に新幹線が要るようなところなの? でも死体を持ってって埋めるような距離でしょう?? まぁいいけど。

 雪穂の本音を喜び、苦悩を想って涙してくれた養母。自首をすすめ、罪を償って出所してくるまで待っていてくれるって。
 そんな理解者を、殺しちゃあいけなかったんじゃないの?亮くん。

「白夜行」8 ☆☆☆

 共利共生。なるほど。

 金に執着する雪穂が哀れだ、とすんなり離婚してくれた旦那でしたが、見ているこっちはもうその旦那が哀れで。
 離婚する気満々の雪穂が、放置しようが逆ギレしようが煽ろうがグッとコブシを握ってこらえてきたのに、クスリ盛ってまで暴力をでっちあげって、そこまでしなくても(^^;;;)

 亮が表の社会に出て、雪穂との連絡も頻繁になって、悲壮さが薄れてきた2人なのですがまだまだ、『普通に幸せ』への道は遠いみたいです。

 それより何より、毎回恒例の『重たい独白』に『いつもの曲』がかかって、そこに同じ調子で
『「白夜行」のサントラCDが発売されました』
って流されると微妙な気分じゃありませんか。だからって、素の山田君と綾ちゃん並んで明るく告知されてもぶち壊しですけどねぇ。

 離婚で、「MAKOTO’s CLOSET」から「R&Y」に名前の変わった雪穂のブティック。あの雪の散りばめられて、視聴者にはそりゃ亮&雪穂な命名ですが、先輩の疑惑の目にまでそう見えているとは!
 そこで、「Rって何?」と聞かれて、共同経営者の名前を即答の雪穂。うわ、そこまで考えてパートナー選んだんだのね。

「白夜行」7 ☆☆☆☆

 ビルの屋上、虚空に向かってぶらぶらと足を揺らす桐原は・・・ちょっと天使みたいでした。いやアクマだったのかな。

 写し鏡の雪穂が、何をどうしても『普通に幸せ』になってくれないジレンマ。

 戸籍まで無くした男が、盗み聞きしてる内容が二股どころか
「あの娘にこの気持ちを打ち明けたい」なんだから情けない。
結婚を目前に、ピュアに心迷う婚約者。彼もどこかで感じていたんでしょうか。愛されてるわけじゃないって。
結局雪穂には男は手段で、結婚とは生活の安定と金が引き替えの売春だとかいってますよ。もう。
 愛されて育ってないから愛を知らない、そんな連鎖を描かれると空しくて苦しいです。

 ・・・でもやっと。
訳の分かんない手段使ってでもとにかくやっと。
 桐原君は表の世界に帰ってこられた様子です。・・・・それで幸せに終わればいいのになぁ。

 亮が出した警察手帳って? あの殺された若手刑事のなんでしょうか?
逃亡犯になってるおっちゃんの死体は、雪穂が育ててるあのサボテンの下に埋まってるんでしょうか??
 式場のホテルでの刑事とのニアミス、ハラハラしたけれど、よく考えればそこで掴まってる方が2人のためにはいいのになぁ。

「白夜行」3・4・5 ☆☆☆☆

「オレ、何やってるんだろう・・・・」
気付くの遅すぎる。

 穏便にやりすごして時効を待とう、そんな弱気だった亮が
『雪穂を泣かせない』
それだけのために悪に奮起したのが3話終わり。

 自分の死亡を偽装して戸籍を失い、
カードのデータ偽造して悪銭を稼ぎ・・・・・

5話ではすっかり全国ニュースレベルの犯罪者なくせに、仲間内和気あいあい。どこまで根が善良なんだか(><)
そして雪穂ちゃん、女子大生ながらどんどんダークに。

 友達の幸せが憎い、とレイプ&脅迫を頼んだりする雪穂を結局ははねつけられない亮。
全部いいなりにやっちゃった挙げ句に
あの涙もあの電話も(もしかしてもっとずっと前からのすべて)が計算尽くだったのではと不信感を募らせる。それぐらいならするなよ。 もしくは、ただただ盲信しようよ!!計算尽くだっていいじゃん。
 また、そんな揺れる亮のためにことさら悪女になってみせる雪穂が可哀想。
分かり合えるはずの亮が同じ方向を向いていないことが、彼女を傷つけるのね。

 これが舞台がアメリカでジェーンだのジョンだのが堕ちていっても、ふーんと感慨無く筋を追うんだと思います。でも日本なんだもの。
 狙われちゃったお友達の如く、ただ幸せで恵まれて、それを有難いとも思わずに生きてきた私なのでより一層、その同じ日本の裏でツメを噛み続ける雪穂に惹かれるのかと。

 もしかして雪穂、あの殺人現場で、鋏を持ち帰って亮を逃がすより刺し殺しておいた方が良かったのかもね。寂しいけどね。

 銀行員の彼女も、亮達に巻き込まれて仕方なく・・・グループにいるのかと思ったら裏でヤクザに貢いでいたりして。
そんな彼女に「不安だから信じたいのよ」と語らせておく構成といい、手に汗毎回手に汗にぎってみています。
 ただひとつ、強姦=女泣き寝入りって毎回の図式はどうかと思うんですけど。

 

「白夜行」2 ☆☆☆

「殺したねぇ」
「うん、あれは仕方がなかったね」

 そんな鬼畜な思い出話を、雪穂はいつかしたいんだそうです。そりゃ、出来る相手は1人しかいないよぉ・・・・。

 7年たって子供達は別人のように(笑)成長しましたが、ツメを噛むくせだの刑事を下から睨みつける目つきだのは変わっていません。そしてまた、トイレで再会した雪穂にまるで呪文のように語りかける2人だけの秘密。
「タイムマシーンがあったら過去に行く?未来に行く?」
「どぶに咲く花があるって」
そんなささいな思い出も、先週聞いたばっかりの視聴者ならともかくも、7年あれやこれや生きてきた子供達が大事に忘れずに暖めていたのかと思うと泣けて泣けて。

 なのに事件は全然風化せず、変な証拠写真は出てくるし(どっからだよ)雪穂は養女にいってまで身元を暴露されて苛められているし。

 一度人を殺している主人公としては、安易に
「殺すしかないのかなぁ」と呟いてしまう孤独がまた哀れです。

 でも、2人また出会えたからね。
こっちでネガの持ち主をはめて、あっちでイジメの犯人をはめるという複雑な罠の発動です。とりあえずは上手く行ったけど、それで終わるわけがないでしょう。
 ひとりで「タイタニック」見た菊池君が黙っていません。

 1話で、金八刑事がいみじくも言った、
「ウソは一度つくとまたどんどん大きなウソをつく羽目になる」
という警句が身に染みます。
 でもじゃあ、最初の殺人を公にして良かったのかというとそれも違うし。

 1話で見た未来がなにか間違っていることを願いつつ、転落していく若者2人を見守っていくしかないのでしょうか。

「白夜行」1 ☆☆☆☆

 子供が辛い想いをするの、耐えられない。

 いやその前に、物語の子供達を描くために実在の子供達がこんな、知らなくていいオトナの世界に触れて演技などしているのかと思うと我慢ならないデス。性に興味を持つのは止めないけどさ。変態の世界はまだ知らなくていいのに。金絡みでオヤジと、しかも実の親に売られてだなんて(号泣)

 とはいえ、見応えありました。
似たもの同士の2人が出会い、事件が起こり、同じ暗い目で刑事を、大人を伺っている。この緊迫感。
将来の悲劇を冒頭で見せてしまっていますから・・・・・いつか雪の日に、あの鋏ですべてを終わらせるまで、金八には追われ続け、太陽の見えない生活を送るだろう暗い予感がひしひし。でもそこに偽りでも、光が射していたらしいナレーションに救われます。
 出会ったから事件が起きてしまったけど、出会えて良かったと最期にも思っていて欲しいです。せめて。

 それにしても、11才。同じ年なら圧倒的に女の子の方が成熟してますね。

 ここから7年。ユキちゃんの方ならともかく、一番変わる時期の男の子に金八はちゃんと気付くんでしょうか。
年賀状、高1の甥っ子から「豪州から来てるマリオくんと」という写真をもらい衝撃を受けましたよ。変わらないねーと眺めていた可愛い顔の方に”←マリオ” うっそぉん(^^;;;)

「電車男」1 ☆☆

 あれー、彼氏いるよエルメスに!!

 懐かしの曲「ミスターロボット」と共に秋葉原の濃い〜オタク事情が活写されて始まるドラマ版「電車男」。アラ電車君(伊藤淳史)、オタク友達いるんじゃないの。
 ・・・・それにワカゾー伊藤くんのルックスは「イケてない」んであって「=オタク」的じゃないよねぇ。この先服装をどうしたって、大した変身にはならない気がします。

 その他、いちいち映画版との違いが目についてしまいました(映画版電車男、山田孝之。友情出演で酔っ払い取り押さえてましたね!)

 映画版電車くんは、特に現実は辛くなかったよね。普通に会社いって仕事して。
 一方のドラマ版の、不幸てんこ盛り演出は・・・エルメスさん(伊東美咲)からのお礼の品に心底喜ぶ前フリと分かってはいても、甘えてるというか、可哀想な自分に酔っている様にみえて微妙な気分。

 でもまぁ、キャストから職種から違うわけですし、そこは割り切って見なくちゃね。

 エルメス嬢の変人度は確実にドラマ版の方が上で、この子なら普通にワカゾー君とつき合えちゃうかも、と思わされちゃいましたよ。
 最初のデートがどうなるのか、2人の会話の話題は何なのか??ゆっくりじっくり描いてくれるだろうこの先の展開がちょっと楽しみになってきました。

 しかし、お茶の間にたれ流されるアニメ萌えに秋葉原にメイド喫茶!!害毒じゃない?
そういうのに慣れない同居人が、オタクを面白がっちゃって大変でした。
 来週からはあまり、面白半分にオタク文化とりあげないでほしいなぁ・・・半端に変なイメージ広がっちゃ可哀想。

映画「電車男」レビュー

映画「電車男」

 泣いて笑って、なぁんだ身近な恋物語でした(^^)

 知り合った経緯(電車内で酔漢にからまれているのを助けた)を書評やらで見ると、ありえないっちゅーかあり得すぎでベタベタっちゅーか作り話めいて感じたのですが。
 実写で見るとまた違いますね。

 オタクな主人公(山田孝之)は素直で必死で応援したくなるし!対するお嬢さんエルメス(中谷美紀)は・・・・絶対最初ッから電車男さんを好きだもん(^^;;;)

 なんちゅーか、『モニター越しに100万人が応援した恋』と言われても、想われた側がキモイッ迷惑ッと思うならそれまででしょう?
 恋って、毎日会う人とするほうがむずかしい。微笑がただのきまぐれか、本当に好意か、もしかすると別の人に向けて微笑んだのか、それが大問題。
 でも、電車男とエルメスの場合、機会をつくらなくちゃ逢えない関係・・・・・なら、会ってくれる以上、基本にあるのは好意だからね。行け行けゴーゴーです!

 なのに、好きの一言が言えない電車男くん。うー、可愛い。
自分と貴方は釣り合わない、辛いからもう会わないなんてプルプル震えながら言っちゃうんですよ。

「・・・私は楽しかったです。貴方といて。」
とエルメス嬢。そりゃ楽しいでしょ。好きかどうかは脇に置いても、必死な年下くんが自分の一挙手一投足をみつめてて、手のひらの上でコーロコロ転がってくれるなら。

 そんなわけで、気分はすっかりエルメス。
元からダメ男系好きだし。私もあんな可愛い子転がしたーい(笑)
 そう、結局中身が「山田孝之くん」なのはポイント高いです。でも、美容院(床屋じゃなくて・笑)行って、ジャケット買って、身なりを整えても挙動がオタクという役作りサスガでした。
 終盤、電気街のエルメスを探して走るうち邪魔なジャケットを・・・シャツを・・・脱ぎ捨てていくと下にはロボットアニメのTシャツが!!
 付け焼き刃なお洒落を脱ぎ捨てて、本当の自分で告白する姿は情けないけど感動的でした。

 応援するネット上の人物達にもそれぞれの顔がある、という見せ方もオーソドックスで、安心して見ていられました。そして主人公の頑張りと成功が、励ました名無しさん達の人生も少し変えていくんです。
 いい話だわ。

 ところで、全く出てこない主人公の家族(同居)は、息子だの兄だのの変化をどう思って見ていたんでしょう。突然髪切って服買って、いそいそ出かけていくのデートに決まってるじゃん!
 そしてまた突然ごっそり食材持ち帰ってきて落ち込んでて。ずぶぬれで帰ってきたと思ったら出ていって浮かれて帰ってきて(笑)

 ネットの住人達が思わぬところで接点があったりしていましたが、電車くんの家族だってその一員だったかもしれない。そう考えると更に世界は縮まっていくのでした。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ