ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

小池栄子

「世界一難しい恋」3 ☆☆☆

「もう俺と柴山美咲はつきあってるんじゃ……」ないないw

例によって恐ろしいほどの勘違いを繰り広げ続ける社長w キノコの写真見せてもダメ、等といちいち違うと教えてくれる秘書がいなかったら、ストーカーまっしぐらですよorz
かと思うと打たれ弱く、美咲がパリ時代に和田社長と二人で食事をしたことがある、というだけでもう「嫌いだ」「クビだ」と言い出す始末。ほんっとに器が小さいったら……。デートでなく引き抜きの誘いでは?となって少し軟化。しかも彼女が「鮫島ホテルが好きで」こちらに就職したとなったら、再度、俺を好きなのも同然ってw 
やっぱりストーカー気質ですよー。

部下の美人嫁ゲット話から、美咲の大切なものを褒めれば…と、犬の名前に考えてくれた「五助」を新しいホテルの目玉フレンチレストランに命名宣言をしてドヤ顔w いやいや、犬用だし!手塩にかけたわけじゃないし!
それこそ『新入社員と結婚した社長』を『気持ち悪い』と言う前に、すでにそんな鮫島社長が気持ち悪くなっても不思議じゃない状態なのに気づかずに、有頂天になっては落ちこむのを繰り返す今回、美咲にいいところを見せたい一心で仕事はたくさんしたし社員との距離も縮まった様ですが……本当にこの社長で会社は大丈夫なんでしょうかw
そしてトドメは、さっきも書いた『気持ち悪い』w

もう傷つきたくないと、テントでキャンプ逃避行に走る鮫島社長。でもそこに現れたのは和田社長で……いや秘書ったら、鮫島の恋も美咲の様子も全部しゃべっちゃっってのフォローのお願いを?それでテント泊に来てくれる和田社長っていい奴すぎませんか!代わりに何をしてあげたの秘書!! まあそれはさておきw
『気持ち悪い』の発言で自分をセーブしようとする女こそ、そのシチェーションで落ちると断言する和田・ザ・エキスパートオブ社内恋愛!
新入社員を口説くんじゃない、好きになった女が新入社員だっただけ!
この堂々たるクズ発言に、感動の涙を流し弟子入り宣言の鮫島w 「同じ志を持つ人だったなんて…」って、ち、違うと思うのですが面白いからまあいいやw
来週はこの<師匠>の指南に添って口説き始めるのでしょうか。
また美咲は、志半ばでの寿退職にもひっかかっている様なので、辞めなくていいならそれこそ社長夫人は理想のホテル作りに一番近い立場なのでは……。

まだ3話、でも告白すらしてないのにこの紆余曲折にアップダウン!パーティに同伴はともかくとして、普通にデートで手を握れる日が来ると思えませんよ。頑張れ鮫島!(でも自分が美咲だったらとよーく考えると逃げてー超逃げてーな物件。いくら金持ちでもこれはw 徹底して美咲の心理描写をしていないことで、ヤバさ迷惑度が軽減されていてうまいと思います。告白までの間に、もっとマトモに成長していてくれればなんとかw)


「世界一難しい恋」2 ☆☆☆

だめだもう笑いが止まらないw

こんな社長いないよ、居たらいやですよ。
クビにした清掃係がライバル会社に再雇用と知って怒っていたのに、担当社員が美咲だった途端に方針替えで、菓子折り持ってヨロシクしてみたり、はたまた一転呼び戻してみたり。元の職場に戻れて喜ぶより、振り回されてふざけるなと怒る人がいたって不思議じゃないですよね。
その前には、美咲の元彼が外国人だったってだけでダメダメ言ってるし、いやダメもなにも相手にも選ぶ権利があってね。デートにすら誘えてないのにね。
「ただおしゃべりがしたかったんだ!」
と閃いた場面では開いた口が……TUNAMIか!
「社長、世間ではそれをデートといいます」
秘書の冷静なツッコミが浮世離れしすぎで、こいつ社長じゃなくて家庭教師オンリーで育てられた王族かなにかかとw

でも、そんな鮫島をもっとみていたいと思ってしまいます。 次はいったいどんなやせ我慢をして、どんなバカなことするんだろうって。

彼女によく思われたい一心で捨て犬を拾い、話しかけるきっかけのために1時間半も犬の散歩w 飼い主がみつかっても返せなくて(そこが器が小さいのよ)買い取ろうとして断られw 挙句、別の子犬を買おうかとネットをみてて秘書に怒られるw
仕事しようよ。
ホントどんな経緯でホテルチェーンの社長になってランキング19位…もとい13位まで業績をあげてきたんだか。とてもとても、人のうえにたってきた人とは思えませんよ?

でもちょっと美咲と話せた時の、うっきうきの笑顔のギャップにはこっちも笑顔にw
 

一方の、ライバルホテル社長和田も目をつけている有能な美咲ちゃん。あれだけ気の利く人なら、鮫島社長の恋心にも気づいているのでは。そのうえであの、ピシャっとシャットアウトな対応なら可能性ゼロなのか。それとも本当に圏外で気づいてないの?
案外ダメ男がタイプだったりしませんかね。

もう一つ笑いどころは、社員の三浦w

社長が変わったのは自分とランチに行ってから! いえいえ、美咲の彼氏情報が欲しかっただけですけど。前向き全開で暑苦しくていいわー。これからもいろいろ勘違いで引っ掻き回してほしいです


「世界一難しい恋」1 ☆☆☆

これも婚活かい!
「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」の中谷美紀と結婚しちゃえと思いながら見はじめましたが、いやあこれはこれで面白いです。

高級チェーンホテルのイケメン社長鮫島零治(大野智)、35歳にして婚活に目覚めます。正確には、業績で負けるライバル社長和田(北村一輝)に女のことでも馬鹿にされ、上をいくには次のパーティーに『婚約者』を同伴せねば!と思い立ったわけ。幸い見合いは引く手数多。2ヶ月後なんて余裕、余裕……と思ったら、どれも直後に即ふられるw
厳しいこまかい、それでいてデートでデリカシー皆無と、モテる要素ゼロの鮫島社長。お付きの有能秘書(小池栄子)にすら、このままでは絶対に結婚は無理と断言されますが、かといって取り繕って無言でいても即お断りw

またもや仏頂面で構わない役どころ。ほんっと、陽気で明るいチャラ男くん的な、無理な役がきませんよね大野智。それでいて、怪物くんに弁護士に歌のお兄さんに謎の鍵師に社長にと様々な役がやってきてバリエーションもあるのが不思議です。

さておき、その仏頂面で、ちょっとのミスでもバンバン首を斬る鬼社長。でも中途入社の柴山美咲(波瑠)だけにはそれが言えない。
「貴様はク…ク……クビアカトラカミキリに似ているな!」おいw 
きのこ好きの虫マニアとか可愛いじゃないですか。
メダカの餌に触られても(過去にそれで一人クビになってるってひどいw)、スルー。無礼講で暴言吐かれても、忘れたふり。女に嘘のほめ言葉も言えない社長が、優しい嘘をマスターするとは。それどころか、全ホテルに置かないほど嫌いな牛乳を、牛乳好きの彼女の前で飲んで見せるパフォーマンスまで!もう一目惚れのメロメロなの、丸わかりですよ(><) 社長なりのややこしい求愛行動を、秘書とお抱え運転手が、柱の陰から応援してますよ!
なのにまだ、好きなんじゃなく「パーティーで和田に会わせるのにちょうどいい女」だと言い張ってるしー
なのになのに、美咲に彼氏がいると聞いたらがっくり肩を落とすしー
仕事でちゃんとポーカーフェイスできるのか心配になるレベルでわかり易すぎます。

社員が仮想敵にして団結するほど嫌われている鮫島なのに、可愛くて仕方ないです。実際、一番身近な秘書と運転手には妙に可愛がられていますよね。世襲?それとも超絶高給?
あの屈折を可愛いと思える相性の良さでしばらく勤めたら、もう見捨てるようで離れられなくなる……のかも。
ああ、途中で業績が悪化して無一文になった鮫島に、社員が駆け寄って助ける場面が目に浮かびますw 挨拶を手始めに、これから彼もずいぶん変わっていくことでしょう。

頑張れ若社長w

「ナニワ金融道」☆☆

中居くんの声ガラガラw 演技はともかくナレーションでは耳について仕方なかったです。調子整えてお仕事してほしいなあ


さておき、久しぶり復活の「ナニワ金融道」です

原作の漫画からファンで、あのえげつなさ人の汚さ弱さがたまらんわけで、ウルフルズのテーマソングにウキウキ♫ 次々出てくる情けない名前にニヤニヤ。小骨さん、土壺金融、迷走企画ってw 夜神月と一緒で、絶対に実在の名前とかぶらないようになってるんでしょうねえ ライトくんは子供に命名しちゃう親がいましたけど、まあこの内容に憧れる人はいないか、苗字だしw

泥亀くんの再登場も嬉しいですねー AV監督になってたかw
小池栄子のど根性啖呵も良かったです。あんな情けない旦那捨ててやれ! 


法律が変わっても、帝国金融の社長が亡くなっても、お金に困った人はいつでもいて、騙す奴らも騙されるおバカさんも後を絶たなくて、なにも変わっていませんねえ。

しかし、もう40にもなろうという灰原くんの立ち位置と悩み事までまったく変わらないのは情けない。

利用者の娘さんや会社の若い娘との淡いロマンスを匂わせていますが、年齢は違いすぎるわ、頼りになる感じもないわw 土壺金融(ユースケサンタマリア)から救うため、残り300万円が必要……という事態に、ポンと貸してやる貯金もないのかい! ぺーぺーの頃ならまだしも、こんな長く金融業界にいてさー金の怖さを知り尽くしててそれはないわ。

途中でカメオ出演してた赤松金融「銭の戦争」草なぎ君は5000万円持ってたぞ!……でも連帯保証人の怖さを知らなかったし、そんなもんで普通なのかなあ。みんな「ナニワ金融道」読まなくちゃダメだよ!


結局、灰原が連帯保証人に。

現金が必要だ空手形だと深夜に駆け回る娘さんと灰原。これ、視聴者側は灰原は信用に足ると知っていますけども。娘さん側からだけ見たら、土壺金融に騙されてる時と同じく、何もわからないまま言うこと聞いてるだけでしょう。学習してないよ、危ないよ。疑おうよ。

挙句に案の定、読まずにサインした契約書の内容で追い込まれますよー読めよー

過払い金にだって自分で気付こうよー

(5、60万円が誤差ならともかく、金利再計算で900万円が支払済になるって怖すぎw)

知識は力ですよね。

もちろん、最後は帝国金融の一人勝ちで幕。安心して見ていられます。


揉め事の元になった夢の土地、彼女はいつか買い戻すと言いましたが、国の計画でもってかれちゃう土地なので無理です。そこも伝えられず、恋仲にもなれずに過払いの帳消しだけ伝えて『甘えられない』と拒否されて終わり!

最後まで情けない灰原くんなのでした。

wowow「秘密の俳優(アクト)ちゃん」

生瀬勝久と小池栄子の案内で、俳優2人のコラボバトル!

顔合わせからわずか2時間で舞台にかけるんですよーコワ面白い!(芸人で言えばダウンタウンMCの「ドリームマッチ」ですねw)


一応事前に台本は渡されているものの、台本は3冊。

どの本・どの配役を誰と演じるのかは当日に知らされ、演出家なし、俳優だけで打ち合わせです。

今回のアクトちゃんは駿河太郎と窪田正孝。元から仲がいいそうですが、どちらが主導権を握るのかも見物ですよねー。


で、お話は同じ年の社員2人が、

「お前ばかりが何故もてる、どう違うんだ」

「同じだよ」

と言い合い、そこに運んでいる商品のベンチと公園のベンチが違うか同じかの言い合いもかぶる、短いながらちょいひねられた小品です。


そうそう窪田くんがモテる方ねw

早速相談を始めた2人、駿河くんは得意の大阪弁でアホな感じを出してみますが、でも『どっちも同じ』『見分けがつかない』のキーワードを活かすには2人が出来るだけ似た者同士な必要があるのでは…と、ちょいおずおずと窪田くん。

「じゃあ大阪弁はやめな!」

と、決断してるののは駿河くんですが、控えめに仕切ってるのは窪田くんなのかもー。


そして披露は5分ほど。

短く短く、客が飽きない仕上げ。普段から撮影でもそう求められるという若手くん2人ですが『切れない芝居をすれば切られないんだよ』とばっさりな生瀬さんカッチョイーw


そして雑談にはいる生瀬と小池ですが、共演する芝居の舞台裏を楽しそうにラフに語る様に見えて、実は一言一句たがわず台本通り……!!

ってことは、ぶっちゃけすぎだろうという冒頭のクドカンと古田新が喧嘩したよトークも台本かw

そりゃそうでしょ、という内容ながらもあまりに2人が自然なもので騙されますよ。

いやあ役者って凄い!

と、メインのゲストより生瀬と小池の株が上がっちゃうのかもw

実験番組らしい変わった番組でありました。

「リーガルハイ(2)」1 ☆☆☆☆

古美門(堺雅人)敗れるw

主人公のピンチにも、全然可哀想にとか残念だとか思いませんよね。だいたい保険金殺人をしただろうって女(小雪)を弁護するのに、問題は本当に無実かどうかでなく

「私にいくら払えるのかだ!」キッパリw

更には要求した2億の一部は、被告の身体でエロエロに支払ってもらう気満々って、下衆の最上級でもう笑うしかありませんよねー。
これがつい先月まで銀行員で「倍返し」唱えていた愛妻家だとは…w
ってことで、堺雅人はノリノリで熱演。
ちゃんと「半沢直樹」パロディもあり、オリンピック招致の「お・も・て・な・し」パロディもあり、サービス精神満点の第一話でした。 

「腐女子ガール」のダンス完コピも笑ったわーw 
ガッキーの可愛さを始めレギュラー陣も相変わらずです。


そこに新たに加わった人たらしな美青年(岡田将生)。もっと腹黒く古美門と対立するのかと思いきや、本気で正義と人類の幸福を追求するだけなのねー。そしたら黛はそちらに組する方がお互い幸せだと思うのですが、さてはて。


映画「草原の椅子」 ☆

中年男女の自分探しw

50才近くなっても、まだ新しい『親友』も『伴侶』『家族』も出来るんだよ、と思えば心地よい『いい話』。
狙った場面で笑い声の湧く優しい客席で観ていたというのに、どうにもふわふわした人物たちにイラついてしまいました。原作を読むとずいぶん違うのでしょうか。


子どもをひきとるって、もっと縁がある子かと思いきや(元妻が育ててたとか、なんとか)、実質ほぼ捨て子。それも被虐待児。

自分だけになついた!と主人公(佐藤浩市)の娘(黒木華)が連れてきますが、一生面倒観られないならダメー!しかも『ゼミ合宿があるからパパよろしく』wふざけんな、と。これが犬の仔でも怒っていい扱い。


施設でいいじゃん!母失踪の時点で施設に預けてれば発達の遅れも専門家に診てもらえて、現状のたらい回しよりましでしたよ。


可愛がったら言葉が増えたと喜こばれても。

成長しても障害が残って自活できない場合でも、同じ様にその血のつながらない子を愛して家族を続けていけますか?
うちにもひげ面で片言の息子がいるので、その可愛さと喜びは骨身に沁みていますがね。 そこだけを中心に描いてもいいような重いテーマだと思うのに、最後あっさり決断しすぎです。


そしてなぜ国外、なぜフンザ。

写真集が気に入って……と一応理由はあっても、感情の動きとしてそこまでそのフンザ体験が必要とは思えず。むしろ渡航費用で別に出来る事があるのでは←想像より安いかもしれないので、実費を台詞で言ってくれた方が割り切れたかもw

だいたい、不況の売上げ不振や人員削減で悩んでたのに子育てで遅刻、フンザ旅行で長期休暇。仕事は大丈夫なんでしょうか。

その子育てだって男目線。預かってすぐ、なついてもいないのにフェリーで連れ回すのに、おもらしや夜泣き、荷物が多いといった面倒は何一つ描かれませんよー。
 

それでも豪華俳優陣は悪くありません。
目当ての西村雅彦さんは主人公の新しい親友w 気配りの出来るお茶目さんで、(関西弁は微妙ながら)映画を明るく盛り上げてくれました。バツ1佐藤浩市もいい男。ヒロイン吉瀬さんもちょい堅いながら和服姿は妖艶でナイス。
子役も可愛く、子捨て母役の小池栄子のキチガイ演技に至っては素晴らしかったのですがね。

同行の主人は「……で、椅子は?」w 確かにw

それっぽい台詞はありましたが、タイトルを知らずにこの映画を見て「草原の椅子」とはつけないのではw

(障害者向けのオーダー椅子には興味津々、もっと観たかったです)

カメラへの愛情は子育て以上にあふれていたので、写真が好きな人は別の楽しみ方ができるのかもしれません(ちなみにcanon)
 

「リーガル・ハイ」最終回 ☆☆☆☆☆

借金返済に残り45年で同居? もう結婚しちゃえばw


あれから1年。

百合の花など飾って黛を迎え入れる古美門……って、いつ妄想だよーんになるかと思ったら普通に現実でしたよね?きゃ☆ ←と、思わせて敵陣に現れる古美門先生!あれも作戦、これもだよね!

念願の師弟対決は実現し、裁判官にいーかげんにしろと怒られながらもじゃれ合う2人に胸熱でしたわ。勝てそうだった闘いを、結局は自滅でおとす黛にも、観ていてむしろホッとしたり。

いつか乗り越える目標として、古美門先生はどーんと立ちはだかっていて欲しいじゃないですか。


そして沙織問題w

前回の感想をゆっくりと書いてからあちこちブログを訪れたら、自分がよく読む所は『人間じゃないに一票」がやっぱり多くて、同じ事考えていて笑いました。その為の生瀬さんキャスティング、ですよねw

なのでハムスターだったことは納得ですが、「男同士の喧嘩」というには、あまりに情けない殴り合い方に失笑(のび太か!)あんなんでいいのか秘書さんは!

しかし弁護士諸先生方、裏の読み合いや騙し合いばかりしてるから、無垢でつぶらな瞳に弱いのね←黛だって負けないぞ!


きれいに終わりつつも、案外続編も行けそうな最終回。

なにやら期待をもたせて春ドラマは終わるのでした。オープニングの、黛2度目のとび蹴りはまだ決着ついていませんから!(六法全書アイスラッガーは、笑ったけど。本来は投げたりしちゃいけない大切な物じゃないのかなw)

「リーガル・ハイ」9、10 ☆☆☆☆

誤診!誤診なのか!このタイミングで言うかw

「長澤まさみだったらなぁ!」
にも大受けw ガッキーの下手なレポーター演技や、音痴の演技は最高ですよね! 


前回今回と続いた環境問題訴訟。
素晴らしすぎて口を挟む隙がありませんでした。強いていうならば、三木が抱いてる写真のさおりは誰なのか。死んだ死んだと、案外愛犬じゃないのか、と思うぐらいw(古美門元妻が出て来てなければ、許嫁だった三木娘というベタ路線もありですが。生瀬さんが熱演するほど、笑いの伏線に見えるなり)


村の老人達を相手に立て板に水の古美門節炸裂、虚仮にするのかと思いきや完全にアジってるじゃないですか。一方の間抜けで誠実な黛は、村の米と水をもりもりと食べて健康被害の人体実験を目論む……。なんてバカなんでしょう。そしてなんと愛しいんでしょう。

泣き出す黛を古美門が抱きしめたところでは変な声が出ましたが……誤診w 絶対金で頼んでるw


自分が病気になってでも、と思った黛の気持ちと、それを最大限に生かそうという古美門の狙いは同じ方向を向いている筈なのに、やっぱり相容れないのですよね。

ついに独立を選ぶ黛は、さてこれからどう動くのか?

「せいせいした」

と口でいいつつも、淋しげな瞳は隠せない古美門と対立するのか?古美門vs三木は一体?


ああもう、楽しみすぎる!


「リーガル・ハイ」8 ☆☆☆☆

あの古美門が、すっかり可哀想な子どもに(><)

あ、古美門(子)ですね、なんとご尊父古美門(父)がご登場でしたから。


今回は子ども時代や父親が絡む度に古美門(子)がみせる、なんともいえない表情に目が釘付けでした。まだ傷が癒えていないんだねー。

元妻は実に似たタイプ『女古美門』でしたけど、古美門(父)は同じ言い負かすにしても詭弁をろうさない、だからこそやっかいなタイプです。

ほんの子どもの頃から

「定義は?」とか

「根拠を示しなさい」とかw

勿論、子ども時代の古美門(子)もイヤなガキでしたけど、だからっていい大人が正論で論破してバカだ嫌いだと真正面から言って育てていい訳がないじゃないですか!(お母さんとは死別?)


そんな頃のまま対立を続けている古美門親子が弁護し合うのは、これまた壊れた親子関係の母娘(><)

天才子役(里琴ちゃん、もこみちと共演のドラマでも天才子役だったよねw)側に古美門(子)、母親側に(父)がついての親権停止争い。

娘の気持ちの代弁がそのまま、古美門(子)の叫びの様で胸がきゅんきゅんしました。

まあ、裁判上の発言は計算の上の演技もありですが……。

東京を去る父親を、ののしるでも駅まで送るでもなく、ただ見ている息子の胸中やいかに。明るく「また来てください!」と声をかけられちゃう黛は所詮他人ですからね。
「息子はいません」
と言い放つ(父)ですが、いっそ本当に他人ならもっとお互い優しくなれる筈なのに……。 


と、ここでびっくり隠し玉!服部さんが(父)が送り込んだ草だったとはー!実は(子)を気にかけていたんじゃないですか(><)


そうそう、冒頭からずっと続いた「サンタを信じるか」論争、信じる黛に信じない子役&古美門(子)というキャラクター描写に使われていただけでなく、実は服部さんこそが古美門(サンタ)から古美門(愛する息子)へのプレゼントってオチに脱帽です。子美門と黛が勘違いしたままなのも、当然だわ笑えるわで尚素敵。

とことん気が利いててスゴイ脚本ですわ。

「リーガル・ハイ」7 ☆☆☆

すれ違うのかー!! ←オープニングのハイキックw


ひー面白かった!

黛の従姉妹に呼ばれて金田一三昧、レトロなパロディも邪魔じゃなく裁判で争う部分もさすがの展開。

火田七瀬な従姉妹ちゃんが善意の塊で最後の発見もたまたまなのか、全て狙い通りなのかが曖昧にしてあるところがいいですね。今更「ボケてたんだー」と言おうにも、それは既に裁判で否定されちゃっている皮肉w

更にかぶせて、執事さんが休暇中というのも楽しかったです。

だから着替えを持って来てなくて、古美門は借り着で金田一耕助w上手すぎるw


これであえて文句をいうのなら、全体の流れとしては一回休みなところでしょうか。前回の元妻(鈴木京香)が出て来た回では、古美門の知られざる一面を見ましたけど(半分に割った金メダルw)今回は知ってた面の強調、ある意味同人誌的ですよね。

でもいいんだ面白かったから!!

「リーガル・ハイ」4☆☆☆

ついに古美門に宣戦布告!

「私は貴方を倒す為にここに来た!」……の?ホントに?


確かにヒロイン黛ちゃんにしたら許せないことだらけの古美門でしょうが、でも理想に近いだろう今回の人権弁護士先生(大和田伸也)だって、交渉をマネーゲームにしちゃってたのに? 日照権争いで工事差し止めの筈が、結局示談金争いなんじゃない。それも古美門の手にかかったら5千円10万円って安い(><)←差額がポケットにはいるんだもん、必死よねw


今回一番笑ったのは、古美門が地元の工務店を指して

「亭主を無くして、あの店を1人で支えて来た奥さんが」

と黛に浪花節を語って聞かせたところでした。 即刻で旦那が帰って来てバレる様な嘘をよくもまあw

でも、どこかで本当にあって彼女がただそれを知らないだけかもと言われたらぐうの音もでないわけで。偶然に知ったことだけで判断して、神になったつもりか問う古美門の方が老練で正しいのでしょう……。

原告団にスパイを送り込んで

「だってお金くれるっていうから!」

「僕辞めます!!」

とサクラを演じさせたのも、本当にそんな原告がいたら犯罪になっちゃうよーと親切にも警告してあげたともいえるわけで……って苦しいw

あとねー、マンション低層階住まいの我が家ですが、南は学校正門なのでよほどの事がない限り将来日射しが遮られることはありません(その代わり毎朝の挨拶運動も、体育館のドリブルも音楽の授業の課題曲もよーく聞こえるけど気ニシナイ♪)周囲を確認せずに家を買って、夢がどうこうだけ語られても共感できませんわ。ブランコは公園で乗る方が楽しいよ。


ところで妊婦さんの旦那はどこ?

「リーガル・ハイ」3 ☆☆☆

うわー、バリバリのストーカー……と見えた被告に、段々と昔の自分の片思いを重ねて行く黛ガッキー。


それこそが『被告によりそう』ことなのか、嘘八百並べてでも勝つことが被告の利益なのか?

と、ちょっとシリアスなテーマをちらちら覗かせながらも、今回も笑いどころ満載で進んで行きます「リーガル・ハイ」! 
 

だって古美門の密着TV取材ですよ(「情熱大陸」??)古美門の担当する訴訟ったら「野球ファンのヤジにも表現の自由を」ですよ! またそのヤジが、ホントに汚いんだw 子どもが横にいたら耳塞いであげちゃうレベルだというのに、選手への愛だの出版されていたら見込めた利益だの、まあ適当な(><) 裁判長を調べて、絶対泣かせる演説持ってくるところもあざとい!

古美門観て弁護士に憧れる人はいないよねーw

生瀬さんも生瀬さんだし、人気ドラマでこんな描き方して

『お父さんってこんな仕事してるんだ』

とか子どもに思われちゃう弁護士さんがいたら可哀想w (理系のツレは、正義ってなんなんだと毎回憤っておりますw)


黛も古美門直伝、違法スレスレの情報収集(^^;;;)

そこからやっと、ストーカーでなく仲良しだった証拠が出てくるのですが……法廷でそれをだしたら花嫁は嘘つきに。新婚生活だってダメになるかも。

「僕はストーカーでした!」

と彼女の為に泥をかぶる被告には、子どもを奪い合う手を離した方が実母という大岡裁きを思い出しました(><)彼を裏切った女に、それを聞いてどんな気持ちになったのか聞いてみたかったですよー。証拠品の絵も、彼が持って帰ったの?捨てたの?彼女に返してやれば良かったのに。


さて放映になった密着番組は、執事さんのお言葉で締め。いい味だしてるわw

「リーガル・ハイ」2 ☆☆☆

窪田正孝?ど、どこに??

と、エンディングでびっくり。バンド仲間でした、顔にタイヤ跡があった人。わからなかったなんて(><)


さて2話目は著作権侵害!ネズミの国wが儲けてるあれですね。

演歌歌手役に友近。国民的大ヒット曲を気持ち良さそうに唄ってて笑いました。本人も楽しんでるよね、きっと。で、それは自作をパクってると訴えるのが貧乏パンクバンド。友近もとい歌手の柊なんとか会いたさに、格安で引き受けてやる古美門でしたが……。

そこからの法廷の駆け引きは双方慣れたものです。ゴーストライターなどいない、と言わされる大御所先生。証言するよ、と言った旧友は法廷で嘘をつく←お見通しだったよーん 前回の様な視覚的楽しさはないものの、分かり易く騙し合いを見ていられました。


クライアントの実家で相談する度に、立ち聞きして乱入するお父さんw そんなところもいい味だしてました。楽しかったー。


そして分かった事は、ガッキー黛が音痴なことと、古美門がクルーザーと外車3台とスポーツクラブ2社等々で無駄遣いしていることと……生瀬さんの古美門嫌いが『贖罪』だということ。単なる仲違いでない過去がちらちらしてきましたよ。


結局あまり儲けられず、古美門の財政は苦しいままじゃないかと思うのですが大丈夫なのかな。

古美門の変人度は前回よりダウンでしたけどこのぐらいの方が見易いです。執事さんは変わらずお素敵でしたw


「リーガル・ハイ」1 ☆☆☆

正義は金で買える。

最低だけれど必ず勝つ弁護士、古美門(こみかど)研介に堺雅人。フィーバーポーズの変人っぷりも流石ですが、対するガッキーも他人の為に3000万円借金して弁護を依頼しちゃうのは立派に変かと。


台詞の量がものすごくて会話も面白いのですが、スピーディーに表現される裁判は見ているだけでも面白いです。やられそうになってからの巻き返しは爽快!
<無敗神話やぶれる>
<業界から過去の人だと思われたら>
そんな自分の不安を、逆に刑事にぶつけて本音を引き出しちゃうとは。 

……その結果勝ち取った無罪が、本当に正しかったのか不安にさせる皮肉もいいですね!


なんでもデキる執事(里見浩太朗!!)さんが素敵ー。

生瀬さんと秘書の小池栄子もいいわー。
それぞれの衣装や、美術もいい感じ。ブログで毎日素敵をみつけてた証人嬢(波瑠)、いかにもそんなファッションw 古美門のオリエンタル豪邸、高価美術品ばかりでなく廊下にバイクで素敵。『がに股!』といいつつ 膝そのものは映さない控えめさも好きです。

そうそう、オープニングのウルトラマンポーズw 戦いを挑んでいる相手は六法全書なんですねw


ラストで古美門とガッキーが組む事になるのはお約束。気になっていた3000万円の借金もどうにかなりそうで良かった良かった(ていうか、古美門に雇ってもらえなかったらどう返済する気だったの!)
 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ