ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

小沢真珠

「あいの結婚相談所」1 ☆☆☆

育三郎の一人ミュージカルがうざくも見所w

成婚率100%をうたう「あいの結婚相談所」は入会登録料が200万円!
所長はうさんくさい美形の藍野(山崎育三郎)、<結婚に愛は無用>と、婚約前に直接会わないのが入会条件。え、それでどうやって?と思わせたらしめたものですよね。

初回のクライアントは加藤晴彦と小沢真珠。それぞれにお相手を紹介されます。
入会の200万円をポンと現金で払った春彦、山の世話できる人希望というマッチメイクで女性の山荘へ行きせっせと苗木の世話。彼女が病気の老人を介護していると知った途端にビデオ通話でプロポーズ!なのにその後また、お断り。

相談所オーナーの美老人(鹿賀丈史)とシスターな助手(高梨臨)は、財産目当てだ結婚詐欺だと騒いで男を問い詰めようとするのですが、当然そんなことはなくてw 病状が悪いなら早く花嫁姿を、とプロポーズを急いだ。お断りは子会社への出向で手取りが減って条件に合う男じゃなくなるから……。そんな理由を知った女性は、自分も働くから大丈夫と改めてプロポーズを受け入れ……と、いい感じになったら育三郎が歌うんですよw 自作の寿ぎの歌をw おいw

真珠の方も、年収3000万円が嘘だった!と青筋立ててクレーム入れてきますが、実は退職しても株で10億売り抜けてた、と知ったら豹変、退会するのをやっぱり辞めましたw 
はい見事成婚率100パー伝説は続く! こっちは、男性側のこれからのために破談にしてあげて欲しかったですけどねー。

育三郎が事務所で歌う、いつでもどこでも立ち居振る舞いはミュージカル、移動の車中でももちろん歌うw 見合いプロフィールの写真撮影中も、撮られてない育三郎が小道具持ってめっちゃ踊ってるw そういう話に関係無いところが面白すぎて、正直あらすじなんてどうでもいいのかも。これは百聞は一見に如かずなドラマでしたねー。

その上で、最適な相手をピタッと選ぶ藍野の手腕(「家売るオンナ」の三軒屋万智みたいなw)を楽しむという。何故会わなくていいのか、その理由もいろいろバリエーションあるんでしょうねえ。高梨臨がシスターなのに何故か結婚相談所を手伝ってる理由がそのうち出てきそうですが、それもどうでもいいですw

そうそう、藍野が生き物オタクで様々な虫フィギュアや野鳥観察やらが小ネタで挟まれるのも楽しいです。←夏休みと関係ある?


「花嫁は厄年!」1 ☆☆☆

 女崖っぷちドラマ、第2弾。
でも同じくフィクションなら、いっそぶっとんでる分、見易いかもしれないです。

 全国区の女子アナが、明日から倉庫番って!
「倉庫番も立派な仕事やろ?」
という元カレのお言葉もごもっともですが。それぐらいなら独立してフリーアナになりゃいいじゃん!

 その元カレ(福島出身)のごっつ板についた大阪弁が
「大阪に3年転勤したらクセになってしもて」
んなアホなぁー。もう15年住んでるけどそんなことあらしまへんでぇ。

・・・でもまぁ、そんなことイチイチ突っ込んでたら楽しめないから。

 ヒロイン篠原涼子の、脅して甘えてたたみかける話芸はさすがで、アンフェアの怖い人よりはやっぱりこういう可愛い役の方が安心かも。やっていることの是非はともかく、彼女の表情を見ているだけでも一時間楽しめました。ていうか、自業自得でめちゃ困ってくれた方がこの先、楽しそう♪

 というわけで、嫁に来た、とみせかけての密着取材のスタートです!
ヨメが来た、と騙されることになるモモ農家一同もくせ者揃い。
 ・・・それを元カレが、「火曜サスペンス」だのとキャッチコピー付で説明しちゃってるのは、本来この先のエピソードで見せてくれればいいので、蛇足かと思うのですが、お茶の間には分かり易くていいのかなぁ。
 小沢真珠の熱演に笑った笑った。

 本筋はもしや、ウソのヨメの筈だったのに本当に結婚・・・ってことになるのかもしれませんが。そっちはどうでもいい感じ。
 お義母さん(岩下志麻)がどんなに恐ろしいのかが楽しみです♪

「クロサギ」2 ☆☆

 ほほう、架空会社を通しての相続税対策!こりゃ覚えといたら役に・・・立つもんかーい!

 同級生と再会したら、姉弟で結婚詐欺してました、の回。
動く金額といい、相変わらず浮世離れ。これは慣れるしかないなぁ。そして「ぷらら」みたいに発音されるヒロイン名「つらら」が「氷柱」と知ってまたびっくり。おいー。冬生まれ?

 そんなわけで結婚詐欺姉弟。真珠さまが熱演でした。
彼らを罠にはめた黒崎、「友達なのに」と非難されてます。えー? 友達だったら詐欺師でもみすごせって訳でもないんでしょう?何か変だよ氷柱ちゃん。
それに「友達だから」やった、と返答する黒崎。それも何か変(^^;;;)
 強いて言えば、クロサギせずに警察に通報だけすれば友達っぽい?でもそれじゃ氷柱ちゃんのお友達が損したまんまだしね(<<あんなバカ娘、人生勉強に損させておけよって気もする。)

 とかとか内心ツッコミ入れつつ、お坊ちゃん黒崎にはうっとり♪前髪ない方がいいよねー。
哀川翔刑事にはマルバレな変装・・・・自宅はまだしもデート先にまでストーカーされて、それでも逮捕されないんですから、詐欺ってやっぱり、よほどでないと野放しってことなんでしょうか(^^)

 氷柱の言葉に涙ぐむほど、まだナイーブさを残す黒崎・・・・。悪にはなりきってないけどねぇ。

「黒革の手帖sp 白い闇」☆☆

じゃらららーらら、ららっらら♪
米倉涼子の生意気顔にあのテーマソングがかぶったら、もうそこは懐かしの「黒革の手帖」ワールド!

 ちゃっかり京都で店出してママしてる元子。
スケベ医者は来ちゃうし、ライバル釈ママとも鉢合わせだし、葬式には仲村トオル代議士来ちゃうし!続編らしいオールスターズを楽しませてもらいました。
 元子の母親が死んだって訃報欄に載るでもないのに、誰が代議士に知らせたんだなんて野暮はこの際言いッこなし。

 ただ話がねー。
 原作:松本清張「白い闇」 これは、あの元子の後日談の話なんでしょうか?それとも、適当な殺人事件ものをヒロイン元子で翻案したんでしょうか??

 ホテル王にプロポーズされるまではそれなりに、株主総会なんか出ちゃって経済の話らしかったのですが、死体だ殺人だとなってきたところでもうぐだぐだ。元子が容疑者?ええっ名探偵??
 愛しの西村さんはその殺人事件を捜査する刑事さんですから、事件ないと出てこないのが痛し痒しです(^^;;;) 現場が十和田湖なので、東北弁でしたよー。
 殺される小沢真珠も、その兄吹越満さんも熱演だっただけに、もったいない感いや増しでした。

 ただ、事件解決の後日談はなかなかいい感じ。

 もし犯人逮捕の十和田湖のほとりでエンドクレジット流れてきたら、続編はきっと2時間サスペンス
「クラブのママは名探偵!宝石の影に潜む悪意とは?? 琵琶湖のほとりにたたずむ元子の手には、黒革の手帖・・・」
だったと思うのですが(^^;;;)
 後日談のおかげでどうにか、銀座に復帰して続きそうなラストにもちこんでました!

 ・・・そうなると続編には西村さん出ないんですけどね。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ