ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

尾美としのり

「100の資格を持つ女 11」 ☆☆

小山田(草刈正雄)は刺されてずっと入院中(><)

「真田丸」と並行して撮影してた関係かと思われますがそこはさておきw 
随分続いたこのシリーズ、半ばヤケで見続けていますよ。当初の不釣り合いカップルの恋愛模様はもう、ここ何話も進展なしで諦めていたのですが、なんと今回の小山田さん、見舞いの西郷(渡辺えり)の肩に手を這わせお願い事とか思わせぶりでドキドキですよ。西郷の方も元妻に妬いてみたり。あれあれ、男女やもめの距離が久しぶりに縮まりますか? 
退院したら西郷家でお祝いしようよーとすっかり大きくなった子供達も応援してくれてます、ってか子供心にはもう既に家族ではw

さて舞台は、まぐろの産地三浦の割烹旅館。
仲居(藤田朋子)の愛息子の痴漢は、冤罪なのか。その後の自殺は殺人なのか。事実を知るサークル仲間が三浦で次々と死亡したのは何故か。実は身近にいた、もう一人のサークル関係者とは……!(さすがにそれぐらいは、警察も掴んでおいて欲しいですけどねえ~)捜査中の刑事を殺し小山田を刺したのもそいつです!

潜入捜査が神奈川県警にバレw 尾美としのり刑事に怒鳴られ続けても折れない西郷さん、死体をみつけてギャー、ナイフを突きつけられギャーと騒がしいところもラブリーでしたね。
ラストではその神奈川県警から西郷さんにスカウトが?
次回作では特命刑事の潜入記になっちゃったりしてw


「大奥〜誕生〜」2、3 ☆☆☆

明かされる姫将軍の壮絶半生に涙(><)


てっきり物心ついたころには大奥内だったのかと思っていました。普通に女の子として可愛がられていたところから、さらう様に連れてこられて(母と下女、殺されたの?)、髪も切られて男装させられて(><) 

その男装でちょっと散歩してたら強姦されて、相手を殺し、でもその時に妊娠、産まれた子はすぐ死亡??


これだけ山坂あったなら、もう男なんてこりごりでしょうに。春日局チョイスの男が、チビと不細工とイライラ男って!名家の次男三男坊って奴なのかーどれも嫌ー。 

なるほど、穏やかな美坊主有功(堺雅人)は、違うタイプを選んだってことだったのね。


そもそも春日局は昔から、食が細かった家光に白米だ赤飯だ粥だと毎食7種の飯を用意したことといい、女を取り揃えた大奥といい、一貫して

『数を揃えりゃどれか気に入るだろう方式』w

そんな話をしながら有功と笑いあう様になる家光。

他の婿候補たちが面白い筈もなく、なんと有功の小姓玉栄を輪姦っちゅー直接的にお下劣ことになりましたよ(><)怖いな男大奥(><)

負けじと「ヘタクソ!」とかやりかえす玉栄ですが、寺でも坊さんにされてたんだろうって煽りには「坊さんは恩があるからええ」だの「慣れてる」だのって、否定してくれないのねゲフゲフ


仕返しに子猫を殺して、イライラ男のせいにする玉栄もどうかと思うけど。

結局バレもせず、理不尽に切腹になるイライラ男を誰も救おうともしない大奥の世界。家光に異を唱える者は有功ぐらいしかなく、右を向けと言われれば右を向き、女装して踊れと言われたら本当に女装して踊る奴らばかりなのですが……。

有功だけが、自分で着ずに男装の家光に女の着物をかけてやるのでした。くうう女殺し!


髪を伸ばせない腹いせに町の女を襲って髪を切るよと言われては
「自分だけが辛い想いをしていると思うな」

と彼女を叱った有功でしたが、まさにその言葉がブーメラン。有功だけが辛いんじゃない、名も無い暮らしを強いられている彼女を、有功なら孤独から救ってあげられるんですよ!!


いやあ盛り上がりました。

一緒に見てる旦那には謎だらけな様で「ヘタクソ!」のところで「何が?」って言ってて困ります。姫が手込めにされたところでも、女と分かる前から襲う気だったところで「小姓って男なのに?」ってさー。
そう考えると、ものすごい不道徳をまき散らしている気も。 

「三毛猫ホームズの推理」7☆☆

生活保護絡みの犯罪でタイムリー??

老人に立ち退いて欲しい大家と、老人を自分の物件に住まわせて生活保護を巻き上げたい「囲い屋」が共謀しての連続放火事件。ふむふむ。

美人記者が毎回現場にいる、しかも通報者だっていうなら主人公より先に誰か気付いててくださいよ~(><)
 

さておき、警察は頼れないから自分達で殺しちゃえ、それを中継して世論を動かしちゃえ、と恐ろしい犯罪を計画する美人記者なのでした。いや、ご老人たちが自分でっていうけど、ライブ配信を老人が思いつかないでしょ~w で、実行後老人達がどう暮らすのか。いっそ一緒に死のうとするという予測がつけられないのが若さなのでしょうか←甘すぎるよねw

そこを、警察だってやるぞっと必死の捜査で救ったのが義太郎。刑事らしくなりました。


前回前々回での連続殺人が、聞き込みに行くとべらべら追いつめるとべらべらと全て会話で説明されていて辟易。それに比べると随分見やすかったです。


ラスト、祖父の時代にもホームズが居た?? 猫又だったのかw

「三毛猫ホームズの推理」1~3 ☆☆☆

草食系にも程があるw


オシャレで弱虫、女性恐怖症。血を見ると気絶するダメダメ刑事ヨシ太郎に嵐の相葉くん。

それが野良のデブ猫 ホームズ を拾ってからは、不思議な導きで事件を連続解決。辞めて花屋になるよりも、刑事でいるのもいいかもな……だなんてw 情けなさすぎて、つい応援してしまいます。


赤川次郎原作だけあって、毎回の犯罪とトリックにはまあ異論ないし主人公をワイワイと囲む兄妹&同僚刑事のキャラ立ちも魅力的、そして何よりホームズが変身した姿がマツコ・デラックスというインパクトが強大です(><)


とりあえず、義太郎が捜査中に好意を持つ相手は毎度容疑者や重要参考人w

「そんなことをする人じゃない!」

と言い張る通りに、確かに殴ったわけじゃなかったり、殺してなかったりしてるんですから、刑事のカンは亡父ゆずりかも。

まだまだホームズ頼りの義太郎ですが、3話にして「絶対協力しない!」とホームズにへそを曲げられて独力で頑張ることに。女性とも普通に話していたしね、だんだん頼もしくなって……いくのかなw


2、3話跳ばしても人間関係動かないだろうし、気軽に楽しめそうです。

あとiron maiden 鉄の処女は、鉄のオトメと読んで欲しいです。ショジョショジョ連呼されてなんか恥ずかしい(><) 


「赤鼻のセンセイ」最終回 ☆☆☆

和田っち死ななくて良かったー(><)

「人は、笑うために生きている」
そんな参太の信条が生徒達にも伝わって、卒業式でもその言葉を贈ってやれて、いい最終回でした!

もちろん、最後まで親の存在が薄すぎるとか(卒業式でおめかし。その服だって親が用意したはずなのに、見にこないの?)、シルクちゃんと父親の断絶はどうなった、参太がそこも修復するはずだったんじゃないのかなとか、薄っぺらなところはたくさんあります。
せっかくの素敵なオープニングにそぐわない、暗い展開になっていったのも残念でした。でも、和田っちが死ぬとか、ドナーが参太だとか、もっとどーしょもなくなる可能性もあったかと思えば、満足です。

最初は距離のあった中学生達の心に、どんどん踏み込んでいった参太郎。
院内学級の教師を「天職」とまで言えるようになった、彼自身の成長もめざましいものがあって見応えがありました。たった3ヶ月で!(笑)
最後は絹ちゃんもそれを認めて、好きなようにやれと言ってくれたり、”ギャグは超3流”でも立派な教師だと言ってくれたり。院内学級の存続が決まって抱き合って喜ぶところなんかは、ラブより強い絆を感じられて良かったじゃないですかー。

その他定食屋や、医者と看護婦、和田っちのラブの方もちゃんフォローして終わったりして。まえだまえだの漫才コーナーも、我が家では大きな楽しみでしたので最後まできっちりやってくれて良かったです。(でも、兄入院だからって弟入り浸りもあり得ないー、とか、言わないの?←姫ちゃん風に)
神木くんはカッコ良く、紙ちゃんも可愛かった♪
大泉洋は紛れもなく立派な主演でした(笑)

とにかく、死なせれば盛り上がっていいやーとなりがちな病院ドラマで、地味でも死なせずにまとめてくれて良かったです。

赤ちゃんも、小中学生も、そして大人もみんな健康で笑って生きて行かれますように!

「流星の絆」最終回 ☆☆☆

結局一番の謎はサギの正体と功一との関係かな(笑)

大団円、事件が解決したその後もきっちり幸せに描かれて、素晴らしい最終回でした。
……その分引っかかりもなくて、記憶に残らないかも(←贅沢?)

とにかく、犯人自殺で終わらなくて良かった。
きっちり告白させてきっちり詰め寄って、土下座もさせて、生殺与奪の権利もしばらく握った挙げ句に、やっぱり
「生きろ」
と言えたらなら、それが一番良かったんじゃないでしょうか。

俺たちがしっかり生きているところを見届けろ。
ある意味死ぬより辛いことの強制でもあるけれど、赦しでもあるし。やっぱり兄妹に人殺しにはなって欲しくなかったし。

一体なぜ?という殺人の動機は、金目当てとはいえ、計画的でなく不幸な事故でした。ただ、続く母殺害は完全に口封じ。兄妹が家にいて、起きてきたりしたら一緒に殺されていたかも、と思うと怖かったです。
自分の家族を活かすため、他人の家族は殺せてしまう。
でもそんなに大事だった子供ももう死んでしまった。悲しい皮肉でした。

そして大騒ぎな世間をよそに、自分たちはもう日常に逆戻り。で、紅葉も美しい公園で自首について検討する兄s。
いやでもそれって、実際に表立って騙した静奈抜きには絶対無理じゃんって思っていたら、見事御曹司が一枚噛んでくれましたよ。
1千万円!サスガ青年実業家!!
当初、騙し盗る筈だった金額を、好意で貸してもらえる仲になるとは人生分からないものです。(一応2千円の指輪と、静奈にプロポーズする権利付き。ハンマープライスみたい←古!)
自分たちの裏も表も隠さなくていい、多分一生の友ですよね。いや親戚になるのかな。

…それで実費を返済して回っても、騙した事実自体は消えないわけで功一は2年服役することとなりましたが、ここでまた御曹司の力であの「アリアケ」は同じ場所で復活し。幸せの黄色いハンカチ……ならぬポストイット……でもなくて(笑)
幸せの鈴なり千円札という身も蓋もない、ご近所にどう思われるんだかーな飾り物と。「サギ」の熱い抱擁に出迎えられて、功一のご帰還でした。どういう仲なのー(><)

最終回ともなると、このおふざけとシリアスの混合にも慣れてなんの不思議もなくなっちゃったけど、良く考えると凄いドラマでしたよね。
いま笑った分、思い出した現実がより辛かったりと振り幅の激しさで、より琴線に触れる物語になっていたと思います。さすがだクドカン!

そうそう「やっと信頼できる大人を見つけた」のところでは、ジョージさん可哀想に、と思いました(笑)
刑事さんのその後には触れられていないし、とがみ母が静奈を現在どう思っているのかも分からなかったけど、泰輔が派遣で働き始めたのは分かった(^^;;;)

いつかまかり間違って、仮釈放の刑事さんが功一の店でハヤシライスを食べる日だって来るかもしれない、来ないかもしれない。そんな一段落(有明家風に言うと、親離れ?)

兄妹の”遺族じゃない人生”の始まりです。

さあ、どれだけ原作と違うのか読んでみようっと!!!

「流星の絆」9 ☆☆☆

有明功一(新人)   新人って!!
もう時効も押し迫って犯人の目星もつけて、違法捜査でどうにか突破口を開こうかってところでまだ笑わせますか(><)前半で泰輔についていた(新人)は、このための前フリだったかと思うほどの破壊力でした。
確かに、今までずっと裏方だった功一兄ちゃんは(新人)だけれども!
忘れちゃいけない御曹司も、罠にはめる方に回ったら(新人)よね。何しろ、うっかりと「傘」だって口にしちゃったら罠がパー&実父の疑惑が晴れるか晴れないかの瀬戸際ですから。挙動不審にならない方が不思議な程の局面なのに。頑張ってました。

それでも、「殺してない」と。とがみさんは言うわけですよ。
じゃあ誰なのか?
今更(新人)が実は私ですとかいうわけないので、残る登場人物を見渡すと……めっちゃ人数少ないんですけどー(><)もう、推理が当たるかどうかとかよりも、過程を楽しみたいので深く考えずに来週を待ちます。

しかし、本当に御曹司は素直でしたよね。
ご亭主功一が有明さんだったからって、驚く驚く(笑)静奈が有明さんだった時点で、普通分かるでしょー。いくら
「有田です」
と名乗られたからって、『殺された洋食屋店主』がそうゴロゴロしてちゃたまりませんよ(笑)
それでも、レシピノートの残り香に気づけば、手袋の理由も分かる。レシピの意味するところも分かる。
獅子座流星群観測の、アリバイの意味も分かっている……。決して馬鹿じゃないのに、むしろやり手なのに、恋愛絡んだ方面だけ極端に馬鹿なんですねー。
「正直やりやすかったです」
ととどめ刺してしまう功一兄、ヒドス(笑)

「刑事貴族」ならぬ「刑事遺族」も酷かった(^^;;;;)
まあ、遺族がふざけちゃいけない訳じゃないです。遺族が詐欺しちゃいけないんだけどね。ここにもってきて、
「遺族なんだから、盗ってもイイ」という気持ちがあったかも、誰にも頼れない故の甘えがあったかも、という功一の台詞は胸に刺さりましたよ。
刑事さんの胸にも刺さったんだろうなー。自分たちは親身に支えてきたつもりで全然信用されていなかった訳で(実際に最近ありましたよね、失踪した娘さんの手がかりのために、警察に内緒で金を渡し続けてしまった事件)
いやしかしだからって、違法捜査を認めちゃやっぱりいけない。
ここでとがみが真犯人だった方がこの、おとり捜査はめっちゃ不味いことになった筈なのですが。

とりあえず、殺しちゃってから間違いが分かったりしなくて良かった良かった。
来週の決着の付け方が楽しみです。
お願いだから兄妹は幸せになって欲しいなあ。

「流星の絆」8 ☆☆☆☆

御曹司、嘘も言えるじゃない!(しかもさすが実業家、金額が大きい 笑)見直したよ!
そして疑惑を直球で問うてきました。さあどう答えるのか静奈、イヤ志保、イヤ佐緒里は??

今回のお笑いは戸上母に持って行かれましたねー。
でもその母が、会ってみたらとても佐緒里を気に入った、と言ってくれる場面。幸せな新婚生活をつい夢見る静奈と相まって、嬉しいからこそ、そんな人を騙しているのがとても悲しい、辛い場面でした。
で、香水。
この香りで、入ったはずのない部屋にいたことがばれるのか??なんてハラハラしたのですが、それは考え過ぎだったか(笑)

しかし、姑と新妻が並んで料理する豪華なキッチン。
普通そんな妄想は嫁を取る夫や姑の方がするもので、嫁側はメンドクセーだと思うのですが(^^;;;)母がいない静奈にはあこがれなんですね。
お兄ちゃん達も、もし今親が生きていたらどう干渉して来るのかを想像して、彼女出来た?とかね、ウザイって思うんだろうなーと想像するしかないところが可哀想で、そんな何気ない会話でぐっと気持ちをさらっていくクドカンの手腕にまた脱帽です。

そうそう、功一の代わりに緊張するジョージさんも面白かった(笑)
御曹司ったら他人の話を本当によく覚えているんだよね。
以前功一がかました
「親が殺されたんです」
は、そりゃあ忘れないだろうけど。
愛する佐緒里さんの話だけじゃなく、マスターの出身がどこだとか、雑談の中で流しちゃってもいい細部までちゃんと覚えていて、今までの御曹司のキャラと相まってメチャ好感度アップ。
でもアリアケ3側にとっては困った誤算でしょうか。追い詰められて
「有田です」
なんて応える功一。
その前も、ビシビシと厳しいところをついて来られて、背中で聞いているジョージさんが固まっているというのに、平然と流す功一のポーカーフェイスに感服いたしました。
そうやって、静奈への想いも犯人への殺意もぐっとこらえて生きてきたんだね。

刑事さんに、犯人が捕まったらどうするかと問われて
「殺しますね」
即答。前回の、”良いわけねぇだろう!”に比べたら声を荒げるでもないのに、同じくらいはっとする言葉でした。もちろん内容が内容ですけどね。即答なんだもん。
刑事さんはどうするのか、と問われ返して
「やっぱり殺すね」
これって、”それぐらいの気持ちでいる”とフォローはされても、ちょっと戸惑う台詞ではあります。
刑事さんの真意は?後何回あるんでしょう…。

「流星の絆」7 ☆☆☆

「行くなって言って欲しかった!!」
静奈ちゃん、自分から留学を切りだしておいて逆ギレデス(^^;;;)それだけ、今までの男と御曹司は彼女にとって違うって事ですよね。
しかし静奈ちゃん。というか脚本のお兄。カナダなんてそんな遠くないのに。
この前みたいに、騙した相手と出会う事もあるんじゃ日々危険じゃないですか。やっぱり留学よりも、
”田舎の父の跡を継いでマタギになって”
とか無理難題言って向こうから別れてもらう方が賢いよねー。男連れで再会しても”マタギ候補か”と生暖かく見守ってもらえるじゃないですか。
ただ、真面目にYESと言う男だと困るかー。
喜びのダンスを踊る成行さんなら、洋食大チェーン跡継ぎよりマタギになって、静奈もとい佐緒里と熊捕まえて暮らす方を選ぶのかもしれない??

父の敵、とがみをハメるため。今度は空き巣まで働きましたアリアケ兄弟。
(ブックオンって 笑)
物置の天井裏、口紅のキャップだけなんて超わざとらしい忘れ物。
さすがに警察もそのうち、操られていることに気づくみたいです。
その前に、とがみが怪しいとちょっとでも思ってくれたらいい。更にその前に、”佐緒里”が見つかってしまう前に、成行とは縁を切っておかなくてはならない。

分かっていても止まらない静奈の恋心。
心配だ、だって俺は、と口に出してしまう泰輔。
「いいわけねぇだろう!」と怒鳴る功一(普段がおとなしいから倍怖いよね)

兄妹の間に生まれた溝は、事件をどう動かして行くのか……。ああ毎回次が楽しみ過ぎる。そしてあんまり書くことがなかったりします。

「流星の絆」5,6☆☆☆☆

ああー兄ちゃん、冷えピタ付けたまま一大事を告白か(><)
……ある意味リアルだよね。マーフィの法則を懐かしく思い出しました。起きる可能性のある間抜けなことは全部起きる(笑)

前回の衝撃のラスト
「うちの主人が殺したんです」
は、がっつり奥さんの妄想だった訳ですが、それに絡んでの連れ子論争だし、それに絡んでの警察との連携スタートだし、更に御曹司に他人事の様に始めた静奈の打ち明け話を
「いいえ、貴女の話です」
と受け止められてしまう展開につながる訳だし、
とにかく各パーツがくるくると回りながらはまりだした展開が見事すぎてうなったり笑ったり泣いたり忙しいです。

御曹司と静奈の恋愛も、段々ギャグじゃなくなってきてるよね。あんな風に泣かれたら、あんな風に話を聞かれたら、そりゃ惚れるよー。
逆にあり得ないところで笑いをとってきたのがあの歌(><)
♪”泣いたのは〜君だぁった〜”♪可愛い妹が他人になった瞬間、流れ出したコーラスをしんみり聴いてたのにホントに店で歌ってるのかい!!
「実は兄妹じゃないんだ」リハーサルに割り込んできたジョージさんもあり得ない。
ああ、お猿の日もね orz

シリアス一辺倒で作られている筈の「イノセント・ラブ」をみていると突っ込まずにはいられないのに、つっこみどころ満載に作られているこの「流星の絆」は逆にこれだけ笑わされてもしみじみした印象になるって、人間てなんてあまのじゃくなんでしょう。

元々のとがみ亭のハヤシライスは不味かった。
そこでギラギラしたちんぴら親父(笑)との接点が出てきましたが、兄ちゃんがひらめいたレシピ売買絡みだけでは、やっぱり殺した証拠にはならないんじゃないかと思ったり。
でも、確信しちゃった兄妹達は、証拠ねつ造に走る様ですよ??

ああワクワクハラハラ。
とにかく3人が幸せになって欲しいなあ。

「流星の絆」4 ☆☆☆

「郊外で洋食屋を開こう」だなんてお兄、どんだけ死亡フラグ??

そろそろ詐欺も潮時、と最後の仕事を企むアリアケ3。
連ドラ4週目にして既に、後半に差し掛かったような勢いです。殺人犯は見つかるし、1話でカモったホストとシーは会っちゃうし、警察には、兄妹会っているのがバレて、なぜ隠すのか逆に怪しまれてるし!!

これからどうなるんでしょう。
ある意味一番意外な結末は、すんなり稼いで、犯人なぶり殺して、ああスッキリした(^^)洋食屋も繁盛して良かったねー♪ですが。まさかそんな(笑)
でも誰かに死なれてもイヤン。

なんかとっちらかった印象だった今回、最後のシーの涙が(予告で見ていてすら)インパクト強くて、ハヤシライス食べたくて仕方なくて、金曜の昼食はハヤシライスでした(^^;;;)
ああ、泣くほど美味しいハヤシライスが食べたいなあ……。

勿論シーの涙は、ただ美味しかった衝撃ではなくて、”お父さんの味”だったからですが。
これ、以前にお兄が作ったハヤシライスは普通に「懐かしー♪」って食べてた場面があったからこそ、紛れもなく本当にお父さんの味だったんだろうなと思えました。上手い(><)

犯人の男も、泣くシーを見ている。
幼いときの面影あるのかなあ。分からないかなあ、これだけ育ってたら??
ドキドキしつつ、以下次週に続きます。
(あ、友人のための詐欺に全く触れていませんでしたっ。あれって、”孤児院時代もそれなりに幸せだった”っていわせるためだけのエピソード?それとも、兄妹以外の他人を巻き込んだことでやばいことに??)

「流星の絆」3 ☆☆☆

150万円の詐欺、成功かー。ヒクわー。

ホストの30万円は余興代としてクレてる気がしないでもないけど、今回のは判明した時点で激怒通報でしょう?? しかもほんのり結婚詐欺風味もあり。後味悪い。

でも正にこの主人公達への幻滅感が、ギャンブル狂いで借金あった等々の亡き両親へのがっかり感と重なるのかと思うと深い、のかも。
でもやっぱり優しかったし、いて欲しかったなと、あり得ない親子修行を妄想するお兄ちゃんにまた泣きましたとも。
引っ越し荷物を選べない幼い弟妹に、現在の姿が入れ替わる演出でも更に泣きましたともさ(><)

要潤は実は御曹司!
そして父のハヤシライスの味を継ぐ……そこがドラマ仕立てってことは、次の詐欺のターゲットの筈なのですが。犯人は借金関係でなくレシピ方面にいるワケなのかな??

指紋を拭いたけど置き忘れた傘。
カモられた高山と共に、その辺があとから効いて来るのが楽しみです。

「流星の絆」2 ☆☆☆☆

これまた面白過ぎる!!

あまりにもけなげなお兄ちゃんに、もらい泣き(><)
だよね、何も知らない小さな妹を守ってあげたいよね(><)うう、でも我慢せず守らずに泣いていいんだよ
かと思うと現代パートでゲラゲラー、なのに
「遺族が笑っちゃイケナイのかよ!」
な次男でまたしんみりしちゃう、振り幅の広さ揺り戻しがたまりません。

オープニングも、幸せな過去と現在の重ね映し。
それだけなら何気ない映像なのに作中の過去現在と重なって泣けてしまいます。曲も素敵に思えてきたよー。

ケバイ戸田恵梨香は本当に別人で、見るだけで笑ってたけど。そのケバメイクにすら、ちゃんとつながりがあるのがクドカンの凄いところです。
小ネタを小ネタで放っておかないというか。地味好き、変装、ツンデレ!!そうか、別人なりきりでいきますか。

”しぃ”って家族が呼んでるシズナちゃん。警察や先生がいちいち詰まるよね。暗に変な名前ーっていってる気がする(笑)

意外だったのはハヤシライス。
もっと後半、本当に何か山を越えたところで作れるようになるのかと勝手に思っていたのに、もう出来ちゃいましたよ!パパとママと子供達の絆が、じっくり見られるいい回想シーンでしたよねー(なのに、要潤は食べてくれないし 笑)

みんなで楽しくハヤシライス食べて、いい感じに音楽流れて、おやこれで終わりかなと一瞬思っちゃったらポストイット高山からのメールで「前編」に突入(笑)
ああ、後編が楽しみ。
(パパとママの過去が??)

ツレは、過去と未来を行ったり来たりが理解出来ないのか今日もジムで疲れているのか2度トライして2度とも途中で寝ましたけど。高山課長の骨折場面で起きてきて、一瞬にして感情移入してました(笑)
ジムでオモリ移動の度、落としたら危ないなーと思ってたそうです。一枚20kgだって!!

「流星の絆」1 ☆☆☆☆☆!

自転車の2人乗りはイケマセンって、詐欺行為の方がシチャイケナイ犯罪ダロウガー。最後の注意書きのセンスにびっくり。あ、殺人もダメよ(^^;;;;;) 

さておきドラマは衝撃でした。コンドームだの兄キモイだの林ライスだの!大人になった兄妹の会話にさんざ笑って、でもさりげなく挟まれる悲劇の名残にやっぱり泣かされて。面白すぎる!!

はっきり事件が傷になった長兄だけじゃなく、一見もう明るく暮らす妹も事件を知る人を避けずにはいられない傷がある。……ってことは、ただ独り犯人を目撃している次男なんて、どうなってるの(><)

事件直後の描写だって、親が殺されてるんだから子供はその場でわんわん泣いても良し。ベタに「生き返らせて」って星に願われても全然オッケーだったろうと思うのですが、さすがクドカン、一筋縄では行きませんね。

今度は施設を抜け出して、両親が殺された晩のようにまた星を見に行った子供達。まるで何もなかった様に元気に普通に見えるのに。
流れ星が見られない と泣き、
今なら願い事があるのに と泣くんですよ!!
見てるこっちはもう、その”幸せだった頃には思いつかなかった願い事”を想像してもらい泣き。たまりません。

かと思うとスゴイ劇中劇。
……兄の妄想かと思ったら、ホントにウサギ連れてホスト(杉浦太陽)引っかけて金せしめたのね(笑)ウサギが発熱(笑)まさか原作通りじゃないよね、ここは??(^^;;;;)

原作ファンは怒ってるかもしれない。
ドラマが好きだと原作読んでも全然違うかもしれない。
でもとにかく満足!!次回以降が楽しみ過ぎます!!

「あんどーなつ」2 ☆☆☆☆

ヒロインが安藤奈津だから「あんどーなつ」(笑)
和菓子屋で働く奈津が頑張る!いい話だわー。ほっこり(^^)
思わず近所の和菓子屋を覗いて、「朝顔」だの銘の入ってる棚からお買い上げしちゃいました!普段は串団子がせいぜいなのにー(><)

先週をうっかり見逃し今週初めての視聴です。
でもすんなり世界に入っていける、素直なドラマでした。

父親の50年来の望みが、今は作らない”満月堂の「ほおずき」”をもう一度食べること。しかも明日をも知れぬ病状で入院中……と老婦人に聞かされては、ヒロインが思い詰めて何かすること必至でしょう〜。

とはいいつつ、ナツがこっそり作る「ほおずき」を見ながら不安でした。ただでさえ思い出の中で美化された味だろうに、新米作成の菓子で
”こんな味じゃなかった”
とがっかりさせてしまうんじゃなかろうかって。

なので、親方が発見、叩きつぶした時にはちょっとホッ……(^^;;;)
なっちゃんゴメン。


だけど親方も鬼じゃないワケで。事情を聞くと、ちゃーんと先代伝来、本物の「ほおずき」を仕上げてくれました。
”俺が作ったんじゃない。満月堂の暖簾が作らせてくれてるんだ”
という言葉に、毎日同じものを作り続ける職人の、伝統を守ってきた誇りがみなぎっていましたね!!凄い。

そして、道具の扱いや徒弟制度等々が物語の中で語られる他にも、台所の神さまにかぶり物脱いで挨拶とか。壁にずらっと並べられた木型とか。特に触れられないところでもさりげなく時代と伝統が感じられます。
といって、ナツも携帯で連絡とるお友達ぐらいちゃんといるし。
江戸と現代の橋渡し具合が心地よいです。

それにしても貫地谷しほりちゃん、職人修行がまたメチャ似合う!!
國村隼と尾美としのりも盤石、女将の風吹ジュンも素敵で配役は(平安じいさんが若すぎるだろーってぐらいで 笑)言うことありません。
このまま淡々と修行日記でも全然構わないんですけどー。お狸さまをキーワードに、そのうち何か、起こりますかね??

余談 妊婦にほおずきは良くない、とありましたが。時代小説読んでるとズバリ堕胎に使ってますよね。煎じて飲ませてたり茎突っ込んでたりと用法はいろいろでしたが。くわばらくわばら。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ