ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

山本裕典

「五つ星ツーリスト」1 ☆☆☆☆

渡辺直美が丸いw


「暇だから」と新入社員を助ける落ちこぼれ集団=実は超有能!

あっと驚く個別旅行を一夜で企画、

通な京都を視聴者も楽しみつつ、クライアントの揉め事まで解決しちゃってよかったよかった。


はいはい、安心。定番ど真ん中をきっちり、面白くまとめてくれて大満足です。

長台詞では若干心もとない渡辺直美ですが、演技力なんてどうでもいい存在感がありますね。むしろこの人が映ると面白い分、脚本に意外性などなくても問題ないのかも。


そんなわけで、窓際の元カリスマ旅行プランナーに渡辺直美。

彼女に惚れてる敏腕ドライバーに寺島進。

そこにヤンキー娘(和装になればベテランガイド)を加えた『中央管理センター』に助けられるのが、狂言回しの新人主人公山本裕典。敵役の上司ほっしゃんもいい味出してます。

そうそう、居眠りしっぱなしのオヤジさんもそのうちきっと活躍してくれることでしょう。


……でも、こんな有能な人たちがなんで窓際部署に?


これまたド定番な謎の語られる回が楽しみですよ!

京都の全てを知り尽くし、人脈豊富なれど『旅行は嫌い』とうそぶく彼女になにがあったのか、そして毎週どんなとんでもない旅行の依頼が来て、主人公たちはどんなびっくりプランで迎え撃つんでしょうね


「GTO(2)」1 ☆

生徒達の紹介の仕方が面白い!それぞれキャラを持たせようとしてくれているのが分かって、若い役者さんたちにはやりがいがありそうです。

教室の扉も菱形窓が可愛い~(><)

でもGTO鬼塚には見せ場が……ありました?前回はたどたどしいくせに長台詞でハラハラしたのにね、主役が台詞もアクションも減ってていいんでしょうかw 

舞台は鬼塚の母校。鉄拳恩師が、鬼塚は親友を「殺した」と強い言葉で興味を引きますが「死なせた」ぐらいが正解な事情がきっとあるでしょう?


初回の事件は整形読モ生徒。

で、整形は皆に告白できたけどラブホで男に薬品盛ってたのはスルーなんですかw


娘(松浦雅)の高校デビューに整形させる母親(宮地雅子)にも仰天。

「私のせいなの」

と我が侭言わせ放題でしたが、例えば離婚で辛い貧しい想いをさせてしまった的な(それでもあそこまで我が侭言わせることじゃないけど)ことじゃなく、おでこの火傷?はあ?

だったら可愛い本人の地味メイク+火傷でいいでしょ。ビフォア写真は完全に別人じゃないですかー!(ああこの、自分の写真が『ぶさいく時代』として全国に流される娘さんはどんな気持ちなのorz)

てか、既に素行不良だったから揉み合いになって怪我したんじゃない、逆逆逆!

おまけに、弁当捨ててたんだよ。

そこはもっとはっきり謝らせようよ!


前作は途中リタイア、今回も最後まで見通せる自信がありません。松岡茉優がメインの回は観たいけどなあ

「GTO」1 ☆☆☆

お見事!


学園物の定番中の定番、”不良教師”をベッタベタに定番で描ききってくれました。

実は反町隆史の「GTO」を観た事がないのですが。原作マンガがあるわけだから、ある程度展開は同じ?それとも女子の集団イジメなんてのは、現代風にアレンジでしょうか?


食堂のおばちゃんが実は理事長(だって黒木瞳w)とか笑うw

でも何より、主演AKIRA=EXILEの存在感が光ります。
別に想像していた程ムキムキじゃなかったですが、踊れる人だからなのか立ち姿や殺陣がとてもきれいでカッコいい。さすがのジャーマンスープレックス!!演技もなかなか。

登場場面での、不良の攻撃を知らずにかわしていくところなんかも自然で良かったです(逆にもっと止めたりスローにしたりで強調してあげても良かったかってぐらい)

正直、赤西じゃなくて番組も得したのでは。


「鬼爆」と恐れられた暴走族3人組が、いまや刑事とサ店マスターと、バイト暮らし…からの教員採用!

「わが学苑には貴方の様な人が必要です」

と理事長直々に迎えられた鬼塚が、さて来週からどう問題児クラスをまとめていくのか……?

(大学入試も教師の試験も、替え玉だった?w 授業軽視もお約束だよね……本当は大問題なんだけどなー)


あちこちエロいので我が家では子どもには勧めませんが。本来は学生が観てスッとしたり、こんな教師に憧れたりするんでしょうねえ。
1話ヒロインの名前が杏子(あんこ)には、呼ばれる度苦笑い。変名すぎるっちゅーか(あの字ならせめて きょうこ と ^^;;;) 


個人的には、「桜蘭高校ホスト部」のハルヒちゃんと環さまが、問題児クラスの委員長で腹黒という真逆役と、バカ刑事というそのまま……でもないか、な役とでそろい踏みなのが楽しみ。多分共演しないけど。

瀧本美織は、松嶋菜々子ポジションかと思うとまだ弱いです。さて。

「もう一度君に、プロポーズ」最終回 ☆☆☆☆

ハッピーエンドで幸せ(^^)


竹野内豊と和久井映見を配した恋愛ドラマだというのに、結局キスすらしませんでしたよ。

でもいいんだ、夫婦に戻った2人が幸せそうだったから。


元カレが出て来たのに、元さやにも喧嘩にもならず

「俺ドロドロしたの嫌いだからー」

と、ヒロインを助けヒロイン弟から姉ちゃんは幸せそうと聞いて喜んでる姿は新鮮でしたw ホントに、水嶋オートの彼女と弟に恋は始まらず、弟が捨てた彼女と可南子元カレが出会うこともなく。まして波留父と可南子母が恋に落ちるとかいう恐ろしいことも起きずw
ここでは本当に波留と可南子、結婚5年目の夫婦に起きた事件を丁寧に描いただけでしたけど、そこが良かったです。
どちらにもいい職場、優しく楽しい姑に舅。もう一回言うけどそこが良かったんです。


同じ親に捨てられた子でも、俺可哀想アピールがうざかった峯太郎(「クレオパトラな女たち」)と違って、「幸せです!」と初めて会う母(朝加真由美)に言える波留は素敵でした。そして、無意識に避けていたんだろう子どもを持つ=親になる事に向き合える様になって。

ラスト「6年後」は唐突でちょっと笑っちゃいましたけど、子どもがいて、夫婦から家族になって幸せそうな場面が見られてよかったです。


(初回からずっと思い出していた萩尾望都「A-A'」、そっち通りなら、最後は波留が事故を起こすだろうと思うと後半のバイクの場面はとにかくハラハラでした。ああ、ハッピーエンドで良かった)


「もう一度君に、プロポーズ」5 ☆☆☆

可南子に昔の男。それも海外帰り、同窓会で再会。


うわーなんだかなー、と思ってしまったことを反省。

全然がっついた事になるわけでなく、このドラマらしいまったり展開でした。元カレ(袴田吉彦) といっても別れたことは可南子もちゃんと覚えている、まあただの同級生です、離婚してたけど。そして可南子も指輪外してたけど(><)

ウザイ弟は、元カレの方が姉にふさわしかったといまだ思っていた様です。そうか、改めて考えると修理工の波留ってブルーカラーなんだわ。カッコいいから気がつかなかったw


うっかり可南子の実家で、元カレ&忘れられた夫が集合。

楽しげな昔話には入れず、しかもちょっと嘘をつかれていたことも知ってしまった波留。「別にいいよ」って帰っていきますが、可南子は後悔の涙……って、それって気になってるってことじゃないですか!

思い出の鳩(つばめw)時計を見て漏らす一言も、なんだか記憶が戻りそう……。


でも予告では、ついに波留からの別れ話が??いやーん

「桜蘭高校ホスト部」1☆☆☆

おや?面白いじゃない!

エピソード0を見た段階ではもう期待値マイナス100。 どうしようかと思ったホスト部でしたが、やっぱり物語としてみると印象が違いました。
ほぼ原作に忠実に進む第一話。30分でよくまとめたものです。
インスタント=庶民コーヒーを物珍しげにとりかこむセレブご子息たちwには笑えたし、巻き込まれてるハルヒちゃんは可愛かったw
「男」だと思っていたのは部長の環だけというオチも早速つきましてチャンチャン♪

そして特筆すべきは
<うざい男>
を全力で演じた山本裕典!
フリートークの段階で文句言ってごめん。あそこまで恥ずかしい台詞を堂々と演じている彼は立派に須王環なのだと認めざるを得ません。

その昔、「京極堂実写化」キャスティング遊びで、ビスクドール探偵は藤木直人!と皆で決めながらも、ため息をついたものでした。外見はオッケーでもあの破天荒を演じられるとは思えなくてね。結局映画では阿部寛が演じましたよね。

というわけで、今シーズン男装ものの中ではピカイチです。
きっと原作知らない人でもおばかドラマとして笑ってくれるよね。ホスト部はキャラが見た目かぶらない点も分かりやすいし!
 次回が楽しみ。

「任侠ヘルパー」9 ☆☆☆

監視役、来たー!!
先輩ヘルパー零次さんの名前をみて、あれ?と思っていたんですよー。ヤクザな面々はみな、名前に数字が入っていますから、この人も数字入りということは??って。内緒にしてなきゃ監視にならない、確かに。ここぞというところでビシッとキック決めてくれました(><)

楽しいよりは、気が重いことの方が多くて感想の描きにくいこのドラマ。でもずっとみていますです。
敵方の親分(竜雷太)が入園して来たのは、ヤクザヘルパーがいると知った部下がわざと標的にさせるためでしたよ。刃傷沙汰になって、抗争の引き金になればいい、いっそそれで死んでくれたら都合がいい??
まんまと引っかかったリコ組長とバカ息子でしたが……。

普段からやたら言葉遣いは悪い、素行も悪い。乱暴者だってことは分かってたじゃないですかー。それでも、きちんとお仕事はする、優しいところもある人達だって知ってたはずなのに、ただ写真送ってきて喧嘩してたらショックなんですか?
(ドラマの視聴者的には、あの写真が欲しいです 笑)

とかとか、そんなことを吹き飛ばす、最後の羽鳥元社長の一言。
「坊や、迷子なの?」
それはあなたの息子さんです(><)

もう育ってオヤジになっちゃった息子が分からないのならともかくも。まだまだ可愛い盛りのボクなのに。自分が子供を産んだことそのものを、忘れてしまう瞬間があるのでしょうか……楽しい楽しい遊園地で。哀しすぎます。

「アタシんちの男子」1 ☆☆☆

またイケメンもの。
また貧乏と大富豪。

その売りの”イケメン”が趣味じゃないもので、けっこう斜に構えて見始めました。でもアレレ、面白いじゃないの?
勿論つっこみどころは満載です。
小娘1人大騒ぎで捕まえて、ソープに沈めたって一億は無理でしょーとか連帯保証人に何才でなったの?とかね。でも草刈正雄があんな格好して大富豪ですと登場したら、もうなんでもいいや(笑)
一ヶ月の夫婦生活は見せず、契約書ネタは小出しでテンポ良く進行、物語の近い目標も
「家族で食事」(笑)
とハッキリ見えて分かり易く、ワサワサうるさい”息子”たちも「花盛り」や「執事」に比べたら年齢差がある分キャラクター分けがスッキリしてる?
「セレブと貧乏太郎」だって、こんな風に普通に楽しませて欲しかったよなーと思う安定っぷりです。
堀北真希ちゃんも可愛かったしね♪

それにしても、ネットカフェで寝泊まりシャワーって場面、最近のドラマで良くみますね(特命係長、白い春)ドキュメンタリーでもネカフェ難民とかみるけれど。しばらく行かない間にすっかり、怖いところになっちゃったものです。
逆に豪邸と言えばここ、なのが「相棒」でもお馴染みロックハート城(笑)一度行ってみたいですねー。

「パズル」1☆☆☆

いやー、楽しいじゃないですか。人間として問題ある裏表教師(笑)
石原さとみ、イメージ一新頑張ってますね!勤続10年??一体何才なんですか?。それとも誰かと入れ替わってなりすまし?

そんなわけで、古い屋敷に隠された財宝、暗号、陰謀!その謎解きがまたチープなところも壷な新シリーズが始まりましたよ。
英語をそのままローマ字読み(><)一生気がつかないわそりゃ。

ガツガツと金の匂いをかぎ回る石原さとみ先生、生徒を守るのも保身の為、そして最後はぜーんぶ”可愛い教え子”たちのせいにして知らんぷり&こそ泥まで!徹底してます(笑)
ここまで反社会的な主人公、金曜深夜に放映の方がいいんじゃないでしょうかねー。

優等生くん達はどうしてああ、素直にいいなりなんでしょう。
お勉強だけしてるとこうなっちゃうよーの見本みたいに純粋です。対する女性陣は、女子高生も屋敷の女性もやっぱり裏表ありありっていうところ、「相棒」並に女性不振がみなぎっていて微妙な気持ちになりました(^^;;;)
ただ頭数居るだけじゃなく、もちょっとそれぞれ特徴があるといいんですけど。まあ多くは望みません。

予告を観ると、来週もまた都合良く犯罪に巻き込まれる模様。
何も期待せずに観まーす。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ