ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

寺脇康文

「刑事 加茂伸之介」5 ☆☆

OK牧場(笑)

合コンから始まる交際、恋バナですよ恋バナ!!ウフ♪ でも、刑事ドラマのゲストと恋愛って、絶対犯罪絡むじゃないですか。あれもこれも怪しいぞー。

彼氏と上手くいかなくて……と相談。そりゃその彼氏が怪しいでしょ、ペアリングだって、月と星、それも星だけだと花に見えるなんてデザインだったら彼氏と分けて持つでしょう~。あれを揃いだと見抜く眼力がありながら(そんなに似てる??月単体は確かに不自然なデザインでしたけど)、彼氏にあげたんだとは思わなかったんだ、舌打ちくん。もといその真島くんに近付いたのも彼氏の指示で??と裏読みしていたら、なんと素直に何も考えていませんでしたよ(^^;;;)
その辺、悪女率の高い「相棒」とずいぶん違うところなのかも。
 

相変わらず地味なので録画したことを忘れそうになりますが、観れば面白いです。撮影所の江戸の町で大捕物(笑)そうそう特撮もやるんだよねあそこ。前の週、狭い路地に入り込んで鳥居をくぐり抜けての追いかけっこもなるほど京都で、わざわざ京都府警を舞台にしている意味がやっと出てきていますよね。

指輪の裏の指紋。小さな証拠を見逃さず、あらゆる可能性を考えて捜査を指示している係長。一方、『あの子が犯人のはずがない』とひたすら私情でアリバイ証明を図る加茂ちゃん。
ほとんど言葉も交わさず、全然別のことをしながら真実はいつも1つ(笑) 加茂ちゃんは別動隊のままの方が良いのかもしれませんねー。

メールの相手、娘さんは受験生。そのうち京都の大学に入学したらレギュラーで登場ですか??

人気ブログランキング

「刑事 加茂伸之介」2 ☆☆☆

「過去の罪は、そのとき償わないと手遅れになる」
良い台詞でした(><) 

……とあるゴシップ記者の殺人事件から、出るわ出るわ、トイレの盗撮ひき逃げ恐喝ホステス殺し!どいつも証拠を突きつけられると
「どうか内密にーっ」
無理ですよ、犯罪ですから先生。
そして逃げることに必死になった挙げ句、要らない罪を重ねた犯人を突き放す加茂刑事。そういうところは亀山薫と違うのね(と、やっぱりつい比べてしまいますが)

10年前の犯人射殺事件では、逃げる相手を背後から撃ったと資料にあって一同大顰蹙。でもきっと、何か手違いやら事情があったのでしょう。ちゃんと墓参りをしています。
何より加茂ちゃん有能なんです!!
たまたま現場に居たとか、被害者の身元を知っているとか、前夜の2人をみちゃったとか、そういうラッキーではなくてね。スキャンダル記事ばかり書く記者が、何故か調べていたひき逃げ事故。それにピンと来て資料をあたる判断力行動力、普段から彼のネクタイピンに気を配っていた観察力。
また観察力と言えば、
「記者と愛人が一緒にいるの、みちゃった」
と聞かされた政治家の驚きが、”2人が一緒にいたこと”ではなく、”それを加茂がみていたこと”だと、直後から気がついていたこと(=それを冗談めかしながら、ちゃんと台詞に入れている脚本力とか)もポイント高し。他にも、別件の違法カジノ情報を、生活安全課に流して見返りもらう政治力もなかなかですよー。上司にはそれも嫌がられてますが(笑)
加茂ちゃん、すごい!「USBメモリー」は覚えられないけど、すごい!

とにかく、ほどほどに意外で見事に皮肉で、面白かったです。
前回から続く、舌打ち君や捜査会議からの締め出しも天丼でギャグになってきましたし。「年金手帳!」という経理とのやりとりも良い感じ。
早く捜査参加を認めてもらわないと、移動のタクシー代も経費にならない(笑) 
頑張れ加茂ちゃん! 

人気ブログランキングへ

「853 刑事 加茂伸之介」1 ☆☆

椅子女、オヤジ、眉なし、マフラー。
それぞれ仇名をつけたいほど凝ったビジュアルで「太陽に吠えろ!」を彷彿とさせる京都府警捜査一課(ちなみに「853」はその番地)
そこに再配属になった亀山薫もとい、加茂伸之介(寺脇康文)が主人公なのですが……いっそアフロにでもすれば良かったのにー!亀山薫が短かったから長くしました、みたいに中途半端なもじゃ頭で、ジャケットも目立つと亀山薫になっちゃうからコレ、みたいに中途半端な街着、どっこも特徴的じゃないんですよー。これじゃ仇名が「出戻り」になっちゃう(違)
 

事件は、発砲&護送車襲撃事件の現場に”たまたま居合わせた”主人公が、自分の目撃情報と”刑事のカン”とでみるみる真相に迫り、しかも無茶して捕まえちゃうよ、という。「相棒」から推理と鑑識さんと後味の悪さを抜いたような、要は普通にありがちな刑事ものです。

今は主人公を冷遇する上司(田辺誠一)も、常識ある捜査一課の面々も、有能なのは間違いないのでそのうち強力しあってチームになって行くことでしょう。その合間に、10年前逃亡犯を射殺しちゃったという加茂さんの過去話が解きほぐされて行くことでしょう。

そこそこ面白いし、こういう路線に需要もありそうで悪くはないのですが、じゃすみん的には別に毎回みなくても大丈夫な感じ?

人気ブログランキングへ

「相棒 劇場版」☆☆(+☆)

括弧つけて☆足したのは、だってファンだから(爆)
ニュースを見ない伊丹ん、長官の皿戻し、頑張る陣川君とちょこちょこ嬉しいし、大スクリーンで「暇か?」&入り口向こうのおなじみの顔が見られるのはやっぱり感無量ですよねー。
ただもっと亀山くんが(アクション以外で)活躍してくれないと、『上司と部下(パシリ)』になっちゃうのでは。


謎の連続殺人犯が、お得意のチェスでマラソン大会を爆破予告。
「橋は封鎖できません!」
の場面で「どうして?」と隣で呟いてた友人(ドラマは見たことあるよ程度)は上映後、微妙な顔で申し訳なかったけど私はまあ楽しめました。
TV版だって波があるんだから。映画にも完璧は求めてな…うう。犯人逮捕の後が長くて後味が悪いところは相棒テイストだったかなー。
マラソンイベントの様子は楽しかったです。
20年ぐらい前彼氏が出走して応援に行ったマラソン大会は、スタートを見送ってから4時間5時間ぼーっとその田舎の公園で時間潰してて、いやー辛かったです。それが昨今は、ハイテクで居場所確認が出来ちゃうんだ! スタジオの観客もブラスバンドや中継で楽しめちゃうわけ?へー行ってみたいな。
おまけにこの観客さん達、エキストラ参加の相棒ファンでしょ?
普通ならフルマラソン参加にありえないこの太ったランナー(結構先頭集団の近くにいるよ、しかも)もきっとエキストラね??なんて、全然違うことを考えていたりして(笑)

しかし、どーう考えても、100歩譲って大会は中止出来なかったとしても(「どうして?」笑)
嫁の参加は止めてよ亀ちゃん。

爆弾魔の仕掛けた箱、触っちゃう亀ちゃんにもビックリだわよ!

全然違うことといえば、棋譜もね。
この際、何故棋譜なのかって部分は犯人がそうしたかったんだからもういいデス。
あれだけはっきり画面に映るなら、DVD出たら1局さしてみる人もいるでしょうね??
脚本の都合に合わせて、終局でこんな形になる棋譜だの、こことここがエラーで最終的に一マスだけ駒が置かれも通過もしない棋譜だの、名勝負でなくていいとはいえ考えるの大変そう〜。それとも慣れた人には簡単なコトなんでしょうか?

えーっと。
倉庫にて、救急車を呼べと亀ちゃんに頼む右京さん。エ、自分の携帯は?(これが逆なら、亀ちゃんの携帯は水没かと脳内補完しますけど。)

他には、シリーズ通して余命幾ばくもないと犯罪に走る人が多いよね、トカ。そんな保険かけずに、堂々と五体満足で勝負して欲しかったですよ。そして実行犯が助からなかったのも、どうにも後味が悪いです。逆でしょ。せめて君は生きてくれ、と若者の身代わりになるぐらいの覚悟がなくてどうする。
そして娘を頼む、と炎の中に消えていく……ああ、妄想が走ってきた。

そして個人的に美味しいオマケだった鹿手袋さんの暗躍!
「あちこちばらまいて」
手に入れたのはSファイルではなくて、それらしく偽造した書類かもと思ってます。金出せば誰でも手に入る機密なんて怖すぎるジャン!手紙とか写真とか記者会見で見せていた物が、実は偽物な事の口止め料に金がかかったってことで、どうよ?

それでも映画はヒット中だそうで、第2弾では是非、亀ちゃんがもっと亀ちゃんらしく大活躍して相棒らしく右京さんとお仕事する内容でお願いいたします?。

「エースをねらえ! sp」 ☆☆

 きゃー、ギャラリーに囲まれながら抱きあっちゃって!!いいのっひろみ?藤堂さん??
そうか、既に故宗方コーチからお許しでてましたね。

 連ドラから半年。録画で見ちゃったのは・・・かなり辛かったです。
なかなかあの世界に入れず。葬式、遺影でよりによって「セカチュー」を思い出してしまって(また、ひろみパパ高橋克実が朔のパパなんだもん) 見終わるまで何度も中断しました(^^;;;)

 大事なコーチが、自分の知らない間に亡くなっていた。そりゃ、ショックですよ。
その後17年も毎朝泣けとは言いませんが、訃報を知ったその晩ぐらい、雨の中で泣きたいなら泣かせておけばいいじゃないですか。叫びたいなら叫んで、壊したいなら壊して。
 その点ほったらかされていた蘭子(酒井彩名)の様な放心状態な日々が、ヒロミには全くなかったので・・・・さっさとお寺に連れて行かれちゃってね。皆が気にかけているというよりは、ひろみの喪の仕事のジャマをしているかの様で逆に心配になってしまって。
「逃げるな」だのと説教されていても、全然ピンと来ませんでしたよ。

 まあ、そこを除けば『ひろみが優勝するために全てが動いている』エースわーるど全開。

 決勝戦を闘う2人が、「優勝か、それとも日本ユース除名か」というのは非道すぎますよ。勝つのは絶対にひろみだし(^^;;;)
 でも、最後のヤング戦にかぶせて海外で練習を始めた蘭子を描いてくれたのは良かったです。
 ・・・・続編があるのでしょうか??

 バナナ喰ってた尾崎くん。ウェアやシューズのメーカーと契約できるプロになったんですね。良かった良かった(藤堂は??)
 そうそう、後半は蘭子のコーチになっちゃって影の薄かった桂コーチ(寺脇康文)
 酒好きのカレが、原作では仁の死後ヒロミ復活まではずっと水を飲んでいたんですよね。そのエピソードは入れて欲しかったな。
  
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ