ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

山中崇

「DIVER 特殊潜入班」1,2 ☆☆

学生サークルで洗脳、クスリ漬けにして風俗に売り飛ばしているのに、代表者の親が偉い政治家で逮捕できない件。
兵悟が大学生ってちょっと年齢が、とは思いつつ圧倒的にイケメン。サークル勧誘係の女子はもっと入れこむべきではw さておき、潜入で証拠を探ってガサ入れと言う日に、次々と幹部がオーバードーズで倒れ意識不明で救急車騒ぎに。さすがに誰が親でももみ消せない大ごとになりましたが、実は関係者(山中崇)は口封じで飴に致死量を盛ったのに、見抜いた兵悟が死なない量の飴に入れ替えておいたのでした。……って、その作業1人でしたの?どこで?クスリ入手は?なんなら、その前に勝手に持ち帰った飴の分析も警察通さずに自分でしたって?兵悟が出来すぎ君なんですけど。

 県警で阿久津以外にただひとり、D班の存在を知る伊達刑事(安藤政信)が、何も知らないお笑い上司鏡(正名僕蔵)と阿久津の間に挟まれて可哀想なんですw しかしこの鏡も、うっかり署内で発砲とか、真抜けっぷりがありえなくて笑えませんわ……。そうだ、実はD班にもう一人元エリート海自の潜入要員(野村周平)がいましたが、兵悟の型破りを引き立てるばかりの役どころ。それどころか、同じ現場に2人同時に投入して顔見知り感漂ってるのって危険でしょうよ。いろいろ細部が適当で、気持ち良く観ていられません。

 もう少し観ていたら、いろいろ過去の謎が解けたりしそうですがその為に我慢して観るほどのことかどうか。

「ハイポジ」~9 ☆☆

 楽しく見ています。
 ここぞという場面でかかる音楽が懐メロなわけで、ちょうど年代な私たち盛り上がりますよー。OP画像でもじっている、わたせせいぞうも懐かしくて展覧会など行きたくなってしまいました。最近の作品では謎の紙テープ飛んでいませんが、やっぱり色が綺麗です。

 さて、若かった当時は喋ったこともなかったマドンナさつき(黒崎レイナ)と急速に仲良くなっていく光彦(今井悠貴) 彼女の祖母の店で一緒にバイト、学校サボってデートも! と、同時に後に嫁になった幸子(鈴木絢音)にもつい気安く声をかけちゃうわ、もちろん趣味も把握してるわでこちらも色々進展し、家に来ちゃうわダブルデートだわ。いや~青春してるなあ。

 それだけに、初体験(違うけど)エピソードは要らなかったのでは。 光彦が汚れた気がしてテンション下がりましたよ。もちろん中身は子持ちのおっさん(柳憂怜)で、今更誰としてもしなくても同じなんですけどw だったらそれこそ、知らないお姉さんとのセックス体験なんて要らないじゃん。高校生に飲酒させ女あてがう姉彼氏(山中崇)がクズ、というだけのエピソードですよね。男の夢なのか知らんけど(^^;;;;)


 幸子との仲はこじれて、別に彼氏ができたみたい? 更にさつきは、光彦をずっと好き的なことを言って走り去り。こりゃ、さつきの方とうまく言っちゃって過去変わっちゃうの? それとも最後は現代で目を覚まして、奥さん(いしのようこ)と仲直りするのか。それではつまらないと旦那は言いますが、さて。

「パーフェクトワールド」~7☆☆

 地震!樹(松坂桃李)は足場の下敷きに!!
ああ、これきっかけで復縁だろうなあと半分満足しちゃってるのでとりあえずここまでの感想をw

 君を不幸に出来ない!と、仲違いでもなく外圧で一旦別れる二人。無理しすぎてたのはあるのよねえ……。
退職して実家に戻り、インテリアデザイナーとして長野で働き始めたつぐみ(山本美月) 妹(岡崎紗絵)と暮らしていたアパートの空き部屋には、なんと洋貴くん(瀬戸康史)が入居です。って、え、いくらつぐみ愛を公言してる幼馴染でも、それって!親も公認って!密かに洋貴くんラブな妹とくっつく兆しか~と思いきや、めげない洋貴のプロポーズに応えたつぐみ、結婚承諾しちゃいましたよ!(それきっかけで、妹と義足の彼が急接近)
以後、しょっちゅう長野につぐみを訪ねて来る洋貴くん。いや前からかw 愛だよね。そしてお芝居の切符が~とデートは東京なのも長野県民的に普通なのかもですが、路チューは元カレの生活圏外でにしましょうよ……。ついに初キスの二人を、見守ってしまう樹。切ないわ偶然が過ぎるわで困りますって。それならいっそ、樹をたずねたら不在だったマンション前でキスぐらいの傍若無人さであって欲しいです。

 そんな折、例の樹前カノ(水沢エレナ)の紹介で『バリアフリー住宅希望の料理人』と知り合います。
車椅子で退院するだろう難病の妻のため、快適な家を望むご主人(山中崇)、無駄だと拒む奥さん(紺野まひる) 死ぬの愛してるのと、自分たちも似たようなことしていた大騒ぎに説得の言葉を持たないつぐみ。上京し樹を訪ねる流れに、もしや支え続けるご主人の姿に、別れたことを後悔したのか……?と思いきや、それは傍に置いての設計依頼。一度は断ったという旦那さんからの依頼を、ぜひ受けて欲しいのだと(この雑誌のイケメンに頼んで断られたんだよーと、ご主人が記事出した時の空気w ここに障害ゆえに別れた元カノ2人揃ってますw)
樹のお断り理由は、奥さん側への共感。
負担をかけたくない、まして自分の夢を捨ててまで、その為に貯めたお金でのバリアフリー住宅なんて、と拒否する気持ちがよくわかるのだそうですが……。なんだかんだ、介護とレストランを兼ねた設計が出来上がった時には感激しましたね!そう、どっちも諦めなくていいんですよ!

 てことは、また仕事で一緒になる2人。息ぴったりなのですが……じゃあ復縁、とはならないのが、歯がゆいところw
もうつぐみと洋貴くんは式場の下見に。そして樹は介護ヘルパーさん(中村ゆり)とお付き合い始めたと、長野にまで釘差しに訪ねてきたヘルパーさんに聞かされて、もちろん嘘なのにつぐみは信じたし。カバンから覗いた切符で長野行きを知った樹(自動改札は使用済み吸い込むけどなあ…)は、泣き崩れる彼女を優しく抱きしめるんですよ。離婚した、しかも理由は樹、と知ってなお世話を頼み続けているところで、受け入れてるしなあ…。

 と、ここまでこじれているところでの、震災!
自分に正直になるきっかけになるんでしょうねえ。洋貴との結婚は承諾しても、肉体関係はおあずけでしたからねえ…。そこをガツっと行かないから当て馬なんだよ洋貴くん……(復縁後に妊娠発覚の修羅場はなさそうですねw)

そうそう、式場でばったりあった樹母(麻生祐未) つぐみと樹の破局を残念がって「あの事故がなかったら……」って、何度も言いますが事故がなかったら、嫁は前カノで、つぐみとは恋仲になってないから!

「面白南極料理人」1 ☆☆☆

こ、これ撮影はスタジオセットどころか、関テレの会議室なんじゃ……。

てなわけで、かの有名な昭和基地から更に1000キロも内陸。富士山よりも標高が高いという、世界一過酷な観測地帯『ドーム基地』にやってきた、第38次南極越冬隊の大変で愉快で切羽詰まった日常を描いた人気エッセイを、関西テレビが深夜ドラマ化です。ロケはどうするのかと思いきや、時々ドアから出入りしては真っ白になって戻って来るところを『中から』写すだけw もう屋内には数部屋とキッチンと、風呂トイレぐらいしか基地にはありません。学園コントよりセット少なくて済みますよ!企画者、天才!
おやじ7人にスポットが当たること「バイプレイヤーズ」以上です。通行人や訪問者いませんから!そこも自然に経費削減出来てるのかもw

到着するなり、金髪ロン毛ですね毛のバニーガールがお出迎え。引き継ぎに残った前任者でした。日本では普通に暮らしていたお父さんが、一年南極にいるとおかしくなってしまうのか。基地に残る日誌を見ても、前任隊がどんどん壊れていく様子が怖いですw 
そして1話での大事件といえば、水の使いすぎ疑惑! 週に一回の風呂、それも何年もろ過して使っている口に入れたら死ぬ水を、使いすぎだぞって~! でも実際、水は重労働で作るものな南極では生死に関わる、大問題なんですと。 今日風呂当番だった奴が犯人…は、分かりやすすぎて無し。じゃあ、臭くない奴が犯人だ!と匂い判定を始めたら愉快になってきちゃった面々、わざわざ尻だしたりw 尻だけいい匂いな奴がいたりw 脇だけ嗅がれてた奴が、俺の尻もと言い出したり、もうカオスw でもそれが南極なんですかねえ。

主人公は、料理人(浜野謙太)
食材が限られる中、みんなに美味しいご飯を作ってくれています。隊員の誕生日にパエリヤを所望され、悩みつつもロブスターがどーんと乗った素晴らしいパーティメニューを披露してくれましたよ。日本人しかいない基地に、サフラン他本格的なエスニック素材も備蓄あるんですねえ。また、それを作りながら歌って踊る!なるほど浜野謙太にした甲斐がありました。毎回そんな見せ場があるなら楽しみですね! 

金村隊長に田中要次、以下医者の松山(マキタスポーツ)、通信の下平(山中崇)車両の鈴木(岩崎う大)雪氷学者の本木(緋田康人)サポートの川田(福山翔大)


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ