ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

山田孝之

「dele」4 ☆☆☆

ガンで孤独死をした依頼主日暮は、ケイの子供時代のヒーロだった。
といっても、スポーツ選手とかじゃなてく当時TVを賑わせた霊能力少年。写真に触れるとその人に関連する風景が浮かぶので絵に描く、そんな千里眼の持ち主だったようですね。彼に憧れ、今でもスプーン曲げにトライしてみるケイと、超常現象には懐疑的な佑太郎。なのに、気軽にかざした手で触れもせずスプーンを曲げたのは佑太郎だし、山中で霊に導かれたのも佑太郎なんだから、皮肉なものです。

さておき孤独死。
現場にあった絵はもちろんお持ち帰り(^^;;;) 削除依頼のデータを、今回は率先してチェックするといいだす圭司です。そして、依頼主がマスコミの前から姿を消すことになった事件では、失踪した母親がみつからないままとわかりその家族に会いに行きます。例によって『友人でーす』てなもんで。
そこで得たヒントから、どんどんと核心に迫っていく二人。最後に残った絵は、閉鎖されたキャンプ場とラムネの空瓶で……その下に埋まっているということ? 車椅子は無理な山中に、圭司を負ぶって分け入って行く佑太郎。呼び寄せられるように迷いもなく進み出し、ついに立ち止まった場所にはラムネの空瓶と、白い人影!ひーーーーーorz
もしやお盆だから幽霊譚に?
ともかく掘り進めたら本当に人骨が出、泥だらけのまま警察に留め置かれる二人を守ってガンガン戦う舞子さん。カッコイイ。しかし、霊視のこともdeleも表に出さないで、という念押しはまるっと無視され、新聞ネタになってしまうのでした。その報道をみてまた、依頼が増えるのかしら。

母がみつかって良かった、と語る娘さんにも、警察にも、二人が伝えなかったことがひとつ。穴に一緒に埋まっていたのは、父親の名刺入れ。娘が修学旅行で不在の日、ささいな言い合いから突き飛ばして死なせてしまった。処分に困って埋め、失踪届けを出したと父親。看破できなかった警察の捜査も杜撰でしたし、霊視でそれを知ってしまった日暮少年は、娘さんに悟らせないために失敗を装ったのですね。
でもそれを裁く立場にはないdeleは、ただ立ち去るのみ。

また日暮が死の間際まで描いていた絵の場所には、彼の母親が住んでいました。そこでも、ただ立ち去るだけのふたり。母をみつめる幽霊を残して。ひぃぃぃぃぃぃ


1話に比べるとどんどんウェットに、圭司と佑太郎の思い入れに左右されているdeleのお仕事ですが大丈夫なんでしょうか(^^;;;) そして佑太郎の謎って。霊能関係じゃないはずですからね、そろそろ事件に出自が絡んでくるのでは。楽しみです。

「dele」3 ☆☆

赤い薔薇を5本送る意味は。
「ロマンチストだな!」と言わせるのに、その意味はドラマ内では見せないのねw しましたよ、検索w


今回の依頼主は、依頼たった3日後に自殺。薔薇の花を添えて幸子さん(余貴美子)に渡してくれ、と頼まれたデータは怪しい男にラップトップごと盗まれる(遠隔のコピーと削除、間に合いましたけど) ……怪しいことこの上ない依頼人の素性は、なんと公安のエスだった……!
自分が不在の間に勝手に依頼を受けた佑太郎に怒っていたケイでしたが、自殺の後始末に使われたと怒りはシフト。寂れた港町で、28年も監視を続けていた経緯が判明するころにはフェイスブックで幸子さんの同窓生を探し『生き別れの息子です』と連絡までとってるんですから、もう調査の主体はケイにw そしてもちろん、息子になりすまして励まされに行くのは、佑太郎くんのお仕事ですよー。

掲示板上で連絡を取り続けていた男女。見逃し続けていた監視する男は、監視への報酬を打ち切られて死を選ぶ……海に飛び込むなんて、不確実なやりかたで?(海辺育ちなんだもん、泳げたよね。それだけ死ぬ意思が強かったともいえますが)

ちなみに5本の赤い薔薇は『あなたに巡り会えた幸せ』 幼馴染をただみつめるだけの28年が、彼を支えていたという悲劇。素敵な物語でしたが、壮大すぎて身近に潜む恐怖感は薄かったですよね。

事件のために撮影をしようとするたび、ストレージ不足のエラーで頭を抱える佑太郎w 私も古い機種使ってるから分かる分かる! 

「dele」1、2 ☆☆☆☆

死後にデジタルデータを削除する。確かにそんな契約はこれから必要かも……。

『依頼人の死亡を確認、デジタル情報を削除する』
dele社を営む圭司(山田孝之)の元に、やってきた祐太郎(菅田将暉)はするすると懐に入り込み、片腕のように働くことになりました。送り込んだ弁護士の姉舞(麻生久美子)曰く『人を少し、優しい気持ちにできる』そんな男、祐太郎w

おかげで、ただ機械的に死亡を確認し削除、それだけだった圭司の仕事に、なぜ、どうしてと依頼人の人生を振り返る時間が入り込みます。

1話では、ゴシップ記者が命をかけた警察汚職の証拠を入手。
情報のため、スラスラと嘘を重ねる祐太郎にデジタル機器を駆使する圭司。対比が鮮やかです。そして自分はただのプログラマだ、という圭司。デジタルの扉を開けるためハッカーに必要なのは、社交性と機動力なんだとか。なるほど息子と仲良くなってパスワードになる愛称を仕入れてきたのは祐太郎でしたw そしてカード会社へのハッキングに、警察に侵入してハードディスク持ち出すって完全に犯罪(^^;;;;) いくら人殺しに追われたからって、窓から隣のビルに跳ぶ祐太郎も命知らずの無鉄砲ですが、追う刑事(般若)を通りすがりの無辜の障害者のていで足止めする圭司もけっこうなタマではw
経理の薫(江口のりこ)が無事、汚職を告発できて。
息子くんには祐太郎が無事、誕生日プレゼントを届けられての一件落着です。実はゴシップを捏造したゲスな証拠も山ほどあったそうですが消去消去(悪用する人なら、とんでもなく稼げる仕事ですねdele!)

2話では、勘当娘の生前葬を、両親に見せることに。
そもそも「弟です!」と嘘ついて入った部屋で依頼人詩織(コムアイ)が死んでいて。警察来る前に消えた祐太郎、怪しいわ指紋残してるわ、殺人事件だったら容疑者ですよ。おまけに遺書を持ち出して(^^;;;)
依頼していたデータの削除を『しないで』と書き残した絶筆。それを知っても、平然と消そうとする圭司。せめて確認しようと止める祐太郎。そもそも圭司ひとりだったら、そんな走り書き手に入らないのですが。
『彼女の人生を背負えるのか』
と問い詰める様子では、その実圭司の方がナイーブなのではと思いますよね。祐太郎と二人、友人として葬儀に参列する羽目になっても親御さんと喧嘩始めるのは圭司の方だったりw そして詩織が実は、大ファンのバンドの関係者と知ってころっと態度変わったりと案外、衝動的w
親が潰したと思っていた人生を、娘は仲間に囲まれて幸せに生きていたんです。それを最期に知らせたくなったのは、愛か。それとも復讐なのか……?


どうやら親と何かあったらしい圭司。でもそれを言ったら、今は陽気な祐太郎こそ驚きの大きな過去を抱えているんだそうで。
誰でも秘密がある。
それを消したり暴いたり、なにが最善かもっと答えがでない事件がやってくるのではと今からハラハラと次の回が楽しみです。

「やれたかも委員会」~最終回 ☆☆

え、『確認』てそうなる? ジーパン越しに手のひらも、体勢としても無理がありすぎる。するのなら、こう……。

最後は珍しく女性の相談。そして関西。
近所が映ったり、デート先が太陽の塔だったりして嬉しくなっちゃいました。そして福田麻由子が育ったらMEGUMIに! これが案外違和感なくて驚きました。田中麗奈以外の育成先もあるんだ!

てなわけで、勤務先で顔見知りになったヒロイン(福田麻由子)と彼(小関裕太)
昼ごはんでも一緒に……と声をかけられるまで知らなかった、エレベータで会う程度の人。いやこれ、同僚と昼に行くのと違うし。入籍間近の恋人がいる身で、昼ごはんぐらいならいいか、は罪作りな。案の定、親しさを増したころ
「つきあってる人とか、いるの?」
に、もうすぐ入籍~☆と返して、逆上した彼に「奪いたい!」と抱きつかれたりしておりましたが。そこまでされながら尚『友達として、デート』を受け入れるヒロイン。あ、悪女……。

そしてデート終わりに抱きしめられて。
彼の気持ち(←婉曲表現w)を「確認」したかったというヒロインに閉口する男性陣。そんな反応を描くのも初めてならば、判定はそれこそ初の「やれた」満場一致! そして判定後の問題提起は、すべての可能性に言及する『平行世界』の説明となって、ホワイトボードは可能性の枝分かれで埋め尽くされていくのですが……。そうなのかな。

太陽の塔の足元が、緑に覆われて見えない。すべて知らないほうがいいのかも……。

という観覧車でのやりとりから思うのは、すべて知ってしまったらもう憧れの人じゃなくなる可能性。実際、婚約者との結婚生活は2児をもうけて破綻、離婚しているじゃありませんか。
あの時そのまま誘っていたら、婚約者がいるのに流された女として、醒められていた可能性のほうを考えてしまいます。

なんにせよ、バリエーションをつけようとしたのでしょうが女性エピドードになったとて拭えない男性視点。違和感ばりばりな回でした。


中尾明慶の回では、ずーっと友達付き合いしてた森川葵との「やれたかも」に、とある晩の一言だけを気にする彼に「NO」をつきつけたじゃないですか。問題はその夜その一言への返答だけじゃなく。もっと何年にも渡ってずっと待っていたかもしれなかったのに見逃し続けて失ったんだよ、と。あれは実にしっくりきました。そして中尾くんは泣いたのに。

次の週にはもう、行きずりのカラオケ女とやれたはずと。以後ずーーーーーっと彼女を探し続けているホラーにw
アパートの郵便受けに彼女の名字を探し、商店街で似た後ろ姿を追いかける。ガクブル。そ、それで、本人とミラクルに巡り会えたとしても覚えてなさそうだし、同じテンションでキスなんかしてくるわけないし。むしろその意味のなさこそ正統派な『やれたかも』事案なのかもしれませんが、ドン引きですよ……。

時折キュンといい場面があるのですが、半分近くは意味不明。シリーズを通じてずっと、男と女はこんなにも互いにわけがわからない、と描いていたのかもしれません。

「やれたかも委員会」3 ☆☆☆

森永悠希が「やれたかも」を語る……うわあ。いいもの見た感。
言ってしまった後悔より、言えなかったことを後悔する。けだし名言です。

8年前、就職して上京。カッコつけて高円寺に住んでも友達も恋人もいなかったあの頃。
それもただの出会いじゃなくて、巨大掲示板の愚痴に反応して合流してくれたのが、オヤジじゃなくてタメ年の美女(武田玲奈)だった!そんな奇跡ってありますかね。しかも。携帯電話が同じ機種w
朝までカラオケして、おんぶせがまれて、なのに
「あ、お米買わなきゃ」
と言われてコンビニに寄って。思わず避妊具の棚に目がいく下心と、でもなにも言い出せない気の弱さと。思い切って犬の名前までは聞いたのに「チャッピーが見たいな」は言い出せず、そのまま別れたあの朝。

甘酸っぱかったわ~、男性陣は安定の「やれた」2票w 女性もまた安定の「やれたとはいえない」
過半数で一応「やれた」になるんですけどね。争点の米が。「君に朝ごはんをつくるため」はさすがに却下w 
「おんぶを降りるきっかけが欲しかった」
は、確かに確かに~。

今日知り合った男におんぶされてる非日常、からの「米を買う」日常。
毎度無茶をいう佐藤二朗の『おんぶしたまま米を買っていれば……』に笑ったわ、それは変だから!

そもそも『同棲してるけど、あまり帰ってこない彼氏』は実在してたのかな? 若い女性が知らない男と近所で飲むなら、予防線を張った気もします(ネットでおやじのふりする娘だもんね) 別れ際、素直にもっと一緒に居たい、また会おうと言えていたら。連絡先ぐらい聞けていたら。
赤信号を突破してのキス。トイプードルのいる家でご飯が炊きあがる明るい朝。部屋着の彼女。そんな妄想の回想シーンが可愛く切ないです。

田舎で家業を継ぐ。
もう東京を離れる彼の8年間で、一番キラキラと輝く思い出がこれかと思うとまた更に切なくなるのです。地元でいい人と出会えたらいいね。


「やれたかも委員会」2  ☆☆

クラブナイト編。

今は余裕綽々のバーマスター(浜野謙太)が、若かったころのお話。

上京したてで、東京の女の子はみーんな可愛く見えたあの頃w クラブ初体験、ただ薄暗いところでリッツ食べてるだけ……から勇気を出して踊ったら、会場が盛り上がって女の子とも話せちゃったよ!
そして屋上でめくるめくキッス!
目に付いたホテルに誘ったらOKで、うきうきと向かったらまさかの……満室。

そこからタクシーで道玄坂に向かうも、満室。満室、満室、満室! 何軒回っても満室w めげずに新宿に行こうとしたら、彼女帰っちゃいましたよって。

男性陣はこれで「やれた」なんですねー。着物の能島さんなんて万感を込めて振りかぶっての「やれた」!!!!!  2対1で「やれた」と評価。
特に、アパホテルに空室さえあれば、完全に!と盛り上がっていたのですが……。

『アパホテルの照明が明るいフロントでは我に返ってしまうから無理』
と、月嬢。そうそう、クラブも屋上も暗かったし、あそこはラブホじゃありませんものねえ。
『ビジネスホテルなので』

じゃあ、屋上でなら完全に……って、いや、それはさすがに寒いと総ツッコミw

タクシーで、あのラブホだらけの道玄坂に向かうんじゃなくて。家に来る?って一言彼女に聞ける扱いなら。あるいは…と思わず見てるこちらまで、どうすれば「やれた」のか、考えてしまいましたよ。なんてことでしょう(^^;;;) 

最後、今日の記念にマスターが受け取ったのは可愛い東京マップと、移動を説明してたタクシーの矢印w バーに飾りますか、これ。

「やれたかも委員会」1 ☆☆

なんだこりゃw

青春の1頁。やりすごしてしまった「あの時」って、もしかして……ヤレタのか?勘違いなのか?
そんな、今更なんなのという男子の疑問に3人のジャッジ(佐藤二朗、白石麻衣、山田孝之)が結論を出すというドラマだか何なんだかな30分です。でも舞台っぽい感じは好きかな。必然もてない君やイケてない君がメインになるわけで甘酸っぱさもいいですねえ。

今回の相談者、増田(間宮翔太郎)は高校時代のコンビニバイト仲間、年上女性の自宅で映画を観に集まったときの「やれたかも」をずっと気にしていますw
他の二人が買い出しに行った間、ベッドで背を向けてうたた寝を始めたあの人は、実は起きていたのでは。30分ほどの二人きりの時間を見越して、実は誘っていたのでは……?? バイトを辞め上京し、実家もすでにその町にはなく、海外赴任も間近。実は誘われてたとしたって、なにがどうでもないのに!そして本人に確認するわけでもないのにw なぜここで相談するのかw

彼女セレクト映画のエロさ、家と買い出し先の位置関係、寝息と水滴音のシンクロ等々から「やれたかも」札をあげる能島譲(佐藤二朗)オアシス(山田孝之)に対し、これまた数々の反証で「やれたとはいえない」札をあげる月綾子(白石麻衣) でも多数決で結論は
「やれたかも」
となり、歓喜の増田ガッツポーーーーーズ!   (^^;;;)

彼女の寝姿の曲線と重なる、故郷の町を囲む山々の連なり。その時と同様に事務机の上に背を向けて横たわる月綾子を、さあ、踏み越えて新しい人生を歩き出せ……!!

最後の儀式は毎度何かあるのでしょうかw 何かいいものをみたような錯覚が無きにしも非ず。

実は先週も録画していて、ダイジェストの事前紹介番組かなとチラ見で消してしまいましたけどそれが1話でこれは2話なのかな。でも話数なんてどうでもよさそうです。


映画「テラフォーマーズ」 ☆☆

ハイ火星、ハイゴキブリ、ハイ昆虫化!
原作「テラフォーマーズ」成分の最低限は盛り込まれていますけど、それぞれの事情や生い立ちの悲哀はばっさりカットor薄味に。むしろあの、お涙頂戴こそ原作の真骨頂で邦画と相性いいと思ってたのにな。まあ三池監督だし、分かってたのに怖いもの見たさに負けてしまいましたよ。
あ、首は飛びます。スポーンと。

というわけで、人気漫画の実写映画化。
火星移住を視野に入れてる未来社会。しかし事前の火星環境地球化=テラフォーミングが功を奏しすぎ、地衣類と共に送り込まれたゴキブリは二足歩行するムキムキマッチョに進化して地球人を待ち受けていたのだった……!
本当になんでよりによってGを。そして「進化」をなんだと思ってるんだか、人型のGとかw

さておき、そんな基本以外はあれこれ大胆に違いました。各国が火星の覇権を巡り軍の精鋭を送り込んできて肉弾&情報戦でぐっちゃぐちゃ、という部分は無しで。日本だけが進化Gの存在を知り、抜け駆けで宇宙船を飛ばすのです。するとほら、クルーが全て日本人でOK!邦画で無問題!しかし報酬目当てのクルーは軍人ですらなく、犯罪者崩れのチンピラ(と美人)ばかりの惨状で、宇宙船がよく無事に火星まで飛んだものですorz
ただクルーは誰でもいいってわけじゃなく、バグズ手術(=昆虫の能力あれこれを取り入れる為の人体改造)に適合率が高くなければなりません。ここも作品の目玉ですのでほぼ原作通り。しかし、送り込むほうはG人間との戦闘も予想していたでしょうに訓練もせず、襲われてから『実はこんな能力がね』って遅いから!

主人公は一応小吉(伊藤英明)、DV義父を刺した奈々緒(武井咲)をかばってそいつにとどめを刺すという無茶で指名手配に。「ブレードランナー」テーマパークの様な街を2人逃げ惑っているところを、なぜかバグズ手術適合率を知っているマッドサイエンティスト本多(小栗旬)に拾われての参加となります。その決意が軽いw 「じゃあ行く!」って奈々緒ちゃん、電車でじゃないよ、死ぬかもしれない手術を受けてから火星にだよ。またそれを「お前となら地獄でも」とぬかす小吉。それだけ聞いたら熱愛カップルですが恋人には見えないんですよね、せいぜい兄妹。 愛が冷めたら別れる恋人や夫婦より、家族の絆の方が深いともいえますが。
そんな2人が火星に降り立ちじゃれていると、黒い影。人型Gがあっさりと奈々緒の首をひねった後は、とにかく殺戮と変身と殺戮と戦闘。滝藤賢一がメダカハネカクシの能力で口から炎を噴射、皆が乗った装甲車を抱えて飛びます(……握力どんだけ) 小吉がオオスズメバチ、山ピーがサバクトビバッタと、それがどんなに強くても基本タイマン勝負。押し寄せる敵の数を見ていたら絶望しかなくて、もちょい遠隔からできる攻撃があるか、数は塩梅するべきかと。

そんな中、実は『Gの卵を持ち帰れ』と本多に指示を受けていたのがエメラルドゴキブリバチの菊地凛子と、ネムリユスリカの山田孝之。要はゴキブリを操れる女と仮死から生き返れる男。え、操れるの?もっと何人もそれにしておいたら……いや適合率が……って歯がゆい(><) 歯がゆいといえば山田孝之も、病弱な母と弟妹を支えて研究に励んだのに裏切られ……と悔しい過去が動機なのですが、いやその10人はいそうな弟妹産める病弱って。バラック暮らしなのに避妊もしない親の、子沢山は彼の責任じゃないのでどうにもモヤモヤ。これも人物の国籍が変わり、日本人になっちゃってるから変なんですよね……。

と、気がつけば長々と書いていますw いろいろ呆れはしましたが飽きはしませんでした。
原作読んでアニメ観てる息子を捕まえて語ってしまいましたし、ツッコミながら見るにはいいのかも。

「山田孝之のカンヌ映画祭」1 ☆

マシンガントークの山田孝之、珍しいものを見た様な。

「賞を取りたい、どうせなら世界最高峰のカンヌで!」
と決意も固い山田孝之氏。まだ撮影中の「勇者ヨシヒコ」楽屋に呼ばれ、ご指名された監督も気圧されていましたが、え、台本あるんでしょう? もしや本気かと思わせてしまうところもこみで仕掛けなんですよね? 部屋とか名刺とか、スタッフが用意してくれたんですよね? ね?
 

でもそんなに熱心に挑む作品なら見てみたいと思い始めたところで、主演はしないと山田氏。えー。
来たらビビるよ、という主演俳優はなんと……うん、びっくりな人物でしたよ。それだけ確認したら力抜けました。親殺しの大量殺人鬼を、自信を持ってまかせられる配役だそうで事務所もオッケーとはマジかw
とにかく30分が長くて眠気が。「情熱大陸」的にアイキャッチいれつつ15分にするか、こっちも別のことしながら見るべきものなのかもしれませんw

漫画太郎描くところの山田孝之ポートレートは爆笑でした。保毛尾田保毛男か! 


「勇者ヨシヒコと導かれし七人」1 ☆☆☆

始まりました!シリーズも3作目となるバカドラマの雄!

……さすがに冗長かな(^^;;;)
メレブのボケも盗賊(菅田将暉)が忍者に気づかないやりとりも繰り返しすぎなら、さすがに仏の一人舞台は……半分に出来なかったのかと。愉快でしたけどね。早送りがしたくなる。シーズン1、2の再放送は何度目でもつい、ながら見して笑ったりしてしまうけど今期はどうなのかな。
贅沢言ってますかね。楽しみにしすぎたのかな。
斬られた(眠らされた)忍者を知っている、とかき抱く盗賊が
「実は……」
と説明しかけたところでバッサリだったのは笑いました。空気が読めないよねヨシヒコ、関係が気になるーw

とにかく『7つの弱点を同時に叩くため』7人の勇者が必要だぞ、と。どんな7人が集まるのでしょうか。7人ぞろぞろ連れ歩く=レギュラーが増えることになるのでしょうか。
お気楽に見ることにしますわ。


「闇金ウシジマくん(3)」~最終回 ☆☆☆

3P母娘と洗脳男。
どっちも目を覆わんばかりの惨状が続き、指の隙間から見ながらも「逃げて~」と『何てバカなんだろう』の感想を交互に繰り返していました。

特に洗脳はね。実際に似たような事件があったことを思うと怖さ倍増です。
無茶なこと言ってるはずなのに、寝させない食べさせない痛めつけるのコンボで人はこんなにも考えられなくなるのか、と。そして『娘の犯罪』をキーワードに巻き込まれていく家族。いやいや、ホントに犯罪者ならむしろ隠蔽しちゃダメじゃん。
通報するタイミング逃げられるタイミングはたくさんあったはずなのに、どんどん泥沼にはまっていって、もう。家族で潰しあってる場合じゃない、刺すのは神堂サマとか呼ばせているそいつだ、殺せー!

…と、滾っているところへのウシジマ到来。キターーーーーー!待ってた!
死体があろうが血まみれだろうが、紙袋被っていようがw 眉ひとつ動かさずに、金の話しかしないブレなさが素敵です。主人公に人生を選べとハッパをかけてくれ、刑務所から出る日にも迎えに来てくれますが、別に心配してくれてるわけじゃなく
「借金返せ」
だもんねw そしてもっと貸してくれるそうですよ。10日5割なのに(^^;;;)

洗脳男(中村倫也)にはもっともっともっとひどい目にあってもらいたかったですが、法治国家なのでまあ仕方ないか。
 

そして働く娘に再会した、ホームレスになった母。

娘の方が、食べ物をやる情はみせつつもきちんと背を向けて逃げられてホッとしました。永遠に縁切りでいいよ、あんな親。

そうそう、老人宅でお手伝いから、ネットパソコン教室を開くまでになって生活保護を脱したコセちん(本多力) は珍しいハッピーエンドパターンでよかったです(^^) 売り飛ばされるシャンプー娘は自業自得でかわいそうじゃないし(^^;;;)


と、ドラマは怖いもの見たさで毎度みますが。映画で何時間も続けて見るのはキツそうです。


「闇金ウシジマくん(3)」1 ☆☆

いつものウシジマくん。下衆ばかり。
よくもここまでという底辺の底辺が雁首揃え、異次元の会話が繰り広げられます。ワリキリって売春のことなのか……言い得て妙。これまたいつもの専門用語解説が画面に入らなかったら話題が分かりませんよ(^^;;;)

パチンコ狂いでパート先から食料をちょろまかす女、その不仲な娘はネカフェ暮らし。
実母と3Pなら7万円……をもちかける男も男だし、母に伝えてみる娘も娘。でもやっぱり最低なのは、よし!と乗っかる母ですよね。そりゃ借金抱えて、利息の7万が払えずにボッコボコにされ、てっとり早く自宅売春で稼いでるぐらいだから7万円は魅力でしょうけど、それ全額もらえないからね? 娘もなんで減らした額で言わないかな……って、見てるとどんどんモラルがオカシクなっていきます(^^;;;)

生活保護を勝ち取って、寝るのがお仕事になった男。でもそのうち借金するよね。隣宅に来てるウシジマ金融から借りちゃうんでしょうか。あの取立て見てるのに。勇気ある。
最初に刑務所から出てきた女はなんだっけ。
そうそう、占いにハマってるお嬢さんだった、この頃はまだ普通のOLさんだけど……急に傘を貸してきた男、あれ占い師の回し者だよねw 運命の人に出会う日、なんて思わせぶりに言われて、今は金持ちそうな男に騙されるに違いない、この人だけは可哀想かな。

ウシジマさん(山田孝之)は、今回睨みをきかすだけでまだ真価をみせず。 それでもすごい存在感ですねw また映画が、それも2本連続上映されるそうで稼ぎますねえ。

「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」10 ☆☆☆☆

またも使命を忘れそうになるヨシヒコw
今までも巨乳人妻騒ぎの度に「リセット」されてきたのってこの仏ビーム? 海の家の兄妹を助けてラジオ局解説だの、バナナボードだの、勇者の衣を脱ぎ捨てて普通に青春してるヨシヒコが新鮮でしたわー。

しかし、一体何のドラマを見てるんだか分からなくもあり。(親しくなったら実は魔物だった、という要素すら無かったじゃないかー)

そんな展開『クソ要らない』と言ってくれる仏、たまにはマトモなこというw


とにかく、ずっと山で話が進んでいたのに唐突に海な回。
沖縄ロケで出演者リフレッシュだったりするのかな。でも面白いから許すw

クオリティの低すぎるルフィ海賊団も、まあ時事ネタだしねー(^^;;;)

 

「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」8☆☆☆☆

まさかのミュージカル!!


前シーズンで「巨乳」を連呼していた時のように、今回は「人妻」を連呼する壊れまくりのヨシヒコw 転職する度にそんなことになっていませんか?


「勇者だからこそ不倫!」

おいおいおい……。


で、DVを受ける人妻フローナ(ブラに記名とかw)との花畑での逢瀬で突然唄い出すのでびっくりしましたよー。また無駄に美声!

最後リセットで記憶はなくしている様ですが、むしろ記憶を保ったままキッチリ反省させないとダメなんじゃないでしょうか。


毎回楽しくてたまりません。火曜の朝6時から家族で観てたりしてますよ。なにしてるんだろう我が家。


そうだあと「逞しいのねぇ」とお色気姐さんに声をかけられたダンジョー、「宅麻伸だ!」って返事に聞こえたw 宅麻伸って芸名は「逞しい」から、なの? w 


「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」5 ☆☆☆☆

「井戸自体が、オレさ♪」

出た~井戸! 佐久間一行システムw

元々お笑い芸人の出るドラマではありましたが、まさかの本ネタw 笑ったのなんのって。その間もずっとヨシヒコが真面目に「鍵職人では」とか言い続けていて、ぶれないわー。


そして本編が始まっても、金八先生のパロディが延々続く。一体なんなんだこれはw
息子なんて元の金八を知らないんだぞ!(なのに河川敷のあれを、外人娘がジョギングとか野球部が通るディテールまで分かるって、どんだけ世は金八パロディをし続けてるのやら)
挙げ句の「歩くという字は…」「親という字は…」の呪文に対抗できたヨシヒコの能力、それは!

「私はその漢字を知らない!」  一同ガーンw


2シーズン目ともあって、ネタをきちんとレギュラーキャラで受け止めて笑いに変える強さがありますね。

好きだヨシヒコ、ヨシヒコ好きだ。←メレブ風にw

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ