ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

山崎賢人

「陸王」1 ☆☆☆

老舗足袋屋の再生。
超安定の池井戸潤原作、起きて欲しいことが全部起き予想外のことは何一つありませんがそれがいい。ウェルメイドな一作になるでしょう。

<<老舗「こはぜ屋」4代目社長宮沢(役所広司)は、先細りの業界で資金繰りに悩んでいた。
そこで五本指スポーツシューズと出会い、またマラソン観戦で人気選手茂木(竹内涼真)の故障危険を目の当たりにし、足袋のノウハウを生かした日本製のスポーツシューズ作りを思い立つ。取引銀行の担当坂本(風間俊介)の強い後押しもあり、試作はすすみ、是非茂木に使って欲しいと所属するダイワ食品を訪れる宮沢たちなのだが……>>

もうね、銀行員の坂本がなんでそこまでってほど「こはぜ屋」派なんですよ。銀行の経営からいったら上司の方針だって情はないけど間違っちゃいません。ドラマだからそりゃ、成功するだろうシューズ開発にお金だしてって気持ちでみちゃいますけど実際はなんの保証もない、なのに坂本は「こはぜ屋」のために上司にたてついて左遷まで。
ダイワ食品の陸上部コーチも、大阪弁の小藪は見事に小憎らしく選手の健康よりスポンサーのご機嫌取り一択。宮沢が持って行ったシューズをバカにし、ゴミ箱に入れるのも予想通りですw でももう一人のコーチは押しが弱いながらも選手思いだし、じっとシューズ見ていたし、きっとあの人が拾って届けて……違った、お掃除のおばさんだったー!なるほど、年齢が高い女性ほど「こはぜ屋」に価値を見出し、こんないいものが捨てられるわけがないと勝ち虫蜻蛉マーク入りの袋を救い出して届けてくれるんですね(^^)

元国体陸上選手、今は市民マラソンやトレイルランを楽しむ旦那このドラマを楽しみにしていました。途中語られるミッドフット着地についてもうんちくをいろいろ。アフリカの長距離選手に多くて土の上を裸足で走ると誰でもそう走るんだそうですよ。 
さて裸足テイストな「こはぜ屋」シューズを手に入れた茂木選手、見事ミッドフット着地にフォームを変えて表舞台に返り咲き雪辱を果たしてくれるのでしょうか ←多分そう! 
家業をバカにして就活に励む宮沢家長男(山崎賢人)もそんな茂木選手をみて、5代目として覚醒してくれるのでしょうか ←それもきっとそう!
そしたら左遷されてた坂本くんも、栄転で戻ってきたり……それは自信ないなw

ただひとつ、試作シューズ開発で高齢パートさん達が残業に次ぐ残業。それだけでも酷いのに、残業代出てないですって?鬼か! なにその滅私奉公賛美は! そこは当然の権利である残業代支払いのお願い&お断りの了承じゃなくて、ボーナス出してくれたらもっと頑張れるなあ~にならなかったんでしょうかね(原作では残業代支払われてるらしいので改悪が残念です)

「好きな人がいること」1 ☆☆☆

海、イケメンと同居。新しい職場、夏限定。
あるあるそんなドラマ〜
で、最悪の出会いがとびきりの恋に変わるんでしょう~言わせんなよw と笑っちゃうほどド定番な夏ドラマで月9です。でもいつだってそのド定番と初めて出会う層はいるわけで、素敵なドラマになるといいですねえ。
導入部では、仕事ばかりだった桐谷美玲がいかに男日照りでボロボロかとディスられ続けていましたが……普通に綺麗でしょw 60歳老婆ファッションにしてすら可愛いことは「スミカスミレ」で証明済、もう目の下のクマが「デスノート」エルぐらいないとそんな設定きいちゃいられませんわ。

そんなわけで、再就職がうまくいかないパティシエ美咲(桐谷美玲)は恋どころでなく、キスもご無沙汰だとか。
イケメンその1千秋(三浦翔平)から海辺のレストランの仕事に誘われ、同居の誘いにドキドキ扉を叩く……と、人違いで抱きしめてきたのがイケメンその2冬真(野村周平) 通された家の風呂場で平然と裸を晒すイケメンその3夏向かなた(山崎賢人)とは、直前に海で喧嘩をしたばかり。3人のイケメンは兄弟だったのでしたー。はいはい。
親の代から続く隠れ家レストラン「Sea Sons(呼びにくいw)」は、地元食材を使って主に常連客をおもてなし。美咲はそこでどんなケーキを作り、誰とどんな恋をするのでしょう。

元々その1にときめいてやって来たのに、彼女がいたー、と2話に続きましたが、どうせ誤解よね。 今の所影の薄い年下その2も、いつしか美咲に惚れて3兄弟で取り合いになるのかなー。そして最終的にはその3とくっつくはずw
つっかかり続けるその3がシェフで、仕事中はレストランに二人。作為的な配置ですよねえ。そして
『男狙いで来たようなやつは帰れ』
ですから、そのうちに女不信になったトラウマエピソードが入り、健気な美咲に癒されて軟化していくんでしょう。1話ラストですでにケーキの腕は認めてきましたよ。黙らせるためのキス、などという<イケメンに限る>なことしてますけど、いざ美咲を意識し出したら手をだせなくなったりしても美味しくいただけそうですw
 

当面嫌いな登場人物がいないのと、桐谷美玲が出ずっぱりなので、可愛い~腕ほそーいと楽しめそうです。2、3話見逃しても悲しくないけどね!

レストラン買収を迫る吉田鋼太郎が、その1に執着する様子はまるでBL。そっちも狙ってますかね。

「デスノート」5 ☆☆

おろおろライト可愛い(><)
こういう演技、窪田くんの真骨頂かと。そして黙らないミサに困ってキスで口をふさぐとか、たまりませんねw おバカながらグイグイ好き好きな海砂がうざ可愛く思えてきましたよー。なのにさ。抱きつかれても素っ気ないよ、ライト。

原作では興味もないアイドルですけど、ドラマでは元々ファンでしょう? 抱きつかれたらちょっとはデレてよん、冷たい顔なのが見ててつらいです(><)おまけに凡人からどんどん遠ざかり、警察中枢にスカウトされるように! アイドルとも知り合い! いやそれ、原作の超天才君ならではのポジションでしょうよ。
 
そんなわけで、ミサミサの暴走脅迫状を機にライトは対策室に入り込み、Lと直に語り合う仲に!ライブに誘っちゃったりしますよ。表向きは年の近い知人として気晴らしのすすめ。真の目的はもちろん、海砂の目でLの本名を知り殺すため。

この辺、ぐるっと回って原作準拠に戻ってる筈なのですが、根底の『ライトは天才』が抜けているのでわけがわかりませんw ライブ会場に上下真っ白な男がやたらいるの、間抜けな絵面で笑いました、ノンスタかw なんていって雇うんでしょうね、実は殺されるかもしれない仕事なのに!
そして延々推理を語り合う……のはまだ開演前ですが、完全にステージが始まってからも、観客の視線を遮る状態でお話し続けるライトとL。邪魔すぎるw 終いに一人は帰るし、一人は崩れ落ちてるし、どんだけミサミサの熱烈ファンかとw
デスノートを手にして以来、ノリノリのライブ会場で一人だけ真顔なことが多いですからねライトw ミサミサ以外のいちごberryメンバーからも覚えられていそうですよね、変な奴として……。
さあ来週はミサミサ拘束! 父子対決もあり、楽しみですよーん

それにしても、まだしつこく『ボインちゃん』と海砂を呼ぶリュークに違和感。それほどじゃないだろう!

「デスノート」3 ☆☆

もう、突っ込みどころ満載です。

「見られた!」ってw そりゃそーだよ!封筒の変な小窓から名前書かせてw 持ち歩かせてたらそりゃ、見るでしょう~! 開けたら燃える仕組みはこっちの方にこそ必要だったんじゃないかと。
 

漫然と生きてきたライトくんが、自らの生き残りを賭け必死になって、Lとの戦いを始めました。それがデスノート格納用二重底作成に、ペンバー脅迫&FBI捜査官大量殺害計画とおよそまともじゃないことでも……これもまた成長。リューク曰く「キラの顔になってきた」w (目線を思い切り寄せての三白眼、窪田君も多分漫画を意識して演じてますよね)
避けていた父との会話が増え、父の心配なんか口にして……最近息子がしっかりしてきて家庭もいい感じだなとお父さん嬉しいだろうに、Lの動きを探るためにしてるだけかと思うと不憫ですorz

そもそも「君がキラだよね?」も、20人以上に言って回ってるわけで。自分だけが疑われているんじゃないならほっておけばいいのにー!何故、捜査官を全員殺せばって発想になるの

尾行を巻いた場所に招待カードがあるならライトが怪しいしw「偽名で呼ばせてもらう」って、彼がレイ・ペンバー(ただし偽名)だと知っている人ってライトとLの二人かもよ? ボイスチェンジャーなんて意味ないどころか、いっそ喫茶店で面と向かって指示したって同じ同じw

窪田君は熱演だし、封筒回収は、投函させるとかバス停に置き忘れさせるとか……と、あれこれ方法を考えてしまうところで結局楽しんでしまっていますが。視聴率はガタ落ちだそうで、それもわかりますw 天才じゃない設定にしたってバカすぎるうw
本来、レイ・ベンバー電車内で死亡は名場面なのに、こんな穴だらけの改変……!!

デスノートを触ってペンバーに死神が見えた、もここでしなくてどうするのかと。それよりもミサミサに死神の目を使わせるエピソードにしたかったんですね。
「夜神月」
と書いて見せられて、「誰?」と名前な前提でお話しされるとは……困った時代になったものですw


でも家族で楽しめてるのでお茶の間では黙って見てます(><)
次回予告でやっぱりワクワク、L大学に入学してくるんだ! 


「デスノート」2 ☆☆☆

ミサミサはそんなにボインでしょうか……w

「バレる前に殺るしか」「邪魔する奴は…消す」って、あっという間に殺しに慣れてしまったライト君orz ノート使用法実証実験を繰り返し、その度に人が死んでいきますよ。心臓麻痺以外の目立たない死因を混ぜればいいのに。その前に月1、せめて週1にしておけばそもそも気づかれなかったのに……ってのは原作からそうですけども。

実験結果確認のため、大学生のライトは授業中にスマホ開いてニュース確認です。高校生だった原作とは違い、これなら単にデスノート持ち歩いていろんな時間に書けたじゃない。犯人は学生!とLが断じた根拠も緩くてよくわからず。設定変更のほころびが気になります。 バスジャックのトリックも、学生がもう一人乗ってたらどうするつもりだったのよー。そして原作では適当な女誘ってデートだったのに、ドラマでは一人行動にされちゃってw すっかりアイドルオタクのモテない君です。

ミサミサの寿命を知り、救おうと尽力するのも良いけどさ。それより、既にライトからミサミサに惚れてる状態なら、この先知りあったら本気でラブラブになっちゃうってことかとそちらが気になって。

そして死神2レムが登場し、Lから電話も入っちゃって言われることには

「君がキラなんでしょ?」

各方面急展開、旦那や娘には予想外だったようでずいぶん楽しそうに見ています。良かったねえ。まあ窪田君と松田役の前田公輝は満点だしリュークは可愛いし、私も概ね楽しんではおりますがいろいろ気になりすぎる(><)特に尾行のFBI捜査官レイ・ペンバーの容姿には笑ってしまいました。あんな目立つ尾行アリですかw


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ