ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

寺島進

「警視庁いきもの係」~最終回 ☆☆☆

スズメバチでテロ?宗教法人ギヤマンの鐘?

せっかくの親睦旅行先でも事件に巻き込まれ(ハリネズミ交換殺人未遂!)、管理官が撃たれハチに刺された石松が危篤。その全ては謎の組織が……って、そんな重い背景、だれも期待していないのに変な方向に……と思いきや、蜂使いは冤罪で勾留中に巣箱が全滅した養蜂家だったり、それをきっかけに「いきもの係」が設立されていたりと、案外いつもの感じから外れてもいませんでした。
(たい焼きの謎、たい焼きの謎とひっぱった結果が、実はアラサー部下のサプライズ誕生パーティを上司が計画していて…とナンジャそりゃだった前半よりは少なくとも狙いが分かるというかw)

毎回絡む犯罪はほぼ殺人で、元◯◯犯は更生後も逃亡中も生きづらい厳しい世界なのですが、マイペース薄とマイルドつっこみの須藤はあらゆる場面で 揺るぎなくボケ続けます。
例えば須藤さんのベルトを別件で使用となったら、勿論パンツ丸見えで〆。 スズメバチの罠もあり、殺されかけた場面なのにお約束は決して忘れませんよ。上司が映すスライドに、影絵のキツネを薄巡査がコーン、も好き。和むわ……。
ヨウムの回の
「このオウム…」「ヨウムです!」
「このヨウム…」「ヨウムです!」
はもう伝説w
冒頭のデータ解説ナレーションを、毎回違う誰かが担当するお遊びも楽しかったですよねー。

ラスト、初回で逮捕され愛猫をいきもの係に預けた蝶野が引き取りにやってきて大団円です。
捜査一課へ復帰の辞令が出た須藤さんでしたが、お断りして総務課に残留。薄を野放しにしないでくれてありがとうございます。でも興味ある動物が「人間!」と言いだした薄巡査、一歩成長? ボケ続けつつもちゃんと事件は解決するいいコンビでしたよね。
視聴率は今ひとつだったそうですが、保育園小学校の夏祭り運動会ではエンディングのダンス大人気だったんですよ。シーズン2は無理でもSPで復活とか、期待したいです。そして息子(いきこ!)さん登場して(^^)


「五つ星ツーリスト」1 ☆☆☆☆

渡辺直美が丸いw


「暇だから」と新入社員を助ける落ちこぼれ集団=実は超有能!

あっと驚く個別旅行を一夜で企画、

通な京都を視聴者も楽しみつつ、クライアントの揉め事まで解決しちゃってよかったよかった。


はいはい、安心。定番ど真ん中をきっちり、面白くまとめてくれて大満足です。

長台詞では若干心もとない渡辺直美ですが、演技力なんてどうでもいい存在感がありますね。むしろこの人が映ると面白い分、脚本に意外性などなくても問題ないのかも。


そんなわけで、窓際の元カリスマ旅行プランナーに渡辺直美。

彼女に惚れてる敏腕ドライバーに寺島進。

そこにヤンキー娘(和装になればベテランガイド)を加えた『中央管理センター』に助けられるのが、狂言回しの新人主人公山本裕典。敵役の上司ほっしゃんもいい味出してます。

そうそう、居眠りしっぱなしのオヤジさんもそのうちきっと活躍してくれることでしょう。


……でも、こんな有能な人たちがなんで窓際部署に?


これまたド定番な謎の語られる回が楽しみですよ!

京都の全てを知り尽くし、人脈豊富なれど『旅行は嫌い』とうそぶく彼女になにがあったのか、そして毎週どんなとんでもない旅行の依頼が来て、主人公たちはどんなびっくりプランで迎え撃つんでしょうね


映画「ラブ☆コン」☆☆

小池徹平、可愛い(><)

大きい女の子@小泉と小さい男の子@大谷くんの恋物語……っていうか、ダチから恋人になるまでの紆余曲折(?)でした。
息のあった相棒が、男女を意識した途端にギクシャクする。ある、あるよね!
それぐらいならあきらめよう、とか思っちゃうよね!
ああ見えて小池くんもとい大谷くん、中身はきっぱり男子だからねー。リードする頼もしさはあるけど、ムードはわかんないニブチン(><)
せっかくの花火の中の大告白!女の子なら誰もが夢見る、絶好のシチェーションで小泉ちゃんが勇気振り絞ったというのに、全然わかんないんだもーん。
……でもソコガイイ(笑)

ポップな画面、可愛い小物、分かりやすい展開。
途中で出てくる対抗馬(?)だって、ゲームキャラと谷原章介なんだからそっちと結ばれる筈もなくて実に安心なラブストーリーでしたよん。
大阪弁のテンポも良し!
文化祭、修学旅行など学校行事が絡むのも楽しいです。

「海坊主」だっけ?
作中で2人が大好きな変なアーチストを寺島進が熱演。これだけでも見る価値あり(笑)
(オマケ:南海キャンディーズ)

「コード・ブルー」3 ☆☆☆

はじめてのおつかい……もとい当直。フェローだけで。

またまたフェローの腕前具合が分かりません。こちら弁護士先生と違うもので!
ER経験すれども下っ端で、宿直でも手術でもサポート役しかしたことがなかった、ということでしょうか。
日本の若い外科医は、欧米に比べて執刀経験が半数以下とかどっかで聞きましたよ。どんなに本で勉強しても、実地で経験しなければ分からないことは多いでしょうし。切り方縫い方は回数こなすしかないでしょうし。
手術数をこなしてエキスパートになるには、留学するかヘリに乗るしかない、のかな?

で、例によっていろんな患者の間を右往左往な日々。
脳腫瘍で息子の幻覚を見るお母さん。
クレーマー転落男。
酔っぱらい。
弁護士さん。
私が拙文でちょろちょろ使うように、現場の医者だって昨日来て明日帰るような患者さん、名前でなく症例で呼びたくなる気持ちよーく分かるのですが。

患者さんを名前で呼ぶ様になった彼らを、
看護士たちも先生と呼んで一人前に扱うようになる。
その交錯はドラマ的に美しかったです。

……でもここも、新人じゃあるまいし! 患者に人格と人生があると今更気づくって遅すぎると思うんですがね。
かと思うと患者さんへの説明はやたら上から目線だったりして。家族を亡くした人の気持ちが本当に分かって言ってるのか微妙。
やっぱりフェローがどの位置にいるのか分かりません。

仕事に生きる先輩たちの、離婚や墓参り(医療訴訟?)も描かれたりして興味深かったけど全体としてはますます散漫に。
一番嬉しかったのは、ヘリ操縦士寺島さんの19才年下嫁さんの愛妻弁当!(どうみても、園児向けですよー 笑)

次回、誰か亡くなるのか何か衝撃的な話になりそうな予告??それでしょーもなかったら見るの考えちゃうかも。

(わ、ストーカーと姫の虫垂炎、忘れてた 笑 患者多すぎ!)

「コード・ブルー」1 ☆☆☆☆

ワクワクハラハラドキドキの上に泣かされちゃったぞ。

ドクターヘリに見習い4人。
医者としては皆それなりの経験有り!!まずそこが、新米でドタバタされなくて見やすかったです。手術も挿管も率先してやりますよ!
でもおのずから腕前に差がある様で……。
<やる気空回り>眼鏡くん。
<びびり優等生>前髪ちゃん。
<可愛こちゃん>ほらギャルサーの。

それぞれに思うように活躍出来なくて、でも患者を励ましたり身内と連絡とるような目の前の仕事を懸命にこなしてみる。そして感謝される脇のドラマで泣かされちゃいました。

その中で主人公だけは即戦力。でも腕切断を即決して
「面白い」
と言ってしまう精神面がこれから問題か?というわけで、残る一人は前髪のうっとーしい髪型をやっと止めてくれた山ピーでしたー。

見習いが命じられてる’患者40人の病状把握’どころか、見てるこっちはその4人の名前すら全然頭に入ってきません。その割に見ていて混乱はしない上手なキャラ紹介編でしたけど、女子2人とも長髪……特に片方の前髪バサバサなのは救急的にどうなのか(笑)
そして実践が面白い、もっと切りたいって悪いことですか?最低限患者さんに言わなきゃ、若き外科医として当然の気持ちだと思っちゃうけどなー。

様々な患者のいる病棟。
糖尿病由来(しかもリスカって自業自得?)と事故由来という原因の違う腕切断を平行して描く作劇も興味深かったです。キャラ紹介だけに終わってないというか。

事故の腕は、後で縫い戻せないんでしょうか。
糖尿病少女は……眼鏡君と最後の握手が出来て良かったけど……親はどこ?
転落おばあちゃんは、お友達が一句詠む紙がちらしの裏紙だったのがエコ!

そしてノーヘル兄ちゃんも入院中の筈。
彼ら引き続き出てくるのか、それともやっぱりどんどん新しい患者を治療でしょうか。身体のきっつい職場ですわ。それとも日没後は飛ばないそうだから、夜間も来る通常のERよりはまし?

上司のリョウ、ギバちゃん&ヘリ操縦者の寺さんもいい感じ。
小学校への緊急着地や、放水する消防さんとの連携などもそのうち描いてくれるでしょうか?
来週が楽しみです♪

映画「交渉人 真下正義」 ☆☆☆

 いやー、面白かったです!
 柳の下を狙ってスピンオフ、しかも主役がユースケかいっ ・・・と思ったら。確かにユースケ「主演」で物語の中心にはいるけれど「主役」じゃない(^^;;;)
 「主役」なのは 地上を走り回るたたき上げ刑事 寺島さん(「富豪刑事」の役そのまんま!)だったり、地下鉄管理センター主任の 国村さん だったり、 現場の職人さん達なんですよー。
 オヤジ好きにはたまりません♪

 ああ、それと携帯電話も影の主役!
犯罪・捜査 双方で、投げようが外走ろうが地下もぐろうが、繋がりまくりな携帯電話。本当にそこまで技術が向上したのか、宣伝なのか(笑)

 事件は、のっとられたハイテク車両が地下鉄を大暴走。過密ダイヤの間隙を縫って各路線に神出鬼没・・・・・追突は免れるのか? 地下道からどこへ消えてしまうのか?
 真下にクイズを挑む犯人の、真の目的は何なのか??

 作中で語られる「東京都下の謎の空間」は、最近深夜番組で連続して特集されていたのをみたところなので、すんなり納得でした。ミステリー♪

 そんな中、地味な真下くんのお仕事は、各情報の集中管理でしょう。それと文句の受け流し(笑)
「交渉人」として煽ったり怒ったりというテクニックもたまに披露しますが、効果のほどは良く分かりません。

ていうか一番の仕事は、『犯人をその気にさせてしまった』こと?
2年も前、レインボーブリッジ事件の取材を受けたところで無自覚に大仕事終えてしまっていましたね。

 折から脱線事故の報道をたっぷり見ているところでの地下鉄暴走。被害が想像出来てしまって無闇に怖かったです。
 でも、管理センターの真下くんが映ると脱力。アリキリ石井さんでもっと脱力(^^;;;)

 個人的にとても嬉しかったのが西村さんの出演!
真下と雪乃がデートするはずだったコンサート”ラヴェルのボレロの夕べ”を指揮する、お髭のマエストロ様なんですよ〜きゃ〜!!
 背筋のピンと伸びた指揮姿に画面が引き締まります。うふふ。
 西村雅彦=今泉、というイメージは一般に根強い様ですが、こういう出演でシリアスな西村さんにも慣れて欲しいですね♪ また、作中で映るコンサートポスターに昔の指揮姿も載っていましてね、増毛して撮影したんじゃありませんよー。昔の番組でもマエストロしてるんです♪ 密かに年期はいってます。

 そんなわけで、進行上、演奏初めから終了までがっつりボレロ演奏を楽しめちゃいます。サスペンスアクション(?)見に行ってコンサートも楽しめちゃう、なんてお得なんでしょう。

 事件解決には文句ありますが、映画自体のラストシーンは気になったことが解決してハッピーでした!
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ