ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

小林涼子

「鉄子の育て方」1 ☆☆☆

にごうあずさ

ヒロインのこの名前だけで、鉄オタなら即採用ですよねw 8時ちょうどの~♪


全国のテレビ局採用に落ちまくり、やっとケーブル局「鉄道TV」に拾われたあずさちゃん(小林涼子)、鉄道に興味ゼロ。 初仕事から、特急あけぼの引退特集を力士あけぼのと間違える失態で……さあ立派な女子アナに、そして立派な鉄子になれるのか?


『きみの言葉で◯◯特急を語れ』

とか言われて見てる方も戸惑いますがw 実家の不器用なお父さんをかぶせてくるとぐっとドラマとして締まりますねえ。ほら、我が家の不器用なお父さんが涙ぐみながら来週も見ようと心に決めましたよw


社長はオタクといえば外せない六角精児さん。乗り鉄、音鉄、いろいろあるのも一興です。

(名古屋テレビ製作だったんですね、大阪では1年遅れて2015年4月から放映になりました)


「魔王」5 ☆☆☆

領にも赤い封筒が!!

……ここで次回に引いてくれたらメチャメチャ面白かったと思うのに。
腹黒記者(六平直政)が入れ替わりの謎にあっさり到達。しかも本人&視聴者に全部報告してくれちゃいましたよ。
だから金寄こせ、なの?
俺にも協力させろ、かな? その前に消されると思わないのかなー。

”まだ地獄の門をくぐったばかり”と言うように、これぐらい調べがつくのは承知の上で、記者にも何か罠を仕掛けているんだと面白いのですが。さて。


相変わらず自分の事件から手を引かず、暴れてる刑事。
”あれは事故”だろうと、イジメをしてた事実は変わらないのに態度でかいよね。
しかも、それもこれも父親のせいだとー?
強大すぎる父の抑圧から、やっと自立し始めたのはめでたいですが遅きに失している気もして素直に応援できません。その上、この期に及んでサイコメトラーと領の仲を疑ってそわそわって(><)お気楽ね!
一方の弁護士さんが、愛だ恋だに気持ちを割いている様に見えないので余計に、この刑事にむかつくんですってば。

で、犯人の心配をする天使のサイコメトラーに心動かされ、思わず気弱になる弁護士さん。
やはり共犯だった山野(清水優)との密会。
解かれた雨野真実のアナグラム。
だんだん包囲網は狭まって来ましたよ。
あの女の子が”人殺しの子”と苛められるのも、想定外だったんでしょうし(しかし、変な保育園。民度低すぎる)

心変わりする前に、パッと復讐してしまえ!とか思ってしまう自分が怖いですね(笑)

ところでサイコメトラーは身体接触での記憶を読めるの??
そしたら犯行が内緒の間は、手もつなげないーと、ちょっと要らない心配したりして(私も浮ついてますねー 笑)

「魔王」4 ☆☆☆☆

兄死亡??エー??

あのグループに中学時代苛められて居たのは、弟クンじゃなくて眼鏡クンだった。
という過去話と、どこでも深夜に勝手に入り込む刑事の様子にますます、こいつショーモナイと呆れていたら、最後ドカンと来ましたよー。

親友を”石本”だの苗字で呼ぶのに殺した相手だけ”秀雄”と名前呼びって、違和感があったのですが。なるほどここに着地。
亡き弟と復讐に燃える兄、苗字が違うと思ったら、例えば養子などで改姓したワケじゃなく、すっかり別人の戸籍で生きて居るんですね。だよねー。亡き秀雄の兄と分かったら即、疑われるじゃないかと思ってたんですよー。
しかも彼を「領」と親しげに呼ぶ、お姉さんである”成瀬さん”(優香)も登場して(目が見えない?それとも心の病気??)入れ替わりの仕掛けも気になるところです。

それと眼鏡くん。
あのタイミングで幼女を連れ出して、復讐計画に荷担していることを彼は納得しているんでしょうか?
それともやっぱり、記者さんがうまーく誘導されちゃっている様に”自発的に自分のためにしている”つもりで、天使の弁護士のお役にたっちゃっているワケでしょうかー??

残像が「見せたいもの」をコントロールしているあたり、司書の可愛い彼女との接触も分かっててやってる様ですね。ああ救いがない。
(こういうキャラは、定番から行くと冷酷な主人公がはっと我に返るきっかけになるのかと思ってたんですが)

ホテル王の親父への復讐宣言「死なずにのさばってて下さい」も、いつ思い出して”お前だったのか!”となるのかワクワク。
楽しいです。

「魔王」3 ☆☆☆

催涙弾、拳銃型って趣味悪い(笑)
確かにこれなら、引き金を引いたからって殺すつもりがあったとは言われませんね。

なのに刑事、うるさすぎ。
捜査から外すんじゃなかったんですか??

前回までみて感じていた共犯者の存在、あっさり今回で出てきました。メガネの男。しかもどうやら元同級生ですよ(廊下を逃げていく人影、メガネかけてる様な。)
出版社におつとめだとか、連れ回した子とピースでサインとか、これまた気になる情報をぽろぽろ出してくるところがあざとい。

「天使の弁護士」の次の手を考えて、結構真面目に見てしまっています。

ただそこでどーしても気になるのが、サイコメトラー嬢。浅い!
存在は、いいんです。ドラマだもん。
抜群の記憶力で風見鶏覚えていても、例の事件の第一発見者だとかいう超偶然も、いいです。ついでに超能力持ってて警察に協力しててもいいですよー。

ただカミングアウトがあまりに簡単で、がっくり。
「私、物に触れると残像が見えて」
ここで「はあ?」って聞き返さない人は、痛い妄想少女とは距離を取ろうと後ずさっているか、あまりに突然で耳がすべってるんだと思いますよ。
信じてもらえずに揉めたことないの??
こういう拙速感がもったいない。面白いなーと思うほど、元の韓国ドラマに興味がわきます。……そうやって皆はまっていくわけ??

しかし、教会で天使と悪魔を語るの図はちょっとオシャレですよね。韓国は信者率が高いんだとか。
ここを仏教や神道にして翻案したら全く違う物になっちゃうんでしょうねー。「菩薩な弁護士」輪郭的にはそっちの方があってる気も……。

「魔王」2 ☆☆☆

ゴメン、弁護士さんがアップになる度に(正確にはあのほっぺのラインに)笑ってしまいます。丸いー。

でも話は面白いわ。
こっちが狙いかと思わせておいてあっち。煙の立ちそうなところに火種をそっと送り込むんですねー。ちょっとピタゴラスイッチみたいです(笑)

貧しい母子家庭を犯罪に巻き込むようなこと、敵側ならともかく主人公がまさかするわけないと思ったら!……あのお母さん(奥貫薫)も何かしたのでしょうか。例えばあの事件当時、雇い主の息子に有利な偽証でもしたとか? これが単に、都合が良かっただけで利用されたのなら非道すぎますね(><)

肝心の社長(石坂浩二)や、幼馴染み不良連中は殺されても別にいいかーな連中なだけに、周りは巻き込まずに済ませて欲しいんですけど

サイコメトラーな彼女に近付いているのも、偶然の恋心なのか、やはり計算づくか。可愛いいい子なだけにハラハラでっす。

店のオリジナルタロットを(最低3組は)買っているのに彼女も店のオーナーも弁護士さんを見覚えていない謎。
幼女連れ出しも自分ではしていない様でしたから……誰か協力者がいるのかもしれません。

「魔王」1 ☆☆

サイコメトラー。
物に残留した思念を読む……んでしょう? あんな直接握りしめて走ってきた封筒なんて、刑事が騒いでるので上書きされちゃってそうです。

そんなわけで、弁護士vs刑事。プラス超能力者(笑)←コレは意外だった!

弁護士(大野智)は亡弟の敵討ちがしたい模様ですが、実行犯で無罪になった元少年=刑事(生田斗真)を巻き込んで事件を再現する嫌がらせが、何年もかけて準備した遠大な計画の割に、最後の最後で運任せ。
ナイフを送っておいて、因縁の2人を会わせれば何かあるだろうって、そのナイフを捨てるとか箱を開けてないとかされてたら終わりだし。
あ、もしかして弁護士青年もなんか超能力有り??
(って、なっちゃうンだよね。安易に超能力を持ち出されると)

元が韓国の人気ドラマだそうで、『天使の弁護士』とか言うゴロの悪い通り名は直訳なんでしょう(無理に和風にするなら4文字略語で弁護天使→ベンテンですかね 笑)

因縁の過去に絡んだ人物紹介もサクサク進み、音楽が盛り上げ、主人公が何かと街をふらつき刑事をストーカーし遺品を手に涙ぐんで(暇そう……)雰囲気を盛り上げます。

「はじめまして」
と、熱血暴力刑事が挨拶してましたけど、きっと会ったことあるんだろうなー、忘れやがってと恨み骨髄だろうなーとハラハラ。
宅急便の送り主は亡弟の名?と思ったのですが、さすがにそんな簡単じゃないのね。
復讐劇の幕は切って落とされ……

”加害者”刑事が、”被害者”というゼッケンをつけて昔犯した殺人をなぞる実況見分は、なかなか見応えありました。
なかなか面白くなりそうですよー。

ただ……若い、若すぎる!
特に弁護士が、スーツ着ようが半眼で決めようが(ちゃんと役作りは若々しくないにもかかわらず)お子様。デモソレハ私ガ若クナイカラヨネと必死で我慢してたんですけどー。
途中で二宮君なんか出すから、もうまとめて貫禄なくてどうしましょう。
俳優の演技は悪くないだけに可哀想。いやでも高校生からみたらスーツ萌えかなぁ……。TOKIOで配役したら逆に普通すぎて話題にならないのかなぁ?

復讐物にありがちな、憎みすぎて本当は愛しちゃってるんじゃないかという危ない執着は嫌いじゃないので次もみますけど。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ