ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

小暮写真館

「小暮写真館」最終回 ☆☆☆

あのマンションのバルコニーにいつもいる子は、虐待で閉め出されているんじゃないの?通報してー


ずっと「心霊写真探偵」(といいつつ、念写や合成w)だったのに、今回は写真も無しで、あれれ? 誰かからの依頼でなく、花ちゃんの秘密が明かされる回でした。

ピカちゃんが風子の死は自分のせい……と思い込んでしまったように、花ちゃんもそれを自分のせいだと思う理由があったのね。

でも小さかったし、寝ちゃっていたし。

幼くして亡くなった風子ちゃんは可哀想だけれどピカちゃんや花ちゃんのせいじゃないよ(><)ましてお母さんのせいでも、もちろんありませんよ。

ピカちゃんには、花ちゃんが「ピカのせいじゃない」とはっきり言ってあげられて良かった。花ちゃんには……頼めば成海璃子ちゃんがそう言ってくれただろうけど。もうその言葉でホッと出来る程子どもじゃないので。花ちゃんが区切りを付けるためには、あのとき言えなかった言葉をちゃんと伝えなきゃいけなかったのです。


「孫を返せ」だの「母親失格」だのとお母さんを責めたキチガイな親戚たちは不愉快の極みで、今回花ちゃんがはっきりと非難を申し立てられてスカッとしましたです。お母さんお父さんにも聞かせてあげたかったですよ!!


成人付き添い人としてそれを見届けた順子さん(成海璃子)。自分も家族とケリをつけてくる…と逆方向の電車に。

愛されて育った花ちゃんと、殺伐と育った彼女と。つきあっても上手くいかないよねーぐらいに思ってみていたのですが、こうもきっぱり去っていかれると何やら残念なような。そして時折電車を映した写真の便りが届いて無事を知るなんて、淋しいけれど粋ですね。


去り際、持たされたカメラの中には彼女の笑顔。彼女の持った方には花ちゃんの笑顔が。これも若かったら真似したいおまじないですが……何か念写でもするのかとハラハラしたのは内緒ですw

「小暮写真館」3 ☆☆

今度の心霊写真は、実は……念写。えええーっ。


さらっと「人生で二度だけ」と流してましたけど、二度目なんて狙って映したら本当に、脳裏の彼女の笑顔が移り込んでるんですよ。スゴイ現象なんですけど!

ドラマ的にはスルーですw


てなわけで、今度の心霊写真は先輩の「元」婚約相手が撮った「笑顔の」家族写真に写る「泣き顔の」家族。


別の人と結婚するとウソをついて破談にしたけど、真実は会社の方針転換で婚約者実家工場を助けられなくて申し訳なくて、ですって。今は笑顔のご家族をみながらも、近い将来哀しい思いをさせてしまうな…と思ったら泣き顔の家族が写ったそうで。←という不思議写真への説明よりも、破談の理由の方が謎も謎。なんだって本当の理由より浮気してたってウソの方がましなことになるのか、さっぱり理解が出来ません(><)
その方が彼女のためって勝手千万でしょう。
そのせいで結婚出来なかったのもそうだけど、工場はつぶれる父は亡くなると、彼女が辛い時に一緒に居てあげられなかったわけじゃないですか。

「そんなの家族じゃない」

と指摘する花菱父が思うのは、愛娘が急死した時に出張で居なかった自分のこと。そして、親戚に罵倒されるお母さんを守れなかったこと。(娘を亡くして、一番辛い筈の母を責めるとは、花ちゃん同様理解し難いです。それが「正義」と信じてると看破する璃子ちゃん凄いよ。そして増々イヤだわそんな親戚)


例によって、写真の謎を解きながらも本当にほぐれていくのは花菱家の過去。

だったら心霊写真なんて使わずに、ただ日常の問わず語りで絶縁の事情やら、息子に語ってやったらいい様なものですよ。

なにしろ、婚約の破談ですよ?

1話での離婚問題もそうでしたけど、高校生の坊や相手にナニ大人の事情を語ってるんだかw

おまけに、自分を責める先輩を凛々しく慰める花ちゃん。

「先輩は悪くありません!」

花ちゃんは妹の葬式でのお母さんを思い出しただけなんですけどね。あの勢いでは惚れられちゃうぞ(^^;;;)

花ちゃんの心霊探偵っぷりが、スゴイ尾ひれついて出回っているのには笑いましたw 小暮家13代目とか、おじいちゃん譲りの超能力、呪われた心霊写真を浄化するとかw 


「小暮写真館」2 ☆☆☆

面倒くさいぞ翔くん!小学生のくせに。


今回の心霊写真は……心霊?? どっからどう見てもイラストで、気味悪がる様なものじゃないよね。実際、翔くんが家庭で合成したものなんだし。謝りに回るようなものでも……。

解せないのはその動機で、暴君の父に振り回される母が可哀想だぁ?

あのカモメのイラストが映画「カモメの名前」を観るきっかけになるとは思えないし、観たとして母が問題に気付くのか?

仕掛けが回りくどくて面倒くさーい(><)

まだ小さい小学生だからこその、ささやかな抵抗ですか?「成績はトップクラス」「翔くんのすることには全て意味がある」という証言で補強してはいますが…
学校に行かないことで母親は更に父に責められ更に悩んでもいただろうと思うと、気の使い方が間違っている感じ。我が子にこんな心配のされかたをしたらと思うといやだなあw


さておき、亡き小暮さんの娘さんを花ちゃん&ピカで訪ねて小暮さんの半生を聞き、交流する場面は素晴らしく。

小暮さんを兵隊から遠ざけたという師匠の話を聞いて

「殺さなきゃいけないって恐怖は無い。弟子の心を守ったんじゃん」

と、ズバリ本質をついてくる順子ちゃんも素晴らしかったです。


そうそう、前回「走る電車を正面から見たい」と轢かれかけた順子ちゃんに、クモテツ同好会情報で『安全に正面から電車を観られる場所』を教えてあげるのも良かったです。翔くんのいるフリースクールともクモテツでつながるしで、便利だよクモテツ!

「小暮写真館」1 ☆☆☆

心霊写真探偵、神木きゅん!w


街の写真館の店主亡き後、改装もせずにそのまま住み出した呑気な花菱家。そこには店主の幽霊が出るらしい……のですが、それは後回しで。

写真館が責任とって!と持ち込まれたのは、心霊写真(><)


少しずつ謎がほぐれていく様子が無駄なく楽しかったです。


映っている人たちや持ち主を捜し出す、花ちゃんこと花菱家長男栄一(神木隆之介)の地道な努力も探偵向きですが。途中でいくらでも写真を渡して逃げるチャンスはあったのに、ウソをついてまで写真を手放さず謎を追い続けた責任感?好奇心?こそが探偵の資質なのかも。

霊に詳しい小学生弟もいろいろ手伝います。


霊を助けたい、と思っているらしい栄一くん。

まさか惚れたのか?と思っちゃいましたがw 4才だった妹を亡くしていることも、生きている悪人より霊に肩入れする原因なのかも。

普段は明るい花菱家ですが妹のことになると母(松下由樹)壊れちゃうし。何かまだ家族の秘密はある模様です。


結局顔だけ映っていた女性は生きていて、哀しい気持ちが写真に吸い取られた?的な納得を初対面の高校生に語ってチャンチャン。

なーんだ放火はしてないんだ……宗教団体も殺してないんだ ←すぐこういうこと考えちゃうよねorz


恵まれて幸せに暮らしている自分たちは、不幸や悲しみの経験値が足りないんじゃないかなと分析してみる親友テンコくん。一方の不動産屋の成海璃子は成る程、不機嫌で天涯孤独で不幸で……どう話に関わってくるのでしょう。

さて2話にも期待!

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ