ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

小野武彦

「歌のおにいさん」3 ☆☆☆

うたのおじいさん(笑)
みればみるほど罰ゲーム(笑) イヤほんとに。いつ見てもイヤそーな主人公を、回りがメッチャ盛り上げてくれています。

とにかく王子出て来る度に可笑しくて可笑しくて。

まさかの王子クビでも、うたのお姉さんがテンション高く場をキープしてくれてます!
「ワタクシの前にデナイ!!キーッ」
この人も、出て来る度に可笑しくて。
「アニマル浜口みたいに笑わないと!」
いやあ楽しい。

家族の場面も、姉ちゃんの愛ある罵詈雑言、盛りが適当なカレー、楽しいなあ。

で、主人公だけが仏頂面でテンション低くてうっとうしいんだけど(元カノ&バンド絡みだと更に)、そっかーウソがすぐ顔に出る=適当に笑えない、なのね。
それでも最後、やっと愛想笑いができて、収録の顔がこましになりました、と。

そこに至るきっかけエピソードが弱い……とか言うつぶやきは、ラスト崩れ落ちる元カノでぶっ飛んでしまいました。挙動不審すぎるでしょうあれは(笑)

2話 1話

「ヴォイス」4 ×

プライド?譲れずにエビ喰うのが??
「嘘つき」呼ばわりの小学生時代も、友人を売れといわれた現在も、明らかに相手が間違っているのにそれを正しもせず告発もせず逃げもせず、黙って死を選んだ男が偉いの??
(ピザがシーフードじゃなかったら飛び降りるか舌噛み切るかしたわけね??)

いやもう今回ばっかりはご機嫌でみてる家族に悪かったけどアレルギーによるアナフィラキシーショックをこんな風に扱われて
「ナンジャソリャー」
と声に出ちゃいましたよ。食べ物ごときで囲んでネチネチ責めるクラスメートなら、持ち物が高価だのテストの点が良すぎるだのモテてずるいだの、難癖つけ放題じゃないのかい。それに負け続けて生きてきたのかい(><)
せっかく
「大麻なんてする奴じゃない」
と繰り返すから、売人の同級生を中毒から救おうとしてたとか、別方向を期待しちゃったよー。

あ、でも彼の妄想だからね、全部。
本当は全然違ったのかもしれないよね。なのに得々と、愛息(田中圭)を亡くしたばかりなのにお忙しいお父さん(小野武彦)を捕まえて妄想語ってんじゃないよー!!

駄目押しに宅急便でした。
そこは普通にママからでした、ワッハッハ!で十分だよー。
(原チャリ2ケツで卒業旅行する親友にチョコ3つって、本気そうで怖い……ていうか、泣いてるよ?みんな気を遣うならここで1人にしてやろうよ。何で微笑んで囲むのー!!)

いっそもっと構成も壊れてたら文句が言いやすいのに。父親と対決する流れはちゃんと前回から続くから余計、何が不満なのか家族には謎でしょう。ううう。
漫才部分(着メロだレタスだチョコだ)はきらいじゃないのになー。

3話 2話 1話 

「OLにっぽん」7 ☆☆☆

「人は宝だ」 いい言葉です。

この前から名前だけ出ていた反対派生田部長(小野武彦)ついに登場。
ずいぶん大きな会社だというのに古き良き濃いおつきあい。こういう面倒見のいい上司、上も減ってるししたもそれをいやがる様になったしで、絶滅寸前なんじゃないでしょうか。
なぜかリンリン達まで一緒に旧社屋の整理。
「社員は宝だ」と書いた創設者なのに、その額がうち捨てられている。もう社員を大切にはしなくなってしまったことへの皮肉とだけ受け取っていたのですが、「社員」を「人」と書き改めることで、派遣も研修生も社員も区別なく手を取り合う希望が見えて来る。
いい場面でした。
(チビ太はなんで暴れてたの?あの額を探していたようにも見えました。元この会社の社員ってことはないよねー??)

野呂さん書道2段。そうそう、字の上手い人って重宝なんだよね(^^)定年退職のレベルといい、久しぶりに恋より仕事の濃度が高くてマニュアル作りを思い出した回でした。
しかし母がみまかったとしたら、忌引きの連絡以外に総務を頼ろうなんて思いもしませんでしたよ。いろんなことするんですね総務。
ホントにこんな仕事、外注で大丈夫なんでしょうか。

北京だ富山だ稚内だと、アチコチ支店に異動通達でキレて有給消化の総務の社員達。それぞれが迷って、やっぱり会社に戻ってきて結束が固まる。7話じゃ遅いというか、今まで文句だけ言って身のふりの心配はしてなかったんですかとツッコミたくはなりましたが、
自分のことより島子が気になる都留くん(歌わない 笑)
怒られてリストラの事実を知る桜ちゃん
リアルに面接いってる紅葉さん
美人のムスメッチに何も言えないパパッチ野呂さん
それぞれの描写は楽しかったです(あれ?朝比奈課長は??)


それにしても冒頭の小籏さん、婚約解消が嬉しくて絶好調(笑)
島子には他人の不幸が嬉しいみたいに思われて、掛け合い漫才は絶好調でも恋はまたすれ違っていて不憫です(><)

1話 2,3話 4話 5話 6話

「ハケンの品格」3 ×

 大前さんのマグロ解体ショー!! 
って、喜んでる場合じゃないです。

 この1日凌いでも仕方が無いじゃない?ツネさん(小野武彦)は売れっ子で、連日びっしりだったスケジュールがくるくるパーマのせいで怪我して向こう3ヶ月はパーなのに??
 もう、クルクルパーマの進退よりもツネさんの生計が気になっちゃって仕方がなかったです。

 大前が突然パーマに腹立てるところもなんだしさー。
 ていうか、会社員としての有能さにはまったく関係なくないですよね、マグロ?? 事務能力対決は、見逃した2話目(ホチキス勝負?)で終わっちゃったんでしょうか。あんまり何でもさせちゃうと、全部中途半端な感じにならない??

 そして、解体出来るのに黙ってて、当日イキナリ現れた大前さん。私がパーマなら、
「俺のために?(はぁと)」
じゃなくってさ。
前日になぜ言わないのか、と。「そんなに俺を困らせて楽しいかぁー」っと憎しみがつのると思います。私もたいがいポジティブだと思って生きているのに、こいつには負けたわ。

 そんなわけで、彼が好みのパブのママを差し置いて(^^;;;)突然のキス。そんな時にもクールな大前さん。目撃して固まる孝太郎くんは……『彼女』のポジションなんじゃないの、それ?

 こう書いてると、次が楽しみなような、やっぱりそうじゃないような…。うーむ。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ