ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

山口紗弥加

「女囚セブン」1 ☆☆

京都弁w

ピンクの囚人服に限りなく低い塀が売り、という先進的な刑務所にやってきた元芸妓、琴音(剛力彩芽)の罪状は……
「殺人どす」

新人はドベ、と呼ばれ雑用や汚れ仕事を押し付けられるだけでなく執拗ないじめを受ける。その全てを無表情に受け流し、食事に乗ったゴキブリも平気で食べてしまう琴音だが、何かと親切にしてくれる食い逃げ犯奈津(安達祐実)にだけは、殊勝な言葉で礼を述べるのだった……「なーんてね」

そっからはずっと琴音のターンでしたw
ゴキブリやポケットに入れられた写真、等々の揉め事のどれもこれもが奈津の仕掛けによるもの、実は凄腕のスリだろう、とドスの効いた京都弁で看破。身のこなし、食事、花の植え方と育ちも良い、なのに罪状が食い逃げとは、望んで刑務所に収容されたに違いない。待ってる家族なんていない、旦那への手紙は嘘、と次々と奈津の化けの皮を剥いで行きます。その間、回想される琴音の悲しい生い立ちと辛い現実……でも、貧しく両親もはなからいなかったという琴音に言わせれば、家族なんてシステムは古いんだそうで、かといって罪を犯した奈津だけが悪いと責めるわけでもなく
「罪は、犯させた方が悪いんやで」
とうそぶく琴音の言葉は、所内の情報屋として立ち回る奈津にどう響いたのでしょう。

その他もに同室の女囚が、エロ女(平岩紙)整形サイボーグ(橋本マナミ)元ヤン(トリンドル怜奈)詐欺罪(山口紗弥加)ボケ老人(木野花)と賑やかに揃っていますが、以降毎回こうやって論破されていくのでは。エロ女は『本当はもてない』と予告で言われてましたしw 多分老老介護で旦那を殺したボケさんも、本当はボケてないってー。 琴音自身も、実は殺人は冤罪。なのにしていない罪を認めてまで収監されたのは真実を知る為……だそうで、刑務所内で会いたい人でもいるのでしょうか。

イロモノ度100パーセント、半笑いで見始めたのですが案外きちんと楽しめてしまいました。
安達祐実のセーラー服にも驚きましたが、普通に似合っていてさらに驚愕(^^;;;)   韓流スターの引退コンサートにいく為に脱獄しようとした野獣姐御(靜ちゃん)もいい味だしてましたよ!初回のみのゲストなのかな、また出て欲しいです。


「サイレーン」2~4 ☆☆

この世界の警察に、鑑識はいないのか無能か。
髪の毛だの皮膚片だの、あれだけ格闘してたら残るでしょうにね。それがカラだとはわからないまでも、すべての事件に関係する『誰か』がいるとわからないのか、機捜ごときには情報こないのかw 

それでもカラを怪しむ里見(松坂桃李)
カラつながりで整形外科医(要潤)を疑い、会員制売春クラブで勝手に潜入捜査w 金持ちっぽい身なりにしようと、チビデカ先輩からいい時計を借りるのですが、なんとそのお高い時計には盗聴器が!(って、ムーブメント台無しじゃないんですか?なんて捨て身な嫌がらせ)
 ダブルでオーダーしちゃった里見くん……二人は無理でも、一人とは……したの?マジで?

と、売春組織の密偵で笑わせw 少女売春にまたもや殺人、ますます怪しくなって参りました。生き残った犠牲者が危ないぞ!

そもそもカラが男かと匂わせるセリフもありw
そっかー、だから出たDNAが男で、容疑者が女って線が出なかったんだねーってのはさておき。
若さも美しさも整形の賜物=本当は結構な年齢で、どんな顔だったやらってことですよねー! 演じる菜々緒のおばあさまがこれ見て泣いちゃったそうで、ご自慢の美貌の孫娘を不憫に想うお気持ちお察しします(^^;;;) でも役者としてはやり甲斐ありそうです。他にできそうな人いませんよね。 
どの事件も視聴者には犯人が丸わかりでカラですから。見続ける興味はもうカラの正体しかないぐらい。松坂桃李よりすっかりカラ主役です。

ターゲットにされているとも知らず、カラとの親密さを増す猪熊。正義感溢れる猪熊を真似て、共犯だった整形外科医を罰してみるものの……面白くもなんともないとやはり正義には馴染めないカラ。でしょうねえ。
かかりつけ医を殺し、カルテを燃やしちゃって、この先のメンテナンスはどうするつもりなんでしょうw 遺体はどこに担いでいったのやら。一緒にいろんなことしていたようで、それは明るみに出るのか?
とりあえずは寄生先のおじさんが殺されそうです。さてまた、現場にはカラの香水の香りがするのでしょうかw 
あんな目立つ女が出入りしてたら近所で噂になってそうですが、さて。

「ヤメゴク ヤクザやめて頂きます」1 ☆☆☆

大島優子がスゴむCMに惹かれず見る気なかったのに、最初の5分だけ…とお試しで見始めたらもうずっと前のめりでしたw 何これ、面白い。


ヤクザを抜けるにはどうするのか……

と、相談電話を受ける通称「足抜けコール」課w そこで働くヒロイン麦秋(大島優子)のとんでも陰気な活躍を描きます。

画面にチラチラ映り込む小ネタ(ヤンクミらしき後ろ姿とかw)で堤幸彦なのはわかりましたが、スペックよりはかなり控えめ。役者も、敬語すぎるお役人やリーゼント刑事な北村一輝など出るだけで笑える脇役もいますがメインは大真面目大島優子なので変ギャグは全体に抑えめです。


髪はボサボサ、常に喪服で、ヤクザを強く強く恨むヒロイン……ヤクザ集団をほぼ一人でボッコボコにのしてしまう強さは尋常じゃありません。どうやって強くなったのか気になりますが「◯◯妻」で妻のパーフェクト修行がなかったように、過程はどうでもいいのかな。


組長のサインをもらって足抜け証明w へーw

ちゃんと再就職まで面倒みてくれて、カタギになるため落とした小指に足の指をつなぐ再建手術まで斡旋してくれるえとは。でもその外科医(山口紗弥加)の弱みを握っていたぶっているヒロインw 正義の味方のブラックぶりに、一体なにが彼女をそうさせたのか興味津々です。

回想シーンでの幸せそうな一家。さてはヒロイン以外全滅か?と思いきや、亡くなったのは父親だけ、妹たちはヤクザも恨まず何も知らず、案外呑気に母と暮らしてるじゃありませんか。なんでヒロインだけ職場に住んでるのさw


座布団のような麩菓子、大麩豪もいいよね。


「ようこそ、わが家へ」1 ☆☆

ほんとにあの男なのかなあ……?


呑気なタイトルと裏腹に、見えない相手にじわじわと追い詰められていくサスペンスというか。原因の理不尽さがもうホラーの域というか。

事なかれ主義者のはずだった主人公健太(相葉雅紀)が、たった一度声をあげて割り込みを注意したことから追いかけ回され、庭を荒らされ、ゴミを漁られ、仕事の邪魔をされ……


それだけでも十分犯罪ですけど。

ポストに子猫の屍体を詰め込まれるに至っては、もう放火や直接襲われる事態目前でしょう。とっととセコム入りましょうよ。監視カメラ設置も必要よね

この後に及んで、若い妹(有村架純)を送り迎えする様子もないとか家族が呑気でもうイライラするー(><)


旦那はなぜか、父親(寺尾聡)の部下(山口紗弥加)が怪しいと譲りません。いやいや、優柔不断に腹がたつなら会社のロッカーでも書類でも荒らせるでしょう、なぜ家に。それも罪ない花や可愛い猫ちゃんをw


そんなわけでハラハラはしましたが、本当に電車でもめただけの相手がここまで執着してきたんだとして。もしくは妹のストーカーだの、ご近所問題や仕事先でどうこうだったとして。3ヶ月かけてどう盛り上げて、最後はどうなれば溜飲が下がるんでしょう。

泣いて土下座されたとして気分悪いだけでしょう… この先の展開に期待がもてませんです。 


それと、親子で海釣りの最中に若者グループに絡まれて、その場を引いた父の弱気に落胆したという主人公なのですが…いやいや。子連れで喧嘩を買っちゃダメでしょう。お父さんの判断は間違ってないのよ。

(ただ出張旅費2重取り問題は……録音ぐらいしておくべきでした。保身のために役立つのは、強い相手のいいなりになることじゃなくて対応策の確保だよね)


さて2話を様子見。
あ、そういえばエリカ様いたっけ。月9なのにラブは絡まなそうな配役ですね 

「ビンタ!」最終回 ☆☆☆

ほら、お父さんだったw 知ってたw


もうちょとミスリードするなら、ミノワとの宴会の後本当に工藤が夏美に惚れてるかの様な演出はあっても良かったかもですが、まあ本筋じゃないので。こればっかりはヤリ過ぎより、このぐらいが丁度良かったかもw


そんなわけで、初の前後編となった最終章。

事件は胸くそ悪かったですが、解決の仕方はスッキリでよかったです!

バカ息子の暴行事件をめぐって、逮捕されたミノワがまさかの取り調べから脱走w

あれしてこれして戻るまで、ずーっとトイレに行ってたことにして待っててくれるとか族時代から馴染みの刑事さんでホントよかったし(ダメだけどw)

酒呑み対決を仕掛ける夏美さんも大活躍だったし(危なすぎですけどw)

バカ息子に切れた工藤の裏切りも、もんじゃ君の拉致テクも、バカ息子にビンタするのは最後に残った友だちなのも、良かったですよー。


そうそう妹の養女問題も。

亡き娘にそっくりだなんて理由、暮らし始めたら逆に細かい違うところが気に触るとしか思えない悪条件だとは思いますが、劇中では優しい好人物のしかもお金持ち夫婦で申し分ない縁組み。

それでも、ミノワと…もとい『お兄ちゃん』と暮らしたいと、やっと言ってくれてのハッピーエンドでした!良かったねミノワー!


ずっと楽しかったので是非、パート2をやって欲しいです。


西村さんの窮地を助けるような話もないかなーw

「ビンタ!」10 ☆☆☆

むかつく~(><)


嫁姑の争いはよくあるパターンで、ミノワが勝手にお義母さんと話に行くのも想定内。で、息子の家庭に口だすよりも自分の趣味を持とうよとあちこち連れ回し、手近な独身ってことでいつもの工藤弁護士が再婚候補で見合いに連れ出されるのには萌えましたが

「タイプじゃない」

って!ロマンスグレイ弁護士でもご不満って贅沢な。ショックを受ける西村さんも可愛かったですねー。

でもむかついたのはここじゃなくて。


最後の話し合い。

義母が自分から身を引くならなんで『ごめんなさい』って言えないの?

小さな子が「生まれてこなきゃ良かった」と自分を責め、おばあちゃんもお母さんも大嫌い!と言う程傷ついてるのに、この期に及んでまだ

「育て方が悪い、あんな子もう手に負えないからあんたに返す」

なんて言い方でしか、過干渉でかけた迷惑を認められないなんて(><)

それを言われた奥さんがまた

「ありがとうございます」

なんて返すからむかついてたまりませんでしたよ! 怒っていいのに! しかも、あれじゃ元凶の旦那さんは自分の何が悪かったのか最後まで分かってないですよね。あんたがビシッと断ってりゃここまで揉めてないのに!いやほんと、自立してない男と結婚するもんじゃないぞと娘にこんこんと諭してしまいましたよw


共働き、手伝ってくれる手があると助かるのは分かります。助かっている分、一線を越えられても迷惑だと言いにくいんでしょうねえ。

我が家は実家も義実家も遠い核家族、勝手に入って掃除されてるとかありえないので助かりますが、想像するだに気持ち悪いですよね(><)

そういえば義両親が泊まっている間に、箪笥の中の旦那の服だけきれいに畳み直されてたことがありましたっけ。息子の服って思ったんでしょうけど、畳んでいれてるの私だからびっくりw お礼言って、どうせなら私のも畳んで下さいねって言ってから逆に2度としてくれなくなりましたがw ドラマのケースではもう最初っから嫁の洗濯物にも手を出しちゃってますからねー。


さておき、商店街に飾られる『家族の絵』を効果的に使った事件。実はミノワの妹も入賞してたってことで微笑ましくエンドでした。ド迫力で描かれた『箕輪文太』! まだ『兄』でも『家族』でもないところがちょっと距離があるけど懐いてきてるよね。
 

そうそう『険悪な夫婦が揃ってるより離婚した方が良い』と、体験を語る夏美先生。ほらやっぱり西村さんが離婚したお父さんだw

夏美がもんじゃ屋に来て怒鳴りつける場面、いくらミノワの行動が間違っていても乱暴すぎるし周囲のお客さんにも迷惑だし。漫画的演出がエスカレートしすぎだと思いつつ、今回は店長が周囲の客にとりなしたり謝ったりするところも映っていて、そこは◯でした。

「ビンタ!」~9 ☆☆☆

もう9話?

毎回ぶれずに楽しいw


相変わらずやり過ぎバカなミノワ。

不倫だ婚約不履行だと恋愛絡みや、ご近所つきあい万引きと子どもが関わる事件がバランスよく配置され、適度に驚きながら見ていられます。


そんな中、張り込みを命じたミノワのために買った男物パンツで先生(山口紗弥加)に男が出来たのかと誤解されますが……そんなこと調べさせてるライバル弁護士(西村雅彦)は何なのかとw(報告してる秘書も可哀想w)

ミノワには「惚れてんのか!」と誤解され

年の差なんか気にするなと励まされてて、個人的にはそんな展開も見てみたいですが、多分物語全体のベタ具合からいったら父娘ですよねえw


今回の万引き騒動、先日のまんだらけ騒ぎが題材なのはいいとして。

「この男知ってる?」

と聞いて回る先生が、目隠し線入った「万引き犯」ちらしを見せているのにはもうwなんちゅーかw 不倫騒動の時と一緒w

知らなかった人にまで『こいつ万引き犯』と逆宣伝しちゃってますよね。相変わらずデリカシーないなあ。

そして高校生改心後、本屋に謝りに行くのは当然ではありますが。

親に知らせないんだー。

若者の未来を守ると言いますが、優等生は何してもいいと教育した親を諭さないと問題は続きそう。そして本屋さんが学校に知らせる可能性もあるんだけどなー。

まあこのドラマだからいいか。 


その前の回の、訴えてきた元カノと結婚しろとすすめるミノワにも仰天したけど、まあ結局詐欺って分かったんだし。ミノワに結婚を語られて説得される五郎もどうかしてるんだしいいか(JS妹の受け売りw)


必至でミノワを守った先生。

「やりすぎぐらいが丁度良い!」

と、ミノワのマネで照れ隠しw いい感じになってきました!

お金欲しかった理由が妹へのプレゼントだったのも素敵よね。


「ビンタ!」~4 ☆☆☆

楽しく見ています(^^)
闇金融から借りパクでも、小学校で担任替えろでも、出て来る相手は同じく工藤弁護士w もう街に弁護士事務所は工藤と夏美のところ2軒しかない状態ですが、それこそ『やりすぎぐらいがちょうどいい』分かりやすさ優先でいいですよね。

そんなわけで、4話では保護者として運動会の練習に参加するミノワ、案の定ママさんと揉めるけどw 騒動は治まってこどもたちも楽しく運動会ができて良かった良かったw
娘から親に本音もいえたし。先生も自ら望んでの喝。むしろミノワはきっかけだったのもナイスです。
いくら何でも、あんなにドレもコレも危ない止めましょうな親はおらへんやろー(ダミ声でw)と思いますが、小学生にダイエットさせる親は…いそう。

3話ではどう見ても取り立て側なミノワにウケましたw 
借りパクと知らず、金融屋に追われる女性を助けるミノワ。でも実は豪華な部屋にブランド品どっさり隠していて……どーするのかと思ったら、寺で修行させるってw 挙げ句に森を彷徨って、死ななくてよかったねえw

どちらも、ミノワの妹がいい感じにキーでしたよね。
学校の様子を公平な目で語ったり、服より中身が大事だと胸を張れたり。イイ子じゃん! そしてご褒美に服を買ってやるミノワですが…ピアノの発表会かw もっと普段着にしてーw

西村さんは相変わらず金の亡者で、下衆な笑いも素敵ですw
小学校にまでついてくるのも、ここで恩を売った見返りを計算してとか。そんな彼の方針が変わる事件がこの先あって、エンドになるのかな? それとも最後まで素敵にヒールでしょうか。
さてさて。

「ビンタ!」2 ☆×

『◯◯さんがDNA鑑定したら、実子じゃなかった』

だなんて聞き込み、風説の流布w 嫌がらせ同然じゃないですかw なんで産後の取り違えとか不妊治療中の手違いの確認より先に、元カレに肉体関係を尋ねるかなあ…。


独立後初めての仕事は、離婚訴訟。

例によって、醜い夫婦喧嘩に気分を害すミノワw 親権をゆずりあうぐらいなら俺が育てる!と5才の子を連れてかえっちゃいましたよ。書き置きが誘拐だー!

するとやっぱり、共同作業で息子を探しまわる夫婦です。ほら大事にしているんじゃない!というお約束ですw


夫の子どもじゃなかった理由として最初はレイプ、終盤には夫が不妊の原因と言えずに黙って精子提供を受けましたーと言う奥さん。いやいやいくら夫婦といえど、そんな告知は本人に直接するでしょうし。まして既婚者への精子提供を旦那の意思確認しない道理がありますかw

まあその辺は、窮した奥さんの嘘かもねーというのが今作のスタンスだからいいけど。
 

どうにも納得いかないのは、冒頭にも書いた周囲への聞き込みですよ。

相手が勝手にペラペラ喋ったならともかく。特定の日に誰に誘われてましたかなんて、不倫相手を指名しろといってるようなもの。当の元カレは関係を否定、DNA鑑定でも彼は父親じゃない…なんて検査結果、元カレと会ってましたよとバラした人にも教えに戻ります?しないでしょ? じゃあ、元カレの子産んじゃったってーと噂になるに決まってるでしょ~
ミノワが酒の席で聞くならともかく、弁護士さんがしちゃだめじゃないのかなあ
下手したら息子が育ってから耳に入りますよね。


父子確率ゼロ、と聞いて妻の浮気と軽~く断定するミノワとかw

元カレに会いに行って借金取り立てと間違われるミノワとかw
相変わらず山口紗弥加弁護士最強、とかw 

小ネタはいろいろ面白かったです。


そして気になる西村雅彦さんの出演。花束持ってダンディーに、部下の独立を祝いに来てましたよw

更には、妻側の弁護団として再登場。いろいろ画策してます。寄り添う秘書もいい感じです。ふふふ。

「ビンタ!」1 ☆☆☆

無学なチンピラが法律事務所に就職??


弁護士ドラマって、要は揉め事メイン。すれ違い、いがみ合いと延々罵声が続いてイヤになっちゃうことって確かにありますねー。

そんなとき主人公ミノワ(松本利夫)は、

「もういい!聞きたくなーい!」

と叫ぶ自由人w そして

「事務員は黙れ!」

と弁護士山口紗弥加に怒られるというw ナイスコンビ誕生ですねえ。


「兄妹は助け合うもんだ、仲良くしよう」

って、相続で争う兄妹に言ってもねえ。それがこじれてるから弁護士頼むんだってばw

しかし暴走ミノワが遺産のボロ家にゆんぼで迫ると、共に立ちふさがって思い出を守った兄(袴田吉彦)と妹(酒井美紀) ほら仲良く出来たじゃないですか…無理矢理とはいえ。そして結局、互いに譲り合う形で遺産は半分こすることになりましたとさ。

めでたしめでたしw


法律で『正しく』争うのとは、違う解決策がある。

今回もいきなり塀をぶっ壊し始めた時はどうなるかと思いましたが、大団円w 毎回『やり過ぎぐらいがちょうど良い』解決策でびっくり出来そうです。

ちなみに兄妹にこだわったのは、ミノワに異母妹がいたと判明したからw

小学生も高学年の美少女なのに、なんで養育先候補が独身の母方の叔父か、初対面の異母兄ミノワなんですか(><)

結局ミノワが引取ったし、だんだんと打ち解けてくるんでしょうねえ。


じゃすみんお目当ての西村雅彦さんは、法律事務所の所長です。

でも『依頼人の利益より事務所の利益!』と明言してミノワにひっぱたかれる(スローモーションでorz)ような人物。

ミノワも山口紗弥加も1話で退職しちゃうものの、敵役でずっと登場する様です。
 

山口弁護士が知るという、何かヤバい所長の素顔もそのうち分かるんでしょうねえ。いろいろ楽しみです。

「家族狩り」3、4 ☆☆☆

タクシー使おうよ、ケガ人なのに。
座った足元に灯油まかれて着火でしょう、足の裏も火傷してそう。軽症だそうでホッとしてたけどもしや歩き回らせるため?? 
 

次々と起こる騒動を追って飽きないものの、本筋が一家心中殺人なのだとすれば4話は全く進展無しなのでは。


3話は詐欺に呆然。

家を売った大金を右から左に、ものの15分で取り込まれてなくすのも驚きながら

『もっと何度も止めなかった』

と娘のせいにするとか酷すぎる(><)もちろん、それだけ壊れた夫との生活が辛かったんだろうし娘も『家族家族』と言うくせに、母の負担が軽くなる作業は全然しないという現実逃避をするから…。

もしや、夏休みの宿題は8月31日だけでどうにかしてきたタイプですかw


それでも巣藤のおかげで、とりあえず借家として住めてホッとしたところでの、どんどーん!衝撃の幕引き2連続だったので、4話冒頭はどうなるのかドキドキしましたよ。


血染めの湯船に沈む刑事の妻…はバラの入浴剤でorz

不良に火をつけられた巣藤先生は……記憶喪失??

まさかの肩すかし2連発w 


怪我は軽くすんだものの、記憶が混乱した巣藤先生。だまし討ちな婚約者より氷崎游子の記憶が先に出て来るとか、ザマーミロですw 挙げ句、妊娠が狂言だったとかサイテーなんですけど……自分から打ち明けたポイントプラスで、結婚はする模様。

でも、引きこもり生徒を「キライ」と明言したり、相談を拒否、電話を無視。本当にこの人と家庭を築いていいんですか…。


しかし困った人がほっとけない巣藤と氷崎が人格者かというと、やはり問題はありそうですよね。

巣藤が家庭を嫌がる原因は『両親』だそうで、息子の大けがに見舞いにも来ないし、氷崎の方は『殺してしまった』とか衝撃のつぶやき←これもミスリード?


刑事の方は、奥さまの自殺が勘違いでホッとしたもののストーカー絡みで世話してた親子の存在はバレるし。ストーカーの方が常に一枚上手だし。

って、この人今回は私事だけでテンパっていて『一家心中連続殺人』の捜査をいっこもしてませんよねw 野放しの部下は、目的者の巣藤先生に暴言吐いてますよ! 怒り具合からして『ヤクザの子は犯罪者』的親子同一視は大嫌いな様です。それも親と不仲だからなのか。


虚言女生徒はついにモラハラ父に斬りつけるし(あの刃物って何用?)、不登校男子は自宅で暴れ出すし、大変ですが他の先生達はいったい何をしているんでしょう。男子対策をまかされてた先生も駆けつけるべき。

そうそう途中「不詳、私が…」となるところを「ぶしょう、私が」発言があり仰天しましたが、字幕も「武将」だったのであれは筋肉バカだからエピソードですよね? 誰か作中でツッコミをいれるフォローがないと、現場で読み間違えたみたいですよ…。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ